FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

「糖質制限ってカロリー気にしなくても良いんじゃないですか?カロリー気にするなら、カロリー制限といっしょですよね」

2018年08月30日
前々回書いた


「信号待ちなどで停車する際、車間を車の全長1〜1.5台、ひどいのになると2台分くらい開けて止まるヤツ」


の続き。


車間を車の全長1〜1.5台、ひどいのになると2台分くらい開けて止まって、ちょっとずつ進むヤツ。


ナニがしたいの?


ちょっと進んで止まって、またちょっと進んでを繰り返してます。


めっちゃ鬱陶しい。


こんなヤツが交差点の先頭に止まった時は、さらに鬱陶しい。


停止線から思いっきり後ろに止まって、信号変わるまでの間、ちょびちょび〜ちょびちょび〜進んだかと思ったら停止の繰り返し。


で、信号変わったら脱兎のごとく出て行くのかと思ったら、ちょびちょび〜のペースで発信。


オマエはなんやねん


コイツから後ろは全然進みません。


円滑な交通の流れゆう言葉を知らんのか???


免許取るとき、ナニを習ったんでしょうね。


こんなヤツに免許やっちゃいけないと激しく思う、あらてつです。


ホンマに理解不能な運転が多い…。


まあ。


人の振り見て我が振り直せと言いますし、反面教師にしないとダメですね。


で。


前々回まで、みおみおさんから頂いたご相談にお応え(できていたかどうかは別にして…)していたのですが、その中で、カロリーも見てみてくださいね、なんて話を書いたところ、


「糖質制限ってカロリー気にしなくても良いんじゃないですか?カロリー気にするなら、カロリー制限といっしょですよね」


とメール頂きました。


同じような話で、


「消費カロリーより食べなければ糖質制限しなくても痩せますよね?」


なんて言われます。


その通りです(笑)


消費カロリーより摂取カロリーが少なければ痩せますので。


じゃあ、糖質制限をするメリットは?になるんですがその前に。


皆さん、糖質制限に対して、根本的な所から誤解されてますね。


過去何度か糖質制限食がマスコミなどに取り上げられ、“糖質制限”やら“糖質制限ダイエット”やらの言葉をあちこちで見るようになりましたが、そもそも糖質制限食は糖尿病治療の為に始まったものであって、ダイエットは二次的な効果に過ぎません。


雑誌やらネットで胡散臭い“糖質制限ダイエット”の記事を読んだ方によくあるのですが、「糖質制限さえすればどんなに食べても痩せる!」とか、それこそ「カロリー無制限で食べ放題!」なんて、煽り文句をそのまま鵜呑みにされてます。


普通に考えたら、そんな訳あるはずがないです。


これって、リンゴダイエットやら黒豆ダイエットが流行って飛びついた人達と同じ思考パターンですね。


リンゴ食って他のもの好き放題食べていたら痩せるわけないでょって(笑)


糖尿病の治療の為に糖質制限食に取り組むなら、治療食と言った常識の範囲でカロリーは気にしなくてもいいです。


ですが、ダイエットが目的でしたら、摂取カロリーもちゃんと気にする必要があります。


因みに上記の“常識の範囲”ですが、カロリーは気にしなくてもいいですよと言ったら、それこそ一回で豚バラ肉500gとかミックスナッツ400g1缶全部とか食べちゃう方が多数おられます。


これは常識の範囲ではないと私は思いますので、ご注意くださいね。


ここで先程の糖質制限のメリットなんですが、過去、糖質制限でダイエットされた読者の皆さんから


・カロリー制限してた頃よりも早く痩せる。
・短期間で痩せたのに肉割れしない
・皮膚が弛まない
・バストサイズが変わらない
・タンパク質・脂質がメインなので空腹感が少ない
・肌ツヤが良くなった
・髪の毛が太くなってコシが出てきた


などなど、美容に関する良い変化をコメント頂いてます。


あと、これは私の経験上なんですが、糖質制限食だと、2300kcalくらい食べてもだいたい1800kcalくらいの摂取エネルギー量になっている感覚があります。


それはナゼかと言いますと、タンパク質や脂質、特にタンパク質は摂取しても全てがエネルギーになるわけじゃないからなんですね。


これって、「え?どういうこと?」と思われる方も多いと思います。


簡単に説明すると、摂取したタンパク質は、身体を構成する細胞などの重要な栄養素として使われます。


なので、例えば500kcalのタンパク質を食べたところで500kcal全部エネルギーにはなりません。


しかも、タンパク質の消化吸収にその30%のエネルギーを使います。


分かりやすく云えば、100kcalのタンパク質だけを摂取した時は、その内30kcalが消化吸収の為に使われる訳です。


これって、脂質も同じです。


要するに、カロリー計算にタンパク質と脂質のカロリーをそのまま入れるのが、そもそもの間違いって話ですね。


話を戻します。


まあ、そんな訳なので、糖質を我慢する方よりこれらのメリットの方が良い!と判断された方は、糖質制限を選べば良いと思うし、糖質が大好きで糖質制限なんてできない!と仰る方は、普通にカロリーを制限してダイエットされればいいと思います。


誰も糖質制限を強要しませんので(笑)


結局のところ、選ぶのはアナタです。


自分の頭で考えて、自分で選択しましょう。





糖質制限 | コメント(0)

カロリー計算すると、「これくらいだったら大丈夫だろう」なんて思い込みが防げますよってお話。

2018年08月28日
国道1号線の、


「これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関」


で有名な、逢坂山。


ここ数年、数ヶ月おきにずっと工事をしています。


その割には道路は相変わらずガタガタですし、何のための工事でいつ終わるのか、サッパリ分かりません。


昨晩の帰り道。


職場から山を越えて幹線道路に出ると、片側を全部通行止めにして、工事をやっていました。


この場所、2,3ヶ月前にも同じところを工事していました。


その幹線道路をしばらく走ると、また車線を塞いで工事をしています。


ここも同じく2,3ヶ月前に、同じところを工事していました。


幹線道路から生活道路に入ると、またもや工事をしていました。


ここも、2,3ヶ月前に、同じように工事していました。


道路工事って、各地で一斉に始めなきゃいけないんですかね?


しかも、数ヶ月前と全く同じところを。


今、日本中でインフラの老朽化が問題になっています。


メンテナンスorのお金がないと。


日本中で行われている余計な公共工事の費用をこっちに回せば、解決するんじゃないかと思う、あらてつです。


車も走らない高速道路作る金があったら、傷んだ道路を直せよな。


また例によって憤りから始まりましたこのブログ。


ここ数回、読者のみおみおさんから頂いたご相談について考察しておりましたが、結論が出ずに困っていたところ、同じく読者のあっぴさんからお助けコメント頂いたのでご紹介です。



『あらてつさん、みおみおさんおはようございます。あっぴです。度々の投稿失礼します。

私は44歳2型糖尿病6年、糖質制限7年目、小学生と2歳児の母で痩せ型です。1

58cm39kgですが、一時37kgまで落ちてしまい、カロリー計算をしてみると1200カロリーしか取れていませんでした。

今は1600~2000カロリーまで増やし42kgを目標に美味しく楽しく糖質制限しています。

みおみおさんも1度カロリー計算してみてはどうでしょうか?

後、お通じはどうでしょうか?私は虫垂炎で退院したばかりなので、便秘も加わって太って来たのだと思います(;°ロ°)

ちなみに糖質は1日で30g位摂取していると思います。御参考までに。』




あっぴさん、改めましてコメントありがとうございました。


カロリー計算、確かにしてみるのも良いかもですね〜。


糖質制限は、“カロリー計算が不要”が謳い文句ですが、なにがしかの基準があればもっとやりやすくなりますし、目標も設定しやすいです。


「これくらいだったら大丈夫だろう」なんて思い込みで、気付かないうちに摂取カロリーが消費カロリーを上回っていた、なんてことも防げますので。


やっぱり、何事も言語化、数値化するって大事ですよね(笑)


という訳で。


みおみおさん、すでにコメント頂いておりますが、試しに一度食べてらっしゃるメニューのカロリーを計算してみてください。


あと、前回に引き続き今回もお役に立てずで済みませんm(_ _)m






ダイエット | コメント(0)

食べなさ過ぎても痩せないの「食べなさ過ぎ」が難しい…

2018年08月24日
割と混雑している幹線道路。


幹線道路じゃなくてもいいんですけど。


信号待ちなどで停車する際、車間を車の全長1〜1.5台、ひどいのになると2台分くらい開けて止まるヤツいるじゃないですか。


あれ、何なんですかね?


信号が変わるタイミングが短い交差点でコイツの後ろにつくと、ほぼ100%の確率で信号が変わって進めません。


ですが、コイツは赤信号でもそのまま進んで行きます。


そこまで車間を開けて止まる意味が、全くもって理解できないあらてつです。


車間が空いてるのを認識できないんなら、車の運転しちゃ危ないと思うんですが…。


この話は続きがあるんでまた次回に(笑)


さて。


みおみおさんから、2度目の糖質制限で痩せないとコメント頂いて、食事量を減らしてみましょうとお返事したところ、


「食べなさすぎも痩せないと過去の記事で見かけたんですがやっぱり痩せたいなら食べない、ということなんでしょうか?」


とご質問を頂きました。



『こんばんは

ローソンのブランパンは『(笑)』だったんですね!!
記事を全部読めていなかったので食べてました。

食事量、多いんですね
以前相談したとき

『 という訳で、みおみおさん、もう少し食事量を増やしてみては如何でしょうか?』

とのことだったんですが、、、むずかしいですね(/_;)

糖質制限すると炭水化物を摂取しなくなるからタンパク質は多めにとったほうがいいとかじゃなかったですか?

また、食べなさすぎも痩せないと過去の記事で見かけたんですがやっぱり痩せたいなら食べない、ということなんでしょうか?』




みおみおさん、コメントありがとうございます&ややこしいお返事してしまってごめんなさいm(_ _)m


前回頂いたコメントと私のお返事、探してみました。


こちらが頂いたコメント

↓  ↓  ↓


『アボカドグラタンや厚揚げチーズは前回の糖質制限のときだったらキムチ入れたりエビやホタテ入れたりしてたのを今回はできるかぎりシンプルにしてるんですけどねぇ。

ちなみに今日は朝昼兼用でおから蒸しパン・豚肉と小松菜と厚揚げの塩コショウ炒め(少量)、夕飯は豆腐グラタン(豆腐・しめじ・とろけるチーズ1枚)でした。

ちなみにおから蒸しパンは、1回分だと、おから粉10g・卵1こ・マヨネーズ3g・パルスイート0 5g・ベーキングパウダー1g・水40ccです。

ダイエット目的の運動は0ですが、毎日10kgの子供を抱っこし、寝かせたり買い物へ行ったり、前回の糖質制限のときよりだいぶ動いてます。

本当に前回の糖質制限の時より節制してるのですが、食べなさすぎて痩せないってこともあるんでしょうか?』



で、私のお返事。



「みおみおさんの食事量、少ないんですね…。

私自身が食事量が減っているのでそれを基準に考えてしまったのと、女性なのでこれくらいかなと思ってしまいました。

今回頂いた食事内容

・朝昼兼用でおから蒸しパン・豚肉と小松菜と厚揚げの塩コショウ炒め(少量)
・夕飯は豆腐グラタン(豆腐・しめじ・とろけるチーズ1枚)

は、確かに少ないと思います…。

いい加減なお返事してごめんなさいm(__)m

何事も先入観を持っちゃイケマセンと反省しておりますm(__)m

という訳で、みおみおさん、もう少し食事量を増やしてみては如何でしょうか?

コメントお返事欄で「一度、前回と同じ食事量と糖質量くらいにして、様子をみられたらどうでしょうか。 」と書かせて頂きましたが、それよりもちょこっと増やしてみてもいいかもですね。

みおみおさん、ストイックに取り組める方とお見受けしましたので、気持ち多めで他の方の普通くらいになるような気がしますので。

これでしばらく様子をみられて、それでも駄目ならまたコメントくださいませ。

他の原因を探していきましょう。

またコメントお待ちしていますね。」



って、前回書いてましたね…。


はい、確かに前回は少ないなと思いましたし、増やしてみてはとアドバイスしたのは私です。


ややこしいこと言ってゴメンナサイm(_ _)m


ここから先は弁解じみて来ますが、ご説明をば。


現在の運動量が、このコメント頂いたときと同じくらいであるならば、最終手段として摂取カロリーを減らすしかないかなと。


「痩せる」を単純に言いますと


消費カロリー>摂取カロリー


となります。


なので、この「痩せる」を実現するためには、運動量を増やして消費カロリーを増やすか、摂取カロリーを減らすのが王道となります。


理想を言えば、この両方を同時に進めるのが良いのですが、女性の場合、特に主婦だとこれがなかなか難しいので、摂取カロリーを減らすのがやりやすい、いや、運動を増やせないならやらなければならないことになります。


上記の意味で、前回


「食事量をもう少し減らしてみましょう。」


と書かせて頂いたのですが、誤解を招いてしまったのなら、本当に済みませんm(_ _)m


あと、補足なんですが、食べなさ過ぎでも痩せないの「食べなさ過ぎ」ですが、だいたい、基礎代謝を下回るくらいを基準に思って頂ければいいかなと。


これも、いまさら言うなって感じですが…。


なので、みおみおさん、某コンビニのパンを他の物に変えて、もうちょい食事量を減らしてみてください。


あと、できれば運動もして頂くと、基礎代謝も上がるので痩せやすくなります。


チャレンジしてみてください。


で、分からないことや困ったことが出てきたら、コメント入れてくださいませ。


また一緒に考えてみましょう。



ダイエット | コメント(4)

入院中にブドウ糖の点滴しといて血糖値が下がらないって、そりゃ下がらんやろってお話。

2018年08月22日
最近、頭の中でずっと流れている歌があります。


ドザえもん~、ドザどざえもん~、ほんわかぱっぱほんわかぱっぱ、ドザえもん~

こんにちは、ぼく、ドザえもんです。


しばらく旅にでるか、リハビリを受ける必要があるんじゃないかと思う、あらてつです。



この曲も頭から離れません

↓   ↓  ↓

https://www.youtube.com/watch?v=xLdDIvQGn0c


あっぴさんから、糖尿病と分かっているのに、入院中にブドウ糖の点滴打たれたとコメント頂きました。


『あらてつさん、こんにちは!

今回盲腸になりまして、薬で散らしながら半月入院しました。本日やっと退院出来てスーパー糖質制限が再開出来るかと思うと本当に嬉しいです(∩˃o˂∩)♡

入院中、糖尿病だと言ってるのにブドウ糖点滴を1日3本(ブドウ糖70g)も入れられ、途中頭に来て、ブドウ糖点滴抜いてました!!

食事が始まってからは、家族の協力のもと、ドットコムさんのチョコ、クッキー、調味料を活用させて頂きました。後は病院のコンビニが大活躍してくれました!

入院中は高血糖が避けられないのは悲しい現実ですねㅠ_ㅠ

10月に手術なので、今度はドットコムさんのパンやお菓子を大量持ち込みしようと思います。

9月に販売されるチーズケーキ楽しみにしています。』



あっぴさん、改めましてコメントありがとうございます。


無事に退院・回復されたとのこと、本当に良かったです。


で、入院中、糖尿病と言っているにも関わらず、ブドウ糖の点滴を打たれたとのこと、私もやられました。


2年前、肩の手術で入院した際、手術前、手術後と、ナゼだか分かりませんがブドウ糖の点滴。


血糖値上がるしいらんゆうても、全く聞き入れられず(笑)


そのクセ、「食事はご飯抜きにして」は、ちゃんと要望が通ったのが笑けて来ます。


私の知人で、心臓のオペをした者がいます。


2型の糖尿病で、ろくに血糖コントロールしてないもんで、随時血糖が200〜300くらいあって、入院中もフツーにご飯の付いた食事をだされるので、血糖値が下がりませんでした。


この時の主治医曰く


「血糖値が高くて手術ができない」



「インスリンを打ちます」



いやいや



血糖値上げとるんはオマエらやんけ。



糖尿病の患者に糖質食わせて、血糖値が下がる筈がなかろうが。



おまけに、ブドウ糖の点滴までされる始末。



それで血糖値が下がったら糖尿病になる人間なんておらんわと思うのですが、お医者さんの認識は違うみたいです。



糖質を食わせる&大量投与で血糖値が下がらない、だからインスリン投与。



なんかオカシイ、いや、どう考えてもオカシイと思うのは、私だけでしょうか?



どうしてもブドウ糖でなきゃならない理由があるならまだしも、いや、インスリン投与して血糖値下げるなら、そもそもブドウ糖でなきゃならない理由なんてないですよね。


だったら、生理食塩水ベースの点滴にすりゃ良いんじゃないかと思うんですが…。


なんか間違ってますかね???



あっぴさん、恐らくまともな説明もなかったでしょうし、点滴引っこ抜いて正解だったかもですよ。


もし次に入院されたら、ブドウ糖点滴のあと、血糖値測ってくれって言ってやってください。


きっと、主治医もナースも、ブドウ糖の点滴が血糖値を上げるなんて認識、持ってないと思いますので。


ほんと、自己防衛って大事ですね…。





おかしいと思うこと | コメント(0)

運動量と食事量

2018年08月20日
メルマガでも書きましたが。


サンドイッチチェーンのサブウェイ、この4年で130店舗閉鎖したそうです。


そのことについて、どこかのサイトに


「また、コンビニのおにぎりや弁当もサブウェイから客を奪っているといえるだろう。サンドイッチの魅力のひとつは、手軽に食べられることだ。だが、おにぎりや弁当もそれは同じ。また、サブウェイの場合、パンやトッピングを自分で選んでオーダーできるという特徴が、逆に「めんどくさい」というハードルにもなってしまう。手軽に食事を済ませたければ、わざわざサブウェイであれこれ選んで高いサンドイッチを買うのではなく、コンビニでおにぎりや弁当を買う――これはコンビニが発達している日本ならではだろう。」


と書いてありました。


引用元を明記したいのですが、どこから引っ張って来たか分からなくなりました(笑)


引用元さん、ごめんなさいm(_ _)m


話を戻します。


海外行かれた方はご存知かと思いますが、サンドイッチのお店に入ると、パンの種類から具材まで、自分の好きなものを選べます。


自分で選んで決めるのが当たり前です。


サブウェイ不振の理由は、「めんどくさい」がハードルになっているんじゃなくて、「日本人は自分で選べない」からだと思う、あらてつです。


なんでも右へ倣えなんですよ。


まあ。


そんな話は置いといて。


先月5日に、

「二度目の糖質制限で体重が落ちなくて糖質制限やめてしまった」

と、コメント&ご質問頂いていた、みおみおさんから、食べておられた1週間分のメニューを頂いたので、内容の考察をしてみますね。


『1週間のメニュー

あるときの1週間の献立です


朝、ローソンの低糖質食パンにとろけるチーズを乗せて焼いたもの
昼、豚の生姜焼き
夜、ひき肉オムレツ、トンテキ(塩コショウ醤油に酢とみりんを小さじ1程度)

火、
朝、ローソンパンにスライスチーズ
昼、昨夜の残り
昼、豚肉もわしキャベツの和風スープ、きゅうり豚しやぶの明太マヨ和え


朝、ローソンパンにスライスチーズ
昼、昨夜の残り
夜、白菜と豚肉の煮物(ラカント使用)、目玉焼き


朝、ローソンパンにスライスチーズ
昼、昨夜の残り
夜、ハンバーグ(おから入り、低糖質ソースとケチャップを大さじ1ずつくらい)
味噌汁(わかめと豆腐)


朝、ローソンパンにスライスチーズ
昼、昨夜の残り
夜、お好み焼き(キャベツ卵豚肉おからパウダーにマヨネーズ)


朝、ローソンパンにスライスチーズ
昼、昨夜の残り
夜、タコ刺し、セブンのゴーヤチャンプル(確か糖質10g前後)


朝、ローソンパンにスライスチーズ
昼、キムチ納豆、卵焼き(塩醤油少し)
夜、セブンの麻婆豆腐(糖質10gちょい)、セブンのザーサイサラダ(糖質10g以下)』



みおみおさん、改めましてコメント並びに一週間分の献立、ありがとうございました。


早速問題点発見。


ローソンのブランパン(笑)


これについては、今まで散々書いて来たので、ここでは割愛します(笑)


コチラの記事をご参考ください。

↓  ↓  ↓

糖質制限って謳うなら、もうちょいマトモなもんつくろうやってお話


で、もう一つ。


率直に言うと、みおみおさん、私より食事量多いです。


本気で痩せたいなら、もう少し減らしても良いんじゃと思います。


あちこちリンクで飛んで申し訳ないですが、以前に、私の方の手術してくれたドクターと、減量勝負した時の記事です。

↓  ↓  ↓

続・糖質制限と体重管理と腹持ちの良い食品について


ちなみに、私の先週末の食事です。


土曜日

朝食:ブラックコーヒー1杯

お昼:近所のカフェの日替わり (チキン南蛮ご飯抜き)

夕食:剣先イカの刺し身 1人前


日曜日

朝食:緑茶をマグカップ2杯

お昼:近所のカフェの日替わり (ハンバーグ定食ご飯抜き)

夕食:カフェラテ・サラダを小鉢に少々



土曜日は出勤してることが多いのですが、だいたい机に向かって動きません。


日曜日は、自宅で書き物してるか考え事してるか本を読んでるかで、あまり動きません。


なので、普段は朝食を食べますが、週末、というか、運動量が少なくなるであろうと思われる日は、朝食食べません。


何故か?


体重を増やしたくないから。


体重を増やさない為には何をすれば良いのか?


運動量が確保できない=消費エネルギーを上げられないので、「摂取エネルギー=食事量」を減らしました。


これ、今まで何度も書いてますが、私、基本的に21時以降は食事しないことにしています。


仕事でバタバタしてお昼食べ損なったり、そのまま夕食も摂れないときも割とあります。


それでも、21時回れば食事は摂りません。


これは、体重を増やしたくないので、自分で自分に課したルールです。


上記の、「運動量が少ない日は朝食食べない」も、自分に課したルールです。


体重増やしたくないですから。


何かを得ようとすれば、何かを捨てないといけません。


「体重は増やしたくないけど食べるものは我慢したくない」


もしそうなら、運動量を増やすしかないです。


それが無理なら、食事量をもう少し減らしてみましょう。


最初はお腹空いて仕方ないかも知れませんが、大丈夫、すぐに慣れます。


しばらく試してみて、それでもダメなときは、コメント入れてください。


また一緒に対応策を考えましょう。


頑張ってみてくださいね。


応援してます。




ダイエット | コメント(5)

お盆終わりました。

2018年08月17日
昨日、送り火でご先祖様をあの世にお送りして、京都のお盆は終わりました。


今年は6連休になった私ども糖質制限ドットコムの夏季休暇も終わり、今日から仕事です。


スタッフ一同、朝から元気に頑張っております(笑)


皆様のご注文、心よりお待ちしております♪





あらてつ的雑感 | コメント(3)

今日からお盆ですね

2018年08月13日
今日からお盆ですね。


京都では、13日にお迎えしたご先祖様を、16日の五山の送り火であの世にお送りします。


お盆の間は殺生してはいけないと言いますが、知人が釣りに出かけました。


不信心なヤツにバチが当たらんことを願う、あらてつです。


今、会社で荷物が届くのを待ってます。


なかなか来ないんで、昼食に出ようかと思っているのですが、出たら来るんですよね…。


だいぶ腹減って来ましたが、もうしばらく待ってみます…。




済みません、今日はオチもなにもありません…。
あらてつ的雑感 | コメント(0)

降りそうで降らなさそうで…

2018年08月11日
朝起きたら快晴だったので、思いっきり外に洗濯物干してたのですが、あれよあれよと雲行きが怪しくなり、大粒の雨がポツポツと落ちて来ました。


これはヤバイと慌てて家に帰ると、見事なぐらい雨が止みました。


帰ってなかったら、土砂降りになって洗濯物がドボドボになっていたに違いないと思う、あらてつです。


洗濯物あるあるですな。


今日から世間様は盆休みみたいですが、皆さん、如何お過ごしでしょうか。


休みな方もそうじゃない方も、まだまだ猛暑が続くみたいです。


体調崩されないよう、お気を付けくださいね〜。



あらてつ的雑感 | コメント(0)

元祖・糖質制限レストラン カフェ・ハルディン

2018年08月10日
明日から世間は Bon Vacation


と言っても。


世間様の連休など関係なくお仕事されておられる方も多いかと思います。


そんなお仕事の皆さんも連休の皆さんも、是非、足をお運び頂きたいお店をご紹介。


もうすっかりお馴染みの、カフェ・ハルディンです(笑)


来客や当店のスタッフと一緒にランチ行った際、私が


「いつものお願いします」


と言うと、


「いつものってどんなのですか?」


と聞かれます。


どんなのかは、分かりません(笑)


料理の内容はぜ〜んぶ宮本マスターにお任せ。


今日はなんだろうと結構楽しみです(笑)


その「いつもの」です。


イベリコ豚のソテーwith自家製糖質制限パン
5月29日
肉がごっつ柔らかいです!

サーモンのソテー
6月7日
これ、めっちゃ美味しい!
上にかかっているたぶんバジルのソースが絶品!!!

トルコ風ピーマンの肉詰めヨーグルトソースとナスのグラタン
6月8日
こちらも絶品!!!
またトルコで新ネタ仕入れてください(笑)

スペアリブ
6月10日
ボリューム満点♪

生ハムの糖質制限ピザ
6月12日
もはや小麦のピザを越えました。

ミラノ風カツレツ
6月13日
これも大好物です♪

またまたサーモンのソテーですが、生ハムを乗せて焼いてくださいました。
6月27日
料理の名前忘れましたが、こちらもめっちゃ美味かったです。


で、昨日は天気良かったので、ハルディンさんのテラス席で頂いたのがこのメニュー

6月27日1

フィデウアというカタルーニャ料理だそうです。


麺で作るパエリアですね。


麺はもちろん、宮本マスター開発の糖質制限麺シリーズ、糖質制限パスタ です。


食べてホンマに驚きました。


フツーに“パスタ”です。


しかも、手打ちの生パスタ。


これ、黙って出されて糖質制限麺だと気付く人いたら表彰モンやってくらい、普通のパスタですし、美味しいです。


宮本マスター恐るべし!!!!


その糖質制限麺、おかげさまで発売以来大人気商品となっております。


他所の糖質制限麺みたいに、数値以上に血糖値が上がるなんてことありません(笑)ので、是非チェックしてみて下さい。



糖質制限パスタ
https://www.toushitsuseigen.com/products/detail46.html



ちなみに、糖質制限なスペイン料理 カフェ・ハルディンでは、これらのメニュー以外の料理も、いろいろと糖質制限に対応して下さいます。


お盆休みに京都に旅行に来られる方、お盆も仕事の方、試しに行ってみようかなと思われたら、是非一度ご相談してみて下さい。



カフェ・ハルディン
京都市右京区鳴滝本町77
TEL:075(464)8850
http://www008.upp.so-net.ne.jp/cafejardin/
定休日 火曜・第三月曜日


お盆期間中のお休みはコチラ
↓  ↓  ↓

[2018年8月の休業日]

14日(火)
15日(水)14時〜17時30分は休業いたします。


上記以外はお盆もやってらっしゃいますので、是非是非足をお運びくださいね〜。


糖質制限 | コメント(0)

続・糖質制限で3人の知人がそれぞれ8kg以上痩せた件

2018年08月09日
近所に熊本県の物産を販売している店がありまして。


お店の奥に食事ができる場所があり、いろいろと熊本の名物を食べることができます。


中でも嬉しいのが、馬刺しやユッケが食べられることなんですね。


2011年4月、牛ユッケによる集団食中毒事件が起こり、翌年、牛レバーの刺し身の提供が禁止、牛ユッケに関しても、提供する際の基準が厳しくなって、多くの焼肉店のメニューからユッケが消えました。


この近所の熊本名物のお店、嬉しいことに馬のユッケが食べられるんですよ。


割引券もらったんで、先週から3回も行ってしまいました(笑)


久しぶりにユッケを食べて、小さな幸せ感じている、あらてつです。


確かに食中毒は問題ですが、なんでもかんでも規制するのはちょっと違うんじゃないかと思うのですが…。


ユッケ食べたらレバ刺し食べたくなりましたが、取り敢えず今日の話題に。


前回の続きですね。


単なるダイエットならまだしも、糖尿病で随時血糖値が400mg/dlあってどうしたらいいですかなんて聞かれたら、それこそ真剣に相談乗って受診を勧めるじゃないですか。


すると、


「子どもが小さいから病院に行けない」

「主人のごはん作らないと駄目なので」

「仕事が忙しくて時間がない」


いやいや、小さいお子さん抱えて合併症出てしまったらそれこそ大変ですよ、ご主人のご飯作るどころじゃなくなりますよ、仕事も出来なくなりますよってお話すると、返って来たのが


「血糖値が200くらいまで下がると返ってしんどくなるの」


開いた口が塞がらないです。


ほんでまた、こういう人に限って何回も何回も同じこと聞いてきて、何回も何回もグズグズ言いうんですよ。


それでも、3回目くらいまでは真剣に答えるんですが、4回このセリフ聞くと流石に腹が立ってきて、勝手に死になはれと思いましたよ、ほんまに。


ダイエットと糖尿病治療を一緒のするなと言われそうですが、共通するのは、どちらもある一定の努力が必要なことです。


前々回(だったかな?)、お世話になっている車屋の社長さんが、糖質制限で8kg痩せられた、なんて話を書きました。


私がマーケティングとマネージメントでお世話になっている方も、糖質制限に取り組まれ、同じくらい痩せられました。


財務関連でいろいろと相談に乗ってもらっている知人。


この数ヶ月で9kg痩せました


この3人が何をしたのか?


糖質制限したのは当たり前の話で、それ以前に、「努力」しました。


努力は惜しむけど望む結果は欲しいなんてのは、ハッキリ言って都合が良すぎますし、そんなもんじゃな~んも得ることができません。


「○○を食べるだけで痩せる!」


「〇〇を飲むだけで血糖値が下がる」


なんて、あなた任せのおすがり症候群では、ダイエットも血糖コントロールも出来ませんというお話でした。



ダイエット | コメント(0)

糖質制限で3人の知人がそれぞれ8kg以上痩せた件

2018年08月08日
昨夜の話。


9時位に外に出たら、風があってとても涼しく感じました。


あ〜、今日はだいぶ気温が下がったな〜と思って、温度計を見てみると…


「30℃」


涼しない涼しない


夜の9時で30℃


冷静に考えたら涼しくとも何ともない、いや、間違いなく暑いのですが、これを涼しいと感じてしまうことに、何だかオソロシイものを感じた、あらてつです。


この先、地球はどうなっちゃうんでしょうね…。


で。


地球の話は取り敢えず後で考えるとして。


先日、久しぶりに会った後輩たちから、


「全然体型変わんないっすよねー。なんかやってんすか?」


と聞かれました。


問うて来た後輩たち3人。


見事なぐらい腹が出ています(笑)


3人とも、知り合った当時はバリバリのスポーツ選手だったので、みんな体脂肪率が10%切ってましたが、今や30%に届くかの勢い。


ええいこのうつけ者どもがー!


なにかやってんすか?って、何もせんかったらこの体型が保てるワケがなかろーが。


太鼓腹の後輩など持った覚えはない!


稲荷山にでも籠もって修行してこい!


なんて話にはならず、この日は楽しく飲み食いして解散しました(笑)


まあ、体型保つのになんかしてるかなんですが、結局のところ意識して努力するに尽きるんじゃないでしょうか。


どういうことかと言いますと。


私、高校生の時に買ったリーバイスの27インチのジーンズ、未だに穿けます。


それは何故か?


リーバイスのジーンズが、二頭の馬で引っ張っても破けない品質の高さを誇ってるから30年も穿けるってのもありますが、最大の理由は“体型が変わらんように努力してる”から。


前出の後輩だけでなく、私の先輩、同級生、みんなスポーツやっていたにも関わらず、見事に腹出てオッサン化してます。


私は未だに腹筋8つに割れてます。


オペしてからかなり筋肉量減りましたが、それでも抜いだら凄いですよ(笑)


好き放題飲んで食ってたら、この体型は維持できません。


この後輩たちはそもそも痩せる気が無い(笑)んで、別段、何やってるかは突っ込んで聞いて来ませんでしたが、よく、どうやったら痩せられるのか聞かれます。


聞かれたら、それなりに真面目に答えるし方法も伝えるのですが、実行する人、まずいません(笑)


揃いも揃って


「私には無理です」


ほなデブでいたらよろしいやんと思うのですが、ナゼだかひつこく聞いてきます。


でも、絶対にやりません。



<つづくよー>


ダイエット | コメント(0)

糖質制限で根菜は食べていいのかダメなのか。

2018年08月06日
昨日、午前中に大阪は堺まで行って来まして、午後から出勤したのですが、京都に帰って来て思ったのは、


「この日差しは危ない…」


西日本豪雨の後からずっと続いているこの酷暑。


天気予報では、


「命に関わる危険な暑さ」

「ためらわずに冷房を使ってください」


など、これまで聞いたことがない文言が。


読者の皆さん、くれぐれも体調管理にはお気をつけくださいね。


因みに、昨日の京都の最高気温は39.5度でした…。


部屋から出た瞬間、汗が吹き出して来ますが、気合を入れて本日の話題。


前回、ちょい話がズレた糖質制限入門編。


今回は、よくご質問いただく食材についてです。


私ども糖質制限ドットコムに頂くご質問で多いのが、


「根菜って糖質制限で食べちゃ駄目なんですよね。」


まあ、駄目っちゃ駄目ですし、良いっちゃ良いです。


どっちやねんとツッコミが入りそうなので、順番にご説明を。


食べて良いのか悪いのかの根菜ですが、まずは思いつくままあげてみますね。


ダイコン・カブ・カボチャ・ニンジン・ゴボウ・ジャガイモ・サツマイモ・ヤマイモ・ジネンジョ・サトイモ・レンコン・百合根…


他にもたくさんあるんでしょうけど、一般的に使うものはだいたいこんなもんですかね〜。


で、これらの根菜類、基本的には、「避けたほうがいい食品」になります。


その理由は、もちろん糖質が多いからなんですが、全くダメかといえばそうでもないです。


糖質制限に取り組むにあたり、皆さんよく誤解されるというか、思い込まれるのは、


「本にダメって書いてあるから食べちゃいけないんでしょう。」


ほら、今まで何回も話題にしているこのクレーム(?)


「アンタとこの商品、、原材料に砂糖って書いてあるやないの!本には砂糖はアカンて書いてあるで。どういうこと!」


本質は同じです(笑)


砂糖だろうがショ糖だとうがブドウ糖だろうがデンプンだろうが、糖は糖です。


体に入って吸収されれば血糖値が上がります。


なので、砂糖を使っていことが問題でなのではなく、トータルでどれだけの糖が含まれているかが問題なのです。


極端な話、ある商品の甘味料に砂糖しか使ってなくても、100g中の糖質が5g未満であれば「低糖質」と言えますし、糖質制限適応食材になるわけです。


根菜もそれと同じで、根菜がダメというより、食べる量に気をつけましょうってことですね。


例えば、糖質制限はおかずだけ食べるって書いてあったからって、里芋の煮っ転がしやら肉じゃが食べちゃダメですが、サラダに少量のポテトを入れるとか、彩りにニンジンを加えるとか、豚汁に少量のゴボウや大根をいれるくらいなら、全然大丈夫です。


くどいようですが、大切なのはその食材単品の糖質量より、できあがったおかずの総糖質量になります。


なので、根菜のたぐいも、煮物にしてそのまま食べるなんてのは御法度ですが、少量をサラダや味噌汁やらに入れて食べてもらう分には、全然問題ありません。


何事も、表面的なことじゃなく、本質を捉えるのが重要だなってことですね。






糖質制限 | コメント(0)

具体的に食べていい糖質量と「ロカボ」では、血糖コントロールなんて出来ないってお話

2018年08月03日
今日、いつもよりかなり遅く家を出ました。


いつもなら、通勤ラッシュ真っ只中の時間です。


流石に今日は混んでるやろなと覚悟していたのですが。


全然、全く、これっぽちも混んでませんでした。


学校と一緒に会社も夏休みなのか?


昨日の朝に引き続き、車が消えた理由を教えて欲しい、あらてつです。


ほんまに不思議…。


で。


前回の記事で、具体的な数値目標と、そこから逆算して1回の食事の糖質摂取量を決めてみてくださいね、なんて書いたら、読者の方からメールを頂きました。


「具体的に食べていい糖質量を教えて欲しいです」


うーん。


昨日の


1 空腹時血糖値110mg/dl未満、あるいは126mg/dl未満
2 食後2時間血糖値180mg/dl未満、理想的には140mg/dl未満
3 HbA1c6.5%未満、理想的には5.8%未満


から逆算してもらえれば出くる…(笑)


のですが、せっかくなので具体的に計算してみますね。


仮に。


2型糖尿病の方で、空腹時の血糖値が100mg/dlだとします。


食後2時間の血糖値を、目標値の140mg/dlに抑えるためには、


140-100=40


で、40mgの上昇幅が許容範囲ですね。


すると、40mg÷3gで約13g


この13gが一回の食事における糖質の摂取許容量となります。


ですが、一回の食事の糖質を13g以下に抑えるのは、出来る方は出来ますが、出来ない方は全然出来ないので、もう少し緩めの20g以下くらいから始める方が、後々、続けやすいかと思います。


この数字を見て、素朴な疑問が湧きません?


最近流行りのロカボ。


「糖質50%オフ!!!!」で、「糖質制限!」なんて謳っている商品、最近山盛り出てますが、麺なんか見てると、30gくらい糖質入ってます。


これだと、単純計算しても


30g×3mg=90mg


で、空腹時が100mgだとしたら、190mgまで上昇。


血糖値が180mg/dl を超えると、即座に血管の内側が糖によってダメージを受けるので、190mgなんてお話にならない数値です。


なので、皆さん、「ロカボ」では、血糖コントロールなんて物理的且つ生理学的に出来ませんので、くれぐれもご注意くださいね。




<つづく>
糖尿病 | コメント(0)

糖質制限入門 糖質量と血糖コントロール数値編

2018年08月02日
先月25日くらいから、朝の通勤路がとても空いています。


いつもはかなり混み合う時間帯でも、人も車もかなり少ないです。


通勤路に小学校と中学校と高校があるので、生徒達が夏休みで居ないのは分かります。


人と車が少ないのはナゼ???


大人も夏休みなの????


車で通勤してた人たち、どこ行っちゃったの?????


生徒が消えるのは十分以上に理解できますが、車が走ってないことが全く理解できない、あらてつです。


今乗らんでええんやったら、普段から乗るなよと思ってしまいます…。


さて。


通勤路から消えた車とは何の関係もありませんが。


前回、糖質制限の基本的な考え方をご説明させて頂きましたが、OKでしょうか?


で、今日は、もう少し具体的なお話を書きますね。


糖質制限の食材選びの基準にもなりますので、ご一読をば。


アメリカのリチャード・バーンスタイン博士によりますと、


1gの糖質が、2型糖尿病患者の血糖値を3mg、1型糖尿人の血糖値を5mg上昇させます。


なので、このことを踏まえると、おのずと摂取する糖質量の上限もわかってきます。


具体的な数値目標ですが、


1 空腹時血糖値110mg/dl未満、あるいは126mg/dl未満
2 食後2時間血糖値180mg/dl未満、理想的には140mg/dl未満
3 HbA1c6.5%未満、理想的には5.8%未満


となります。


ここから逆算してご自分の空腹時血糖値と照らし合わせ、1回の食事の糖質摂取量を決めると、食材も選びやすかと思います。


この計算は、糖尿病治療以外の目的、例えばダイエットなどで糖質制限をされる方も当てはめていただけます。



<またつづく>


糖質制限 | コメント(0)

知人が糖質制限で8kg痩せたので、久しぶりに入門編を書いてみます。

2018年08月01日
確か4月のあたまくらいだったと思うのですが、いつもお世話になっている車屋の社長さんから、電話が掛かって来ました。


まだ車検の時期でもないし、なんかあったんかな?と電話に出ると、


「糖質制限したいんですけど、どうすればいいですか?」


私とそんなに歳は変わらないのですが、最近太って来たので痩せたいと。


本を何冊か見繕って送らせてもらい、先週、12ヶ月点検に車を持って行ったら…


「あれから8kg痩せました!」


最初に姿を見た時、なんかいつもと違うなと思ったのですが、この3ヶ月で8kgも痩せたら、そら違って見えますよね(笑)


社長さんいわく、


「糖質って、食べなくても平気になるんですね。」


「あと、ちょっと油断して体重が増えても、糖質を抜けばすぐに落ちることが掴めました。」


とのこと。


目標体重を達成したので、これからは糖質制限で維持していきますと仰ってました。


別に私が何したわけじゃないのですが、なんか嬉しかったあらてつです。


今、まさにダイエットに取り組んでる皆さんも頑張ってくださいね〜。


で。


この社長さんの件があったからではないですが、最近、糖質制限の入門編を書いてなかったなぁと気がつきまして、せっかくなのでこの機会に書いてみようと思います。


ブログ読者の方の中には、すでにベテランの域に達しておられる方も多数おられるかと思いますが、基本の確認(笑)だと思ってお付き合い下さいませ。


まず、糖質制限ってナニ?なんですが、これは読んでもらえばそのまんま、糖質の摂取を抑える食事方法です。


何故、糖質の摂取を抑えるかといいますと、消化・吸収された糖質は、100%血糖に変わります。


また糖質は、摂取直後から急峻に血糖値を高く速く上昇させ、2時間以内にほとんどすべてが吸収されます。


脂質、タンパク質、糖質の三大栄養素のうち、糖質だけが血糖値を一気に上昇させます。


血糖値が上昇すると、膵臓のβ細胞と呼ばれるところから、インスリンが大量に追加分泌されます。


現代のように、三食、米・パン・うどん・ラーメン等のいわゆる「炭水化物」を食べ、砂糖のたっぷり入った菓子類や清涼飲料水を常時摂取するような食生活だと、血糖が急激に上昇し、食事のたびに多量のインスリンが追加分されてしまいます。


しかも、摂取した糖質は、すべて使われればまだいいのですが、運動不足の現代人では、食べた糖質をエネルギーとして使い切れていない方がたくさんおられます。


すると、血液中の余った糖分は、インスリンにより脂肪に変えられ体脂肪として蓄えられ、何らかの手を打たない限り肥満症に。


そして肥満になれば、細胞のインスリンへの抵抗性が増します(自分のインスリンの効きが悪くなることですね)。


また、長年にわたり絶えずインスリンを多量に分泌してきた膵臓は疲弊し、ついには糖尿病を発症してしまいます。


なので、なるべく糖質の摂取を減らして、食後血糖値の上昇を防ごうというのが糖質制限です。


もちろん糖質を摂りませんから、インスリンの分泌が抑えられ、膵臓にも優しいですし、すでに糖尿病を発症された方や肥満症の方は、進行を食い止められます。


まだのなっていない方はそれらの予防になります。


<つづく>


糖質制限食入門編 | コメント(0)
 | HOME |