FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

「脳の唯一のエネルギー源はブドウ糖」なら、勉強して低血糖起こす人がいないのはナゼ?

2018年07月31日
不定期に訪れる“不眠のツボ”


現在、不眠周期に陥っているみたいで、見事なくらい眠れません。


以前、“夢民”と書いてムーミンなどとしょうもないことを書いた記憶がありますが、“不眠”の場合は、“フーミン”なんでしょうか。


いや、眠れない人だから、“不眠人”で“ふみんちゅ”?


眠れない夜にひたすらアホな事を考えていた、あらてつです。


Tシャツ作ろうと思ってるんで、作ったらどなたか買ってください(笑)


で。


今日は、考え事をすると使うであろう脳味噌のお話。


先日、薬局に行ったら、ブドウ糖のタブレットを売っているコーナーがありました。


そのポップには


「熱中症対策に糖分補給!」


「脳の唯一のエネルギー源はブドウ糖」


との文字がデカデカと。


糖分って、熱中症対策になったっけ???と思いつつ、まだこんなこと言ってんのかと呆れたのが、



「脳の唯一のエネルギー源はブドウ糖」


はぁ



「脳は血液・脳関門といわれる検問所で厳しいチェックを行い、エネルギー栄養素としてはブドウ糖以外のものを通しません。」


などと書いてるサイトもありましたが、書く前にもうちょい調べろよと言いたくなります。


どれだけ不勉強なことが書いてあるかは、「脳の唯一のエネルギー源はブドウ糖」で検索してもらえば、この手の話が山盛り出てくるので、ここでは触れませんが、これを読んでちょいと疑問に思ったことが。


例えば。


何年か前、東海大学の「運動と血糖値について」の研究があり、コーディーネーターとしてお手伝いさせて頂きました。


糖質制限食とカロリー制限食それぞれを摂取した後、30分の運動をして食後血糖値を測るというものでした。


で、この研究で、「食後30分に30分の運動」しても、某日本糖尿病学会が主張するほどの効果がないことが分かりました。


あ、誤解の無いように補足しますね。


・基礎分泌インスリンがある一定以上不足している段階の糖尿病患者には、運動療法の効果がほとんどない。
・BMI25以上の糖尿病患者も、運動効果はほとんど期待できない。


です。


この研究にご協力頂いた患者様で、


・太っておらず

・普段からコントロールが良好でインスリンの基礎分泌がある程度残っておられる方



は、「食後30分に30分の運動」で十分な効果が出ました。



で、ここで疑問。


「脳の唯一のエネルギー源はブドウ糖」



と主張するサイトに、これとセットで書かれているのが、


「脳は人間の臓器の中で、一番エネルギーを使う」


です。


これの二つが本当なら、糖質食べて食後30分に勉強でもすれば、血糖値が下がるハズじゃないですかね?


とあるサイトには、「基礎代謝の20%のエネルギーは脳が消費している」と書いてありました。


仮に、基礎代謝が1200kcalだとすると、その20%だと240kcal、糖質に換算すると60gの糖になります。


基礎代謝でこれだけ消費するなら、勉強でもして脳味噌使えば、もっと消費エネルギーが多くなるはず。


であれば、糖質摂っても食後に勉強すれば、「人間の臓器の中で一番エネルギーを使う脳が唯一のエネルギーである糖を大量に使う」ので、食後高血糖は起こらない、いや起こったらオカシイですよね。


ですが、私の知る限り、スポーツやってて低血糖やら糖が枯渇して動けなくなったって話は聞いたこと&見たことありますが、受験生が一日中猛勉強して低血糖で倒れたとか、勉強中に糖が枯渇して脳の機能が停止して死んでしまった、なんて話、聞いた事ありません。


そも、糖の体内の備蓄なんて250g程度しかありません。


そんなものを唯一のエネルギーにしてたら、受験生のほとんどは勉強中に死んでしまうんじゃないですかね。


なんかオカシイって、3秒考えたら分かる話なのですが、わからんちんが多いです。


もしかして、「脳の唯一のエネルギー源はブドウ糖」でないと困るのでしょうか。


で、「脳の唯一のエネルギー源はブドウ糖」「脳は人間の臓器の中で、一番エネルギーを使う」と糖質制限に反対されてる方々に提案。


糖質食べて勉強して、どれだけ食後血糖値が下がるのか、実験してみてください。


そんな結果があれば、コメントお願いします。


若しくは、一晩中“ふみんちゅ”Tシャツのデザインを考えて血糖測定してみるとかでもいいですね(笑)





糖質制限 | コメント(0)

普通のみりんは糖質が50%以上もあって糖質制限で使えませんけど、90%も糖質をカットした糖質制限でも使えるみりんがありますのよ、なんてお話

2018年07月28日
いきなりですが


みりん。



キリン


これはキリン。




樹木希林


これは、樹木希林




インリン・オブ・ジョイトイ


これはインリン・オブ・ジョイトイ



はい、もういいですね…。



みりん



みりんです。



あ、その前に。



アルコールが1%未満なので、正確に分類すれば“みりん風調味料”になるのですが、まあ、一般的にみりん調味料を買ってわざわざ「みりん調味料を買って来た」なんて言う人はおらんと思うので、取り敢えず“みりん”と呼びますね。


で、そのみりん。


米を発酵させて作るので、普通に売ってるフツーのみりんだと、100g中の糖質が約50g、メーカーによっては60g近くの糖質、つまりは重量の半分以上が糖質になります。



なもんで、糖質制限的には「食べちゃダメ食材」に認定(?)されていました。


ですが、煮物・焼き物の照りを出したり、コクを出したいときに、みりんは欠かせない調味料。


糖質制限でみりんは出来ないの?


と、多くのお客様から、多数のリクエストを頂戴しておりました。


フツーなら、


「むちゃいいなはんな。そんなもんできまへん」


となるところですが、私ども糖質制限ドットコム、伊達や酔狂で“世界初の糖質制限食材専門ショップ”を名乗っておりません。


糖質制限なみりん、作ってしまいました。


もう一回正確に言うと、アルコールが1%未満なので、“みりん風調味料”に分類されますが、みりん風調味料を買いに行くのに、わざわざ「みりん風調味料買ってくるね」なんて言う人は見たことも聞いたこともないので、取り敢えずは「みりん」と呼ばせて頂きます。


で、こちらの糖質制限みりん風調味料なのですが、糖質制限に取り組む皆さんが最も気にしてらっしゃるのが糖質量だと思います。


なんと、この糖質制限みりん風調味料の糖質含有量は、100gあたり4.8g!(エリスリトール除く)


そこらに売ってるフツーのみりんと比べると、90%以上も糖質カット!


驚きの糖質量になっております。


それでいて、煮物を作れば照りやコクは従来のみりんと同じように出るという、正に魔法のような糖質制限みりん風調味料。


糖質制限調味料の新境地を切り開く逸品です。


これまで糖質制限だから…とみりんを諦めていたそこのアナタ!


徹底して糖質量と旨味とコクを追求して出来上がった糖質制限みりん風調味料、是非一度お試しください。


料理のレパトリーが一気に広がること間違いなしです。


詳細&ご注文はコチラからどうぞ!
↓  ↓  ↓

みりん

糖質制限 みりん風調味料
https://www.toushitsuseigen.com/products/detail170.html


皆さんのご注文、スタッフ一同心よりお待ちしております♪




糖質制限食食材 | コメント(2)

どうでもいい話ですが…

2018年07月27日
昨日の夜、帰りの道中で、スマホ見ながら歩いている若い女の子が数名いました。


皆、一様に顔が青白く光ってます。


ここで一句。


スマホ見て 光るその顔 ゾンビかな


歩きスマホしてる本人は分かってないでしょうけど、冷静に見たら不気味この上ない光景ですよ、あれ。


ほんとにどうでもいい話ですね。



大雨の後は、酷暑、その次は台風と、異常気象と言っても良いような天候です。


ブログ読者の皆さん、くれぐれもお身体ご自愛くださいね。



あらてつ的雑感 | コメント(2)

税関てよっぽどすることがないのか?

2018年07月26日
今日は朝から怒り心頭。


前々回も書きましたが。


スペインから輸入した商品。


必殺、「お役所仕事」の厚い壁に阻まれ、港で止まっています。


書類一式揃えて提出したにも関わらず、やれあれが足らんこれが足らん。


それを、1つずつ言ってくるから始末が悪い。


まとめて言えや、まとめて


更に、本国から送って貰った原材料証明書、スペイン語が分かる職員がおらんから翻訳しろと。


製造元が出して来た正式な「証明書」なんで、1個人が翻訳したら証明書になりません。


だってそうでしょ。


こっちが訳したもんでええんやったら、それこそスペインの新聞の切り抜きでもなんでも適当に用意して、日本語で原材料書いて「証明書です」言うて、一緒に出したらいい話になります。


その旨、税関の木っ端役人に伝えると、


「翻訳してください。」



…。




コイツら、アタマ湧いてるんちゃうか?と思いつつ、翻訳を提出すると、


「原本と翻訳の表記が違う。書き直してください。」


「当たり前や」



日本語とスペイン語が一緒なワケないやろ。



スペイン語の原本の表記が


“chocolate”


これを日本語に訳すと


“チョコレート”


これが、「表記が違う」と。


もう一回言います。


違って当たり前や



オマエが日本語に訳せゆうから、日本語に訳して書いたんやないかい。


それを、原本に書かれてる名称と訳した名称が違うとのたまう。


もはや、お上意識丸出しでイチャモン付けて来てるだけですやん。


このイチャモンの度に書類を作り直して再提出、時間と労力の無駄の極みです。


お互い不毛な時間だと思うのですが、この連中にとったら全然不毛じゃないんでしょうね。


日本の労働生産性が低い理由が分かったような気がしました。


自分の払っている税金が、こんなバカどもの給料になっていると思うと、情けないとしか言葉が出てきません。


安倍総理に手紙を送れば、何とかしてくれますかね?


お友達のレイプ犯の逮捕をやめさせたり、国有地を7億円も割引させたり、学部の新設させたりができるんですから、税関に圧力かけるくらい、お手の物ですよね〜。


次回の自民党総裁選では、是非、安倍総理に再選してもらって、どんどん役所に圧力掛けてもらいたいですね。


そうすれば、アベノミクスの4本目の矢になって経済は良くなると思いますので。





おかしいと思うこと | コメント(0)

人間は臼歯があるから糖質制限しちゃダメらしいですよ。

2018年07月25日
先日、ニュース番組でパンダの良浜が竹を食べてる様子が放送されてました。


以前から不思議だったのが、竹をあれだけムシャムシャ食べて、ソゲは刺さらんのかと。


竹の割り箸使っていても刺さるときあるのに、ナマの竹(?)をあれだけ食べて、刺さらんワケがないと。


読者の方でパンダの飼育員さんがいらっしゃいましたら、是非とも話を聞かせて欲しい、あらてつです。


歯茎がソゲだらけになってる気がするのですが…。


そのパンダなのですが、基本的には竹や笹を食べてますが、肉があれば肉も食うらしいです。


そりゃ、もとがクマですし立派な犬歯が上下とも残ってるんで、肉くらい食べますよね。


竹や笹を食べているのは、環境上の理由でやむなくそうなっただけだそうですよ。


で。


今日はそんな食べ物と歯のお話。


だいぶ以前に、


「糖質制限は危険」


なんて本を読みました。


曰く、


「動物の歯の形は、その食性を規定しており、32本のうち20本が穀物をすりつぶすための臼歯である人間は、炭水化物(糖)を主食にすべき動物である」


う〜ん。


だったら何でパンダと人間に犬歯があるんでしょう(笑)


しかも、上下に4本も。


牛にも犬歯は有りますが、下顎にしかありませんし、穀物を主食にしてるげっ歯類には、犬歯がないんですよね…。


それから、臼歯が穀物をすり潰す為にあるなら、草食動物の牛や馬や鹿に臼歯があるのはナゼでしょう?


因みにパンダの臼歯は、人間の7倍の大きさがあるんですが、食べてるのは竹と笹です。


牛や馬や鹿やパンダは、穀物が主食じゃないのに、人間より発達した臼歯を持ってますが…。


もっと言えば、「臼歯があるから穀物を食べるべき」なら、生の穀物でないとオカシイですよね。


だって、長い進化の過程に、炊いたご飯やパンなんてなかったですから。


ですが、いくらこの著者の方が糖質制限に反対と云えど、まさか穀物を生で食べるワケないと思うので、この方の言う「炭水化物」は、糖質制限してない方が1年365日毎日食べる「炊いたご飯」や「焼いたパン」のことを指していると考えられますよね。


いや、むしろ他に考えられません(笑)


なのに、人間は穀物をすり潰す為の臼歯が20本もあるから糖質制限なんてせずに「炊いたご飯」や「焼いたパン」を食べなさいと。


う〜ん。


この時点でこの方の論理が破綻してるのが分かりますよね。


炊いたご飯やら焼いたパンやらすり潰すのに、発達した臼歯なんて必要ないじゃないですか(笑)


そもそも、庶民が日常的に炊いたご飯や焼いたパンを主食に出来たのは、高度経済成長以降です。


40年やそこらでこれらを食べる為に臼歯が発達したんでしょうかね?


この方の言う「炭水化物」が生の穀物で、糖質制限なんてせずに生の穀物を主食にしなさいって言うなら、この方の主張も分からんでもないです。


ですが、炊いたご飯やらパンやらウドンやら蕎麦やらパスタやらを主食にするのが前提なら、「動物の歯の形は、その食性を規定しており、32本のうち20本が穀物をすりつぶすための臼歯である人間は、炭水化物(糖)を主食にすべき動物である」という主張そのものが成り立ちません。


この本以外にも、同じような論調で糖質制限に反対する意見がありますが、皆さん、ゆめゆめそんなもん本気にしちゃダメですよ(笑)



糖質制限食 | コメント(0)

続・太ってしまった時の食事やカロリーなど、糖質制限に入った時に個人差でリセット期間があったりしますか?

2018年07月24日
スペインに発注していた商品が日本に届きました。


で、これまでに何度も何度も何度も何度も書きましたが。


日本の税関。


まあ、これでもかこれでもかこれでもかこれでもかと仕事の邪魔をしてくれます。



前回の輸入時にも聞かれて答えた、とある原材料について。


「野生のモノじゃないという証明書を出せ。」


「オマエはアホか?」


いや、アホや。


どこの世界に、工場で数トンレベルで製造する商品の原材料を、野生に生えてるもん使うアホがおんねん。


おったら連れてこい


それ以前に、この原材料については、過去の輸入でも何回も答えとる。


税関には、申し送りゆう言葉はないんかい


海外から商品を輸入して関税払って、商品を販売して法人税納めて、それがオマエらの給料になるのが分からんか?


日本の最大の貿易障壁は税関のバカどもだと断言する、あらてつです。


経済が良くならん原因の一つは間違いなくコイツらや。


怒り収まらずですが、今日の話題に行きます。


前々回ご紹介させて頂いた、かんたんさんから頂戴しておりましたこちらのご質問。


「二度目の糖質制限で、体重が思うように落ちないお話ですが、もしかしたらですが太ってしまった時の食事やカロリーなど、糖質制限に入った時に個人差でリセット期間があったりしますか?代謝なども含めてですが。」



の本題の前に、今回、2度めの糖質制限で体重が減らないと、数名の読者の方からコメント頂きまして、1回目はちゃんと減量できたのに、なんで2回目は落ちないんだろうと原因をいろいろと考えてみたのですが、もしかして、ホメオスタシスが一回目の時より強く働いて、最初の状態、つまり1回目の糖質制限の前に戻ろうとしてるのでは?と思いました。


どういうことか?


例えば、何回か書いてる痩せない理由の一つ「歳月の重み」


この説明で、


「それなりの時間を経て増えた体重は、急激には減りません。」


と書きました。


その理由は、何度も書いてますように、人間の体にはホメオスタシス(恒常性)があって、常に同じ状態を保とうとする、だからダイエットなどで体重を減らそうとすると、体は急激な変化が起こったととらえて、それまで長年慣れ親しんだ体重を、保とう保とうと必死に抵抗する、


つまり、


ふくよかだった期間が長ければ長いほど、その状態が身体にとって当たり前になるので、減量しようとしても、当たり前の状態を保とう保とうと身体が抵抗する、


これが、


二度目の糖質制限の場合、長らく当たり前だった、最初の糖質制限で痩せる前の状態に戻ろうとするのではないか?


なので、1回目の糖質制限より痩せにくいんじゃないかなと。


と、あらてつ的には思ったワケなんですが。


まあ。


なんの根拠もない、単なる思いつきなんですけどね…。


で、肝心のかんたんさんからのご質問に戻ります。


今回の件でも、2回目でもスッコーンと落ちる方や、コメント頂いていた皆さんのように、すごく落ちにくい方もいらっしゃいます。


なので、リセット期間や代謝など、個人差は大いにあると思いますよ〜。


ですから、「糖質制限に取り組んで一気に体重が落ちた」なんて話を聞いて焦ったりせず、かんたんさんの様に、少し時間が掛かっても最終的に25kgの減量に成功できれば、それで良いのではないかな〜なんて思います。


という訳で。


結論としては、二度目の糖質制限で落ちにくくなっても、焦らずじっくり取り組んでみてくださいね、というところで今回のお話はひとまず終了と致します。



無理やり感満載ですが…。




ダイエット | コメント(0)

酷暑に涼を呼ぶ、グレープフルーツのタルト 発売中!

2018年07月23日
書くのも嫌ですけど、今日も暑いです。


14日から始まった38℃超えの日々。


21日に一旦37.7℃と38℃を切りましたが、翌22日には再び38.2℃と再び38℃超え。


今日はすでに38.7℃と39℃に届きそうな勢い。


息を吸い込んだら肺の中まで暑くなりそう、いや、暑いです。


先週はじめの天気予報では、今週半ばくらいから例年並みに下がると言ってましたが、今朝の予報では今月いっぱいこの気温が続くとのこと。


いくら暑いの好きとは言え、もうそろそろお腹いっぱいになって来た、あらてつです。


ほんまに異常や…。


で。


ここまで暑いと食欲も減退しそうですが、そんな時に涼しくサッパリと食べて頂ける夏のタルトのご紹介。



本格糖質制限パスタとデザートが食べられるドルチェとパスタのお店、

DOLCE&PASTA
ピキタン
那覇市松尾1-10-7
TEL:090-1864-6990
URL:http://dolcepastapichitan.web.fc2.com/pichitan.html
【定休日】火曜日


さんの、季節の糖質制限タルト。


今月はコチラになります

↓  ↓  ↓


グレープフルーツタルト


グレープフルーツのタルトです。


もはや言うまでもないですが、めっちゃ美味しいです(笑)


正直、小麦のタルト以上の仕上がりです。


実際にお店でも出されていたので、食べられた方は、あらてつがウソゆうてへんとお分かり頂いてるかと思います。


しかも、ピキタンさんのスゴイのは、味だけではございません。


血糖測定においても、予想値をはるかに下回る素晴らしい数値を叩き出してくれます。


先程も、当店栄養士のあやのと、


「何故ピキタンのタルトは数値よりも血糖値上がり方が低いのか?」


という話をしてまして、結論が全く出ませんでした(笑)


因みに、2型糖尿病患者による血糖測定値です。


7:10 空腹時血糖値:118mg
ピキタン・グレープフルーツ・タルトを1個摂取
8:10 1時間後血糖値:119mg



1カット食べてこの数値。


恐るべきタルト(笑)


正に、ピキタン奥様の糖質制限ケーキにかける努力と情熱の賜物ですな。


だがしかし。


何分、1台1台原材料にこだわって、とても丁寧に手作りされているので、販売数が少ないのが大変申し訳ないです。


ですが、食べて頂ければ絶対に「おいし〜!」と言って頂き、血糖値測って頂いて「上がってへん!」と喜んでもらえるタルトなので、是非是非お試しくださいませ。


詳細&お求めはコチラからどうぞ!

↓  ↓  ↓

季節の糖質制限タルト グレープフルーツのタルト

https://www.toushitsuseigen.com/products/detail163.html



冷た〜くひやしたグレープフルーツタルトで、是非、暑気払いしてくださいね〜。


数量限定なので、ご注文はお早めにどうぞ!


糖質制限食食材 | コメント(0)

太ってしまった時の食事やカロリーなど、糖質制限に入った時に個人差でリセット期間があったりしますか?

2018年07月19日
毎回書いてますが。


今日も暑いです。


昨日の京都の最高気温が39.1℃。


今日の予報は39℃


今日38℃を超えれば、6日連続の38℃超えを達成するんです、が。


月曜日にね、天気予報で


「3日連続の38℃超えは、観測史上初」


って、言ってたんですよ。


ところが、今朝の予報では、


「1994年、2014年(だったかな?)についで3回目」


って、気象予報士のおねーさんが言ってました。



どっちが正しいんだ???


まあ、どっちにしても暑いのに変わりはないから、どうでもいいやと思った、あらてつです。


だから何やねんってな話ですね。


本題に行きます。


以前に、リバウンドの件でご相談頂いていた、読者のかんたんさんから、


「食欲VS私の戦いに勝った!」


とのご報告と、


「太ってしまった時の食事やカロリーなど、糖質制限に入った時に個人差でリセット期間があったりしますか?」


とのご質問を頂いていたのでご紹介です。


『私も。

あらてつさん、こんにちは♪以前、リバウンド!?夜食べてしまう。の相談をさせていただきました、かんたんです。

あれから、順調に体重を維持していますよ。そして、夜はお腹が空かなくなりました。こうなったら、もう私の勝ちですね(^-^)食欲VS私の戦いw

糖質制限での、体重の落方ですが私は80キログラムあった体重を54キログラムまで落としました。それが、4年前。

1ヶ月に落ちた体重は、2キログラムだったり1.5キログラムだったり、3キログラムだったりでした。そして、10ヶ月で25キログラム落ちました。

月単位で、体重を把握し一応スマホアプリの体重管理出来る物で、毎日体重を記録していました。

私は、糖質制限をするにあたって、ネットで色々調べたのですが、体重の落方がストーン!って方が割りといて、少し焦りました。自分は、ちゃんと出来てないのでは?と。

でも、グラフは右肩下がりなので、まぁ良いかと割りきりました。

二度目の糖質制限で、体重が思うように落ちないお話ですが、もしかしたらですが太ってしまった時の食事やカロリーなど、糖質制限に入った時に個人差でリセット期間があったりしますか?代謝なども含めてですが。

今回のお話、私も関心が高いです。』



かんたんさん、いつもコメントありがとうございます&お返事したつもりができておらず、1週間の放置プレイ状態になっていたことに気が付きました。


まっこと申し訳ございません m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m


早速ですが、「食欲VS私の戦い」、見事に勝利を収められまして、おめでとうございます(^^)


遅ればせながら、万歳三唱をば。


\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/



別にふざけてる訳では…。


前回、6月2日に「目標体重達成」&娘さん方に「お母さんは、また奇跡をおこした!」と言われたとご報告頂きまして、その後は、順調
に体重を維持されておられるとのこと、本当に良かったです。


かんたんさんから頂いたご報告で興味深いのがこちらの


「1ヶ月に落ちた体重は、2キログラムだったり1.5キログラムだったり、3キログラムだったりでした。そして、10ヶ月で25キログラム落ちました。」


お書き頂いてますように、ある一定以上ふくよかでいらっしゃる場合、糖質制限に取り組むと“スッコーン!”と落ちる方が多いです。


それこそ最初の2ヶ月3ヶ月で10kg15kg落ちて、そこから段々落ち方が鈍るものの、最終的には20kgオーバーの減量成功、といった感じですね。


ですが、かんたんさんの場合は、少しずつ少しずつの減り方で、最終的に10ヶ月で25kgの減量となられています。


正直なところ、私の周囲でかんたんさんのような減り方をした例が無いんですよね…。




<つづく>







ダイエット | コメント(0)

シャレにならない暑さに、凍らせた冷た〜いシュークリームをどうぞ!

2018年07月18日
昨晩20時の京都の気温は、32℃でした。


今日も朝から30℃を軽く突破。


このままだと、5日連続の38℃超えは確実な気温の上がり方です。


私、暑くても口渇を感じないので、水分摂らなかったら脱水症を起こしてしまいました(笑)


ブログ読者の皆さん、本当に熱中症と脱水にはお気をつけくださいね。


本日のブログは、そんな酷暑を乗り切るオススメの商品です。


糖質制限シュークリーム
シュークリーム


この糖質制限シュークリーム、日本一人使いの荒い編集者、K談社エディトリアルのT山女史のリクエストで商品化となりました。


糖質OFFあんぱん、糖質オフクリームパンに続いて、3つ目のT山女史リクエスト商品ですな。


私はもともとシュークリームをそれほど欲する方ではなかったのですが、T山女史曰く、


「私らみたいなデブはシュークリームが大好きなんです」


とのこと。


あ、T山女史の名誉(?)の為に言っておくと、彼女、糖質制限で8kg以上のダイエットに成功、久しぶに会ったら、誰だか分からないくらいボン・キュッ・ボンの体型に変わっていました(笑)


そんなスイーツ大好き編集、T山女史のリクエストで完成した糖質制限シュークリーム。


1個80ḡあたりの糖質量も5.3ḡと、素晴らしく低い数値になっておりますので、糖質制限実践中の皆様に自信を持っておススメ致します。


肝心なのがここから先。


この糖質制限シュークリーム、冷凍でのお届けとなるのですが、半解凍くらいで召し上がって頂くと、アイスシューみたいな感じで楽しんで頂けます。



シュークリーム


詳細とお求めはコチラからどうぞ
↓  ↓  ↓
糖質制限 シュークリーム
http://www.toushitsuseigen.com/products/detail103.html


まだしばらくこの異常な高温気温が続くそうです。


糖質気にせず食べられる冷た〜いアイスシュー、是非お試しあれ!


皆様のご注文、スタッフ一同心よりお待ちしております。





糖質制限食食材 | コメント(0)

1kg2kg体重が増えたって、リバウンドとは言いませんの巻

2018年07月16日
連日猛暑日が続いております。


暑いと言うより、熱いですね。


昨日の京都の最高気温は、38.7℃で、そのうち40℃を超えそうな勢いです。


で、この猛暑の中、京都では祇園祭の宵山なので、外国からの観光客が沢山来られてます。


朝のニュース番組で、外国人観光客にインタビューしてたのですが、見事に西洋人ばっかり。


アジア系の方は、ちらっと映るだけ。


脱亜入欧と言ってた頃と、全くメンタリティが変わっていないなと思った、あらてつです。


西洋コンプレックス、ここに極まれりですな。


まあ。


今に始まった話じゃないので、置いといて。


みおみおさんの


「二度目の糖質制限で体重が落ちない」


とは少し違うのですが、シュガーままさんから、


「1度リバウンドすると戻りにくくなるのではないか」


とコメントを頂きました。


お二人に共通することって何だろう?と考えていたら、二度目の糖質制限で体重が落ちない原因の一つかもが思いついたので、書いて行きますね。



『私も。

はじめまして
いつもブログ拝見させていただいてます。

コメント失礼します。
50代女性です。

3年前に自己流ですが糖質制限を始め1年で25kg減量しました。
その後じわじわと増え続け現在4㎏増量しております。

その間も現在もゆるい糖質制限を含め糖質制限を続けています。

私の場合 小麦・脂質を多く含むものを摂取すると太ります。
(チーズ・オリーブオイル・低糖質パンなど)

また倹約遺伝子タイプなのか 食事量を増やすと太ります。

毎食サラダから食べてみたり、食事回数を増やしてみたり、1回の食事量を減らしたり、カロリー計算をしてみたり色々試してはみてますが 一向に体重に変動がありません。

夕方6時以降は飲み物以外口にしておりません。

今は基本食事は2回です。

お腹が空いたとしても我慢してます。

現在も糖質制限を続けていますが、やはり1度リバウンドすると戻りにくくなるのではないかと考えていました。

私もこの件に関心があるのでよろしくお願いします。』



シュガーままさん、改めましてコメントありがとうございます。


本文でのご紹介が遅くなり申し訳ございませんm(_ _)m


お待たせしてしまったので、早速本題に。


あ、その前に確認なんですが、4kg増えられたのは、25kg減量してからですよね?


25kg戻ってそこから4kgプラスじゃないですよね?


と言いますのも、


「やはり1度リバウンドすると戻りにくくなるのではないかと考えていました。」



以前頂いたご相談で


「59.8キロ→57.7キロ→58.3キロ」


の体重の変化をリバウンドした!と仰る方がおられました。


これ、女性によくありがちなんですが、減らした25kgが元に戻っちゃったのなら確かにリバウンドですけど、減ったところから4kg程度の増量でしたら、リバウンドとは言いません。


なので、体重が増加した&減らない理由は、「リバウンド」ではなく、他にあると考えた方が論理的ですね。


では、どこにあるのか?なんですが、シュガーままさんの場合、これまで何度も書いている痩せない理由の一つ、歳月の重みではないかなと。


私も50代にリーチが掛かっているので、ズバッと書かせて頂きますが、40代50代での歳月の経過は、思った以上に厄介ですよ〜(笑)


筋肉量も30代の時よりも加速がついて減りますし、それにともなって基礎代謝も下がります。


という事は、体重が落ちた3年前と同じような「ゆるめの糖質制限」をしていても体重は減らないどころか逆に増えてしまいます。


それが証拠に、お書き頂いたこちら。


「私の場合 小麦・脂質を多く含むものを摂取すると太ります。
(チーズ・オリーブオイル・低糖質パンなど)

また倹約遺伝子タイプなのか 食事量を増やすと太ります。」



そりゃ小麦・脂質が多いと、太りますよ〜(笑)


余剰な糖質は太る原因なので、糖質制限では糖質である小麦を制限します。


食事量を増やすと太るのも、倹約遺伝子ではなく、単純に摂取エネルギーが消費エネルギーを上回っているからでしょう。


脂質を多く摂ったら太るのは、正にこの通りです。


で、3年前より増えやすくなった原因は、先程も書いた通り、年々基礎代謝量が低くなっていっているからですね。


こうなれば、摂取エネルギーを減らすか消費エネルギーを増やさない限り、以前と同じように体重が落ちてくれないと思います。


なので、ゆるい糖質制限をあまりゆるくない糖質制限にして頂くか、基礎代謝と消費エネルギーを上げるため、生活習慣、特に運動面を見直してみてください。


シュガーままさんの場合は、恐らくそれでまた落ちだすのではないかと思いますので…。


それでもダメだったら、またコメント入れてくださいね。


再度考察してみましょう。


で。


共通点なんですが、歳月の重みと基礎代謝量の低下ってところなんですが、みおみおさん、それじゃご納得頂けませんよね…。





ダイエット | コメント(8)

暑いですね…

2018年07月14日
今日の京都の最高気温は、38.5℃


このブログを書いている17:40現在、部屋の中の温度は40℃を指してます。


ここまで温度が上がると、部屋の壁やら家具が触ると熱いくらい温まって(?)いて、じっとしてても汗が吹き出して来ます。


被災地で被災された方々、復興にあたっている方々、ボランティアの方々、重ね重ね熱中症や脱水症にはお気をつけくださいね。


読者の皆さんも、くれぐれもご注意の程を。

あらてつ的雑感 | コメント(0)

二度目の糖質制限で体重が落ちない理由と停滞期の考察

2018年07月13日
会社の前の街道。


山の中のクセに結構な交通量で、ダンプや大型トラックも多いです。


その大型トラックなんですが、最近やたらスマホ見ながら運転してるバカタレの多いこと多いこと。


片手でハンドル握ってるならまだマシな方で、ハンドルに両腕着いて両手でスマホ操作している信じられんようなヤツまでいます。


人を轢いてしまうかもなんて、カケラも考えられないんでしょう。


こんなバカに轢かれたら、死んでも死にきれません。


コイツら片っ端から捕まえて、市中引き回しの上磔獄門にすべきだと強く主張する、あらてつです。


ケーサツも、汚いネズミ捕りやってんと、コイツら取り締まれよな。


と。


腹立ち収まらずですが、今日の話題に行きます。


2度目の糖質制限で体重が落ちないのは、もしかして停滞期と同じ理由かも…、なんてところで前回終わってました。


そう思った理由の前に、まずはダイエットにおける停滞期のご説明から簡単に。


ダイエットに取り組むと、それまで減っていた体重がピタッと止まって、減らなくなる時期が来ます。


その時期を世間一般で停滞期と言うのですが、この停滞期、どんなダイエットだろうが必ず訪れます。


ダイエットに取り組んだ場合、体重は直線的に体重が落ちるのではなく、階段状に落ちていきます。


世の女性方が憧れる「体重がドンドン直線的に落ちていく」なんてのは、何らかの病気のときだけです。


その階段状に落ちる理由なんですが、人間の体にはホメオスタシス(恒常性)というものがありまして、常に同じ状態を保とうとする機能があるからです。


分かりやすく言うと、人間の身体って変化を嫌うんですよ。


身体だけじゃないですが(笑)


ダイエットなどで体重を減らそうとしますと、体は急激な変化が起こったととらえて、それまで長年慣れ親しんだ体重を、保とう保とうと必死に抵抗します。


ダイエット初期は、けっこう調子よく体重が落ちていくんですが、しばらくすると、同じように続けているにも関らず、体重が落ちないのはこの所為ですね。


この停滞期で1kg2kg体重が増えたりしますが、これは体が長年親しんだ体重に戻ろうとするからでしょう。


停滞期を焦らずにやり過ごせば、また体重は落ちてくれるのですが、ここで焦って自爆する方、非常に多いです(笑)



<またつづく>






ダイエット | コメント(0)

二度目の糖質制限で体重が落ちない件

2018年07月11日
夏ですね。

気持ち良いくらい暑いです。

一昨日の最高気温は34℃

昨日は35℃でした。

今回の水害で被害に合われた地域も猛暑になっています。

避難されている方々、復旧作業に取り組まれる方々、くれぐれも脱水症や熱中症対策をして頂ければと思います。



話は変わりまして。


5日に、読者のみおみおさんからコメント頂いて、本文で考察しますねと言っておきながら、ほぼ一週間経ってしまいました。


みおみおさん、ごめんなさいm(_ _)m



『お久しぶりです。

2016年の年末あたりにもコメントさせていただきましたみおみおです。

前回は2回目の糖質制限がなかなかうまくいかないと相談させていただいたんですが結局全然減らない体重に心折れて糖質制限やめてしまいました。

当時67kgあった体重はどんどん増え75kgになりました(泣)

人生最大体重で臨月の時より太ってしまったのでこれはいよいよやばいとまた糖質制限を始めました。

今朝の体重は71.7kgです。

はい、糖質制限で少しは減ってきています。

ですが、当初の75kgのときは本当にマックスでお菓子やら間食やら食べたいだけ食べまくっていたし糖質制限の最初は水分が抜けて2〜3kgはするっと落ちると聞いていたのでそれで2週間しないくらいで73kgまでは落ちました。

73kgになってから1ヶ月経ちますが
現状マイナス2kg前後。(日々の体重コンマいくつによってマイナス1.8kgになったり、、)
これって月で見れば順調に痩せているんでしょうか?

毎日の体重ばかり重要視していて
『0.3kg増えた!何がいけなかったの?!』『0.1kg減った!』とコンマの世界で一喜一憂しています。

順調に毎日0.2kgとか0.4kgとか減っていったのは生理が終わったあとの1週間だけでした。

その1週間がすぎたあとは毎日糖質制限してるつもりなんですが、減っても0.1kg。

0.4kg増えてる日とかもありました。

前々回の7kg成功した糖質制限のときは毎日もっととんとん減っていってた気がするのですが、停滞期とはまたちがいますかね?

75kgというだいぶデブなのではじめはもっとすとーんと落ちると思ってたのもあります。

ご意見聞かせてください。』




みおみおさん、改めましてコメントありがとうございます。


すっかり遅くなり申し訳ございませんm(_ _)m


さて、二度目の糖質制限がうまく行かず断念、体重が人生最大となり、また糖質制限に取り組んだけれど、最初の時ほど体重が落ちてくれないとのこと。


以前に頂いたコメントとその時の記事を読み返してみたのです、が。


前回のお答え、ほとんど参考になってませんでしたね…。


今回も参考になるかどうか、自信がないですが、順番に考察して行きますね。


まず、75kgまで増えた体重が、コメント頂いた朝で71.7kg。


最初に糖質制限に取り組んだときは、もっとすとーんと落ちたけど、現状マイナス2kg前後で一進一退。


ここが分からないんですよねぇ。


前回のときも書かせて頂きましたが、一度糖質制限食に取り組んだ場合、一旦やめて糖質を食べて太っても、最初よりも落ちやすい例が多いです、と言うか、私の周囲は皆そうでした…。


ところが、みおみおさんはじめ、読者の方から、二度目の糖質制限で体重が落ちないと、時折コメント頂くことが増えて来ました。


う〜ん。


困りました。


前回の時は、食事量が少ないのでは?との結論(?)でしたが、どうも違うようですし、そもそも、私の周囲&知人に、「二度目の糖質制限で体重が落ちない」例が、ひとつもないんですよねぇ…。


う〜んう〜ん。


大変困りました。


困っていても何の解決にもならないので、取り敢えず今させて頂けるアドバイスから。


「何がいけなかったの?!」


とのことですが、ねぇ、冷たい言葉でもいいから 僕に投げかけておくれよ♪なんて話でも全くなくて(←これってわかる方いらっしゃいます???)、まずは、焦らないでください。



『コンマの世界で一喜一憂しています。』


0.1kgなんてたった100gです。


100gどころか、この十倍以上の1kg2kg、つまり1000gや2000gなんて、日内変動の範囲です。


増えたうちに入りません。


女性にありがちなんですが、100g単位で痩せた太った、それくらいなら、水飲んでもトイレ行っても変わります。


ウソだと思ったら、水を500ml飲んで体重測ってみてください。


500ḡ増えますから(笑)


食事したって増えます。


500ḡ分食事すれば、500ḡ体重は増えます。


ですがこの500gは、身体を動かすエネルギーや細胞の原材料として使われたりして減りますし、最終的にはウンコになって流されれば、もっと体重は減ります。


ダイエットなんて、3kgくらい減ってその数値で安定してはじめて「痩せたかな」です。


なので、目先の数百グラムや1kg2kgに一喜一憂せず、まずは、焦らず冷静且つ気長に取り組むようになさってくださいね。


あと、停滞期かどうかですが、もしかしてもしかして、二度目の糖質制限の場合、停滞期と同じような現象が起きているのかも知れないですねぇ…。





<次回、怒髪衝天の停滞期編を待て!>






ダイエット | コメント(5)

ピキタン特製、究極の糖質制限ヘーゼルナッツチョコレートブラウニー、期間限定にて発売中!

2018年07月10日
ブラウニー


【期間限定】糖質制限 ヘーゼルナッツチョコレートブラウニー
https://www.toushitsuseigen.com/products/detail256.html


いきなりですが、ブラウニー。


タダのブラウニーじゃありません。


糖質制限ブラウニーです。


しかも。


タダの糖質制限ブラウニーじゃありません。


糖質オフまるパンと月替りの糖質制限タルトでお馴染み、沖縄で本格糖質制限パスタとデザートが食べられるドルチェとパスタのお店

ピキタン
那覇市松尾1-10-7
TEL:090-1864-6990
URL:http://dolcepastapichitan.web.fc2.com/pichitan.html
【定休日】火曜日


お手製のスペシャルな糖質制限ブラウニー。


さらに、いつもは↑の画像のオレンジとチェリーでしたが、今回、期間限定で作ってくださったのは、ヘーゼルナッツのチョコレートブラウニーです。


如何せん、お二人で作っておられるので、なかなか数が作れず売り切れになることが多いのですが、味の方は折り紙付き、糖質オフまるパンや糖質制限タルトと同じく、もはや普通のスイーツを凌駕したと言っても過言じゃない完成度を誇ります。


その折り紙付きの糖質制限ヘーゼルナッツチョコレートブラウニー、只今、期間限定で販売中です。


このピキタンのブラウニーシリーズ、毎回、発売と共に瞬殺(ほんとに瞬殺です)で売切れ、お客様から、


「次の販売はいつですか?」


「なんで売切れなんですか?」


と、それこそ山盛りのお問い合わせを頂きます。


実際に食べて頂きますと、この問い合わせの


皆様が一番気になる、2型糖尿病患者2名における
血糖検査結果はコチラ!



5月3日(木)

10:45  空腹時血糖値:117mg

ヘーゼルナッツチョコブラウニー1個摂取

11:45  食後1時間血糖値:124mg



5月4日(金)

9:20  空腹時血糖値:97mg

ヘーゼルナッツチョコブラウニー1個摂取

10:20 食後1時間血糖値:97mg


しっかり甘くてしっかりチョコですが、素晴らしい数値を叩き出しております。


食べて頂ければ絶対に


「おいし~!」


と感激。


食後血糖値を測って頂いて


「こんなに美味しいブラウニーなのに、血糖値上がってへん!」


と更に感激&喜んで頂ける、ピキタン特製、究極の糖質制限ヘーゼルナッツチョコレートブラウニー。


こんなに人気があるのに、定期販売ではなく、ピキタンさんが余力(?)のある時のみの生産で、不定期販売となります。


なので、今回、そこそこの数を作っては頂きましたが、売り切れちゃうと、次はいつになるか分かりません!


気になった&ずっとお待ち頂いて方は、コチラからチェックしてください!


↓ ↓ ↓


【期間限定】糖質制限 ヘーゼルナッツチョコレートブラウニー
https://www.toushitsuseigen.com/products/detail256.html


くどいですが、早いもの勝ちです!

ご注文は今スグどうぞ!




糖質制限食 | コメント(1)

読者の皆さんから頂きました、糖質の断り方

2018年07月09日
5日から降り続いた大雨も、昨日、ようやく止んでくれました。

雨が止んでも、地盤が緩んでいたり、まだ増水していたりと危険な箇所があります。

ブログ読者の皆さん、くれぐれもお気をつけください。


さて。


みかんさんから、


「糖質制限中に、職場などで糖質を出された時、皆さんはどうしてますか?」


とコメント頂きまして、読者の皆さんにお聞きしたところ、コメント頂けたのでご紹介です。


まずは、山田さんから


『甘いの胃もたれするんすよ!

の一言で押しきってます(*_*)感じ悪い?

若いくせに!とか色々言ってくる人もいると思いますけど無視です\(^^)/一概には言えませんがおばちゃんて言うのはどうも押し付けてきて嫌…自分もおばちゃんですけど、自分が嫌なので若い衆に強要はしてません!笑』



お次は、ゆかりさんです。


『私がそういったものを食べないと職場には知れ渡っていますので、誰も私には勧めてきません。

でもたまに新人さんなどがご厚意でチョコレート等を差し出してきますが、デンプンと砂糖と果物は食わん!と嫌われる勇気で断ります。

ただの甘いもの嫌いと思っている人も多くて、しょっぱい糖質を与えようとするので、この文言を使っています。』



最後は、あっぴさんです。


『あらてつさんこんばんは!

私は2型糖尿病なので、糖尿病ですと言うとほとんどの人が甘い物を勧めて来ません。糖尿病で良かった~(*^^*)

甘い物アレルギーって言うのも良いかもしれませんね!蕁麻疹が出るとか体が痒くなるとか。』



山田さん、ゆかりさん、あっぴさん、コメントありがとうございました。


お礼がすっかり遅くなってしまい、申し訳ございませんm(_ _)m


さて、職場で糖質を出されたときの対応なんですが、皆さん、私と同じで、基本的に「ハッキリキッパリ」断る方針なんですね(笑)


最近、特に思うのですが、人間、思ってることは口に出さないとダメですね〜。


話もせんと理解してもらおうなんて、それこそ土台無理な話で、黙っていて周りに察してもらえるor察して欲しいなんてのは、彼岸の彼方に投げ捨てちゃいましょう(笑)


という訳で、みかんさん。


なかなか言いにくいかとは思いますが、一度、勇気を出して「糖質は食べないんです」って言ってみてください。


糖質制限が一般的に認知されてますので、私が始めた頃のような変人扱いは受けないと思いますので。


頑張ってくださいね。




変人扱いされたらごめんなさい…。





ダイエット | コメント(0)

時により過ぐれば民の嘆きなり八大竜王雨やめたまへ

2018年07月07日
今回の豪雨により、亡くなられた方々へのご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。


まだ、これから雨が強くなる地域があり、引き続き、警戒が必要な状況です。


ブログ読者の皆さん、くれぐれもお気をつけください。


糖尿病 | コメント(0)

糖質制限してますが、職場のデザートが糖質で困ってます…

2018年07月05日
これって何度も書いてますが。


私、緑茶が大好きで、毎日結構な量を飲みます。


ですが、無きゃないでそれなりに平気です。


珈琲も好きなんですが、これは飲まずにいられません。


珈琲を飲まずに居られない状態を、よく


「カフェインの中毒性の所為だ」


なんて言いますが、カフェインだったら、緑茶の方が遥かに強いです。


ですが、「うがぁ〜コーヒー飲みて〜」とはなっても「うがぁ〜緑茶飲みて〜」とはなりません。


コーヒーの中毒性(?)は、カフェイン以外に理由があるんじゃないのか?と最近思うようなってきた、あらてつです。


どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら、教えてくださいm(_ _)m


まあ。


私がお茶が好きだろうが珈琲好きだろうが、皆さんにはどうでもいい話かと思いますので、本日の話題。


みかんさんから、糖質制限中に、職場などで糖質を出された時、皆さんはどうしてますか?とコメント頂きました。


『おはようございます。

私の職場ではお素麺にデザートが果物。。。という糖質100%の時もあり、避けられないので、量を少なめにして頂いています。

職場の環境、状況的に自分の好みがいえない時は皆さんどうされておられますか?

不躾な質問で恐縮です。』



みかんさん、改めましてコメントありがとうございます。


自分は糖質制限をしているけれど周囲が全くしていない場合、今回のみかんさんのように困ってしまうことが多々あります。


来月に控えたお盆の帰省前など、


「帰省先で糖質を勧められて困る」


と、ご相談を頂きます。


久しぶりに帰って来たんだからと、目いっぱいの歓迎で出してくれるのですが、出てくる料理は糖質のオンパレード。


怒涛の如く押し寄せる糖質に、思わず顔が引きつられる方も多いかと思います。


なので断るのも悪いし、けど食べたら高血糖間違いなしやし、どないしようと皆さん苦悩されておられますね〜。


因みに私の場合、「糖質は食わん!」と14年以上周囲に断言してるので、もはや勧められることも無くなりました(笑)


それに加え、クリスマスパーティーやら忘年会やら帰省やら、危険な場所には一切近づきません(笑)


だって、これこそお互い気使って疲れるだけですやん。


まあ、もともと人がいっぱいいるトコが嫌いなのもありますが。


ですが、私のように世間様に背を向けてる方は少ないかと思いますし、みかんさんのように、職場だと断りにくいと仰る方も多いかと。


という訳で、


「私はこうやって職場で出てくる糖質を乗り切ってます!」


と言った攻略法(?)を編み出された方がいらっしゃいましたら、、是非、コメント頂けると嬉しいです。


逆に、「玉砕しました!」なんてのも大歓迎です(笑)


読者の皆さんのコメント、お待ちしております。




素朴な疑問を読者の皆さんに聞いてみましょう | コメント(4)

糖質制限とタダモ式についてご質問頂きました。

2018年07月04日
皆々様、お久ししゅうございます。


例によって更新できておりませんでした。


来てくださってた皆さん&コメント頂いていた皆さん、申し訳ございませんm(_ _)m


気が付いたら夏至も過ぎてましたし、半夏生も終わってしまいました。


これからどんどん陽が短くなって行くというのに、気が付いた終わっていたなど、何たる不覚。


眉を片方剃り落とし、茶臼山にでも籠ろうと思う、あらてつです。


素手で石を割れるようになったら下山します…。


というわけで。


本文でご紹介しますねと言っておきながら、随分とお待たせししまっている、ゆりあんれとりーぶーさんから、糖質制限とタダモ式ダイエットについてご質問頂きました。


『糖質制限とタダモ式について

いつも楽しく拝見してます。

体重維持できててうらやましいです。

私は一年糖質制限をし、大好きな肉をメインに食べ、15キロ痩せたのにリバウンド。いまは再度糖質制限をしてもなかなか、落ちず、過食気味になり過食嘔吐と戦っています。

そんななか、タダモ式(血液型ダイエット)の本を見ているとA型はそもそも肉を消化しきれず野菜中心が体にあうとありました。週二回なら鶏肉ならオッケーみたいです。

野菜といっても避けるべきものはあり肉の代わりに大豆と書いてありました。

確かに空腹をまぎらわせるのにキャベツを食べるにもコンビニに売ってる150グラムの袋だと5袋はあっという間で、過食を、引き起こしてたように思いました。

しかし肉は大好きなので、でも痩せたいしというので実行してみようかと思いますが

そもそもA型は遊牧民でという話も何千年もたったいま、変わらずそうなのかなと思いますよね。。

ちなみにあらてつさんは何型ですか?

タダモ式どう思いますか?』



ゆりあんれとりーぶーさん、改めましてコメントありがとうございます&ちゃんとしたお返事が遅くなって申し訳ございませんm(_ _)m


随分とお待たせしてしまったので、早速本題に行きますね。


まず、タダモ式なんですが、いろいろと調べてみたところ、それなりの根拠があるのかなと思いました。


ただ、「A型は遊牧民」ってのは、違うんじゃないのかなと。


だって、フツーに考えて、何らかの遺伝的変化でA型の血液が生まれて、その後全員が全員遊牧民になったなんて有り得ないですし、遊牧民ゆうても地域によって環境も食べてるものも飲んでるものも遊牧してしている動物も遊牧スタイルも違います。


なので、「日本人は農耕民族で西洋人は狩猟民族」くらい、いい加減な話かと思います。


さらに言えば、ゆりあんれとりーぶーさん、


「一年糖質制限をし、大好きな肉をメインに食べ、15キロ痩せた」


んですよね〜。


という事は、糖質制限がゆりあんれとりーぶーさんに合っていたという事であり、肉を食べても全然問題ないということが実証されてますよね。


ちなみに私もA型ですが、糖質制限で体型&体重を維持できてますし、最近は魚が多いですが、基本的に肉しか食べません。


もちろん、野菜は食べてません(笑)


でも、慎ましく生きております(笑)


なので、ゆりあんれとりーぶーさん、タダモ式に関しては、こんなダイエットもあるんだくらいにしておいた方が無難かもです。


それより、長い目で見て糖質制限に取り組まれた方が、よっぽど良い結果が出ると思いますよ〜。


実際に、15キロも痩せておられますし。


先程も書きましたが、ちゃんと糖質制限出来てらして、糖質制限がゆりあんれとりーぶーさんに合っているということになります。


佐野元春風に言えば、「今までの君は間違いじゃない」と(笑)


なので、他のダイエットに手を出さなくても、今まで通りの糖質制限をしばらく続けて頂ければ、しばらくするとまた体重が落ちて来ますよ〜。


ダイエットで一番大切なのは、「焦らない」ことです。


体重は直線ではなく、階段状に落ちますし、停滞期は必ず来ます。


また、それなりの時間を経て増えた体重は、急激には減りません。


焦って無茶した挙句に自暴自棄になってダイエット失敗!なんて方を多数、本当に多数見て来てますので、今は絶対に焦らず、これまで通りの方法で取り組まれてください。


ちゃんとやればちゃんと効果が出ますので。


という訳で、ゆりあんれとりーぶーさん、焦らず無理せず気長に糖質制限に取り組んでみてくださいね。


それから、やっぱり体重が落ちない!とか、どうして良いか分からなくなった、なんことがあれば、またお気軽にコメント入れてくださいね。


一緒に考えましょう。


応援しています(^_^)





ダイエット | コメント(2)
 | HOME |