FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

知人が糖質制限で8kg痩せたので、久しぶりに入門編を書いてみます。

2018年08月01日
確か4月のあたまくらいだったと思うのですが、いつもお世話になっている車屋の社長さんから、電話が掛かって来ました。


まだ車検の時期でもないし、なんかあったんかな?と電話に出ると、


「糖質制限したいんですけど、どうすればいいですか?」


私とそんなに歳は変わらないのですが、最近太って来たので痩せたいと。


本を何冊か見繕って送らせてもらい、先週、12ヶ月点検に車を持って行ったら…


「あれから8kg痩せました!」


最初に姿を見た時、なんかいつもと違うなと思ったのですが、この3ヶ月で8kgも痩せたら、そら違って見えますよね(笑)


社長さんいわく、


「糖質って、食べなくても平気になるんですね。」


「あと、ちょっと油断して体重が増えても、糖質を抜けばすぐに落ちることが掴めました。」


とのこと。


目標体重を達成したので、これからは糖質制限で維持していきますと仰ってました。


別に私が何したわけじゃないのですが、なんか嬉しかったあらてつです。


今、まさにダイエットに取り組んでる皆さんも頑張ってくださいね〜。


で。


この社長さんの件があったからではないですが、最近、糖質制限の入門編を書いてなかったなぁと気がつきまして、せっかくなのでこの機会に書いてみようと思います。


ブログ読者の方の中には、すでにベテランの域に達しておられる方も多数おられるかと思いますが、基本の確認(笑)だと思ってお付き合い下さいませ。


まず、糖質制限ってナニ?なんですが、これは読んでもらえばそのまんま、糖質の摂取を抑える食事方法です。


何故、糖質の摂取を抑えるかといいますと、消化・吸収された糖質は、100%血糖に変わります。


また糖質は、摂取直後から急峻に血糖値を高く速く上昇させ、2時間以内にほとんどすべてが吸収されます。


脂質、タンパク質、糖質の三大栄養素のうち、糖質だけが血糖値を一気に上昇させます。


血糖値が上昇すると、膵臓のβ細胞と呼ばれるところから、インスリンが大量に追加分泌されます。


現代のように、三食、米・パン・うどん・ラーメン等のいわゆる「炭水化物」を食べ、砂糖のたっぷり入った菓子類や清涼飲料水を常時摂取するような食生活だと、血糖が急激に上昇し、食事のたびに多量のインスリンが追加分されてしまいます。


しかも、摂取した糖質は、すべて使われればまだいいのですが、運動不足の現代人では、食べた糖質をエネルギーとして使い切れていない方がたくさんおられます。


すると、血液中の余った糖分は、インスリンにより脂肪に変えられ体脂肪として蓄えられ、何らかの手を打たない限り肥満症に。


そして肥満になれば、細胞のインスリンへの抵抗性が増します(自分のインスリンの効きが悪くなることですね)。


また、長年にわたり絶えずインスリンを多量に分泌してきた膵臓は疲弊し、ついには糖尿病を発症してしまいます。


なので、なるべく糖質の摂取を減らして、食後血糖値の上昇を防ごうというのが糖質制限です。


もちろん糖質を摂りませんから、インスリンの分泌が抑えられ、膵臓にも優しいですし、すでに糖尿病を発症された方や肥満症の方は、進行を食い止められます。


まだのなっていない方はそれらの予防になります。


<つづく>


糖質制限食入門編 | コメント(0)
 | HOME |