04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

続・薄着の季節とダイエット ダイエットサプリとトクホ

2017年05月17日
昨日、朝からずっと外に出てたのですが、午後になっていきなりクシャミが出たと思ったら止まらなくなりました。

おまけに鼻づまりと鼻水まで出て来ます。

なにコレ?

花粉はとっくに終わってるのになんで今頃??

しかもいきなり???

もしかして風邪引いた????とか考えてたら、朝、洗濯物干す時にベランダの手摺が砂だらけだったのを思い出しました。

黄砂やん…。

帰ってからもクシャミ鼻水鼻詰まりの三重苦が止まらないので、ひっさしぶりに鼻炎用の抗アレルギー剤を飲んだところ…

激ネムです。

眠た過ぎて眼球の裏が痺れるくらいネムイです。

しかも、昨夜21時くらいに飲んだのですが、今朝になってもまだネムイ。

薬って、久し振りに飲んだらこんなに効くんやって、なんか空恐ろしいモノを感じた、あらてつです。

逆に言えば、飲み続けると効かなくなるってってことですよね…。

あまりの眠さに紅茶・珈琲・緑茶をがぶ飲みして、朝からトイレばっかり行ってますが、今日も1日頑張りましょうね。

では、本日のブログですが、前回、「脂肪はエステで揉んでも消えません、消えるのはお金ですよ」なんて話を書きました。

今回は、同じくお金が消えるサプリの話です。

世の中にあふれる“痩せるとはハッキリ言わないけど痩せると誤解させる表現を「個人の感想です」なんて詐欺みたいな書き方した”サプリ。

似たようなものに国家が詐欺に加担してるような“トクホ”商品があります。

どちらも「痩せたいけど努力は惜しむ」方々の財布のヒモを激しく緩める効果はありますが、脂肪を減らすor 痩せる効果は殆どないと思って頂いた方が良いです。

もちろん、「血糖値の上昇を緩やかにする」とか「糖の吸収を抑える」なんてのもそうです。

健康食品やそのたぐいで、糖尿病に効果のある物はないと考えて頂いて問題ないです

例えば、難消化デキストリン。

血糖値の上昇を抑えるなんて謳い文句で、こいつを入れた入れた商品でトクホを取ったものが出回ってますが、あんなもので血糖値が下がれば、製薬会社は高い開発費かけて薬作ったりしませんし、そもそも病院なんていりません。

もしかして、健常の方が摂取すれば気休め程度の効果はあるかもですが、糖尿病と診断が出る病態なら、認可された医薬品以外は効果ありません。

と言いつつも、自分で実験せんと説得力に欠けるので、某トクホ飲料で血糖測定実験をしたことがあります。

実験に使用したトクホ飲料は、某Y社のB茶。

商品のホームページには、

“おいしくたべつつ血糖値対策”

“食後の血糖値が気になる方に”

保健機能食品:特定保健用食品
許可表示:グァバ葉ポリフェノールの働きで、糖の吸収をおだやかにするので、食後の血糖値が気になる方に適した飲料です。

と記載。

更には19人のBMIは22以上だけど恐らく糖尿病のじゃない方で血糖測定した結果が出ていました。

これによると、B茶を飲んだ方が明らかに食後血糖値が低くなっていますと書かれています。

ここまで書かれた日にゃぁ、効果を期待するなと言う方がムリでしょう。

幸い、食パン食べて血糖値が上がっちゃったデータあったので、今回、同量の食パンを食べて実験してみました。

その時のデータが

2016年06月02日
8:00 空腹時血糖値 106mg/dl
食パン60g摂取 
8:30 食後30分値  150mg/dl
9:00 食後60分値  180mg/dl

見事に上がっています(笑)

この数値では、食後の血糖値を激しく気にせずにはおれません。

“食後の血糖値が気になる方に”の謳い文句に心躍らせ、B茶を冷蔵庫から取り出しました。

パッケージに「お食事ごとに200mlを目安にお飲みください」とあったので、ピッタリ200mlを量ってコップに入れ準備万端。

実験開始。

まず、ぐびぐびっとB茶を飲み干し、食パン60gを摂取。

その結果は…

2016年7月4日

8:00 空腹時血糖値 104mg/dl

食パン60g&B茶200ml摂取

8:30 食後30分値  155mg/dl

9:00 食後60分値  185mg/dl


あかんやん。




ダイエット | コメント(3)
 | HOME |