07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

糖質制限食は5年続けると死亡率が上がるんですって〜

2013年01月29日
皆様お久ししゅうございます。

久しぶりついでに、ここんとこ毒吐いてなかったんで、今日は久しぶりに毒吐きますね(笑)

朝日新聞に、「糖質制限ダイエット、長期は危険?」と言う記事が出ました。

この記事については、江部康二先生がすでにブログで紹介されて論理的に反論されているので、
ここでは細かいとこには触れませんが、簡単に言うと

「糖質制限食(ダイエット)」を5年以上続けると、死亡率が高くなるかもしれない」

そうです。

相変わらずこんなアホなことゆうとるやつがおるんですなぁ。

まあ、このあたりについては後ほど触れるとして、このたぐいの批判記事、これまでもいろんな雑誌や新聞に出て来ましたが、その度に何故だか私のところにも質問が来ます。

「◯◯に糖質制限食はキケンて書いてあったけど、ほんまに続けて大丈夫なんか?」

言えることはただひとつ。

「嫌やったらやめたらいいやん」

よく不安だ不安だ言いますけどね、冷静に考えてみましょうね。

日本全国で行われてる糖尿病学会推奨の治療って、行き着く先は合併症で薬漬けって結果出てますよね。

それなのに糖質制限食に対する批判記事が出る度に「本当に大丈夫なんですか!」って。

いやいや、現行の治療の方がよっぽどアブナイって。

「糖質制限ダイエット、長期は危険? 死亡率高まる恐れ」

は、「?」と「恐れ」の不確定要素ですが、

「糖尿病学会推奨のカロリー制限治療、長期は危険!合併症発症します」

は、現実なわけですよ。

確かに、糖質制限食の長期的予後は分かりませんよ。

ですが、高雄病院では、1999年から江部洋一郎先生が糖質制限食治療始めてますし、江部康二先生は2002年から、私は2003年から糖質制限食やってます。

少なくとも「死亡率が高まる5年」の倍以上か倍に近い年数経ってますが、みんなピンピンしてますよ。

それでも不安だ不安だと仰るのなら、糖質制限食、別に強制してる訳じゃありませんので、今ある治療法を選べばいいんじゃないでしょうか。

で、結果、網膜症、腎障害、足の切断、脳梗塞、心筋梗塞その他合併症になればよろしい。

選ぶのは「あなた」です。

では、批判記事に戻りましょうか。

こんな方達に一言。

「自分の患者をキッチリ治してからモノ言えな」

糖質制限食、批判するのはいいんですが、批判してる人たちって、み〜んな揃って自分たちのことは棚に上げすぎじゃないですかね?

去年の11月17日に行われた、女子栄養大学でのディベートでもそうだったんですが、反対派のお二人、

やれ

「糖質制限食では(炭水化物を我慢しなければならないので)QOLが保てない」

やら、

「江部先生のデータは入院患者でしょう。入院してたら続けられるのは当たり前だ。糖質制限食は患者が継続できるかどうか、ちゃんと外来で統計を取る必要がある」

などどノタマッておられました。

一言モノ申す。

あんたらの治療法でQOLが保てるんか?

あんたらの患者があんたらの押し付ける治療法をどれだけ継続できて、どれだけ病状が改善してるのか、ちゃんとデータ取ってんの?

あんねやったらスライドにして見せてみいや。

糖質制限食に反対してる連中から、これまで一度たりともそんなもん出てきてへんぞ。

更に加えると、この日、ご自分のお父上が糖質制限で足のしびれと痛みが改善したのだが、70代(すみません、このあたりうろ覚えです)と年齢も年齢なので、はたして時間栄養学に取り組んで効果があるのかという質問をされた方がおられました。

出てきた答えが…

「今はいい薬がありますから。あとは痛みと付き合っていくしかないですね。」

は?

あんたら今さっき「糖質制限食はQOLが保てへん」ゆうたやん。

薬飲むのがQOLを保つことなん?

つーか、糖質制限食で薬飲まんでもしびれと痛みが改善したっちゅーてんのに、わざわざ薬飲んで痛みこらえろてか?

「イタイの我慢してQOLが保てるか!」


批判は批判であっていいと私は思うんですよね。

でないと、健全な議論と発展ができなじゃないですか。

でーすーがー。

てめえらロクに患者の治療もできんと患者を合併症に至らしめといて、よくぞ糖質制限食を否定できたなと。

長期的予後がわからない?

短期的に良いのに長期で悪いわけなかろうが。

糖尿病学会の治療法、短期どころか食後30分から悪いやんけ。

それを長期で続けていい結果が出るんか?

フツーに考えたら、出るわけないやろう。

以前から、反対派の連中、なんでここまで頑なに糖質制限食を否定するのか不思議でならなかったんですが、先に出た発言

「今はいい薬がありますから」

を聞いた瞬間、ああ、なるほどねと思いましたね。

薬を出さないといけないから、糖質制限食に反対なんですよ。

足が痺れようが痛もうが合併症になろうが、患者なんてどうだっていいんですね。

自分たちは痛くありませんから。




糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。




おかしいと思うこと | コメント(8)
コメント
No title
あらてつさん、こんばんは

糖尿病学会の医師≒営業マンも薬売らなきゃいけないから大変ですねぇ
どっち向いて仕事してんねん、って話で
あらてつさんの言う通り!
北九州では、2012.5の江部先生の講演会を機に、30人もの皆さんが、<美味しく楽しく>糖質制限をやってます。
中には、カロリー制限に疑問を感じ、自ら糖質制限をし、インスリン注射不要になった方も複数。
NHKは取材に入ったのに、ドタキャン。桐山秀樹氏が著書に取り上げてくださったのとは対照的。
人の命を救う立場にあるものが、逆の行動を取るのはなぜ?
<タテ(学会)・ヨコ(業界との癒着)>
のどっち?どっちもでしょうね。
Re: caorita@晩酌は焼酎で さんへ
いつもコメントありがとうございます。

そうですよね、ドコ向いて仕事しとんねんちゅー話です。

「なぜ薬を売らなければならないのか?そこに利権があるからだ」

患者治るなんてどうだっていいんですよ、この連中。
Re: 北九州 三島 さんへ
いつもお世話になっております。

コメ利権に薬屋利権、ドップリ首まで浸かって患者なんてどうだっていいんでしょう。

大病院の医局に門前列をなすMRさんたちを見てると、さもありなんと思います。
あらてつさんに賛成!!
こんばんはm(_ _)m極旨ロールケーキのコメントへの返信ありがとうございます。第三弾が楽しみです(@_@)必ずやゲットします(笑)出来ればあのロールケーキをもう一度味わいたい(>д<)さて、またまたコメントさせていただきます…あらてつさんの見事な(笑)毒吐きに納得&仰る通りだと頷いた私であります。何故なら、私自身が糖質制限と出会い、身を持って実感したからです。糖質制限半年目の初心者ではありますが、あらてつさんに初めてコメントさせていただいた際、去年の5月時点での私の体型は身長160で90キロ…現在は54キロ。血糖値も安定しベイスンは服用中であるもののジャヌビアは今年に入ってから中止となりました。そしてもう一つは私の家系で私を含め4人の糖尿人がいるということです(祖父・叔父・叔母)祖父は既に亡くなっておりますが、病気が発覚した時は既に網膜症を併発していました。治療により失明することはありませんでしたが…そして叔父と叔母もやはり網膜症を併発しており、加えて特に叔父はまともに歩くことが出来ず、車椅子が無ければ日常生活を送ることが困難で尿意の感覚もないとの事です。ですから「そうはなるまい」と日々ストイックに糖質制限を続けています。私自身の糖尿病発覚は19歳の時でした。現在38歳ですから、病歴は江部先生よりもかなり長いです。医師から糖尿病の診断を下された時、言い様のない不安と恐怖から思わず涙したのを今でもハッキリと覚えています。糖質制限と出会えて本当に感謝V(^-^)V私の主治医は糖質制限に反対してはおりませんが、たまーに「もう少し炭水化物を摂っては…」と言います。勿論(笑)キッパリ断って右から左です。しかしながら糖質制限ドットコムさんの糖質制限パンは毎朝1個だけ安心して頂いています。長くなりましたが、私の考えは至ってシンプルです。間違っているかもしれませんが、例えばアルコールが元で肝臓病を患った患者さんに「お酒を控えなさい」或いは「止めなさい」と医師は必ず言うと思います。それに当てはめれば糖尿人が糖質を制限するのは当前ではないでしょうか?シンプル過ぎますか? 私は何を言われても今の食生活を辞めるつもりは更々ありません。江部先生・あらてつさん頑張れ\(^O^)/長くてすいません。それでは失礼しますm(_ _)m
Re: ほっとろぉど さんへ
いつもコメントありがとうございます。

> 間違っているかもしれませんが、例えばアルコールが元で肝臓病を患った患者さんに「お酒を控えなさい」或いは「止めなさい」と医師は必ず言うと思います。それに当てはめれば糖尿人が糖質を制限するのは当前ではないでしょうか?シンプル過ぎますか?

正しくその通りです!

糖代謝がうまくいかない病気なのに、なんで糖を食べろ食べろゆうのか、ほんまに理解できません。

すい臓壊してるのに脂肪を食べろゆうてんのと一緒ですからね。

これからも、江部康二先生が吐けない分、私が毒吐きまくるので、どうぞ宜しくお願い致します。




境界糖尿人
糖質制限食を2ヶ月実施したことがありますが、激やせして、今は3食ご飯やパンの糖質を20から40グラムにしています。やはり糖質制限をしていた頃に比べると、食後血糖が200超えが頻繁になり糖尿まっしぐらの感を否めません。私もJDAの指導には何か胡散臭さを覚えてしまいます。糖質制限は今の日本の現状において、選択肢の一つではないでしょうか。
Re: あんみつさんへ
いつもコメントありがとうございます。

糖質制限食実践で激ヤセされたとのことですが、恐らくカロリー不足に陥ったのではないかと思われます。

お書き頂いてますよう、200越えの血糖値では血管にどんどんダメージが蓄積されてしまいます。

脂質、タンパク質をしっかり摂って、良好なコントロールを目指して下さいね。

管理者のみに表示