09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

糖質制限食、患者の立場で情報を発信していくのも大事かなと思ったお話

2012年08月17日
今日の話題の前に取り急ぎ一つ。

摂津のエクレアさん、こないだ頂いたコメント、公開させて頂いてもいいでしょうか?

あまりにもヒドイので、ブログ読者の皆さんにも是非知ってもらった方がいいと思いました。

ご多用の中申し訳ありませんが、コメント頂けたら幸甚です。

はい、では本日の記事にいって見ましょう。

糖尿人Mさんから、昨日の記事対して少し希望の持てるコメントを頂きました。

『あらてつ様、
はじめまして、
私の主治医と担当の薬剤師(彼も糖尿病で内服治療中)は、ありがたいことに反対はしません。江部先生の著書を読んでくれ、私の糖質制限をただただ見守ってくれています。あまりに結果が良くなっていくので、興味はあるものの、言葉には出しにくいのか???

私の父(96歳)と弟(57歳)は40代後半で糖尿病を発病しました。私は59歳まで結構運動をして気を付けていたのですが、糖質の入ったスポーツドリンクを飲んでは汗をかいていたため、2時間もたつと脱水と高血糖らしき状態になりフラフラすることがありました。

検診で空腹時血糖や中性脂肪、γGTP、尿糖等に異常がみられ、75gGTT検査で、インスリンの分泌が著しく不良であることが判明しました。

さっそくインターネットで情報収集する中で江部先生の著書に出会えたわけです。さっそくスーパー糖質制限を1週間した後、スタンダードで維持しています。大学病院の糖尿病専門医に紹介され、一通りの精密検査を受けながら、栄養指導??を受けましたが、3か月で正常値になったため、「何かあったら来てください」と放免されました。

栄養指導の管理栄養士さんは、糖質制限食の知識はあるようでしたが、私の食事内容を聞いてくださるのですが、やっぱり基本はカロリー制限。強制はされませんでしたが、用意されるパンフレットは旧式のものばかり。糖質制限のパンフレットは普及されていません。糖質制限手帳と指導用のパンフレットが必要だなと感じました。

今は慣れてきたので、いろいろ工夫しながら制限食を続けることができています。温泉水も美味しくいただいています。

賢い患者になるよう努力しています。

暑い毎日ですが、糖質制限食がますます普及されますよう、ご尽力いただけるよう、よろしくお願い致します。』


コメントありがとうございます。
こちらの方こそはじめまして。

日当山の温泉水、お試し頂けたんですね。ありがとうございます。
お気に召して頂けて、うれしいです。

この温泉水はホントに美味しいと思いますので、これからもご愛顧頂けると嬉しいです。

さて、糖尿人Mさんの主治医殿、糖質制限食に理解とまでは言わなくても反対されなくて良かったですね。

まあ、どんなに反対しても、結果を見れば効果が歴然と分かるので、反論できないとは思いますが。

せっかく江部康二先生の本まで読まれて、糖尿人Mさんが良くなっていく過程を確認されたのでしたら、ここで一つ糖質制限食を勉強して下さったらいいのになと思いました。

恐らく糖尿人Mさんの主治医殿、

「糖質制限食って最近話題になっているし、検査結果は明らかに良くなってる、けど、正直なとこ、自分が治療に取り入れるのはコワイ…」

と思っておられると勝手に想像しました。

だったら、興味を持った時が勉強するいいキッカケです。

もし、受診される機会がおありでしたら、患者の立場からひと押しされてみてはいかがでしょうか?

うまくいけば、糖質制限食を治療に取り入れてくれるかも知れませんよ。

これまで散々書いてきましたが、お医者さんって一部を除き本当に不勉強です。

患者は命掛かってますから、必死になって情報を集めますが、お医者さんはそうじゃない方が残念ながら多いです。

患者がもっと賢くなって、お医者さんに対して情報発信していくのも大事なんではないかなと思います。

でないと、不勉強な医者に殺されかねませんので。




糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。



糖尿病 | コメント(9)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
うちの主治医も ☆
うちの主治医も 極端な糖質制限はガンになるとか何とか反対しつつも私のスーパー糖質制限を見守ってくれています(^^)
きっと結果に興味があるのかな~?と まだたんぱく尿が+-だったり中性脂肪が基準値を越えたりあちこち微妙な数値でありますので食事の内容を見直して脂質も減らしてとアドバイスくれます(^^)
血糖値は基準内なので九月の検査で他の数値も良くなるように頑張っていくつもりです(^^)
肉食べなきゃと張り切りすぎて体重が増えたり戻ったり(--;)女性の場合はカロリーも押さえつつ糖質をカットしていくことがいるのだと最近理解…遅い(--;)
色々アドバイスをしていただける方もいて本当に一人でやってるんじゃないなぁ(^^)と不安もありつつ前を向けて歩いていけてます(^^)
子供のためにポックリ死んではいけません…もう少し大きくなったら糖質制限をやらせてみようと思っています(^^)
主人は糖質だらけの生活で自分は糖尿の家系でないとふんぞり返っています(^^)家にいるときはひっきりなく糖質…見てるだけて恐ろしい(--;)夕飯→デザート→テレビ見ながら煎餅やスナックお風呂上がりにアイス…
男性は筋肉も違うし基礎代謝も高いと思うし今はなに食べてもすい臓が元気なのかもしれません(--;)

遺伝とバカにしますが生活習慣も侮れませんよね(--;)
患者は自分の命は自分で護る!
>患者は命掛かってますから、必死になって情報を集めますが、お医者さんはそうじゃない方が残念ながら多いです。

 その通り!
私は自分の命は自分で護る!
糖尿病学会に責任は求めません(って、不可能)

1.北九州M塾、熱烈な江部先生ファンですが、Y新聞から「脅迫めいたコメント」が、、、ここまでやるか(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-

2.石川英輔著 「大江戸庶民事情」より
項目 「医学」
P.172
 当時(1846年)、ウィーン総合病院では手術後の死亡率が産婦の10%に上っていた。
―――江戸と外国の情勢を比較して、日本は外国よりも優れていた―――

---中略---

 権威者達にすれば、ゼンメンワイスの説を認めれば、同時に長年にわたって自分たちが患者を無残な目に合わせてきたことを認めなくてはならない。しかも、ゼンメンワイスの説は当時の学説からいって明らかに間違っていたのだから、こんな若造の言い分は無視するのが当然だった。
 それどころか、新しい考えを危険視した院長のクライン教授は、かつてハプスブルグ家に叛旗をひるがえしたグループに同情を示したことをにわかに思い出し、反逆者として告発して病院から追放してしまった。
 ゼンメンワイスは、47歳のとき、精神病院でみじめな死を遂げた。

 いつの世も、先駆者は悲惨です。そしてその何倍もの患者の命も失われます。
かのモーツアルトやベートーベンも被害者とか、、、
彼らが命永らえたらどんな傑作が輩出されたのでしょうか!
 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
夏バテがありませんでした。
5月~7月の終わり、スーパー糖質制限食、8月アイスは食べる、プチ糖質制限食ですが、毎年おちいっていた夏バテ(食欲減退、自律神経&思考低下)が起こりませんでした。毎年、8月9月は、事故を起こしたり、占いの通り私にとっては、最悪でした。今年も「あ~あ、この月だけは、避けられないだろうなぁ。また、精神的にもズタズタになる。」とだいたい7月20日頃から、夏バテの症状が始まるのですが、今は!!!。夏バテなしです。

炭水化物食の時は、夏になると身体中から、なにかが抜けていき、頭はパニックでした。だから、困ったことが起きるor起す。そして、10月ごろから、元に戻る感じでした。

6~7月は、室内は、除湿エアコンをかけていましたが、住宅環境が悪いのでエアコン代がかさむと思い、今は、スーパー、フードコート、図書館に行って家のエアコンは、使っていません。暑くなると気分が乱高下していたのが、ならないのが 嬉しいです。そして、夏に心身良好なのが(^○^)。

コメントにもありましたが、汗が出る時期になり、確かに私も生臭くなりました。
下着をネットショップで見つけた衣類の汚臭、木の汁を落とす洗剤につけ置きして、しのいでいます。衣類から、再び臭い出すのも原因の気がしたからです。ケトン臭だったら、おさまってほしいところです。

Y新聞、怖いですね。私は、雑誌をかなりの量を読みますが、雑誌&新聞の収入源は広告とその本の売り上げだと思います。なかには、読むのが苦痛な雑誌、新聞あります。




Re: 摂津のエクレア さんへ
ご承認頂きありがとうございました。

替え歌も公開させて頂きたいくらいです(笑)
Re: かよりん☆☆さんへ
いつもコメントありがとうございます。

>うちの主治医も 極端な糖質制限はガンになる

なった人いたら連れてこい(笑)と思うのですが、見守ってくれているならヨシとしましょうか(笑)

このまま糖質制限食を頑張って数値を改善させて、かよりん☆☆さんの主治医も糖質制限ドクターに変えてしまいましょう(笑)

>色々アドバイスをしていただける方もいて本当に一人でやってるんじゃないなぁ(^^)と不安もありつつ前を向けて歩いていけてます(^^)

そうです、かよりん☆☆さんも一人ではありません。

江部康二先生やこのブログに来てくださる読者の皆さんが仲間です。

一部、某糖尿病学会関係者は除きますが(笑)

困ったことや不安なことがあれば、いつでもコメント入れてください。

皆さん、助けて下さいますよ♪

>男性は筋肉も違うし基礎代謝も高い

いえいえ、それでも糖質食べたら膵臓に負担が掛かるのは一緒です。

主治医含めてご主人も糖質制限食に引っ張りこみましょう(笑)







Re: るな さんへ
お買い上げ&お店のお名前、ありがとうございました。
お礼が遅くなって申し訳ございません。

地理関係がさっぱり分かりませんが、次回東京に行った際は、探しだして寄らせて頂きますね〜。

宜しくお願い致しまっす♪

Re: のぞみんさんへ
いつもコメントありがとうございます&お返事大変遅くなって申し訳ございません。

糖質制限食で夏バテ回避、おめでとうございます。

糖質制限食を実践すると、血糖値の乱高下が起こらず代謝が安定するので、体調や精神面も安定するみたいですね。

まだまだ残暑が続きますが、糖質制限食で乗り切ってくださいね。

で、読売新聞は、全く話になりません。

ジャーナリストの魂を捨てて、糖尿病学会の太鼓持ちに成り下がりました。





管理者のみに表示