09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

目玉焼きにはマヨネーズ

2017年10月13日
一昨日の夜まで蒸し暑くて寝苦しかったのが、昨晩から一転、羽毛布団を引っ張り出すくらい寒くなりました。

確かに、これまでが暑すぎたんでしょうけど、なにもここまで急激に気温下がらんでええんちゃうかなと。

トランプ大統領にパリ協定を離脱するなら、新しい羽毛布団を買ってくれと手紙でも書こうかと思った、あらてつです。

異常気象がひどくなったら、離脱に反対してる連中もいずれはツケが回ってくると思うんですけどねぇ…。

で。

今日は、パリ協定とは何の関係もないお話。

先日の「目玉焼きにマヨネーズ」ネタに、まるこさんから、ショックですとコメント頂きました。

『ショックです

目玉焼きにマヨネーズって変人て思う人が多いんですね…トホホ。

確かに、昔母親は私がかなりの量のマヨネーズをかけるから嫌がってましたわ。

母親は、塩胡椒だったと思います。

関東出身の医学生君が卵には砂糖でしょと言ってたので、普通は塩やろと返したら、ストイックですね〜って言われましまた。

卵焼きに塩がストイックだって!?

考えたこともなかったです。

昔母親は、お弁当の卵焼き塩砂糖どっちにする?って聞いてくれましたが、問答無用で塩でしょと応えてました。』


まるこさん、いつもコメントありがとうございます。

そうなんですよ、目玉焼きにマヨネーズかけるなんて下手に口にすると、それこそ人間扱いしてもらえません。

以前、職場の人達と居酒屋に行ったときの話ですが、「目玉焼きになにをかけて食べるか」が話題になりました。

そしたら、ソース派としょうゆ派に分かれ、あれよあれよと言う間に、掴み掛からんばかりの激しい議論が展開されちゃったんですね。

それぞれがそれぞれなりの論理(?)を主張するのですが、ソース派しょうゆ派、両者まったくゆずりません。

ソースとしょうゆ以外、まるで、目玉焼きにはかけるものが無いかのような議論が続く中、私は思わず口をはさみました。

「マヨネーズかけへん?」

一瞬、全員が黙ってこちらを振り向いた後、再びソースかしょうゆかで議論が始まりました。

黙殺されました。

私は再び、

「誰もマヨネーズかけへんの?」

するとソース派の一人が、

「ハイハイ、マヨネーズですね。」

おーまーえーらーなー

目玉焼きゆうたら、塩コショウしてマヨネーズやろ。

私は、マヨラーではありませんが、物心ついたころから「目玉焼きにはマヨネーズ」でした。

最近発見した食べ方は、「塩と山椒をふってマヨネーズ」

めっちゃうまいんです、これ。

なのに

「ハイハイ、マヨネーズですね。」

とは何事か!

でね。

先日、親戚が遊びに来た際、その子ども(女の子6歳)が、目玉焼きが好きというので焼いてやったところ、

「おっちゃんソースないの?」

などとのたまいました。

お兄ちゃんいつもマヨネーズかけて食べるで。マヨネーズかけてみ。」

と私が言うと、

「えー、きっしょ。」

たわけ!

半ば無理やりマヨネーズをかけて食わすと、

「美味しい!」

当たり前やんけー。

なにが「きしょい」じゃ、食うてから言え、食うてから。

ついでに、カマボコがあったのでこれにもマヨネーズつけて食わせました。

「めっちゃ美味しい!」

にゃはははは。

どうや、恐れいったか。

この子、自分ちに帰っても「目玉焼きにはマヨネーズ」「カマボコにはマヨネーズ」を激しく貫くようになったそうです。

これで、「目玉焼きにはマヨネーズ」が地球上に一人増えました。

ですが。

“卵には砂糖”は、正直ビックリしました。

しかも塩だとストイックなんですね…。

人の好みと感性って、ほんとにそれぞれなんだなぁと、目玉焼きを通じて感じた次第です。

うまくまとまりました(笑)





糖質制限食食材 | コメント(7)
 | HOME |