07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

糖質制限食してもどうしても食べてしまうんです…

2013年01月16日
デフレデフレと言いますが、そんなに物価て下がってますかね?

以前も書いた気がしますが、牛丼やらテレビの値段が下がったからって、牛丼やらテレビを365日買うヤツなんておるかぁ〜?

ユニクロのジーンズが安くなったって、日々の買い物になんの影響もあらへんやん。

世界的にみても食料品物価は相変わらず高いし、それどころかここ数年、小麦にバターに卵に牛乳に肉にと、ずっと値上がりしています。

大企業が給料を上げたくないから、デフレデフレゆうてるだけちゃうの?と思うあらてつです。

円高だって、以前は「円高景気!」なんて言ったのに、なんかオカシイ…。

話は変わります。

ひかさんとlunlunさんから、「どうしても食べてしまうんです」とご相談頂きました。

まずはひかさんからご紹介。

『初めまして。糖質制限を始めて2年が経とうとしています。

近頃、チーズや脂の多いお肉のクセにハマってしまい、摂取量が多くなりがちです。

それはどうにも自分で止められなくなり、今では1日に6Pチーズを間食で3個は食べており、お肉なんかは豚のロースやバラを1食で200~300gほども平気で平らげてしまい、まだまだ食べられる…という異常な食欲の衝動に襲われ続けています。

当然それが原因なのか、糖質制限実施前はほとんどなかったおへそあたりの贅肉がちょっとずつついてきて、どうにも気分が優れない毎日です。

「ああ、明日もこの贅肉がちょっと増えるんだろうか」「体重も増えてしまうんだろうか」と怯えつつも、
「まだ食べられる」「まだ食べたい」という衝動に襲われ、そして負けてしまいます。

今日なんかは豚バラブロック1本(およそ550g)を白菜と鍋で煮込んで、まるまる平らげてしまいました…。

糖質制限をしていると、このような異常な食欲の衝動に襲われてしまうものなのでしょうか。
また、何かよい解決策は無いでしょうか…。

この摂取量が続くと、流石に糖質制限をしていても肥満になってしまうのではないかと不安を感じております…。』


ひかさん、コメントありがとうございます。

こちらの方こそはじめまして。

早速本題にいきますね。

糖質制限食にダイエットで取り組まれているのか、治療で取り組まれているのか分からないのですが、

「糖質制限をしていると、このような異常な食欲の衝動に襲われてしまうものなのでしょうか。」

自制できないのを糖質制限食の所為にしてはいけません。

ブログ読者の方でも、これまでにいろんなダイエットを試されてきて、同じように抑制が効かなくなった経験をお持ちの方、多いのではないでしょうか?

糖質制限食だろうがカロリー制限食だろうが、自制のタガが外れて暴走するのは、その方法が原因なのではなくて自分が原因です。

ここで誰かの所為にしたり言い訳しだすと、とてもダイエットなんてできません。

「何かよい解決策は無いでしょうか…。」

我慢してください。

その一言につきます。

「今日なんかは豚バラブロック1本(およそ550g)を白菜と鍋で煮込んで、まるまる平らげてしまいました…。」

スポーツ選手並の運動量があるなら別ですが、食べる必要のある量とは思えません。

我慢しましょう。

若しくは、糖質を制限することがストレスになってドカ食いが止まらないなら、いっそ糖質制限をやめてしまうのも一つの手かもですね。

つまるところ、「なんの為に糖質制限食に取り組んでいるのか」です。

ストレス溜めて憂鬱になって不安を抱えながら糖質制限食に取り組むよりは、一般的な食事に戻された方が良いのではないかと私は思います。

お次は、lunlunさん。

『こんにちは。

糖質制限をはじめて2か月強です。

年末年始はダイエットお休みにして糖質も解禁してたら2㎏太ってしまいました。

で、今週から再開したのですが、なかなか当初の頃のように体重が戻りません。

2か月前に始めた時は、たった3日で1㎏痩せたのに、今回はびくともしません(逆に増えて来てる)
こういうことってあるのでしょうか。

それとも無意識に糖質を取ってるのでしょうか。。。

ひかさんやすうりさんも書かれてますが、私もどうしても量を食べてしまうので(満たされないので)それが原因か、とも思ってしまいます。

もともと甘いものが大好きで、それを絶つのが一番つらいです。

特に病気じゃないので糖質制限しなくてもいいかな、と思ったり、でも糖質制限してすっきり痩せたい、という願望も捨てきれず。。。

カツを入れてほしくて、また答えがないかと探してやってきました。

今日もさっき、チョコクッキーを1枚食べちゃいました。。。

これがあかんのですね。

気持ちを切り替えて、今日から頑張ります!』


lunlunさん、コメントありがとうございます。

カツを入れて欲しいとのことなので、今日は辛口でいきますね(笑)

「今日もさっき、チョコクッキーを1枚食べちゃいました。。。

これがあかんのですね。」


そう、それがアカンのです。

「食べちゃいました」

がある方は、この「食べちゃいました」を食べた数に入れない傾向が多々あります。

無意識どころかキッチリ糖質摂ってます。

「無意識」にしちゃイケマセン。

まあ、私が言わんでもお気づきだと思うので、

「気持ちを切り替えて、今日から頑張ります!」

とお書きになられたんだと思います。

頑張って下さいね。

応援してます。

あ、お二人にお勧めの本がありますのでご紹介。

「おやじダイエット部の奇跡」の桐山秀樹先生が奥様と書かれた、

「おやじ必読!愉しく続ける糖質制限食ダイエット」世界文化社 
「知的・おやじダイエット3週間実践日誌」講談社

桐山先生が、実際に糖質制限食に取り組んで、苦しみと葛藤を乗り越えられたからこその、説得力ある珠玉の言葉が並んでいます。

是非、読んでみてください。





糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。


ダイエット | コメント(30)
コメント
No title
こんばんは。コメントありがとうございました。
確かに、自身を自制する忍耐力も必要ですよね。
自分に厳しく、甘やかさないよう、今後努力して参ります。

紹介していただいた本も購入してみようと思います。
お忙しい中、情けない自分にお言葉をいただき、感謝しております。
ありがとうございました。
あらてつさん初めましてm(_ _)m私は38歳の立派な糖尿人(苦笑)です。江部先生の糖質制限を知り、実践してまだ4カ月チョットの初心者です。私は糖尿病歴は長いのですが、去年の4月の終わり頃までは問題なく過ごしていました。が、自己管理の甘さからヘモグロビンの数値7.7食後血糖2時間260という恐ろしい数値を叩き出してしまい、薬を服用しながら自分なりの食事制限を始めました。その時の私の体型は恥ずかしながら身長160センチ体重90キロ…。その後4カ月間は自分なりに頑張っていました。確かに体重も減り、血糖値・ヘモグロビンの数値も下がってきてはいましたがそれでも食後血糖は158、ヘモグロビンは6パーセント台。何か良い方法はないかと色々調べていたところ江部先生のブログに出会い、その中で糖質制限ドットコムさんを知りました。現在はよく利用させて頂いています。あっ!明日も注文した商品が届く予定です。江部先生、そして糖質制限ドットコムさんには本当に感謝しています。お陰様で現在の体重は54キロ、食後血糖は病院の定期検診でも、毎日の自己血糖測定でも100を超える数値を見たことがありません。ヘモグロビンの数値も正常値の下4.6パーセントを切り、薬もなくなりました。本当に感謝感謝です。糖質制限ドットコムさんの商品で私は救われています。市販の物と比べれば値段は高いかもしれませんが、一つの商品が商品として販売されるまでのご苦労、そして何より命には代えられません。糖質制限のパン、だし醤油、その他の商品も素晴らしいです。ちなみにパンとだし醤油…ハマってます(笑)長くなりましたがお礼を申し上げたくコメントさせて頂きました。あっ!「おからほろほろクッキー」病み付きです。これからもちょくちょく利用させて頂きますので宜しくお願いいたしますm(_ _)m
糖質制限で嗜好が変わりました
あらてつさま、はじめまして。
お言葉を返すようで申し訳ありませんが、私は「単なる甘えではなく、糖質制限で嗜好(味覚)が変わる」というのはあながち嘘ではないと思います。
江部先生のブログにも時々そういうコメントがのっています(私もコメントしたうちの一人です)。
今まで飲めなかったコーヒーやお酒、匂いの強いチーズが無性に食べたくなったり、香辛料を多量にかけたり…というように、刺激を求めるようになりました。それがなぜなのかはわかりませんが。単なる甘えと切り捨てられるのは少し酷ではありませんか?
めちゃくちゃ食べる
いつも勉強させてもらっています。ありがとうございます。

私も糖質制限をはじめた当初は沢山食べました。
とても食欲旺盛でした。
肉や魚、卵、チーズなんかをです。
今でも比較的沢山食べてます。

私の場合、カロリー制限高糖質食を二ヶ月してから転向したので、きっと必須アミノ酸や脂肪酸が不足しているのだなあと考え、糖質以外を結構な量食べました。

自己血糖測定すると、本当に焼き肉(塩胡椒味、野菜少量)を食べ放題食べても、血糖値は140ぐらいまでしか上がりません。
野菜を多く食べたり、迂闊に糖質入りのアルコール飲料を飲んだときは、それほど食べなくとも血糖値140を超えました。

食欲が抑えきれない時は、焼き肉バイキングに行き、腹がはち切れる程食べたりしました。

それでも体重は毎月二キロ程減り、最大で十二キロ、いまは八~十キロくらいのマイナスです。
BMI24ぐらいのやや太めですけど、まあ健康第一で。

江部先生がおっしゃってますが、BMI20~25ぐらいで落ち着くと。

糖質制限を守ってなおかつ体重がふえるかたは、もともと不健康に痩せておられて、健康に近いていっておられるのでは?と感じます。




辛口のようだけど、
その通りだと思います。

嗜好の変化はあるでしょう。
ただ、嗜好の変化は、糖質制限してなくても加齢や諸々な事が
原因で変化したりするので、一概にどうこう言えないと思います。

私の場合、元々濃い味付けが好みで、糖質制限すると
薄味になる傾向と言われてますが、薄味だと満足感が得られないので、
相変わらずの嗜好です。
それから、元々肉好きって事もあり、脂肪分の多い肉もよく食べるし、
チーズも結構、食べています。
ただ量はセーブしています。

糖質制限を始めて、1年半になり、徹底して実行したので1年で
30キロやせて現在は維持しています。
BMIは21です。
ただ、長く続けているからなのか、むしょうに凄く沢山、
食べたくなる欲求にかられる事が生じるようになりました。

でも、我慢しています。
食べたらどうなるのか、、、それを考えれば食べれません。
これまで数々のダイエットをして、リバウンドを繰り返してきた事もあり、
もう二度と、そんなのはゴメンだと思うからです。
太ったら最後、痩せるのは至難の業。

だから結局、あらてつさんがおっしゃる通り、食べるも食べないも、本人の意思次第。
食べてしまう=甘え だと私も思います。

どうしても量を食べたいのなら、低カロリーの物でかさ増しをするのと、
ゆっくり良く噛んで食べると満腹中枢が刺激されるので良いと思います。
甘い物も、体が欲しがると言うより、舌が欲してるだけなので、
ラカント飴を舐めるだけで、満足できたりします。

自分で工夫し、コントロールし、ぜひ目的を果たして欲しいと思います。
こんにちは
糖質制限食は強制でやるものでは無いし、困るのだったら辞めれば良いと…って記事にも似たこと書いてありますね。誰も強制してないんだから、選んだ自分の責任だと思います。

私も前に比べたら結構香辛料を使うようになりましたが、味覚が変わったのだとしても自分で糖質制限を選んだので、当たり前ですが文句なんかありません。自制出来ないなんてこともありません。

本当に自分次第だと思いますけどね。自分で選んだことなのに文句言われちゃかなわんですよね。そういう質問もやっぱり女性が多いですか?

炭水化物では無くても自制出来ないなら何を食べても同じだと思いますけどね。

あらてつさん、本当にいつもお疲れさまです。
Re: ひか さんへ
いえいえ、お返事遅くなって申し訳ございませんでした。

厳しいこというようですが、最後はやっぱり自分の「意志」だと思います。

頑張ってくださいね。

また挫けそうになったらコメント入れてください。

応援しています。
Re: ほっとろぉど さんへ
コメントありがとうございます。
こちらの方こそはじめまして。

まずは、糖質制限食で体重減少、食後血糖値、HbA1cの素晴らしい改善、おめでとうございます。
ヘモグロビン値4.6%って、江部康二先生よりもいいじゃありませんか(笑)

さて、お礼が遅くなりましたが、当店をご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。

身に余るお言葉を頂き、恐縮に存じます。

これからも、ほっとろぉど さんのお役立てる商品を開発していきますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。






Re: ころころ さんへ
コメントありがとうございます。
こちらの方こそはじめまして。

「嗜好が変わる」ことと「必要以上に食べる」ことは全く別の問題です。



Re: しん さんへ
いつもコメントありがとうございます。

私も糖質制限食を始めた当初は、満腹感が得られずかなりの量を食べていましたが、段々と落ち着いてきました。

糖質を食べて感じていた「満腹感」から抜け出せたのだと思います。

糖質制限食で体重が増える方は、しんさんがお書き頂いてますように、もともと痩せておられてもっと痩せたいと取り組まれた方もおられると思います。

その一方、「糖質による満腹感」から抜け出せない方も多いのではないでしょうか。




Re: 春巻 さんへ
いつもコメントありがとうございます。

お返事にも書きましたが、「嗜好の変化」と「必要以上に食べる」は全く問題が別です。

春巻さんのように、私も元来肉好きで、脂こってりのステーキやらチーズも食べますが、必要以上に食べません。

私も減量からのリバウンドで62キロまで太ったことがあります。

この時は、一週間に200gのバターを4つ食べたり、1回にご飯を3合など衝動のままに食べていたので、3週間で10kg太り、アンパンマンの様な顔にとお腹に見事な浮き輪が付きました。

二度と顔とあんな腹になりたくないと思うからこそ節制しています。

この「食欲」は、嗜好の変化云々は全く関係ありません。

桐山秀樹先生がその著書「おやじ必読!愉しく続ける糖質制限食ダイエット」世界文化社 の中でこう書かれておられます。

『自分の食べたいものを食べ、飲みたいものを飲む人生もあると思う。しかし、その結果の後始末は、自分自身で取らねばならなくなる』

正しくそのとおりで、最終的には自分の意志次第だと私も思います。






Re: 山田 さんへ
いつもコメントありがとうございます。

お書き頂いてますように、味覚の変化や嗜好の変化と、食欲のまま必要以上に食べることは、全く違う話ですね。

抑制できないことを嗜好の変化の所為にしてはダメだと思います。

女性が多いかとのことですが、男性の場合、あんまりというか体重を気にして「ダイエット」に取り組む方自体が少ないので、どうしても女性からのご質問が多くなるみたいです。

皆さん、最初に志を立てたなら、なんとが頑張っていただきたいのですが…。



ご返答ありがとうございます。

私の場合はある欲求は仕方ない。
糖質はその欲求を血糖値の乱高下で狂わせる。
それ以外は食いたいだけ食えば良いと。
でも、そんなに食べられないです。

焼き肉バイキングは昼に食べましたが、充足感からか夜はほとんど食べません。

いけない、いけないと思いながら、少しづつ過食するのが余計悪いのではないかと。

こちらのブログや江部先生のブログにも投稿されておられる方のように、糖質の解放日を作るとか、たまに肉を食べ放題食べるとかしたほうがストレスがないのではと思います。

それに、あらてつさんが言われるように自己責任ですよね。
基本や理論は教えてもらえますが、それを自分に適応させるには、自分で工夫するしかないですね。先人の意見経験を参考にしながら。
私はストイック派
糖尿など病気で糖質制限をせざるおえないのであれば食べることがどんな危険なことか理解できるのでしょうねー(^^)
メタボのだんなにやらせたいと相談受けますがまず無理やといいます(--;)それだけの覚悟はできないと思います。やるならプチで少し気を付ける程度を薦めます。
かんたんなようで糖質を抜くと言うことは大変です。私は家族の料理の味見をするときも飲み込むこともしません。味だけ見て吐き捨てます(--;)THEストイック(^^)
毎週幼稚園の集まりがあり大量のお菓子ジュース並んでますが2時まで拘束されても口にしません。私には毒でしかないからです(--;)
私もせっせと差し入れはパン(小麦粉)洋菓子などつくって持っていき今日は韓国風海苔巻きを作りましたが味見もせず(^-^;皆何食べても元気なんだなぁーとほんと羨ましいけど病気なんだからと諦めどんなに空腹でも家に帰るまで何も食べません。 毎週が辛いですが食べた方がきっとあとで後悔しますよね(--;)

最近痩せるのはいいのですが顔が細くなってきて丸々パンパンの熊さんみたいやったのに痩けてしまうのがちょっと悩み(--;)
二の腕がその分減ってよ(^-^;と思うのですが…
皆に病気でかわいそうな人と言われるのもなんか悲しいです(T_T)
しん
なんべんもすいません。

ひとつの方法として、ドカ食いしたい欲求があるのなら、一日一食にして、一日分食べると言うやり方もあると思います。

糖質と違い、タンパク質や脂肪をたっぷり食べると、充足感がありますし、すぐには消費されませんし長く続きます。
胃腸での消化吸収も糖質よりよいとの説もあります。
江部先生も三食食べる必要はないとおっしゃてますし。
胃腸の具合や向き不向きはあるでしょうが。自己責任で。
私は焼き肉食べ放題食べるとしばらくはドカ食いしたくなくなりますし、そのあと一食や二食抜いても平気です。
狩猟採取時代はドカ食いと飢餓の繰り返しだったのでしょうし、その方が自然かもしれません。
もともと痩せすぎの方は当然太るでしょうが。
江部先生もBMI20~25をすすめおられます。
多少皮下脂肪はある方が自然だと思います。
人それぞれ・・・
食べちゃっても、食べちゃった自分を責めないように気をつけましょう。

江部先生は
糖質制限の極意とは、
 ①糖質の正体を知る
 ②目的を見定める
 ③糖質制限の恩恵を体験する
と、書かれています。


始めた目的は人それぞれ。
やり方も人それぞれ。
それぞれの目的(将来像)に向かって、自分なりの方法を見出して継続していらっしゃる・・・素晴らしい。

”継続”していくことが大事ですもの。
ストレスっぽいですね
お久し振りです、あらてつさんm(__)m

ご相談者の方々、特にご病気の為に糖質制限をしている訳ではないとの事。

大好きなお菓子も絶っておられるようで、自覚のないストレスが溜まっておられるように見えました。

実は私、最近過食によるリバウンドを経験しまして、あらてつさんに怒叱られるような食事をして4キロ程太りました。
ダイエットは結構うまく行っていたので、仕事によるストレスかと…。
でも、そんなのは言い訳ですよね?仕事が自分の思い通りにならないからって、バカみたいに食べていい理由にはなりません。

今でも、ネットショップのお取り寄せスイーツのコーナーを覗いては、ポチリそうになる自分がおります。
何とかそんな甘い自分を阻止しようと、大量の肉や魚を買ってきて、下処理して冷凍庫に突っ込み、お菓子が入る余地を強制的に無くしている作戦で凌いでいます。
…ちょっと話が逸れてしまいましたね、済みません。
私はプチ糖質制限に留めているので、お菓子は食べます。が、量は当然制限します。
あらてつさんがコメントされた通り、制限食を止めるか、プチに留めるのが正解のような気がします。

話が脈絡なくて申し訳ないのですが…。
会社でも、お腹が出ており、健康診断の血糖値やコレステロール値が異常な人がみえます。
でも昨日、朝マックを買って食べておりました。
バンズにハッシュドポテト、炭水化物の宝庫です。

本人、今は体が動いて、症状に無自覚だから、会社ではマック、コンビニのパン、インスタントラーメン、家では外食が多かったりと、そんな生活続けているのでしょう。
私は奥さんではないので、食事の事までとやかくは言えません。

本人、長生きする気はないとか言ってますが、今の世の中、病気ならば病院は助けようとします。
糖尿による合併症で、目が見えなくなったり、足がなくなったり、そうならないと誰が言えるでしょう。

未来なんかわからないと言う人がいますが、おかしな食事を続けていれば、そんな未来が簡単に予測できます。
今から運動したり、食事制限を始めれば、普通に歩いて、生活出来る未来が拓けているのに…。

きっと、どうしようもならない事態に陥るまで、行動する事が出来ないんでしょうね。
ダイエットしよう、とか言っておきながら、食べてしまったりリバウンドしたり(私の事ですね)してる人は、何だかんだ言って今の自分に満足、もしくは妥協しちゃってるんですよね…。

最近、ジョギング&ウォーキング、始めました。時間がある時限定ですけど。
脂肪を燃焼しやすい心拍数なんかも、ダイエット仲間の方に教えて頂いて、始動しています。
ストレスが溜まって脳が疲れているから糖分を、お菓子を食べるんだ!なんて、あらてつさんの鼻息で飛んでいきそうな与太話も口にしません。

ダイエットに取り組まれている方の、無理のない制限、明るい未来に行かれる事を願ってます。
もち、私もその中に入れるよう、頑張ります。

まだ続かせて頂きますが、糖質制限食、結構浸透してきているというか、雑誌でも結構取り上げられてますよ!

無料雑誌でもありましたし、私が利用しているDHCの会報誌にも、取り上げられてました。
ただ、こちらは健康な人達に向けての情報ですね。
「過度の糖質制限はやめましょう」とあったり、「バランスのよい食事」を推奨しています。
あらてつさんにとっては「物申す!」な内容かもしれませんが、私は小難しい事は解らないので、取り上げられている事そのものが嬉しかったりします。
「炭水化物の取り過ぎ」という現実を、まだまだ知らない人達も多いはずですから。
会社で、衛生担当なのをいい事に、健康管理にも口を出そうかしら?
社員の体調を管理するのも、大事な仕事ですよね?
Re:しん さんへ
コメントありがとうございます。

>基本や理論は教えてもらえますが、それを自分に適応させるには、自分で工夫するしかないですね。

仰る通りです。

何事もそうだと思うのですが、「あなた任せ」ではなく、「自分の頭で考えて行動する」のが大事なのではないでしょうか。

Re: カヨリン さんへ
いつもコメントありがとうございます。

結局は、その方その方の必要性と覚悟の問題だと思うんですけどねぇ…。
Re: しんさんへ
アドバイスありがとうございました。
Re: ちはさんへ
アドバイス、ありがとうございました。
Re: 湯灌屋 さんへ
コメントありがとうございます。
こちらの方こそご無沙汰しております。

湯灌屋さんの仰る通りですね。

春巻さんへのお返事にも書かせて頂きましたが、つまるところ、桐山秀樹先生の

『自分の食べたいものを食べ、飲みたいものを飲む人生もあると思う。しかし、その結果の後始末は、自分自身で取らねばならなくなる』

に尽きるのではないかと思います。

最後は、自己責任ですよね。

で、

>社員の体調を管理するのも、大事な仕事ですよね?

もちろんだと私は思います。

社員の皆さんが健康で元気に働けることが、ひいては会社の業績に繋がってきます。

心身ともに健康でないと、いい仕事はできないですから。


No title
あらてつ様

いつも楽しみに読ませていただいております。


あらてつさんの仰る通り! 

と、なぜか私も気持ちが引き締まる思いに駆られ、ついコメントをしてしまいました。

あらてつさんの言葉のセンスが良いからでしょうか?
読んでいて、いつも素直に、スッと言葉が入ってきます。

これからも、更新楽しみにしております。



以前、コメントにて味噌の件をお聞きした際には、ご丁寧な回答を頂き、ありがとうございました。
Re: とうちゃんさんへ
いつもコメント並びにお読み頂きありがとうございます。

こんな駄文をお褒め頂き恐縮です。

読んで頂ける限り、ひたすら書き続けて行くつもりにしてますので、これからもどうぞ宜しくお願い致します。

追記

味噌の件、ちゃんと覚えておりますよ〜。

妊娠糖尿病でコメントしたマリーです
あらてつさんお久しぶりです。9月頃甘いものへの欲求と妊娠糖尿病でコメントさせていただいたマリーです。出産当日までスタンダード糖質制限をし、体重管理と血糖値に悩まされる事無く無事に健康な男児を出産しました。尿中ケトンは出てましたがあまり関係ありませんでした。
産後もダイエットと母乳管理目的で糖質制限を継続したので報告が遅くなりました。結論からいうと、三カ月後の検査では無事非糖尿となりました。ただし、やはり気をつけないといけない体質ではありそうです。
産後もスタンダードを継続したかったのですが完全母乳のためそれだと3日間で母乳が枯渇してしまい、かと言って普通食では母乳が出過ぎて困る(上の子の時は余るほどで毎月乳腺炎でした)のでプチがちょうど良いという結果に至りました。おかげで母乳トラブル無く息子も健康優良児です。大豆製品を多く取るのでアレルギーなどが心配ですが今の所は問題ありません。また、生クリームやチーズも良く食べてますがトラブルが無いので、乳腺炎の原因は糖質過多だったのだと思います。
また、断乳の際は主食を玄米にし量も減らすと良いと助産師さんに言われたので穏やかな糖質制限は理にかなっているのだと実感してます。
ダイエットについては、妊娠中より解放感が大きく食べ過ぎてしまうので、効果無しです。妊娠中の方が痩せてたと思います。

今回のブログテーマの通り、食べ過ぎはいけませんね。我慢します。
寒い日がまだまだ続きますので、ご自愛下さい。
くどいですが
くどいですが、ひとつだけ言わせてください。もちろん、あらてつさんや皆さんのおっしゃる通りです。
ですが、このHPを様々な方が見ておられることを忘れないでいただきたかったのです。
今でこそ注目の糖質制限食ですが、2年前は情報も少なく、藁をもすがる思いで江部先生のブログとこちらのHPと大柳先生のブログが頼りでした。
そしていろいろな方の書き込みとそれに対する先生方のアドバイスを自分にあてはめて参考にしてきました。例えば、バケツ一杯野菜を食べる方の話やナッツを大量に食べる方の話とかありましたよね。
私も最初は何をどれ位食べてよいのかわからず、それまでのカロリー制限の常識との間で悩みましたが、江部先生や精神科医Aさんにアドバイスいただいたおかげで、なんとなくやり方が分かるようになり、半年くらいで食欲も落ち着きました。
ですから、当時の私と同じように不安を抱えながらこちらのサイトを見ている方に「あせらないで。そのうち落ち着きますよ」「糖質制限食は続ければ必ず効果があります。諦めないで頑張ってください」と言いたかったのです。
でも冷静に考えれば無責任だったと反省しています。あらてつさんや皆さんがおっしゃる通り、結局は個々人の問題ですものね。申し訳ございませんでした。
そして、これからもご教示のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
ひかさんへ
横レス、失礼します<(_ _)>       私も、ひかさんのお気持ち良~くく分かります! 私も、全然食欲落ちなくて
エンゲル計数が直線に上がってました(汗)  どれ位かというと、中華フルコース食べても4時間後にはお腹が空くという、、 それで色々調べました。    そうしたら、結局、お腹が空くというねかは、エネルギーが足りない、という事なんですよね。でもこんなに食べてんるのに?と思ったら、私は卵を余り食べて無かったんです。             卵はアミノ酸100%の完全食品です。完璧な栄養を取っていればお腹も空かないはずと推測して最低でも1日に2つは卵を食べるようにしました。疲れた時は4つ位食べる日も有ります。後は海藻。ミネラルはタンパク質を消化・吸収する時に必要ですから、これも必ず食べます。       そうしたら、段々モンスター食欲も落ち着いてきましたよ♪因みに、私は朝食に、グレープフルーツかアボカド、卵、ワカメ、納豆を食べます。昼食も卵を入れますし、夕食にもその日の活動具合で食べたりします。 あの森光子さんも生前は卵を1日に6個食べながら舞台をなさっていたとか。  値段も安いし、もっと卵を増やしてみてはいかがでしょうか?      後、ホルモンのコブクロもお薦めです。これ、実はプラセンタなんですよ!プラセンタは栄養バランスがまたまた完璧ですし、硬いから、しっかり噛まないとですから、早く満足感が味わえますよ♪お肉屋さんで売ってます。なければ取り寄せ出来ます。かなり臭いから、しっかり下茹でして下さいね(*^^*) 私はニンニクと炒めてお醤油で食べたりします。  お互い
頑張りましょうね(^^)/
No title
ほんのわずかでも糖質がその人の許容量を越えてしまうと、リバウンドのような食欲が発生するのではないかと、読んだ事があります。
一日に摂ってよい糖質量は、その人その人でどうやらまったく違うようです。思い切って糖質を含む野菜や、調味料の見直し、計算のし直しをして、一日に採れる糖質量を探ってみてはいかがでしょうか?
No title
40ママさんのおっしゃるとおり、エネルギーが足りないと猛烈な食欲がくるそうです。あんなに食べたのにどうして?と思い、わたしもいろいろ調べたところ、インスリンが出ている状態だと、エネルギーは脂肪細胞に蓄えられ、筋肉や体が必要とするエネルギーが足りず飢餓状態になり、さらなる食欲が増すという悪循環が展開されるという理論にたどり着きました。インスリンがどのくらい出ていればそうなるのか?というのは本当に個人差のようです。お菓子ばっかり食べてもほっそりな友人見ると本当うらやましい…。
Re: ねこさんへ
いつもコメントありがとうございます。

禁煙中にタバコ吸って挫折する人いるじゃないですか。

それと一緒で、炭水化物中毒の人が糖質摂ると中毒症状が出て抑制が効かなくなるんでしょうね。


管理者のみに表示