07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

糖質制限食で1型糖尿病が改善しましたと、読者の方からご報告頂きました。

2012年06月27日
私は見てなかったのですが、先日、某テレビ番組で「日本人は農耕民族だから米を食べなきゃダメ!」ってやってたそうです。

この番組、江部康二先生に出演依頼が来て断ったやつなんですよね。

まだこんなこと言うとる奴おるんかと、断って良かったと心底思った、あらてつです。

所詮はバラエティー…。

そんな話は置いといて。

今年の3月に糖質制限食で1型糖尿病が劇的に改善&体重も見事に減少したとうれしい悲鳴をコメント頂いたひなさんから、糖質制限食3ヶ月目のご報告のコメントです。

『3月から糖質制限初めて3カ月になりました^^今日検診日でしてちょっと嬉しい結果だったので報告です。 

 私、北の糖尿人さんと同じく1型糖尿病なんですが、宮崎にすんでるので南の糖尿人と言うところですかね(笑)

 一番悪い時期はA1cが9.1まで飛んじゃってました・・2H後の血糖値も276と・・・コワイ

 で、3月から始めた糖質制限食後のA1cはといいますと~

3月  7.2%
4月  6.7%
5月  6.0%
6月  5.6%♪♪♪

念願の5%台です^^

体重もダイエットしているわけではないのに順調に落ちてきてますオホホ~~

たんぱく質では血糖値は上がらないと言われていますが、私の場合結構上がります。2時間後血糖値はいいのですが焼き肉とか食べた後、もちろん塩コショウで・・

朝方に上昇してますねぇ~インスリンを打ってるんですがやはり結構あがるんです^^;でも今までの上昇に比べると大したこと無い感じなんですがやはり150を超えるとドキドキしちゃいます。

私は糖尿病になって一つだけ良かったな~って思うことがあるんですよ。多分この病気になっていなかったら、チビで、デブのまんまだっただろうし、自分の体をこんなに真剣に考えて食事することも一生無かっただろうと思うんです。今は普段の節制があるから、たまの飲み会、食事会を楽しむ事ができます♪

チビは一生治らないけどこんなに体を大事にしてるんだもん!最悪な合併症にはなりたくないし、これから先の人生も楽しみたいです。そのうち糖尿病の特効薬もでてくるかもしれないじゃないですか^^

こんなに体を大事に思わせてくれた糖尿病に少しだけ感謝です(笑)

長くなっちゃいましたけど、私の周りに糖尿の知り合いがいないのでぶっちゃけさせていただきました。A1cの結果がいいと、なんとなく気分がウキウキしてしまう”ひな”でした♪』


ひなさん、ご報告ありがとうございました。

HbA1cが、この三ヶ月で 7.2→5.6 と、見事な改善!

糖質制限食に反対するお医者さん達が信奉する、糖尿病学会推奨のカロリー制限食でも、達成不可能な数値ですね。

ましてや、前出のテレビ番組のお医者さんが抜いたらアカンゆうてる米食ってたら、こんな素晴らしい数値にはなってないですよね。

本当におめでとうございます。

ちょっと思ったんですけど、糖質制限食に反対する人達がこの数値見たら、なんてゆうんでしょうね。

「短期的には効果があるかも知れないが、長期的にはわからない」

とか、訳の分からないこと言い出すんでしょうね、きっと。

あ、糖尿病学会のエライ先生も、「日本人は農耕民族だから」って言ってましたね、そう言えば。

話がそれました。

体重の順調に減っておられるご様子、本当に良かったです。

前回のコメントでは、うれしい悲鳴をお書き頂いてましたが、今回は悲鳴どころの騒ぎじゃないかもですね(笑)

で、タンパク質で血糖が上がるのとのことですが、1型糖尿病の方は、糖質ほどではないけどタンパク質も血糖に影響すると江部康二先生が仰ってました。

高雄病院に1型糖尿病の方が入院されると、タンパク質もカウントするそうですよ。

なので、焼肉やらステーキをガッツリ召し上がられる時は、ちょっと注意された方がいいかもですね。

SMBGをお持ちでしたら、これくらい肉食べたら翌朝これくらい上がるな~って一度測ってみられると、今後の目安になると思いますよ。

体調の話はこれくらいにしておいて、話はまたまた変わります。

私、今回頂いたひなさんのコメントで、一番ココロに響いてご紹介したかったのが、


「私は糖尿病になって一つだけ良かったな~って思うことがあるんですよ。多分この病気になっていなかったら、チビで、デブのまんまだっただろうし、自分の体をこんなに真剣に考えて食事することも一生無かっただろうと思うんです。今は普段の節制があるから、たまの飲み会、食事会を楽しむ事ができます♪」


私なんかが軽々しく言っちゃいけないんですけど、とても前向きに捉えておられると思うんですね。

ほんとに、なってしまったもんをグチグチ言っても、なんの解決にもなりません。

じゃあどうするのが最善なのかを考えて実行する方が、いいに決まってます。

その結果、ひなさんのようにコントロールが良好になって、

「今は普段の節制があるから、たまの飲み会、食事会を楽しむ事ができます♪

チビは一生治らないけどこんなに体を大事にしてるんだもん!最悪な合併症にはなりたくないし、これから先の人生も楽しみたいです。そのうち糖尿病の特効薬もでてくるかもしれないじゃないですか^^」


って言えると思うんです。

それから、

「私の周りに糖尿の知り合いがいない」

とのことですが、何をおっしゃいます。

このブログで2000人、江部康二先生のブログで10000人以上の方が、毎日来てくださってます。

皆さん、糖質制限食を通じた仲間ですよ。

また、ぶっちゃけたいことが出てきたら、遠慮なくコメント入れて下さいね♪





糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。



糖尿病 | コメント(10)
コメント
6月26日教科書にのせたい
いつも楽しみに読ませてもらってます。
はじめてコメントします。冒頭の番組ってこれですね。
横浜クリニックの青木晃Drが食べ過ぎタイプのダイエットとして炭水化物減らしダイエットを勧め、その理由として「日本人は米を主食とする民族だから炭水化物抜きは無理」(少しは勉強して欲しいですね というか確信犯でしょうか)さらに「糖尿予備軍をたくさん作ってしまうおそれがあるので炭水化物は抜くのではなく減らすように」と言ってましたね。
どんな理屈でそうなるのか理解に苦しみます。
ちなみに、私は糖尿病ではないですが、健康管理のために炭水化物抜き7年目去年の江部先生の京都新聞コラムに出会ってからは、スパー糖質制限食実践でとっても快調です。
あらてつさんも、めげずにこれからもがんばってください。
糖質制限食をして良かった事
あらてつさん、はじめまして^^
自称「糖質制限食、海外宣教師」韓国在住、うらしまみわです。江部先生、あらてつさん、管理栄養士さんのブログいつも楽しく拝見させて頂いてます。

今日、ひなさんのコメントを読ませて頂いて、私も良かった(感謝!!)と思う事がいくつかあるので、ご報告させて頂きます。但し、私の場合「糖尿病になって」というよりは「糖質制限食に出会って」良かったと思う事です^^

1)劇的な数値の改善!!
(今年の3月末から実践、3ヶ月)これは糖質制限食を一生懸命実践されていらっしゃる方達には共通点ですよね~^^

私:45才/身長158cm/糖尿歴12年(薬の服用なし)
以下今年の3月13日と6月9日の数値の比較です。
HbA1c/6.4から 6.2に…(現在甲状線の数値が高くてその薬を飲んでいるので、甲状腺の数値が落ち着くと共にHbA1cの数値も落ち着くと思われます。去年の秋、やはり甲状腺の数値が高かった時、HbA1cの数値は7.4でした。)
朝の空腹時血糖値/130~160から 70~110に
中性脂肪/164から 54に
総コレステロール/228から 166に
Fe(鉄)/71から 108に
体重/63kgから 55kgに


長男;小5/糖尿病発覚2011年夏
HbA1c/6.2から 5.9に
GOT(AST)/38から 27に
GPT(ALT)/88から 25に
体重/76kgから 68kgに
身長/152.5cmから 154cmに
中性脂肪/61
総コレステロール/162
(中性脂肪と総コレステロールに関しては以前の数値がなくて残念です。長男も一緒に3月末からスーパー糖質制限食実践中です。)

2)インターネットに目覚めた!!
以前から自宅にパソコンがあったにも関わらず、「私はやっぱりアナログが好き!!」と嫌っていたのですが、3月に江部先生の御著書に巡り合い、江部先生とあらてつさんのブログを読み始めてからというもの、完全に、はまりました。ハイ。「インターネットは公害!」と思い込んでいた生きた化石が、今や自ら時間制限を課すまでに…(笑)良質の情報を無料で迅速に、世界のどこからでも探せるインターネットをもっと早くから活用していれば、糖質制限食との出会いも早かった事でしょう。さすがにゲームはしませんが、子供達がのめり込む気持ちが少し分かるような気がします。「先入観と食わず嫌いは良くない。」こんな当たり前の事を、この年になって、かみしめています。

3)料理をするようになった!!(笑)
学生の頃から「世の中で一番嫌いなのが料理!!」と公言していましたが、主婦になっても、それは変わらず、食生活は今振り返ってみると炭水化物だらけのひどいものでした。よく食べていたメニューは、カレー、うどん、焼きそば、お好み焼き、ラーメン、チャーハン、パン、トンカツ、ピザ、ハンバーガー、フライドポテト、フライドチキン、コーヒー牛乳、ポテトチップス、チョコレート、果物、一品物の外食等です。糖質制限食では見事なまでにNG食品ばかりですね…こんな糖質一辺倒の食生活で病気にならない方がおかしい!!と今は思いますが、無知というのは恐ろしいもので、そんな食生活に何の疑問も抱きませんでした。料理が嫌いな人間にとって、一番手軽なのが、炭水化物とデンプン、糖質だったんですね。3ヶ月前、糖質制限食を始めようと決意した時、正直「何食べてけばいいの~?!」と思いました。韓国では日本のようにスーパーや通信販売で糖質制限食が手軽に入手できません。生死に関わる必要に迫られ、一生、好きにはなれないだろうと信じてやまなかった「料理」をするようになりました。人間ハングリーになれば出来るもんです。(笑)最近ではローカーボパンやピザにも挑戦してみようとオーブンまで購入しちゃいました。この変わり様に、周囲の人達も驚いています。

もともと疑問が芽生えると、納得できるまで、とことん追及していく性格なので、これって食品化学の分野?と思うような新たな世界を知り、「料理の世界も奥が深くて、面白いなあ。」と思えるようになりました。栄養学の面から考察しても、面白い事はたくさんあります。以前は、サプリメント信奉者で、いろいろと飲んでいたのですが、糖質制限食を始めてから不必要に思えてきて、摂取量がかなり減りました。「ふすま」には玄米の約10倍の食物繊維や、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、鉄分等が含まれている事なんて全く知りませんでした。(実はふすまの存在すら知りませんでした…)「寒天」には食物繊維が豊富に含まれ、「ゼラチン」の主成分がコラーゲンだということも…現代社会では、栄養分の豊富な部分を捨てて、ただ味覚だけを満足させる食生活に走ったために、栄養のバランスが崩れ、体に異変を起こすので、やむなくサプリメントが必要になったのではないでしょうか?
江部先生が御著書で、DHAとEPAの摂取を推奨されていらっしゃるので、今はオメガ3だけ飲んでいます。(私は魚があまり好きではないので、サプリメントで補給していますが、魚がお好きな方は、このサプリメントも不必要かも?)結局「昔に返れ」という事でしょうか?

「糖尿人」である事は、ある面「短所」かもしれません。でも、その「短所」を努力して克服した時、多くの人に希望を与える「長所」に変わるのだと思います。我が家の小学生の息子達にも、「短所」を「長所」に変えて「為に生きる」江部先生やあらてつさんのような男になれ!!と言い聞かせています^^現時点での長男の将来の夢は「糖質制限食の料理人」です。

長々と書かせて頂き、すみません。お体ご自愛下さい。いつの日か、直に江部先生やあらてつさんにお会いできれば嬉しいです。(我が家の子供達にとっては偉人伝クラスの方達です^^)近くて遠い韓国の地より、更なるご活躍をお祈りしています!!





私も一型糖尿人ですが、薬もインシュリン無しでOKです。
私も一型糖尿人ですが、薬もインシュリン無しでOKですよ。

ヘモグロビンa1cは5.6から5.8です。

抗GAD抗体も発症時は400、現在は100まで落ちて来ました。

※膵臓からインシュリンが出ているうちは一型とは言わないのかな?

糖質制限のお陰です。

ありがとうございます!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
糖尿病学会とJAが癒●!?
あらてつさん、こんにちは

表題に挙げたようなことはさすがにないかとは思いますが
コメ食え、コメ食えの大合唱を聞くと、
もしかしてノーキョーから袖の●でももらってるのか、
とうがちたくなりますねー

ところで、ワタシ体重が増えていたんです
自分の身体をあちこちさわってみると、
明らかに筋肉が増えていました
筋量が増えたのはいいのですが、体重が増えたのって…
喜ぶべきなんですけど…はぁ
Re: うらしま みわ さんへ
コメントありがとうございました。

なんか、えっらい評価を頂いてしまいましたが、私はそんな大層な人間ではないので、恐縮しまくりです(^_^;)

息子さんの目標は、江部康二先生だけにされた方が、ちゃんとまっすぐ育つと思います(笑)

もし日本に帰国されて際に、お近くで講演会があれば是非お立ち寄りくださいませ。

横でカバン持ちしてる付き人1号が私ですので、お声掛けくださいね(笑)

Re: ミズケン さんへ
コメントありがとうございます。

ミズケンさんは、1型でインスリン無しなんですね!

素晴らしいです。

しかも、HbA1cが5.6から5.8ということは、もはや正常値ですね。

かなりキッチリ糖質制限食に取り組まれておられるとお見受け致しました。

江部康二先生によりますと、

「1型糖尿病病は、従来言われていたほど一気に症状が進むのではない、高血糖がβ細胞の破壊を招いている、だから初期のうちに糖質制限食で血糖コントロールをしてやれば、ある一定、インスリンの分泌が残せるのではないか」

とのことです。

ミズケンさんは、この例に当てはまっておられるのではないでしょうか。

これからも糖質制限食で良好なコントロールをお保ち下さいね。

ミズケンさんのお話、糖質制限食に反対してる連中が聞いたらどんな顔するんでしょうね。









Re: Y さんへ
こんにちは(^^)
いつもコメントありがとうございます。

そんな情報に踊らされた方から電話が掛かってきました(笑)

お書き頂いた「食べたいならそう思ってる自分だけ食べりゃいいのに」にプラスして、「糖質制限食、嫌ならしなきゃいいのに」って(笑)

ほんと、もうちょっと自分の頭で考えて欲しいです(^_^;)

飲酒で居眠りならぬ、「食パフェで居眠り」ですね(^_^;)

運転、くれぐれもお気を付けて下さいね~。




Re: caorita@エセ京女 さんへ
いつもコメントありがとうございます。

確かに、なんでソコまで米食えなんやろ?糖質食べさせて血糖値上げて薬飲ませる為か?と思ってましたが、ノーキョーは頭になかったですねぇ。

うかつでした。

話変わって、筋肉が増えて体重が増えるのはいいことですよ。

基礎代謝が上がって余分な脂肪が付きにくくなりますからね~。

見た目細くても、筋肉無くて体脂肪率が高いよりはるかに健康的ですよ。







劇的変化で数値が正常値に!
あらてつさん、はじめてコメントします。
身長185㎝×110キロのツレアイが、かねてから懸念されていた糖尿病と診断され、一念発起しました。糖質制限に取り組んで一か月半になりますが、HbA1cが7.2から5.6へ、わずかの期間に激減。「正常値です・・・」とお医者さんも、薬局の薬剤師さんも驚愕しておいででした。
考えてみれば、すごくシンプルなことですね。糖尿病は糖代謝に異常が生じる病です。ですから尿酸値に異常のある痛風で、尿酸値を上げる食物を控えるのと同じく、血糖値を上げる「糖」をカットする。それだけのこと。ですが、日本の主食が米であるという事実が、事を非常にややこしくしてしまっているように感じます。あと、ごく普通に米を食べている間はよかったのです。日本は食が豊すぎるため、他国の主食系食物=炭水化物・糖質を使ったメニューがどっさりあります。ラーメンにごはん、パスタにごはん、というクロスオーバーなものから、うどん+おにぎり、うどん+おいなりさん等。糖質オン糖質の食事が増えすぎてしまったことにも問題があるのでしょう。糖質制限を始めてから、自分たちがいかに糖質づけになっていたかを実感しています。時折ごほうびに市販のケーキ等も口にしますが、甘すぎて、もう受け付けなくなっちゃってます。
これからも、将来の健康を見つめて、楽しく糖質制限をしていくつもりです。
お医者さんから自己管理がなっていないとしかられ、すごく辛いカロリー制限の高糖質食を勧められ、挙句に病状が悪化なさっているかたたちが、少しでも減りますように。心から望みます。
長くなってしまってすみません。みなさん、糖質制限がんばりましょうね!

管理者のみに表示