12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

締切りの神様・・・

2011年01月31日
トイレには、それはそれは綺麗な女神様がおられるそうです。

私のデスクにも、締切りの神様、できればそれはそれは綺麗な女神様が降臨して、締切りを伸ばして欲しいと切に願う、あらてつです。

嗚呼、みんなで無茶を言う…。



あらてつ的雑感 | コメント(2) | トラックバック(0)

恐らく日本全国で行われているであろう意味のわからん糖尿病治療 

2011年01月27日
昨年12月、いつもお世話になっている、管理栄養士の大柳姉御と、旅のおえかき作家とまこさんと糖質制限な企画について、糖質制限食の聖地、Botanicaで打ち合わせをしてきました。

大柳姉御は、例によって宿酔いであ~う~と言いながらのご登場(笑)

一緒に行った我が弟も、前夜の宴会のものと思われる酒のニオイぷんぷんで、酔っ払いがサラウンドになったと、もはや打つ手なしの状態でした。

そこに現れたとまこさん、酔っ払い1号2号に負けず劣らず個性たっぷりの楽しい方でした(笑)

そのとまこさんが、この時の様子を漫画にして送って下さいまして、パートさんに見せると、

「この絵、そっくり~!」と大盛り上がりでした。

そう言や、自分で書いた似顔絵もそっくりだとよく言われるし、私って書きやすい顔なんですかね?

一回、似顔絵募集してみようかと思う、あらてつです。

最近は、プロボクサーの西岡選手に似ているとよく言われるんですが…。

ちなみに、旅のおえかき作家とまこさんのブログはコチラ↓なので、皆さん是非見てみて下さいね。

旅ふぇち
http://tomako.net/

さて。

話は全然変わります。

江部康二先生の患者様で、講演会にもよく来てくださる方がおられまして、何かとお世話になっているのですが、その患者様から先日、こんな怒りのメールを頂戴しました。

『入院中は、ブドウ糖入り点滴で血糖値が200を超え(私糖尿病なんだもの 当然ですよね)、インスリンを打ってもらいましたが、入院先の病院には、自分は糖尿病で病院通いをしてると前もって言ってあるのに、なんでブドウ糖入り点滴で血糖値を上げてインスリンで下げるかーと思いました。

退院時に書いてくださいと言われた病院のアンケートには"これでは薬剤の無駄使いだ" としっかりと書いてやりました。 』


先日、江部康二先生が、ブログで「糖尿病学会が糖質制限食を中止しようとしている」との読者の方からのコメントを紹介されてました。

とある講演会でのお医者さんの発言だそうで、私が直接この話を聞いたわけではないので、前後の話やニュアンスやら発言したご本人の意図は分かりません。

ですが、糖尿病学会やその他多くのお医者さんが、糖質制限食を快く思ってないことは間違いない事実で、現に患者さんが、

「糖質制限食の話を主治医にしたら、罵詈雑言浴びせられた。」

なんてのはしょっちゅう耳にしますし、私のブログにも、悲嘆に暮れた読者の方からのコメントを頂いたりします。

患者さんに罵詈雑言浴びせてる、お医者さんに言いたい。

「さんざんエラそうなことぬかしやがって、オマエらのやってることはなんや?」

ブドウ糖を点滴して血糖が上がる→それをインスリンで下げる

アホかおまえら

これ、恐らくというか、日本中の病院で行われているであろう医療行為でしょうが、

こんなもん、医療行為とゆうていいのか?



<つづく>



糖質制限食・ダイエットの通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは低炭水化物ダイエットや糖質制限食向きの食品通信販売を行ってます。ラカントSは糖尿病の方に適した病者用食品です。




おかしいと思うこと | コメント(4) | トラックバック(0)

久しぶりに熱発しまして、漢方薬で良くなったお話

2011年01月25日
金曜日から頭痛がしていて、最近寝不足が続いてるしなぁと思っていましたら、日曜日の夜から顔が痛くなりだしました。

「あかん、また副鼻腔炎や」

と思い、抗生剤を飲んだのですが、とうとう昨日から熱発しました。

フラフラしてるのを見兼ねた江部康二先生、「あらてつは虚弱なんだから薬飲んだ方がええやろ。診察するから外来でカルテ出しといて。ついでにインフルエンザの検査もしとこう。」と仰って下さいまして、いそいそと高雄病院外来へ向かいました。

「お~、久しぶりの江部康二先生の漢方問診」

とか思いながら、口が乾くとか冷たい物が飲みたいかなど、問診に答えてますと、

「おし、これでいいだろう。」

と漢方を処方して下さいました。

「じゃ、これ受付出しといて。」

とカルテを渡され、足軽に診察室を出ようとされる江部康二先生、

「先生、インフルエンザは…」

「あ、忘れとった。そんなに熱ないし違うやろ。」

と笑いながら白衣を翻し出て行かれました。

で、処方して頂いた漢方薬、2日分を1日で飲んだり、汗かくまで飲みまくるという「ホンマに大丈夫やろか?」と思わず心配になる“倍量飲み”という飲み方がありまして、もはや禁じ手(笑)に近いものを感じますが、江部康二先生の「とにかく飲みまくれ」とのお言葉を信じ、まさしく飲みまくりました。

そしたら、汗かくかく(笑)

足なんか、靴下履いてられないくらい熱いんですよ。

で、熱めのお風呂に入って体が熱いうちに布団に入ると、今度は熱すぎて寝られません(笑)

朝まで寝汗をかいて目覚めて、また寝汗をかいて目覚めてを繰り返すうちに、だいぶスッキリしてきました。

まだ若干の頭痛は残りますが、熱は下がって、今日は無事出勤です。

漢方治療、恐るべし!をまたまた身を持って体感した、あらてつでした。

だからナニ?って言われると、それまでなんですが…。




糖質制限食・ダイエットの通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは低炭水化物ダイエットや糖質制限食向きの食品通信販売を行ってます。ラカントSは糖尿病の方に適した病者用食品です。



漢方 | コメント(0) | トラックバック(0)

あらてつの肉とチーズな日々、セカンドシーズン

2011年01月21日
最近、チャイにはまってます。

行きつけの紅茶屋さんに、いろんな種類のチャイがありまして、手頃で美味しそうなのを買ってみたら、これが美味しい。

ここのところ、毎朝鍋でチャイを煮出して飲んでます。

が、ひとつ困ったことが。

チャイって牛乳入れるじゃないですか。私、牛乳飲むと下痢するんですよね。

最初、下痢の原因が全然わからなくて、

「おかしい、肉とチーズしか食べてないのに、なんで下痢する?もしかしてあの肉、イタんでるんか?」

実際はそんなワケなくて、ただ単に牛乳で下痢してただけでした。

ですが、下痢をしてでもチャイは飲みたい。

チャイを取るか下痢を取るか、またひとつトイレで悩むことが増えてしまった、あらてつです。

さて、尾籠な話は置いといて、再び始まった肉とチーズな日々のおはなしです。

前回の「あらてつの肉とチーズな日々」、最終的には、一日三食肉とチーズのみで一週間過ごしたわけですが、全くもって快調で、肉もチーズも美味しいし、ちょとした幸せを感じておりました。

で、「肉とチーズな日々、セカンドシーズン」を開始しようと、今回は、12キロのもも肉と4キロのチーズを買い込みました。

冷蔵庫いっぱいの肉とチーズにご満悦で、意気揚々とセカンドシーズンがスタートしたのです、が。

夜勤から帰ってきた彼女、部屋に入るなり

「うわっ、なにこのニオイ!?くっさー!」

前回買ったチーズ、すごく美味しかったので、同じのを買おうか迷ったのですが、どうせなら違うのも試したいと、今回はオーストリア産の熟成チーズ「チローラ-チロリアンチーズ」を買ってみたんです。

しかも、“欧州チーズコンテスト2008年銀賞受賞”なんて書いてありましたから、さぞ美味かろうと期待してたわけですよ。

で、ちむどんどんしながら待っていたチーズが届きまして、早速、真空パックからだしてみると…

「くっさー!」

私が生涯で認識したことのある臭いの範囲に、この臭気は含まれていません、人生で初となるくらい強烈なニオイを放ってます。

「いや、鮒ずしもクサヤの干物も、大概臭いけど美味いやないか。これも食ったらきっと美味いに違いない。」

と、あらんばかりの勇気を振り絞り、一口食べてみたのですが…。

「クサ過ぎて味がわからん…。」

台所に鎮座まします4キロのチーズを前に、もはやボーゼン自失の状態です。

「うっげ~、こんなん4キロもどないしたらええねん。3年かかっても食いきれへんぞ…。ヨーロッパの人間て、みんな鼻つまっとんちゃうんか?」

ですが、せっかく買ったんですし、食べ物すてるなんてバチあたりなマネできませんから、なんとか食える方法がないかと、説明書きを読みなおしてみました。

すると…

「加熱するとより一層美味しく召し上がって頂けます」

「よし、フライパンで焼いてみよう。」

フライパンにオリーブオイルを引きまして、先程のチーズを切って入れてみたところ、今度は、幼き頃、母に手を引かれて歩いている途中で、嗅いだことのある臭いがしてきました。

記憶を手繰っていきますと…

「動物園のニオイやんけ。」

そうです、子供の頃に行った夏の動物園で、バッファローの檻の前で嗅いだのと全く同じニオイです。

もはやこれまでかと思われたのですが、動物園に遠足にいって、バッファローの檻の前で弁当食べたと思えばいいやと、もう半ばヤケクソで一口食べたんですよ。

「美味い!」

ほんまにね、めっちゃ美味いんですよ、これが。

え?同じチーズ?さっきのはなんだったの?と思えるくらい濃厚かつクリーミーで、さすが銀賞は伊達じゃないよ、さっきまでの自分はどこえやら、あっと言う間に500g分焼いて食べちゃいました。

さすがにこれだけ焼いてると、すっかりニオイにもなれたみたいで、全然気にならなくなってたのですが、そこへ夜勤から帰ってきたから、さあ大変。

「あんたナニしてくれてんの!」

と、罵詈雑言の嵐でした。

それから、「チーズ禁止令」がでた我が家。

残りのチーズは、厳重にパックされたまま、冷蔵庫で眠っております。

賞味期限はあと三ヶ月。

その間にニオイを出さずに調理出来る方法が見つかるか、私が家を追い出されるか。

あらてつの肉とチーズな日々セカンドシーズン、波乱万丈な幕開けとなりました。

新井田シェフ、もし食べ方ご存知でしたら教えてください…。



糖質制限食・ダイエットの通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは低炭水化物ダイエットや糖質制限食向きの食品通信販売を行ってます。ラカントSは糖尿病の方に適した病者用食品です。




糖質制限食食材 | コメント(8) | トラックバック(0)

オマエら雪ナメてるやろ

2011年01月18日
昨日の朝、前日から降った雪がしっかりと積もって、京都市内は一面銀世界でした。

朝一番で商品を取りに行かなきゃいけない用事があったので、雪が降ると言われていた土曜日から、スタッドレスタイヤを履いた社用車を準備して、万が一通れない道があってもいやなんで、結構早めに出発してと、用意万端出かけました。

ところが、です。

いつもなら渋滞が始まる前の時間帯で、道路もスイスイ流れてるはずが、えっらいババ混み。

なんでや?と思って車を見てみると、どいつもこいつもノーマルタイヤで走ってるじゃあ~りませんか。

道路に降り積もった雪、前日から降っていたんで、踏み固められて圧雪になってます。

なもんで、ノーマルタイヤだと、ちょっとアクセル踏み込んだだけでタイヤは空転しますし、ブレーキ踏んだら滑って止まりません。

それで、20キロ以下の速度でチンタラちんたら走ってるんですね。

挙句には、上り坂で滑ったトラックが横向きに止まって、そこで二車線塞いでチェーン巻いてます。

「オマエらなぁ~」

私、今からは考えられないですが、20代前半はシーズンになると毎週スキーに出かけておりまして、雪道には少しは慣れてるつもりです。

それでも

ノーマルタイヤで雪道走らんぞ。


よー走らんのやったら、ノーマルタイヤで出てくんな!

しかも、です。

スタッドレスでも凍結してりゃスベリます。念のためにチェーンは必ずトランクに積むか、凍ってそうなら巻いてから走ります。

なんの準備もせんと雪道走るなんてお馬鹿なマネはしません。

何故なら。

他人に迷惑かけるからだ。

滑って単独で事故して痛い目みるのは本人の勝手ですが、他人を巻き込んだらどうです?

滑って道ふさいじゃったら?よその車に突っ込んだら?

物損事故ならまだいい方で、人でも轢いたらどうすんです?

私は、雪道をノーマルタイヤで走るようなお馬鹿に轢かれるなんて、真っ平御免です。

ましてや、そんなんで命落としたら、轢いたヤツを末代まで祟ってやりますよ。

そもそも、金曜日の天気予報で、

「週末から月曜にかけて大雪になるのでご注意下さい」

ってどこの天気予報でも言ってました。

そやのに、なんでなんの備えもせえへんねん!

それで他人に迷惑かけるな馬鹿共が!

この雪の中、ノーマルタイヤで出てくるということは、走れる自信があったか状況判断ができないか、いずれにしても血の巡りが悪いことは100%間違いありません。

現実どいつもこいつもツルツル滑ってますからね。

それで滑って人に迷惑かけてりゃほんと世話ないです。

この冬は、まだ何回か雪が積もりそうな気がします。

またこんなお馬鹿共が路上にあふれると思うと、今からウンザリするあらてつでした。








おかしいと思うこと | コメント(10) | トラックバック(0)

SMBGにまつわる怪

2011年01月14日
年末東京へ行った際の出来事。

えらいお客さんが並んでるかりんとう屋さんがありまして、そこからひとりのおねーちゃんが、手にかりんとうの入った袋を持って出てきました。

スラっと身長が高くて、小奇麗に化粧してブランドのバック持って、まあ容姿には自身があるような感じです。

店から出ると、外で待っていた彼氏か旦那とおぼしき白人男性のもとに歩み寄り、にこやかに歩き出したんですね。

歩きだしてすぐ、このおねーちゃん、手にしていたかりんとうの袋の上を破いて、さも当然のようにポイって路上に捨てました。

思わず目がテンになりました。

この二人、かりんとう食べるのにすぐに立ち止まったので、このおねーちゃんが捨てた袋の切れ端と、おねーちゃんの顔を、交互に5回くらい見ると・・・

地獄の鬼もかくやといった表情で睨みつけられました。

容姿がいいなんて、たまたま親がそのように産んでくれただけの話。外面を着飾るより心を磨けよと思った、あらてつです。

こんなおねーちゃん10メートルの棒の先でも触りたかないです。

で、今日の話は、このおねーちゃんと全く関係なのですが、同じく去年の暮に、とあるメーカーさんが年末のご挨拶に来て下さいまして、江部康二先生もおられたので、いろいろとお話をしておりました。

その時、血糖自己測定器、SMBGの話になりまして、江部康二先生が、

SMBG、どんどん手に入りにくくなってるな。インスリン打っていないと保険適応されないだろ。ほんで、以前はネットで変えたのに、今は買えなくなってきてるしな。なんか逆行してる気がする。」

とおっしゃいました。

確かにそうです。

この話に聞いてまして、基本、人を疑うところから入る私は、

「はあ~、例によってどこぞから圧力にたいなもんがあったんやろ~。食後血糖測られたら困る連中がおるんやろな。」

と思ったので、

「なんか、意図的なものを感じますね。」

と申し上げますと、江部康二先生、基本が性善説(笑)でいらっしゃいますので、

「いやあ~、なんぼなんでも、それは考えすぎだろう。」

と笑ってらしたのです、が。

急に真顔になられて

「いや、そうかも知れん。血糖自分で測れたら、自分でコントロールできるし病院行かんでいいもんな。それに、診察の時にコントロールの仕方を教えなあかんやろ?そんなん、普通に診察してるだけの医者(カロリー制限でしか診てない医者ですね)にはできひんからなあ。そら、困るやついっぱいでてくるやろ。あ、そうや、これはなんか裏があるわ。」

保険適応の対象についての是非は、取り敢えず置いといて、SMBGがもう少し手軽に買えれば、かなり糖尿病の予防に繋がるんじゃないかなあと、私は思うんですよ。

例えば、職場で健康診断を受けたとします。たいてい、空腹で検査しますから、糖尿病などの場合は、ある一定進行していないと発見できません。

ですが、検診を受けてみて、自分のお腹まわりを測ったりすると、普段は気にしてなくても、ちょっと「ほんまに大丈夫やろか?」と疑問に思う時がありますよね(笑)

健康について考えるなにかキッカケがあったとき、自分で食後血糖を測ることができれば、糖尿病の早期発見が可能だと思いますし、そうすれば早い段階で治療を受けに行くことができます。

仮に自分で測ってみた数値が、健康診断でもらったパンフに書いてある、「予備群」に当てはまったとすれば、その段階で診察に行けますし、その後は、自分でちゃんと血糖コントロールをすれば、進行を食い止められますからね~。

その結果、余計な薬もいらなくなるし、医療費も削減できるし、とても良い事尽くめのような気がします。

ですが、一部の方達には不都合なんでしょうね~。

だって、カロリー制限しても食後高血糖は防げないのがバレちゃいますし、何が血糖を上げるのか、自分たちが知らない&知ってるけど黙ってるのもバレちゃいますからねえ。

しかも、自分でコントロールされたら、医療機関にくる人減っちゃいますもん。

そら、なんか企む奴がおっても不思議やないですね。

医療費削減が声高に叫ばれて久しいですが、本気でなんとかしたいなら、このあたりの利権にも仕分けが必要でないかと思った年末でした。



糖質制限食・ダイエットの通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは低炭水化物ダイエットや糖質制限食向きの食品通信販売を行ってます。ラカントSは糖尿病の方に適した病者用食品です。



おかしいと思うこと | コメント(4) | トラックバック(0)

高雄病院での糖質制限食による入院治療について

2011年01月12日
昨日、朝付けたエアコンが効いて部屋が暖まったのは、午後3時を回ってからでした。

今朝、車のフロントガラスが凍ってたので、ペットボトルに入れたぬるま湯をかけて、ボトルを捨てに行って車に戻ると、かけたお湯が凍ってました。

「いつから京都はシベリアになった?!」

元旦からのイライラの半分以上は、この寒さの所為だと気がついた、あらてつです。

早く夏にならんもんか…。

さて。

話は変わって、昨日、今年初めてブログのPVが1000件を超えてました。

江部康二先生のブログも7500件越えと、年末年始休み前の水準が戻ってきましたし、私ども(株)京都高雄倶楽部の糖質制限食通販サイト、糖質制限ドットコムのアクセスも、お陰さまでぐっと増えておりました。

なんか雑誌に出たかな?と思い返すのですが、ここのところ立て続けに取材があり、もはやドレがなんだかさっぱり分かりません(笑)ちなみに、今も江部康二先生、電話取材中です。

その所為なのかわからないのですが、高雄病院の糖質制限食治療についての問い合わせも何件か頂きました。

ただ、私どもにお電話&メール頂いても、診療やら入院についてお答えできないので、以下、久しぶりに高雄病院での糖質制限食による入院治療についてご案内再掲です。

江部康二先生の本やブログを読まれたり、講演会をお聞きになられて、糖質制限食による糖尿病治療をやってみたいと希望される方からお電話頂くことが多々あります。

現在かかっている主治医が糖質制限食に反対してたり、出ている薬やインスリンを、どうやって調整したらいいのか分からなかったり、糖質制限食の食事そのものがイマイチ分からなかったりとか、疑問点があるので、いっそのこと、高雄病院に入院して、しっかり数値を改善させたいと。

糖質制限食は、リアルタイムに効果が出ます。始めたその日から血糖値は下りますし、患者さんの中には入院中にインスリンから離脱できた方もおられます。

主治医が協力的でなく、血糖降下剤を飲みながら、もしくはインスリンを打ちながら糖質制限食を行って、低血糖になったなんて話はザラにありますし、コレステロール値がちょっと上がっただけで、コレステロールの薬を出されたなんてのも、しょっちゅう聞きます。

経口血糖降下剤を飲まれている方、インスリンを打たれている方が、自己流で糖質制限食に取り組まれると、非常に危険です。

高雄病院に入院して頂ければ、入院中に、低血糖を起こさず薬の量を調整しながら止めることも、インスリンの量を調整することも可能です。

また、糖質制限食の食事そのものが分からないと仰る方は、教育入院という形で高雄病院に入院して頂いて糖質制限食について学べば、後はご自宅でも実践できます。

で、入院期間についてですが、これは、その方その方の症状によって変わってきます。診察するドクターの判断によって異なるので、一概には言えないですが、おおよそ2週間、最短で3泊4日で可能です。

高雄病院は、もともと漢方治療、アトピー治療で有名(?)でして、南は沖縄から北は北海道まで、日本全国から患者さんが来られて入院されます。入院期間中に、アトピーのことや正しいケアについて学んで退院されて行かれます。

また、季節ごとに京都観光を兼ねて、短期間の入院をされる方もおられます。

こんな様子から、“アトピー学校”や“ペンション高雄”の異名を誇り(?)ますが、なかなか言いえてると思います。

“入院”となると気分的にも大変ですが、糖尿病の方も、「糖尿病のコントロールを学ぶ」ために高雄病院をご利用くだされば良いのではないでしょうか。

江部康二先生はもちろん、他のDr方々も糖質制限食治療に当たられますし、管理栄養士さんから、糖質制限食を進めていく上での栄養指導なども入院中に受けて頂けます。

糖質制限食に取り組まれていて、薬のコントロールが難しい方、思ったように血糖コントロールが出来ない方、もちろん、これから糖質制限食に取り組みたいとお考えの方も大歓迎です。

なお、入院費用ですが、これも病状によって変わりますが、だいたい、一日当たり1万2~3千円くらいと考えてもらえればいいかと思います。

糖質制限食についてのお問い合わせ、また、入院や診察についてのお問い合わせは、以下の電話番号にお願い致します。


高雄病院 
http://takao-hospital.jp/
TEL:075-871-0245 




お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0)

あ、あかん

2011年01月11日
さむい…。





糖質制限食・ダイエットの通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは低炭水化物ダイエットや糖質制限食向きの食品通信販売を行ってます。ラカントSは糖尿病の方に適した病者用食品です。

あらてつ的雑感 | コメント(2) | トラックバック(0)

あらてつ的雑感を少々

2011年01月08日
今年は怒らないとお不動様に誓ったのに、新年早々オコリザルと化してます。

そこで、今月の標語を考えました。

「明日に礼拝、夕べに感謝」

なんかちがうな。

「てのひらのしわとしわをあわせて、しあわせ。なーむー」

これでいこうと思います。

いつも心に菩薩の笑みを。あらてつです。

りんこ3さん、↑ご存知ですよね?

さて、別に夕べでじゃないのですが、年末からいろいろと感じている人との縁と感謝について、つらつらと書いてみます。

まあ、さらっと読んで下さい(笑)

年末、30、31日と東京へ行っていました。

東京といえば、忘れてはならないのが、糖質制限食の聖地、ボタニカですが、ここ3年、年末はボタニカにお邪魔するのが恒例となっておりまして、私の中では一年を締めくくる大切なイベントとなっています。

いつもは年末1日だけなのですが、今回は2日間東京で予定があったので、今まで一回しか言ったことがない夢の「ボタニカでディナー」を予約させて頂きました。

いつも予約を入れさせて頂く時、新井田シェフにわがまま言って料理のリクエストをするのですが、新井田シェフ、私の期待を上回る素晴らしい料理で答えて下さいます。

時には、とても嬉しいサプライズをご用意して下さったり、なんか申し訳ないくらいです。(それで、つい嬉しくなって毎度我が侭リクエストしてしまうのですが…。)

今回も、ランチ、ディナーともに年末ぎりぎりで無茶を言ったのですが、予想を遥かに超える素晴らしい料理を出して下さいました。

なんか、すごく嬉しいですねえ。

新井田シェフだけじゃありません。

支配人の星野さん、いつも予約時間に受付のところで待っていて下さいます。食後のサプライズも、新ネタ用意して下さってます(笑)

副支配人の中田さんも、いつも満面の笑みで迎えて下さいます。

スタッフの大池さん、いつも美味しいワインを選んで下さいます。

しかも、私が酒に弱いのご存知なので、最初に「今日は何杯飲まれますか?」と聞いて下さいます。

ランチの時は大概1杯にしておかないと寝てしまう(笑)ので、その時は、コースの料理すべてに合うワインを選んでくれるんですね。

今回のディナーでは、せっかくだから2杯にとお伝えすると、二杯目のワインは、三種類を少量ずつ持ってきて下さり、「これでちょうど1杯分です。飲み比べてみて下さい。」

ほんとに感激しました。

今まであまりお話する機会がなかった鈴木さん、わざわざご挨拶に来て頂き、星野支配人の前座でサプライズを披露して下さいました(笑)

選んで頂いたワインも、おかわりしたいくらい美味しかったです。

女性スタッフの鳥羽さん(字あってるかな?)、MAIさん(なんてお読みすればいいのか、いつも聞こうと思ってききそびれます)も、素敵な笑顔と最高のもてなしで迎えて下さいます。

受付担当されてる兼平さん、楽しいおしゃべりありがとうございます。今度ライブ一緒に行けたらいいですね(笑)

そして今回、なんと阿曽シェフが年末のお忙しい中、わざわざご挨拶にきて下さいました。

まさかお会いできるとは思わなかったので、恐縮してヘンな汗かいちゃいました(笑)

阿曽シェフ、本当にありがとうございました。

私なんか、それこそ年に数回くらいしかお店にお邪魔しないわけじゃないですか。それでも皆さんにここまでやって頂けるのは、本当にありがたいですし、感謝してもしきれません。

こうやってボタニカに来させて頂けるのも、糖質制限食の仕事について、江部康二先生の後をくっついて回らせてもらっているからなのですが、これも、江部康二先生からお声がけ頂かなければ、今頃、全然違う仕事してたでしょうし、ボタニカの皆さんにもお会いできてなかったわけです。

さらに考えると、M本先生こと、針灸師の村本先生から糖質制限食のことを聞いて実践していなければ、江部康二先生からもお声がけ頂いてないわけで、そう考えると、人との出会いや縁は、本当に大事にしなければいけないなとしみじみ思いました。

このブログきて下さってる皆さんとお会いできたのも、大切なご縁なのかなと。

頂いたご縁を大切にして、今年一年、頑張っていきたいと思います。

それでは皆さん、本年もどうぞ宜しくお願い致します。

あ、うまくまとまった(笑)


最後に糖質制限なフルコースですが、Botanica以外の下記のお店でも御用意して下さってますので、要チェックです。

ご予約の際は、「糖質制限食で」と言うのを忘れずに。


「Botanica」
東京都港区赤坂9-7-4 
東京ミッドタウン ガーデンテラス4階
TEL:03-5413-3282
営業時間
LUNCH: 平日     11:00~14:30 (L.O.)
   土・日・祝 11:00~15:00 (L.O.)
DINNER: 平日・土 18:00~21:30 (L.O.)
日・祝 18:00~21:00 (L.O.)

「代官山ASO チェレステ二子玉川店」

東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川高島屋S・C南館11階
TEL:03-5797-3380
営業時間
ランチ 11:00~14:30(L.O.)
ディナー 18:00~21:00(L.O.)
定休日 なし


「代官山ASO チェレステ日本橋店」
東京都中央区日本橋室町1-4-1
日本橋三越本店 新館10F
TEL:03-3243-1820
営業時間
ランチ 11:00~14:30(L.O.)
ティータイム 14:30~16:00(L.O.)
ディナー 17:30~20:30(L.O.)
定休日 なし





糖質制限食・ダイエットの通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは低炭水化物ダイエットや糖質制限食向きの食品通信販売を行ってます。ラカントSは糖尿病の方に適した病者用食品です。




あらてつ的雑感 | コメント(5) | トラックバック(0)

糖質オフ デミグラスソースの煮込みハンバーグ お陰さまで大好評です♪

2011年01月07日
main.jpg

今日は、久しぶりの新商品紹介。

はいこちら。

糖質オフ デミグラスソースの煮込みハンバーグ

あ、「なんや、ハンバーグなんて家でつくれるやん」と思った方いるでしょう?

「アマ~イ!」

この糖質オフ デミグラスソースの煮込みハンバーグ、そんじょそこらのハンバーグと一緒にしてもらっては困りますぜ。

山形は蔵王の地で、ある時はマイナス7°の中、江部康二先生と露天風呂で朝湯して、またある時は気温32°の炎天下の中、地面に引いてあるアルミマットからの照り返しと上からの直射日光に、ローストあらてつになってしまうんちゃうか?と思いながら、汗だくになってサクランボ摘みをし、ようやく完成した、まさに乾坤一擲の自信作です。

文字通り、汗と汗の汗の結晶でございます、はい。

で、なんでまたハンバーグなの?と疑問を持たれた方も多いかと思います。

何故か?

食べたかったから(笑)

ほら、家でハンバーグ作ると、フツーにスーパーなんかで売ってるミンチ使って作るじゃないですか。

そうすると、肉が美味しくないんで、つなぎのパン粉入れないとマズくて食えたもんじゃないんですよね。

しかも、美味しい肉ならソースかけなくてもそのまま食べられますが、美味しくない肉で作ったハンバーグを何もかけないで食べられるほど、私はチャレンジャーではありません。

それなら、いっそのことソースごと糖質オフで作っちゃえ!で出来上がったのがこのハンバーグです。

ここまで読んで、さらに疑問が湧いた方。

なんで山形なん?

私が温泉好きだからではなく、山形県に蔵王ミートさんと仰るお肉屋さんがありまして、雑誌ダンチュウの糖質制限食特集を読まれて、江部康二先生を訪ねて来られました。

いろいろお話をお伺いしますと、健康な牛にとことんこだわった品質の高いお肉を扱っておられまして、さらに今いろいろと問題視されてます、ビタミンA欠乏症の牛は絶対に扱いませんと仰る社長さんの熱意に打たれまして、是非、提携致しましょうと相成りました。

そして、温泉浸かってサクランボ摘んで…、

もとい。

あれやこれやと山形に足を運びーの、電話しーの、メールしーので出来上がったのが、この

「糖質オフ デミグラスソースの煮込みハンバーグ」

というわけなのです。

糖質落とすために、もちろんつなぎは使っていませんから、肉本来のうまみが凝縮されていて、食べた食感は、まさしく

「肉」

しかも、使われている牛肉は、黒毛和牛や交雑種のA5,A4ランクの肉だそうで、でーじじょうとうであります。

普通ならこんなええ肉使うと、お値段もえっらいことになるのですが、そこはやっぱりお肉屋さん。思った以上に価格を抑えることができました。

さらに加えると、このでーじじょうとうやっさのハンバーグにかかっているのが、開発に一年以上かかった特製のデミグラスソース。

これがまたうまいんですねえ。糖質オフとは思えないくらい完成度高いです。私が作ったわけじゃないですが。

ほら、ハンバーグだけなら、それこそ肉だけで作れば糖質オフなんて簡単にできますが、かけて食べるソースはそうはいきませんからねえ。

しかもしかも、この糖質オフ デミグラスソースの煮込みハンバーグ 、ハンバーグが200gにソースが70gと、他を圧倒するボリューム。

正直、これ一つで充分お腹が膨れるシロモノです。

それでもって、あんまりソースがたっぷりなもんで、私なんかソースとっておいて、ステーキにかけたりしてますから。

それくらい美味しいソースになってます。

しかも、このハンバーグ、一点一点蔵王ミートさんで手作りされてるんですよ。丹誠込めてこねたハンバーグを、これまた丁寧に直火焼きされてます。そうして出来上がったハンバーグを、今度は瞬間冷凍して真空パック。できたての美味しさを逃がしません。

冷凍して真空パックということは、湯煎するだけで食べられるということで、なんせ巨大ですから湯煎時間は20分と少々長いですが、一からハンバーグこねて焼くこと思えば一瞬です、多分。

これ以上うだうだ書くとウソっぽくなるので、取り敢えずこの下↓クリックしてくださいませ。

さらに、お買い求め頂けるととっても嬉しいです(笑)

糖質オフ デミグラスソースの煮込みハンバーグ
http://www.toushitsuseigen.com/shop/set_burg.html


このソース、ふすまパンにつけて食べて頂いてもとっても合います。

両方とも冷凍で同梱できますので、是非どうぞ。

皆様のご注文、お待ちしております♪




糖質制限食・ダイエットの通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは低炭水化物ダイエットや糖質制限食向きの食品通信販売を行ってます。






糖質制限食食材 | コメント(4) | トラックバック(0)

糖質制限食に対する周囲の理解のなさ

2011年01月06日
4日に、遅ればせながら初詣に行ってきました。

滋賀県にある小さな神社なのですが、今年で4年目になります。

あいにく霙まじりの天候でしたが、神様に向かって手を合わせていると、心晴れ晴れ身の引き締まる思いがします。

「今年は怒らず奢らず高ぶらず過ごせますように。」

いつしか天気も回復し、こいつは春から縁起がいいやとご機嫌で帰路についたのです、が。

帰りの道中、急な割り込みしてくるバカ、前方の信号が青なのに延々車間距離明けてちんたら走り、挙げ句に赤信号でもそのまま走りさって後ろの車(私ですね)を取り残してくれるバカ、左車線からウィンカーも点けずに右折してくるバカと、新年早々自由人のオンパレード。

「おまえらどこみとんねんこらあ~」

新年の誓いを30分も経たないうちに破ってしまった、あらてつです。

今年は良い年になるんかなあ。

さて、話は全く変わります。

糖質制限食に取り組んでいて、周囲の理解のなさに悲しくなったことってありませんか?

uniuniさんから、そんな魂の叫び(?)を頂いたので、ご紹介です。

『単なるぐちなんですが

 あらてつさんはじめまして。今年の11月ごろからぼちぼち糖質制限をしています。

 糖質制限を始めた理由は、糖質制限を知って、通勤途中の電車の中や、勤務中の強烈な眠気をどうにかしたいと思ったのと、甘いもの大好きで、このままでは私も糖尿病かも・・・と思ったからです。あと、ダイエット目的もあります。

 糖質制限をはじめて2ヶ月ほど、通勤電車の中での強烈な眠気はほぼおさまりました。まったく無くなった訳ではありませんが。ダイエットのほうは・・・腹の上のポニョは健在です。とほほ。

 が、先日友人にメールで糖質制限のことを話題にしたら、「炭水化物を抜くなんて不自然だ」とか「メタボ大国のアメリカの言うことなんて信じられない」「炭水化物はちゃんと取るべきだと○○先生が言っている」などと猛烈に拒否反応が返ってきました。

 あとで判ったことですが、彼女の家は米策農家で、主食抜きの話題にはナーバスにならざるを得ないようです。

 かといって、彼女に配慮して糖質制限をやめる訳にもいかないし・・・。玄米は炊くのが面倒だし。

 お米を食べない、というのは日本人として罪悪感を感じるというか、非国民と言われているような気がしてしまうというか・・・。糖尿病だからではなく、ダイエット目的で糖質制限をしているから、そう感じてしまいます。

あらてつさんはこんな経験や、米を食べない罪悪感を感じたりとかは無いですか?』


uniuniさん、こちらこそはじめまして&コメントありがとうございます。

糖質制限で通勤途中の眠気が解消したとのこと、よかったです。

これは多分、糖質を摂らなくなったことで、インスリンの分泌が少なくなって、食後に血糖値が一気に下がる現象が無くなったからではないかな~と思います。

あとは、もうちょい続けて、腹の上のポニョとさよならして下さいね(笑)

で、糖質制限食に強烈に拒否反応起こす方ですが、私の周りにもいますよ~。

以前は、徹底的に論破しないと気が済まなかったのですが、最近は、適当にあしらうことにしました。

「う~んそうだね、米食べないのは不自然だね。けど庶民がまともにコメ食えるようになったのはいつからなんだろう。高度経済成長期以降だと思うんだけど僕が間違ってたんだね。」

あと、私が糖質制限食に取り組んだ当初、さんざん米食わないのはおかしいと、私にボロカス言っていた人物が、昨年糖尿病になりました。今では、江部康二先生の講演会にも出て、なんちゃって糖質制限食をやってます。

人間なんてこんなもんです(笑)

私、いわゆる「世間様」の声は気にしないことにしてます。ごちゃごちゃ言ってくる世間様、じゃあ何か困ったときに助けてくれるかゆうたら、そんなもん助けてくれません。無責任な批判には耳を貸さないのが一番です。

けどまあ、ご友人ならそういうわけにもいかないでしょうし、そういう場合の解決策として

1、こっそりやる
2、米アレルギーになってしまったという
3、お手軽かんたんに炊ける、糖質制限ドットコムの発芽玄米を買う(笑)

私としては3がおススメ(笑)ですが、江部康二先生は2をススメてらっしゃいます。

ウソも方便といいますし、あえて真実を語らずともよいのではないかと。

あと、米を食べない罪悪感ですが、そんなもん、カケラもございません(笑)

逆に、米、というか炭水化物を食べることの方が、罪悪感を感じます。

「あ~、膵臓が必死でインスリンを絞り出してる~、膵臓君、ごめんよ~」

こんな感じです、はい。

なのでuniuniさん、年も明けたことですし、そんな罪悪感はキレイさっぱり捨て去ってくださいませ。

あまり答えになってないような気がせんでもないですが、またなにかありましたら、お気軽にコメント入れて下さい。糖質制限食に関することなら、愚痴でもなんでもOKです♪




糖質制限食・ダイエットの通信販売|糖質制限ドットコム

糖質制限ドットコムは低炭水化物ダイエットや糖質制限食向きの食品通信販売を行ってます。



糖質制限食 | コメント(7) | トラックバック(0)

嗚呼、2011年

2011年01月03日
明けました。おめでとうございました。

今年の抱負は、

「振り返らない。」

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

あらてつ



あらてつ的雑感 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME |