09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

脅迫するお医者さん

2012年05月23日
私、デスクワークの時は、朝から晩まで日がな一日緑茶飲んでます。

それも、とびきり渋いやつ。

相当のカフェイン摂取量だと思うのですが、それでも昼間仕事してて睡魔に襲われます。

昼間はカフェインの作用なんて利尿効果しか感じないくらい眠いのに、夜帰って布団に入った途端、目が冴えます。

最近、布団には覚醒作用があるんじゃないと思い出した、あらてつです。

眠くてたまらん…。

話は変わります。

先日ご紹介させて頂いたしんさんから、またまたコメント頂きました。

『コメント取り上げていただきありがとうございます。

 保証なんか求めてないのに、初めから完治させる治療法は事実上ないのに「糖質制限をすると何の保証もできませんよ」というレトリックを使うわけです。

一種の脅迫と感じました。

でも世の中捨てたものではありませんね、江部先生をはじめとする糖質制限を推進普及させようとする先生方もおられますし、科学者または医学者の目で、推進という立場でなくとも重要な選択肢の一つとして糖質制限をとらえ認めている医師もいますね。

志ある方の活動が、自由な情報が、患者同士の助け合いの精神。』


いえいえ、問題提起となる貴重なコメント、ありがとうございます。

で、糖質制限食を批判する際に、頭越しに否定して脅迫じみた事を言う方、多々おられますね。

恐らく、この手のお医者さんは、自分自身でものを考えられないのでしょう。

自分で判断し決断ができないし自信もない。

だから、どこかの誰かが言ったことをそのまま受け入れる。

そうすれば、自分で考えずに済みますし、言ったことに対して責任を取らなくても済みます。

それを否定するものに対しては、自分の頭で考えたことではないので、明確な根拠を持って反論できない。

だから脅迫じみたことしか言えない。

ある意味、哀れな人たちです。

でも、これが他人に迷惑かけない範囲ならどう思われようがその人の勝手ですが、仮にも人の命を預かる職業についてて「哀れな人」では困ります。

正直、こんな連中は、医者になる資格はないと私は思います。




糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。


糖尿病 | コメント(6)
コメント
お久しぶりです
糖質制限を始めて、半年が過ぎました。

おかげさまで、糖尿に関する薬を一切必要としなくなるまでに、なりました。

A1cは5.0前後で落ち着いています。
あらてつさんのブログに出会えて、本当に良かった!
江部先生のレシピ本、活用させていただいてます。

長くなりましたが、質問なのですが、血糖降下剤を内服していないのに、食生活によっては、低血糖になりますか?

糖質制限しているのに、停滞期で体重が減らず、その上、低血糖っぽくなることがあります。

糖質制限していても、油分を取り過ぎれば、やはり痩せないですかね?
No title
はじめまして、糖質制限を始めたらウェスト30のジーパンがキツキツからゆるゆるに変わった歴史好き人間です。

糖質制限を否定なさるお医者さんや厚生労働省というのはかつての日本の軍人と同じです。彼らには教科書に書いてあるかつて学校で習ったことこそが正しいと信じることしかできないんです。ちょうど東京の参謀本部にいた人間が戦後になって前線兵士のミス、怠惰や民間の国力差で負けたとというのと、研究畑で臨床に出ない医師や本省の役人が糖質制限やラップ療法を間違いだというのは物凄く似てます。

日本のお役人の世界と言うのは物凄く視野がせまく元来頭がいいからこそ純粋培養でしかも終身雇用です。下手に恩師や先輩と違うことを言い出したら村八分で天下りのポストがなくなるとかそういった心配をするんですね。前線将兵や糖尿病患者より自分の身分保障が大事という糞食らえな話です。

脚気の原因を理解できず軍医として大失敗した森鴎外を笑うはたやすいです。ですが先人の失敗を教訓として学べないならむしろそれは先人より自分たちは劣っているという証拠ではないでしょうか。
ありがとうございます。
いろんな話をしました。
彼は、西欧人と東洋人のインスリン分泌能力の違いがある。だから欧米で糖質制限が認められてても日本人には合わない。と言いました。
私はインスリン分泌能力が低い人種民族ほど糖質制限が有効だといいました。
彼は言い返す言葉はなかったようです。

カロリー制限がまだ有効なのはインスリン抵抗性の高い場合だからなあ。だからきっと欧米ではカロリー制限が先行したのだなあ。しかし、糖質以外が血糖値を上げないとわかるとかじを切れたんだなあと考えた。
ある意味理論的だなあと。
今目の前にいる人には何も根拠がないと。権威以外。
Re: SLEEP さんへ
はじめまして。
コメントありがとうございます。

お書き頂いてますこと、すべてごもっともです。

「下手に恩師や先輩と違うことを言い出したら村八分で天下りのポストがなくなるとかそういった心配をするんですね。前線将兵や糖尿病患者より自分の身分保障が大事という糞食らえな話です。 」

「脚気の原因を理解できず軍医として大失敗した森鴎外を笑うはたやすいです。ですが先人の失敗を教訓として学べないならむしろそれは先人より自分たちは劣っているという証拠ではないでしょうか。」

激しく共感致します。

ですが、これが日本人の民族性なのかと思うと、悲しくなってきます。

一部の連中だけだと思いたいのですが…。





No title
日本人の民族性などというものは存在しないと思います。根本は硬直化した人事および教育制度ではないでしょうか。
つまり学部やお役所の終身雇用です。患者がどうなろうが彼らは首になりません。弟子や下僚が突っ張ってきたらトンデモ扱いして閑職に飛ばしてやればよいのです。

とある心理学の本にありましたが、ユングやフロイトの精神分析がいまだにまともな心理学部に存在するのは先進国で日本だけで30年は遅れてるとか。またカビの生えたマルクス経済学者が大学に残ってるのも日本だけでしょう。ウィンドウズやアンドロイドOSみたいに全部更新してもらいたいものですね。
Re: SLEEP さんへ
コメントありがとうございます。

日本の医学も、一部の最先端の研究は世界でもトップレベルですが、基礎の部分ではあまりにお粗末です。

医師免許も更新制にすればいいのにと思います。

管理者のみに表示