03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

糖質制限食とは関係ないですが、航空会社にモノ申す。

2009年04月30日
確か去年の今頃、「たかだか一週間やそこらの休みで大型連休などと、片腹痛いわ!」と書いたような気がします。

高雄倶楽部は、カレンダー通りの休みなので、5月2日から6日までの5連休となります。でもって今年は、人生初のゴールデンウィーク中の旅行に出かけることになりました。

これまで、連休とは無縁な職場で働いていたこともあり、世間様と同じ休みを取ることはなかったのと、人込みがキライなので、わざわざ休日に出かけるようなことしなかったんです。

だがしかし、一緒に行く連中が世間様どおりの休みのため、同じ休みを取るしかなかったわけです。

乗車率100%を越える新幹線に、今からウンザリしている、あらてつです。

なんでワザワザ嫌いな電車で出かけるかと言いますと、飛行機を取ろうとしたのですが、残念ながら取れなかったからなんですね。

この連休、飛行機で出かける方も多いかと思いますが、以前に書いた飛行機の時間に遅れてくるバカタレの話、覚えてらっしゃいますでしょうか。

その記事に、先日、こんな拍手コメントいただきました。

『私はハワイに行く時1時間待たされたことがあります。仕方なく飛行機から荷物を下ろそうとしたときにノコノコやってきたらしく顔も見えないその乗客にイライラしました。』

norikoさん、コメントありがとうございます。

私の場合、最長40分ですから、1時間はすごいですね…。さぞ、イライラされたことかと思います。

この記事書いたとき、「別にちょっと遅れるくらいかまへんやん。」とのご意見をいくつか頂きました。

いいわけなかろう。

1人で出てるんならまだしも、空港に迎えの人や車を待たしてたりするわけですよ。乗り合いの車なら同じ方面に帰る方々皆さん待たせるわけですし、個人で予約した車なんて、大幅に時間が遅れるとキャンセルになって、キャンセル料払わんとあかんのですわ。

「別にちょっと遅れるくらいかまへんやん。」

お前らキャンセル代払ってくれるんか?待たせてる人たちの時間、取りもどせるんか?

ふざけたこと言うのも大概にせぇよ思いますね、はい。

あと、ほんとに不思議なのが、なんで40分も1時間も遅れるバカタレを、ナニゆえ航空会社が待つのかなんですね。

お返事にも書きましたが、他の多くの乗客の貴重な時間を奪って、他人に迷惑をかけるのを省みないバカタレを待つのがサービスだと考えているなら、それは大きな間違いだと私は思います。

だってね、そんなバカのために迷惑を被っている大勢の乗客がいるわけですよ。そいつらを待つことによって、きちんと時間守って飛行機に乗り込んでる大勢の乗客へのサービスは、著しく低下するわけですわ。

そのあたりをどう考えているのか、一回、航空会社に聞いてみたいですね。

あ~、また朝からイライラしてしまいました(笑)



糖尿病 | コメント(2) | トラックバック(0)

糖質制限食によるローカーボダイエットでan・anに江部康二先生が載ってます♪

2009年04月28日
ここ数日、この季節にしてはずいぶんと冷え込んだ京都ですが、昨晩は、冬に逆戻りしたかのような寒さでした。

冷え込む前が暑い日が続いたので、例年ならゴールデンウィーク明けまで穿いてるバイク用のオーバーパンツやらフリースやら、全部片付けちゃったんですね。

けど、再び引っ張り出すのが面倒で、半分意地になって薄着でバイクに乗ってる、あらてつです。

朝からノドが痛いのは、そのせいでしょうか…。

え~、kamilleさんから頂きましたコメントにもありますよう、4月26日に販売されました女性雑誌 an・anに、ローカーボダイエット特集として、江部康二先生が監修されました記事が掲載されております。

「食べても痩せる不思議な理論。噂のローカーボダイエットに迫る。」

その中で、当社のローカーボふすまパンもちらっと紹介させて頂きましたところ、びっくりするくらいご注文を頂きまして、なんとパンの在庫が一瞬にしてカラになってしまうという、嬉しいような困ったような事態に陥ってしまいました。

以前、an・anとおなじ出版社から出ている男性向けのターザンという雑誌にも、江部康二先生が監修された同じような特集が組まれたのですが、その時はこれほどの反響がなかったんですね。

なんといいますか、女性のダイエットにかける執念の恐ろしさを垣間見たような気がします(笑)

取材に来られた出版社の方々(男性お二人です)は、ご自分たちでも糖質制限食を実際に試されて、実際に効果を確かめられたそうで、糖質制限食の理論的な部分もしっかりと理解されておられました。ですから、ターザンに引き続き、an・anでも特集を組まれたんだと思いますね。

実際の記事も読ませて頂きましたが、そこら中に溢れてる「なんとかダイエット」見たいな胡散臭さ全開のダイエット特集ではなくて、理論から実践まで、Q&Aやマンガや具体的なメニューを紹介しつつ、とても分かりやすくまとめられてます。

堅苦しくなくてとても読みやすいので、糖質制限食入門編としては、とてもいいと思いますよ。

まだ、コンビニや書店で販売されていると思いますので、まだ読まれてない方は、是非ご一読くださいませ。

江部康二先生、an・anが取材に来るからと、てっきり若い女性記者がくると思って、スーツにネクタイで待っていたのは、ここだけのお話(笑)



糖尿病 | コメント(4) | トラックバック(0)

続・糖質制限食とケトン臭

2009年04月24日
先日、江部康二先生が半袖に衣替えしたとブログでお書きになっておられました。

しか~し、先日の夕方、診察終わられてお会いしたとき、

「半袖寒いな。」

と仰っておられました。

私は、今朝はしまいこんだパッチをはいてきました。

江部康二先生も、今朝は絶対「パッチリターンズ」だと確信している、あらてつです。

ほんまに昨日から京都は寒いです…。

え~、今日もケトン臭の話題にいきましょうか。

MAMORUさんとkamilleさんから頂いたコメントご紹介です。

ケトン臭・・・独特な臭いです。
説明しづらいのですが、加齢臭よりはきつくないですけど あまりいい匂いってわけではないです。
でも脂肪分解されてるんだと思えば我慢はできます(笑)

私もアトキンス式食餌療法(糖質制限食)を実施してます。
下記内容はケトン臭の説明になります。

低炭水化物ダイエットでは、先ずは「誘導ダイエット(誘導段階)」という段階から始めます。この誘導ダイエットは、別名「ケトン体ダイエット」とも呼ばれます。誘導ダイエットを行うことによって、脂肪が分解され、ケトーシスが起こり、体内に於いて「ケトン体」が大量に産出されます。低炭水化物ダイエットでは、この状態を「脂肪分解/ケトーシス」と呼びます。

誘導ダイエットがうまくいっているか確かめるには、ケトン体が産出されているかどうか調べることも一つの方法です。大量のケトン体は尿に混じって体外に排出されるので、尿にケトン体が含まれているかどうか調べれば「誘導ダイエット」がうまくいっているかどうかを知ることができます。

尿にケトン体が含まれているかどうかを調べるには、「ケトン体試験紙(ケトスティックス)」と呼ばれるものを使用します。

ケトン体ができている場合は、このダイエット特有の「ダイエット臭」(ケトン臭)がします。脂肪が分解されている(脂肪分解/ケトーシスが起きている)かどうか不安な方は、ケトン体試験紙(ケトスティックス)を使用する必要があるかも知れません。

自分でも購入して試してみたのですが しっかり色が変わります。5段階ぐらいあって だいたい3段階ぐらいになります。

[ 04月23日 11時21分 ] [ MAMORU (#-) ] [ URL ] [ TOP ]』


MAMORUさん、コメント&詳しいご説明ありがとうございます。

私も糖質制限食を始めた当初、試験紙でケトン体のチェックしました。簡単にチェックできるので、けっこう便利ですよね。

でね、こんな感じで簡単にケトン臭をチェックできるものってないかいなと思うわけですよ。だって、自分の発している臭いって、なかなか分からないですからね~。

ここで、kamilleさんから頂いたコメントをご紹介しますね。

『こんにちは。
私もケトン臭が気になり始めていたところなので、仲間に入れてください。
体臭の感じ方は人それぞれだし、言えないし、聞きずらいですよね。
外国人の匂い?みたいな感じなのでしょうか?
自分の体臭、確かめてみたいんですよね…。


kamilleさん、コメントありがとうございます。

そうなんです、なかなか体臭のことって聞きづらいですよねぇ。それが女性ならなおのことだと思います。

でね、さっきも書きましたように、臭いチェッカーならぬ、「ケトン臭チェッカー」ってないものでしょうか。そんなのがあれば、「やばい、今日は臭ってる」とかわかるんですけど。

でも、臭ってると分かっても、どうしようもないですが(笑)

糖質制限食を始めて脂肪が燃え出すと、ケトン体が呼気や尿中に放出されるのですが、しばらくすると、尿中には出なくなるんですね。

これは、江部康二先生と、私ともう一人糖質制限食を実践している方で検査したのですが、3人ともケトンは検出されませんでした。

ということは、呼気の検査はやっていないのですが、尿に出ないのならもしかしたら呼気にも出ないのではないかな?と思ったりもするわけです。

ここで、江部康二先生のブログから少し引用させて頂きます。

『また糖質制限食の初期段階では、尿中や呼気中にケトン体が排泄されて、それが体重減少におおいに貢献します。

一方、3ヶ月~半年くらい糖質制限食を継続していると、筋肉などの体細胞が、極めて効率よくケトン体を利用するようになります。

そして、この課程の中で、腎臓や肺のケトン体再吸収も効率良く高まると思われ、 尿中・呼気中に排泄されなくなります。

例えば最近の江部康二の血中ケトン体は1400μM/lでしたが、尿中ケトン体はマイナスでした。


やはり、呼気からは出ないみたいですね。

ということは、逆に考えれば、糖質制限食中であっても、ケトン体の利用効率が悪くなったとき、例えば、糖質を食べちゃったときなんか、再度、糖質制限を開始すると、再びケトン体が出てケトン臭がするのではないかなと。

これはあくまで、あらてつ的仮説ですが…。

もちろん、ケトン体の出方や体内での利用のされ方は、その方その方によって、個人差はあると思うんですけどね。

皆さん、どう思われますか?


糖質制限食 | コメント(7) | トラックバック(0)

糖質制限食とケトン臭

2009年04月22日
寒いです。今朝の京都は、寒いです。

朝起きて、思わずストーブつけたあらてつです。

冬物のバイクジャケット、片付けてしまったんで春秋用のジャケットでバイク乗ってきたんですが、めちゃくちゃ寒かったです。

なのに藤とツツジは満開…。

さて、ユキさんから、ケトン臭についてご質問いただきました。

『皆さんのお役に立てたならうれしいです。
私自身あらてつさんのブログ、糖質制限食、そしてブログにいらしている皆さんとの出会いのおかげで人生が良い方向へ向かっていると感じ、心から感謝しています。
なので私も何かお役に立てないかと考えておりました。

あらてつさん。みなさん。
ちょっと教えていただきたいことがあるのです。
私は糖質制限ビギナーなのでわからないのですが
「気になるケトン臭」についてです。
糖質制限実施中はケトン体利用のエネルギーシステムがオンになるため、最初の半年ほどは呼気中および尿中にケトン体が排出され、そのため特有のケトン臭がする。
という風に理解しておりますが合っていますか?
そこで気になるのですが

1.ケトン臭ってどんなにおいがするものなのでしょうか?
2.糖質制限がうまくいっていれば、私からもそろそろケトン臭が出ているとおもうのですが、自分で気がつくものでしょうか?一般的に自分の体臭は慣れてしまって分からないと思うのでとても気になります。

ケトン体は独特の強いにおいがすると言われていますが、あらてつさんや皆様は何かかんじられたことはありますか?体験談など教えていただけたらうれしいです。』


ユキさん、照れるじゃないですかぁ(笑)

そんなに感謝していただくほどのことはしてませんよ~。つらつらと取り留めなく書いてる私のブログが、何がしか皆さんのお役に立っているなら嬉しく思います。これからもよろしくお願いしますね。

で、ご質問頂いたケトン臭ですが、う~ん、私は感じたことないんですよ~。

糖質制限食を始める前に、ケトン臭がするけどしばらくしたら消えるからと説明を受けたのですが、自分では全くわかりませんでした。当時一緒に始めた彼女も、何も言いませんでしたし…。

ただ、私の場合、二人で同時に始めたので、お互いケトン臭がしても気付かなかったのかも知れません。ほら、ニンニク1人で食べたら周りから臭いって言われますけど、皆が食べてたら臭いかどうか分からないじゃないですか(笑)

なので、もしかしたら、糖質制限食をしてない周りの人たちからしたら、私たち二人はケトン臭がしてたかもですね。

なので、ケトン臭について、私はどんな臭いか分からないのですが、mikarinさんから具体的なコメント頂いたので、ご紹介させて頂きますね。

『我が子は、アトキンス式ダイエットをしており『ケトン臭』しますよ。
魚っぽい生臭い感じです。もう2年続けている食事療法。臭いにも慣れちゃいました。』


mikarinさん、ありがとうございます。ふ~む、魚っぽい臭いですか。もしかしたら、猫の口の臭いみたな感じでなのしょうか???

ここで新たな疑問が…。

2年続けてらっしゃってまだケトン臭がするということは、糖質制限食を始めてしばらくしても、ケトン臭は消えないんでしょうか?江部康二先生なんて、ケトン臭らしきものは全然感じないですし…。
分からないので、今度、江部康二先生に聞いてみましょう。

あと、漢さんからもケトン臭についてコメント頂きました。別にへんな話ではないですし、人生においてとても重要なことだと私も思いますが、流石に朝一番なので本文での紹介は控えさせて頂きますね(笑)

詳しくは、コメント欄の漢さんのコメントをご覧下さいませ。

読者の皆さんで、他にもケトン臭について何かお話しがありましたら、是非コメント入れてくださいね~。




糖尿病 | コメント(6) | トラックバック(0)

糖質制限食のSNS 「糖質制限食ひろば」のご案内♪

2009年04月21日
先日、ようやく時間ができたので、電話機をウィルコムカウンターへ修理に持っていきました。

経過を一通り説明して電話機を店員さんに渡したところ、電話機をあれこれいじってた店員さん、

「最初に通話できなくなった時点でお持ちいただけたら…。」

機械も人間も、早期発見早期治療が大切だと痛感した、あらてつです。

はたして私の電話機は直るのでしょうか…。

さて、糖質制限食SNSについてご案内を書かせて頂きまして、その中で、「SNSってよくわからぬ~。」と書いたところ、この糖質制限食SNSを製作して下さった山之内さんから、SNSと糖質制限食SNSについて分かりやすく解説した「あらてつでも分かるSNS入門」が届きました(笑)

山之内さん、ありがとうございます。

そこでフト思ったのですが、SNSってなんぞや???と疑問に思っているのは、私だけではないハズ!たぶん…。

なので、せっかく山之内さんがSNSってこんなんだよんと教えて下さいましたので、皆さんにも知識のおすそ分けです(そんなんとっくに知ってら~って聞こえてきそうですが…。)

ところで、ここまで読んで「山之内さんって誰?」って疑問がわいてきたでしょう?

それはナイショです(笑)

以下、ヒミツの山之内さんから頂いたSNSの説明です♪

【SNSとは】
人と人とのつながりを促進・サポートする、コミュニティ型のWebサイトです。友人・知人間のコミュニケーションを円滑にする手段や場を提供したり、趣味や嗜好、居住地域、出身校、あるいは「友人の友人」といったつながりを通じて新たな人間関係を構築する場を提供する、会員制のサービス。

SNSには、自分のプロフィールや写真を会員に公開する機能や、互いにメールアドレスを知られること無く別の会員にメッセージを送る機能、新しくできた「友人」を登録するアドレス帳、友人に別の友人を紹介する機能、会員や友人のみに公開範囲を制限できる日記帳、趣味や地域などテーマを決めて掲示板などで交流できるコミュニティ機能、予定や友人の誕生日などを書き込めるカレンダー本などの商品を紹介するレビューなどの機能で構成される。

日本最初のSNSと言われる「GREE」や、会員数500万人を超え社会現象ともなった「mixi」が有名です。

【匿名性、プライバシーの保護】
SNS会員は、自分の情報や日記などを、SNS会員に公開や友人(マイフレンド)にのみ公開など、公開範囲を自由に設定できます。

また、互いにメールアドレスを知られること無くメッセージを送ることが可能です。ブログなどで不特定多数に公開が前提では聞くことができない方にとっても有効です。

【人脈構築】
SNS会員は、友人をマイフレンドとして登録可能です。友人として登録することで、「友人の友人」といったつながりを通じて新たな人間関係を構築する場を提供するができます。

【コミュニティ】
コミュニティ毎に参加条件や公開範囲などを設定可能です。SNS会員参加可能やNPO法人リボーン会員のみ参加可能など限定されたメンバーに対しての情報発信・共有ができます。

現在、「糖質制限ひろば」では

・糖質制限イベント情報

・NPO法人糖質制限食ネット・リボーン

・アトピーネットワーク リボーン

・糖質制限食の指導が可能な医師・病院

・糖質制限中でも外食したい!

が登録されています。

以下にそれぞれの役割や参加条件を記載します。

「糖質制限イベント情報」は、SNS 会員全てに対して糖質制限イベント情報 を告知するためのもので、SNS会員はデフォルトで全員参加となっています。

「NPO法人糖質制限食ネット・リボーン」は、NPO法人会員向けのコミュニティ(曽我部ゆかりさんの許可で参加可能)で、セミナーの映像などコンテンツを提供するなど地方のNPO会員の方にも会員メリットを与えられる場になります。

「アトピーネットワーク リボーン」は、アトピーネットワークのコミュニティです。アトピーにお困りの方の情報交換の場になります。

「糖質制限食の指導が可能な医師・病院」は、糖質制限食の指導が可能な医師・病院を紹介しています。コミュニティ参加者のみの情報公開で、参加するためには、管理者の承認が必要になります。

「糖質制限中でも外食したい!」 は、糖質制限中でも外食したいをコンセプトに、ASOグループやご飯を抜けるお店などの情報共有を目的としたコミュニティです。SNS会員は自由に参加できます。

また、SNS会員は自由にコミュニティを設立できますので、趣味や嗜好、居住地域、出身校、あるいは「友人の友人」といったつながりを通じて新たな人間関係を構築することができます。

地域限定の患者様のコミュニティや、医療関係者のみの研究コミュニティ、レシピ発表コミュニティなど、用途に合わせたコミュニティの設立が可能です。

以上、SNSと糖質制限食SNSについての解説でした。山之内さん、ありがとうございました。




糖質制限食 | コメント(2) | トラックバック(0)

糖質制限食のダイエットについてご相談いただきました。

2009年04月21日
花粉のこの季節、症状がかなり軽いとは云え、原因は元から断つに越したことはありません。

なので「モーニングアタック」を防ぐため、朝起きて一番に、「クイッ○ルワイパー」で床掃除をします。

昨晩も綺麗に掃除したハズなのですが、みごとにクイッ○ルの表面が薄茶色っぽくなります。

で、一通り床を拭き終わって、お茶を入れようとしたら、いきなり目がうるうるしてきました。

なんか目に入ったか?と思った次の瞬間、強烈に目がかゆくなりだして、鼻水が滝のように流れだし、クシャミが止まらなくなるという、阿鼻叫喚の地獄絵図が繰り広げられました。

「なんで今頃こんな症状が出る?しかも昨夜から雨降ってんのに。」

脳みそ鼻から出るンちやうか?というくらい鼻をかみながらなんとか食事を済ませ、出勤する頃には症状が治まったのですが、いったいあれは何だったのか、イマイチ解せない、あらてつです。

掃除したのが悪かったんでしょうか???

さて、またもや冒頭の話とは何の関係もないですが、kamille さんから、糖質制限食のメニューについてご相談いただきました。

『日々の昼夜メニュ-

はじめまして。
いつも参考にさせていただいております。
私は、ダイエットの為に糖質制限をしているのですが、このところ日々の食事メニューがマンネリ化しています。
長く糖質制限を続けていきたいので、何かアドバイスをいただけたらと思います。よろしくお願いします。
ちなみに私の毎日のメニューは下記の通りです。
最近は、食事を楽しむというより、太らないように、過去に太らなかった(または翌日痩せていた)食べ物を選んで食べている感じです。
朝 なし
昼 大盛サラダ、リンゴ酢、サンドイッチ(炭水化物量20グラム以下の商品)
夜 豚モモ(またはヒレ)250~300グラム、唐揚げ4~5個(または鶏の照り焼き)、白和え100グラム』


kamille さん、こちらこそはじめまして。私のブログをご参考いただいているとのこと、ありがとうございます。

さて、ダイエットの為に糖質制限食に取り組まれておられるとのことですが、メニューの前に大切なことを。

まず、女性にありがちなのですが、グラム単位で体重を気にされる方が多すぎます。例えば夜寝る前に50キロだったとして、起きてすぐ計って49.8kg、さらにトイレに入って計ったら49.6kg、

「やった~!痩せてる~!」

いえいえ、痩せてません。

水分が抜けただけです。

一晩寝て痩せるなんてありえません。ウソだと思ったら、コップ一杯の水を飲んでみましょう。きっちりその分体重増えますよ。

1キロやそこらの体重の変化は、食べ物や水分で変わります。ダイエットで重要なのは、この食べ物飲み物での増減ではなくて、体脂肪を減らして体重を落とすことです。体脂肪を減らすには、エネルギーとして燃焼させる以外には方法はありません。(脂肪吸引なんてのは別ですよ。)

で、脂肪をエネルギーとして消費するには、がんばって運動するか、日常的に脂肪をエネルギーとして利用する食生活に切り替える必要があります。

ですから、「過去に太らなかった(または翌日痩せていた)食べ物を選んで食べている感じです。」という認識を、まずは捨ててしまいしょう。何か食べて翌日痩せるなんてのは、先ほども書きましたがありえませんので。

次は、ダイエットが目的なら、朝抜いて昼夜食べるより、朝昼食べて夜を軽く済ます方が効果的ですよ。夜に活動するなら話は別ですが、一般的に夜は寝るだけなので、エネルギーの消費が少なくなりますから、使われなかったエネルギーは蓄えられてしまいます。

で、一番肝心なのは、変な我慢をしてストレスを溜めないことです。

せっかく食事するのに、「最近は、食事を楽しむというより、太らないように、過去に太らなかった(または翌日痩せていた)食べ物を選んで食べている感じです。」では、あまりにも淋しいですよ~。

それに、私たちの食料となってくれた、牛さん豚さんその他の命にも失礼だと私は思います。

具体的なメニューについては、kamille さんの好みが分からないので、なんとも申し上げられませんが、無理なくダイエットするなら、まずは、食習慣から変えてみてください。朝抜きやめて、朝昼しっかり食べてみてください。糖質制限食をきっちりやっておられるなら、けっこうな量を食べても大丈夫ですから。

そして、食べることを楽しめるようにしましょう。くどいようですが、食べた翌日痩せてる食事なんてありえません。そんなとこで変な我慢をせずに、「美味しく楽しく」食べられるメニューを工夫してみてください。でないと牛さん豚さんも成仏できません。

それでも痩せないとか、なんかよく分からないことがあったら、コメント入れてくださいね。




糖質制限食 | コメント(8) | トラックバック(0)

糖質制限食のSNSのご案内です

2009年04月20日
電話機、完璧に動かなくなりました。

普段は、ケータイなんか無くても別にいいやなんて思っていたのですが、実際に使えなくなると、めちゃくちゃ困ります。

だがしかし、

冷静に考えると、それほど困ってないような気がする、あらてつです。

たぶん、持ってないと困るっていうのは、なんか、持ってないといけないなんて強迫観念がどっかにあるんでしょうね、きっと。

さて、前々回もちらっとご紹介させて頂きました、糖質制限食SNSのご紹介です。

以前から、糖質制限食を実践しているみんなで、情報交換ができる場が欲しいとご要望を頂くことが多々ありました。患者会を作って欲しいとか、ネット上でSNSのようなコミュニティーを作って欲しいとか。

実際に糖質制限食に取り組んでいるもの同士で、情報交換したり困ったこととか相談しあったりできるばがあればいいのにとのことなんですね。

患者会につきましては、医療機関でない我々京都高雄倶楽部にはちょっと無理でして、じゃあSNSはと言いますと、これも現状では管理できる人間も時間もないので、ご要望にお答えできませんでした。

するとですね、NPO法人になったリボーンさんが、なんとSNSを作って下さいました。

私は、はっきり言ってSNSがなんぞや全然わかってない(笑)のですが、以下のアドレスから入って頂いて登録すれば、参加できるみたいです、きっと、恐らく、たぶん…。

私も登録してみましたが、いまいちどうなるのか分かりません(笑)

下記をクリックして頂くとつながりますので、SNSを待っておられた皆さん、こぞってご参加くださいませ♪

糖質制限食SNS
『糖質制限ひろば』
http://tousei.prj.cc/

 # SNSログインページです。
 # 初期登録メンバー情報お待ちしております。






糖質制限食 | コメント(3) | トラックバック(0)

糖質制限食の悩みについて、外食で成功したよ編

2009年04月18日
前々回、「糖質制限食を実践中に食事に誘われるととても困る。」お話を、ユキさんから頂いたコメントを紹介しがてら書かせて頂きましたが、そのユキさんから成功のご報告を頂いたので、またまたご紹介させて頂きます。

『あらてつさん。早速取り上げていただき、ありがとうございますo(^-^)o
~そのうち誰からも誘われなくなる~
たしかにその通りですね(笑)
誘いを断るのにも 案外エネルギー使いますから、最初から誘われなかったらがんばって断る必要がないので楽ですね!
私も以前スポーツをやっていて減量中のとき、経験あるのでよくわかります(^_^;)
うれしいのやら、悲しいのやら どっちなのかようわかりませんが(笑)f^_^;

昨日実は職場の新人歓迎会がありました。
でもさすがに今週は上司からの食事の誘いで、糖質制限できない状況が続いていたので、ここは自分の身体のために思い切って食事会をパスしましたp(^^)q
そしてそのかわり、職場近くの店へいって食事をしました。食事はメイン一品にサラダ、日替わりスープ(この日は悲しいことにじゃがいものクリームスープ(-_-;))、じゃがいも入りオムレツ、パンのセットでした。
ここで私はついに試しました!!
アドバイスしていただいたように、すかさず「パンは結構です。オムレツはじゃがいもなしの卵だけのはないですか?」と聞いてみました。
そしたら店長さんが機転のきく方で
「炭水化物がだめなんですね。それならかわりにちがうものを用意しましょう、お魚は大丈夫ですか?」
と いろいろ見繕ってくださって、

メインの海老+オリーブオイルのお料理
トマトスープ
サラダ大盛
お魚、貝類のつまみ的なもの

にチェンジしてくださいました!!!!(もはや本来のセット内容の原型なし(笑))
初めて伺ったお店でしたが、スタッフのかたとも打ち解けて、いろんな話が盛り上がり、楽しい食事ができました。
とても親切なお店だったのでヘビーユースになりそうです(^0^)/
駄目元でもリクエストしてみるものですね!!!


ユキさん、おめでとうございます!

これでユキさんも、sジムさんや私と同じく、「付き合い悪いやつ」の仲間入りですね(笑)

冗談さておき、たまにはお誘い振り切ってもバチあたりません。仰る通り自分の体のためですから、断れそうなときは、おおいに振り切りましょう

んで、ワガママなお客の成功、おめでとうございます(大笑)

いっや~、ゆうてみるもんでしょう。江部康二先生や私なんか、お店入ったら「ごはんいらんし追加でお金払いますから、他のおかずに換えてください。」と必ず言いますからねぇ。

これ、今まで断られたことないですし、仮に断られたら、そんな店二度と行かんかったらいいんです。めっちゃ勝手ですが(笑)

ほんのちょっとの勇気で、楽しく食事ができるか我慢しながら食べるかが変わります。どうせ食事をするなら美味しく楽しく食べたいですからね~。

ほら、“言うは一時の恥、言わぬは一生の恥”っていうじゃないですか(ちょっと違います?)

それにしても、ユキさん良いお店を見つけられましたね。贔屓にされ贔屓にできる店があるっていいですよ~。是非是非、足しげく通ってみてくださいね。

皆さんも、ユキさんに負けず、ご贔屓できるお店を探してみてくださいね。

糖質制限食 | コメント(16) | トラックバック(0)

江部康二先生、糖質制限食京都講演会のお知らせとお詫びです。

2009年04月17日
え~、のっけから済みません。

江部康二先生糖質制限食京都講演会のご案内なのですが、メールでの申し込みができないとのお電話を頂きました。

ちゃんとメールでお申し込みが届いている方もおられるのですが、どうも前回の講演会のご案内の時も、「メールが届かない!」とのお叱りを何件か頂いたので、申し込みアドレスを変更いたします。

江部康二先生糖質制限食京都講演会のメールでのお申し込みは

info@ktk-kyoto.jp

までお願い致します。

以下、詳しいご案内です♪

江部康二先生糖質制限食特別講演会in京都

『糖尿病・メタボリックシンドローム・肥満が劇的に改善する食事療法、
糖質制限食

【日時】  2009年4月26日(日)

【受付、開場】  13:30~

【会場】 メルパルク京都 5階会議室B
     メルパルク京都
     〒600-8216
     京都市下京区東洞院通七条下ル東塩小路町676番13
     TEL:075-352-7444(代)

【定員】 120名(先着順)※定員になり次第締め切り

【参加費】1000円(当日受付)

【タイムスケジュール】

受付、開場 13:30~
講演時間  14:00~「食事で治す糖尿病」第一部
         14:45~ 休憩
        15:00~「食事で治す糖尿病」第二部
         15:45  講演終了

【お申し込み・お問い合わせ】

お電話でのお申し込み
075-873-2170

FAXでのお申し込み
075-873-2270

E-mailでのお申し込み(アドレス変更しました)

info@ktk-kyoto.jp

お問い合わせ

京都高雄倶楽部
TEL 075-873-2170
FAX 075-873-2270
E-mail takaoclub@ktk-kyoto.jp

営業時間は、8:45から17:00(くらい)
お休みは土・日・祝です。

席をはずしていることもあるので、留守電に連絡先を入れておいてください。後ほど掛け直させていただきます。



糖質制限食 | コメント(0) | トラックバック(0)

糖質制限食のSNSができました。

2009年04月17日
今日は、朝から問い合わせやら取材の依頼やらその他もろもろ、電話ラッシュでした。

やっと一息ついた、あらてつです。

って、もう15時前やないですか…。

え~、気を取り直していきましょう。

だ~いぶ以前から、糖質制限食を実践しているみんなで、情報交換ができる場が欲しいとご要望を頂くことがあったんですね。

患者会を作って欲しいとか、ネット上でSNSのようなコミュニティーを作って欲しいとか。

で、患者会は、医療機関でない我々京都高雄倶楽部にはちょっと無理でして、じゃあSNSはと言いますと、これも現状では管理できる人間も時間もないので、ご要望にお答えできませんでした。

するとですね、NPO法人になったリボーンさんが、なんとSNSを作って下さいました。

私は、はっきり言ってSNSがなんぞや全然わかってない(笑)のですが、以下のアドレスから入って頂いて登録すれば、参加できるみたいです、きっと、恐らく、たぶん…。


糖質制限食SNS
『糖質制限ひろば』
http://tousei.prj.cc/

 # SNSログインページです。
 # 初期登録メンバー情報お待ちしております。

SNSを待っておられた皆さん、こぞってご参加くださいませ♪




糖質制限食 | コメント(0) | トラックバック(0)

糖質制限食継続の悩みについて

2009年04月16日
最近、無性に辛いものが食べたくなることがありまして、またそこでよせばいいのにバカみたいに大量に、しかも激辛で食べてしまうんですね。

すると、案の定、翌日はひどいことになってます。

今日もあさからお尻が熱い、燃えるオトコ、あらてつです。

燃えるお尻とは関係ないですが、糖質制限食を続ける上で厄介な障害のひとつ、「食事に誘われてしまった…。」についてコメント頂いたのでご紹介です。

糖質制限食継続の悩み

はじめまして。
3週間ほどまえから減量のために糖質制限食をはじめました。ユキと申します。
いつもあらてつさんのblogを楽しみに拝見させていただいています。
本当によく勉強をなさっており、また毎日更新をなさっているので感銘をうけています。
コメントの中で 会食や飲み会などでの苦労談をみて 今回わたしも思わず書き込みしてしまいました。
悩みは皆さん同じなようですね。わたしも友人や先輩 上司との食事に苦労しています。糖質制限をはじめてからまだ間がないので、ここは23週間継続してスーパー糖質制限食を貫きたいのですが、他人との食事の機会がちょくちょく入ってしまい糖質なしの食事サイクルがしょっちゅう中断されて悩んでいます。
今日も上司から昼食に誘われ、和食(料亭のお重)だったので 明らかに砂糖をたくさんつかったような野菜の煮物や筑前煮、ちらし寿司など食べざるをえませんでした(-_-;)
いつでもそうなのですが、ごはん類を残すと周りから変な目で見られますし、
「バランスのとれた食事をしなくてはダメだ」とか
「炭水化物をたべないと太るよ」
とか「極端なダイエットはダメだ」とか
ありきたりの説教を一通り聞かされたり、ご飯を残したり食べないことを非難されているような気がしたりで本当につらいです。
そんなことなので、まだ3週間たっても体重減少がみられないのですが、糖質制限食に変えてから身体が楽なので ごはん、パン、あまいものなど炭水化物への未練はありませんが(笑)
つまり自分の中で誘惑はないのですが、人との食事会が一番の難敵です(*_*)』


ユキさん、こちらこそはじめまして&コメントありがとうございます。

嗚呼、感銘を受けて頂いてるなんてもったいないです。ここんとこ、書けない日がポツポツ…。

頑張って毎日書かせていただきますね。

さて、これまでも度々話題に上ってきた、「糖質制限食を実践中に、食事に誘われてしまった…。」なんですが、いまだ有効な解決策を見出せていません(笑)

2007/11/28の記事で、「外食と糖質制限 付き合い編」として、ブログ読者の皆さんから頂いたコメントを紹介させて頂きましたが、皆さん、とても苦労されておられますね~。

私の場合は、ハッキリきっぱり「糖質は食べませんので。」とお断りさせて頂いております。そうしますと江部康二先生以外とは宴会する機会が全く無くなってしまったという、喜ぶべきなのか悲しむべきなのか、良く分からない今日この頃になってしまったわけですが、さすがに皆さん、私みたいなわけにはいかないですからねぇ。

そこで、参考になるかもなので、以前に、街のクマさんから頂いたコメントをご紹介させて頂きます。

『仕事相手との外食では糖質制限って難しいですよね。和定食だとご飯を多く残すのは少しかっこ悪いです。でも先日外食の機会があったので、洋食にしてパンを頼みました。パンって残してもあまり罪悪感がないんですね。おかげで人目を気にせずに制限食が出来ました。皆さんも試してみて下さい。』

食事に出てゴハンを食べなかったり残したりって、やはり皆さん抵抗があると思います。これがパンだと少しは抵抗感が薄らぐかなと。それにパンだと、ゴハンを残すよりもあまり目立たないですし、こっそりカバンに入れて持って帰って誰かに食べてもられば、もったいないオバケも出てきませんし。

ランチで「パン・コーヒーはセルフでおかわりOK!」なんて店も増えてますし、これからは、上司や友人に食事に誘われたら、さりげなく且つ強引にパン食の店に誘導しましょう。

あと、最後に、過去、私と同じ対処法を取られたおなじみsジムさんこと、京都西院ボクシングジム鈴木会長から頂いたコメントをご紹介します。

「糖質制限じゃありませんけど、選手時代の減量中は苦労しました。
自分の目標のためなので、すべて断ってましたら、いつの間にか誰も誘ってくれなくなりましたね~笑
おかげで食事にまつわる「付き合い」が未だに苦手な私です。
そもそも「付き合い」だと思って食事すること自体が健康に悪いだろうと、開き直っている「付き合いの悪い男」でした★」

私も、かなり付き合い悪いです。それでもちゃんと生きてます、はい(笑)



糖質制限食 | コメント(7) | トラックバック(0)

食後の無酸素運動と血糖値についてご質問いただきました。

2009年04月14日
電話機壊れたなんて話を先日書きました。

最初は通話できないだけだったんですが、今は、電源ボタンやらあらゆるボタンが機能停止状態です。

いつ買ったのか覚えてないので、保証書引っ張り出してみてみると、買ってから1年半も経ってません。

いまどきの電話機って、こんなに早く壊れるものなんでしょうか?

どうにも納得行かない、あらてつです。

あ、扱い方はめちゃくちゃ丁寧でしたよ。持ち歩く時もちゃんとカバンに入れてましたし。なんせ、デカすぎてポケットに入りませんから(笑)

壊れた電話の話はおいといて、運動と血糖値についてご質問頂きました。

『食後の無酸素運動と血糖値

あらてつさんこんにちは。いつも楽しく見させていただいてます。

ひとつ質問させていただきたいことがあるのですが、私は30代前半で現時点で糖尿病ではありませんが、父親とその家系が糖尿病で、私自身30歳になったときぐらいから何かと健康に気を使うようになりました。そういうこともあって普段から筋力アップのために自宅で本格的なウェイトトーニングを毎日続けているのですが、食後の無酸素運動に関して江部先生の本に、無酸素運動のような強い運動はかえって血糖値が上昇することもあるという様なことが書かれています。江部先生の本を読み始めてから糖質は極力控えるようにしていますので、もともと食後血糖値は高くはなってないと思うのですが少しでも食後血糖値を下げる為に時間があるときは必ず食後に行っています。やはり食後の無酸素運動はよくないのでしょうか?それとも「血糖値が上昇することもある」という書き方をされているので、それほど気にすることでもないのでしょうか?毎日していることなんでずっと気になっています。食後以外の時間帯に行うほうがよいのでしょうか?よろしくお願い致します。』


なかさん、いつもブログをご覧頂いているとのと、ありがとうございます。

ご質問の件ですが、糖尿病を発症されておられなくて、血糖値なども正常でしたら、気にする必要は無いと思いますよ。

江部康二先生の本に書いてあるのは、あくまで糖尿病を発症した方の運動療法とその効果についてであって、発症していない方についてではないんですね。

ここでおさらいしてみましょう。

まず、糖尿病を発症する原因と経過ですが、

糖質を食べる→血糖値が上がる→膵臓のランゲルハンス島にあるβ細胞からインシュリンが分泌される→糖質ばかり食べる→血糖が上がりっ放し→インシュリン出っ放し→膵臓疲れる→まだ糖質を食う→さらに膵臓が疲れる→それでも糖質を食う→膵臓のβ細胞が死んでしまう→糖を処理できない→2型糖尿病の発症

そうです、糖質の摂り過ぎが膵臓を疲弊させ、糖尿病が発症します。

では、血糖値が高い状態がナゼ悪いのかといいますと、血糖値が200mg/dlを越えると、血管の内壁を壊してボロボロにするため、合併症を引き起こすからです。

で、なかさんの場合、糖尿病ではないとのことなので、インスリンの基礎分泌が正常だと思います。すると、江部康二先生の本にもありますように、運動の効果は糖尿病を発症された方よりも高いと思われます。

また、本格的なウェイトトーニングを毎日されておられるとのことなので、有酸素運動でも無酸素運動でも、何も運動しない方より筋肉細胞のインスリン感受性が高いのでインスリン効きがよいはずです。なので、筋トレで上がる血糖値なんて知れてると思いますよ。

糖尿病を発症していない方の血糖値が上昇するのは、糖質を食べた時であって運動するからではありませんし、運動が原因の高血糖で糖尿病は発症しません。

ですから、なかさん、あまり神経質になられることはないですよ。

糖質制限食 | コメント(2) | トラックバック(0)

江部康二先生特別講演会in京都

2009年04月11日
江部康二先生講演会のお知らせです。

我々京都高雄倶楽部では、これまで、神戸から始まりまして、京都、東京、札幌、名古屋、大阪、福岡と講演会を開催してまいりましたが、お蔭様でどの会場も満員御礼と相成りました。

それだけ各地方でも、江部康二先生のお名前と糖質制限食が広がっているんだなと強く感じております。

が、漢方治療やアトピー治療もそうなのですが全国的な知名度があって、日本各地から患者さんが来られるのですが、ナゼだか地元京都の患者さんが少ないんですね。

そこで、年間スケジュールを立てるにあたり、2009年度は、地元での普及に力を入れていこうと江部康二先生とお話致しまして、新年度一発目の開催は、京都で行うことになりました。

今回、会場も京都駅のすぐ近く、交通の便がいい所を選びましたので、是非皆さんこぞってご参加下さいませ。

あ、今回も会場の関係でメーカーさんによる販売はありません。ご了承下さいね。

では、以下、詳細です♪

江部康二先生糖質制限食特別講演会in京都

『糖尿病・メタボリックシンドローム・肥満が劇的に改善する食事療法、
糖質制限食

【日時】  2009年4月26日(日)

【受付、開場】  13:30~

【会場】 メルパルク京都 5階会議室B
     メルパルク京都
     〒600-8216
     京都市下京区東洞院通七条下ル東塩小路町676番13
     TEL:075-352-7444(代)

【定員】 120名(先着順)※定員になり次第締め切り

【参加費】1000円(当日受付)

【タイムスケジュール】

受付、開場 13:30~
講演時間  14:00~「食事で治す糖尿病」第一部
         14:45~ 休憩
        15:00~「食事で治す糖尿病」第二部
         15:45  講演終了

【お申し込み・お問い合わせ】

お電話でのお申し込み
075-873-2170

FAXでのお申し込み
075-873-2270

E-mailでのお申し込み
takaoclub@ktk-kyoto.jp

お問い合わせ

京都高雄倶楽部
TEL 075-873-2170
FAX 075-873-2270
E-mail takaoclub@ktk-kyoto.jp

営業時間は、8:45から17:00(くらい)
お休みは土・日・祝です。

席をはずしていることもあるので、留守電に連絡先を入れておいてください。後ほど掛け直させていただきます。

前回の京都講演会は、立ち見の方もおられました。お席に限りがございますので、お早めにご予約下さいね。


糖尿病 | コメント(4) | トラックバック(0)

カロリー制限で血糖コントロールし続けられるのか?

2009年04月10日
今日も気がついたら夕方の5時…。

まだ仕事がナニも片付いてない、あらてつです。

「三大栄養素の中で、血糖値を急激に上昇させるのは、糖質だけです。また、血糖値が上昇すれば、インスリンが追加分泌されます。カロリーをいくら制限しても、糖質を摂取してしまえば、食後高血糖と多量のインスリン追加分泌を生じます。糖質制限食なら食後高血糖は生じず、インスリン追加分泌もごく少量ですみます。これは論争の余地がない、生理学的な事実です。」

いきなりですが、江部康二先生や私のブログをお読み頂いている皆さんは、とっくにご存知の事だと思います。でも、やはりまだまだ世間はカロリー制限なんですね。

特に、最初の内はカロリー制限すると効果があるもんで、成功したと思い込んじゃう方多いんですよ。

これまで何度か書いてますが、カロリー制限で良好な血糖コントロールができ、且つ、それが長く続くのか、ちょっと思うところがあるので書かせていただきます。

その前に、2型糖尿病を発症するまでを、ちょいとおさらい。

まず、簡単に流れを

糖質を食べる→血糖値が上がる→膵臓のランゲルハンス島にあるβ細胞からインシュリンが分泌される→筋肉などで糖質を利用させる→使わなかった糖質が余る→中性脂肪に変わる→太る

で、ここからが問題

糖質ばかり食べる→血糖が上がりっ放し→インシュリン出っ放し→インシュリンが効かなくなる→さらにインシュリンが出る→膵臓疲れる→まだ糖質を食う→さらに膵臓が疲れる→それでも糖質を食う→膵臓β細胞が死んでしまう→糖を処理できない→2型糖尿病の発症

めっちゃ簡単ですが、まあ、こんな感じで2型糖尿病の発症となります。

糖尿病を発症した人は、インスリンを分泌する膵臓β細胞が疲弊してしまって、約1/4死んでしまっているそうです。要するに過労死みたいなもんですね。ということは、当然インシュリンの分泌量も少なくなってしまいますので、血液中の糖を処理しきれなくなって、高血糖になってしまいます。

それなのに、厚生労働省やら一般の医療関係者が勧める、カロリーだけ制限して糖質を制限しない食事を続けているますと、インシュリンを分泌させる糖質を食べることには変わりはないですから、ますます膵臓に負担を掛け、β細胞の死滅に追い討ちをかけることになってしまいます。

いわゆるカロリー制限食は、カロリーの上限を設定してその中で炭水化物60%、タンパク質15~20%、脂質20~25%のバランス良い食事を摂りましょうってのが主旨ですよね。

でも、「炭水化物60%、タンパク質15~20%、脂質20~25%」のどこがバランス良いのか、また、なんでわざわざ血糖値を上昇させる食べ物を、糖尿病の患者さんに食べさせる必要があるのか、私には全く理解できないです。

で、ここでさっきの「でも、カロリー制限したら、数値が良くなりましたよ。」or「カロリー制限で成功してます」が出てきます。

そりゃそうでしょう。食べる絶対量が減ったんですから。

3秒考えてもらえば分かりますが、カロリーを制限すれば絶対的な食事量が減ります。すると、相対的に食事量中の糖分も減ります。

分かりやすく言うと、お昼に焼肉定食を頼んだとします。この定食を、おかずもごはんも半分だけ食べたとします。すると、もちろんカロリーもご飯の量も半分になります。お肉は血糖値を上げませんから、食べるご飯を半分にすれば、全部食べてた頃にくらべると、血糖値の上昇は半分で済みますよね。

これで、「カロリー制限で血糖値が下がった!」ってなってしまいます。

ところが、半分でもご飯は食べますから、糖質を摂取することに変わりありません。含まれている糖質の分だけ血糖値は上がります。すると疲れた膵臓は、インシュリンを出そうと頑張ってしまいます。

これでお分かり頂けたと思います。

そう、症状が軽いうちは、半分の量の糖質をなんとか処理できますが、このような食事を繰り返していると、食べるたびにインスリンが分泌されてβ細胞の死滅に拍車をかけ、どんどん症状が悪化していきます。

カロリー制限で最初のうちは血糖をコントロールできていても、徐々にコントロールできなくなって症状が悪化するのは、こんな理由があるからなんですね。

ですから、糖質60%も摂取するカロリー制限食食後高血糖を防ぐなんて、生理学的にいってかなりの無理があります。

冒頭にありましたように、血糖値を上昇させるのは糖質だけです。これは、生理学的な事実です。それなのに、わざわざ食後高血糖を引き起こす糖質を食べろという指導は、ハッキリ言ってどうかと思います。

こんな指導をする連中に限って、糖質制限食を批判しますし、症状が良くならないのは食事制限守らないからだと、患者の所為にするんですよ。

自分の無知を棚に上げてそんなもん食わされた挙句、しまいには文句まで言われたら、たまったもんじゃありません。

やはり、勉強するって大切なことなんだなと、つくづく思いました、はい。

糖尿病 | コメント(0) | トラックバック(0)

糖質制限な出張

2009年04月09日
毎度おなじみ、電車が嫌いなあらてつです。

んが、

ただ今京都駅にいます。

ナニゆえ京都駅かと言いますと、、これから名古屋に向かうからです。

そう、出張です。

コメント下さった皆さん、明日帰ってきたらお返事書かせて頂きますので、少々お待ちくださいませ。

ではでは、行ってまいります。



糖尿病 | コメント(0) | トラックバック(0)

小樽フードリームの冷凍宅配糖質制限食

2009年04月07日
予定していたことって、たいがいうまく進まないですね。

朝から、作業が全く進まない、あらてつです。

さて、昨年、江部康二先生がメニューの監修をしておられる、冷凍宅配糖質制限食の「ふうどりーむず」が、社名変更致しまして、「小樽フードリーム」になりました。

小樽フードリームの冷凍宅配食、以前に「ガイアの夜明け」で紹介されまして、このブログの読者の方も取っておられる方もあるかと思いますが、江部康二先生ご自身も大変お気に入りで、ご自分で取り寄せてらっしゃいます。

理由は定かではないですが、奥様にご飯を作ってもらえないときなど、電子レンジで温めるだけでたべられますので、とても重宝されておられるそうです(笑)

江部康二先生曰く、

「自分で監修して自画自賛ですが、本当に美味しいですし、早朝空腹時血糖値が90mg/dlとかになります。私の平均早朝空腹時血糖値が110mg/dlくらいなので、結構な効果ではあります。
忙しい時など、何かと便利なフードリームの宅配食ですね。我が家では、冷凍庫に常に確保してありますよ。」

とのことです。

私も何度か北海道に呼んで頂いて、試作品を食べたのですが、最初は冷凍する前のものだと思ったんですよ。だって、青菜のおひたしとか和え物なんて、冷凍すればべちゃべちゃになるじゃないですか。

で、工場長さんに聞いてみたら、「いえ、冷凍したものを解凍してあります。」とのお返事、正直なところ「ウソやろ~。」と思いましたね(笑)

ところが、こいつがウソじゃなくて、次から次へと目の前で解凍されて試作品が並びます。

食べてさらにビックリ、野菜だけでなく、ステーキから刺身から、全部美味しいんですよこれが。

自分で料理するのが好きでなかったら、私も取り寄せてましたよ、間違いなく。

その江部康二先生監修の冷凍宅配糖質制限食、この春にメニューがごっそり変わります。

今までは、シルバー、ゴールドとコース分けされていたのが、和食、中華、洋食になり、そこから好きなコースを選べるみたいですよ。

詳しくは、

小樽フードリーム
〒061-3271
北海道小樽市銭函五丁目50番地8
フリーダイヤル 0120-105-763
http://www.foodreams.com/foodreams/html/index.html

までお願いします。

以前、「フードリームの食事は美味しいけど高い!」とお声を頂戴しましたが、私はそんなことないと思います。

自分で料理すりゃ良く分かると思うんですが、買い物行かずに済むし、料理してあと片付けなんてせずに済みますから、手間と時間が一気に省略できますし、おまけに台所汚れません。さらに、レンジで温めるだけなので、ガス代もかかりませんし、オール電化なら電気代も大幅に節約できます。

要するに、これらの手間や時間をトータルで考えれば、決して高い値段ではないと。

しかも、フードリームでは、原材料にこだわってとてもいいもの使われてます。その所為で原価率、めっちゃ高いです。けっしてボッタくってるわけではありません。

私も、料理がめんどくさくなれば、小樽フードリームのお世話になるつもりです(笑)


糖質制限食食材 | コメント(4) | トラックバック(0)

糖質制限食と標準体重

2009年04月07日
電話機が壊れました。

私、電話を掛けるだけで筋トレできてしまう、ウィルコムのWS004SHを使っているんですが、電話機能が使えなくなりました。電話のできない電話機なんて、もはや筋トレマシーンよりも役に立ちません。

ですが、この画面のデカさはめちゃくちゃ気に入っており、次の機種が決まりません。今度は、画面がデカくて軽い機種が欲しい、あらてつです。

でも、そんなのないんですけどね…。

さて、壊れた電話とは関係ないですが、太郎さんから、標準体重についてご質問いただきました。

標準体重

いつも楽しく拝見させていただいております。
あらてつさんはもう長いこと糖質制限されているので、もしわかりましたら教えてください。私は1月から糖質制限を始め現在までおよそ3ヶ月実行しております。メタボ改善のため糖質制限を行っており、体重も順調に低減し、171cm/69kgであったのが60kgに改善されました。当初の目標体重は標準体重64kg(BMI22)でしたが、その後も体重が減っています。体調はすこぶる順調で特に困ったことはありませんが体重はどのへんで落ち着くのか疑問に思っております。人によって個人差はあると思いますが、私の身長171cmの標準(適正?)体重はどのくらいなんでしょうか?もともと特に運動をしていたわけではありませんのでそれ程筋肉が付いているというわけではありません。BMI22ではなく20位が適正なのでしょうか?ちなみにへそ付近には 1cmくらいの脂肪があります。
よろしくお願いします。』



太郎さん、コメントありがとうございます。

さて、いわゆる標準体重ですが、肥満でも痩せ過ぎでもない、健康的な体重とされているもので、日本では、「ブローカ柱変法」という、以下の計算式が良く使われます。

標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22

ですが、最近はメタボメタボと騒がれている所為か、BMIという言葉をよく目にします。

このBMIはボディ・マス・インデックスと言いまして、肥満度を示す国際的な指数で、

体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

で、割り出します。

出てきた数字が、18.5~25までが「正常」、 22 が「標準」、18.5以下なら「痩せ」、25以上なら「肥満」とされています。

ちなみに、BMI値から標準体重を計算するには、

身長(m)×身長(m)×BMI標準値

が用いられます。

けどまあ、ブローカ柱変法せよBMIにせよ、どちらも、あくまで病気になりにくいと医学的統計で出てきた数値なので、参考にはなりますが、厳密に個人個人の体の状態を示すものではないんですね。

わかりやすく言いますと、身長体重が同じ人でも、体脂肪率が10%と30%じゃ体脂肪の量も違いますし、もちろん内臓脂肪の量も違ってきます。

もちろん体重が重くても体脂肪率が低ければ、筋肉量が多くて脂肪が少ないということですから、肥満にはあてはまりません。

ですから、この標準体重やBMIというのは、あくまでも目安としてお考え頂ければと思います。

で、太郎さんの標準体重ですが、普段の生活習慣がわかりませんし、あくまでBMI値に則って171cm/60kgで計算しますと、BMIが20.5、標準体重が 64.3kgとなります。

これだと、BMIが正常で標準体重には4キロちょっと足らないということになりますが、まあ、あくまで目安ですね~。

これと近いくらいの数値で、美味しく食事が食べれて、良い体調をキープできるくらいの体重が、結局は、その方その方の適正体重ということになると私は思いますよ。


糖質制限食 | コメント(2) | トラックバック(0)

糖質制限食と便秘とマルチトールなどの糖アルコール

2009年04月06日
金曜の夜、ひたすら餃子のみを食べまくる、いまいち目的のわからない「餃子パーティー(?)」に招かれました。

私、これでも餃子を焼くのは得意な方でして、たぶんそれで呼ばれたのだと思いますが、ま、そんなことは気にせず、黙々と餃子を焼き続けていたわけです。

で、ひとしきり焼き終えたあと、私も自分で焼いた餃子を食べてたわけですが、例によって、最初の3つだけ皮ごと食べて、あとは皮をむいて食べてました。

で、食べ終わってこみ上げてくるニンニクの臭いで気がついたのですが、皮を剥いた餃子なんて、要するにニンニク入りの蒸しハンバーグではないのか?と。

試しに今度、ハンバーグにニンニク入れて蒸してみようと思う、あらてつです。

餃子とは関係ないですが、yesicanさんから、便秘ネタにまたまた解消法コメントいただいたので、ご紹介させていただきます。

『あともう一つありました!!

あらてつさん こんばんは。
再び登場です☆

小麦ふすまパンと、あともう一つ、きっとこれも有効かも!と思い当たるものにロッスチョコがありました!

ロッスチョコのパッケージに記載されている“マルチトール”の注意書きに一度に食べ過ぎるとお腹が緩くなる場合もある とありますよね。

江部先生は、このロッスチョコを一度に食べる量は最大半分まで と推奨されておられますが、私は時々 一度に1個全部を食べてしまうこともあります☆

ロッスチョコのマルチトール効果かどうかは定かではありませんが、これを食べた後も出てくれてるような気がします。お腹が緩くなるといっても、お腹が痛くなるということはありません。

あと、ご自宅のトイレにウォシュレットがあればこれもかなり有効です。
お尻をキレイにしてもらう前に、ピンポイントでお尻を刺激したら小麦ふすま効果やマルチトール効果でするん♪と出てくれるんですよ~。

汚い話に食らいついてすみません☆

でも排泄は、生き物にとってすごく大事なことなのでまきらんてさんをはじめ、便秘に悩まされている方々が少しでも快方に向かわれるようになれば と思い、コメントさせて頂きました。』


yesicanさん、いつもコメントありがとうございます。

全然汚い話ではありませんよ~。仰る通り、排泄は、健康な日常生活を送る上で、とても重要なことですから。

で、便秘の解消に、ロッスチョコレートが効果的だったとのことですが、これはいいところに目をつけられました。

マルチトールキシリトールなどのいわゆる糖アルコールは、緩下作用、すなわち、お腹がゆるくなる特性があります。なので、糖アルコールを使った商品には、大量に食べると下痢しまっせなどといった注意が書いてあるんですね。

ですが、この緩下作用を逆手にとって、便秘のときに多めに食べるなんてのもありかもですね。

例えば、私の知人で便秘のひどい女性がいまして、彼女は、寝る前にキシリトール入りのガムを5つほど食べるそうです。そうすると、翌朝スッキリと出るなんて言っておりました。

なるほど便秘でお悩みの方は、試してみる価値はあるかと思いますが、注意点が2つばかりあります。

緩下作用は人によって程度が違うので、くれぐれも食べ過ぎにはお気をつけくださいね。

あと、エリスリトール以外の糖アルコールは、砂糖の半分から1/3程度血糖値を上げてしまうので、糖尿病を発症されておられる方は、これまた食べる量に注意してください。

これは、真偽の程が分からないのですが、以前、糖アルコールによる緩下作用も、食べ続けることによって耐性ができる、すなわち、だんだんと効果が無くなってくると本で読みました。

やはり、過ぎたるは及ばざるが如しということでしょうか。糖アルコールで便秘解消は、あくまで裏技にとどめて、食生活や運動で解消するのがいいのかも知れませんね。

最後に、糖アルコールの中でもエリスリトールは、唯一カロリー0で血糖値も上がりませんし、比較的下痢しにくいとされています。ですが、中にはエリスリトールでもお腹がゆるくなる方もおられるので、こちらもご注意くださいね。

そうそう、yesicanさん、ウォシュレットでピンポイント刺激、思わず笑ってしまいました。私も経験大有りです(笑)

ただ、私の場合、出すぎて困るのですが(大笑)


糖質制限食食材 | コメント(4) | トラックバック(0)

江部康二先生京都講演会のお知らせです。

2009年04月03日
またもや朝からパソコンの調子が悪く、ようやくなんとか動くようになりました。

といっても、もう4時回ってるじゃないですか。

すっごい時間を無駄にした気がする、あらてつです。

さて、気を取り直して、江部康二先生講演会のお知らせです。

我々京都高雄倶楽部では、これまで、神戸から始まりまして、京都、東京、札幌、名古屋、大阪、福岡と講演会を開催してまいりましたが、お蔭様でどの会場も満員御礼と相成りました。

それだけ各地方でも、江部康二先生のお名前と糖質制限食が広がっているんだなと強く感じております。

が、漢方治療やアトピー治療もそうなのですが全国的な知名度があって、日本各地から患者さんが来られるのですが、ナゼだか地元京都の患者さんが少ないんですね。

そこで、年間スケジュールを立てるにあたり、2009年度は、地元での普及に力を入れていこうと江部康二先生とお話致しまして、新年度一発目の開催は、京都で行うことになりました。

今回、会場も京都駅のすぐ近く、交通の便がいい所を選びましたので、是非皆さんこぞってご参加下さいませ。

あ、今回も会場の関係でメーカーさんによる販売はありません。ご了承下さいね。

では、以下、詳細です♪

江部康二先生糖質制限食特別講演会in京都

『糖尿病・メタボリックシンドローム・肥満が劇的に改善する食事療法、
糖質制限食

【日時】  2009年4月26日(日)

【受付、開場】  13:30~

【会場】 メルパルク京都 5階会議室B
     メルパルク京都
     〒600-8216
     京都市下京区東洞院通七条下ル東塩小路町676番13
     TEL:075-352-7444(代)

【定員】 120名(先着順)※定員になり次第締め切り

【参加費】1000円(当日受付)

【タイムスケジュール】

受付、開場 13:30~
講演時間  14:00~「食事で治す糖尿病」第一部
         14:45~ 休憩
        15:00~「食事で治す糖尿病」第二部
         15:45  講演終了

【お申し込み・お問い合わせ】

お電話でのお申し込み
075-873-2170

FAXでのお申し込み
075-873-2270

E-mailでのお申し込み
takaoclub@ktk-kyoto.jp

お問い合わせ

京都高雄倶楽部
TEL 075-873-2170
FAX 075-873-2270
E-mail takaoclub@ktk-kyoto.jp

営業時間は、8:45から17:00(くらい)
お休みは土・日・祝です。

席をはずしていることもあるので、留守電に連絡先を入れておいてください。後ほど掛け直させていただきます。

前回の京都講演会は、立ち見の方もおられました。お席に限りがございますので、お早めにご予約下さいね。


糖尿病 | コメント(1) | トラックバック(0)

糖質制限食と便秘と下痢

2009年04月02日
指のさかむけがひどいです。

化繊の服なんかに引っかかると、ピーっと皮がめくれて指が血だらけになります。

よく、さかむけできるのは、親のゆうことを聞かないからだなんて言いますが、村一番の孝行息子なのに、なんでさかむけできるのかが分からない、あらてつです。

え~、こないだ、みかんと唐辛子で下痢するようになりましたなんて話を書いたら、まきらんてさんからコメント頂きました。

『羨ましすぎです…なんでっ?

なんでですかっ???
現在より真面目に糖質制限をしていた頃、普通でも順調ではないのに、 ひどい便秘症になってしまって、とても苦労しました。
最近はゆで野菜やライ麦100%パンや玄米を昼に少量食べるようにして、ゴミになるものを増やしたのですが、思うようには出ず、病院でマグラックスを出してもらいました。でも…でません。
出ないってことは毒素を体内に溜めているので、皮膚への影響も心配なのですが、うまくいきません。
うらやましいです~。
あと私に残された道は焼肉と深酒のセットでしょうか… 』


まきらんてさん、いつもコメントありがとうございます。

で、下痢なんてぜんぜんうらやましくないですよ~(笑)

私、基本的にお腹が弱くて、1年の5分の4は下痢してますからね~。小さい頃から冷たい飲み物も飲めなかったですし、アイスクリームなんてもっての他でした。

未だに夏でも熱いお茶を飲んでおりまして、お蔭で茶坊主などと言った、あまりありがたくないニックネームを頂戴してしまいましたから。

しかも萬年下痢気味だと、痔ろうになりやすいと肛門科のドクターから聞いたので、なんとかならんもんかと思いますよ。

こんな感じで、年中下痢便秘とは程遠い生活を送っているわけですが、そんな私が、生まれて初めて便秘になったことがあるんですね。それが糖質制限食を始めた初期の頃なんです。

こんなこと書いたら、便秘で苦しんでらっしゃるまきらんてさんから怒られそうですが、人生初便秘に感動しましたよ。

「おお~、お腹よ、これが初便秘だ。」

って(笑)

これ以上バカなこと書いたら、ほんとに怒られそうなのでまじめに書きますが、糖質制限食を始めてまきらんてさんのように便秘になった、または下痢になったと仰る方、けっこうおられます。

これはナゼかといいますと、現代人は、乳離れした瞬間から炭水化物(糖質)が中心の食生活になってしまいます。そうしますと、成人して糖質制限食を始めるまでの何十年、その炭水化物中心の食生活に適した腸内環境が、ず~っと保たれるわけです。

ところが、糖質制限食を始めると、それまでの炭水化物(糖質)中心の食生活から、タンパク質・脂質中心の食生活に一気に変わります。でも、腸内細菌は急に変わることができませんから、下痢したり便秘したりしてしまうそうです。

で、糖質制限食を続けていくと、徐々に炭水化物(糖質)に適応した腸内細菌から、タンパク質・脂質に適応した腸内細菌に変わっていって、お腹の状態も安定していきます。その期間は個人差があるのですが、だいたい1ヶ月から3ヶ月もすれば、ほとんどの方が落ち着きます。

だがしかし、

困ったことに、便秘が改善しない方がおられるんですね~。

特に、もともと便秘がちな方は、糖質制限食をおこなってさらに便秘がひどくなったなんてよくお聞きします。

これは、私思いますに、糖質制限食を始めた当初は、なにをどう食べていいか要領がつかめないので、極力糖質を減らそう減らそうとして、いきおい、肉・魚などのたんぱく質ばっかりの食事になってしまうからではないかと思うんですね。

そこで、私みたいな便秘初心者の話では、あんまり参考にならんかもですが、あらてつ的便秘対策をご紹介します。

とゆうても、水菜を食べてただけなんですが(笑)

水菜は、伝統的な京野菜ですが、今は全国どこでも売ってますよね。こいつを生のままサラダにしてむしゃむしゃ食べたり、さっと湯がいてポン酢かけて食べてました。

水菜100gには、3.6gの繊維質が含まれているそうで、これは、レタスやセロリより全然多いのオススメです。

あと、『管理栄養士のローカーボ・キッチン』を書かれておられる、東京の管理栄養士の大柳さんから、「海草に含まれる食物繊維は、とても便秘にいい。」と教えて頂きました。

具体的には、「干しひじき」とか、海藻類を乾燥させたものがいいそうです。私の場合だと、ひじき食べたら翌日そのまま出てきて、まさしく「ひじきは7回食べられる。」を実感するわけですが、確かに便の量も多いような気がします。

後はつきなみですが、野菜をいっぱい食べる、水分を多めに摂るようにするようにしたら、便秘は解消されました。

それくらいとっくにやってるわ!と言われそうですが…。

あぁ、まきらんてさん、こんな答えでごめんなさいです。




糖質制限食 | コメント(11) | トラックバック(0)

飛行機に乗って思うこと

2009年04月01日
この仕事に就くようになって、出張にでることがちょこちょこあり、新幹線やら飛行機に乗る機会が増えました。

昨日も新幹線の切符を手配していたのですが、だ~いぶ前に、飛行機の時間に遅れるヤツなんか、ほっとけばいいなんてちょろっと書いたの、皆さん覚えてらっしゃいますでしょうか。

続きは、またゆっくりと書きますねなんていいながら、書こう書こうと思いつつ、ずっとほったらかしになってました。

今日は、糖質制限と関係ないですが、ちょいとお付き合いください。

出張以外でも、沖縄が好きなもんで、プライベートでよく飛行機に乗ってましたが、ここ数年、目に余ることが多いです。その一番は何かいなと言いますと、平気で飛行機の時間に遅れてくるバカたれが増えたことなんですね。

前回に沖縄に行った時は、家族連れが2組、離陸時間になっても乗ってきませんでした。その前は、ゴルフに来たとおぼしき年配の団体が、これまた離陸時間をとっくに過ぎても現れず、20分以上経ってからようやく機内へ入ってきました。

飛行機にお乗りになった方はお分かりになると思いますが、離陸時間が近づいているにも関わらず、搭乗手続きができてない乗客がいたら、航空会社のスタッフの方、スピーカーで声かけまくり、走り回って探して飛行機へ案内するわけですよ。

上記の遅れて来た連中も、恐らくスタッフの方々が探しまくって機内へ連れてきたんでしょう、間違いなく。

でね、20分近く遅れてきて散々迷惑かけておきながら、ヘラヘラ笑って機内に入ってきた顔見ると、しばいたろかと思いますよ、実際。

航空会社のスタッフは、それが仕事だろなんて声が聞こえてきそうですが、いい年こいて時間も守れない連中の世話までは、彼女たちの仕事とは別のような気がします。

しかも、スタッフばかりか、飛行機に乗ってるその他大勢の人間に迷惑かけてるわけですからね。

これが電車ならどうか?

いくら指定席を取っていても、乗り遅れたって待ってくれませんし、ましてや駅員さんがアナウンスしてまで探すなんてありえません。

電車と飛行機じゃ運行便数が違うからってのも、お門違いです。

電車だろうが飛行機だろうが、決まった時間に運行するわけですから、間に合うように行動するのがルールってもんです。

乗り遅れたんなら、その次の便か空席待ちすりゃいいだけの話であって、その他大勢の人たちの時間を奪う権利なんてないと私は思います。

空港のスタッフの方に、なんでこんなに遅れる連中が多いのか聞いてみた事があります。

返ってきた答えが、「最近、食事をしていて遅れる方が増えてます。」

呆れてモノが言えませんでした。

しかも、少々遅れても待ってもられると分かってちんたらしているらしく、そうなると何をか況やと言ったところです。

最近はね、スキップサービスといいまして、搭乗手続きカウンターに寄らなくても、出発時刻の15分前に直接保安検査、10分前に搭乗口に行けばいい便利なサービスがあるんです。

私は、それでも必ず1時間以上前には空港に着くようにしてますし、着いたらさっさと保安検査済ませてしまいます。食事する時だって、ちんたら食べません。

だって、ほかの人待たせるの嫌じゃですし、さっきも書きましたが、他人の時間を奪う権利なんて私にはないと思ってますから。

定時率って言葉、皆さんご存知ですか?

飛行機が時間通り遅れずに飛ぶ率なんですけど、ANAとJALがこれを競ってましてね、ANAの方が定時率が高かったんですよ。

そうすると、お客は時間通りに飛ぶANAに流れるわけですが、それを阻止しようとしたJAL、定時率を上げるためにナニをしたかと言いますと、着陸したあとの地上整備時間を減らしたんですね。

その結果、部品が脱落しただのの不祥事が、毎日のように新聞を賑わすようになってしまいました。

JALの取った行動は、客の安全を無視した暴挙としか言いようがないですし、弁解の余地はないと思います。でもね、定時率の悪さの原因のひとつに、最初に書いたようなあんぽんたんが増えていることも事実ではないでしょうか。

ゴルフと思しき団体、話を聞いてると、お土産買って空港に着くの遅れたそうです。

遅れてくる連中は、「遅れちゃった、へっへっへ」とヘラヘラしてりゃいいかも知れませんが、そんなバカのお陰で、航空機の安全が脅かされるなんて、他の乗客からしてみれば、いい迷惑どころかたまったもんじゃありません。

なので、航空各社に言いたい。

「搭乗時間に遅れて来るヤツなんか、待たずにほっとけ。」

と。


おかしいと思うこと | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME |