06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

全然更新できてません…

2012年07月31日
皆々様、お久ししゅうございます。

毎日暑いですが、お変わりございませんでしょうか。

毎度おなじみの言い訳させて頂きます(笑)

皆さんのことを忘れたわけではございませんが、何でか知りませんがバタバタな毎日でブログの更新ができておりませんでした。

そのお詫びと言っちゃあなんですが、うだるような暑さに意味のわからん節電を脅迫的に強いる政府と電力会社に対抗するため、ちょっとお役に立てそうな新商品の準備を急ピッチで進めております。

近々ご案内できると思いますので、少々お待ちくださいませ~m(__)m

あと、コメント頂いていた皆さん、お返事遅くなって大変申し訳ございません。

お返事書かせて頂きましたので、もし怒って愛想を尽かしておられませんでしたら読んでやってくださいm(__)m




糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。






あらてつ的雑感 | コメント(5)

糖質制限的スペイン料理、カフェハルディンさん

2012年07月27日
暑いですね。

昨日も暑かったですが、今日はさらに暑いです。

ブログ読者の皆さんはお変わりございませんでしょうか。

昨日、ずっと外出てたんですが、歩きまわってたんでシャツまで汗でベッタベタに。

これで人様に会うのはまずかろうと、思わずユ◯クロでシャツを買って着替えました。

スーツ姿のサラリーマンは、いったいなんの苦行だろうと思ったあらてつです。

クールビズ万歳!!!

で。

その暑い中、ドコ行ってかと申しますと、関空にある税関へ行っておりました。

なんでまた税関?と思われたアナタ、なかなかするどい(笑)

そうです、輸入の為のもろもろの手続で税関へ行ってきたんですね。

輸入って何を?

まだ秘密です(笑)

もったいぶって、とっても糖質制限食な商品とだけお伝えしておきます(大笑)

冬までには販売開始したいと思いますので、乞う、ご期待です。

さて。

先程、納品を兼ねてハルディンさんに行って、遅めの昼食を摂ってきました。

今日のランチは、試作メニューと糖質制限ピザです。

このハルディンさんの糖質制限ピザ、もはや通常の小麦粉のピザと区別がつきません。

黙って出されたら、糖質制限ピザって分かる人、まずいないと思います。

前回も書きましたが、江部康二先生も大のお気に入りです。

で、肝心の血糖値ですがこんな感じ。


あらてつさん

ピザ実験です。
成功ですね。

29mg上昇です。
丸ごと1個で、9.67gの糖質ということになりますね。

7月16日(月)空腹時血糖値:99mg
  10:40  ハルディンさんの糖質制限ピザを1枚丸ごと摂取
11:10   30分後血糖値:111mg
11:40  60分後血糖値:128mg


江部康二


例によって、江部康二先生自らが実験台となって下さいました(笑)

ピザ1枚まるごと食べて頂いて約30mgの上昇、空腹時が100mgなら、十分以上に食後血糖もコントロール良好の140mgに収まります。

どうです、すごいでしょう?

ここまで来るのに、江部康二先生が山ほど試作のピザを食べたのは、ここだけの話です(笑)

ハルディンさんでは、この糖質制限ピザ以外にも、生大豆パスタや手打ち糖質制限パスタ、糖質制限パエリアも常時準備して下さってます。

その他の料理も、いろいろと糖質制限に対応してくれますので、行ってみようかなと思われたら、是非一度ご相談してみて下さい。

カフェハルディン
京都市右京区鳴滝本町77
TEL:075(464)8850
火曜定休日



今、糖質制限食の常識を覆すとんでもないメニューがどんどん完成してますので、こちらも乞うご期待です♪


糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。



糖質制限食食材 | コメント(1)

続・またもや患者に血糖値が上がると分かってるのに糖質食べさせて薬で下げさせる治療のお話

2012年07月24日
岡野工業の岡野雅行さんが、インタビューの中で

「政府と銀行と保険会社は信用しちゃいけないが親父の口癖だった」

と仰ってました。

そのとお~り!と膝を打ったのですが、警察と検察と裁判官、学校と教育委員会、役所と病院も加えるべきだと思う、あらてつです。

中国のこと笑えませんぜ。

さてさて。

信じちゃいけないリストに加えた病院ですが、ラベンダーさんから頂いたコメント、後半部分ご紹介しましょう。

『それと、私の妊娠中の話なのですが、上の子を妊娠した時に妊娠糖尿病になり出産までの10ヶ月間インスリンを打ち続けました。

妊娠中は厳密な糖の管理が必要だったので、1日に3回食前のインスリン注射と血糖測定を7回(食事の前、2時間後、寝る前)を義務づけされました。

病院への入院も糖の管理のため前期・中期・後期・出産と4回入院をしました。

2人目の妊娠時もやはり妊娠糖尿病で同じようにインスリンと入院をしました。

最初に注射を自分のお腹にした時は怖くて泣いたのを覚えています。
でも赤ちゃんのためと思いながら注射を続けました。

入院して病院食を食べても血糖の数値は安定せず、日ごとに測定するのが怖くなりました。

看護師さんも数値が高かったときは「今日のご飯は炭水化物が多かったものね」となぐさめてくれました。

それから炭水化物を食べると血糖が上がる事を知りました。

退院して炭水化物を食べないと数値が低いので、医師に「食事が少なすぎる」と注意されました。
お腹の赤ちゃんに悪いと言われたので普通食に戻し、結果、血糖値がどんどん上がりました。

血糖値が上がるとインスリンの量も増えていきます・・・。

臨月の頃になると、お腹は大きくなり注射をするため腹部をつまむことも難しくなりました。
太ももに注射したらと言われましたが、足に注射は・・・できなくて、わき腹で続けました。

出産すると血糖値はどんどん下がっていき、現在は安定しています。
でも妊娠糖尿病になった女性は、将来、糖尿病になる確率が高いと言われ注意しなければと考えています。

あの時、看護師さんが「炭水化物が多かったものね」と話していたと言うことは、炭水化物=血糖の上昇 と病院や医師も知っていることですよね。それでも病院食には、炭水化物がたくさん出てきます。

もっと早くに糖質制限のこと、江部先生の本、あらてつさんのサイトを知っていればと良かっただろうと考えます。

糖質制限をすることで、血糖値が安定する、インスリン注射が回数が少なくなるのなら本当に良いことだと思います。

もっと糖質制限が世の中に広がればいいなと願っています。

江部先生、あらてつさん、これからも頑張ってくださいね!応援しています(^_^)
話が長くなっていしまいスミマセン・・・。』


昨日、江部康二先生の取材がハルディンさんでありまして、その時に最近ブログに書かれた

「糖尿病食事療法の短期効果と長期安全性、シンプルだけどこわい話」

の話題になりました。

あ、ハルディンさん、最近とんでもない勢いで糖質制限メニューを開発されていますよ(笑)

前回ご紹介した、史上初の糖質制限パエリアはもちろん、糖質制限ピザなんて、もはや普通のピザと変わらない完成度ですし、生大豆パスタや手打ち糖質制限パスタもメニューに加わりました。

ミラノ風カツレツも、新開発の糖質制限パン粉を使ってますので、安心して召し上がって頂けます。

江部康二先生、特にピザがお気に入りで、ご家族でちょこちょこ行っておられます。

その他の料理も、いろいろと糖質制限に対応してくれますので、行ってみようかなと思われたらご相談してみて下さい。

カフェハルディン
京都市右京区鳴滝本町77
TEL:075(464)8850
火曜定休日

話が飛びましたね。

そうそう、シンプルだけどこわい、江部康二先生の7月18日の記事です。

『「糖尿病と確定している患者には、経口ブドウ糖負荷試験は原則として禁忌である。」

と強調する医師もいます。

すなわち糖尿病の患者さんに、経口ブドウ糖負荷試験を実施すれば、必ずや200mgを超える高血糖をまねき、明らかに生体に不利益を生じるからです。』


経口ブドウ糖負荷試験で糖尿病かどうか判断する、つまりは、糖が血糖値を上げるからこの検査が成り立ちます。

実施するお医者さんも、ブドウ糖が血糖値を上昇させてる数値を見て糖尿病だと判断します。

早い話、「血糖値を上げているのは糖質」ってことは、余程血の巡りが悪くない限り、検査を実施すれば分かりますよね。

ラベンダーさんが通っておられた医院の看護師さん、炭水化物が多いと血糖値が上昇するのをご存知でした。

糖質は血糖値を上げる、とてもシンプルで経口ブドウ糖負荷試験と同じ理屈です。

それが分かっていて、なんで糖質食べなさいって指導になるんでしょう?

で、血糖値が上がってインスリンの量が増える。

フツーに考えて、おかしくないですか、これ?

もしかして、経口ブドウ糖負荷試験で血糖値が上がるのを確認しても、糖質が血糖値を上昇させているのと、頭の中で結びつかないんですかね?

経口ブドウ糖負荷試験で血糖値が上がるのは、昔っからそういう検査だから上がるんで、なんで上がるかなんて全然まったく自分の頭で考えたことないんちゃいます?

糖質制限食に反対するお医者さん、大勢おられます。

つーか、まだまだ賛成するお医者さんの方が少数派です。

栄養士さんしかり、看護師さんしかり。

皆さん口をそろえて

「血糖値を上げるのは高カロリーの食事だ、脂肪とタンパク質の摂り過ぎが糖尿病の原因だ」

とおっしゃいます。

けど、この方々も、経口ブドウ糖負荷試験は行います。

で、その結果みて糖尿病かどうか判断する。

え?

血糖値上げて糖尿病の原因になってるのは、脂肪とタンパク質やろ?

あんたらの理屈でゆうたら、糖質は血糖値上げへんのちゃうの?

ほな、なんで経口ブドウ糖負荷試験なんてすんの?

経口脂質負荷試験やら経口タンパク質糖負荷試験やないと、あんたらの話しと合わへんやん。

もはやこの時点で、論理も理屈もあったもんじゃありませんよね。

で、糖質食べさせて血糖値上げて、薬飲ませてインスリン打つ。

やってること無茶苦茶や…。

経口ブドウ糖負荷試験が、糖尿病かどうか判断する検査方法だからこの方法で検査はする、けれどなんでこの検査方法で糖尿病かどうか分かるのかなんてこれっぽっちも考えたことなんてない、糖尿病の原因は欧米化した食生活で脂肪とタンパク質の摂り過ぎって誰かが言ったからそのまま鵜呑みにしてる、糖質制限食なんてそんなもの聞いたことないからやっちゃだめ。

小学生でも分からんこととか疑問に思ったことは

「おっちゃんなんで~?」

って聞いてきますぜ。

というわけで(どんなわけ?)ラベンダーさん、糖質制限食にたどり着かれて良かったです。

もう遅いなんてことはありません。

もし次のお子さんのご予定がありましたら、その時は主治医と産院を変えて、糖質制限食で不安のない出産に望んでくださいね。

ではでは、また何かあってもなくてもお気軽にコメント入れてくださいね~♪





糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。



おかしいと思うこと | コメント(6)

またもや患者に血糖値が上がると分かってるのに糖質食べさせて薬で下げさせる治療のお話

2012年07月19日
皆々さま、お久ししゅうございます。

先週末から全然更新できてませんでしたが、お変わりなくお過ごしでしたでしょうか?

いえいえい、決してサボっていたわけではございません。

ちょっとパソコンから離れていただけで…。

新商品、楽しみにしていて下さいねと苦しい言い訳しておきます(笑)

さて。

先週の金曜日に、ラベンダーさんから糖質制限食中の体調の変化についてのご質問と、妊娠中に受けておられた不可思議な治療についてコメント頂きました。

『初めてコメント致します。

初めまして(*^_^*)

子育て奮闘中の二児のママです。

糖質制限を知り、あらてつさんのサイトで勉強させてもらっています。

いつも見るばかりですが、今日はコメントしてみました。

私は話すのがヘタなので、文章が分かりにくかったらごめんなさい(>_<)
気持ちが伝わるように書きますね。

糖質制限を試してみて体調の変化がありました。

1.足の土踏まずが引きつる事が多くなりました。

朝の寝起き直後に歩こうとした時、床に座っていて立ち上がろうとした時などに、足の土踏まずがピキーン!となります。すぐ治るのですが、引きつる事が多くあります。

2.汗が多量に出ます。

最近は暑くなって普段生活していても汗は出ますが、他の人は汗は出ていないのに私だけ多量の汗が噴き出してきます。汗をかく場所は、顔が多いです。

太ったことも原因の一つだとは思いますが、以前は夏でも車に乗っても窓を開ければ平気だったのですが、現在は汗が止まらないのでエアコン(最強)で運転しています。

糖質制限をして体調が変化された方が多いですが、汗が多くなったとのコメントは見ていない(探せていないかな?)ので、ちょっと心配になりました。

この2つの変化は体調が変わったのでしょうか?

教えて頂けるとうれしいです(*^_^*)

それと、私の妊娠中の話なのですが、上の子を妊娠した時に妊娠糖尿病になり出産までの10ヶ月間インスリンを打ち続けました。

妊娠中は厳密な糖の管理が必要だったので、1日に3回食前のインスリン注射と血糖測定を7回(食事の前、2時間後、寝る前)を義務づけされました。

病院への入院も糖の管理のため前期・中期・後期・出産と4回入院をしました。

2人目の妊娠時もやはり妊娠糖尿病で同じようにインスリンと入院をしました。

最初に注射を自分のお腹にした時は怖くて泣いたのを覚えています。

でも赤ちゃんのためと思いながら注射を続けました。

入院して病院食を食べても血糖の数値は安定せず、日ごとに測定するのが怖くなりました。

看護師さんも数値が高かったときは「今日のご飯は炭水化物が多かったものね」となぐさめてくれました。

それから炭水化物を食べると血糖が上がる事を知りました。

退院して炭水化物を食べないと数値が低いので、医師に「食事が少なすぎる」と注意されました。

お腹の赤ちゃんに悪いと言われたので普通食に戻し、結果、血糖値がどんどん上がりました。

血糖値が上がるとインスリンの量も増えていきます・・・。

臨月の頃になると、お腹は大きくなり注射をするため腹部をつまむことも難しくなりました。

太ももに注射したらと言われましたが、足に注射は・・・できなくて、わき腹で続けました。

出産すると血糖値はどんどん下がっていき、現在は安定しています。

でも妊娠糖尿病になった女性は、将来、糖尿病になる確率が高いと言われ注意しなければと考えています。

あの時、看護師さんが「炭水化物が多かったものね」と話していたと言うことは、炭水化物=血糖の上昇 と病院や医師も知っていることですよね。それでも病院食には、炭水化物がたくさん出てきます。

もっと早くに糖質制限のこと、江部先生の本、あらてつさんのサイトを知っていればと良かっただろうと考えます。

糖質制限をすることで、血糖値が安定する、インスリン注射が回数が少なくなるのなら本当に良いことだと思います。もっと糖質制限が世の中に広がればいいなと願っています。

江部先生、あらてつさん、これからも頑張ってくださいね!応援しています(^_^)

話が長くなっていしまいスミマセン・・・。』


ラベンダーさん、コメントありがとうございます&こちらの方こそはじめまして。

せっかくご丁寧なコメント頂いてたのに、お返事かなり遅くなってしまって申し訳ございませんm(__)m

ラベンダーさんのお気持ち、ちゃんとビシバシあらてつに伝わってますのでご安心を。

さてさて、前回ご紹介させて頂いた、かよりん☆☆さんに負けず劣らずトンデモナイお医者さんですね…。

まあ、そこは後でゆっくりといぢることにして、先にご質問のお答えにいってみましょう。

1.足の土踏まずが引きつる事が多くなりました。

これは恐らく、ミネラル不足による足の攣りではないでしょうか。

糖質制限食では、米やパンなどのいわゆる炭水化物を抜く代わりに、タンパク質・脂質を多く食べます。

タンパク質の消化吸収には多量のミネラルを消費するので、ミネラル不足になって足が攣ったり筋肉が痙攣したりすることがあるんですね。

かく言う私も、ひところは毎晩足が攣って眠れたもんじゃありませんでした。

で、ミネラルのサプリメントを飲みだしたところ、その日から足の攣りと筋肉の痙攣はピタっと治まりました。

このあたりの経過は、2008年09月02日 (火)のブログ記事に詳しいので、参考にしてみてください。

では次のご質問。

2.汗が多量に出ます。

これも、糖質制限食を始めた初期によくある、「体が熱い」現象ではないでしょうか。

またまた私の経験ですが、糖質制限食を始めた当初、体がめちゃくちゃ熱くなりました。

なんというか、体が火照るというかカッカするというか、運動してる最中の体温の上昇のような感じがしばらく続きました。

これについては、「たぶん」なんですけど、脂肪が燃焼して体が熱くなってるんじゃないかなと思います。

糖質制限食を始めるまでは、1日3食以上糖質を摂っていたので、それこそ一日の殆んどを脂肪を燃焼させずに生活していたわけですね。

ところが糖質制限食を始めて外部から糖質が入ってこなくなると、必然的に脂肪がエネルギーとして使われるために、体脂肪も燃えてくれます。

それで、運動したように体が熱くなったんじゃないかな?と私は考えます。

ラベンダーさんの2つのご質問も、この二点が当てはまると思うのですがいかがでしょうか。



<つづく>




糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。



おかしいと思うこと | コメント(11)

薬を飲みながらお米を食べた方がいいんですって。

2012年07月13日
昨晩、帰ろうとしたらバイクの鍵がありません。

もしかしてバイクに付けっぱなしか?と思って見てみたのですが、バイクには付いてませんでした。

あちこち探したのですが見当たらず、そうこうしてるうちに雨が降ってきたので、キーケースに付けてたスペアキーで帰りました。

で、今朝。

玄関で江部康二先生に会って話しながらカッパ脱いで取り敢えず濡れたカッパをこっちの部屋に放りこんでここに荷物置いてと、昨日の朝の記憶を手繰りながら順番に見て回ったのですが、やっぱりありません。

無意識にリュックに入れたか???

中身を全部出して見ましたが、やっぱりありません。

なんでじゃ~!!!

池にでも落としたかと、半場諦めかけたその時、フラッシュバックのように脳裏に映像が浮かんできました。

リュックのサイドポケット見てみると…。

あるやん。。。

最近、前にも増してもの忘れが激しくなった気がする、あらてつです。

宇宙人にアブダクトされてるのかも知れん…。

で、今日の話題。

宇宙人とは関係ありませんが、もしかしたらこの人たち宇宙人かも?と思ってしまったお話です。

『主治医の理解してくれないのです(--;)

糖質制限を3週間近く継続中にブドウ糖負荷してしまいまして(--;)数値が羽上がり完全2型確定されました( ̄□ ̄;)!!

境界だったんです(--;)二時間124でヘモグロビン国際6.3で食事で標準体重に落としたらと言われていたのです。

今回確定したので来週から投薬開始だと言われ(>_<)

私も反撃したんです(>_<)肝臓での糖新生とか(詳しくは言えませんでしたが(--;))

でも糖質制限は完全悪ご飯は食べないとダメご飯を食べるからゆっくりと血糖値があがるだとかアメリカ人は肉ばかり食べて肥満で糖尿になるとか脳はブドウ糖しか栄養にしないからとらないとだめだとかタンパク質や脂質もとりすぎたら血糖値をあげてしまうんだとさんざん言われ( ̄□ ̄;)!!

あげくに親が糖尿だから遺伝だから人と同じ食べても血糖値あげてしまうから薬を飲みながらご飯を食べなさいと言われました(>_<)

喘息も糖質制限のおかげでよくなったけど薬は飲み続けなくてはならんと言われ吸入で気管にステロイドを直接入れるのは副作用もなく慢性喘息によいとテオドールもムコダインもキプレスもやめさせてくれず…私来週から薬漬け( ̄□ ̄;)!!

低血糖も怖いし(>_<)医者を納得できない私も情けないけど(--;)

糖質により高血糖になることを証明しておいて薬を飲みながら糖質をとれとは私を早死にさせたいのか(>_<)』


かよりん☆☆さん、コメントありがとうございます。

お返事遅くなってごめんなさいです。

いっや~、ヒドイ話ですねぇ。

正味な話、主治医の方が仰ること、意味がわかりません。

ゆうてることムチャクチャやないですか。

勉強不足な上、理論が破綻してますやん。

まず、ブドウ糖負荷試験されたんですよね?

で、血糖値が上がりました。

なのになんで米食えって話になるんでしょう?

米はゆっくりと血糖値が上がる?

そこまで言うなら、米食って食後血糖測ってんでしょうね、この人。

アメリカ人が肉ばっかり食って肥満で糖尿って、アメリカ人の食事内容のデータちゃんと見たんでしょうか?

脳はブドウ糖しか栄養にしないって、この時点でダメダメですやん。

トドメはこれ

「遺伝だから人と同じ食べても血糖値あげてしまうから薬を飲みながらご飯を食べなさい」

ブトウ糖負荷試験したんですよね?

それで血糖上がったんですよね?

それでもご飯食えと?

薬飲みながらご飯食えと?

今朝頂いたラベンダーさんのコメント

『看護師さんが「炭水化物が多かったものね」と話していたと言うことは、炭水化物=血糖の上昇 と病院や医師も知っていることですよね。それでも病院食には、炭水化物がたくさん出てきます。 』

にもありますが、糖質摂って血糖値が上がるの分かってるんですよね?

それでも米食えと?

正しく

「糖質により高血糖になることを証明しておいて薬を飲みながら糖質をとれとは私を早死にさせたいのか(>_<)」

ですやん。

かよりん☆☆さん、主治医を替えられることを強くオススメします、はい。

あ、ラベンダーさん、コメントありがとうございます。

ちゃんとお返事書きますので、ちょいとお待ちを~m(__)m



糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。





おかしいと思うこと | コメント(10)

糖質制限で体重が落ちないとお嘆きの貴女に(懐かし~笑)

2012年07月12日
今朝の京都は、例によってカッパ着てても濡れてしまうほどの、土砂降りの雨でした。

職場では、エアコンの室外機に通じる穴から雨水が入り込み、下に置いてた資料が濡れていました。

九州北部では「これまで経験したことのないような大雨」と、これまで聞いたことがない表現で厳重な注意を呼びかけています。

これ以上被害が出ないことを切に願います。

八大竜王雨やめ給へ

さて。

先日、「糖質制限食でも痩せない!のはナゼ?」の記事を書いたところ、春巻さんから、体重が落ちないとお嘆きの皆さんに、実体験を踏まえた熱いエールを頂きました。

「そんなん、あんたやしできんねん」とカゲで言われる私の減量体験(笑)よりも、より皆さんに近い立場で糖質制限でダイエットにチャレンジされて、見事に成功された過程をお書き頂いてます。

これは本文で紹介しないわけにはいきますまい、ということでど~んとご紹介です。

私よりはるかに説得力あります(笑)

『あらてつさん、こんにちは。

私はとっても怠け者で、運動大嫌いです。

専業主婦と言う事もあり、家での家事もさぼりまくりで、殆ど動いてませんが、それでもスーパー糖質制限で、この1年の間に27キロ減りました。

最初の1週間で3キロ程落ちたあと、3週間、全く体重変化なし。

停滞期だろうと考えて、頑張って続けましたら、その後は2週間単位で1.5キロ前後落ちるようになりました。

江部先生がおっしゃる通り、階段状の落ち方でした。

2週間全く変動なく、突然落ちてるって感じでしたが、コンスタンスに月で換算すると3キロくらいずつ減ってるので頑張れましたね。食生活もすぐに馴れましたし。

運動すれば更に効果的とは思うものの、運動嫌いだし、運動するとお腹も減って食べてしまうタイプで、働いてる時は、動いた分以上に食べてしまって太るばかりでしたので、嫌いなものは嫌いと割り切って、無理に運動はしませんでした。

半年経過した頃から、体重の減り具合が減ってきて、年明けから、月に1キロ減る程度……。

それでも標準体重までは、まだ4,5キロあります。

ここまできて、これがなかなか減りませんが、小さい時から肥満児でずっと来て、親も太ってる事もあり、倹約遺伝子タイプだろうと思っています。おまけに運動してないから基礎代謝、減ってるでしょうしね。

カロリーは現在では、そんなに摂って無いんですよ。

始めた当初はバカスカ食べてて、それでも痩せていったんですが、そのうちに、量は食べなくなりました。体が馴れてきたからでしょうね。

年齢的なものもあるのか、体重的には今までで一番軽いのに、ウエストサイズは、今より5,6キロ多い時代と同じ感じで、結婚時より体重は少ないのに、結婚指環はユルユルでは無かったりします。この辺自分でも不思議に思ってるんですが。余った皮のせいなのか?(^_^;)

でも、地道に頑張ります。

運動も筋力を付ける為にも、無理にならない程度にはやろうと思っています。

あと、自分では糖質摂って無いつもりで摂ってるのって、加工食品なんか、多い気がします。

糖質制限を始めて、買物をする時に必ず成分表を確認するクセが付きましたが、加工食品は、本当に糖質使われてる物が多いです。

ヨーグルトでも製品によって違うんですよ。一番低いものを選ぶようにしています。

あと、生クリームをこの間買う時、これも商品によってい大分違うんですが、カロリー3分の1カットって商品があって、見てみたら、カロリーカットしてない商品の2倍くらいの糖質量でした。

キューピーマヨネーズもコレステロールカットの商品は、糖質が含まれています。

手を加えたものって、矢張り口当たりとかコクを出す為に糖質を加えるのだろうと推測しています。

要注意ですね~。

こんな私でも、こんなに減量できたので、他の方にも地道に頑張って頂きたいです。

絶対に減って来ますから(^^)v』


春巻さん、詳細なご報告ありがとうございました。

痩せないと仰る皆さんも、焦らず無理せず糖質制限食に取り組んで下さいね。



糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。




ダイエット | コメント(5)

東京へ行ってきました

2012年07月11日
昨日、東京へ行ってきました。

これまで多数のリクエストを頂いてた新商品のお話です。

秋までには商品化して販売したいと思ってますので、皆さん、乞うご期待です。



糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。




糖質制限食食材 | コメント(1)

糖質制限食を始めて立ちくらみがするんですが…

2012年07月09日
先日買った冷蔵庫、エコナビランプを光らせつつ調子よく動いてくれてます。

以前に使っていたのと幅はほとんど変わりませんが、縦に20センチ大きいだけで、こんなに庫内が広いのかと浦島太郎状態のあらてつです。

肉いっぱい入りますね(笑)

さて、糖質制限食を始めて立ちくらみがすると、お二人の方からコメント頂きました。

リキママさん

『あらてつさん 何度もすみません
 糖質制限始めてから立ちくらみがひどいんですが、これは糖が頭に回ってないのでしょうか?それで鉄分を飲み始めたんですけど、どんなもんでしょうか?よろしくお願いします。』


通行人さん

『私も立ちくらみあり

私も、うえにコメントされているかたと同じく、立ちくらみのような、めまいのような頭モヤモヤクラクラがひどいのでコメントさせていただきます。血圧が低めになったのでそれと関係もあるのかもしれませんが・・

糖質制限のせいではないかと、人に言われ、先生の本から引用して反論しましたが、体調不良の点が出てくると、信じて実行している糖質制限が犯人扱いされて自分でもとてもつらいです』


リキママさん、通行人さん、コメントありがとうございます。

お二人とも糖質制限食を始めてから立ちくらみが出たとのことで、貧血やその他の疾患をお持ちじゃないとの仮定で話を進めさせて頂きますね。

恐らく、摂取カロリー不足か、中途半端に糖質を摂っているかのどちらかになっていると思われます。

まず、カロリー不足から。

糖質制限食に取り組まれた初期、主食を抜いておかずを足す食事に慣れるまで、つい食事量が少なくなってカロリー不足でヘロヘロになってしまう方、結構おられます。

私もそうでした(笑)

私の知人で糖質制限食を始めた者にも、同様の症状を訴えるのが数名いまして、フラフラになるなんて言うもんですから、なんでだろうと聞いてみると、食事量が全然足りてませんでした。

これは、長年すりこまれたカロリー神話が、無意識のうちに食べることにセーブをかけてしまうんですね。

あと、同じく脂肪分とコレステロールが体に悪いと言われ続けてきてるので、どうしても油脂分の摂取を控えちゃう方も多いです。

そのいい例がマヨネーズ。

「マヨネーズは食べても大丈夫ですよ!」なんていっても、「え~!コレステロールもカロリーも多いんちゃうの?」といった答えが返ってきますから。

いえいえ、マヨネーズは全然大丈夫。むしろ、糖質制限食優良推奨食品です。

特に、キューピーさんの何も入ってないごくごくノーマルなマヨネーズなんか、超が付くくらいの糖質制限食優良推奨食品です。

皆さん、サラダにも目玉焼きにもぶりぶりキューピーマヨネーズをかけて、もりもり食べて下さいね。

キューピー関係者の方、このブログご覧になられてましたら、なんか下さい(笑)

まあ、半分冗談はさておき、体に悪いとなんの根拠もなく言われ続けてきた動物性脂肪も、最近の脂質代謝学会では体に悪くないよとの結論が出たそうですから、皆さん、焼き肉だろうがステーキだろうがガッツリ食べて、しっかりカロリーを摂ってください。

ここでご注意。

過ぎたるは及ばざるが如しと申します。ガッツリと言いましても、くれぐれも常識の範囲でお願い致します。

で、中途半端に糖質を摂ってる場合。

これはもう単純に、糖質を摂ったお陰で脂質は燃えないけど、摂取する糖質の量が中途半端なんで、エネルギー不足になるってやつですね。

特に、糖質制限食を始めた当初は、長年糖質過多の食生活をしてきた所為で、脂肪を燃焼するシステムがうまく機能しません。

そこへ持って、中途半端に糖質食べながら糖質制限(?)した日には、脂肪は全然燃えずに中途半端な糖だけ燃焼して、結果エネルギー不足になってしまいます。

なので、しっかり脂質・タンパク質を摂りながら、きっちり糖質をカットしてみて下さい。

最後に。

冒頭に書きましたが、あくまでも他の疾患がないと仮定してのお話です。

もしかしたら何か他に原因がある可能性も無きにしもあらずなので、気になる時は、主治医のドクターとご相談してみて下さいね。




糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。


糖質制限食 | コメント(7)

糖質制限食でも痩せない!のはナゼ?

2012年07月05日
タンスの整理していると、高校生のときに履いていた27インチのジーンズが出てきました。

懐かし~と思って履いてみると、十分履けます。

当時ジーンズは、27インチからあったのですが、今は29が最低サイズです。

私、29インチやとブカブカなんですよね。

これってジーンズだけじゃなくて、その他のパンツ全般こんな感じで、正味な話、履けるパンツがなくて苦労します。

この歳になって見せパンしながらジーンズ履くのもいかがなものかと。

せめて28でいいから復活してくれと思う、あらてつです。

高校生から体型が変わってないんですね、私(笑)

さて。

ぱてぃさんとリキママさんから、「糖質制限食で痩せない!」とコメント頂きました。

ぱてぃさん。

『スーパー糖質制限を始めて3週間たちますが、最初の3日で76.8が75.1になったのですが、2週目からもどって75.6で3週間めも終わりそうです。
なぜ全くやせないのでしょうか?
このまま続けていれば、そのうち痩せ始めるのでしょうか?』


リキママさん。

『はじめまして あらてつさんのブログで勉強させていただいています。162cm・68kgでダイエットの為スーパー糖質制限頑張って2週間たちました。規則正しい生活をし、頭の中は糖質糖質です。1kg程痩せて増えたり減ったりというかんじで「なんでへらへんの」とくじけそうです。女性は 痩せにくいと聞いたのですが、時間がかかるんでしょうか?アドバイスよろしくお願いします。』

ぱてぃさん、コメントありがとうございます。

リキママさん、コメントありがとうございます&こちらこそはじめまして。

早速本題に参りましょうか。

体重が落ちない原因で考えられるのは、これまで何度か書いてるコレですね。

1、糖質を摂ってないつもりが、実は摂っている。
2、食べてないつもりが、けっこうな量を食べている。
3、動いてるつもりが、実は運動量が少ない。
4、基礎代謝が低い。
5、倹約遺伝子の持ち主。

だいたい、「やせない!」と仰る女性の方で一番多いのが、1,2,3です(笑)

標準よりもそこそこ多めの体重の方の場合、糖質制限食をちゃんとやれば、「そこそこ」の部分は、必ずと言ってもいいくらい落ちます。

5の倹約遺伝子の持ち主と思われる方でも、糖質制限食をやっても体重が落ちなくなるのは、ある一定以上落ちてからです。

つまり、「糖質制限で痩せない」は、けっこう気をつけてるつもりの食事内容や、生活習慣に原因があったりするわけです。

順番に考えていきましょう。

まず食べるものから。

分かりやすい具体例をあげましょう。

江部康二先生が「主食を抜けば糖尿病は良くなる」を書かれた2005年当時、ヨーグルトは糖質制限OK食材でした。

それが、「主食を抜けば糖尿病は良くなるー実践編」では△食材に。

ナゼか?

ヨーグルト100g中の糖質は約5gで、ぎりぎり低糖質と呼んでもいいくらいですが、例えばこれを500g1パック全部食べれば、25gの糖質摂取になります。

つまり、いくら糖質が少ない食品といえど、多量に食べれば結構な量の糖質摂取になってしまうわけです。

これはヨーグルトに限らず、ナッツだろうが野菜だろうが、食べるもの全てに当てはまります。

高雄病院の患者様で、「食べていい」となっていたら、それこそバケツ一杯の野菜を食べた方がおられます。

「食べていい」は「際限なく食べていい」ではありませんので、ご注意下さい。

ではここで、自分は食べ過ぎなのかどうか、簡単なチェック方法をご紹介。

一口でも口にしたものを、包み隠さず書きだしてみてください。

食べているもの全て、インチキなしでお願いします。

こうやって書きだしてみると、けっこうな量&糖質を食べている事がわかります。

この方法で、食べているもの&量&糖質量を改善していただくと、痩せ出す方が圧倒的です。

次に生活習慣。

日常生活を振り返って頂くのですが、ちょっとした距離でも歩かずに自転車、バイク、車を利用する、駅やビルでも階段は使わない、つまりは運動不足ですね。

現代人は、ただでさえ運動量が少ないのに、歩かんわ、階段使わんわでは、さらに運動量が減ってしまいます。これも、かなりの方が当てはまります。

特に女性の場合は、男性より筋肉量が少なく基礎代謝が低いことが多いので、エネルギーの消費量も少なくて、太りやすい傾向があります。

そのただでさえ太りやすいところへもって 運動不足になると、ますます基礎代謝が下がってしまうので、意識して運動量を増やしてみてください。

基本的には、消費するエネルギーより摂取するエネルギーが多いと、余った分は蓄えられますし、一度付いた脂肪は、エネルギーとして消費しない限り、脂肪吸引でもやらないと減りません(笑)

「糖質制限食でも痩せない!」と仰る方は、以上の点を踏まえて、今一度、生活全般を見直してみてください。

それから、最後に。

ある程度の時間をかけて増加した体重は、食事制限だけで二週間や三週間そこらでは落ちにくい場合があります。

江部康二先生が、よくアレルギー疾患で診察にこられる患者様に、「10年かけて悪くなったものは、10年かけて治すつもりでいないと。」と仰います。

いろんな意味で、まさしく名言だと思うのですが、これってダイエットにもあてはまると思うんですね。

それなりの時間を経て増えた体重は、急激には減りません。焦らず、じっくりと落としていきましょう。




糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。


ダイエット | コメント(21)

実は糖質ばっかりの食事になってることに気づいてないお話

2012年07月05日
冷蔵庫が壊れました。

何の前触れもなく壊れました。

まあ、17年も使ってたんで、よく今まで頑張って冷やしてくれたなとは思いますが、何もこんなに気温が上がってから壊れなくてもいいやんと。

電気屋さんの先輩に慌てて電話して、無理言って新しいの持ってきてもらいました、が。

安売りで買い込んだ肉、全部腐ってました…。

突然の出費より、肉が腐ったのがショックな、あらてつです。

冷蔵庫代は、しばらく経ってからショックが押し寄せてくると思います。。。

気を取り直していきましょう。

前前々回(やったかな?)、冷静に観察すれば、日本人の食事は糖質だらけではないのか?というお話をかいたところ、caorita@エセ京女さんからこんなコメントを頂きました。

『まさに!!

あらてつさん、こんにちは

関西人はゲテモノ喰いみたいに言われる「お好み焼き定食」、まさに炭水化物爆弾ですよね

そういうこと言ってる人(特に女性)だってピザとパン、パスタとパン、男性ならうどん/そば定食って食べてるくせに~って呆れます

そりゃ昔は糖質多めでも肉体の運動量は全然違ったし、わかっていないこともたくさんあったので、それがあまり問題にならなかったかもしれませんけど

これだけいろんなことがわかってきているのに、、、って思うと、いかに騙されないようにするべきか、地道に頑張るしかないのでしょうか

糖尿病の罹患率、世代別にデータがあるなら一度見てみたいですね

ところで、かつてオウム真理教が社会問題になった時ささやかれていたのが

「信者獲得のために、施設に人を連れ込んで監禁し、食事は炭水化物のみ(判断力が鈍るからだといわれていました、真偽は不明)」

ということです

いろんな意味でぞっとします』


caorita@エセ京女さん、いつもコメントありがとうございます&お返事遅くなって申し訳ございません。

そうです、「お好み焼はおかず」と言って憚らない粉モン大好き関西人のソウルフード、「お好み焼きとごはん」「焼きそばとごはん」、ダブル炭水化物の王道と言ってもいい組み合わせですが、関西以外では「気持ち悪い」と言われます(笑)

ですが、caorita@エセ京女さんお書き頂いてますように、「ピザとパン、パスタとパン、うどん/そば定食、ラーメンライス」って組み合わせ、皆んな食べてるんですよねぇ。

そうです、問題なのはここなんですよ、ここ。

ほら、先月28日の記事で、今日何食べました?と食べたものを一つ一つチェックしていって、それ炭水化物ですよ、これも炭水化物でしょう?って指摘されて、そこで初めて皆さん「あっ」って気が付くなんて書いたやないですか。

要するに「炭水化物・糖質」を食べている自覚がないんですね。

皆さん、自分たちの食事が「炭水化物・糖質」ばっかりになっている、その事実に気づいてないんです。

なもんで、女性が大好きな、パスタにパンの組み合わせの「パスタランチ」もサラリーマンのお昼の定番、「うどん/そば定食」も、摂取エネルギーの80%以上が炭水化物・糖質になってるなんてとこに、思いもよらないし、気すら付いていないなんてことになります。

まあ健康であれば、日々日常の食事を、そんなこといちいち気にしながら食べませんし、気にもしないでしょう。

ですが、この「日々日常」の「炭水化物・糖質ばっかりの食生活」の積み重ねが、ゆくゆくは糖尿病を含めた生活習慣病の引き金となっていくんですね。

なので、糖尿病・生活習慣病の予防は、まずはこの「炭水化物・糖質ばっかりの食生活」に気付くことが大切なのではないでしょうか。

なのにね。

栄養学のエラいセンセイや栄養士さんが、例の「栄養バランスごま」を引っ張りだして、

「生活習慣病の原因となっている、欧米型の高タンパク高脂肪の食事を改めましょうね」

なんて言ってるでしょ?

おいおい、もうちょっと実際の食生活がどんなもんか、しっかりと自分の目で見てみろやと強く思います。

この人達の食生活、一度全部書きだしてもらいたいですね。

ほとんど「ピザとパン、パスタとパン、うどん/そば定食、ラーメンライス」だったりして(笑)




糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。



糖質制限食 | コメント(4)

糖質制限食と夜中のドカ食いとオトメゴコロ

2012年07月04日
例によって天気の話を(笑)

一昨日の天気予報で、昨日は昼から雨になってたんで、濡れずに出勤できるなと思ってました。

ところが、朝起きたら…

雨やんけ。

しかも、げつない土砂降り。

若かりし頃(笑)は、雨降ると嬉々としてバイクで走り回ってたんですが、もはやこの年になるとビビリリミッターが先に作動します。

「転んで怪我しても放っといたら治るけど、バイクは金かけんと直らん」

この20年で人生の真理を学んだ気がする、あらてつです。

カッパ着ててもずぶ濡れ…。

話は変わります。

noccoさんから、ダイエットについてのお悩みコメントを頂きました。

『あらてつさん、初めまして、20代のnoccoと申します!いつもブログを拝見して勉強している毎日です!

糖質オフを初めて約一週間たちました!

食生活を見直すのも含めて始めてから、163㌢で47㌔あった体重が45.1㌔まで落ちました。

始めてから目覚めがよくなり、以前よりも疲れがとれやすくなった気がします!

仕事柄なかなか規則的にご飯を食べれることがなく、夜中12時すぎごろにお家に帰ってドカ食いをすることもしょっちゅうで... この生活を始めてからも夜中食べてしまうのも治らず、今は夕方ごろにおから蒸しパン等を食べてはいますが、それでも夜中のドカ食い(もちろん今は糖質オフの食事をです)をしてしまいます

しかし今日、一週間で2キロ減った体重も徐徐に戻り遂に元に戻ってしまいました...

やはり糖質オフでも夜中食べてしまうのはいけないのでしょうか...?

せっかく落ちたのに、涙がでそうなくらい悲しいです...』


noccoさん、コメントありがとうございます。

こちらの方こそはじめまして。

私なんぞのブログで勉強して頂けるなんて、恐縮してしまうじゃありませんか(笑)

時折更新が滞りますが、これからもどうぞ宜しくお願い致します。

さて本題。

糖質制限食で体重が減ったけど、また戻って涙が出そうなくらい悲しいとのこと。

けど、最初の体重が163cmで47kgですよね?

全然スリムですやん(笑)

「オトメゴコロが分かってない!」と怒られるのを承知で言わせて頂きますと、痩せる必要ないんちゃうかな~と、私なんかは思ってしまうのですが…。

こんな答えじゃダメですよね(笑)

う~ん。。。

結論から言いますと、夜中のドカ食いは太ります。

なんぼ糖質制限食でも食べ過ぎれば太りますし、使われない余剰なエネルギーは脂肪になって蓄えられます。

簡単な図式にすると

摂取エネルギー>消費エネルギー 太る
摂取エネルギー<消費エネルギー 痩せる

ですね。

まあ、これは糖質制限食に限ったことではなくて、一般的なカロリー制限の食事でも同じです。

夜中に帰ってドカ食いしちゃうと、その後走りに行くならまだしも、恐らくお風呂入って寝るだけだと思うので、摂取したエネルギーが消費されないですよね~。なので、どうしても太りやすくなります。

ですから、帰ってから食べる量を少し減らすか、夕方時間があればタンパク質や脂質をしっかりと摂る方がいいと思いますよ。

ただね。

先程も書きましたが、個人的にはこれ以上痩せなくていいと思います。

最初に落ちた2kgも、糖質制限で余分な水分が体の外に出たんじゃないかなと考えられます。

その後、タンパク質・脂質メインの糖質制限食になって、いうなれば健康的に体重が増えたんじゃないかなと。

だってほら、「始めてから目覚めがよくなり、以前よりも疲れがとれやすくなった気がします!」でしょう?

それだったら、まだ二十代とお若いんですし、この先も糖質制限食で健康的に今の体重を維持した方がいいような気がするのですが…。

それでも痩せたいのがオトメゴコロだと言われそう(笑)




糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。



糖質制限食 | コメント(1)

医療機関で血糖測定しているのは糖質制限ドットコムだけ

2012年07月01日
糖質制限食 糖質制限 糖質制限ダイエット 糖質オフ なんちゃらかんちゃら…。

糖質制限食の広がりと共に、儲かると思って糖質制限やりだした業者の中には、確かにトンデモナイ材料使って「糖質制限」と謳ってるトンデモナイ連中が沢山います。

これ、以前書いた記事の再掲です。

これから糖質制限を始められるなすこさんから、巷で糖質制限を名乗って売ってる食べ物について、ご質問を頂きました。

『あらてつさんこんにちは!はじめまして。

私も糖質制限をはじめようとしている一人です。

まだ勉強段階なのですが、最初の副作用にも慣れてきたところです。

ちょっとしつもんなのですが、↓のようなサイトにいきついたのですが、ここに掲載されている食べ物ってほんとに糖質制限でも大丈夫なものばかりでしょうか?

某サイトURL

まだ分からない事だらけ、無知でもうしわけありませんが、確認していただけたらなと思います。』


なすこさん、コメントありがとうございます&こちらこそはじめまして。

糖質制限  糖質制限食 を検索すれば、まあ、いろんなところがいろんなモン販売しています。

そのうち何処を選んだらいいんだろうと迷われてた方から、同じようなご質問頂きます。

結論から言えば、医療機関で血糖測定しているのは、我々京都高雄倶楽部の糖質制限ドットコムだけです。

なので、私達のお店で買って頂ければ、間違いありません(笑)

このようなご質問の件、これまで何度か書いてますが、なすこさんのように、このブログを初めてご覧になる方も多いかと思うので、もう一度書きましょうね。

私ども京都高雄倶楽部は、糖質制限食による糖尿病治療の第一人者、高雄病院、江部康二先生の御指導の元、世界初の糖質制限ショップとして、糖質制限食に適応した食材の開発、販売を行なっています。

お米の代替品やパンやスイーツ、調味料など、糖質オフを追求した商品を取り揃えております。

でね、冒頭の話に戻るんですけど、ネットで検索すると、最近「糖質制限」を謳った商品を扱う店舗がやたらと増えてきました。

中には真っ当に商品作って販売しておられるところもありますが、正直な話、

「おいおい、この材料使って糖質制限はありえんやろ」

とか

「この糖質量、ほんまか?」

と思える業者も少なくありません、つーか、そんなとこばっかりです。

で、実際に買って血糖測定してみると、食後血糖値、見事に上昇!

おいおい、これで糖質制限ってどうやねん、ろくに検査もせんと売っとんのかい。

私たち、伊達や酔狂で世界初を名乗ってません。

原材料見りゃ出所も分かりますし、大体の数値もわかります。

原材料メーカーの成分値と血糖値の上昇が、必ずしも一致しないというのも、開発してきた中でイヤと言うほど経験してきました。

なので、一つの商品の開発に2~3年かかることも珍しくありません。

逆に言えば、分析値だけで「糖質制限です!」と言って商品を作っている売っている他所の業者さん、私なら怖くて買えませんし、ましてや販売なんてできません。

だって、食べたら血糖値が上がる可能性がありますからね~。

皆さん、命かかって買って下さるのに、そんな商品、私なら「糖質制限で~す♡」なんて言って売れませんぜ。

このあたり、結局は

「作る本人がどれだけ糖質制限を理解しているか」

さらに言うと

「作る本人が糖質制限食を必要としているのか」

とどのつまりが

「作る本人が糖質制限食を実践しているのか」

ってとこじゃないでしょうか。

だって、自分は好き放題パンやら米やら麺やらケーキやら食べてて、

「私は糖質制限食を作ってます!皆さん買って下さい」

なんて言われたって、私なら信用しません。

てか、信用せいゆう方がムリでしょ。

私、伊達や酔狂で8年も糖質制限食やってません。糖質制限食を本当に理解しようと思ったら、自分がやってないと絶対無理だと断言できます。

あと、パッチモン業者と我々の違いは、「人の尻馬に乗って商売してるかどうか」ですね。

我々は、糖質制限食の普及のため、講演会やら勉強会やら様々な活動を行なっていますが、他所の業者がそんなことしてるなんて、ついぞ聞いたことありません。

この連中、販売サイトには糖質制限食について、江部康二先生の本やらブログからパクった説明書きをダラダラと書き連ねてるクセに、テメエらで糖質制限食の普及活動は全くしません。

この類いの業者、自分たちは100%糖質制限をしていないので、信用しない方がいいでしょう。

あと、「送料無料!」やら値段を下げて販売しているショップもどうかと思います。

本気で糖質制限の食品を作れば、そんな値段で絶対に売れません。

ましてや、血糖測定なんて手間とヒマとコストの掛かることは絶対にしてません。

私たちだって、売り上げ上げようと思ったら、訳の分からない原材料使って面倒な検査全部やめて、それこそ「糖尿病の方向けの糖質制限食です」とか誤解を与えるような文言並べた広告打てばいいんです。

けどね。

そんなことして何になる?

人の弱みに付け込んで商売、そんな恥知らずなマネ、私はよーやりませんわ。

京都高雄倶楽部、糖質制限ドットコムで販売している商品は、江部康二先生で人体実験(笑)並びに高雄病院の患者様にご協力頂いて、血糖測定を実施、合格したものしか販売しておりません。

医療機関できっちり検査してから販売しているのは、恐らく、というか、まあ確実に私たちだけでしょう。

我々の商品は、正しく“江部康二先生の血と涙の結晶”(笑)なのです。

食べて食後血糖値測れば違いが分かります。

糖質制限ドットコム
http://www.toushitsuseigen.com/

パッチモンは売りません。





糖質制限食・ダイエット食の通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは、糖質制限食の第一人者、高雄病院、江部康二先生監修による糖質オフな食材を販売、糖質制限食に取り組む皆様をサポートします。



糖質制限食 | コメント(11)
 | HOME |