11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

今年も一年ありがとうございました

2008年12月29日
去年はいつまで仕事してたんだろうとブログを読み返すと、31日まで働いてたんですね。

なにやってたんだか、さっぱり記憶の無い、あらてつです。

え~、今年は、本日で仕事納めとさせていただきます。

ブログ読者の皆さん、今年一年お世話になりました。

ブログを書き始めて2回目の正月を迎えることになり、まさかこんなに長く続くとは、自分でもビックリしています。

最初は、1日に数十人の方が来られるだけでしたが、最近では、900人を越えるにブログを読んでいただけるようになりました。

糖質制限食のブログを書き続けてきたことで、いろいろな方々とお知り合いになることができたり、感謝のお言葉を頂いたり、これまでに無かった人の輪の広がりができたように思います。

来年も、糖質制限食の普及のため、頑張ってブログを書き続けていきたいと思います。

今年一年、本当にありがとうございました。

来年も、宜しくお願い致します。

それでは皆さん、良いお年を!
糖尿病 | コメント(0) | トラックバック(0)

エリスリトールとラカントS

2008年12月25日
昨晩、遅ればせながら年賀状を書いてました。

今年の元旦に届いた年賀状を見ていると、久しく会ってない友人知人ばかりです。

気がついたら4年以上会ってない、なんてのもあります。

時間の流れの速さを今更ながら感じる、あらてつです。

さて、エリスリトールとラカントSに違いについて、こころさんからご質問頂いたのでご紹介致します。

『ところで質問です
今 ブログに大豆シナモンパンの事を書いてたんですが
説明を見ると 大豆シナモンパンの甘みは エリスリトールと書いてありましたね ラカントSとどう違うのですか? 』


こころさん、いつもコメントありがとうございます。

一言でいいますと、エリスリトールは発酵ブドウ糖で、ラカントSは商品名です(笑)

これだと身も蓋もない答えなので、詳しく説明しますと、エリスリトールは、糖アルコールと呼ばれる糖質の一種で、キノコやワインなどに含まれています。人為的に製造するときは、ブドウ糖を発酵させて作ります。

摂取しても90%以上がそのまま排出され、糖分として体内で代謝されないので、血糖値などにも影響を与えない、カロリー0の甘味料といわれています。

厚生労働省の特別用途食品のための難消化性糖類のエネルギー評価法(平成3年衛新第71号)による測定、および平成8年5月施行の「栄養表示基準」によるエネルギー換算係数においても、そのエネルギー値はいずれも0kcal/gと測定されています。

現在、糖質のなかで唯一の、エネルギー“ゼロ”で、血糖値を上昇させない甘味料です。

このエリスリトールをベースにして、羅漢果エキスを加えて製品化したものが、我々京都高雄倶楽部が、いつも大変お世話になっている、サラヤ株式会社さんの「ラカントS」シリーズなんですね。

ちなみにラカントSなんですが、ただ単にエリスリトールに羅漢果のエキスを混ぜただけでなく、「厚生労働省許可特別用途食品」の認定をうけているんですね。

この舌かみそうな「厚生労働省許可特別用途食品」ってナニかと申しますと、、エネルギー制限を必要とする糖尿病の方のためにカロリーを抑えた食品や、腎臓疾患の方のために、たんぱく質を低減させた食品などの病者用食品ならびに、乳児用、妊産婦用、高齢者用など、特別の用途に適するという表示を厚生労働大臣が許可した食品のことです。

ラカントSは、糖尿病や肥満症の方に適した病者用食品(低カロリー食品)として、厚生労働省の許可を受けた商品なんです。

で、エリスリトールに混ぜてある羅漢果ってなんなの?なんですが、羅漢果は、古くから長寿の神果として珍重されてきた果実で、その甘さは、砂糖の300~400倍あるといわれています。

しかも、羅漢果の甘みの成分は、Mongroside Vなどのククルビタン型トリテルペン配糖体で、トリテルペン配糖体は、小腸で吸収されることなく大腸まで達するため、食物繊維の一つに分類されます。

この種の食物繊維は、小腸で吸収されずに排泄されるので、ほとんど体内でエネルギーにならないそうです。

エリスリトールと羅漢果エキス、両者とも吸収されずに排泄されるため、カロリー0で血糖値を上昇させないわけですね。

あと、キシリトールやマルチトールなどの糖アルコールは、一度に多量に摂取すると、お腹がゆるくなることがありますが、「ラカントS」の主成分である天然甘味料、エリスリトールは90%以上が小腸で吸収されるので、他の天然甘味料に比べお腹が緩くなりにくい特性があります。 また、糖アルコールの中では、緩下作用や腸内でのガスの発生量が少ないと報告されています。

以上、今回のブログは、サラヤ株式会社さんのホームページを参考にさせて頂きました。

サラヤさん、今年は大変お世話になりありがとうございました。また来年も宜しくお願い致します。

糖質制限食食材 | コメント(3) | トラックバック(0)

怒濤の「ローカーボ・クリスマスケーキ」、顛末記

2008年12月25日
朝から今までパソコン動きませんでした。

次に動かなかったら、永遠に動けないようにしてやると、心に誓ったあらてつです。

え~、昨日は朝から電話ラッシュでした。で、ブログを見れずにいたら、コメント欄がえらいことに…。

コメント頂いてた皆さん、済みません。順番にお返事書かせて頂きますので、しばしお待ちを~。

で、12月20、21、22、23日の四日間のお届けで、10月29日からご予約を承っておりました「ローカーボ・クリスマスケーキ」、やっと配送期間が終わりました。

「菓子職人」の稲井社長からこの企画のご提案を頂いた時、正直なところどれくらいの数が出るのか予想もつかなかったのですが、いざ予約を開始してみてビックリ!あっと言う間に当初予定していた台数分の予約をオーバーしてしまいました。

慌てて稲井社長にご相談して台数を増やして頂きまして、最終的には、最初の予約予定数の倍近いご注文を頂きました。

期間限定の予約販売、しかもそれがクリスマス用でしょう。万が一にも配送漏れとかあってはならない企画で、最終配送日の23が終了するまで、本当にドキドキもんでしたよ~。

四日間の間、ご希望の配達時間に届かないとのお電話を何件か頂戴しましたが、注文漏れや発送漏れなどはなく、無事にご注文いただきました皆様のお手元にお届けできまして、ほっとしております。

しかも、ブログのコメント欄にもお書き頂いてますが、直接メールで喜びのお声を下さいました方も多数おられました。

その中で、「これまではケーキを食べるにも罪悪感のようなものを感じていたけれど、これで安心して食べられます。」とか「今年は家族みんなでケーキが食べられます。」といったメールを下さった方々もおられます。

こんなご時勢の中、少しでも幸せなクリスマスを過ごすお手伝いができたのなら、私たちもとても嬉しく思います。

今回、この企画をご提案頂き、ローカーボ・クリスマスケーキを開発下さいました、「菓子職人」稲井社長、ありがとうございました。

また、クリスマスでめちゃくちゃお忙しい中、受発注から配送まで滞りなくこなして下さいました、稲井社長の奥様、スタッフの方々、改めて御礼申し上げます。

そして、最後なりましたが、お買い上げくださいました大勢のお客様、本当にありがとうございました。

素敵なクリスマスをお過ごしくださいね~。




糖尿病 | コメント(4) | トラックバック(0)

カロリー制限食の功罪

2008年12月22日
先日、散髪に行ったら、いつもお世話になっているおばちゃんから、「今年はありがとね。来年も宜しく。」と言われました。

もうそんな挨拶する時期になったんだと、今更ながら気付かされたあらてつです。

あ~、年賀状買いにいかなきゃ…。

え~、先週、またまた質問のメールいただきました。

糖尿病と診断されて、医者からカロリー制限をするように言われた。制限カロリーの範囲なら、何食べても大丈夫なんですよね。」

誰やねん、そんなことゆうヤツは。

食べて良いわけなかろーに。

江部康二先生、先日のブログでも書かれておられました。

「三大栄養素の中で、血糖値を急激に上昇させるのは、糖質だけです。また、血糖値が上昇すれば、インスリンが追加分泌されます。カロリーをいくら制限しても、糖質を摂取してしまえば、食後高血糖と多量のインスリン追加分泌を生じます。糖質制限食なら食後高血糖は生じず、インスリン追加分泌もごく少量ですみます。これは論争の余地がない、生理学的な事実です。」

嗚呼、それなのに…。

ここで、Ⅱ型糖尿病を発症するまでを、ちょいとおさらい。

まず、簡単に流れを

糖質を食べる→血糖値が上がる→膵臓のランゲルハンス島にあるβ細胞からインシュリンが分泌される→筋肉などで糖質を利用させる→使わなかった糖質が余る→中性脂肪に変わる→太る

で、ここからが問題

糖質ばかり食べる→血糖が上がりっ放し→インシュリン出っ放し→膵臓疲れる→まだ糖質を食う→さらに膵臓が疲れる→それでも糖質を食う→膵臓のβ細胞が死んでしまう→糖を処理できない→Ⅱ型糖尿病の発症

現代人の食生活は、まさにこんな感じですね。

糖尿病を発症した人は、インスリンを分泌する膵臓のβ細胞が疲弊してしまって、約1/4死んでしまっているそうです。簡単に言えば過労死みたいなもんでしょうか。ということは、糖を処理するシステムが破綻してしまっているわけですね。

それなのに、カロリーだけ制限して糖質を制限しない食事を続けていると、ますます膵臓に負担を掛け、β細胞の死滅に追い討ちをかけることになってしまいます。

カロリー制限って、基本的には、カロリーの上限を設定してその中で炭水化物60%、タンパク質15~20%、脂質20~25%のバランス良い食事を摂りましょうってのが主旨ですよね。

この『炭水化物60%、タンパク質15~20%、脂質20~25%』のどこがバランス良いのかは今回は置いといて、カロリーさえ制限すれば、その範囲内なら何を食べても良いって解釈される方がおられます。

これが、患者側だけならまだしも、治療にあたる側にもこんなこと言う方がおられるのは、正直、どうかと思います。

例えば、1日の摂取カロリーの上限が1400kcalだとしましょう。このリクツなら極端な話、ケーキが好きでたまらん場合、ご飯食べずにケーキ食べてもかまわないわけですし、ビール好きな方は、カロリーの範囲内ならビール飲んでたってかまわないわけですよ。

でも、このブログに来て下さる皆さんはご承知のように、いくらカロリー抑えても、糖質摂れば血糖値は上がります。ましてや、ケーキは砂糖と精製された小麦粉のカタマリですし、ビールは液体で吸収が早いんで、一気に血糖値を上げてしまいます。

それなのに「カロリー制限の範囲なら何食べてももいいよ」なんて指導は、如何なものかと思うのですが。

「でも、カロリー制限したら、数値が良くなりましたよ。」

そりゃそうでしょう。食べる絶対量が減ったんですから。

以前も書きましたが、カロリーを制限すれば絶対的な食事量が減ります。すると、相対的に食事量中の糖分も減りますよね。

例えば、お昼にステーキランチを頼んだとします。出てきたランチの食べる量を半分にすると、カロリーもご飯の量も半分になります。ステーキは血糖値上げませんから、ご飯半分減らせば、全部食べてた頃にくらべると、血糖値の上昇は半分で済みます。

けど、半分でもご飯は食べますから、糖質を摂取することには変わりありません。含まれている糖質の分だけ血糖値は上がりますし、疲れた膵臓からインシュリンが分泌されてしまいます。

症状が軽いうちは、半分の量の糖質をなんとか処理できますが、このような食事を繰り返していると、食べるたびにインスリンが分泌されてβ細胞の死滅に拍車をかけ、どんどん症状が悪化していきます。

カロリー制限で最初のうちは血糖をコントロールできていても、徐々にコントロールできなくなって症状が悪化するのは、こんな理由があるからですな。

ですから、カロリー制限食食後高血糖を防ぐなんて、生理学的にいって無理がありますし、その範囲内でナニ食ってもいいなんてのは、論外です。



 
糖尿病 | コメント(14) | トラックバック(0)

便秘の時に良いものは?

2008年12月18日
私用で銀行に用があるのですが、平日の昼間なんて、仕事で行けません。

役所もそうですが、フツーは、平日の昼間ゆうたら働いてるわけで、そんな時間にどないして行けちゅーんですかね。

銀行、役所こそ、休日に明けるべきだと思う、あらてつです。

両方とも税金使ってんだから、ちったぁ還元しろよな。

朝からまたまた怒ってますが、気を取り直していきましょう。

拍手欄にコメント頂いていました。

『初めましてm(__)m 去年からみると、15㎏は体重が落ちました古傷【胃潰瘍と十二指腸潰瘍】にヘルニアの薬がキツすぎてビランが五個も出来痩せたは良いけど食べられず便秘食生活で良い物ってなんでしょうか』

禮ばぁばんさん、コメントありがとうございます。コメント入れて頂いてたのに気付かなくて済みませんです。

「薬の副作用で食事ができず便秘、食生活で良い物は?」とのことですが、糖質制限食を行う前提でのお答えでよいでしょうか。

そうですねぇ、まず、薬の副作用のビランですが、これは主治医と相談して頂いて、なにか対策されてみてはいかかでしょう。でないと、食べられない状態が続きますので、これは辛いです。その上で、胃に負担をかけないものがいいのではないでしょうか。

例えば、昨日のブログに書かせて頂いたような白菜の味噌汁とか玉子スープなんかいかがでしょう。
具を多めにしても、白菜なんかだと柔らかく煮込んでしまえば、それほど胃に負担はかけないのではないでしょうか。

あと、便秘対策ですが、いつもお世話になっている、東京の管理栄養士で『管理栄養士のローカーボ・キッチン』を書かれておられる大柳さんから教えて頂いたのが、「海草」です。

海草に含まれる食物繊維は、とても便秘にいいそうです。例えば「干しひじき」とか乾燥させたものがいいそうです。とろろ昆布なんかだと、味噌汁やらスープに入れやすいので、いいのではないでしょうか。

糖質制限食って、消化に悪いものばかりのイメージがありますが、よくよく食材を選んでみると、けっこう食べられるものがあります。上記で何か参考になりましたでしょうか。

けどまあ、摂り合えずビランを何とかするのが先決かと思います。まずは主治医の先生にご相談してみてくださいね。



糖尿病 | コメント(7) | トラックバック(0)

風邪ひいた時に食べられる糖質制限食は?

2008年12月17日
やっと咳が治まってきました。

かれこれ、10日以上咳とノドの痛みに苦しめられてきましたが、かなり楽になってきました。

やっぱり、早期発見早期治療って大事だなと、心底思ったあらてつです。

でも、のどもと過ぎれば熱さをわすれるんですね、これが。

さて、風邪を引いたときの糖質制限食ということで、タイムリー(?)なコメント頂いたのでご紹介させていただきます。

『風邪を引いたときの糖質制限食
あらてつ様

今年の5月に糖尿病が発症しましてが、江部先生の本に出会い直ぐに糖質制限食を実施し、現在では血糖値はほぼ正常にコントロールされています。

ところが先週末から風邪で下痢気味で食欲もない上ちあが続いています。以前であれば、まずお粥に梅干しが定番でしたが、糖質制限食では叶いません。脂濃いものも口に入りません。このようなときに口に入るメニューで推薦できるものは何かありますでしょうか。

よろしくお願いします。
【2008/12/17 09:52】
URL | 井上浩 #- [ 編集 ] 』



井上浩様、コメントいただきありがとうございます。

私も先週から風邪をこじらせて、えらいことになっておりました。抗生剤で胃がやられたので食欲が無く、さりとて、何か食べないことには余計に胃がおかしくなるもんで、何食べようかいろいろ考えましたね、はい。

で、ここしばらくの主食は、白菜と豚肉の味噌汁、溶き玉子の中華風スープ、大根と鶏肉のそぼろ煮と、おおかたこの三品になっておりました。

このメニュー、一見するとなんだか食欲の無いときに食えるんか???と思われるかもですが、どうしてなかなか、弱った体と胃袋でも、すんなり受け入れてくれましたね。

まず、白菜と豚肉の味噌汁ですが、普段はこれにもっといろいろ具を入れて、ごま油をどばどば~っとたらしてはぐはぐ食べるのですが、今回は、豚肉はダシが出る程度に控えまして、白菜をいっぱい入れてくたくたになるまで煮込みました。そんでもって、ネギを入れまして熱いうちに食べます。

くたくたに煮た白菜はするっと胃袋に収まってくれますし、すごく体が温まります。ネギもなんだか風邪に良さそうな気がするので、気分的にも風邪に効きそうでしょう(笑)

これは、あらてつオススメの風邪ひいたときの糖質制限食です。

で、溶き玉子の中華風スープ、これはいたって簡単。市販の中華スープのもとに溶き玉子で簡単にできちゃいます。熱が出て動く気力も無いときに作ります。トマトを入れても美味しいですし、その方が栄養も摂れるような気がします。薄めに作れば、食欲無い時でも、ひつこい感じはしないのでいいですよ。

最後は、今回一番重宝した、大根のそぼろ煮です。味付けはあっさりと超薄味にして、こいつも、大根が崩れるくらい煮込みました。あつあつで食べると、すごく体も温まりますし、消化も良いのではないでしょうか。

井上浩様、私はこの三品で乗り切りました。参考になりましたでしょうか。

糖尿病 | コメント(7) | トラックバック(0)

ほんとに脂肪が悪いのか?

2008年12月17日
朝から、またまたパソコンの調子が悪いです。

これまで幾度と無く繰り返されてきたこのイライラ感。

動かないパソコンなんて、ただのゴミです。

なんでこんな不安定なものが、機械として販売されているのか理解できない、あらてつです。

話変わりますが、昨夜、某番組で動脈硬化が若年層、子どもにまで増えていると放送しておりました。

ど~せ、食事の欧米化や脂肪の摂り過ぎが原因だなんて結論付けるんだろな~と思って見てますと、アメリカ並みに肥満が増えたとは言ってましたが、原因は分かっていませんと言っていたんですね。

ただ、やはりどちらかというと、脂肪の摂取が悪いんですよなんて論調だったと思います。

でね、私考えました。脂が体に悪いイメージがありますけど、ほんとにそうでしょうか。

米国では、この30年間脂肪の摂取率は下がっていますが、肥満・糖尿病は倍以上に増加しています。この間、脂肪に変わって摂取量が増えたのが糖質です。

日本においても、40年間で糖尿病患者数が50倍になっています。確かに、戦前戦後に比べれば、高度経済成長期以降の食事って西洋化されて、それまでの食事より肉や脂肪の摂取率は増えたでしょうが、それ以上に増えているのが、糖質の摂取ではないかと私は思うんですね。

これ、くどいくらい書いてますが、皆さん、よ~く思い起こしてみてください。

例えば朝食。

食べない方は論外ですが、朝からご飯かパンに、ちゃんとおかずを一緒に食べてる方、そうそういないでしょう。特にパンを食べる方って、私もそうでしたけど、食パンにバターかジャムを塗って食べて終わり、なんてのがほとんどではないでしょうか。

食パンに塗るバターなんて量が知れてますし、これだとほぼ糖質のみの食事になってしまいますよね。ジャムなんか塗った日にゃ、さらに糖質を上乗せすることになります。

で、次が昼食。

定食屋で、おかずの多い定食食べるならまだしも、ラーメン屋でラーメンライスとか、うどん屋でうどんとおにぎりなんて頼んだら、これもほとんど糖質の食事になってしまいす。

で、3時の休憩でお菓子を食べて、夜はビールやらお酒飲んで、シメに白いご飯かまたまたラーメン。

炭水化物(糖質)が好きな人は、総摂取カロリーの80パーセントが炭水化物(糖質)だと本で読みましたが、特に好きじゃなくても、こんな食生活になっていた方、多いんじゃないでしょうか。

しかも、現代は昔に比べて、米も小麦も砂糖もみんな精製されています。精製された糖質は、表面積が大きくなるので消化酵素が結びつきやすくなります。そのため消化吸収が早く、急激に血糖値を上げます。

そう、昨日書いたグルコーススパイクが、ここで起こるわけです。

欧米の近年の研究では、グルコーススパイクが血管に障害を与えて、動脈硬化の元になっているのではないかと言われています。その結果、将来、心筋梗塞の危険性が高まると。

上記しました食パンやラーメンやうどんに使われている小麦も、ジャムやおやつもビールも白いご飯も、すべからく精製された糖質で、食べればグルコーススパイクを引き起こします。

ご年配の皆さんは、子どもや青年の頃を思い起こしていただければと思うのですが、昔は、それこそ三食白い米なんて食べられなかったでしょうし、ラーメンライスや砂糖たっぷりのおやつなんてなかったですよね。

冷静に食生活を振り返って考えてみると、肥満が増えて動脈硬化がこんなに増えたのは、肉や脂肪の所為ではないのでは?と私は思うのですが…。


糖尿病 | コメント(8) | トラックバック(0)

糖尿病を発症していなくても、糖質を摂れば血糖値が上がっちゃうお話

2008年12月16日
朝、出勤しようとしてバイクを走らせると、自宅から100mほど走ったところでいきなりエンジンが止まりました。

いくらセルを回してもキックしてもウンともスンともいいません。

ガソリンは入れたとこやし、昨日まで快調に走ってたのに、いきなりなんだ?と、途方に暮れていました。

しばらく待ってから再度エンジンをかけてみると、何とかかかったので、取り敢えず出勤することができたのですが、職場でまたエンジン止まりました。

これは、バイク屋さんにしばらく入院コースになりそうな予感がします。お蔭で朝から気分が悪い、あらてつです。

あ~、また修理代が…。

気を取り直していきましょう。

昨日のブログに、コメントいただきました。

『いつも楽しみに拝見させて頂いております。

私は糖尿人では無いですが、低糖質食に非常に興味を持っており、折を見て取り入れるようにしています。先日、血糖値測定器を購入し、食事をする度に血糖値を計っているのですが、確かにパスタはほとんど血糖値が上がりません。

丁度今日の晩ご飯はパスタでした。エリンギとほうれん草のガーリック醤油オイルのサーモンカルパッチョ乗せを食べました。麺は100g。食後1時間血糖値は110でした。

糖尿人では無いからでは?との意見もありそうですが、昨日はパスタ同様100gとおにぎり1個で食後1時間血糖値145、ラーメンを食べたりするとだいたい160overになったりします。

イタリアンは他の料理法と比べて良質な油も取れますし、思いの外肉系は少なく、魚と野菜がたんまりと取れますし、個人的にはピザさえ避ければ相当優秀な低糖質系食なのかなーと思っています。』


みやびさん、いつもご覧頂きまして、ありがとうございます。また、貴重なご報告、ありがとうございます。

みやびさんの血糖測定結果に出ていますように、糖尿病を発症されて無い方でも、糖質、特に精製されたものを食べますと、血糖値は上昇します。

1gの糖質が2型糖尿病の方の血糖値を3mg/dl、1型糖尿病の方だと5mg/dl上昇させるのは、もう皆さんご存知だと思いますが、江部康二先生によりますと、健常者の場合でも、1gの糖質で1mg/dl血糖値が上昇するそうです。

ただ、健常者の場合は、血糖値が上がっても即座にインスリンが分泌されて、血糖を取り込むか中性脂肪に変えちゃうので、高血糖状態は持続しませんが、逆に言えば、それだけインスリンを分泌しているわけで、膵臓に負担をかけているのは想像に難くないですね。

特に、みやびさんが測定された「白ごはんのおにぎり」や「精製された小麦粉で作ったラーメン」は、それこそ一気に血糖値を上げてしまいます。

これらを食べるごとに、膵臓からインスリンがどばどばーと分泌されるわけですが、現代人の食生活は、もはや「精製された糖質」に支配されているといっても過言ではない(?)ので、1日3食、おやつ食べる方ならもっと、この「インスリンどばどばー」が繰り返されるわけです。

こんな生活を、1年間365日、それを数十年にわたり続けていると、さすがに膵臓もギブアップ状態になりまして、疲れ果てたベータ細胞が死んでいき、糖尿病の発症となります。

何度も書いておりますが、基本的には、人間の体は、糖質を大量に摂るようにはできていないんですね。それなのに、糖質、しかも一気に吸収されて、一気に血糖値を上げてしまう、精製された糖質を毎日山盛り食べているのが、高度経済成長期以降の我々です。

一気に上がって一気に下がる、空腹時の血糖値と食後の血糖値の差を、「グルコーススパイク」と言いますが、こいつが脳梗塞とか心筋梗塞といった、血管性の疾患の原因であることは、欧米においては、もはや常識です。

この空腹時の血糖値と食後の血糖値の差が大きければ大きいほど、血管に障害を与えるのですが、またまた江部康二先生によりますと、糖尿病じゃなくても、精製された糖質を食べる食生活を続けると、「グルコーススパイク」が日常的におきるそうです。

みやびさんから頂いたデータを見て頂くと、このことがとても良く分かりますよね。

健常人の「グルコーススパイク」、江部康二先生は「ミニスパイク」と呼んでおられますが、こいつが様々な疾患の原因になっているのではないかと、先生は考えられています。

で、パスタを食べて血糖値が上昇していないのは、デュラムセモリナは精製してないので、普通の小麦粉のように、即時に吸収されません。ですから、デュラムセモリナで作ったパスタのGIは低く(GI50)、「グルコーススパイク」が起きにくいんです。

で、伝統的なイタリアンは、「グルコーススパイク」が起きにくいから、代謝が安定する、代謝が安定するから、血管障害やら心臓病やらアレルギーが起きにくい、なので、糖尿病も少なかったんでしょうね。

そもそも、イタリア料理に限らず、伝統的な料理ってそれぞれ経験的に“体に良いもの”が選ばれて残って来たと思うんです。

「フランス人は、肉食が多く脂肪をたっぷり摂るのに、心臓病が少ないのは赤ワインの所為だ」なんていいますが、私はちょっと違うと思います。おそらく、昔ながらのフランス料理って、精製した糖質の摂取量が少ないのではないかなと。

ですから、糖尿病を発症されておられない方でも、精製された糖質を控えることが、「ミニスパイク」を防ぎ、糖尿病のみならず、様々な疾患の予防に繋がるわけですね。


糖質制限食食材 | コメント(3) | トラックバック(0)

イタリアンって、もともと糖質制限やないの?

2008年12月15日
こじらせた風邪が、気管支炎の手前まで進行しました。

あ、これはマズイかも…。と思ったときに、面倒臭がらずに耳鼻科に行くべきでした。お蔭で1週間以上苦しむハメに…。

今更ながら、早期発見早期治療が大切だと痛感した、あらてつです。

インフルエンザが流行りだしたそうなので、皆さんもお気をつけくださいね。

さて、先日、糖質制限なイタリアンのことを書きましたら、メールで質問頂戴しました。

「イタリアンって、パスタとか食べなかったら、糖質制限じゃないのですか?それなら、糖尿人の私でも普段から食べてもいいものでしょうか?」

この質問、以前にも頂きました。その通りです。

リストランテASOの阿曽シェフからお聞きしたのですが、イタリア料理、フランス料理って、基本的に砂糖を使わないそうです。

ですから、このメール下さった方の仰る通り、パスタやらピザを食べなければ、糖質制限食になるわけですね。

じゃあ、阿曽シェフや新井田シェフの料理の何がすごいかといいますと、味はもちろんのこと、パスタやデザートまで糖質制限で作られてるとこなんですね。

こればっかりは、私がひつこく書くよりも、実際に食べて頂いた方が絶対いいと思います。皆さん、さっそくBotanicaに予約入れて、この素晴らしい料理を体感して下さい、はい。

話がそれてしまいましたね。

完璧に糖質制限なイタリアンは、Botanicaで味わって頂くとして、糖尿病を発症された方がイタリアンを食べても良いか?なのですが、阿曽シェフ仰いますように、イタリアンって砂糖を使わないそうなので、パスタとか小麦粉でできたもの以外は、糖質制限食的にOKな料理ですね。フレンチも、パンやらデザート以外をアラカルトで食べれば、充分糖質制限食ができます。

とゆうことは、イタリアンって、糖尿病を発症された方だけでなく、予備群の方やメタボを気にされておられる方にもオススメの食事なんですね。

伝統的なイタリア料理って、パスタを食べつつも低GIで、江部康二先生が提唱される、『食生活十箇条』に当てはまる食事なんです。

糖質制限食食生活十箇条は、小麦ダメなはず。なのに、どうして小麦でできたパスタがいいの?」

と思われるでしょう。

答えの前に、江部康二先生の『食生活十箇条』の第一条を思い出していただきたいのですが、

一、主食は未精製の穀物が好ましい(玄米、全粒粉のパンなど)

となっております。

で、イタリア料理で使われるパスタですが、よく「デュラムセモリナ100%」なんて書いてあったりしますよね。

この、「デュラムセモリナ」ってなんぞ?と言いますと、まず、デュラムというのは小麦の種類で、原始的な小麦の一種です。こいつは、普通の小麦に比べて固く、消化吸収が良くないそうなんですね。で、セモリナとは、粗く挽いた状態のことを言うそうです。

要するに、デュラム小麦を荒挽きしたものが、デュラムセモリナで、精製した普通の小麦粉とは違うものなんです。

精製してないので、普通の小麦粉のように、即時に吸収されません。しかも消化吸収がもともと良くないですから、パスタのGIは低く(GI50)なっており食べても、「グルコーススパイク」が起きにくいんです。

なので、完全に糖尿病を発症された方は、パスタはダメですが、予防の段階ならイタリアンって食事の選択肢の一つだと思います。

ちなみにイタリアでは、「パスタはデュラムセモリナ以外で作ったらあきまへん」なんて法律があるそうですよ。

最後に、江部康二先生の『食生活十箇条』をご紹介します。

食生活十箇条
一、主食は未精製の穀物が好ましい(玄米、全粒粉のパンなど)
二、白パン・白砂糖など精製炭水化物の摂取は極力減らす
三、発酵食品(味噌、漬け物、納豆など)をきちんと食べる
四、液体でカロリーを摂らない(飲みものは水、番茶、麦茶、ほうじ茶など)
五、魚貝類はしっかり食べ、肉類は適量を摂る
六、季節の野菜や海草はしっかり食べ、旬の果物も適量摂る
七、オリーブオイルや魚油(EPA、DHA)など身体に良い油脂は積極的に摂る
八、牛乳は極力減らし、チーズやプレーンヨーグルトは適量摂る
九、できる限り化学合成添加物の入っていない安全な食品を選ぶ
十、食事は楽しく、ゆっくり、よくかんで 

糖尿病 | コメント(9) | トラックバック(0)

フルコースイタリアンが糖質制限食で食べられるお店ご紹介

2008年12月12日
本格的に風邪をこじらせてしまいました。

昨晩は、ノドの痛みと咳がひどく、一睡も出来ませんでした。

長引く風邪は、体が弱ってるのか、それとも加齢によるものなのでしょうか。病院の問診表に、自分の年齢を書いて物思いにふける、あらてつです。

風邪と全然関係ないのですが、11月30日に江部康二先生の講演会が東京は中野でありまして、その際、ミシュランで2ッ星を取られた、リストランテASOの阿曽シェフから、東京ミッドタウンにあるBotanicaへ江部康二先生と共にご招待して頂きました。

この時のことを12月1日のブログで書かせて頂いたところ、江部康二先生や私のブログを見たと言って、お客様が来られましたと、Botanicaの料理長、新井田シェフから頂戴したお手紙に書いてありました。

いっや~、嬉しいです。

阿曽シェフ、新井田シェフとも、その道で成功されたすごい料理人でいらっしゃいますし、お二人の集客力からしてみれば、私ごときのブログの効果なんて、ミジンコみたいなもんです。それでも、ブログを見て糖質制限食のフルコースをオーダーしてくださる方がおられたなんて聞くと、やっぱり嬉しいじゃあ~りませんか。

私が言うのもなんですが、阿曽シェフ、新井田シェフとも、とても真摯に糖質制限食に取り組まれておられます。出されておられる糖質制限食のコース、一切の妥協を排除されてます。絶対に食べる価値があると断言できます、はい。

さあ、ここまで読まれたアナタ!さっそくBotanicaに予約の電話を入れましょう。その際、「糖質制限食のフルコースで」というのを忘れずに。

かくゆう私、12月31日から明けて1月1日まで野暮用で東京に行きます。この機会はのがしちゃいけねぇと、31日の夜、Botanicaの予約を取らせていただきました。

時間があれば阿曽シェフのお店にも寄らせて頂きたかったのですが、今回は1泊2日の強行スケジュールと年末年始でお店がお休みだということで、泣く泣く断念したしだいです。

12月1日のブログで、次回はプライベートで寄せていただきますと書きましたが、こんなに早くその機会が巡って来るとは思いませんでした。

思いっきりお腹空かせて伺いますので、新井田シェフ、宜しくお願いします!

あ、星野支配人、サプライズ楽しみにしてますよ~(笑)

さあ皆さん、あらてつに続いて年末はBotanica予約ですよ~。

Botanica
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガーデンテラス4F
TEL 03-5413-3282




糖質制限食食材 | コメント(4) | トラックバック(0)

日本人は農耕民族で西洋人は狩猟民族のウソ

2008年12月11日
先日、風邪の方は、もうだいぶ良くなりましたと書いたら、昨夜からまた症状が悪化しました。

ノドは痛いわ、咳がひどいわ、治まっていた副鼻腔炎まで再発するわ、頭がクラクラするわで、朝から激しく体調悪いです。

何かのバチにしては、あまりにご無体だと思う、あらてつです。

あ~、帰りに耳鼻科に行こう…。

話は変わりますが、先日、またまた質問のお電話頂きました。

「日本人は農耕民族なのに、狩猟民族の西洋人みたいに、肉を食べるようにできていない。糖質制限食を続けて大丈夫か?」

この質問、と言いますか、疑問といえばいいのか、この言葉、糖質制限食に対する批判でよく使われます。

一見、もっともらしい主張で皆さんよく口にされますし、そう思い込んでおられる方も多いです。実際、あらゆる本にも書いてありますし、栄養指導する方々にも、この言葉を仰る方が山盛りおられます。

でもね、ほんとにそうなんでしょうかね。な~んかおかしくないっすか?

では、どこがおかしいのか?その答えは、中学校でならった世界の歴史を思い起こして頂ければ、おのずと出てきます。

はい、そうですね。農耕が始まったのは、西洋の方がはるかに昔です。

農耕の起源について、最新の研究では、約1万5000年前に今の中国の長江流域で、稲作が行われていたと判明しているそうですが、私が中学、高校の頃は、シリアのヨルダン川周辺で始まったとされていました。

あと、通説として、約1万年前に西アジア一帯で麦の栽培が始まり、約6千年前くらいにはヤギ、羊の牧畜と共に、中央アジア、アフリカ、ヨーロッパに広がり、それぞれの地域にあった農耕が定着したそうです。

日本では、縄文時代後期から弥生時代に農耕が始まったとされていますから、どちらにせよ、日本で農耕が始まるはるか以前の時期ですね。

ちなみに、約1万5000年前に長江流域で起こった稲作がどんどん拡大し、6千年前に山東半島周辺まで広がったそうですが、日本には影響を与えなかったそうです。

さあ、皆さん、ここまで書いたらもうおわかりでしょう。日本人は農耕民族で西洋人は狩猟民族ってのは、大ウソです。

日本人がエテ公に毛が生えたような生活をしていたころ、メソポタミアでは、すでにパンが焼かれていましたし、縄文人がまだ野山を駆け巡って狩をしていた頃、ローマには、街にパン屋がありました。

農耕が始まった時期とか地域には諸説ありますが、日本で農耕が行われて穀物を食べるはるか以前より、西洋ではすでに農耕が行われていたのは、紛れも無い事実です。

ですから、「日本人は農耕民族で西洋人は狩猟民族、だから肉なんか食べちゃいけません!」なんてのたまう方々の主張には、耳をかさなくていいです。

これでまたひとつ、常識のウソが発覚しましたね。


糖質制限食食材 | コメント(23) | トラックバック(0)

遅ればせながら、糖質制限ドットコム、ポイントサービス始めました。

2008年12月10日
風邪ひいたと書きましたら、皆さんからご心配のコメントやメールを頂きました。

人の情けが身に沁みる、師走のあらてつです。

月曜からノドの痛みと咳がひどかったのですが、ようやく落ち着いてきました。皆さん、ありがとうございます。

さてさて、我が社の糖質制限食インターネット販売ショップ、「糖質制限ドットコム」ですが、お蔭様をもちまして、なんとか2年目に突入することができました。これも偏に、ご愛顧下さいます皆様のお蔭と感謝しております。

正直言いますと、当社の製品って、高いじゃないですか。販売しだした当初、「こんな値段で誰が買ってくれるねん。」と先行き心配でした。いつ倒産するかなぁって(本当ですよ)。

ところが、予想に反して皆様からご注文を頂き、そのお蔭で商品数も増え、ようやくよそ様の通販サイト並みの品揃えになってきたかなと思います。

でもね、やっぱ高いんですよ。

もっと商品が売れて大量に生産できれば、コストも下げられますし、値段も下げられるのですが、いかんせんそこまでの数が出てないので、少量生産でいいお値段になってしまってます。

しかも、使っている材料が特殊なものだけに、さらにコストがかかっておりまして、こんな値段になってしまったわけです。

そこへもって、よくある「00千円以上は送料無料!」なんてのが、まだできる状態ではないので、お客様にそのまま送料をご負担いただいてます。北は北海道から、南は沖縄まで、日本各地からご注文を頂いておりまして、送料見てますと、べらぼうな金額になってます。

商品高いわ、送料高いわでは、あまりにも買って頂いているお客様に申し訳ないので、なにかお客様に還元できるものはないかと、洋食屋のせがれゴイチとあれこれ考えました。その結果、せめてポイントサービス始めて、お客様に還元させて頂こうと相成りました。

ポイントゆうても、そんなにたいそうな数つかないんですが、せめてものゴイチと私の気持ちだと思って、使ってやってくださいませ。

ポイントについて詳しくは、糖質制限ドットコム、で商品名をクリックしていただきますと左上にポイントについて
と出ますので、そちらをご覧下さいませ。

次は送料を安くできるように頑張りますので、皆さん宜しくお願い致します。

糖質制限食食材 | コメント(4) | トラックバック(0)

糖質制限食的ぎょうざの食べ方

2008年12月08日
風邪ひいてしまいました。

喉が痛くて、顔が痛いです。例によって、副鼻腔炎を起こしてしまいました。

急に冷え込んだもんで、これはマズイと、ウガイ手洗いを徹底していたのですが、ダメでした。

抗生剤のお蔭で胃が気持ち悪い、あらてつです。

あ~、早く治らないかなぁ。。。

さてさて、餃子の話を書きましたら、コメントいただいたのでご紹介致します。

餃子はOK??

あらてつさん、こんばんは。
雨降りのなか帰宅したゆうです。

さて餃子は私も大好物なのですが、糖質制限からみてOKなのでしょうか?
皮が良くないような記載がどこかにあったような気がしますが
食べ過ぎなければ(5~6個程度なら)いいのかな??
あと、シュウマイも同様に考えたら良いのでしょうか。

無性に食べたくなったもので勢いで書いてしまいました。
失礼します。』


ゆうさん、いつもコメントありがとうございます。

餃子ですが、糖質制限食的にいいますと、ダメ食材です(笑)

ご存知の通り、餃子の皮は小麦粉でできています。でも、パンやうどんじゃあるまいし、餃子の皮に含まれている糖質なんて、知れてるやろーと皆さん仰います。

ところが、侮る無かれ、標準的な餃子1個あたりに含まれる糖質の量は、約3g以上あります。

1人前の餃子が5個だとすると、3×5で、15gの糖質になってしまいます。この数字は、ひっじょーにデンジャーですね。

何故かと申しますと、餃子だけで食事を終わらせる方は、まずいないと思いますし、いたとしたら、1人前ではすまないですよね。しかも、餃子って、ぱくぱく食べられちゃうじゃないですか。気がついたら目の前に皿が数枚なんてことになりかねません。

すると、3×5どころの話ではなくなってきますし、餃子以外の食事の糖質合わせると、かなりの量を摂取することになってしまいます。

では、どうすれば危険な餃子を安全に食べられるか?

その答えは、江部康二先生にありました。

「は?」

読まれた方、わけ分からんでしょう(笑)

いやね、江部康二先生、餃子を食べるとき、最初の2~3個はそのまま食べて、残りは皮をはいで中身だけお食べになるそうです。

そうすると、餃子を食べた満足感は味わえますし、血糖の上昇も最低限に抑えることができます。

食べ物残すのはもったいないですが、どうしても餃子食べたい時ってあるじゃないですか(私だけ?)。

そんなときは、神様にゴメンナサイして、皮を残します。残した皮は、せめてもの償いに、生ゴミ処理機に入れて肥料にして、植物の栄養になってもらいます。

シュウマイも餃子同様ですが、皮をはぐのが餃子より大変なので、私は食べません(笑)

あ、ご家庭で餃子作られるなら、ローカバさんがコメントくださったみたいに、湯葉を皮にしてもいいかと思います。

ちなみに、一度、全粒粉で皮を作ってみましたが、うまくいきませんでした。湯葉もけっこう難しいとこありますが、全粒粉よりましなので、お時間のある方は、一度チャレンジしてみて下さいね。

ゆうさん、こんな感じで参考になりましたでしょうか。



糖質制限食食材 | コメント(7) | トラックバック(0)

ブームで終わるか、糖質ゼロ

2008年12月05日
昨日、やたら餃子が食べたくなったので、王将に寄って、生の餃子を買って帰りました。

頂いた芋焼酎をちびちび飲みながら、餃子をつついていたのですが、なんだか物足らなくなってきました。

唐辛子を漬け込んだ酢があったので、こいつを餃子のタレに、どばどば~と入れてみましたが、まだ何かが足りません。

アルコールで麻痺した脳みそであれこれ思案を廻らせた末、シンクの下から粉唐辛子を出してきて、さらにどばどば~と入れてみました。すると効果テキメン、毛穴全開の刺激が駆け巡り、もはや餃子を食べているのか、唐辛子の入ったタレを食べているのか、分からなくなりました。

お蔭で今日は朝から下痢してる、あらてつです。

危険なので、皆さんはマネしないで下さいね。

さて、昨日の記事もご賛同のメールとかコメント頂きまして、ありがとうございます。そんなコメントの中から、おひとつご紹介させていただきます。

『らえる | URL | -
ホントに!
実行した人々の素晴らしい結果がたくさんあるのに不思議なくらい広まらないですよね。怪しいダイエットはローテーションで流行るのに。なにか圧力が!?と感じてしまいます。でも地道に浸透してくものがホンモノだと信じてます。』


らえるさん、コメントいただきありがとうございます。

糖質制限食、江部康二先生や私がブログ始めた頃に比べますと、ずいぶん広がったなと思いますが、前回書きましたように、まだまだマイナーな治療法です。

みの○んた先生がテレビで紹介すれば、それこそあっという間に広がるでしょうが、らえるさん仰いますよう、これまたあっという間に、次のローテーションに飲み込まれて消えてしまうでしょうね。

でね、流行に乗って消えていくものといえば、先日、流行語大賞の発表がありました。その候補の中に「糖質ゼロ」があったんですね。

飲料業界から始まった「糖質ゼロ」、このことについては、何度もこのブログで書いてきました。大手が参入する中、ブームで終わらずスタンダードになって欲しいなぁと。

ビールや清涼飲料水だけでなく、ハムなんかでも糖質ゼロを謳ったものが出てきたので、これはもしかしたら本物かもと思ってましたら、最近はずいぶん下火になってきましたね。

糖質制限食を実践するものにとって、期待の大きかった「糖質ゼロ」、どうやら、次の流行の波に飲まれて消えていきそうです。

ま、大企業がやることと言えば、こんなもんですけど。

やはり、地道に地道に普及していかなきゃなと思いますので、応援の程、宜しくお願い致しますね。

糖質制限食食材 | コメント(5) | トラックバック(0)

今更ですが、日本の糖尿病治療に物申す

2008年12月04日
弟に言われました。

「なんでオマエはそんなしょっちゅう怒ってんねん。」

京都で一番怒れる男、あらてつです。

今朝一番で、「これが怒らずに済むか!」って電話が掛かってきました。

電話の主に対する私の反論を以下記しますね。

はっきり言って、日本の糖尿病治療が遅れているのは、江部康二先生や私のブログに来られた方は、すでにご存知だと思います。

フランス、フィンランドにお住まいの方からメールを頂きまして、糖尿病で現地の医者にかかったら、真っ先に言われたのが、「パンとワインをやめなさい」だそうです。

ヨーロッパのみならず、アジアの国にお住まいの方からもメールを頂きまして、この方も現地で医者に行ったら、パンと果物やめなさいって言われたそうです。要するに、糖質の高いものはやめなさいってことです。

でね、メールを下さった皆さん、日本に帰ってきて日本人の医者にかかると、真っ先に言われたのが「カロリー制限」で、カロリー交換表を渡されたそうです。

なんでこんなことになるのだろうといいますと、日本以外のアジアの国々でドクターを志す方って、欧米で勉強される方が多いそうです。そのような方々は、糖質が血糖値を上げることを学んでこられます。残念ながら、日本で勉強している限り、このことは学べません。

だから、現地のドクターは糖質制限の治療をすすめますが、日本人の医者は、相変わらずカロリー制限一辺倒です。

日本のドクター、なんでそんなにカロリーに固執するんだってくらい、カロリー制限しか言いません。これだけ血糖コントロールが悪くなって、合併症に進んでしまう患者さんが増えているにもかかわらずです。

きっと、糖質が血糖値を上げることを、知らないんでしょうね。それとも、患者さんが治らない方が都合がいいんでしょうか。思わず、どっかから金もうてんのとちゃうけーと勘ぐりたくなります。

これからの糖尿病人口の増加を考えたら、製薬会社にとったら、何千億の市場ですからね。

あとね、カロリーカロリーとしか言わずに、糖質制限食を批判する方々決まって「糖質をとらない食事を長年続けて大丈夫なわけがない。」と仰います。

大丈夫じゃないデータを、あなたはお持ちか?

あなたの患者が、あなたの言いつけ通りにカロリー制限して、どれだけ良くなった?

あなたの患者で、合併症になった方はおられないのか?その方は、あなたの言う食事を続けたから、合併症になったんではないのか?

以前に、糖尿病専門医の方が、江部康二先生を尋ねて来られた時の話を書きました。

『今日、江部康二先生のところに所用で伺いますと、糖尿病専門医の方が来られてました。お二人が話されているのを横でお聞きしてると、今の糖尿病治療がいかにお粗末なのか、唖然としました。

来られてたDrは、従来の糖尿病治療に疑問をもたれ、江部康二先生を訪ねて来られたのですが、糖尿病専門医で『糖質制限食』を理解してくださり、且つ、自分の診療で実践したいと仰る方はまずいません。

聞いた話を全部書けないですが、一番印象に残ったのは、今の糖尿病治療は、わざわざ血糖値を上げる食事を患者にさせといて、血糖値が上がったといって血糖降下剤を飲ませる矛盾だらけのことをやっているといった話でした。

三食炭水化物を食べさせた上、食後に1単位(80キロカロリー)くらいのデザートを出しといて、

「今日は血糖値が高いねー。」

なんて話をしているそうです。

当たり前やんけ

今日来られていたDrは、まだ若い方でした。根拠のない常識にとらわれず、物事に疑問を感じることのできる感性をお持ちだとお見受けしました。

このようなDrが増えれば、きっと日本の糖尿病治療は変わると思うのですが。 』


いやしくも糖尿病専門医どうしの会話ですよ。これが日本の糖尿病治療の現実だと思うと、悲しくなります。

お電話くださいましたアナタ、どうせかけてくるなら、もうちょい勉強してから電話下さいね。貴重な朝の時間をムダにしちゃったじゃないですか。

ま、ブログのネタになったからいいか。

糖尿病 | コメント(5) | トラックバック(0)

スーパーでちょっとお腹が空いたときに食べられるものは?

2008年12月03日
昨日、買い物して帰ったのですが、晩御飯作るのがめんどくさくなって、近所の居酒屋に行きました。

歩いて5分なので、安心して飲めるのが嬉しいです。

適当に串をつまんで、鍋つついて、焼酎のお湯割り飲んで、いい感じで幸せ感じてたあらてつです。

で、帰ってから頂いた芋焼酎があって、再度飲み直したんですが(笑)

さてさて、こころ さんから、思わず「あるある」とうなずいてしまうコメントいただきましたので、ご紹介させて頂きます。

「教えて下さい

江部先生の本だったのかなぁ??と思いますが デニッシュパンとクロワッサンは多少食べても構わない的なこと書いてありましたか?

糖尿人として月日が浅いので 読みあさってる最中に 自分の都合の良い様にインプットしたのか 果たして記憶が正しいのか…分からなくなってしまいました

どこのフレーズで読んだのか分からないんです(T_T)
もし記憶が正しければ 何故デニッシュパンとクロワッサンは白いパンなのに良いのでしょう

それと 私普通の仕事よりかなり身体を動かす仕事なので 良くお腹が減るんですが お腹が減ったときに安心して パクッ!!といただけるスーパー等に売っていてすぐ手に入るような食品ってないですか?

どうか食いしん坊の私にお知恵をお貸し下さいm(_ _)m」


こころさん、いつもコメントありがとうございます。

まず、一つ目です。

う~ん、デニッシュパンとクロワッサンを食べていいというのは、江部康二先生の本には書いてなかったと思いますよ~。

精製した小麦粉を使ったパンは、種類を問わずどれも血糖値を一気に上げてしまうんで、お気をつけくださいね。

で、お腹が空いたときに、スーパーで買って簡単に食べられるものですね。

確かに、糖質制限食を実践してますと、ちょっとお腹空いたときとか、口淋しいときに簡単に食べられるものがない…、なんてことがありますよね。

そんな時、定番としてはナッツとか、ローカバさんからコメントいただいた、チーズ鱈とか、おつまみの類いだといろいろあるのですが、これはこれで定番過ぎる気もしますし…。

帰りにスーパーに寄っていろいろ見てみましたが、なかなかこれだ!ってのがないですね~。

で、私はあまり間食しないのですが、弁当を手抜きした時なんか、食べ終わって物足りないときがあります。そんな時、近くのコンビニに行って、カップに入った味噌汁買って食べるんですね。温かい物お腹に入れると、けっこう満足感ありますし、食べたなぁ~って気がします。

ナッツぽりぽりってな具合に簡単にはいきませんが、お湯があれば食べられるので、わりと便利ですよ。最近は、カップ味噌汁でもいろいろな種類もでてますし。

こころさん、お湯を使える状況なら、是非お試しくださいね。

糖質制限食食材 | コメント(9) | トラックバック(0)

江部康二先生講演会とBotanicaでの糖質制限食フルコース

2008年12月01日
先日、電車に乗りましたら、隣の20代半ばとおぼしき女性、おもむろにバックから化粧道具を取り出し、化粧を始めました。

今更ですが、身を飾る前に心を磨けと思った、あらてつです。

あれって、女性の目からみてもどうなんでしょうね。

え~、なんでまた私が大嫌いな電車に乗っていたかと申しますと、江部康二先生の糖質制限食東京講演・中野ゼロに向かうためだったんですな。

江部康二先生は、前日、診療を終わられてから東京に向かわれましたが、私は土曜も京都で仕事だったので、当日入りすることにしました。

で、朝、5時47分の始発電車に乗って、行ってまいりました東京は中野の「中野ゼロ」。着いた時には九時を回っておりまして、すでに会場はいっぱいで、皆様の熱気がひしひしと伝わってきました。

今回は、東京のリボーンさんの主催なので、高雄倶楽部としては特に準備作業もなく、受付をお手伝いさせていただきました。

あれよあれよいうまに講演会も無事終了し、午後からは、10月に講演会とディナーにご招待頂きました阿曽シェフに、またまた糖質制限食ランチにご招待頂きました。

恐れ多くも阿曽シェフにお送り頂きまして、今回ご招待頂いたお店は、これまた前回のディナーで大変お世話になりました、新井田シェフが料理長をお勤めになっておられる、東京ミッドタウンのBotanica(03-5413-3282)です。

新井田シェフの糖質制限食フルコースランチを、阿曽シェフ、江部康二先生と共に、私も厚かましくいただいてまいりました。

店についてビックリしたのが、広い店内、女性客でいっぱいなんですね。なんだか場違いだなと思いつつ、その席の間を星野支配人にうやうやしくご案内頂きまして、奥の個室の席に着きました。

でね、ここから先は、江部康二先生もブログに書いておられましたが、正に極楽浄土でしたね。

昼間っからこんな贅沢してもいいんかい!といった具合に、すこぶる美味しい新井田シェフの糖質制限フルコースと、これまた絶品の低糖質ワイン、本気で昇天しそうな勢いでしたよ。

ちなみに昨日のメニューですが、

グリーンオリーブとイベリコプロシュート
平目のカルパッチョ ガスパチョソース
鴨フォアグラのソテー ボタン海老と帆立貝のタルタルと共に
低糖質手打ちタリオリーニ 北海道産雲丹のカルボナーラ仕立て
鴨腿肉のボリート 冬野菜と共に
パンナコッタ、ガトーショコラ、NYチーズケーキ、プリン、
低糖質バニラアイス、紅茶パウンドケーキ、フルーツ

すごいでしょ?これ全部糖質制限ですよ!

これは江部康二先生のお言葉ですが、「目で見て美しく、香しい風味、味わって美味しく、ボリュームたっぷりの満足感、何と7種類ものデザート・・・、そして完全無欠の糖質制限OK食・・・糖質制限食でこんな贅沢できるなんて、生きてて良かったな。(⌒o⌒)v」

私も、心底そう思いました、はい。

ここまで読まれた皆さんの中には、「けっ、オメーラだけいいもん食いやがって、ばーろー」と思われる方も大勢おられると思います。私なら間違いなくそう思いますか。

なんとなんと、Botanicaでは、糖質制限食OKメニューが、ランチでもディナーでも、予約さえすればいつでも食べられるんですよ~。

ランチは¥2630から、ディナーは¥6300からなので、そりゃ、毎日はムリですが、安月給の私でも食べられる価格かなと思います。

しかもしかも、出てくる料理の素晴らしさと低糖質っぷりから言うと、スペシャルプライスだと思いますよ。

ブログを呼んでくださっている皆さん、もし東京方面に行かれることがありましたら、是非、Botanicaへお寄りください。新井田シェフの最高の糖質制限食ランチ、ディナーと、星野支配人はじめスタッフの皆さんの最高のサービスがお待ちしておりますので。

あ、星野支配人からのサプライズがあるかもなので、行かれた際はお店で聞いてみてくださいね(笑)

最後になりましたが、お招き頂きました阿曽シェフ、新井田シェフ、ほんとうにありがとうございました。星野支配人、最高のサービスとサプライズをありがとうございました。そして、大勢のスタッフの皆さん、ありがとうございました。次は、プライベートで寄せていただきますね。

Botanica
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガーデンテラス4F
TEL 03-5413-3282

糖尿病 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME |