07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

あゆママさん、ご出産おめでとうございます♪マリーさんも糖質制限食で元気なお子さんお産み下さいね〜。

2012年08月31日
暑いですね。

今朝は特に暑い気がします。

ですが、先日百貨店に行ったら、各ショップの店員さん達、早くも秋物着て仕事しています。

今年の春は、寒いの大嫌いなクセして、早くから春物着て「やせ我慢の美学」を貫いておりましたが、体温越えの気温の
中、秋物着る根性は私にはありません。

あの娘たちはプロだと確信した、あらてつです。

みんな頑張れ!

さて。

妊娠9ヶ月で妊娠糖尿病と診断されて、糖質制限食に取り組まれたマリーさんと、今年の6月に妊婦検診で血糖値が高いと言われ、糖質制限食を開始、無事にご出産されて今も糖質制限食を続けられているあゆママさんからコメント頂きました。

あゆママさんは、妊娠中、出産後、授乳についてと詳細にご報告くださいましたので、現在妊娠中で、糖質制限食に取り組もう、若しくは取り組みたいけど不安だなと思われてるママさん達の参考&不安の払拭になると思います。

では、順番にご紹介しますね。

まずはマリーさんから。

『あゆママさんと同じくです

あらてつさんはじめまして。マリーともうします。私も現在9ヶ月の妊婦で、先月妊娠糖尿病の診断を受けたところから、糖質制限に辿りつきました。もともと炭水化物で一日のカロリーを取らせようという思考に納得できなかったので(病院食はお米でカロリーを取って食費を制限してるとしか思えなくてf^_^;)目から鱗でした。ちなみに看護師です。

私は一ヶ月前からプチ糖質制限を始めたのですが、今は朝にふすまパンを食べればお昼と夜は主食を抜けるようになりました。

ただ、時々あゆママさんのように甘いモノを食べたくなるのでラカントでお菓子を作ったり、市販の糖質制限的なお菓子を食べたりすると食べた直後には気持ちが悪くなり、数日後に普通のお菓子を異常に欲します。

人工甘味料の甘さが合わないのかなぁと、ラカントは料理に、どうしても甘いモノを食べたい時はフルーツに変えました。妊婦だからなのか、甘いモノが好きだからこそ人工甘味料が嫌なのかはわかりませんが。』


マリーさん、コメントありがとうございます&こちらの方こそはじめまして&お返事大変遅くなって申し訳ございません。

「病院食はお米でカロリーを取って食費を制限してるとしか思えなくてf^_^;)」

これは、正にその通りで、どこの病院もコストの削減に必死になっています。

ご飯、パンなどの炭水化物なら安価にカロリーを増やせるので、病院側としてはやりやすいんでしょうね。

糖質制限食に対する反対理由の一つに、このことが有るんじゃないなと思います。

糖尿病学会と同じく、患者の方に向いていない姿勢ですけどね。

で、人工甘味料が合わないとのことですが、私も最近、エリスリトールを食べると、胸焼けというか気持ち悪くなってきます。

以前は全然平気だったのですが、体質が変わったんでしょうか???

まあ、もともと甘いものは好きでしたが、「まんじゅう食えへんだら死ぬ!」ほどのものではなかったんで、無きゃ無いで全然問題ありません。

マリーさんも、「私は一ヶ月前からプチ糖質制限を始めたのですが、今は朝にふすまパンを食べればお昼と夜は主食を抜けるようになりました。」とのことなので、恐らく炭水化物中毒からは脱出できていると思われます。

なので、あえてエリスリトールなどを摂らなくても、血糖値に大きく影響を与えない程度に、通常のスイーツを食べてみるのもいいんじゃないでしょうか。

食べたからといって、ブレーキが効かなくなるなんてことはないと思いますので。

ではでは、マリーさん、糖質制限食で元気な赤ちゃんご出産くださいね。

またご報告お待ちしています♪

お次はあゆママさんです。

『ご報告まで

以前、甘味料についてコメントしました「あゆママ」です。

糖質制限食OKのスポーツ飲料、素晴らしいですね!非常用ストックにも良さそうですし、授乳中でよく喉が渇くので、めちゃ欲しくなっちゃいました^^

 さて、前回コメント時は妊娠中でしたが、8月初旬に予定日ピッタリに出産し、現在は二児の母となりました。
 産後の経過も順調で母子ともに元気です。
 妊娠中から現在まで、糖質制限食の効果かもと感じていることを報告させてください。

 まず、妊娠中、

1、糖質制限をはじめるなりツワリが治まった。
2、1人目の時は臨月になると尿蛋白が出たが、今回は出なかった。
3、多少食べ過ぎたと思っても、体重管理がしっかりできた。
4、何より、体調が良かった。

 そして、出産時、

 1人目の時は微弱陣痛で陣痛促進剤を使用。今回は産院に着いてから3時間の超安産!

 産後は、

1、体調の戻りが早く、すぐに動ける体に。
2、1人目も母乳の出が良く、むしろ良すぎて困ったが(母乳を作りだすスピードに消費が追い付かず、常に張った状態で痛いんです、、。)、今回は糖質さえ過剰にならなければ、ちょうどよい量でおさまっている。私の場合、少し羽目をはずして糖質が増えると、張りすぎるようです。

 赤ちゃんについては、

1、1人目は髪の色・量ともに薄く、2歳をすぎるまでほとんど伸びなかったが、今回の2人目は黒々としていて、2歳を待たずにフサフサになり様な予感。
2、1人目は生まれた時からポッチャリ体型。2人目は細いがしっかり重さがある。
3、1人目は大丈夫だった黄疸が、2人目は少しきつく出ました。
4、1人目は軽い喘息持ちでした。2人目は、、、まだわかりません。

 赤ちゃんについては1人目女の子で2人目男の子なので全ての違いが糖質制限のせいかどうかは分かりませんが。

以上です。授乳中だからか、現在の私は糖質を多少摂りすぎても、母乳の問題以外はあまり影響がないようですが、赤ちゃんの栄養源は糖質制限食で作りだしてあげたいので、まだまだ頑張って続けるつもりです。
 
最後になりましたが、「オアシスエイド」への感想、決してヨイショではございません!!実は、出産退院翌日、大雨で床上浸水してしまい、被害はそれほどでもなかったものの、糖質制限中の非常食の必要性について痛感しました。よくブログで拝見してはいたものの、何となく他人事でした、、。家族も増えたし、これから非常食をぼちぼち買い溜めするにあたって、ぜひ利用させていただきます☆』


あゆママさん、ご出産おめでとうございます。

おめでたいコメント頂いていたのに、お返事遅くなって本当にごめんなさいですm(__)m

ご自宅の方は大丈夫でしたでしょうか?大事なければいいのですが…。

さて、今回は、糖質制限食で無事にご出産、詳細なご報告ありがとうございました。

産後の経過も順調とのことで、大変嬉しく思います。

7月には、同じく妊娠糖尿病と診断されて、泣きながらインスリンを打っていましたと、ラベンダーさんからコメントを頂いていました。

あゆママさんのコメントを読めば、妊娠糖尿病と診断されて不安になっているママさん達も、糖質制限食ならインスリンも薬も不要で、無事に元気な赤ちゃんを産めると分かりますから、安心して出産に臨めますよね。

二児の子育て、これから何かと大変かとは思いますが、糖質制限食で母子ともに健やかにお過ごしくださいね。

あ、オアシスエイドお褒め頂きありがとうございます。

そっか、災害時の糖質制限的備蓄になるんですよね。

販売しといて気が付きませんでした(笑)

非常食として使える糖質制限食も開発していきますので、ご期待くださいね。

ではでは、コメントありがとうございました♪

いっや〜、ほんとにめでたいなぁ。





糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。


糖質制限食 | コメント(18)

クローズアップ現代の糖質制限食に対する論調にもの申す

2012年08月30日
皆さん、今日のNHKクローズアップ現代、見ました?

私は鼻で笑っちゃいましたよ。

ゆうとること無茶苦茶ですやん。

薮田さんは、糖尿病学会が押し進めるカロリー制限で全く治らず、網膜症まで発症して失明の危機にあわれました。

ですが、幸い江部康二先生の本に出会い、糖質制限食を実践されてよくなられたわけです。

その方を冒頭で紹介しといて、なんで糖質制限食が危険って話になるんでしょう?

しかも、極端な糖質制限食は危険だから、1日130gの糖質制限なら大丈夫って、薮田さんがされていたのは、江部康二先生が推奨されてる、スーパー糖質制限食ですよ。

糖尿病学会の言うように、江部康二先生の糖質制限食が危険だったら、今頃薮田さんは失明されてますし、江部洋一郎先生も江部康二先生も高雄病院の患者さんも、そして私も、みんなガンか脳卒中か心筋梗塞で死んでますよ。

残念ながら、みんなピンピンしてますけどね(笑)

よくもまあ、あんな番組作れたもんですね。

まだまだ書きたいことはあるんですが、今日は千石温泉植村さんのコメント紹介して終わります。

植村さん、コメントありがとうございました。


『クローズアップ現代

あらてつさん、お忙しいのにお返事いただかなくてもよろしいですよ。

江部先生のブログにもかきこみしたのですが、今日のクローズアップ現代もかなりねじ曲げられていました。

糖質制限食の成功例の薮田さんは、三島先生の主催されている「in北九州」のメンバーで、江部先生のスーパー糖質制限食を実践している人です。でもそう言う紹介はありませんでした。

一方失敗例は、匿名でしたが、糖質制限の失敗というより単なるカロリー不足です。それをあたかも糖質制限の失敗として、さも糖質制限が危険であるように意図的に編集されていたように感じました。』




おかしいと思うこと | コメント(13)

コメントお返事大変遅くなって申し訳ございません!!!

2012年08月29日
のっけからお詫びです。

caorita@エセ京女さん、Yさん、jeong-suさん、摂津のエクレアさん、SLEEPさん、のぞみんさん、塞王司馬欣 さん、千石温泉 植村さん、summy さん、ライオンさん、うらしま みわさん、春巻さん、糖尿人Mさん、kaz_s800さん、るなさん、しんさん、sableちゃんさん、かずさん、

コメントありがとうございます&お返事大変遅くなって申し訳ございませんm(__)m

ようやくお返事書かせて頂きました。

本当に済みませんです。

マリーさん、あゆママさんは本文でご紹介させて頂きますので、今暫しお待ちくださいませ〜m(__)m





糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。



糖尿病 | コメント(13)

糖尿病学会の提灯持ちに成り下がったマスコミのお話

2012年08月27日
2012年08月06日に

「糖質制限食批判記事 ジャーナリズムが聞いて呆れる」

として、読売新聞の記事について書かせて頂きましたが、ま〜たやってくれましたね。

ここまでくると、大本営の発表をそのまま書いて戦争を煽った、大戦中の新聞と変わんないですよねぇ。

読者の皆さんでこの記事読まれた方、どう感じました?

糖尿病学会からなんらかの利益供与を受けていると思われても仕方ない内容ですよ。

つーか、私にはそうとしか読めませんでした(笑)

ジャーナリズムが聞いて呆れます。

呆れついでにもう一つ。

以前に、NHKや民放番組のテレビ出演依頼や取材があって、収録まで全部終わっているにも関わらず、最終段階で放送がボツになったってお話を書きました。

今思い出すだけでもNHKで2つ、某民放で一つです。

収録までしませんでしたが、取材に来てボツになったのは、もっとあります。

昨日もフジテレビが取材依頼の電話かけてきましたが、「あんたとこ前回理由もいわんとボツにしたやろ」って言うと、またご連絡しますと電話を切りました(笑)

この時、なんか外部から圧力でも掛かるんかと聞いたら、否定しませんでしたよ(大笑)

実際、他局で江部康二先生のTV出演も、某糖尿病学会からの圧力とかで無くなりましたからねぇ。

「糖尿病学会もこれから糖質制限食に取り組もうとしているのに、江部にしゃしゃり出てこられたら困る」

らしいです。

ここからは私の推測ですが、どうやら学会内部の

『最初は糖質制限食に反対してたけどこれから糖尿病の治療の流れが糖質制限食に向かいそうだから自分の出世に利用するためにコロっと変節したぞ。自分が糖尿病学会に対して糖質制限食を治療法の一つとしてコンセンサスとして認めさせたからこの先江部に取って代わりたい、そのためには自分より先に江部にテレビに出られたら困る。何としてでも江部のテレビ出演を阻止してやる!』

と言った野望をお持ちの方と

『1月のディベートで「日本人は農耕民族だから米食べないとダメ」なんて言って大恥かいたし、なんとか仕返ししてやる!けど、5月18日の日本糖尿病学会年次学術集会で、ほんとは認めたくないんだけど、糖質130g/日の緩やかな糖質制限食が糖尿病治療食の選択肢の一つとしてコンセンサスを得られてしまった、え~いクソ、なんとか糖質制限食を排除したい、そうだ、緩やかなんは認めちまったから、取り敢えず名指しは避けたけど、高雄病院の江部がやってる「炭水化物を総摂取カロリーの40%未満に抑える極端な糖質制限」は体に悪いってキャンペーン張ってやれ』

といったみみっちい考えが、見事に利害の一致をみたようです。

まあ、この話はあくまでも推測の域を出ませんが、圧力掛けられたからって、江部康二先生の出演を取りやめるテレビ局ってどないやねんと。

先の新聞社もこれらテレビ局も、もはやマスコミとしての社会的責任や、ジャーナリストとしての魂を売ってしまったとしか思えませんよねぇ。

まあ、日本の新聞社やテレビ局に、そんなもん求める方が間違ってるのかも知れませんけど(笑)




糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。


おかしいと思うこと | コメント(13)

厚生労働省も日本糖尿病学会もゆうとることムチャクチャや…ってお話

2012年08月24日
最近、ステーキにクリームチーズを塗って食べることに凝っています。

人にこの話をすると、「気持ちわる」って言われますが、そもそもチーズは牛さんの乳から出来ているのであり、いうなれば「親子丼」と変わりません。

しかも。

糖質制限食の聖地、Botanicaでは、熟成牛にクリームチーズが添えてられて、ちゃんとメニューとして出して頂けます。

とっても美味しいです。

何事も先入観と固定観念で見ちゃイケナイと改めて思う、あらてつです。

あ〜、Botanica行きたいなぁ。。。

え〜、コメント頂いてる皆さん、例によってお返事が大変遅くなっており、誠に申し訳ございません。

ちゃんとお返事書かせて頂きますので、愛想を尽かさないで今暫しお待ち下さいませ〜m(__)m

で、今回は春巻さんから、こんなコメント頂いたのでご紹介です。

『机上の空論って感じですよね。

食生活の実態が分かって無いんじゃないんでしょうか。

確かに、高脂肪・高カロリーの食事、増えてますが、それに輪を掛けて糖質の摂取量も増えている事には、全く気付いてないんでしょうかね。

洋食って言ったって、日本の場合、日本人の好みに合わせてアレンジされた食事ですよね。

ファーストフードなんて、単に高脂肪・高カロリーだけじゃなく、高糖質でもあります。

子供の好きなフライドポテトなんて、油にしか注目してないっしょ。じゃが芋による糖質の摂取量、バーガーはバンズから。

ソースも糖質タップリで。総摂取量から、何をどれだけ摂取してるのか、正確なデータを示さないとね。

それから和食が良かったのは、質素だったからですよ。

今、みんなが和食にしたところで、沢山食べるでしょうから焼け石に水じゃないでしょうか。

煮物にも、まぁ、砂糖使うし。昔は砂糖も高かったから、今程使って無いわけで。

だから、和食和食と叫ぶなら、現在の改良された、ツヤツヤで甘みタップリの美味しいお米じゃ無く、安い米に、質素なおかずにすれば、糖尿病と予備軍以外の人には、健康食となるんじゃないかとは思いますけどねぇ。

そしたら、今度は、栄養失調だな~(笑)

因みに、私は親から遺伝子継いでる肥満体でしたが、我が家では、コレステロールを気にして、脂っこい物や、揚げものはあまり食べない家庭で、少ないオカズでご飯を沢山食べて育ちました。

お陰で、丸々太って、なかなか痩せない体になりましたよ。

だから、高脂肪が肥満って叫ぶ根拠を明確に示してもらわないと、納得いきません。

なんせ、現在は低糖質高脂肪でダイエット成功しちゃってるんですからねぇ。
おまけに今までよりも、ずっと元気だし。

ところで、あらてつさんの所のチキンカレー、先日購入して食べたんですが、すっごい美味しくて感動しました。

以前、フィッシャーマンズでカレーを購入した時は、水っぽいし、イマイチと思ってずっとカレーは諦めていたんですが、低糖質の上に、とろみもあって、レトルトカレーなのに信じられない程、美味しくてビックリです。

私はパンとかも食べないので、別に家で買った鶏肉を焼いて一緒に食べたりしています。

今後も、期待してますので、頑張ってくださいね(^^)v』


いつもコメントありがとうございます。

現代人の食生活の実態、正しく春巻さんの仰るとおりで、何をどうみても脂肪の摂り過ぎというよりも、糖質の摂り過ぎでしょう。

ところが、栄養士さんやお医者さんや日本糖尿病学会の方々は

「戦後、日本人の食生活は欧米化して高脂肪・高カロリーになった、だから糖尿病をはじめとする生活習慣病が増えた」

を金科玉条のごとく口にします。

その一方で、厚生労働省がまとめた「国民栄養の現状」という資料には、

1980年から2008年まで、日本国民が摂取している栄養比率は、

炭水化物   約60%
脂質      約25%
たんぱく質  約15%

とあります。

「日本人は脂肪の摂り過ぎで糖尿病になった!」と声高に主張する日本糖尿病学会が推奨する「バランスのいい栄養比率」は

炭水化物   60%
脂質      20%
たんぱく質   20%

だそうです。

なんかおかしくないっすか?

現代人は脂肪の摂り過ぎなんですよね?

それで糖尿病が増えたんですよね?

けどこの二つ、ほとんど摂取比率変わりませんよね?

どういうことなんでしょう?

日本糖尿病学会が主張する「日本人は脂肪の摂り過ぎで糖尿病になった」と自分たちが推奨している「6:2:2」のPFCバランスの根拠は、いったい何処から来てるんでしょう?

農林水産省の主張する「食事バランスガイド」ですら、栄養摂取比率は厚生労働省の「国民栄養の現状」を根拠にしています。

日本糖尿病学会は、厚生労働省の「国民栄養の現状」ではなくて、独自に調査した結果を元にして「日本人は脂肪の摂り過ぎで糖尿病になった」と主張しているんでしょうか?

だったらそのデータをハッキリと示せと言いたいです。

更に言えば、この厚生労働省のデータも、今回、春巻さんがコメントでご指摘されていたり、私の6月30日のブログ記事で書いたように、

「ほんまにこんな食生活してるやつおるんか?実際はもっと糖質漬けやぞ。」

っていうような内容ですからねぇ。

それが証拠に、先程挙げた農林水産省の「食事バランスガイド」ホームページ中の

「バランスよく食事をとるには?」
http://www.maff.go.jp/j/balance_guide/b_koma/balance/index.html

には、朝食の上手なとりかたとして、このような記述があります。

2,ごはんとみそ汁だけの人

朝は、ごはんとみそ汁(主食と副菜)と香のものだけで簡単に済ませちゃうという人は、ごはんと相性の良い、納豆や生卵、干物などを一品加える だけで、栄養バランスがアップしますよ。

3,パンと目玉焼きだけの人
忙しいからと、パンと目玉焼き(主食と主菜)だけなんて人は、簡単なサラダや季節のくだものを加えることをおすすめです。

(農林水産省 望ましい食生活の実現に向けて~食生活指針と「食事バランスガイド」より転載)

読者の方も、糖質制限食を実施するまでは、このような朝食ではありませんでしたか?

これなんか味噌汁や目玉焼き食べてるだけまだましで、私も私の周囲も、「お茶漬け」や「トーストにジャム」だけの朝食が殆んどでした。

農林水産省がこんなことをわざわざHPに書くということは、取りも直さず「ごはんとみそ汁だけの人」や「パンと目玉焼きだけの人」つまり、摂取エネルギーの殆んどが炭水化物、糖質になってる人がいかに多いかということの裏返しです。

それなのに、何故だが「日本人は高脂肪・高カロリーになって糖尿病などの生活習慣病が増えた」に話が摩り替わっていくのは、何らかの意図が働いているとしか思えません。

それが米利権なのか薬屋の利権なのか、はたまた両方かもっと他にもいろいろあるのか分かりませんが(笑)

いずれにせよ、患者・消費者を全く無視して、自分たちの利益のみ追求していることだけは確かですな。



糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。



おかしいと思うこと | コメント(4)

糖質制限食に反対する連中と意味のわからんトクホは利権にまみれた構造が同じですな

2012年08月23日
某大手飲料水メーカーが販売している、トクホコーラ。

コーラでは、史上初のトクホ認定だそうで、「脂肪の吸収を抑える」を謳い文句に、爆発的ヒットになったらしいです。

ところが先日、このトクホコーラに発ガン性物質が含まれていることが判明。

なんとアメリカのカリフォルニア州なら「発ガン物質入り」という警告表示をしないと販売できないそうです。

以前にも「血糖値の上昇を穏やかにする」なんてトクホ飲料を、このブログでこき下ろしました(笑)が、またもや「トクホ」のインチキが露呈しました。

厚生労働省許可特定保健用食品が聞いて呆れます。

いっそのこと、厚生労働省許可特定天下り先認定食品と名前を変えたらどうだと思う、あらてつです。

脂肪の吸収を抑えてガンを発生させとったら世話あらへんやん。

なんだかあっちもこっちも、国民の利益より一部の連中の利権が優先されている今日この頃、ライフワーク光野さんから、こんなコメント頂きました。

『患者は自分の命は自分で護る!

>患者は命掛かってますから、必死になって情報を集めますが、お医者さんはそうじゃない方が残念ながら多いです。

 その通り!
私は自分の命は自分で護る!
糖尿病学会に責任は求めません(って、不可能)

1.北九州M塾、熱烈な江部先生ファンですが、Y新聞から「脅迫めいたコメント」が、、、ここまでやるか(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-

2.石川英輔著 「大江戸庶民事情」より
項目 「医学」
P.172
 当時(1846年)、ウィーン総合病院では手術後の死亡率が産婦の10%に上っていた。
―――江戸と外国の情勢を比較して、日本は外国よりも優れていた―――

---中略---

権威者達にすれば、ゼンメンワイスの説を認めれば、同時に長年にわたって自分たちが患者を無残な目に合わせてきたことを認めなくてはならない。しかも、ゼンメンワイスの説は当時の学説からいって明らかに間違っていたのだから、こんな若造の言い分は無視するのが当然だった。

それどころか、新しい考えを危険視した院長のクライン教授は、かつてハプスブルグ家に叛旗をひるがえしたグループに同情を示したことをにわかに思い出し、反逆者として告発して病院から追放してしまった。

ゼンメンワイスは、47歳のとき、精神病院でみじめな死を遂げた。

いつの世も、先駆者は悲惨です。そしてその何倍もの患者の命も失われます。

かのモーツアルトやベートーベンも被害者とか、、、

彼らが命永らえたらどんな傑作が輩出されたのでしょうか! 』


ライフワーク光野さん、いつもコメントありがとうございます。

順番に参りましょう。

まず1から。

この話、ご本人からお聞きしましたが、恐らく糖質制限食に反対するヤツがY新聞を騙ってコメント入れてきたんだと思います。
  
これはもう、コメント公開して、被害届出しても面白いんじゃないでしょうか(笑)

明らかに脅迫ですからねぇ。

捜査機関なら何処の誰か特定できるハズですしねぇ。

ちゃんと捜査すればの話ですが(笑)

まあ、何にせよコソクなことしてきますねぇ。

コソクといえば、某学会の某理事長も、某国営放送に対して随分と姑息なことをしてくれたんですが、ここまでくると、なんかもうアワレとしか言いようがないです。

今は書かないでくださいと言われてるんで書きませんが、そのうち全部暴露しますんで、皆さんご期待ください(大笑)
  
次に2ですね。

そうです、確かに先駆者は迫害を受けるのが世の常でしたが、ゼンメンワイスの時代と現代の違いは、情報の伝達速度と広がりです。

良くも悪くもインターネットで瞬時に世界中に情報が広がるようになりました。

日本糖尿病学会がマスコミに姑息な圧力を掛けても、患者の方が、お医者さんよりも情報を集めて理論武装してますから、これまでのように騙されると思ったら大間違いです。

かてて加えて、江部康二先生のもとには、医師会や糖尿病専門病院からの講演依頼が続々と来ています。

利権にまみれた連中が、このまま糖質制限食に反対したところで、多くのお医者さんは「これまでの治療はなんかオカシイ」と気づいて変わろうとしています。

このまま利権にしがみついて反対を続けたら、お医者さんの中でも取り残されていくでしょうし、それ以上に患者からは総スカンをくらいうでしょう。

これまで患者を患者とも思ってこなかった行為に、報いを受ける日が必ず訪れます。

その時になってこの連中がなんというか、皆で楽しみにしてましょうね(笑)




糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。




おかしいと思うこと | コメント(8)

残暑を乗り切る糖質制限的カロリー0のスポーツドリンク 新発売です

2012年08月20日
オアシスエイド

体に素早く吸収されますが、血糖値には影響を与えません。

カロリー0の糖質制限食OKスポーツドリンク、新発売です。

詳細、ご注文はコチラから

オアシスエイド
http://www.toushitsuseigen.com/shop/drink_oasisaid.html




糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。



糖質制限食食材 | コメント(10)

胡散臭いにおいがプンプンします。

2012年08月20日
尾籠な話ですみませんが、昨晩から原因不明の下痢です。

寝たら治るやろうと思ってたら、全然治る気配がありません。

軽い脱水を起こしてるのか、へそから下に力が入らず、フラフラします。

なんか当たったか?と思って昨日食べた物を振り返っても、お腹を下すようなものはありませんでした。

だったらナゼ???

さっぱり分からないので、肉でも食えば治るだろうと、今日の朝食はステーキ焼いて食べました。

なんだか快方に向かっている気がする、あらてつです。

たぶん気のせいだと思いますが…。

さて。

今日の江部康二先生のブログ、皆さん読まれました?

「日本人は農耕民族だから米を食べなきゃダメ」

今年の1月に行われた日本病態栄養学会年次学術集会で、「糖尿病治療に低炭水化物食は是か?非か?」ディベートで座長を務めた方の、まるで科学者たるべきお医者さんとは思えない発言に対して、歴史的観点からの反論を書かれていました。

「日本人は農耕民族」については、私も以前に書いたのでここでは触れません。

つーか、もはやアホらしくて書く気も起こりませんな(笑)

あ、前に書いたのはこの記事です。

「日本人は農耕民族で西洋人は狩猟民族のウソ」
http://ktkky.blog94.fc2.com/blog-entry-520.html

あ、参考までにこっちもよければお読み頂ければと思います(笑)

「ニッポン人の腸は長いそうだょ。゜(ノ∀`゜〇m)。・アッヒャヒャァーィ!!アンタオモロイワ!」
http://ameblo.jp/carbo-free/archive1-201101.html

で、この方、ナニゆえそこまで「米食え」にこだわるのか、不思議で仕方なかったんですよ。

曲がりなりにも日本の最高学府で教授をオツトメの方が、まさか歴史をご存じないはずがない、我々市井の一市民には到底理解できない、ふか〜い意味があって仰っておらるるのかと。

そしたら、摂津のエクレアさんから、こんなサイトの情報頂きました。

http://www.komenet.jp/database/health/2002/0714.html

こんなページもあります。
http://www.komenet.jp/database/health/illness05.html

そうそうたるメンバーです(笑)

因みにこのHPは、(社)米穀安定供給確保支援機構という農林水産省の天下り先団体が作っています。

平成21年に行われた事業仕分けで、過剰米対策資金75億円を国庫に返納させられた特例社団法人ですな。

無駄と利権を貪る典型みたいな天下り組織です。

う〜ん。。。

向いてるのは薬屋の方だと思ってたら、米利権の方にも向いとったわけですね。

そら、患者が悪くなっても「米食え」ゆうわけですわ。

ひっどい話や。


摂津のエクレアさん、貴重な情報ありがとうございました。




糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。




おかしいと思うこと | コメント(14)

糖質制限食、患者の立場で情報を発信していくのも大事かなと思ったお話

2012年08月17日
今日の話題の前に取り急ぎ一つ。

摂津のエクレアさん、こないだ頂いたコメント、公開させて頂いてもいいでしょうか?

あまりにもヒドイので、ブログ読者の皆さんにも是非知ってもらった方がいいと思いました。

ご多用の中申し訳ありませんが、コメント頂けたら幸甚です。

はい、では本日の記事にいって見ましょう。

糖尿人Mさんから、昨日の記事対して少し希望の持てるコメントを頂きました。

『あらてつ様、
はじめまして、
私の主治医と担当の薬剤師(彼も糖尿病で内服治療中)は、ありがたいことに反対はしません。江部先生の著書を読んでくれ、私の糖質制限をただただ見守ってくれています。あまりに結果が良くなっていくので、興味はあるものの、言葉には出しにくいのか???

私の父(96歳)と弟(57歳)は40代後半で糖尿病を発病しました。私は59歳まで結構運動をして気を付けていたのですが、糖質の入ったスポーツドリンクを飲んでは汗をかいていたため、2時間もたつと脱水と高血糖らしき状態になりフラフラすることがありました。

検診で空腹時血糖や中性脂肪、γGTP、尿糖等に異常がみられ、75gGTT検査で、インスリンの分泌が著しく不良であることが判明しました。

さっそくインターネットで情報収集する中で江部先生の著書に出会えたわけです。さっそくスーパー糖質制限を1週間した後、スタンダードで維持しています。大学病院の糖尿病専門医に紹介され、一通りの精密検査を受けながら、栄養指導??を受けましたが、3か月で正常値になったため、「何かあったら来てください」と放免されました。

栄養指導の管理栄養士さんは、糖質制限食の知識はあるようでしたが、私の食事内容を聞いてくださるのですが、やっぱり基本はカロリー制限。強制はされませんでしたが、用意されるパンフレットは旧式のものばかり。糖質制限のパンフレットは普及されていません。糖質制限手帳と指導用のパンフレットが必要だなと感じました。

今は慣れてきたので、いろいろ工夫しながら制限食を続けることができています。温泉水も美味しくいただいています。

賢い患者になるよう努力しています。

暑い毎日ですが、糖質制限食がますます普及されますよう、ご尽力いただけるよう、よろしくお願い致します。』


コメントありがとうございます。
こちらの方こそはじめまして。

日当山の温泉水、お試し頂けたんですね。ありがとうございます。
お気に召して頂けて、うれしいです。

この温泉水はホントに美味しいと思いますので、これからもご愛顧頂けると嬉しいです。

さて、糖尿人Mさんの主治医殿、糖質制限食に理解とまでは言わなくても反対されなくて良かったですね。

まあ、どんなに反対しても、結果を見れば効果が歴然と分かるので、反論できないとは思いますが。

せっかく江部康二先生の本まで読まれて、糖尿人Mさんが良くなっていく過程を確認されたのでしたら、ここで一つ糖質制限食を勉強して下さったらいいのになと思いました。

恐らく糖尿人Mさんの主治医殿、

「糖質制限食って最近話題になっているし、検査結果は明らかに良くなってる、けど、正直なとこ、自分が治療に取り入れるのはコワイ…」

と思っておられると勝手に想像しました。

だったら、興味を持った時が勉強するいいキッカケです。

もし、受診される機会がおありでしたら、患者の立場からひと押しされてみてはいかがでしょうか?

うまくいけば、糖質制限食を治療に取り入れてくれるかも知れませんよ。

これまで散々書いてきましたが、お医者さんって一部を除き本当に不勉強です。

患者は命掛かってますから、必死になって情報を集めますが、お医者さんはそうじゃない方が残念ながら多いです。

患者がもっと賢くなって、お医者さんに対して情報発信していくのも大事なんではないかなと思います。

でないと、不勉強な医者に殺されかねませんので。




糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。



糖尿病 | コメント(9)

糖質制限食とお盆に思うこと

2012年08月16日
世間様は、今日から仕事のところが多いみたいですね。

京都は、今日が五山の送り火です。

五山の火でご先祖様をあの世にお送りして、京都のお盆が終わります。

そんなお盆に、なんだかやるせない気持ちになるコメント頂きました。

『糖質制限で思うこと

はじめまして

糖質制限でダイエットを始めて一ヶ月の52歳女性です。

ダイエット効果もさることながら 
思うのは56歳で亡くなった父のこと
父は30代で糖尿になり(遺伝?祖父もでした。)
細かったし最後は脳血栓になり一年の入院。
そのまま亡くなりました。

気がついた時にはいつも注射をする父の姿。
好きな洋食も満足に食べられない生活。
それでも50代で体はボロボロでした。

あの頃、糖質制限があったらと
好きなものを沢山食べられたのに、、、

お盆を迎えた夏。
そんなことを
母としみじみ話しました。

これからも
ご活躍を祈ってます。』


るなさん、コメントありがとうございます。
こちらの方こそ初めまして。

お父上のこと、本当に残念です。

スタッフの知人に、ご主人を糖尿病で亡くされた方がおられます。

その方、7年前に糖尿病とが発覚。当時出たばかりの江部康二先生の「主食を抜けば糖尿病は良くなる」を主治医に見せて、この治療法をしたいと言ったら、罵倒されたそうです。

結果、カロリー制限食を強いられ、るなさんのお父上と同様、合併症で亡くなられました。

確かに、7年前に江部康二先生が「主食を抜けば糖尿病は良くなる」を書かれた時は、

「糖質制限食?なにそれ?」

が、世間の大方の意見だったので、このドクターのような反応も分からんでもないです。

ですが、これだけ糖質制限食が広がり、医学誌にも掲載され、有効性が学会でも発表されるようになっているにも関わらず、未だに患者が糖質制限食を希望すると、声を荒げて反対する医者がいるというのは、如何なものか。

彼ら彼女らは、自らの不勉強を棚に上げ、挙句に「糖質制限食を続ければ癌になる」や「日本人は農耕民族で米を食べなきゃダメ」などといった、なんの科学的な根拠もエビデンスもない感情論で糖質制限食を批判します。

その結果が、年間約16000人の糖尿病性腎症による透析、年間約3000人の糖尿病網膜症による失明、年間約10000人の糖尿病による心筋梗塞や脳卒中での死亡です。

この数字、決して少ないと私には思えません。

もはやここまで来ると「緩慢な殺人」と言ってもいいのではないでしょうか。

患者に治療の選択肢も与えず、「日本人は農耕民族で米を食べなきゃダメ」では、亡くなった方は泛ばれません。

どうせ反対するなら、もうちょっと理論的かつ科学的根拠に基いて、説得力のある意見を出して欲しいです。

でないと、何処かの利益を守るために糖質制限食に反対してるとしか思えなくなってきますよ。

患者のことはそっちのけでね。



糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。




あらてつ的雑感 | コメント(5)

嗚呼、夏休み…

2012年08月15日
仕事してますよ、仕事。




糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。


あらてつ的雑感 | コメント(3)

糖質制限食で肝機能改善

2012年08月11日
世間様は今日から盆休みに入るところが多いみたいですね。

道路交通情報聞いてると、高速道路があちこち渋滞しています。

日本は他の先進国に比べて祝祭日が多いらしいですが、ホンマに休めてるんか?と思います。

スペインの夏休みは法律で30日と定められているそうです。

3日の休みもままならんのに、どうやったら30日も休みが取れるのか?

人生ってとことん不条理だと思う、あらてつです。

ブログ読者の皆さんも、帰省や旅行に出られる方多いと思いますが、道中くれぐれもお気をつけてくださいね。

さて。

tomoさんから、糖質制限食で肝機能が改善しましたと、嬉しいコメント頂きました。

『肝機能の改善

血糖値の安定のために始めた糖質制限ですが、血液検査をしたところ
他の値も大幅に改善されました。

・γ-GTP 301→52
・中性脂肪 319→102

GOT、GPTも順調に下がってます。肝機能が改善されるなんて知らなかったのでびっくりしました。


「おいしい糖質制限パン」、始めて食べた時は普通のパンと変わらずおいしくて驚きました。

糖質が1.7gというのもすごいですね。毎日食べても安心なので本当に助かってます。』



tomoさん、コメント並びにおいしい糖質制限パンをお買い上げ頂き、ありがとうございました。

おいしい糖質制限パン、開発に2年以上かかった自信作です。

計算値の糖質量だけでなく、江部康二先生と高雄病院の患者様に、何度も何度も血糖測定してもらって完成しました。

糖質“1.7g”は、正しく江部康二先生と高雄病院の患者様の血と、私の汗と涙の結晶(笑)、掛け値なしの数値です。

安心してお召し上がりくださいね。

因みに、販売開始した途端、原材料見てパチった業者がいましたが、血糖測定してみたところ、見事に血糖値が上昇しました(笑)

さて、肝機能の件ですが、糖質制限食の実践で肝機能が改善したとのご報告は多々頂きます。

江部康二先生曰く

「脂肪肝なら糖質制限食で速やかに改善します。

実は脂肪肝そのものが、糖質の頻回・過剰摂取によるインスリンの頻回・過剰分泌により生成される可能性が高いと私は考えています。

脂肪肝はかつては、放置してもさしたることはないと言われていましたが、近年、「NASH」が認識されるようになり、様相が一変しました。

非アルコール性脂肪性肝炎(Non-alcoholic steatohepatitis)を略してNASHです。

NASHは、肝炎から肝硬変や肝臓癌に進展することもあり、結構こわいのです。

肝臓に脂肪が蓄積→脂肪肝→非アルコール性脂肪性肝炎→肝硬変→肝癌

B型ウィルスやC型ウィルス以外に、NASHからも肝癌になり得るので、ゆめゆめ油断は禁物なのです。」

とのことです。

糖質制限食で肝機能が改善するということは、取りも直さず肝機能に糖質の過剰摂取が大きく関わっている証拠だと思います。

tomoさん、これからも糖質制限食で「美味しく楽しく」良好な血糖値と肝機能をお保ち下さいね。





糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。


糖尿病 | コメント(5)

糖質制限食と低血圧

2012年08月10日
眠いですね。

眠いけど、朝起きて朝食作って片付けて洗濯物干して出勤せんとあきません。

よく起きてすぐそんなにちゃっちゃっちゃ動けるもんだと感心されます。

けどね。

これはもう、主婦の皆さんそうだと思いますが、せなあかんからやってるだけで、せんでもええんやったら、そんなもんダレがしますか。ぎりぎりまで寝てますよ。

よく、

「アタシ低血圧だから朝に弱いの~」

などとのたまう女子がいます。

「たわけー!!!」

低血圧と寝起きの悪さは、医学的に関係ないそうです。

要は、「起きる気があるかないか」の差ですね。

「やってやれないことはない、やらずにできるわけがない」

やっぱり人間気持ちが大事だと思った、あらてつです。

最後は「気合と根性」ですな(笑)

はい。

寝起きとは低血圧は関係ないそうですが、低血圧が招く体調不良は宜しくありません。

糖質制限食と低血圧の対処について、やすこさんから、皆さんどのような対処をされておられるかコメント頂きました。

『血圧

あらてつさん、こんにちは

去年の9月から、家での食事は主食抜き、お付き合いでは食べるという緩めの糖質制限を始めて、初めての夏です。

酷暑が続いたせいか、体がだるい日が多くて、なんだかなぁと思っていました。

江部先生と同じで、わたしも一日2食。朝は、水分補給で、お湯やお湯に梅酢を入れたものを飲んでいました。

しっかり食べてるし、胡麻もしっかり食べてるのに、と思ってました。

血圧を測る機会があって、48と89でした。普段も60と100くらいなので、低めですが、これじゃあしんどいわけですね。

糖質制限をしたから、血圧が下がったというわけではないでしょうし、やっぱり加齢のせいかなあと思います。

いろいろためしてみて、朝は塩分よりも、緑茶を飲むほうが体にカツが入ることがわかりました。

カフェインがきくのかな。3週間ほどになりますが、調子いいです。

糖質制限をされていて、低血圧の方、どんな対処をされているかなあ、と気になるところです。

最近は、胡麻に小魚と小さい素干しエビをまぜて食べてます。これもおいしいですよ』


やすこさん、コメントありがとうございます。

私、いつも上が124くらいで下が60くらいと、教科書にのせたいくらいの血圧やなとよく言われます(笑)

なもんで、血圧が高かったり低かったりした時の体調不良が、よくわからないんです。

ただ、糖質制限食で高血圧が改善した症例はたくさん知ってますが、糖質制限食を始めて低血圧になったという報告は聞いたことがないので、恐らく血圧が下がった原因は他にあるんじゃないかな?と思うのですが…。

緑茶を飲まれるようになってからカツが入るようになったのは、これはもうカフェインの効果ですね。

珈琲、紅茶、緑茶の中で、緑茶が一番カフェインが強いらしいので、朝の目覚めの一杯には最適かもです。

私の場合は、緑茶の飲み過ぎでカフェインに耐性ができてしまいましたが(笑)

それから

「胡麻に小魚と小さい素干しエビをまぜて食べてます。」

これ、美味しそうですね(笑)

ナッツだと、「食べ出すと止まらなくなってけっこうな糖質摂ってしまった」なんてありがちですが、小魚と素干しエビでしたら、少々食べ過ぎても糖質殆んどありませんもんね。

さてそろそろ本題。

やすこさんからのご質問なんですが、ブログ読者の皆さんで血圧が低い方、どのような対処をされてますでしょうか?

私はこのあたりのことは全然分かりませんので、皆さんのお知恵を拝借できれば嬉しいです。

コメント、宜しくお願い致しますm(__)m

あ、そうそう。

やすこさん、あまりに続いてしんどいようでしたら、一度受診して主治医にご相談くださいね。





糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。


素朴な疑問を読者の皆さんに聞いてみましょう | コメント(2)

あらてつは本気で糖質制限食に取り組むあなたを応援します。

2012年08月09日
先日、千石温泉 日当山の温泉水 を紹介させて頂きました。

すると先程、鹿児島 植村さんよりご連絡頂きまして、ホームページのアクセスが激増して注文頂きました!とメールを頂戴しました。

千石温泉 日当山の温泉水 を注文して下さいましたブログ読者の皆さん、ありがとうございます♪

飲んでもらったら、あらてつの言ってることがウソではないと分かって頂けると思います(笑)ので、よかったらコメント入れてやって下さいませ。

なんか、自分が気に入って紹介したものをブログ読者の皆さんにも選んで頂けたっていうのは、嬉しいですね。

引き続き、千石温泉 日当山の温泉水 宜しくお願いしまっす。

「日当山の温泉水」について詳しくは&お求めは

千石温泉ホームページ

日当山の温泉水 SENGOKU
http://sengokuonsen.jimdo.com/%E6%B8%A9%E6%B3%89%E6%B0%B4sengoku/

話は変わります。

パティシエのマカロンさんから、こんなコメント頂きました。

『はじめまして。

いつもブログを見て勉強させて頂いています。
ありがとうございます。

私は大阪でパティシエとして働いてきました。ケーキが本当に大好きで今まで突っ走ってきましたが、スイーツが好きな友人が糖尿病になったのをきっかけで、糖尿病の方にでも食べてもらえるスイーツが作りたいと思って、今勉強中です。

今までスイーツを通してたくさんの方に笑顔と幸せを頂きました。

だから糖尿病のかたにも、お誕生日ケーキや日々のおやつをたべてもらいたいんです。

今は糖尿病についてや、江部先生の本、食品成分表などを見て勉強中です。

ネットで糖質制限の食材をいろいろそろえてみて、試しに使ってみてはいるんですが、使ったことのない材料ばかりで、特にエリスリトールに苦戦中です。

今度京都で江部先生の講義があることを知ったので参加させて頂くことにしました。

まだまだ勉強不足ですがもっともっと頑張って、きちんと勉強して、美味しくて安全な本物の糖質制限スイーツを頑張って作ります。

なんだか決意表明みたいですみません。

なんだかパン屋さんの件のブログを読んでいて悲しくなってしまい、ついコメントしてしまいました。』


マカロンさん、コメント並びにいつもブログお読み頂いてありがとうございます。

マカロンさんの本気、ちゃんと伝わりましたよ。

決意表明、しかと受け取りました。

応援してます。

頑張って下さいね。





糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。




糖質制限食食材 | コメント(4)

糖質制限食を実践の皆さんに、あらてつイチオシの日当山の温泉水ご紹介

2012年08月08日
今朝の京都は、久しぶり涼しく感じる朝です。

いつもなら朝食の後片付けした頃には汗だくになって、シャワーを浴びて出勤するのですが、今朝はシャワー浴びずに出て来れまして、お陰で随分時間の短縮になりました。

だからと言ってすんなり出勤できたかと言えばそうでもなく、何かしら起こるのが忙しい朝の常。

結局はいつもと出勤時間が変わりませんでした。

なんでこうなったのか、どうにも釈然としないあらてつです。

もしかして、私の周りだけ時間が止まってたんですかね…。

さて。

そんな久しぶりの涼しい朝も、どうも今日一日だけみたいで、気象庁から、東海から九州北部にかけて高温注意情報が発表されまして、熱中症への注意を呼びかけています。

で、その熱中症予防なんですが、こまめな水分と塩分の補給が大切と言われています。

だがしかし。

スポーツして塩の錠剤飲まなきゃならないくらい汗かくんならともかく、日常生活での熱中症予防に塩はいらへんのちゃうの?と私は思います。

だって、基本的に日本人は、塩分の摂り過ぎですからねぇ。

日本人の平均的な塩分の摂取量と、本来必要な塩分摂取量の差については以前書いたので割愛しますが、普通に生活してそない汗もかかん人が、塩なめて水飲んでたら、それこそ別の病気になっちゃいますよ。

「熱中症予防に塩分摂れ」も、ちょっと冷静に考えた方がいいんじゃないかなと。

私の個人的な例になりますが、それこそ運動後に汗で2.7キロ水分が体外に出ても、塩は要りませんしねぇ。

塩塩ゆうて塩分を摂るくらいなら、ミネラルバランスのいい水を飲んだ方が、よっぽど体にいいと私は思いますが。

で、そんな私の水分補給がこれです。

IMG_0334.jpg

千石温泉の温泉水、めちゃくちゃ気に入ってます。

ブログ読者の北九州三島さん主催で、5月に江部康二先生の講演会が北九州で行われまして、その際、三島さんのご紹介で、鹿児島 植村さんから送って頂いたのが、この千石温泉の「日当山の温泉水」です。

祖父が生前、鹿児島の違うメーカーさんの温泉水を取り寄せていたこともあり、温泉水には馴染みがあったのですが、もらったから言う訳ではありませんが、こちらの「日当山の温泉水」の方が、遥かに「温泉水」です(笑)

なんやねんそれとツッコミ入りそうなので、具体的に説明しますね。

最初に頂いて飲んだ時、“ヌルっ”としたなんとも言えない口当たりのあと、海水を薄めたような後味がして、正直「なんじゃこりゃ?!」と思ったんですよ。

ところが二口三口と飲み進めていくうちに、“ヌルっ”とした口当たりと恐らくは山盛りの温泉成分の所為であろう「海水を薄めたような後味」がクセになってきまして、今では 千石温泉 日当山の温泉水 なしでは、私の生活はままなりません(笑)

いやいや、ホンマですよ、この話。

この 千石温泉 日当山の温泉水 飲みだしてから、市販のミネラルウォーターが飲めなくなりましたもん、薄すぎて。

で、飲んでで気がついたんですが、この 千石温泉 日当山の温泉水 飲むと、おしっこが近くなるんですね。

温泉の水にカフェインが入っている話は聞いたことないですし、千石温泉 日当山の温泉水は、もちろんノンカフェインです(笑)なので、その利尿作用の所為でないのは明白です。

だったらナゼ?

千石温泉 日当山の温泉水 のキャッチコピーに「お腹にす~っと入ります」とありまして、どういうことやろ?と思ってたら、吸収がいいんですね、この温泉水。

普通の水だとコップ1杯以上飲んだら、お腹タポタポになって「もうええわ」ってなるんですけど、この 日当山の温泉水 なら、グビグビ行けます。しかも、お腹タポタポになりません。

これって、もしかして運動の時にええんちゃうやろか?と思って試してみたら、ほんまめっちゃいいやないですか。

なんか、す~っと体に吸収されていくのが分かるような気がします。

糖質制限食を実践されててスポーツしてる方は、砂糖水のようなスポーツ飲料は飲めないので、この「日当山の温泉水」はオススメですね。

この「日当山の温泉水」について詳しくは&お求めは

千石温泉ホームページ

日当山の温泉水 SENGOKU
http://sengokuonsen.jimdo.com/%E6%B8%A9%E6%B3%89%E6%B0%B4sengoku/

をご覧ください。


厳しい残暑が続くと気象庁の発表がありました。

この夏を乗り切るアイテムとして、日当山の温泉水、オススメします。




糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。



糖質制限食食材 | コメント(1)

糖質制限食批判記事 ジャーナリズムが聞いて呆れる

2012年08月06日
「今日も暑いですね」

このセリフ、もはや挨拶になった感がありますが、皆さん悲壮な顔して仰ってます。

「今日も暑いですね♪」

満面の笑みで言われるとホンマにムカつく!と言われてしまった、あらてつです。

なんでみんなそんなに夏がキライなんでしょう…。

で。

今日は、そんな暑い夏にオススメのあらてつのお気に入りをご紹介と思ったのですが、ちょい話題を変えます。

「ジャーナリズムについて」

先月、某新聞紙面で糖質制限食の批判とも取れる、いや、批判以外に受け取り様のない記事が2回掲載されました。

確か、1月に行われた日本病態栄養学会年次学術集会で、「糖尿病治療に低炭水化物食は是か?非か?」ディベートで座長を務めて、「日本人は農耕民族だから米を食べなきゃダメ」などとのたまった人物の、糖質制限食批判を紹介しておりました。

お陰様で、「糖質制限食を続けて大丈夫なんですか?」との問い合わせの電話を多数頂きまして、対応に忙殺された訳ですが、「日本人は農耕民族だから米を食べなきゃダメ」と同じくらい、サイエンスもへったくれもない内容に対しては、江部康二先生がブログで反論されたので、それついてはここでは触れずにおきます。

私が問題にしたいのは、この記事の書き方ですね。

糖質制限食に賛否両論あるのはいいことですし、是側非側が健全な議論をすることで、糖尿病治療全体がより良い方向に向かうと私は思います。

です、が。

二回に渡るこの記事、確かに糖質制限食を実践して良くなった方を紹介してはいたものの、それ以外の書き方、あからさまに「糖質制限食はキケン」だとしか書いてない。

しかも、「極端な糖質制限健康被害の恐れ 日本糖尿病学会が警鐘 」って、

『1月のディベートで大恥かいたし、なんとか仕返ししてやる!けど、5月18日の日本糖尿病学会年次学術集会で、ほんとは認めたくないんだけど、糖質130g/日の緩やかな糖質制限食が糖尿病治療食の選択肢の一つとしてコンセンサスを得られてしまった、え~いクソ、なんとか糖質制限食を排除したい、そうだ、緩やかなんは認めちまったから、取り敢えず名指しは避けたけど、高雄病院の江部がやってる「炭水化物を総摂取カロリーの40%未満に抑える極端な糖質制限」は体に悪いってキャンペーン張ってやれ』

的糖尿病学会の意向そのまんまの、提灯記事やん。

もっと勘ぐれば、糖尿病学会から糖質制限食に対する批判記事を書いてくれって頼まれたのかと思いましたよ。

こんな話があります。

ケネディ大統領が暗殺された時、アメリカのニュース番組は、葬儀の様子や悲しみにくれる人々へのインタビューを放送した一方、南部で拍手喝采する人々のインタビューも同時に放送しました。

拍手喝采していたのは、ケネディ大統領が進めていた政策に反対していた人たちです。

人が死んで喜ぶことの是非はここでは置いときます。

賛成意見があれば、反対意見も載せる。

それがジャーナリズムでしょう。

どう読んでも、一方的に一般読者の不安感を煽るような記事の書き方は、どうかと思いますがねぇ。

なんて考えておりまして、そのうちブログネタにでもするかなって思ってましたら、当の記事書いた記者さんから、江部康二先生に取材依頼がありました。

先日取材は終わりましたが、江部康二先生と私の感触は

「…。」

本人曰く、公正な記事にするとかなんとか言うてましたが、どんな記事になるのかだいたい想像つきます(笑)

そのうち掲載されると思いますんで、皆さん、期待して待ってましょ。




糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。


おかしいと思うこと | コメント(2)

糖質制限食に対応してくれるスペイン料理、ハルディンさんにて

2012年08月04日
暑いですね。

夏以外はキライな私としては、思わず笑いがこみ上げてくる程暑いです(笑)

だがしかし。

夏来たりなば冬遠からじ

今から冬の訪れがウンザリな、あらてつです。

嗚呼、季節は巡る…。

この連日の猛暑で、私の周囲では早くも「夏バテ起こして食欲がない…」などとのたまうバチあたり(笑)が出現しておりますが、“夏男”あらてつは、未だかつて「夏バテ」なるものを経験したことがありませんし、暑くて食欲がないなんて一度足りともございません。

今朝も、朝からチーズとベーコンと玉子とトマトをガッツリ食べて出勤!

ところが、ガッツリ食べた割には、珍しく11時過ぎにお腹が空いてきまして、ナゼか無性にポークカツレツな気分だったので、ちょうど外へ出てたこともあり、帰りにハルディンさんへ寄って糖質制限ミラノ風カツレツによう!と一路ハルディンさんに向かいました。

「まいど~」

とお店に入ると、マスターから

「あらてつさんのブログ見て糖質制限食で予約入りましたよ」

と嬉しいお言葉が。

さらに、マスターとよもやま話をしてますと、またまた糖質制限メニューについての問い合わせの電話が。

こちらも、このブログを見てかけて下さったそうです。

いっや~、うれしいですね。

めっちゃリアルタイムですやん(笑)

で、ランチのメニューにないポークカツレツをお願いして(笑)、待つこと数分。

待望のミラノ風カツレツです(笑)

IMG_0348_convert_20120804141724.jpg

パン粉も糖質制限です。

私がゴーヤ大好きなので、マスターが自家製のゴーヤを付け合わせにしてくれました。

ニクい気遣い、マスターありがとうございます(笑)

早速、運転中からミラノ風カツレツでスタンバイしていた胃袋に、わしわしもりもりミラノ風カツレツを押し込んでますと、隣の席にお客さんが来られました。

なんと、糖質制限食メニューのご注文。

しかも、またまたこのブログの読者の方でした。

なんだとても嬉しくなって、帰り際にご挨拶させて頂きました。

因みに、そのお二人は、糖質制限ピザをご注文されてました。

糖質制限ピザです

IMG_0352_convert_20120804142031.jpg

前回、ハルディンさんを紹介させて頂いたときも書きましたが、この糖質制限ピザ、江部康二先生の大のお気に入りです。

血糖測定もバッチリ。


あらてつさん

ピザ実験です。
成功ですね。

29mg上昇です。
丸ごと1個で、9.67gの糖質ということになりますね。

7月16日(月)空腹時血糖値:99mg
  10:40  ハルディンさんの糖質制限ピザを1枚丸ごと摂取
11:10   30分後血糖値:111mg
11:40  60分後血糖値:128mg


江部康二


計算値より低めの数値、結果が出るまではドキドキもんでしたよ。

やはりこのあたりは、実際に測ってみないとわかりませんからね~。

江部康二先生、いつもありがとうございます。


ハルディンさんでは、この糖質制限ピザ以外にも、生大豆パスタや手打ち糖質制限パスタ、糖質制限パエリアも常時準備して下さってます。

その他の料理も、いろいろと糖質制限に対応してくれますので、行ってみようかなと思われたら、是非一度ご相談してみて下さい。

カフェハルディン
京都市右京区鳴滝本町77
TEL:075(464)8850
URL:http://www008.upp.so-net.ne.jp/cafejardin/
火曜定休日

上記以外にも、まだ発表できないのですが、糖質制限食の常識を覆すとんでもないメニューがどんどん完成してますので、こちらも乞うご期待です♪





糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。





糖質制限食食材 | コメント(7)

ヒグラシ鳴いてるやん…

2012年08月03日
今日は電話Dayでした。

朝からひたすら電話していたような気がします。

まだこれから電話しなきゃなりません。

そろそろ耳が痛いんで、伝書鳩でも飼おうかと思う、あらてつです。

狼煙でもいいかもですね…。


糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。


あらてつ的雑感 | コメント(0)

糖質制限食は焦らず気長に の巻

2012年08月02日
先日マネークリップを使い出してレジの女から「カッコイイ!」って言われて気分がいい、なんて話を書きました。

今日も、馴染みの店の店員さんから

「キレイなカードケースですね~。あ、マネークリップにされたんですか?キレイ!」

と言われ有頂天♪

だがしかし。

私が「カッコイイ」わけでも「キレイ」と言われてることに気がつきました。

気付かないままでいたかったと思う、あらてつです。

夢は醒めちゃダメですよ(笑)

さて。

私のおバカな気付きの話は置いといて、高コレステおばさん さんから、糖質制限食に取り組んで気付かれたことをコメント頂きました。

読ませて頂いてなんだか嬉しくなりましたし、糖質制限食に取り組んでいるブログ読者の皆さんも、同じような思いを持たれた方もおられるのでは?と思ったのでご紹介です。

『はじめまして

あらてつさん、はじめまして。

夫が江部先生のブログから糖質制限という食事を知ったのは6月末。
あらてつさんのブログを知ったのも同じ時期で、いつも参考にさせて頂いております。

私共夫婦は、糖尿ではないのですが、夫は肝機能が要注意、そして酷い腰痛持ちで体重を落としたい、私はコレステロールが高いと主治医に指摘され投薬され、そんなこんなで始めたこの食生活です。

夫は職業柄朝昼は玄米を食べますが、夜はご飯抜き。
私は3食ご飯抜き。

イモ類、砂糖など食べてはダメな物は、徹底的にカットで頑張っております。

夫は肝機能がもう改善され、体重も2キロ落ち、朝の目覚めも良く、布団から起き上がってすぐ行動出来るようになりました。

私は、と言うと何ら変わりません(泣)

焦る私に夫は「ゆっくりでいいんだ」と慰めてくれます。

しかし、江部先生の著書、あらてつさんのブログによると、早い人は体重が確実に落ち、体調も良くなり・・・と記されております。

焦る気持ちも手伝って、著書やブログを何度も読み返し、今頃気がついた事が。

江部先生の、10年掛かってなった病は、10年かけて治す、という言葉。

実は私は15年ほど前、精神的に病んで、投薬を受け始め、直後に20キロ増えました。それは副作用なのか、医師に聞いても返事は濁されたままでした。

幸い今は、時々安定剤のみになりましたが、この15年間、体重は減ったり、増えたりを毎年のように繰り返し、安定した事などありません。

素人考えですが、薬という物質で、体質がおかしくなっちゃったんじゃないかと、そう思ったんです。

とすれば15年間、薬漬けだった私のカラダを、健康体に戻すのには15年掛かると考えるのが自然なのでは?という結論に達した訳です。

そしてもう1つ。

あらてつさんの仰るように、糖質制限にばかり目が、頭の中が行ってしまって、もしかしたら意外とカロリーが多いのでは?

食事を見直すと、マーガリンをバターに変えたから大丈夫、とかオリーブオイルなので大丈夫、とか「大丈夫」という言葉で済ませているような事に気付きました。

1ヶ月の糖質制限生活は、食事の有り方に慣れる為には充分で、砂糖なしでも美味しく食べられる工夫にも慣れました。これからは更にカロリーに気をつけて、ゆっくり体質改善して行きたいと思います。

そういえば・・・。

気がつけば私も夫と同じく、朝の目覚めが良くなっている事に気付きました。

目先の数値に一喜一憂ばかりではなく、そういう小さな変化にも気付けるように、焦らず急がず、糖質制限で目指せ健康体、だと思えるようになりました。

これからも頑張って行きたいと思います。

長々と駄文失礼致しました。』


高コレステおばさん さん、コメントありがとうございます。
こちらの方こそ初めまして。

これからもどうぞ宜しくお願い致します。

さて、まずはご主人の肝機能改善と減量、おめでとうございます。

ご夫婦やカップルが、ダイエットや健康目的で糖質制限食を始めた場合、どうも男の方が体重の減り方が早いみたいで、そうなると女性の方は面白くありません(笑)

パートナーはどんどん痩せて健康になっていく、だけど私は体重が減らない、こんなにパンもお米もパスタもケーキも我慢してるのになんで!!!となってしまうパターンです。

で、だんだん焦ってきてついには「もうやってられるか!」と挫折の憂き目に…。

焦る必要はありません。

ご主人がおっしゃいましたように、ゆっくりでいいんです。

「10年かけて悪くなったものは、10年かけて治すつもりでいないと。」

これ、江部康二先生の数々の迷言(笑)の中でも、珠玉の一言だと私は思うんですよ。

焦って目先の数値や体重の増減ばっかり気を取られると、糖質制限食の本質に気付かないままになってしまいます。

私の場合、人体実験で始めた糖質制限食ですが、当初は想像もしなかった素晴らしい副作用(?)のお陰で、周囲の同年代の連中の中では、ダントツ若々しくて健康体になりました(笑)

数値ばっかり追いかけてたら、そんな良い作用に気付かずに糖質制限食をやめていたかも知れません。

「目先の数値に一喜一憂ばかりではなく、そういう小さな変化にも気付けるように、焦らず急がず、糖質制限で目指せ健康体、だと思えるようになりました。 」

高コレステおばさん さん、これからも「美味しく楽しく、そして焦らず」糖質制限食に取り組んで健康になって下さいね。

ではでは~。




糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。



糖質制限食 | コメント(4)

糖を食べれば血糖値が上がる、極めて単純な話なんですが…

2012年08月01日
最近、マネークリップに凝ってます。

私の財布、主婦の皆さんみたいに、クレジットカードやらスーパーのポイントカードやらドラッグストアのポイントカードやらガソリンカードやらなんやらで、パンパンに膨らんじゃってます。

けど、男って女性みたいにバックを持ち歩かないんで、ポケットに財布入れるんですよね。

そうすると、パンパンに膨らんだ財布がズボンのポケットに入りきらなくなりまして、ましてやジャケット着たりなんかすると、財布の持ちようが無くなります。

一応、薄めの長財布も持っているんですが、ジャケットの内ポケットにモノが入ってると、なんか肩が凝ってきます。

なんかええ解決方法ないかいなと思ってたら、マネークリップの存在を思い出しました。

試しに一個買って使ってみると、これがどうしてなかなか使い勝手がいいじゃありませんか。

普段、小銭入れを別に持っているので、マネークリップと小銭入れをポケットに入れておけば、財布がいらなくなりました。

しかも、お店のレジでマネークリップを出すと、レジの女の子から「それカッコイイ!」って言われるんでキブンもいいです(笑)

だがしかし。

カードの類を入れるところがなくて、結局、財布とマネークリップと小銭入れを持つはめに…。

結局、この三つをいれるカバンを探している、あらてつです。

逆に持ちもん増えてるやん…。

さて。

そんなお間抜けな話は置いといて、今日の話題にいきましょう。

先月の24日にラベンダーさんから頂いたコメントをご紹介して、ブドウ糖負荷試験して血糖値が上がるの確認してんのに、なんでお医者さんは、糖質食えゆうんやろ?を考察してみました。

その記事を読まれた春巻さんとラベンダーさんから、またまたコメント頂きました。

まずは春巻さんから。

『前から疑問でした。

10年くらい前だったか、テレビで糖尿病の治療で厳密なカロリー制限をしている人達のドキュメンタリーか何かを見ました。

食べ物を厳密に計りで計って、それでも治らない。

糖尿病になったら治らない、だから怖い病気……、そんな感じでした。

それで、カロリーの摂り過ぎは糖尿病のもと。

カロリーの撮り過ぎは気を付けなきゃ、ってインプットされたものの、糖質はむしろ摂っても良いとの事に ???

私、若年性高血圧なんですが、血圧が高いと塩分を控えるのが常識ですよね。
それなのに、血糖値が高いなら、何故、糖分を控えるとならないのか?ってずっと疑問に思っていたんです。

だから、糖質制限には、もう激しく納得しました。

実は近所に住む、親しくしていたご婦人が10年程前に糖尿病になり、インシュリンを打つようになりましたが、その後、合併症で亡くなったんですよ。

薬打ってるのに、何故?とその時も大変疑問に思いました。

もっと早く糖質制限を知っていたら、教えてあげられたのに。

そしたらもっと長生きできたのに、って思うばかりです。

まだ50代の早すぎる死でした。

だからこそ、世の中の炭水化物信仰には、憤りを感じます。』


春巻さん、いつもコメントありがとうございます。

お返事大変遅くなって申し訳ございませんですm(__)m

以前に書いたことがあるのですが、私の知人も糖尿病になり、糖尿病性の脳梗塞で左半身麻痺になりました。

その後、糖尿病性腎症も併発、現在、週3回の透析治療に通われてます。

この方、ご本人も真面目で奥さんも医者と栄養士の指示通り、徹底してカロリー制限されましたが、脳梗塞と腎障害発症です。

春巻さんが素朴なギモンを持たれてましたように、これって至って単純な話なんです。

血糖値を上げるのは糖質で、その糖質食べて血糖値が上がって糖尿病になった。

それ以上でも以下でもありません。

なのにまだ糖質食べさせる。

そして合併症にまで陥らせる。

薬飲んでるのに。

インスリン打ってるのに。

なんで治らないの?

そんな患者側の思いは全く無視です。

「糖質60%のバランスのいい食事」を金科玉条の振り回し、頑なに糖質制限食を否定します。

自分たちの行為が、患者を合併症に至らしめてるなんて、これっぽちも思っていないんでしょう。

分かっててやっていれば、なおさらタチが悪いですが。

こういう話をお聞きするに連れ、糖質制限食をもっと普及させなければと強く思いますね。

次はラベンダーさんからのコメントです。

『そのとおりです!

あらてつさんの記事を見て、その通りだと思いました。

うなずきながら読んでいました(笑)

糖尿病の検査している経口ブドウ糖負荷試験って血糖値が上がる物質(栄養素)は糖質って証明しているようなものですよね。

私も何回も検査を受けているのに気づきませんでした・・・

というより「糖尿病の検査はこれです」って言われたら、疑いもせずそのまま受けていました。

当時は糖質などの栄養素のことはあまり知識がなかったので、検査結果だけを受け止めていました。

今思えば、「糖質が血糖値を上げる」って目の前に答えが出ていたんですよね・・・。

江部先生の記事もしっかり読みました。

従来の糖尿病食を栄養士に指導されることが書いてあり(私も指導を受けました)、病院が信じられなくなりそうです。

勉強して栄養士の資格をとったのに、糖質を食べない指導はしてくれないんですね。

逆に糖質を食べないように指導する栄養士さんは病院には入れないのかもしれませんね。

糖尿病の患者さんは自分の命のために治療に来てるのに、病院で勉強したとおりに実践しても血糖値が安定しなければ意味のないことですよね・・・。

糖質制限食で注射や飲み薬が不要になった方が証明しているのに。

江部先生の記事7月24日に「糖質制限食講演依頼」が増えていると書かれてあり、とても嬉しいですね。

もっともっと世の中に広がりますように・・・(*^_^*)』


ラベンダーさん、いつもコメントありがとうございます。

またまたお返事大変遅くなって申し訳ございませんですm(__)m

決して忘れていたわけではございませんので平にご容赦のほどを~m(__)m

で、本題。

「勉強して栄養士の資格をとったのに、糖質を食べない指導はしてくれないんですね。」

医者の場合、栄養学の勉強はしないそうです。

それっておかしいんじゃないのか?って私は思うのですが、10万歩譲って、まあよしとしましょう。

けど、栄養士は、読んで字のごとく「栄養」の専門家なので、キッチリ「栄養」について勉強するもんだと私は思ってました。

ところが。

私の敬愛する珠美ねーさんこと、日本一の糖質制限管理栄養士の大柳珠美姐御によりますと、

「糖質が血糖値を上げるなんて、栄養士の学校で教えないし習わないわよ」

だそうです。

珠美ねーさん以外の管理栄養士さんに聞いても、皆さん口を揃えて同じ事仰ってました。

要するに、血糖値を上げるのはカロリーだって勉強はするけれど、どの栄養素が吸収されて血糖になるかなんて勉強しないわけですね。

これでは糖質食べない指導はできませんよねぇ。

なもんで、一般的な糖尿病治療を行なっている病院に努めている栄養士さんが、江部康二先生の本やブログを読んで感動して、「糖質制限食を治療に取り入れましょう!」なんて言ったところで、あんたアホか?と言われるのがオチです。

この当たりは、地道に地道に糖質制限食を普及して根本的に変えて行かないと、改善しないと思います。

なんて書くとまだまだ果てしない道のりのように思えますが、希望も出てきています。

去る5月13日に、北九州 三島さんが主催してくださいました、「糖質制限食」講演会 in 北九州で、若い管理栄養士さんと知り合いになることができました。

管理栄養士1年目のとっても可愛いらしい女性だったのですが、江部康二先生の本とブログで糖質制限食についてちゃんと勉強されていて、勤め先の病院でも糖質制限食を糖尿病治療に取り入れようと奮闘されているとのことでした。

この管理栄養士さんのように、柔軟な思考でどんどん新しいことを吸収できる世代が糖質制限食を知り、そして実践していってくれれば、日本の糖尿病治療は必ず変わると私は思います。

ラベンダーさん、きっと未来は変わりますよ。

おっさんも負けてられません(笑)



糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。



糖質制限食 | コメント(2)
 | HOME |