09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

糖質制限食、広がるのはいいんですが…

2011年10月13日
職場の机の引き出し開けると、見事なまでにグッチャグチャ。

先月綺麗に整理したんですけどねぇ。

そういや、机の横に積み上げてる書類も、だんだん整理がつかなくなってきました。

この散らかり様は、精神状態に比例してるような気がしてきた、あらてつです。

今月の標語 「机の乱れはココロの乱れ」

さて。

今朝、私が姐御とお呼びして敬愛申し上げている、日本一の糖質制限食エキスパート管理栄養士の大柳珠美姐さん(ブログ書かれてます→管理栄養士のローカーボ・キッチン)からお電話頂きました。

例のNHKのためしてガッテンの話から、NHK自体の偏りすぎる放送に、なんか裏があるんじゃないの?なあんて話題になり、「最近、糖質制限食の広がりに加速がついてきましたねー」なんて話になりました。

糖質制限食が広く認知されていくのは大変喜ばしいのですが、一抹の不安どころか、大きな危惧を感じます。

ここ最近、江部康二先生に出版やらテレビの出演依頼の電話やら、やたらとかかってきます。

まあ、以前から取材のたぐいは多いのですが、ここんとこ尋常じゃありません。

同じ出版社の違う部署3っつからオファーが来たりしてます。

あと、私ども高雄倶楽部に、客を装って問い合わせをしてくる業者の数も増えました。

こんなもん、調べりゃすぐにバレるんだから、堂々と名乗ればよかろうと思うんですけどね。

で、あんまり依頼が多いんで、ほかにネタないの?と聞いたところ、こんな答えが返ってきました。

「江部先生は、今、旬ですから。」「糖質制限、流行ってるじゃないですか。」

あっちゃ~。

以前にこんな記事書きました。

『『糖質0』ついにここまできたか!ってとこですね~。日本ハムのホームページ見てビックリしました。

これまで、大手メーカーさんで糖質がどうこういうってたのは、飲料業界だけだったんですが、食品メーカーさんもやりだしんですね~。

糖質制限食を実践している身では、選択肢が増えるのは嬉しい限りですが、一抹の不安が…。

日本ハムみたいな大手がやりだすと、「糖質0発泡酒」のときみたいに、恐らく他のハム・ソーセージメーカーも、やりだすでしょう。

すると、ハム・ソーセージ以外の食品メーカーも、「なんで糖質0なのか」本当の意味を理解せんまま、我も我もと「糖質0」の新商品を出してくると思われます。

「糖質0」は一大ブームになり、町中に「糖質0」を謳った食品があふれます。我々は、糖質制限食を実践中でも、食材選びに困らなくなった、いい時代になったもんだと喜びます。

ところが、

「流行りは廃り」ます。「なんで糖質0なのか」なんて考えず、「売れてるからうちも糖質0を作れ!」と参入してきたメーカーさん、次に流行りそうなモノが欧米からくると、一斉に「糖質0」から手を引きます。あれだけあった「糖質0」が、町から姿を消し、そして誰もいなくなるのです。

これって、日本のメーカーがいつもやっていることですよね。

今後の「糖質0戦争」、流行だからではなく、なんで糖質を気にしなきゃならないのか、そこをちゃんと理解して「糖質0」を作ってくれるメーカーさんが増えくれることに期待するしかないですね。』

先日、提携したいと行って訪ねて来られた企業の社長さん、条件を提示すると、

「もし糖質制限で売れなかった場合、契約を解除できる方がありがたいんですが。」

思わず、笑ってしまいました。

正しく、上の記事そのまんまのメーカーさんが現れました。

恐らく、糖質制限を謳い文句に販売にしているメーカーの殆んどが、こんな感じではないでしょうか。

これも、以前書いた記事です。

『去年から提携させて頂いている、東京の大手IT会社の社長さんとお話していたときの事、

「糖質制限食?そんなのもうかるわけないじゃないですか。この治療方をひろめることが先ですよ。」

と仰いました。

現在自社でされている事業と全く関係ない分野に、なんでまたわざわざ参入されたのか不思議でしたが、この一言をお聞きして、納得できました。

「我々は、IT企業の立場から糖質制限食を広めていきます。」

嬉しいお言葉です。

何度も書かせて頂いてますが、リストランテASOの阿曽シェフ、Botanicaの新井田シェフも、糖質制限食を自ら実践されて、この食事方法を広めるべきだと、お二人の立場で糖質制限食の普及に取組まれておられます。

上記IT企業の社長さんも、阿曽シェフも新井田シェフも、利益を考えたら、本業に集中された方がよっぽど儲かりますよね。だって、その道で成功されておられますから。

糖質制限食って、ただ単なる健康方じゃなくって、それこそ命かけて取組んでる方々がおられるわけですよ。それなのに、糖質0が流行ってる、儲かりそうだからと飛びついてきて、ブームが去れば、次のブームを探す、これって、あまりにも無責任だと私は思います。』

糖質制限食がいっときのブームになり、怪しい方々がどんどん出てくる。

おおよそ糖質制限食と言えないような商品を、糖質制限ですと大々的に謳って販売し、ブームが去ったら「はい、サヨウナラ。」

結局、「ほらみろ、糖質制限食なんて所詮インチキだったじゃないか!」と反対する方々は大喜び。

その結果、不利益を被るのは、誰でもない、江部康二先生や私のブログを読んで下さってる皆さん、本当に糖質制限食を必要としている皆さんです。




糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。


おかしいと思うこと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示