05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

糖質制限とは関係ない、とある電車の中のお話

2017年06月28日
先日、電車に乗った時のお話。

男性の乗客で、スーツ着てますがネクタイ締めて無い方、けっこう多いですよね。

クールビズ、すっかり定着した感があります。

小泉内閣の唯一の功績でしょうか(笑)

そもそも、スーツなんて高温多湿の日本で着るもんじゃございません。

あれって、イギリスが発祥だそうです。

私の知人のロンドン在住のイギリス人、イギリスの夏は日本よりも遥かに涼しいと言ってました。

服なんてものは、その土地その土地の気候に合わせて進化(?)します。

イギリスの気候に合うように改良されて今に至った服が、超高温多湿の日本に合うわけございません。

現に、スペイン行った時にスーツ来ているのは、会社のエライさんを迎えに来る運転手さんくらいで、商談の時ですら着ててもジャケットくらいです。

スーツを着ない理由を尋ねたら、一言


「暑いから」


夏場に長袖のシャツにスーツ着てビシっとネクタイ締めて、汗をダラダラかいてる営業さんが来られます。

上着脱いで楽にしてくださいねと言っても、頑として脱ごうとしません。

スーツでないと失礼と思って商談に望んでくれる気持ちはありがたいのですが、正味な話、眼の前で滝のような汗をかかれても、ヒッジョーに不快です。

ネクタイ締めてジャケット着ないと正装じゃないとか、ビジネスマナーがどうとか書いてあるの見ますけど、ただ闇雲に他国の文化を神のごとく崇め奉ってるだけやんと思います。

そこまで正装正装ゆうなら、紋付き袴でも着りゃよかろうと思う、あらてつです。

そこいくと、沖縄の「かりゆしシャツが正装」なんてのはいいと思いますね、はい。

で、このクールビズ以外で気付いたのが、両手で吊革持ってる男性がやたらと多いことなんですね。

私、通勤ラッシュの時間帯に電車乗らないんで、よくわからないんですが、これって、痴漢に間違われない対策なんですか?それか、たまたま私の周りだけそんな方が多かったんでしょうか?

ただ、一人で二つも吊革使ってるんで、せめて一つを両手で持ったらええやんけ、そやないと他の人が吊革使えへんやろ、と思ったんですが…。

あと、満員電車の中で化粧している女性にはビックリしました。

あれだけ揺れて人が多い中で、よくぞ化粧ができるなと。

ある意味、技術ですね。

でも、

「電車の中で化粧する」

これって、同じ女性の目から見たらどうなんでしょう?

最近、東急電鉄のCMで話題になりましたけど、私はどうにも馴染めないのですが…。


あらてつ的雑感 | コメント(5)

嗚呼、お医者さん…

2017年06月26日
皆々様、お久しゅうございます。

あらてつでございます。

お元気でお過ごしでしたでしょうか。

ブログの更新、すっかり滞ってしまいまして、お越し頂いていた皆様、申し訳ございませんm(_ _)m

取り急ぎ今日の記事を書きましたので、愛想つかさず読んでやってもらえると嬉しいです。

では、今日の話題。

読者のkyouyaさんから、お世話になってらっしゃるドクターについてコメント頂きました。


『話は全く変わりますが、いつもお世話になっている医師の先生に

「勉強量が凄まじいですね。害がない薬を瞬時に進められるなんて。先生のおかげで幅広くいろんなことを勉強しようと思えるようになりました」

と言ったんですね。

そしたら、

「ありがとうございます。医者って勉強しているって思うでしょ。あんなの嘘ですよ。口先だけはうまい人ばっかりですけどね」

って返していて、この人はホントに信頼できるなって思いました。確かに変な医者いますもんね・・・。本音で話ができるってけっこう大事なことだと思います。

できる人ほど「自分こそ」と思っていない。自分がいかに不完全でデタラメをやらかすかよく理解している。「ひょっとしたら自分のここに漏れがあるのではないか」といつも謙虚になり、穴を潰すという作業をサラッとやってのけられるんですよね。その次元になれるように頑張りたいと思いました。悩み相談、進路の話とかにも乗ってくれてホントに素敵な先生です。ああいう医師に出会えてよかったって思っています。 』



kyouyaさん、改めましてコメントありがとうございます。

お返事にも書かせて頂きましたが、不勉強なお医者さん、本当に多いですよ。

と言いますか、この人ちゃんと勉強してるなって思えるドクターの方が少ないですから(笑)

今日は丁度、オペ後の2ヶ月に一回の診察と毎週のリハビリの日なので、頂いたコメントお読みして、以前に書いた記事のことを思出しました。

この時もkyouyaさんからコメント頂いていたと思いますが、再掲しますね


『早いものでもう4月。

こないだも、もう3月とか書いた気がするのですが、気付いたら4月に突入ですよ。

4月と云えば、肩のオペをして1年になります。

リハビリに時間が掛かるやろうけど、何もせんでも1年なんてあっという間過ぎるし、それやたら思い切ってオペした方が良いやと手術に踏み切ったのですが、ホンマにあっという間に1年が過ぎてしまいました。

オペ前より確実に良くなっているので喜ぶべきなんでしょうけど、なんか素直に喜べない自分がいる、あらてつです。

年々時間が経過が早くなって行きますね…。

医療繋がりのついでに今日のお話。

2月の20日過ぎに、しばらく寝込んだ話を書きました。

その時、近所の新しく立て直した病院に初めて行ったのですが、まあ、外来ババ混み。

熱が出てフラフラで座ってるのもしんどい状況で、2時間待ち。

正直、このまま死ぬんじゃないかと思いました(笑)

で、ようやく名前を呼ばれて診察なんですが、年配のドクターがこの日の内科担当で、まあ、頼りないこと。

診断名は風邪で、処方された薬は抗生剤と解熱剤と胃薬。

挙句、

「これから点滴します。」

「それってブドウ糖ですよね?そんなんで症状が良くなるとは思えないからいらない」

と言ったところ、

「どうなっても自己責任ですよ!明日必ずもう一回来てください!」

いやいや、ブドウ糖の点滴せんくらいでどうこうなるわけなかろうに。

で、翌日も一向に良くならず、再びこの病院に。

この日は3時間待ち(笑)

ですが、待ってる間にクラークさんが何度か来て、こうこうこういう理由でこれとこれの検査をしたいけど宜しいでしょうかとドクターが言ってます、如何でしょうか?と。

ん〜?なんや昨日とえらい対応違うやん、そんな検査いるんかいな?と思いつつ、ちゃんと理由を説明してくれたので受けることに。

ようやく順番が回って来て診察室に入ると、昨日のドクターと違ってて、私よりだいぶ若いドクターでした。

で、開口一番、お身体辛い時に長時間おまたせして申し訳ありません、この症状の場合、私の過去の症例で◯◯なことが多々ありました、なので、これとこれの検査を提案させて頂きました、普段の数値が分からないので一概には言えないのですがここがこうでこれがこうで云々カンヌン…、なので薬はこれとこれを処方します、これは◯◯の症状を抑えてこちらは◯◯に効きますさらに云々カンヌン…。

3時間待たされても充分納得できましたし、出してもらった薬で症状も緩和されました。

診察終わって思いました。

この年配のドクターと若いドクターの差って、何なんだろう。

診てきた症例では、年配のドクターの方が遥かに多いハズなんですけど。

で、この差について考えたんですが、「常に勉強してるかしてないか」「患者を治す気があるのかどうか」の違いかなと。

よく、

「病気は自分で治すもの。医者は治す手助けをするだけ」

って言いますよね。

まあ、確かにその通りなんですけど、この年配のドクターみたいなお医者さんだったら、手助けすらできないです。

とあるサイトで

「まず患者さんには、自分の病気は自分で治すという自主的な考え方をしていただきたい。 医師は、患者さんに的確な助言をし、情報を提供し、患者さんの正確な判断を下す手助けをする、ということになります。」

とドクターが書いてるのを読んだのですが、初日の年配(ゆうても50代半ばくらいですが…)のドクターからは、「的確な助言」も「情報を提供」もありません。

不勉強な医者に「的確な助言」も「情報を提供」も出来るわけなかろうと思うのは、私だけではないはず。

病院に行って、おいおい、そんなことも知らんのか?アンタ医者やろ?と思うことがあまりに多すぎます。

これって今回の病院だけに限った話じゃなくて、、他の病院・クリニックでも言えます。

私事で恐縮ですが、今回の肩の手術なんか正にその通りでした。

12年ほど前、運動中に肩を傷め、腱板断裂の疑いありとかで、肩の治療では日本では知らない人はいないと言われていた、大阪厚生年金病院のYね田医師を紹介してもらい、診察を受けました。

付いた診断名は、「腱板断裂」

ところが、今回の診断は「関節唇損傷」

当時、腱板断裂でオペしないと治らないと言われてましたが、やってたらエライことになっていたと思います。

いや、確実になっていたでしょう(笑)

幸い、今回オペしてくれたドクターはとても勉強熱心な方で、他所で聞いた話では、野球をしていて肩を壊した、復帰するには手術しかないと言われて手術したけど、結局復帰できなかった、だから自分はちゃんと治せる医者になると、肩の専門医になることを誓って医者になったとのこと。

なもんで、常に最新の技術を学ぼうと勉強されてますし、海外にも出てらっしゃいます。

“日本一の肩の名医”と言われて学会で暴言吐いて、畦の中でふんぞり返ってるカエルと大違いです(笑)

医者でございって人の命預かる仕事してんなら、常に最新の知識と技術を身に着けるのは義務だと思うのですが、悲しいかなそうじゃない医者が多いですよね。

数年前、教員免許が更新制になりました。

それよりも、医師免許の方こそ更新制にすべきじゃないのか?と、不勉強なお医者さんに出会う度に思います。

そうすれば、1回診察受けて治らないから違うとことに行って診察受け直すなんて無駄なことが減ると思うのですが、如何なものでしょう。

医療費だって削減できると思うんですけどね。

まあ、また大反対にあってできないかと思いますが(笑)』



治せるお医者さんに出会えるって、本当に大事ですね…。

あらてつ的雑感 | コメント(5)

血糖値が上がらないパンのレシピ

2017年06月21日

当店管理栄養士Cocoroちゃんが、お家de簡単♪糖質制限 ミックス粉 を使ったレシピをクックパッドに上げてくれています。

糖質制限ドットコムのキッチン
https://cookpad.com/kitchen/13934753

で。

このレシピを見てくださいました&作ってくださいました、読者でお客様のあっぴさんから、とても嬉しいコメントを頂いたのでご紹介です。


『糖質制限食パン

あらてつさんおはようございます。

cocoroさんの糖質制限食パンレシピ、少し改良して子供達と美味しく頂いています。

糖質制限ドットコムさんのチョコスプレッドとメールシロップをつけて食べると、一人で一斤食べてしまいそうで危険ですね💦

因みに私は朝の血糖値が高くなるようで、糖質5g以下でも20ちょっと位は上がるのですが、糖質制限パン、チョコスプレッドで糖質13g位でも同じ位しか上がりませんでした\(^o^)/

これで安心して一斤食べられます!?(太りそう)

これからも素敵な商品を宜しくお願いします♡』



あっぴさん、改めましていつもコメント並びに当店をご利用頂きましてありがとうございます。

Cocoroちゃんのレシピ、お試し頂いたんですね〜。

しかも、チョコスプレッドにスイーツシロップまでお試し頂けたなんて本当にありがとうございます。

何より嬉しいのは、糖質量が13gでも、5gのときと同じくらいしか上がらなかったとのこと。

このようなお声を頂きますと、この仕事をやっていて良かった〜っと、心の底から思います。

ミックス粉を発明してくださったABS株式会社のS粉部長や、レシピを考えてくれたCocoroちゃんも、同じ気持ちだと思いますよ〜。

これからも、美味しくて血糖値が上がらない商品をどんどん開発して参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。


今回、あっぴさんにお使い頂いたミックス粉はコチラです。
↓  ↓  ↓
お家de簡単♪糖質制限 ミックス粉
https://www.toushitsuseigen.com/products/detail140.html


レシピをご覧になられて「やってみよう!」と思われた皆さん、是非是非、お試しくださいね〜。




糖質制限レシピ | コメント(0)

エリスリトールを除く糖質って?

2017年06月19日
最近、残業してて事務所の外に出ると、まだ明るくてビックリします。

一頃だと、18:00過ぎたらもう真っ暗だったじゃないですか。

その感覚が抜けてないんですね。

でも、よくよく考えると、もう夏至なんですね。

例年だと梅雨の真っ盛りであまり日の長さを楽しめませんが、今年は梅雨入りしてから雨が降りません。

なんかすごく得した気分になる、あらてつです。

夏が来ますよ!(笑)


で。

話は変わります。


当店でモリドルチョコレートをお買い上げくださいました、あいさんから、

「エリスリトールを除く糖質とはどうゆう事ですか?」

とのご質問を頂きました。


『エリスリトール

等質制限ドットコムでチョコレートを頼んだのですがエリスリトールを除く糖質とはどうゆう事ですか?

今体をしぼる為に1日糖質を60グラムで抑えてるのですがエリスリトールを含む糖質か除く糖質かどちらを見ればいいのかが分かりません(>_<) 』



あいさん、コメント並びに当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
また、お返事が遅くなって申し訳ございません。

お待たせしてしまったので、早速ですが、

「エリスリトールを含む糖質か除く糖質かどちらを見ればいいのか」

のお答えに行きますね。

これは、「エリスリトールを除く糖質」を見てください。

理由を説明しましょう。

エリスリトールは、糖アルコールと呼ばれる糖質の一種で、自然界では、キノコやワインなどに含まれています。

人為的に製造するときは、ブドウ糖を発酵させて作ります。

エリスリトールは、摂取しても90%以上がそのまま排出され、糖分として体内で代謝されないので、血糖値などにも影響を与えない、カロリー0の甘味料として使われます。

厚生労働省の特別用途食品のための難消化性糖類のエネルギー評価法(平成3年衛新第71号)による測定、および平成8年5月施行の「栄養表示基準」によるエネルギー換算係数においても、そのエネルギー値はいずれも0kcal/gと測定されています。

現在、糖質のなかで唯一の、エネルギー“ゼロ”で、血糖値を上昇させない甘味料です。

先程から書いてますように、エリスリトールは 「糖質」 に分類されます。

なので、その食品に含まれる全ての糖質に、エリスリトールが含まれます。

ですが、これだと血糖値に影響を与える糖質の量が分からないので、「エリスリトールを除く糖質」を表記させて頂いてます。

早い話、

「エリスリトールを除いた糖質=血糖値を上げてしまう糖質」

という風に考えて頂ければOKです。

あいさん、こんな説明で如何でしょうか?

またご不明な点があれば、お気軽にコメント入れてくださいね〜。

ではでは、ありがとうございました。




糖質制限食食材 | コメント(0)

早朝空腹時血糖値

2017年06月15日
昨日から右の耳の穴が痒いです。

以前の職場に居た先輩の女性から

「耳が痒いとええことあるらしいで」

と聞いたことがあります。

この先輩は生粋の京都人なのですが、私はこの「耳が痒いといいことがある」といった言い伝え(笑)は、初めて聞きました。

これって、何処で言われてたんでしょう?

京都???

何処だか分かりませんが、取り敢えず今のところ「ええこと」がない、あらてつです。

聞いたことある方、是非教えてください。

という訳で。

読者の皆さん、お久いぶりでございます。

更新できんで本当にごめんなさいm(_ _)m

やっと自分のデスクに戻ってきたので、ココさんから頂いていた早朝空腹時血糖値についてのコメントご紹介しますね。


『早朝空腹時血糖について

あらてつさん、はじめまして。
HbA1cが5.9%になり、危機感を感じて、スーパー糖質制限を始めて1ヶ月半のココと申します。

チョコとナッツの記事、私も同じようなことを感じていたので、興味深く見させていただきました。たまには糖質を抑えたスイーツで息抜きも大事ですよね♪

さて、一つ気になることがあって、質問させていただきたいのですが。過去に同じようなものがありましたらすみません。

早朝空腹時血糖値についてです。

糖質制限を始めた頃、何度か測ったのですが、78、83、85などでした。このくらいなのだなと目星が付いたので、しばらく測らずにいて、最近何度か測ると、103、97、95などと、 一応正常範囲ではありますが、上がっている状況です。

ちなみに、糖質制限を始めた頃は、カロリー確保のために(当方、痩せ型で、一度にたくさん食べられません)、寝る前に無糖ヨーグルトを食べたりしていました。
最近はペースも掴めてきたので、18時頃開始の夕食の後は何も食べずに就寝しています。

寝る前の血糖値109、翌朝107のようなこともあったので、暁現象はなさそうです。

ちなみに、食後2時間値は100〜110台です。

以前は寝る前のヨーグルトのせいでインスリンが分泌され、早朝の血糖値に影響していたのでしょうか?

自分的には早朝空腹時血糖値は80台くらいに下げたいなと(90台はともかく、100台は高いかなと)思っているのですが、スーパー糖質制限で血糖値の変動幅がないのでこのままで問題ないのでしょうか?

今後、妊娠も希望しているので、そうなると、早朝空腹時が95を超えるのはマズイな、というのも大きいです。

アドバイスなどありましたら、よろしくお願いします。』


ココさん、改めましてコメントありがとうございます。
こちらの方こそはじめまして。

前回の記事をお読み頂きましてありがとうございます。

ココさんお書きになられたように、息抜きは大切ですよ〜。

人間、ずっと張り詰めっぱなしだと、何処かでプツンと切れてしまいますので。

どうせ糖質制限するなら、楽しみながらやった方がいいですもんね。

で、本題に行きましょう。

早朝空腹時血糖値が上がって来ているので、何かアドバイスをとのことですが…

ごめんなさいm(_ _)m

ダイエットのご相談には自分の経験上からもお答えできますが、血糖値に関しては私はできないんです…。

なので、当店の管理栄養士、Cocoroちゃんに話を聞いて来ました。


『早朝空腹時血糖値について、
他にデータ(年齢、体重や体脂肪率の推移など)がないのでなんとも言えませんが、
一般論としてお答えしますね。

1つ目に考えられるのは女性ホルモンです。
妊娠を考えていらっしゃるようなので20~30代の女性の方とは思いますが
女性の場合生理周期で随時血糖値が変わります。
排卵日以降から生理開始前までは血糖値が高めの方が多いです。

2つ目に考えられるのは
たんぱく質のグルカゴン分泌による糖新生です。
たんぱく質の摂取量が増えるとグルカゴンが分泌されます。

1型の場合はインスリンを打たない限りは下がらないのですが
2型の方でも稀にグルカゴンの分泌が強すぎて
血糖値が食後2h超えても上がったままという方もいます。

夕食時に高タンパク質、高脂質食で寝てしまっていると
随時出ているインスリンでは下げられないくらいのグルカゴン分泌で
血糖値が上がってきているのかもしれません。

コメントにお書かきになられているように
正常範囲内ではあるのであまり気にされない方がいいですが
どうしても気になる場合は筋肉中の取り込みを促進させるために
少し筋トレされると解消されるかと思います。

あまり答えになっていないかも知れませんが…』



とのことでした。

ココさん、如何でしょうか?

せっかくコメント頂いたのに、役立たずなあらてつでごめんなさいm(_ _)m


糖質制限食 | コメント(5)

更新が…

2017年06月14日
今日も朝からバタバタしてまして。

まあ、私の処理能力が低いのが原因なんですが。

メモに書いた

“今日中”

の仕事が一つしか片付いていません。

これから頑張ります。

コメント頂いた皆さん、必ずお返事書きますので、今しばしお待ちくださいませm(_ _)m





あらてつ的雑感 | コメント(2)

ナッツを食べるべきかチョコを食べるべきか?

2017年06月12日
そこそこの交通量があるなかでも、車間距離を思いっきりあけてタラタラ走っている車がいます。

もうちょい早く行けやと思いながら後ろを走っていると、信号が黄色から赤に。

だがしかし。

こういう輩は例外なく、前方の信号が赤になっても止まらずにそのまま進んでいきます。

後ろについた私から後ろは、イライラしながら交差点に取り残されるハメに…。

円滑な交通の流れってもんがあります。

チンタラ走るのと安全運転は違います。

こんな連中の運転は、本人は安全運転のつもりかも知れませんが、単なる自己中です。

今朝、私の前を走っていた車は、さらにGoing My Wayでした。

信号どころか、踏切で遮断機が降りてきているにも関わらず、そのままのスピードで突っ込んで行きました。

「誰がこんなヤツに免許渡した!責任者出てこい!」

ココロの叫びが虚しく遮断機の音にかき消された、あらてつです。

ホンマに意味が分からん…。

交通ネタは尽きないですが、気を取り直して本日の話題。

読者のRMさんより、糖質のとらえ方についてご質問頂きました。

『糖質のとらえ方

始めまして、いつもブログ拝見して勉強したり笑ったり、励まされている者です。

少し前に根菜の糖質に関する記事がありましたが、私の常々の悩み疑問にアドバイスください。

糖質制限(スーパーをしている方からすると緩めかも)を始めて以降、いくら低糖質を謳っていても「砂糖」の入ったおやつは避けています。(一旦許してしまうと際限なく食べてしまう・中毒症が戻ってしまうのが怖いので。)

ところが時にミックスナッツが美味しくてポリポリポリポリ食べてしまい、、例えばその結果糖質5g摂取したとします。

私が以前好んで食べていた市販のカカオ88%のダークチョコ(砂糖入り)は個包装の一枚が糖質1g、5枚食べて5g。

この場合トータルの糖質料は一緒ですが、どうとらえれば良いでしょうか?

GIでいうとナッツの方が低そうです。食後血糖値を測れれば一発で分かるのでしょうが、測定器は持っていません。

時折健康的なスナックを食べ過ぎてしまい「じゃあこのチョコを美味しく幸せに2-3枚食べてた方が良かったんじゃない??」と疑問に思ってしまうのです。

くだらない質問ですいませんが、あらてつさんの見解をお聞かせいただけたら幸いです。』



RMさん、コメントありがとうございます。
こちらの方こそはじめまして。
いつもブログをお読み頂いているとのこと、重ねてお礼申し上げます。

で、今回のご質問ですが、全然くだらないことないですよ〜。

むしろ、皆さんけっこう気にされて、時折ご質問頂きますので。

では、早速ですが本題に。

結論から言いますと、

「チョコを美味しく幸せに2-3枚食べてた方が良い」

と私も思います(笑)

糖質制限は修行じゃないんですから、どっかで気を抜かないと。

GIがどうとかも、厳密に言えば血糖値に影響もあるでしょうけど、そんなことばっかり気にしてたら、続くもんも続かなくなります。

以下は、ちょっと極端な例ですが、糖質制限では、

「1回の食事の糖質量を20g以下に抑えましょう。」

としています。

これは、食後血糖値をなるべく160mg/dl 以下に抑える為ですが、究極、200gのステーキ1枚食べて、食後に糖質20g分のケーキ食べるのもアリか思うんですよ。

そりゃ、毎回毎回こんな食事してたらダメですよ。

歯止めが効かなくなりますから(笑)

でも、たまにこんな感じで甘いもの食べて息抜きすることで、またちゃんと糖質制限を続けられるなら、この方が精神衛生上も良いのではないかなと。

これまで何度か書いてますが、糖質制限は続けてこそ意味があります。

ストイックにやり過ぎて破綻した方、これまで山盛り見て来ました。

許容範囲内でたまにチョコ食べて気分転換して、それで糖質制限を続けられてるならその方が良いに決まってます。

という訳でRMさん、美味しく幸せにチョコを食べながら、「美味しく楽しく」糖質制限を続けてくださいね。

では、また何かお悩みが出てきたら、お気軽にコメント入れてくださいね〜。



糖質制限食 | コメント(4)

糖質制限1ヶ月目の体調不良について

2017年06月09日
今朝の出来事。

青信号で交差点に入ったおじさんの自転車と、信号無視して交差点に入った女子高校生の自転車がぶつかりそうになりました。

二台とも急停車してぶつからずに済んだのですが、この女子高生、思いっきりおじさんを睨んで走り去りました。

おいおい。

おじさんに変わってそこに正座しろと言ってやりたくなった、あらてつです。

睨める根拠を聞いてみたいです。

さて。

話は変わります。

1ヶ月前から糖質制限でのダイエットに取り組んだもち子さんから、体調についてのご質問を頂きました。


『あらてつさん、はじめまして、こんにちは。
突然のコメント、大変失礼いたします。
一カ月ほど前から糖質制限ダイエットを始めた者です。
こちらのブログの過去記事をこつこつ拝読しながら勉強中です。

私はお恥ずかしながら完全な肥満体形です。
身長160cmで、体重は、ダイエット開始前の5月頭の時点で82キロ、現時点で76キロもあります。
一日二日でついた脂肪ではないので、時間をかけて落として行こうと思っており、そこに不安やむやみに焦る気持ちはありません。

ただ、今自分のしていることが、体にとって正しいことなのか不安になってきてしまい、あらてつさんの助言をいただけないかと思いコメントさせて頂きます。

不安というのは、ここ最近の身体の調子のことです。
ダイエット開始後半月ほどはごく緩い糖質制限で、なるべく主食を食べない、くらいのものでした。
15日ほど経ったあたりから本格的に糖質量を計算しはじめ、スーパー糖質制限で頑張っています。

一日にとる糖質量は、20~70gくらい(60g前後になることが多いです)、摂取カロリーは肉、卵、魚などのタンパク質と葉物野菜を中心に900~1300㎉くらいを目安にしています。

初めの頃は、糖質もカロリーも以前の比ではないくらい少ないはずなのに空腹感もなく、順調に過ごしていたのですが、ここ一週間ほど、食事時に「お腹いっぱい」と感じても数時間で空腹を感じるようになりました。

また、糖質制限を始める前よりも睡眠時間がかなり長くなり、十分眠っているはずなのに日中また眠くなったり、寝坊してしまったりします。

更に全体的になんとなくずっと気分が重く、元気が出ません。
エネルギーが不足しているような気が何となくします。

これは、私の体が糖質が入ってこない生活にまだ馴染めず、糖新生の機能がうまく働いていないせいなのでしょうか。

このまま踏ん張って続ければ、いずれこの生活に体がなじんで、この怠い感じや眠気もなくなってゆくのでしょうか。

私は洋菓子店に勤務していることもあり、これまでの生活での糖質の摂取量は一般の方よりも格段に多かったと思います。

なので、少し前のブログ記事にあったように、糖新生の機能が錆びついていて、栄養が足りないよーと体が空腹を感じさせているのかな…と思ってはいるのですが…。

摂取カロリーを考えても、だいたい1000以上は取っていることが多いので、ダイエット中の摂取カロリーとしては極端に少ないとも思えないのですが……

まだ始めたばかりですし、このまま自分の体の機能がだんだんきちんと働くのを信じて頑張って大丈夫なのでしょうか。
それとも、摂取カロリーや糖質量など、改善すべき部分がありますでしょうか。

お忙しいところ、しかもきっと過去にも似たような質問などあったと思うのですが、もしお手すきの時間がありましたらアドバイスいただけませんでしょうか。

よろしくお願いいたします。』



もち子さん、改めましてコメントありがとうございます。

本文でのご紹介が遅くなって申し訳ございません。

お待たせしてしまったので、早速本題に参りましょう。

コメント読ませて頂きますと、もち子さんもお書きになられている通り、これはもう単純に

「摂取カロリー不足」

と、

「身体がまだ脂肪を燃やしてエネルギーに出来ていない」

の二点に尽きるかなと思います。

確かにここで踏ん張れば、いずれは身体が慣れてくれますが、そんな無理をするよりも、まずは摂取カロリーをもう少し増やして、エネルギー不足を解消してみては如何でしょうか。

ダイエットなんて所詮はダイエットなんで、無理するもんじゃございません。

せっかく

「時間をかけて落として行こうと思っており、そこに不安やむやみに焦る気持ちはありません。 」

と思って取り組まれてらっしゃいますし、糖質量は今のままで、もう少しカロリーを増やしてみましょう。


もち子さんは、

「私の体が糖質が入ってこない生活にまだ馴染めず、糖新生の機能がうまく働いていないせいなのでしょうか。 」

「糖新生の機能が錆びついていて、栄養が足りないよーと体が空腹を感じさせているのかな…と思ってはいるのですが…。 」


とお書き頂いているように、冷静かつ客観的にご自分を分析できる方とお見受けしました。

なので、ここでカロリーを増やしたところでタガが外れて暴食に走るなんてことはないと思いますので。

もち子さんの運動量や生活習慣が分かりませんので、具体的にあとこれくらい増やしましょうというのが言えなくて申し訳ないですが、1200kcalくらいを目処に摂取カロリーを調整して頂いて、丁度いい塩梅を掴んでみてください。

また何かご不明な点が出てきましたら、お気軽にコメント入れてくださいね。

では、頑張らずにボチボチいきましょうね〜。




ダイエット | コメント(3)

何かがオカシイんですが、ナニがオカシイんでしょうね…

2017年06月07日
先月末からバタバタしておりまして。

まあ、バタバタ言うても私の処理能力が低いのが原因なんですが。

それでブログの更新が滞ってしまうのは、せっかく見に来てくださる皆さんに申し訳ないなと思う次第で。

1テラとまでは言いませんが、せめて3ビットくらいの処理能力が欲しい、あらてつです。

脳みその処理能力ってどうやったら上がるんでしょうね…。

で。

皆々様、お久ししゅうございます。

京都は朝から梅雨のはしりのような雨が降っておりますが、お変わりございませんでしょうか。

なんかこのまま言い訳をダラダラ書いてしまいそうなので、本題の方に移りますね。


5月29日にご紹介した、こっそり糖質制限で妊娠糖尿病を乗り越えて無事に出産された読者のまなみさんから、引き続きコメントを頂きましたので、またまたご紹介です。


『私も疑問でした!

大学病院での出産だったのですが、産科と内分泌科は全く関係しないって感じでした。糖尿は内科、妊娠は産科って。

糖尿について、産科では殆ど病状も聞かれませんでしたし、内科でもケトン体とか全く指摘されませんでした。不思議です。

出産後の入院食も、炭水化物アレルギーって言ってみたら、栄養士さんが病室に来てしまい、献立に困ってしまったようで(´・ω・`)

それで嘘をつき通せなくて、「妊娠糖尿病だったから炭水化物怖くて食べられない」と言ってみたら、ケトン体が出ると大変とかブドウ糖も大切な栄養だというようなことを言われ、結局家族にゆで卵やバターや缶詰を差し入れしてもらいました。

このような病院だったので、理解がなさ過ぎて逆に糖質制限がやりやすかったのかもしれません笑』



まなみさん、引き続きのコメント、ありがとうございます。
本文でご紹介すると言っておきながら、すっかり遅くなって申し訳ございません。

まなみさんが入院された病院って、各診療科で全く連携が取れて居ないという、“これぞ縦割り”を絵に書いたような状況ですよね。

この縦割りには、患者の利益など微塵も考慮されておりません。

妊娠糖尿病って、読んで字のごとく「妊娠」と「糖尿病」なんですから、本来であれば内分泌科と産科が連携して患者を診る必要がある、と言いますか連携して診なきゃいけないと思うのですが、そんなのお構いなしですからねぇ。

栄養士さんも、患者のことを思ってわざわざ病室まで来てくれたんでしょうけど、

「ケトン体が出ると大変」 「ブドウ糖も大切な栄養」

は、如何なものかと思いますねぇ。

ケトン体が出て大変なら、ブドウ糖摂って高血糖になるのは大変じゃないんですかねぇ。

もしかしたら、ブドウ糖摂ったら高血糖になるって知らないかもですねぇ。

今回まなみさんが遭遇(?)された状況ですが、何もこの病院に限ったことじゃなくて、日本中の病院で繰り広げられている“日常”なんですよね…。

そう思うと、病院に行くのが怖くなるのは私だけでしょうか。

まなみさん、この状況で無事に出産されて本当に良かったです。

もしお二人目(で良かったでしたっけ???)をお考えでしたら、他の病院を探された方がいいいかもですね。

いや、お書きになられてるように、逆にこの病院の方が都合がいいかもですね。

それはそれでどうかとも思うのですが…。



おかしいと思うこと | コメント(0)

管理栄養士Cocoroの 簡単★糖質制限マフィン

2017年06月06日

もうすっかりお馴染みの当店管理栄養士Cocoroちゃん。

最近、糖質制限ミックス粉

お家de簡単♪糖質制限 ミックス粉
https://www.toushitsuseigen.com/products/detail140.html

を使ったレシピをクックパッドにアップしてくれてます。

昨日、糖質制限マフィンのレシピが完成したのでご紹介させて頂きますね。

簡単★糖質制限マフィン
https://cookpad.com/recipe/4561617


この糖質制限マフィンの他にも、お家de簡単♪糖質制限 ミックス粉を使ってご家庭でカンタンに作って頂けるレシピがいろいろとありますので、皆さん、是非ともご覧くださいね。


糖質制限レシピ | コメント(0)

ちょっとバタバタしてまして…

2017年06月05日
またまたいきなりですが、ここのところバタバタしてまして、なかなか自分のパソコンの前に座る時間が取れない状況です。

なんとか更新致しますので、温かい目で見守ってやって頂けると嬉しいです。

せっかく見に来て頂いているのに、本当にごめんなさいm(_ _)m


あらてつ的雑感 | コメント(0)

トウモロコシや根菜は糖質制限で食べちゃダメなんじゃ…

2017年06月01日
いきなりですが、あらてつです。

なかなかブログの更新が出来ずにごめんなさいm(_ _)m

コメントくださっている皆さん、必ずお返事させて頂きますので、今しばしおまちくださいませm(_ _)m

というわけで、早速ですが本日の話題。

先日、私ども糖質制限ドットコムのFacebookに、温野菜のサラダの画像をアップしたところ、

「とうもろこしや根菜類は避けましょうと言われてるけれど…いいのかしら?」

とコメント頂きました。

これまで何度か書いてますが、この質問はよく頂きますし、再度解説致しますね。

前回は、トロミを付ける片栗粉とトンカツの衣についての質問でした。

まず、片栗粉に含まれている糖質ですが、五訂日本食品標準成分によると、小さじ一杯3gで2.4gの糖質があります。この3gってのは、常用量だそうです。

といことは、マーボ豆腐4人前に小さじ一杯の片栗粉を使ったところで、4で割っても0.6g、1人分にしてみれば知れた量ですよね。

しかも、具の豆腐やら全部食べた後、皿をなめてアンを全部食べるなら別ですが、そんな人見たことありません(笑)

なので、丸々0.6gの糖質を摂るわけじゃないですから、この程度なら充分許容範囲かと思います。

パン粉なんかもそうですね。

同じく五訂日本食品標準成分によると、パン粉の常用量は3gで、そのうち含まれている糖質は、1.8gだそうです。

ということは、仮にとんかつ1枚に6gのパン粉使ったとしても、3.6gの糖質です。揚げ物なんて、揚げてる間にある程度パン粉が取れますよね。

使ったパン粉が全部具に付いたままなんてありえませんので、実際に摂る糖質量は、もっと少なくなります。乾燥パン粉より生パン粉にして、パン粉の使用量を減らせば、もっと糖質量は減ります。

で、250gのとんかつに、葉っぱものの野菜で作ったサラダに味噌汁付けたって、全体の糖質量は知れてます。

もう一つ具体例を。

私ども京都高雄倶楽部で販売させて頂いている、糖質制限な食材。

極力糖質を減らした食材を扱っておりますが、このような電話を多々頂きます。

例えば、100g中の糖質が5gの商品としましょう。

「あんたとこで商品かったけど、裏見たら原材料に砂糖って書いてあるやないの。糖質制限で砂糖は食べたらアカンのちゃうん?どういうこと!」

いやいや、原材料に含まれている糖質ぜ~んびひっくるめて5gです。

砂糖が使われていようがショ糖が含まれていようがデンプンが使われていようが、その食材100gの糖質は5gに変わりありません。

この5gの糖質中、砂糖が1gだとしたら、その1gの砂糖が20も30も血糖値を上げるわけではありません。

トータルでなんぼ糖質が含まれているかが問題です。

くどいようですが、砂糖5g分だけの糖質を含んだ食品も、原料由来のショ糖5gだけの食品も、含まれている糖質は5gです。

砂糖がダメなんじゃなくて、トータルで摂取する糖質量が多いのがダメなんですね。

コメント頂いたトウモロコシや根菜もそうです。

これらがダメなんじゃなくて、全て合わせた糖質が何グラムで、それを摂取すると、どれだけ血糖値が上昇するか、またその上昇の幅がご本人にとって許容範囲なのかどうかが問題になってきます。

具体的な数字で説明しますと、

空腹時血糖値が100mgとして、このトウモロコシを食べて30mg上がりました。

食後血糖値でコントロール「優」とされるのが140mgなので、これだと許容範囲ですね。

ですが、空腹時の血糖値が高かったり、食後血糖がもっと上がれば、許容範囲ではなくなります。

このように、糖質制限を実践する上で大事なのは、トウモロコシが駄目とか根菜が駄目とかじゃなくて、くどいようですが、トータルで糖質量を考えることなんです。

トウモロコシや根菜の糖質量が高いからと気にして使わずに、他の食材で糖質摂っていたら、なにやってんだかわからなくなりますので。

すごく些末なことを気にし過ぎると本質を見失ってしまうのは、糖質制限に限ったことではなくて全てに共通するゆうことです。

うまく纏まりました(笑)



糖質制限食 | コメント(2)
 | HOME |