12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

江部康二先生名古屋講演会のお知らせです

2009年01月31日
講演会のお知らせ第4段いきます。

江部康二先生が、名古屋で講演会を行われます。

今回は、「HUMAN LIFE INFO NET ”翼”」さんの主催で、代表の元飯田女子短期大学教授 佐橋紀子氏とのジョイント講演会です。

佐橋紀子氏は、江部康二先生の患者さんで、患者の立場からの糖質制限食について語って下さいます。

詳細は以下の通りです。

『糖尿病・メタボは必ず良くなる!~糖質制限食のすすめ~』

日時 : 2009年2月21日(土)午後1:30分~4:00

場所 :名古屋市女性会館 (名古屋市中区大井町7-25)
     TEL 052-331-5288

講師 :江部康二/佐橋紀子(患者の立場から…”翼”代表)

参加費:1.000円/チケット販売・もしくは電話で申し込み

主催  :HUMAN LIFE INFO NET ”翼”

問合せ :佐橋紀子(052-501-0994) 
      高橋君枝(052-502-3670)
      原 育世(0568-84-6946)

くどいようですが、今回は、「HUMAN LIFE INFO NET ”翼”」さんの主催です。高雄倶楽部が主催ではありませんので、当方に問い合わせや申し込み頂いてもダメですよ~。上記問い合わせ番号にかけて下さいね。

それでは皆さん、よろしくお願い致します。

糖尿病 | コメント(0) | トラックバック(0)

続・糖質制限食とエンゲル係数

2009年01月30日
筋肉痛が2日目にくると年だなんて言いますが、3日目にやってくるのは、何の所為なんでしょうか。

水曜日にちょこっと体動かしたら、今日になって体中が筋肉痛の、あらてつです。

タンパク質を補給せねば…。

そんなわけで、今日は、タンパク質の摂取比率が高い糖質制限食実践時の、食費のやりくりについてコメント頂いたので、ご紹介がてら昨日の続編として書いていきますね。

『スーパー閉店時間前がお買い物タイムです
 あらてつさん、こんにちは!

 エンゲル係数を抑えるのに、日々楽しく奮闘しているめいりんでございます。
 
 さて、今日のブログを拝読しましたが、医療費は症状が進めばやりくり不可能は全くその通りですよね!

 なかなか長い目でもって糖質制限食の長所を見てくれない方々がまだまだ多いので、がっかりすることも度々ですが、微力ながら糖質制限食の素晴らしさを私の身をもって広げていきたいと思います!
 
 食費のやりくりですが、私もうまくやっていますよ。幸い近所のスーパーの精肉コーナーは閉店1時間前には必ず半額牛肉があります!ヒレやモモのステーキ肉、すき焼き肉などいろいろ安く、時には豚ロースや、地鶏の鶏肉も半額です。食事も上手に自炊すればそれほど大きな出費にはならないです。 

 あらてつさんのご近所でのお買い物はいかがですか?』


めいりんさん、またまたコメントありがとうございます。

私の近所での買い物ですか?

そうですね~、時間が合えば、ちょうど帰り道にあるスーパーによって、タイムセールで買い物しますね。精肉コーナー、鮮魚コーナーは、夕方6時を回ると10%引き、30%引き、半額、と割引シールが張られます。お目当ての品物が半額になるまで売り場をうろうろしながら、主婦の方たちと壮絶なバトルを繰り広げてますよ(笑)

あと、最近は、近所の商店街で買い物することが多いです。

以前にちらっと書いた魚屋さんもそうですが、八百屋さんにしても肉屋さんにしても、スーパーで買うより新鮮で安いんですよ~。しかも、顔なじみになったら、毎回毎回おまけしてくれるのが嬉しいです。

以前は、帰るのが遅かったんで、その頃には商店街は閉まってて、買い物はもっぱら遅くまで開いてるスーパーを利用してたんですが、ここんとこ、商店街の閉店になんとか間に合う時間に帰れるんで、商店街で買い物してます。

「いらっしゃい。今日は、何にする?」なんて会話から始まる買い物、スーパーには無い人情が有っていいと思いません?

魚や野菜って旬がありますよね。本来、毎日同じものがあるなんて、あり得ないじゃないですか。商店街で、お店のおばちゃん、おっちゃんに「今日のおススメってあります?」て聞くと、「今日はこんなん入ってるで」と出してきてくれる、しかもスーパーより新鮮で量があって安いとなれば、これほど強い糖質制限食の味方ってないと思いますね、はい。

めいりんさん、私は、こんな感じで商店街を活用して、エンゲル係数を下げてます。

ブログ読者の皆さん、「私はこうやって食費のやりくりしてますよ。」ってアイデアがあれば、是非、ご紹介くださいませ。


<つづく>


糖質制限食 | コメント(1) | トラックバック(0)

糖質制限食とエンゲル係数

2009年01月29日
昨日の京都は、ひっさし振りに一日中快晴で、洗濯物が良く乾いてゴキゲンでした。

今日も朝から気持ちよく晴れていまして、気分良く出勤したのですが、パソコンのスイッチ入れると、ネットに繋がりません。

先ほど、ようやく復旧したのですが、私のゴキゲンはすこぶるナナメになりました。あらてつです。

今日は、糖質制限食とエンゲル係数について書こうと思っておりましたら、タイムリーなコメント頂きましたので、ご紹介させて頂きます。

『カロリーを制限するのが王道なやり方と言ってきかない巷の情報の数々に、嫌気がさしますね。
 
 糖質制限食の食事にすれば糖尿病及び減量もよい方向に向かうのは確実なのに、肉や魚のタンパク質を中心に食べることを周りに話しても、大抵聞く耳もってくれませんね。そして二言目には、お金がかかるから出来ん!って突っぱねられます…

 でも、生活習慣病にかかれば医療費が高くつくこと考えたら、食費はやりくり出来そうに思うのは私だけでしょうかねー』


めいりんさん、いつもコメントありがとうございます。

そう、糖質制限食の1番の問題なんですが、食費が高くつくんですね。

糖質制限食は、読んで字のごとく糖質を制限する訳ですから、糖質の多い主食は食べませんし、もちろんおかずも糖質の少ないものを選びます。

たとえばお昼ごはん。

外でランチすることになった場合、「ステーキランチのご飯抜き」やら、ファミレス入っても、「ステーキとサラダ、単品で」なんて頼み方します。

お店からすれば、お得なセットメニューを頼まず、わざわざ単品で注文する、客単価の高いオイシイお客ですね。

朝食なんかでも、「とりあえずトースト齧って出勤」なんてことできないんで、朝からなんか作って食べるわけですよ。

そうすると、やはりお米やパンに比べて高くつきます。

でもね。

コメントのお返事にも書きましたが、最終的にかかるであろう医療費のことを思えば、糖質制限食にかかる食費なんて、安いもんだと思いますよ。


医療費のやりくりなんて、症状が進んでしまえば不可能ですが、食費なら、創意工夫とインスピレーションでなんとかなりますから。私も、スーパーのタイムセールやらフル活用して、なんとかやりくりしてますからね~。

それこそ、合併症が出て、手術や透析が必要になってしまったら、時間もお金も手間も、とんでもなくかかってしまいますし、なにより生活の質が保てなくなります。

長い目で見て、トータルで考えれば、どちらがベストなのか、わかると思うんですが…。


糖質制限食 | コメント(4) | トラックバック(0)

カロリー制限して血糖値が下がるわけなかろうに番外編

2009年01月28日
今日のブログに、高雄病院に入院されてた読者の方から、こんなコメント頂きました。

『はじめまして!毎日、江部先生、あらてつさん(慣れなれしくてごめんなさい) のブログから一日がはじまるnabeです。

じつは私、遠方より高雄病院に通院しております。先般教育入院でお世話になりました。 結果、入院以前は糖質制限食を理解して実行している積もりでいたのですが、根本的にカロリー制限から抜け出ていなかったことに気がつきました。

なのでなかなか血糖値が下がらない方々は教育入院をお勧めしたいですね!何か違いを見つけられるかも知れません。

江部先生の説明、栄養士さんの説明、それに毎日の食事、本に書いてある事が自然に頭に浮かんできて家に帰ってからの食生活がスムーズにいきますよ。血糖値も確実に下がります。また、江部先生の見通す数値通りになります。 病院の環境もとてもよかったですし・・・』


nabeさん、ありがとうございました♪

糖尿病 | コメント(0) | トラックバック(0)

カロリー制限して血糖値が下がるわけなかろうに

2009年01月28日
鼻が詰まって目が覚めました。

自分では分からないのですが、私、かなりイビキがうるさいらしく、イビキの途中で息が止まっているそうなんです。

これって、いわゆる「睡眠時無呼吸症候群」ってやつなんじゃ…。

千の持病がまたひとつ増えた、あらてつです。

これって、治るんでしょうか???

3日間続けて書いてきた「糖質制限食入門編」ですが、今回は、ご紹介したいコメント頂いたので、ちょこっと話題を変えます。

『はじめまして。
主人は44歳、糖尿病と診断され、初めて入院したのが今から8年前です。

2年前にもどうしてもコントロールできずに、また入院。
その時は何とかコントロールできるのですが、家に帰れば、また同じことの繰り返しです。

決して、暴飲暴食をしているわけでもないのに、がんばって、夫婦で歩いているのに、結果は…。

そんな時に本屋さんで江部先生の本を見つけました。
何冊も血糖値を下げる…のうたい文句の本はかっているのに、

京都に住んでいて、江部先生の事は姪もアトピーでお世話になり、知っていたのに、糖質制限食の事はまったく知らずに過ごしていました。

残念な気持ちです。

この8年間、カロリー制限の事だけを教育されてきただけに、先生の本のデーターを見ては、信じられない、狐につままれたような気分です。

主人は7年前から単身赴任で、どうしても私の食事管理が出来ない状態なのですが、この週末は土曜の夜からご飯抜きにしたのですが、今までのカロリーが頭から離れずに、おかずは普通に…が怖く、つい、控えめにしてしまうのですが、ココにも書かれているように、大丈夫なんですよね。

今は、赴任先では夕食のみ主食を抜いているようです。

検査の結果も悪く、お先が真っ暗の時に、糖質制限食の事を知り、少し明るくなりました。
まだ、血糖値を測るまでのは結果が怖くてできていないのですが、この週末に一度測ってみたと思います。

長々と、すみませんでした。
これからもよろしくお願いします。』


つーじいさん、コメントありがとうございます&こちらこそはじめまして。
ようこそあらてつのブログにお越し下さいました。これからも宜しくお願い致します。

さて、つーじいさんのように、ちゃんとカロリー制限食で糖尿病治療に取り組み、しっかりカロリーコントロールされておられるにも関らず、血糖値のコントロールが悪くなる方が大勢おられます。

それは何故か?

食後高血糖引き起こす糖質食べて、血糖値が下がるわけないのに、平気でそれを患者に押し付ける医者がいるからですな。

こんな医者に限って、糖質制限食を批判するんですが、自分が診察している患者の数値は、全然良くないんですよ。

で、おまけに症状が良くならないのは食事制限守らないからだと、患者の所為にするんですな。自分の不勉強は、思いっきり棚の上に上げといて。

前にも書きましたよね、患者にケーキ食べさせといて、「あれ?今日は血糖値が高いね~」なんていう糖尿病専門医のお話。

これ、実話ですよ。しかも、名前聞いたら、誰もが知ってる大病院。

こんなことしとって、コントロールが悪いのを患者の所為にする、正直、開いた口がふさがりません。

頂いたコメントの文面から察しますに、ご主人の血糖コントロールにすごい努力をされて来られたことでしょう。カロリー制限で食事を作る、これってやってみりゃわかりますが、かなり大変ですよ。それなのに、どんなに努力しても改善されない状況は、とても辛いと思います。

いいタイミングで糖質制限食と出会ったと、気持ちを切り替えましょう。これから糖質制限食に取り組んで、改善していけばいいじゃないですか。

しかも、京都に在住で、姪御さんが江部康二先生にかかられているんですよね。そしたら、高雄病院にも、診察に来やすいじゃないですか。是非一度診察受けてみて下さいな。高雄病院なら、自前で検査できるんで、結果もすぐに出ます。これまでと違って、メキメキ数値が良くなるのを実感できますよ。

つーじいさん、必死で努力しても全然良くならないカロリー制限は棄てて、これからはたっぷり食べて下さい。“美味しく楽しく”糖質制限食に取り組んでみてくださいね。

糖尿病 | コメント(9) | トラックバック(0)

糖質制限食とダイエット

2009年01月27日
今朝の新聞で、明治乳業が、チーズを値下げするなんて記事が出てました。なんでも、3月1日から、4.8~10.5%値下げするんだそうです。

世界的な景気後退で需要が減って、原料の輸入チーズ価格が下落したためなんだそうですが、チーズの値下げは、30年ぶりなんだそうです。

景気後退は問題ですが、糖質制限食をしてるとチーズの消費が多いので、少しでも値下がりしてくれるとありがたいですよね。

チーズの値下がりついでに、農畜産業振興機構を無くせばもっと乳製品がやすくなるぞと思う、あらてつです。

話は変わって、今日は、ダイエット糖質制限食のお話です。

一時期、巷でブームを起こしていた「バナナダイエット」、最近は、すっかりテレビや雑誌でも見なくなりました。

普通に考えりゃ、そんなもんで痩せる訳がないじゃないですか。だいたい、バナナ食っただけで痩せるんなら、減量で苦しむスポーツ選手なんか存在しませんよ。それなのに、おすがり症候群の方々が何も考えずに飛びついて、一大ブームになってしまいました。

前にも書きましたが、特定の1食品を食べて痩せるなんて、毒でもない限りありえません。一頃大流行した「おからクッキー」もそうです。体に蓄えられた脂肪は、エネルギーとして消費しない限り、減りません。

で、蓄えた脂肪をエネルギーとして消費するには、がんばって運動するか、日常的に脂肪をエネルギーとして利用する食生活に切り替える必要があるわけですよ。

で、日常的に脂肪をエネルギーとして利用する食生活といえば、そう、糖質制限食ですね。

見事な我田引水ですが、バナナダイエットと違って、理論もちゃんとありますし、ほんとに痩せますよ。

すでに何度か書いてますが、私の糖質制限食による減量体験記をご紹介します。

私が糖質制限食に取り組んだきっかけは、52から53kgだった体重が62kgまで増えてしまい、お腹に人生初の「浮き輪」ができたことでした。

その「浮き輪」を見た弟の、「30のおっさんにしては、いい体やん」との言葉に、「オマエみたいなリバウンド王にいわれたくないわ!」と一念発起、糖質制限食による減量を開始。

糖質制限食について、さんざん聞かされて、実際に痩せた人を何人も見たわけですが、正直言って、最初は半信半疑でした。

だって、それまで「太る原因は、脂肪だカロリーだ」なんていう、いわゆる「カロリー神話」や「脂肪悪者説」、おまけに、スポーツしていたので、「人間のエネルギー源は、炭水化物(糖質)だ」といった、「炭水化物(糖質)は唯一無二論」を刷り込まれて来てましたし、「脂肪が諸悪の根源!」て考え方に、どっぷり浸かってましたから。

ところが、実際始めてみると、最初の2日でいきなり2kg落ちました。これは、水分やら食べた分などの重量による日内変動をさっぴいてです。

体重計が壊れていると思いましたよ。だって、これまでのカロリー制限の減量では、ありえない落ち方でしたから。

ところが、その後も順調に体重が減り、2ヶ月足らずで50.2kgまで減ったんですね。

この結果には、心底びっくりしました。一応ね、「スポーツ選手の食事と科学」とか、「スポーツ生理学」なんて本を読み漁って、自分なりに勉強したつもりだったんですけど、それまで信じてたことが、音を立てて崩れ落ちましたよ。

ここで、常識なんてもののいい加減さを、まざまざと見せ付けられたわけですが、目からウロコとは、正にこのこと、糖質制限食の効果を我が身をもって思い知らされたわです、はい。

ただ、私の場合、かなり極端な糖質制限(1日の糖質摂取量を20g以下に抑える)を行ったので、50.2kgまで減った段階で、少し糖質摂取量を増やしました。

それでも、現在53~54kg前後で体重はずっと安定していすし、今流行の「アラフォー」世代ですが、一向に体重&体型は変わりません。腹筋も8つに割れてます(笑)

現在の食生活ですが、昨日も書きましたように、基本的には、おかずばかりをお腹一杯食べています。こんなに食べて大丈夫か?と思うくらい食べますが、それでも体重は増減なしですね。

前回のブログにありますように、米やパンって意外なことにかなりカロリー高いんです。ですから、これらの主食をお腹一杯食べてた時より、今のおかずばかりを食べる糖質制限食の方が、総摂取カロリー数は少ないと思います。

これに加えて、糖質を取らないので、本来燃えるべき脂質が、エネルギーとしてきっちり燃えてくれます。なのでダイエットにとても効果的&太りにくい体質になるわけです。

この「糖質制限食が何故ダイエットに効果的か」の詳しい理論をお知りになりたい方は、江部康二先生の2008年5月16日からのブログか、昨日のブログをごらん頂ければ分かりやすいと思いますので、そちらを参考になさって下さいませ。


<つづく>

糖質制限食 | コメント(2) | トラックバック(0)

糖質制限食とカロリー

2009年01月26日
先週の金曜日は、わりと過ごしやすい日和だったのですが、土曜日は朝から風も強く、とても冷え込んだ京都でした。

膝、腰、肩と整形外科的に悪いとこが多々ありまして、土曜日の寒波は、この冬一番の痛みをもたらしてくれました。

だから冬は嫌いです。

痛いのキライなんで、さっさと暖かくなって欲しい、あらてつです。

さてさて、シリーズでお届けしている、「糖質制限食入門編」ですが、今回は、「糖質制限食とカロリー」です。

まず、糖質制限食は、一般的なカロリー制限食のように、カロリーを計算して食事内容を組み立てるわけでなく、食事に含まれている糖質をカウントします。ですから、基本的にはカロリー制限をしません。

従来の常識でいえば、お米食べずにおかずばっかり、しかもカロリーの多い油脂分を多く摂りますから、さぞカロリー過多になると思われますが、さにあらず。意外なことに、カロリー不足になってしまう方が多いんですね。

例えば、1月21日にコメントをご紹介させて頂きましたよしおさんも、ご本人は、けっこう食べておられるおつもりでしたが、ざっと計算してみたところ、約1800kcalしか摂取カロリーがありませんでした。

高雄病院の入院患者様でも、退院して自宅で糖質制限食に取り組まれると、食べてるつもりが、実際は食事量が少なく、カロリー不足でヘロヘロになったなんて話、しょっちゅうお聞きします。

で、なにゆえこんなことになってしまうかと言いますと、これまたここで「常識の壁」というやつが出てくるわけなんですな。

従来、「脂肪はカロリーが高く太りやすい、おまけに体に悪い」というのが通説で、私自身、糖質制限食に出会うまでは、そう思い込んでました。ですから、糖質を減らしたら、その分、脂肪分、タンパク質でエネルギーを補う必要があるのですが、ついつい、脂肪の摂取を抑えてしまうんですね。

糖質のカロリーは、1gで4kcalですが、脂質のカロリーは、1gで9kcalと倍以上あります。具体例を挙げますと、ヒレステーキ150gだとカロリーが約277kcal、私の好きなサーロインステーキ脂身つきなら、150gのカロリーが、約501kcalとなります。これが同じ量のご飯なら、252kcal(糖質55.2g)になります。これだけ見ると、脂肪分のカロリーは、ずいぶん高いです。

だがしかし、

ここで冷静に、これまでの食生活を振り返って頂きたいのですが、150gのご飯て、小さな茶碗一膳しかありません。少食の方なら足りるかもですが、私なら全然足りない量ですし、恐らく多くの方が「おかわり」する量ではないでしょうか。

で、普通にごはんを1膳おかわりしたら、それだけで500kcalを超えますし、3杯食べたら700kcalを越えてしまいます。こいつがパンの場合だったらもっとカロリー高くて、食パン6枚切りの1枚分、60gで158kcal(糖質26.6g)、150g換算だと395kcalになります。

糖質を制限しない食事の場合、これにおかずのカロリー、しかも、根菜も使うし砂糖も使った糖質の多いおかずのカロリーが加わります。

糖質が多く含まれている、米やパンや麺類は、いっきにガツガツ食べられます。ここが糖質の危険なところで、1g単位で比べるとカロリーは低いですが、やはり量を食べてしまうので、最終的には、食事における、糖質の占めるカロリー比が高くなってしまいます。

となると、主食を食べる食生活をしていた頃は、毎日、相当量のカロリーを糖質から摂取していたことになりますね。

このような食生活が長らく身についてしまっているので、いきなり糖質を抜きますと、ついつい「おかず」の量が少なくなって、カロリー不足に陥ってしまうわけですね。

ですから、糖質制限食を始めてヘロヘロで動けなくなった、頭がボーっとする、体に力が入らないと仰る方は、食事量をチェックしてみてくださいね。恐らく、思ってる以上に摂取カロリーが少なくなっていると思いますので。

あ、いくらカロリーを制限しないと言いましても、限度がありますので念のため。

<つづく>
糖質制限食 | コメント(1) | トラックバック(0)

江部康二先生名古屋講演会のお知らせ

2009年01月25日
ここで一句

日曜日、ああ日曜日、日曜日

意味はありません、あらてつです。

講演会のお知らせ第三段いきます。

江部康二先生が、名古屋で講演会を行われます。

今回は、「HUMAN LIFE INFO NET ”翼”」さんの主催で、代表の元飯田女子短期大学教授 佐橋紀子氏とのジョイント講演会です。

佐橋紀子氏は、江部康二先生の患者さんで、患者の立場からの糖質制限食について語って下さいます。

詳細は以下の通りです。

『糖尿病・メタボは必ず良くなる!~糖質制限食のすすめ~』

日時 : 2009年2月21日(土)午後1:30分~4:00

場所 :名古屋市女性会館 (名古屋市中区大井町7-25)
     TEL 052-331-5288

講師 :江部康二/佐橋紀子(患者の立場から…”翼”代表)

参加費:1.000円/チケット販売・もしくは電話で申し込み

主催  :HUMAN LIFE INFO NET ”翼”

問合せ :佐橋紀子(052-501-0994) 
      高橋君枝(052-502-3670)
      原 育世(0568-84-6946)

くどいようですが、今回は、「HUMAN LIFE INFO NET ”翼”」さんの主催です。高雄倶楽部が主催ではありませんので、当方に問い合わせや申し込み頂いてもダメですよ~。上記問い合わせ番号にかけて下さいね。

それでは皆さん、よろしくお願い致します。



糖尿病 | コメント(0) | トラックバック(0)

漢方講演会のお知らせです♪

2009年01月24日
冷え込まんでいいのに、昨晩からめちゃめちゃ寒いです。

今日は用事があって、バイクで京都市内を走り回らんといけないんですが、ココロが折れそうです。

誰か、寒くないバイクを開発してくれないかと切に願う、あらてつです。

あ~、ほんまに家から出るのイヤやなぁ。

で、冬にの次に来るのは春で、春といえば、そう、スギ花粉ですね。

高雄病院は、もともと漢方治療で有名になった病院でして、理事長の江部康二先生、院長の江部洋一郎先生をはじめ、ずらっと漢方医が診察を行っています。漢方生薬の消費量は、日本で一番なんですよ。

今でこそ、あちこちの病院で治療に漢方薬を取り入れたり、漢方外来を開設したりしてますが、漢方治療が注目されるはるか以前から、高雄病院では、漢方治療を行ってきたわけです。

お蔭さまで、北は北海道から南は沖縄まで、日本全国から漢方治療を求めて患者さんが来られますが、それでも、まだまだ漢方について理解されている方は少ないです。

そこで、京都高雄倶楽部では、漢方薬による花粉症治療について皆さんに知って頂こうと、講演会を企画致しました。名前はよく聞くし知ってるようでほんとはあまり知らない漢方について、花粉症治療を症例にしてわかりやすく解説します。

講師の先生は、高雄病院駅前診療所所長で、漢方専門医の篠原明徳先生です。

篠原明徳先生の漢方講演、私あらてつも何度か聞かせて頂きましたが、身近な話題から漢方についてとっても分かりやすく説明して下さいますし、軽快な語り口で、とても面白いですよ。

以下、詳細をご案内致しますので、毎年花粉症で苦しんでおられる方はもちろん、漢方に興味のある方も是非どうぞ。


高雄病院駅前診療所所長  篠原明徳先生 漢方講演会

『漢方で良くなる花粉症

日時 2009年2月8日(日)
受付、開場 9:30~

定員 50名(先着順)※定員になり次第締め切り
参加費 1000円(当日受付)
会場 メルパルク京都 6階会議室6

   メルパルク京都
   〒600-8216
   京都市下京区東洞院通七条下ル東塩小路町676番13
   【TEL】075-352-7444(代)【FAX】075-352-7390

タイムスケジュール

受付、開場 9:30~

講演時間  10:00~「漢方で良くなる花粉症」第一部
        10:40~ 休憩
        10:55~「漢方で良くなる花粉症」第二部
        11:25  講演終了
             質疑応答

お電話・FAX・パソコンからお申し込み頂けます。

お電話でのお申し込み
075-873-2170

FAXでのお申し込み
075-873-2270

E-mailでのお申し込み
takaoclub@ktk-kyoto.jp

お問い合わせは、

京都高雄倶楽部
TEL 075-873-2170
FAX 075-873-2270
E-mail takaoclub@ktk-kyoto.jp

営業時間は、8:45から17:00(くらい)
お休みは土・日・祝です。

席をはずしていることもあるので、留守電に連絡先を入れておいてください。後ほど掛け直させていただきます。

皆さんのお申し込み、お待ちしてます♪

糖尿病 | コメント(0) | トラックバック(0)

糖質制限食とアルコール

2009年01月23日
昨晩、間違い電話みたいなものでしたが、とても懐かしい電話をもらいました。

その方とは、年賀状のやり取りくらいしか、今は付き合いがないのですか、今年に出した年賀状を見て、ブログを読んでくださったそうです。

あんまりアホなことばかり書けないなと、路線変更しようか思案中の、あらてつです。

ああ、関西人の血が騒いでしまう…。

先日から書き始めた、「糖質制限食入門編(?)」ですが、今回は、左党の皆さんが歓喜の雄たけびを上げる「糖質制限食とアルコール」です。

これまたよく頂く質問に

糖質制限食って、お酒飲んでいいって江部先生の本に書いてあったんですけど、本当ですか?」

なんてのがあります。

「はい、本当です。」

これまでカロリー制限食をずっとやってこられた方には、にわかに信じがたい話なのですが、糖質制限食では、種類を選べば、アルコールもOKなんです。

この話をしますと、「何なら飲んでいいんですか!?」と畳み掛けられるわけですが、いわゆる蒸留酒なら、糖質を含まないので糖質制限食中でも飲んでも大丈夫なんです。

「え?アルコールって、カロリー高いんじゃないんですか?」

はい、アルコール自体は1gで7kcalと、けっこうカロリー高いですが、アルコールのカロリーは「エンプティカロリー(からっぽのカロリー)」と言いまして、摂取しても真っ先に消費されて、体内に蓄積されません。

もちろん、血糖値を上げるのは、カロリーといった「単位」ではなく、糖質という「栄養素」なので、糖質を含まない蒸留酒であれば、飲んでも血糖値は上昇しないわけです。

で、飲んでいい蒸留酒ですが、具体的に言いますと、焼酎や泡盛、ジンやウォッカ、ウィスキー、ブランデー、ラム、などなどです。

これまたよく頂く質問ですが、

「芋焼酎や米焼酎も、糖質がないんですか?」

はい、蒸留酒であれば、原材料は関係ありません。蒸留された時点で、糖質は無くなります。米だろうが芋だろうがトウモロコシだろうが、はたまた黒糖だろうが大丈夫です。

「糖質0の発泡酒は飲んでいいんですか?」

もちろんOKです。

最近は、アサヒのスタイルフリー以外は見かけなくなりましたが、飲んで頂いても大丈夫です。

上記以外のお酒でも、赤ワインなら、少量であれば血糖値に影響を与えません。

いつも大変お世話になっています、「リストランテASO」の阿曽シェフは、なんと赤白問わず、血糖値を上げないワインを見つけてこられました。ワイン好きの方には、朗報だと思います。これらのワインは、これまた大変お世話になってます、新井田シェフが料理長を務めてらっしゃいます、六本木ミッドタウンにある「Botanica」で、糖質制限フルコースと共に出されてますので、素晴らしい料理と共に、是非味わってみてください。

あと、糖質0の日本酒なんてのも出てますので、日本酒好きの方には嬉しいですね。

で、最後になりますが、いくら糖質制限食ではアルコールOKと云えど、限度がありますから念のため。

くれぐれも飲みすぎないように、「美味しく楽しく」お酒と付き合って下さいね。

<つづく>


糖尿病 | コメント(9) | トラックバック(0)

糖質制限食を始めるにあたって、よく頂くご質問

2009年01月22日
昨日は、朝からバタバタしてまして、夜の7時半まで、全く飲まず食わずでした。

「これって、ある意味、完全な糖質制限食やん」

なんてバカなこと考えながら、メーカーさんまで商品を取りに行っていた、あらてつです。

え~、昨日ちらっと書きましたが、最近、新たにこのブログを見つけ出してお読みくださる方が増えてます。

なもんで、糖質制限食とその取り組み方について、よく頂くご質問を例にして、書いていきたいとおもいます。以前からお読み頂いておられる方は、おさらいだと思って頂ければ嬉しいです。

まず、糖質制限食とは何ぞや?からいきましょうか。

糖質制限食を簡単に言いますと、主食を食べない代わりに肉・魚・野菜などのおかずばかりを食べる食事方法です。

三大栄養素と呼ばれている、糖質・タンパク質・脂質の中で、唯一、血糖値を上げるのが糖質です。
現在、私たちが主食としているご飯やパン、麺類には、デンプンが多く含まれています。このデンプンや砂糖などの炭水化物、すなわち糖質を徹底して減らし、インスリンの分泌や血糖の上昇を抑えようというのが糖質制限食の狙いです。(ちなみに、糖質と消化されない食物繊維を合わせたものを、炭水化物と呼びます。)

ですから、主食やその他いも類など、糖質の多い食品をなるべく避けて食事をしていただこうというわけです。その代わり、糖質(炭水化物)の少ない食品に関しては、ほとんど制限はありません。肉や魚などのタンパク質や脂質の多い食品を食べてもかまいません。

で、ここで一番よく頂く質問

「米、パン、麺食うたらあかんの?ほんなら、何食うたらええねん!」

いやいや、けっこう食べるものありますよ。

まず、カロリー制限食なら、真っ先に制限される肉と魚、いわゆる動物性タンパク質ですが、これらは、ガツガツ食べて頂いて全然OKです。

ガツガツといいましても、一回に2キロとか3キロ食べると流石に問題ですが…。

ま、ステーキ300gとか、トロ300g食べても、血糖値は上昇しないので、美味しく食べて頂けます、はい。

次は野菜です。基本的に根菜以外は食べて大丈夫です。特に、キャベツ以外の葉っぱモノの野菜は糖質低いので、安心して食べてください。あ、キャベツもサラダに使うくらいなら問題ないですよ。根菜も、例えば、ニンジンなんかを彩りに使うくらいなら、許容範囲です。

ただし、ドレッシングにはご注意ください。市販のドレッシングには、砂糖が山盛り入っている物が多いので、成分表示をよく確認してくださいね。

あと、豆腐やお揚げ、納豆などの大豆製品も、糖質制限食の強い見方です。これらは値段も、安いしお腹も膨れるので、私もよく食べてます。

こうして見ると、糖質制限食ゆうても、そんなに難しくないでしょう。米、パン、麺類、お菓子以外は、ちょっと気をつけると、けっこう普通に食べることができますし、カロリー制限に比べたら、量もはるかに食べられます。

初めて糖質制限食に取り組む方は、まずは主食を抜くところから始めてみましょう。そして、おかずの内容も、糖質の少ないものに変えていけばやりやすいと思います。

最初は少し難しいかも知れませんが、やってるうちにすぐに慣れてきて、「あ、これなら食べても大丈夫だな。」なんて分かってきますよ。

次回から、「糖質制限食とアルコール」「糖質制限食とカロリー」「糖質制限食とダイエット」「糖質制限食とエンゲル係数」「糖質制限食と禁断症状」「糖質制限食とハゲ」について、順番に書いていきますね。

<つづく>


糖尿病 | コメント(4) | トラックバック(0)

糖質制限食と食事の回数

2009年01月21日
昨日、「世界1の自動車メーカートヨタ」が1500億円の赤字に陥る見通しで、社長を変えて経営の改善をはかってどうたらこうたらと、民放、NHKのニュース番組でしきりに報道しておりました。

トヨタの社長が誰になろうが知ったことないのですが、これらの報道を見て、なんかおかしいんじゃないか?思ったんですね。

「前期に2兆2700億円も黒字出しといて、1500億円の赤字でナニをガタガタゆうとんねん。十分の一もないやないか。」

トヨタは、国内の非正規雇用者を、6000人規模で削減する計画だと報道されてましたが、雇用を確保するから、過去最高の経常利益を出しながらも、賃上げに応じてこなかったのでは無かったん?

2兆2700億円もの黒字、使い切ったんでしょうかね。

さすが、『顧客の利益よりも自社の利益を最優先とする企業姿勢』と言われるだけのことはありますね、この会社。社会に利益を還元するなんて、これっぽっちも考えてないようです。

マスコミも、もうちょっと突っ込んだ報道しろよなと思う、あらてつです。

話は変わりますが、糖質制限食の食事回数について質問を頂いたので、ご紹介がてらお答えさせていただきます。

『質問があります。

初めまして、よしおと申します!最近江部先生の本を買って糖質制限食に興味を持ちました。あらてつさんのブログも昨日初めて知り、過去の記事など色々読ませて頂いています。

そこで質問なのですが、僕は大学4年で体系はかなり細く、体脂肪が6%あるかどうかです。1日2食と書かれていますが、僕のように細くて少し太りたい人は、1日3食でもいいのでしょうか?

それと、今かなりの量のたんぱく質と脂質を取っています。
朝食…卵2個、魚1匹、チーズ100g、青汁
昼食…卵2個、豆腐150g、青汁
夕食…卵2個、豚ロース300g、ほうれん草ジュース
お腹が空いたらチーズを食べています。
調味料にクウォーターマヨネーズとしょうゆ、塩コショウなどを使用しています。さすがにこの量は取り過ぎでしょうか?一時期体が動かなくなったのですが、青汁を飲むようになったら調子はいい感じです。

アドバイスがありましたらお願いします。忙しいところ長々とすみませんでした。』


よしおさん、こちらこそはじめまして。ようこそあらてつのブログヘお越し下さいました。これからもどうぞ宜しくお願いします。

さて、少し太りたいとのことで、1日3食でもいいのか?とのご質問ですが、あれ?1日2食って書いてありましたっけ???

それって、おそらく江部康二先生が、1日2食ってことだと思います。基本的に、糖質制限食といえど、現代人の食生活に合わせてありますので、1日3食でメニューを組んであります。

ですから、よしおさん、安心して3食しっかり食べてください。

で、よしおさんの摂取カロリーをざっと計算してみたところ、あくまでもざっとですが、約1800kcalでした。これだと、成人男子の摂取カロリーとしては、少ないような気がします。しかも、太りたいなら尚のこと少ないですね。

「一時期体が動かなくなった」のは、恐らく、糖質制限食に初めて取り組んだ方によくある、摂取カロリー不足によるもので、青汁飲んで調子が良くなったのは、青汁に含まれる糖質が、エネルギーとなったのだと思います。

ですから、太りたいのであれば、もう少し食事量を増やした方が良いですね。江部康二先生は、太りたい方には、果物を勧めておられます。それは、果物に含まれる果糖は、中性脂肪に変換して蓄えられやすいためで、食べ過ぎない程度に、果物をメニューに加えて体重の増加を見てみてはいかがでしょう。

あと、マヨネーズですが、カロリーカットしてあるものは、砂糖やらなんやら添加されています。キューピーの全くノーマルなものがオススメです。

以上、簡単にお答えしましたが、参考になりましたでしょうか。

最近、新しくこのブログに来られる方が増えたので、次回から糖質制限食について、おさらいも兼ねて、少し詳しく書いていきますね。

糖尿病 | コメント(2) | トラックバック(0)

糖質制限食的大豆粉の使い方

2009年01月20日
昨晩、自宅で串カツをしました。

揚げたてのチーズで、みごとに口の中をヤケドした、あらてつです。

皆さん、揚げたてのチーズは非常にデンジャーなので、気をつけてくださいね。

今回は、少しタイムリーなご質問を頂いたのでご紹介致します。

『お久しぶりです

今回初めて ふすまパンと一緒に大豆粉de元気を買ってみました 大豆de元気は小麦粉の代用と考えて良いんですか?豚カツの時の小麦粉代わりなどの他に お菓子とかも作れるのでしょうか?あらてつさん 大豆de元気を使った 何かおいし~~~スイーツレシピないですかぁ』


こころさん、こちらこそご無沙汰しております&いつもお買い上げ頂きありがとうございます。

さて、ご質問頂きました大豆粉ですが、う~ん、小麦粉の代用にはならないですね~。

コメントに書いて頂いてますように、豚カツの下地とか、唐揚げに使うと、小麦粉より香ばしくて美味しいと思いますし、昨日の串カツも大豆粉で作りました。

だがしかし、

一般的な小麦粉を使った料理、例えば天麩羅やお好み焼き、パンやケーキなどには、正直、使えないです。ナゼかと言いますと、小麦粉のようにグルテン含まれてないので、パンにしても膨らみませんし、油脂分が多いのですぐに焦げてしまう上、大豆の臭いがキツすぎるからなんですね。

当社がスイーツの開発をお願いしている菓子職人さんや、メロンパン・シナモンパンを焼いて頂いているパン職人さんは、やはりプロ中のプロなので、かなり苦労はされましたが、ちゃんとケーキやパンにして下さいました。でも、実際、私のようなシロウトが真似できるようなもんじゃないですからね~。

大豆粉を買って頂いているお客様の中には、これを使ってお菓子を作ってらっしゃる方もおられるようですが、すみません、私はちょっと大豆粉を使いこなせていません、はい。

そこで、ブログをお読みの方で、大豆粉を使った料理屋スイーツのレシピをお持ちの方がいらっしゃいましたら、ご紹介頂けませんでしょうか。

よろしくお願い致します。

糖質制限食食材 | コメント(8) | トラックバック(0)

江部康二先生名古屋講演会のお知らせ

2009年01月19日
昨日、荷物を取りに実家に寄りました。

元旦以降帰ってなかったので、それ以降に届いていた年賀状を、今更ですが読んだわけです。

そしたら、嬉しい年賀状が…。

小森さ~ん、ブログ読んでくれたんですね!不思議ワールド全開のあらてつですよ(笑)

よかったら、コメント入れてくださいね~。

あ、是非、今度牛に乗りに来て下さいね(笑)

さてさて、内輪ネタはおいといて、講演会のお知らせ第二段です。

江部康二先生が、名古屋で講演会を行われます。

今回は、「HUMAN LIFE INFO NET ”翼”」さんの主催で、代表の元飯田女子短期大学教授 佐橋紀子氏とのジョイント講演会です。

佐橋紀子氏は、江部康二先生の患者さんで、患者の立場からの糖質制限食について語って下さいます。

詳細は以下の通りです。

『糖尿病・メタボは必ず良くなる!~糖質制限食のすすめ~』

日時 : 2009年2月21日(土)午後1:30分~4:00

場所 :名古屋市女性会館 (名古屋市中区大井町7-25)
     TEL 052-331-5288

講師 :江部康二/佐橋紀子(患者の立場から…”翼”代表)

参加費:1.000円/チケット販売・もしくは電話で申し込み

主催  :HUMAN LIFE INFO NET ”翼”

問合せ :佐橋紀子(052-501-0994) 
      高橋君枝(052-502-3670)
      原 育世(0568-84-6946)

くどいようですが、今回は、「HUMAN LIFE INFO NET ”翼”」さんの主催です。高雄倶楽部が主催ではありませんので、当方に問い合わせや申し込み頂いてもダメですよ~。上記問い合わせ番号にかけて下さいね。

それでは皆さん、よろしくお願い致します。



糖尿病 | コメント(2) | トラックバック(0)

漢方講演会のお知らせです♪

2009年01月17日
テレビの天気予報で、「ここのところ続いていた寒波がゆるみ、真冬並みの寒さも平年並みになるでしょう」と言ってました。

ちょっと待て。

真冬って、今が真冬やないの?違うんやったら、いつが真冬なん?

真冬の定義がわからない、あらてつです。

新聞読んでたら、花粉症治療の記事が出てまして、取材を受けてた耳鼻科のドクターが「さまざまな民間治療がありますが、きちんと専門医にかかりましょう。」なんてコメントしてました。

でね、そのドクターの上げる民間治療に、「なんとか茶」に並んで「漢方」が入っていたんですよ。

おいおい、ちょっと待たんかい。

漢方」は民間治療か?ふざけるのもたいがいにせ~よ。

このドクターの無知は救いがないですが、それをそのまま表にして載せる新聞も新聞ですね。

どうにも漢方って、未だ誤解されているところが多いです。

高雄病院は、もともと漢方治療で有名になった病院でして、理事長の江部康二先生、院長の江部洋一郎先生をはじめ、ずらっと漢方医が診察を行っています。漢方生薬の消費量は、日本で一番なんですよ。

今でこそ、あちこちの病院で治療に漢方薬を取り入れたり、漢方外来を開設したりしてますが、漢方治療が注目されるはるか以前から、高雄病院では、漢方治療を行ってきたわけです。

お蔭さまで、北は北海道から南は沖縄まで、日本全国から漢方治療を求めて患者さんが来られますが、それでも、まだまだ漢方について理解されている方は少ないです。

そこで、我々京都高雄倶楽部では、漢方治療漢方薬について皆さんに知って頂こうと、講演会を企画致しました。名前はよく聞くし知ってるようでほんとはあまり知らない漢方について、花粉症治療を症例にしてわかりやすく解説します。

講師の先生は、高雄病院駅前診療所所長で、漢方専門医の篠原明徳先生です。

篠原明徳先生の漢方講演、私あらてつも何度か聞かせて頂きましたが、身近な話題から漢方についてとっても分かりやすく説明して下さいますし、軽快な語り口で、とても面白いですよ。

以下、詳細をご案内致しますので、毎年花粉症で苦しんでおられる方はもちろん、漢方に興味のある方も是非どうぞ。


高雄病院駅前診療所所長  篠原明徳先生 漢方講演会

『漢方で良くなる花粉症

日時 2009年2月8日(日)
受付、開場 9:30~

定員 50名(先着順)※定員になり次第締め切り
参加費 1000円(当日受付)
会場 メルパルク京都 6階会議室6

   メルパルク京都
   〒600-8216
   京都市下京区東洞院通七条下ル東塩小路町676番13
   【TEL】075-352-7444(代)【FAX】075-352-7390

タイムスケジュール

受付、開場 9:30~

講演時間  10:00~「漢方で良くなる花粉症」第一部
        10:40~ 休憩
        10:55~「漢方で良くなる花粉症」第二部
        11:25  講演終了
             質疑応答

お電話・FAX・パソコンからお申し込み頂けます。

お電話でのお申し込み
075-873-2170

FAXでのお申し込み
075-873-2270

E-mailでのお申し込み
takaoclub@ktk-kyoto.jp

お問い合わせは、

京都高雄倶楽部
TEL 075-873-2170
FAX 075-873-2270
E-mail takaoclub@ktk-kyoto.jp

営業時間は、8:45から17:00(くらい)
お休みは土・日・祝です。

席をはずしていることもあるので、留守電に連絡先を入れておいてください。後ほど掛け直させていただきます。

皆さんのお申し込み、お待ちしてます♪

糖尿病 | コメント(1) | トラックバック(0)

基礎代謝と糖質制限食

2009年01月16日
先日、久しぶりにお会いした業者さんから、

「いっつもバカなことばっかり書いて~(笑)」

と言われてしましました。

そういうアナタも、毎回ブログ読んでるんやんと、ツッコミ入れたくなった、あらてつです。

けど、ヒッキーよりウッキーの方が、ゴロがいいと思うんですけど…。

そんな話はどうでもよくて、基礎代謝について、アクアさんからコメントいただきました。

基礎代謝低下?

はじめまして
毎回、楽しく勉強させていただいてます

突然の質問なんですが、週に一回は糖質を摂らないと、基礎代謝が低下するのでしょうか?

雑誌ターザン『王道ダイエット』の記事に、糖質制限ダイエットをしている方の話がありました
記事の中で、『基礎代謝が低下するので、糖質を摂る日を作っている』とありました
本当なのでしょうか?

私は、糖尿病ではないのですが、江部先生の本と出合って糖質制限をしています
すごく体調が良いんです(^-^)
これからも続けていくにあたって、心配になりました(>_<)

あらてつさん、教えて下さいm(_ _)m

ホクッホクッ大豆、美味しくて止まりません(笑)』


アクアさん、こちらこそはじめまして。

毎回バカなことばっかり書いてて、すみません。アクアさんも、ウッキーの方がいいと思いません?

ひつこいですね…。

え~、ご質問いただいた、「週に一回は糖質を摂らないと、基礎代謝が低下するのか?」ですが、う~ん、なんででしょう、わかりません。

なんで糖質摂らないと、基礎代謝が低下するのでしょうか?ターザンって、江部康二先生に取材に来てましたけど、その時の記事ですか?ごめんなさい、私、読んでなかったんで、なにか根拠があってそう書いてあったんでしょうか?

いまいちよくわかりませんが、まず、「基礎代謝とは何ぞや?」から考えてみましょう。

基礎代謝っていうのは、安静時に生命活動を維持する上で、最低限必要なエネルギーのことです。もっとわかりやすく言いますと、人間って、じっとしてても、脳や心臓や肺や、その他の内臓は動いていますよね。これらが動くときに消費するエネルギーのことなんですね。

当然、何もしないでも消費するエネルギーですから、基礎代謝が高ければ高いほど、太りにくいわけですが、悲しいかな、基礎代謝は、年齢と共に減少していきます。

基礎代謝は、肝臓、筋肉のエネルギー消費が一番大きいそうです。でね、人は、加齢と共にどんどん筋肉量が減ってきます。一説によると、30歳を過ぎると、運動とかで鍛えてない場合を除くと、年間300g以上の筋肉が減少するらしいです。

エネルギー消費が大きい筋肉が減れば、もちろん基礎代謝も下がります。同じ食事量なのに、若い頃に比べると、中年以降に太りやすくなるのは、その所為です。特に女性は、男性に比べて一般的に筋肉量が少ないので、余計に太りやすくなるわけですね。

で、基礎代謝の簡単マメ知識がわかったところで、本題です。

糖質を摂らない食事は、内臓の消費エネルギーを下げるんでしょうか?逆に、糖質を摂ると消費エネルギーが上がるのでしょうか?そんなことないと思いますけどねぇ。

先ほども書きましたが、基礎代謝でエネルギー消費が多いのは、肝臓と筋肉です。糖質制限食を実践すると、肝臓でアミノ酸などから糖新生が行われて、それに多量のエネルギーが消費されます。要するに、基礎代謝が上がるわけですよね。そのことから考えても、「週に一回は糖質を摂らないと、基礎代謝が低下する」ことは無いと思うのですが…。

そもそも、糖質を摂らないと基礎代謝が下がるなら、糖質制限食で痩せられるわけがないし、5年以上糖質制限食を続けてる私なんか、とっくに中年太りになってますよ(笑)

というわけで、「週に一回は糖質を摂らないと、基礎代謝が低下する」のは、何か勘違いされているのではないでしょうか。アクアさん、安心して糖質制限食を続けてくださいね。

ところで、「ホクッホクッ大豆」美味しいでしょう!私も、たまに食べますが、下手なナッツより全然美味しいと思います。江部康二先生もお気に入りで、よく食べてらっしゃいますよ。



糖質制限食 | コメント(5) | トラックバック(0)

がんばらない糖質制限食

2009年01月15日
宇多田ヒカルは、ヒッキーではなくウッキーの方がいいと思う、あらてつです。

意味はありませんが…。

さて、ウッキーとは何の関係もありませんが、missフェロー さんから何だかココロが温かくなるコメント頂きましたのでご紹介させていただきます♪

『心強い、メッセージを、ありがとうございます。

きのうの、師匠の報告より・・・

どうしても、蕎麦が食べたくなっちゃってさぁ・・・
13時頃、山菜蕎麦を、食べちゃったよ!
で、14時から、1時間、歩いた~歩いた~ガンバったよ。
18時に、家に帰って、血糖値を測ったら、164。
ずいぶん、時間がたってるし、歩いたから、この数字かなぁ~

19時頃から、夕食。
カニと、牛肉の、しゃぶしゃぶ、白菜、ネギ、しめじ、豆腐。
大根おろしに、とば屋のポン酢でね。
21時に、血糖値を測ったら、120だぞ!!
すごいだろ!

う~ん~どうなんですかねぇ~
1時間歩いて、5時間たって、164ということは・・・200upしていたのではないかしら・・・
確かに、糖質制限に、意識は、傾いているけれど・・・

今日、私の、お願いを聞いてくれ、お医者に行ってくれました。
合併症の心配は、全くない、と言われたそうです。
よかったぁ~
きっと、誇らしい顔をして、検査結果を見せてくれるのでしょう。

糖質制限が、オレの普通の、食生活になるといいなぁ~
ガンバルんじゃなくて~
引き続き、協力してくれよ、と言ってました。』


missフェロー さん、いつもコメントありがとうございます。

いっや~、とても嬉しいです。お師匠さん、治療に前向きになって頂いてるんですね。Botanica効果、出ていますね~(笑)

>う~ん~どうなんですかねぇ~
1時間歩いて、5時間たって、164ということは・・・200upしていたのではないかしら・・・
確かに、糖質制限に、意識は、傾いているけれど・・・


いえいえ、最初はこんな感じからスタートすればいいんです。

私なんか人体実験兼ねてたので、最初からかなり極端な制限をしましたが、そんなことしてたら、あとがつづきません。

糖質制限食、と言いますか糖尿病の治療は、まずは始めてみることが大事で、さらに続けてこそ効果があります。

人間、そんなに強いもんじゃありません、どうしても蕎麦が食べたくなる瞬間だってあります。でも、蕎麦食べられたあと、1時間歩かれたじゃないですか。まずは、それでよしと考えましょう!だって、これって治療に対して、意識が前に向いていないとできないですよ~。

それに、missフェロー さんのお願いをお聞きになって、病院にも行かれたんですよね。それまでの経緯は存じ上げませんが、これまでは、何度お願いしても、行って頂けなかったのではないですか?それなら喜ばしい変化じゃありませんか。

お師匠さんのお言葉、

「糖質制限が、オレの普通の、食生活になるといいなぁ~
ガンバルんじゃなくて~
引き続き、協力してくれよ」


そうです、ガンバっちゃいけません。ガンバると絶対しんどくなりますし、途中でイヤになってしまいます。

糖質制限食は、カロリー制限食に比べて制限が少ないですが、やはり何かを制限される事にはかわりありません。先ほども書きましたが、糖質制限食は、続けてこそ効果があります。

ですから、無理は禁物です。糖質制限食に取組む一番の心得は、江部康二先生仰るところの「美味しく楽しく」です。

それにしても、今回頂いたコメント、ほんとにいいお話です。不覚にも、涙でてきました。

missフェロー さん、これからおお師匠さんと“ガンバらず”糖質制限に取組んでみてくださいね。

最後に、江部康二先生が以前のブログにこんなことを書かれてたので、抜粋させて頂きます。


『食事療法は長く続けるのが大切なので、我慢は禁物です。たまに居酒屋でたっぷり食べて飲んでおおいに満足感を味わってください。

日本には昔から晴れの日とケの日があります。美味しく楽しく糖質制限食ですから、たまの晴れの日はおおいに楽しんで、美食堪能してくださって結構ですよ。 (^_^)

1 空腹時血糖値110mg/dl未満、あるいは126mg/dl未満
2 食後2時間血糖値180mg/dl未満、理想的には140mg/dl未満
3 HbA1c6.5%未満、理想的には5.8%未満

相方さん、この目標値を満たす範囲でならお腹いっぱい食べていただいてOKです。カロリー計算は基本的にはいりませんが一応常識的な範囲で・・・ (o´∀`o)

「1gの糖質が、2型糖尿人の血糖値を3mg上昇させる」という公式を念頭に、糖質のグラム数だけ気にしておいてくださいね。
 
わたしもたまには唐揚げ、豚カツ、ケンタッキーフライドチキン、春巻き、シュウマイ、餃子・・・。

小麦粉少々ありますが、食べてますので・・・ (*^∀゚)b 』

missフェロー さん、参考になりましたでしょうか。

糖尿病 | コメント(4) | トラックバック(0)

糖質制限食とコレステロールと漢方薬

2009年01月14日
通勤途中、ところどころ路面が凍ってました。

10代20代の頃なら、そんなの気にせずバイクで走ってたのですが、最近は怖くて仕方ありません。

これってオトナになった証拠でしょうか、それとも年取っただけでしょうか。

朝焼けに問いかける、あらてつです。

朝焼けとは関係ないですが、めいりんさんからコメント頂いたのでご紹介致します。

『あらてつさん、今年もよろしくお願いします。
四国徳島も冷えています。

お年始の挨拶が遅くなりました。旧年中は糖質制限食の効果の高さに日々うれしく過ごすことが出来ました。ありがとうございます。今年も引き続き糖質制限食で楽しく元気に過ごしていきたいと思います。

さて、私は糖尿病の心配はないと思い、しばらくきちんと血液検査はしていませんでしたが、あらてつさんからのありがたい助言をいただき、先月半ば血糖をはじめ、HbA1c、肝機能、腎機能、コレステロール等調べてもらいました。

血糖79、HbA1c4.5という数値で、糖尿病の心配は無いということですが、思ってもみなかった結果が判明したのです。それはLDLコレステロール159、HDLコレステロール93と基準値より高値だということ…

コレステロール高値が続けば、数値を下げる薬を飲まなければならないといわれました。そして、とにかくカロリー制限の食事にしなさいと強調されました。(内心腑に落ちないのですが…)

牛肉豚肉中心の食事が数値をあげてしまうのでしょうか?(サーロインや霜降り系、バラ肉が多いです。)鶏卵もよく食べます。体重は体脂肪も共に順調に減っているので、肉中心食は続けたいのですが。(ちなみに正月3が日、餅を好きなだけ食べていたらアッチュー間に3kgも太りましたが、糖質制限を強化したらすぐ絞り込め、その上さらにマイナス1kgです。)毎晩極寒の中?ウオーキングも続けているのに何故なんだ!!

常用薬としてホルモン剤と防風通聖散を服用しています。この防風通聖散(半年以上服用を続けています)がコレステロールに漢方薬として効果が望めると思うのですが…

やはり、サーロインや、霜降り肉バラ肉がダメなのですかねー辛いなあ…

【2009/01/13 15:23】
URL | めいりん #- [ 編集 ] 』


めいりんさん、こちらこそ旧年中はブログをご覧いただきましてありがとうございます。どうぞ今年も宜しくお願い致します。

さて、コレステロールが基準値より高かったとのことで、薬をカロリー制限を勧められたそうですが、出ましたね~「コレステロール薬のめのめ攻撃」(笑)

コレステロールについてと、日本の医者が、何故コレステロール薬を飲ませたがるのかは、江部康二先生のブログ、「コレステロール」の項目を見て頂ければわかりやすいと思います。

で、先ほどちょうど江部康二先生とお会いしたので聞いてみたところ、「LDLが159でHDLが93?その方は女性?女性だったら全然問題ないよ。」とのことでした。

実際、私も肉食獣のような生活をしてますが、めいりんさんと数値は変わりませんよ。コレステロールの基準については、日本の基準が製薬会社と、それに癒着した一部の医者が作りだした物なので、気にしなくていいと思います、はい。

あ、この話、コレステロールだけに限ったことではありませんが…。

それから、漢方薬についてなんですが、もともと(笑)は漢方医の江部康二先生によりますと、コレステロールを下げる効果は、あまり望めないそうです。血糖値を下げる漢方薬なんて、一部言われてる物があるそうなんですが、実際のところ漢方薬では難しいそうです。

コレステロールについて、江部康二先生の2008年11月8日のブログを、以下抜粋させていただきます。




『脂質栄養学会シンポジウムとLDLコレステロール

LDLコレステロール値に関して、2007年の日本動脈硬化学会のガイドラインでは、140mg/dl以上を脂質異常症としています。

これに対して、東海大学医学部の大櫛陽一教授が、全国約70万人の健康診断のデータを基に調べた結果、LDLコレステロールの正常範囲は190mg/dl未満とすべきで、この値は、米国の基準と一致するとの見解を述べておられます。

この問題について、日本脂質栄養学会が主催で、2008年9月7日に大阪市で「コレステロールを多方面から考える」-日本動脈硬化学会との合同シンポジウム-が開催されました。

パネリストとして、日本動脈硬化学会の指針を取りまとめた帝京大の寺本民生教授、東海大の大櫛陽一教授等が参加されました。

寺本教授は、大櫛教授の指摘を認めた上で「LDLコレステロールの数値が低くても糖尿病や喫煙など、ほかの危険因子をもっている人がいる。薬物療法を始める基準ではなく、そうした患者を抽出するための基準だ。」と説明されたそうです。

一方、大櫛教授は、「今の基準は科学的でない。指針が55才以上の女性は脂質異常症の危険が高まるとしているのも、欧米の常識に反する。患者抽出が目的だというが、現実には薬物療法の基準として使われている。」と批判されたとのことです。

LDLコレステロールが増加すると動脈硬化が起こり、心筋梗塞などのリスクとなる。」というのが日本動脈硬化学会の見解です。

しかし、日本より約3倍心筋梗塞死の多い米国でさえ、190mg以上という基準値なのに、心筋梗塞の少ない日本が140mgというのは、どう考えてもおかしいと私は思います。

また、大櫛教授の仰るように、欧米では、女性はコレステロールを低下させる薬は飲まず、服薬しているのはほとんど男性(心筋梗塞が多い)です。

日本では、コレステロール低下剤を服薬しているのは、女性の方がはるかに多く、これも欧米の常識とは正反対で奇っ怪な現象です。?(゚_。)?

大櫛教授ご指摘のごとく「現実には薬物療法の基準として使われている」という証拠ですね。

コレステロール値を下げる薬は、年間数千億円レベルの売り上げで、製薬会社のドル箱です。日本の基準が140mgから欧米並みに190mgに変わっただけで2000億から3000億の医療費が減ります。

残念ながら、厚生労働省の役人が天下りした製薬会社と、一部の権力を持った大学教授などの癒着が、日本の異常に厳格な基準の元凶の可能性が高いと言わざるを得ません。(`-´)゛

ブログ読者の皆さん、お医者さんの言うことでも鵜呑みにせずに、しっかり自分考えて治療の選択をして下さいね。

江部康二

糖尿病 | コメント(3) | トラックバック(0)

『漢方で良くなる花粉症』講演会のお知らせです♪

2009年01月13日
出勤したら、会社の裏の池が氷ってました。

パソコンのキーボード打ってても、指先がかじかんで痛いです。

地球は温暖化しても、冬は寒いんですね。あらてつです。

さっさと暖かくなって欲しいんですが、暖かくなる前に、いや~なモノが飛び始めます。

そう、スギ花粉です。

去年の末くらいから、2009年のスギ花粉の飛散予報がでておりましたが、なんでも、今年は、過去の平均よりも多いらしく、しかも過去の平均自体が増加しているそうなので、飛散量が少ないなんてことはありえそうに無いですね。

かくゆう私も、毎年毎年春になると、くしゃみ・鼻水・鼻づまり、さらに加えること目のかゆみと、花粉症の症状のフルキャスト状態で、目と鼻を外してジャバジャバ水洗いしたと、どれだけ思ったことか。

当然、目と鼻が外せるビックリ人間ではなかったので、そんなことができる筈も無く、この時期になると憂鬱を通り越して、怒りの日々を過ごしておりました。

幸い、去年の春は、花粉症の症状が出なかったんですね。これは恐らく糖質制限食を長らく実践してきたことで代謝が良くなって、アレルギーの症状が出にくくなったからではないかと考えているのですが、それまでは、スギ花粉のない沖縄に引っ越してやろうかと真剣に思うくらい、スギ花粉に苦しめられてきました。

で、確か4年前だったと思うのですが、スギ花粉の超大量飛散の年がありましたよね。前年の夏が猛暑だったこともあり、観測史上最大の飛散量でして、早くからテレビやなんかで注意しましょうなんて盛んに言われていたのが、この年でした。

けど、注意せえゆうたって、ナニを注意せぇゆうねんと思いつつ、「花粉症の予防には、早期の治療が大切です。スギ花粉の飛散が始まる2週間前から薬を飲みましょう」なんて言葉に素直に従い、早くから耳鼻科に行ったわけです。

この「2週間前から薬を飲みましょう」なんですが、スギ花粉の飛散が始まってから薬を飲むより、2週間くらい前から飲みだした方が、効果的なんだそうです。

でね、ずいぶんと早くから耳鼻科に行きまして、抗アレルギー剤をもらって飲み続けまして、これで今年の花粉症は大丈夫だ!なんて安心しきってたわけです。

ところが、ですわ。

実際に花粉が飛び出しますと、抗アレルギー剤、全く効かないんですね、これが。鼻水は止まらないは、そのくせ鼻は詰まるは、目はかゆくてたまらない、そのうち頭はボっーとしてくるで、とんでもない状況になりました。

耳鼻科に行くたびに強い薬に変わっていくのですが、それでも全く効きません。もう限界だと思い、私の主治医である、高雄病院院長、江部洋一郎先生のところにカルテを持っていきました。

江部洋一郎先生が漢方を処方してくださいまして、藁にもすがる気持ちで飲んだのですが、これが効果テキメン、翌日から症状が軽くなってきたんですね。

正直言いますと、最初はそんなに期待してなかったんですよ。漢方薬がそんなに効くんかいなって。それが、思わず鼻歌が出てくるほど症状が軽くなったんで、心底びっくりしました。漢方薬ってすごいなと、我が身を持って知らされた症例でしたね、はい。

そこで、漢方薬による花粉症治療について皆さんに知って頂こうと、講演会を企画致しました。名前はよく聞くし知ってるようでほんとはあまり知らない漢方について、花粉症治療を症例にしてわかりやすく解説します。

講師の先生は、高雄病院駅前診療所所長で、漢方専門医の篠原明徳先生です。

篠原明徳先生の漢方講演、私あらてつも何度か聞かせて頂きましたが、身近な話題から漢方についてとっても分かりやすく説明して下さいますし、軽快な語り口で、とても面白いですよ。

以下、詳細をご案内致しますので、毎年花粉症で苦しんでおられる方はもちろん、漢方に興味のある方も是非どうぞ。


高雄病院駅前診療所所長  篠原明徳先生 漢方講演会

『漢方で良くなる花粉症』

日時 2009年2月8日(日)
受付、開場 9:30~

定員 50名(先着順)※定員になり次第締め切り
参加費 1000円(当日受付)
会場 メルパルク京都 6階会議室6

   メルパルク京都
   〒600-8216
   京都市下京区東洞院通七条下ル東塩小路町676番13
   【TEL】075-352-7444(代)【FAX】075-352-7390

タイムスケジュール

受付、開場 9:30~

講演時間  10:00~「漢方で良くなる花粉症」第一部
        10:40~ 休憩
        10:55~「漢方で良くなる花粉症」第二部
        11:25  講演終了
             質疑応答

お電話・FAX・パソコンからお申し込み頂けます。

お電話でのお申し込み
075-873-2170

FAXでのお申し込み
075-873-2270

E-mailでのお申し込み
takaoclub@ktk-kyoto.jp

お問い合わせは、

京都高雄倶楽部
TEL 075-873-2170
FAX 075-873-2270
E-mail takaoclub@ktk-kyoto.jp

営業時間は、8:45から17:00(くらい)
お休みは土・日・祝です。

席をはずしていることもあるので、留守電に連絡先を入れておいてください。後ほど掛け直させていただきます。

皆さんのお申し込み、お待ちしてます♪
糖尿病 | コメント(1) | トラックバック(0)

めっちゃ嬉しいコメントいただきました♪

2009年01月09日
バカボンのパパの鼻の下の毛、鼻毛だ鼻毛だと思っていたら、実はヒゲだったんですね。

原作の中で、バカボンのパパが「鼻毛に見えるけどヒゲなのだ」と言ってる台詞を見つけてしまいました。

30数年信じていたことが、一瞬にして崩れさったあらてつです。

先日、Botanicaのことを書かせていただきましたら、とても嬉しいコメント頂いたのでご紹介させていただきます。

『Botanicaの夜
はじめまして、あらてつさん。

師匠の、ヘモグロビンA1c値が、6.8と知り、様々なHPを読み、本屋を探し、GI値に注目したのが、半年前でした。
測定器も購入し、空腹時と食後1時間に測定しましたが、GI値と、測定値が、連動せず・・・ガマンしても、数字に表れなければ、続くはずありません・・・師匠も、私も、あきらめざるを得ませんでした。
それでも、なんとか、ウォーキングは、続けてくれました。

知人から、江部先生の、糖質制限の効果を紹介され、江部先生のブログを読んでいるうちに、朝日がさしこんできてしまったのは、昨年の12月初めです。
本屋さんの、開店を待つ時間の長かったこと!ようやく、5軒目で、『主食を抜けば糖尿病は良くなる!実践編』を手にしたときには、「あったぁ~!!」と叫んでしまいました!

まずは、私が、実感しないことには、説得力がありませんので、即、実行しました。
体重体組成計を購入し、数字を、師匠に、見てもらいました。
私は、糖尿病ではありませんが、歩いても~歩いても~変化のなかった体重が、減っていきます!

師匠も、数字を見て、『糖質制限』に、気持ちを動かし始めてくれました。(少しずつですが・・・)

そして、きのう、Botanicaで、ゆったりと~たっぷりと~新井田シェフの、お料理を、楽しんできました。
毎日、食品成分表と照らし合わせ、うるさく言ってきましたので、夕べは、ご褒美です。

総糖質量、22.33g
雲丹のカルボナーラ仕立てのパスタと、5種類のドルチェには、ため息がでました!
お忙しいなか、お話にきて下さる新井田シュフの、お心遣いも、嬉しく、石井 徳さんの、楽しいサービスで、更に、美味しい時間でした。

そして、帰りの車のなかで、師匠が、尿検査を、主治医に、申し出てくれることを、約束してくれたのです。
すでに、糖尿病歴10年以上、A1c値が、8.4だったこともあるようですが、尿検査は、していないとのこと・・・
合併症の自覚症状を感じていないので、私が、何度、言っても、尿アルブミン検査をお願いしてくれなかった、師匠なのです。

自分の、現在の身体の状態を知って、最適な治療&努力をすることが、病気と闘う、最善策と信じます。

あっ!!新井田シュフが、「今夜の、レアチーズケーキは、江部先生も、あらてつさんも、召し上がってない、新作です!」と言ってらっしゃいました~v-238
師匠も、私も、声をそろえて~「うまぁ~」v-218でしたよ!』


missフェローさん、こちらこそ、はじめまして。ようこそあらてつのブログへお越しくださいました。

missフェローさんのお師匠さんが、糖質制限食に少しでも関心を示して下さったこと、嬉しく思います。これをきっかけに、糖質制限食による治療に、前向きになって頂けるといいですね。万里の道も一歩からと申します。少しずつ、少しずつ進んでいきましょう。

ところで、Botanicaへ行かれたのですね!あの、糖質制限食の極楽浄土へ行かれたのですね!

私がブログに書いてたこと、ウソじゃなかったでしょう(笑)

いやいや、ブログに書くじゃないですか、そしたら皆さん、「そんなたいそうな」って仰るんですけど、ウソでも誇張でもないですよ。

新井田シュフの料理もお心遣いも最高ですし、スタッフの皆さんのサービスも素晴らしかったでしょう。

しかも、新作レアチーズケーキ、召し上がられたんですね。私が年末に行った時は、まだ完成していなかったんですね…。次回寄せて頂いた時は、必ずや私の胃袋にも入ってくれるものと信じております。

糖質制限食、これまでカロリー制限で長らく治療を受けられてきた方にとって、それこそ真逆の治療方なので、なかなか受け入れられないことが多いです。

でも、例えばそれが我が社のスイーツであったりとか、「糖尿病でもこんに甘いものがたべられるんだ」と、何かきっかけがあれば、受け入れてもらいやすいですよね。

それが、今回のmissフェローさんのように、Botanicaの新井田シュフの素晴らしい料理であったら、尚のこと、「こんなに美味しいものを食べていいなら、糖質制限食やってみよう。」と思っていただけるきっかけになると思います。

なんせカロリー制限食だったら、あのフルコース、軽くカロリーオーバーで食べられませんから(笑)

友人知人やご家族の方が糖尿病で、糖質制限食を勧めても理解を示してもらえない、どうしたらいいか、なんてご質問、よく頂きます。

そんな時は、状況が許せば、Botanicaで糖質制限食フルコースを召し上がってみて下さい。きっと心が前向きになると思いますよ。

Botanica
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガーデンテラス4F
TEL 03-5413-3282

糖質制限食 | コメント(9) | トラックバック(0)

おわっちまったか?糖質0戦争

2009年01月08日
朝から洋食屋のせがれゴイチと、今日が9日のつもりで話をしていました。

時代は後からついてくるような気がする、あらてつです

パートさんには、「遅れてるよりいいじゃないですか。」って言われてしまいました…。

話し変わりますが、昨日買い物してて気がついたんですが、アルコールコーナーに置いてある糖質0のビール、えらく減ったと思いませんか?

昨年、あれだけテレビでやってた、糖質0の発泡酒のCMも、ここんとこアサヒのスタイルフリー以外、ぜんぜん見かけなくなりました。

ま、寒くなって、ビールぐびぐびってな季節でもないですし、CM中断したのかと思いきや、行きつけのスーパー以外でも、スタイルフリー以外の糖質0発泡酒、置いてるところ少なくなったような気がします。

去年、「ブームで終わるか、糖質0」と題してブログ書きましたが、ほんとに2008年のブームで終わってしまっちゃいましたね。

当、高雄倶楽部でも、去年の後半くらいまでは、小さなメーカーさんから、名前聞けばびっくりするような大手さんまで提携させてくれと毎日のように話がきてましたが、ピタッと止まってしまいました。

はっきりいって、ここまでわかりやすいと、笑ってしまいます。

だってそうでしょう、自分たちで時流を作り出さず、時流に乗ることしか頭にないのが明白じゃないですか。

提携の話で時間作って下さいと尋ねて来た時はね、皆さんたいそうな事いうんですよ。

糖質制限食は、社会に大きく貢献します。そのお手伝いをさせてください!」

みたいな感じで。

それがどうです、この状況。アナタ達に送りたい言葉があります。

「この偽善者どもが。」

これなら、最初から、「もうかりそうだから一緒にやらせてくれ」って行ってくる方が、まだかわいらしい。

去年から提携させて頂いている、東京の大手IT会社の社長さんとお話していたときの事、

糖質制限食?そんなのもうかるわけないじゃないですか。この治療方をひろめることが先ですよ。」

と仰いました。

現在自社でされている事業と全く関係ない分野に、なんでまたわざわざ参入されたのか不思議でしたが、この一言をお聞きして、納得できました。

「我々は、IT企業の立場から糖質制限食を広めていきます。」

嬉しいお言葉です。

何度も書かせて頂いてますが、リストランテASOの阿曽シェフ、Botanicaの新井田シェフも、糖質制限食を自ら実践されて、この食事方法を広めるべきだと、お二人の立場で糖質制限食の普及に取組まれておられます。

上記IT企業の社長さんも、阿曽シェフも新井田シェフも、利益を考えたら、本業に集中された方がよっぽど儲かりますよね。だって、その道で成功されておられますから。

糖質制限食って、ただ単なる健康方じゃなくって、それこそ命かけて取組んでる方々がおられるわけですよ。それなのに、糖質0が流行ってる、儲かりそうだからと飛びついてきて、ブームが去れば、次のブームを探す、これって、あまりにも無責任だと私は思います。

先日、メーカーの担当さんから、「今年の抱負は?」と聞かれました。

私の今年の抱負は、「糖質制限食をスタンダードに」です。

というわけで、皆さんの応援、宜しくお願い致します。


糖尿病 | コメント(11) | トラックバック(0)

高雄病院での糖質制限食による入院治療について

2009年01月07日
昨日、パートさんと話をしていまして、なんか会話がかみ合わないと思ったら、私は、昨日が8日のつもりで話をしていたんですね。

時代を先取りするオトコ、あらてつです。

え~、先ほど、高雄病院の入院担当の事務の方と話をしていましたら、急に糖尿病での入院、しかも新患の方が増えたとのことでした。しかも、長崎やら福岡やら関東以北やら、遠方の方ばかりだそうです。

当社のお客様も、先月から新規の方が急に増えて、なんでだろう???と首をひねってたんですね。

ブログも新しくご覧になられる方が増えてますし、せっかくなので高雄病院の入院治療について書かせて頂きます。

江部康二先生の本やブログを読まれたり、講演会をお聞きになられて、糖質制限食による糖尿病治療をやってみたいと希望される方からお電話頂くことが多々あります。

現在かかっている主治医が糖質制限食に反対してたり、出ている薬やインスリンを、どうやって調整したらいいのか分からなかったり、糖質制限食の食事そのものがイマイチ分からなかったりとか、疑問点があるので、いっそのこと、高雄病院に入院して、しっかり数値を改善させたいと。

糖質制限食は、リアルタイムに効果が出ます。始めたその日から血糖値は下りますし、患者さんの中には入院中にインスリンから離脱できた方もおられます。

主治医が協力的でなく、血糖降下剤を飲みながら、もしくはインスリンを打ちながら糖質制限食を行って、低血糖になったなんて話はザラにありますし、コレステロール値がちょっと上がっただけで、コレステロールの薬を出されたなんてのも、しょっちゅう聞きます。

経口血糖降下剤を飲まれている方、インスリンを打たれている方が、自己流で糖質制限食に取り組まれると、非常に危険です。

高雄病院に入院して頂ければ、入院中に、低血糖を起こさず薬の量を調整しながら止めることも、インスリンの量を調整することも可能です。

また、糖質制限食の食事そのものが分からないと仰る方は、教育入院という形で高雄病院に入院して頂いて糖質制限食について学べば、後はご自宅でも実践できます。

で、入院期間についてですが、これは、その方その方の症状によって変わってきます。診察するドクターの判断によって異なるので、一概には言えないですが、おおよそ2週間、最短で3泊4日で可能です。

高雄病院は、もともと漢方治療、アトピー治療で有名(?)でして、南は沖縄から北は北海道まで、日本全国から患者さんが来られて入院されます。入院期間中に、アトピーのことや正しいケアについて学んで退院されて行かれます。

また、季節ごとに京都観光を兼ねて、短期間の入院をされる方もおられます。

こんな様子から、“アトピー学校”や“ペンション高雄”の異名(?)を頂戴しましたが、なかなか言いえてると思います。

“入院”となると気分的にも大変ですが、糖尿病の方も、「糖尿病のコントロールを学ぶ」ために高雄病院をご利用くだされば良いのではないでしょうか。

江部康二先生はもちろん、他のDr方々も糖質制限食治療に当たられますし、管理栄養士さんから、糖質制限食を進めていく上での栄養指導なども入院中に受けて頂けます。

糖質制限食に取り組まれていて、薬のコントロールが難しい方、思ったように血糖コントロールが出来ない方、もちろん、これから糖質制限食に取り組みたいとお考えの方も大歓迎です。

なお、入院費用ですが、これも病状によって変わりますが、だいたい、一日当たり1万2~3千円くらいと考えてもらえればいいかと思います。

糖質制限食についてのお問い合わせ、また、入院や診察についてのお問い合わせは、以下の電話番号にお願い致します。

高雄病院 
http://takao-hospital.jp/
TEL:075-871-0245 
糖尿病 | コメント(0) | トラックバック(0)

江部康二先生、糖質制限食講演会のお知らせです♪

2009年01月06日
今朝、久しぶりに朝から青空見ました。

冬の京都は、天気予報で晴れになっていても、どんよりと鉛色の空で雨が降ったりやんだりと、うっとおしい天気が続きます。

お陰で気分まで暗くなるし、洗濯物が乾かないので、余計に腹が立って気分が悪くなるという、悪循環に陥ります(私だけ?)

さっさと夏が来てほしいと切に願う、あらてつです。

え~、新年早々ですが、講演会のお知らせです。

江部康二先生が、名古屋で講演会を行われます。

今回は、「HUMAN LIFE INFO NET ”翼”」さんの主催で、代表の元飯田女子短期大学教授 佐橋紀子氏とのジョイント講演会です。

佐橋紀子氏は、江部康二先生の患者さんで、患者の立場からの糖質制限食について語って下さいます。

詳細は以下の通りです。

『糖尿病・メタボは必ず良くなる!~糖質制限食のすすめ~』

日時 : 2009年2月21日(土)午後1:30分~4:00

場所 :名古屋市女性会館 (名古屋市中区大井町7-25)
     TEL 052-331-5288

講師 :江部康二/佐橋紀子(患者の立場から…”翼”代表)

参加費:1.000円/チケット販売・もしくは電話で申し込み

主催  :HUMAN LIFE INFO NET ”翼”

問合せ :佐橋紀子(052-501-0994) 
      高橋君枝(052-502-3670)
      原 育世(0568-84-6946)

くどいようですが、今回は、「HUMAN LIFE INFO NET ”翼”」さんの主催です。高雄倶楽部が主催ではありませんので、当方に問い合わせや申し込み頂いてもダメですよ~。上記問い合わせ番号にかけて下さいね。

それでは皆さん、よろしくお願い致します。



糖質制限食 | コメント(0) | トラックバック(0)

新年明けましてBotanicaへGo!

2009年01月05日
後輩が沖縄に転勤になり、次回から沖縄行っても宿泊費がタダや!と、新年早々浮かれている、あらてつです。

こいつは春から縁起がいいや(笑)

さてさて、ブログ読者の皆さん、新年明けましておめでとうございます。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

去年の年末年始は、皆さんから「正月は糖質制限を貫くのが難しい」とコメント頂いておりました。

私はひたすら飲んだくれてたので、ほぼカンペキに糖質制限できてた(笑)のですが、ご家族一緒だとそういうわけにもいかず、特に帰省される方は、いろいろ苦労されておられたようです。

で、私の年末年始ですが、今年は飲んだくれることもなく、最高の年越しと新年でしたよ~。

そう、去年のブログにも書きましたが、行ってきました、東京ミッドタウンにありますイタリアンのお店、『Botanica』へ。

これまで何度か書かせて頂いておりますが、、『Botanica』は、ミシュラン2ツ星を獲得されました、リストランテASOの阿曽シェフにお招き頂きまして、糖質制限なイタリアンフルコースをご馳走になったお店です。

江部康二先生もブログに書いておられましたが、出して頂いた料理のあまりの美味しさに、思わず昇天しそうになりました。

で、いつかまたプライベートで来たいなぁ、などと考えておりましたら、思ったより早くそのチャンスが訪れまして、、『Botanica』に電話して年末年始の営業をお聞きすると、31日までやっているとのこと。この機会を逃してなるものかと、新幹線の切符を取ったわけです。

当日、18時前にお店に着きまして、まだ開店前だったので、入り口の前でうろうろしてますと、これまた大変お世話になっている料理長の新井田シェフが、厨房から私の姿を見つけて下さいまして、お店の中に通してくださいました。

しばし歓談の後、席まで案内して頂いたわけですが、さあ、ここからは思い出しただけでもヨダレがじゅるじゅる出てくる至福の時間の始まりです。

料理が運ばれて来るたびに、新井田シェフが出てきて下さいまして、料理の説明をして頂いたのですが、いっやぁ、もう素晴らしいのなんのって、感激ものですよ。目で見て美しく食べて美味しい、江部康二先生のお言葉をお借りするなら正に「極楽浄土」です(笑)

ちなみに今回出して頂いたメニューですが、

Botanica産グリーンオリーブとイベリコプロシュート
焼霜にした寒ブリとスカンピ・冬野菜のインサラータ 聖護院蕪のラビオリ見立て
鴨フォアグラのソテー 甘海老と帆立貝のタルタル バルサミコソース
キャビアをのせた冷たい低糖質手打ちカペリーニ 
真鱈のポッシュ 白ワインクリームソース イベリコベーコングリルを添えて
3種の肉の備長炭焼 旬の野菜を添えて

すごいでしょ?

これでもかこれでもかと絶品料理の波状攻撃!特に、最後の「3種の肉の備長炭焼」についてたソース至っては、なんと鞍馬の実山椒が入っているという、「一本取られました」的な素晴らしさ。思わず、「新井田シェフ、ありがと~!」と叫びそうになりました、ハイ。

まだまだこれだけで終わりませんぜ、ダンナ。

最後のシメは、デザートの7段攻撃!しかもすべてが低糖質!

パンナコッタ、ガトーショコラ、NYチーズケーキ、プリン、低糖質バニラアイス、紅茶パウンドケーキ、生チョコレート、フルーツ(苺・ブラックベリー・ブルーベリー・フランボワーズ)

改めて、すごいでしょ?

以上に、これまた低糖質なパンがつきまして、総糖質量は、しめて16.68g!驚きの低糖質です!

お腹いっぱい胸いっぱい、もう思い残すことはない!ってな勢いでしたね。

しかも、料理の途中、なんとなんと、恐れ多くも阿曽シェフがお忙しい中お越しくださいまして、ご挨拶を頂戴しました。とても嬉しいサプライズでした。

サプライズと言えば、前回ブログに書きました、星野支配人のスーパーサプライズですが、今回も披露して頂きましたよ~。

どんな内容か書きたいのですが、内緒にしておきます。糖質制限フルコースを予約して頂いた際には、料理だけでなく星野シェフのサプライズも楽しみにしてくださいね。

さあ、ここまで読まれた皆さん!東京近郊の方は今すぐ、そうでない方も、、『Botanica』へ予約の電話を入れましょう。その時、「糖質制限フルコースで」と言うのを忘れずに。

ランチは¥2630から、ディナーは¥6300からです。

この価格、出てくる料理の素晴らしさと低糖質っぷりから言って、破格のお値段だと思います。

最後になりましたが、素晴らしいお料理を出してくださいました、新井田シェフ、本当にありがとうございました。また、お忙しい中ご挨拶を頂戴しました阿曽シェフ、大変恐縮です。ありがとうございました。

星野支配人、素晴らしいトークとサプライズをありがとうございました。そして、大池さんはじめ大勢のスタッフの皆さん、ありがとうございました。また、必ずよせて頂きます!

Botanica
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガーデンテラス4F
TEL 03-5413-3282


糖質制限食食材 | コメント(1) | トラックバック(0)
 | HOME |