07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

ハ○ネタにコメント頂きました(笑)

2008年08月30日
あなたの隣のハ○ブロガー、あらてつです。

え~、なんだか自虐ネタになってきたような気がせんでもないですが、まっ、いいか。。。

糖質制限食が髪の毛にいいかも」のブログを書きまして、予想以上の反響に驚いているのですが、
ブログに来て下さってる皆さんから、コメントいくつかいただいたので、ご紹介しますね~。

『体質改善
お久しぶりです
髪の話題になっているので書き込みさせていただきます。ここ数ヶ月は、肌がきめ細かくなって喜んでいたのですが、最近気がついたのが髪の質が変わったようです。
以前は針金のような剛毛だったんですが、気持ち良いくらいツヤツヤでシナヤカになりました。
これも糖質制限のおかげです。
2008/08/28(Thu) 09:59 | URL | kazu #-[ 編集]』


kazuさん、こちらこそ、ご無沙汰しております。

kazuさんは、髪の毛の質が変わっただけでなく、お肌まできめ細かくなられたんですね。

糖質制限食をつづけますと、「グルコーススパイクが起こらない→代謝が安定する」ので、血糖値の安定以外に、アトピーとか花粉症とかのアレルギー症状が緩和したり、いろいろ体に良い変化が現れるのですが、なるほど、お肌の調子が良くなっても不思議は無いですよね。貴重なご報告、ありがとうございました♪

『血管が丈夫か
が健康・美容に通じるのだと思います。実に単純明快。最大の内蔵器官なのですから・・・。あ、そうですね、髪の毛だけではなく、私はまつげがさらに濃くなったような気がします。だから余計に若返ってみえるようですね。髪の毛につやがでると若返りますしね。酸素も栄養もゴミも全て運ぶのは血管ですもんね。しかし、周りに○ゲに効く、といっても実践できる人は少ないだろうなあ。この境地に達してしまえばエンゲル係数が高いのを工夫するだけなのですが。飲み会減らして・旅行とか減らして。どれもこれもかなえることはできませんが、若く健やかで美しいを保つのは究極の望みであるからして多少の犠牲はやむをえないと思っている私。
2008/08/28(Thu) 12:33 | URL | ローカバ #-[ 編集]』


ローカバさん、いつもコメントありがとうございます。

江部康二先生の師匠で、糖質制限食の先達でもあらせられる、アクアクリニックの釜池豊明先生は、その御著書の中で、糖質制限食のスローエイジング効果について述べられておられます。髪の毛と復活と反比例して減っていく財布の中身は問題ですが、若く健やかでいられるのも、共通の願いかと思われますし…。

『そういえば・・・
私も髪の毛の伸びるのが早くなりました。
あと、ちらほら見えていた白髪も目立たなくなったようなi-237

以前、理容室に勤めていたときに、育毛も施術していましたが、食生活を改めるといい結果が出ていましたi-184

たしか、髪の毛(毛根?)を調べると、不足しているビタミンやミネラルが分かるんですよねi-190
髪の毛が、食生活の影響を受けているのは必須i-197
となると、当然の結果ですねi-179
2008/08/28(Thu) 12:49 | URL | 恵理 #O3JobPCo[ 編集]』


恵理さん、いつもコメントありがとうございます。

恵理さん、理容師さんでもあるんですか???
育毛の施術で、「食生活の改善で毛髪の状態が良くなる」、巷間言われてきたことですが、自分が糖質制限食でハ○の進行が治まって、改めて納得しました。よく考えれば、当たり前のことだったんですが…。ここでも、視点を変えてみることの重要さに気がつきました。

さてさて、まだまだ、「糖質制限食でハ○が改善!」、皆さんの体験談をお待ちしております♪




糖尿病 | コメント(3) | トラックバック(0)

大好評!ローカーボチーズケーキPureのご紹介です

2008年08月29日
pure_rea_200px.jpg

ハ○ネタ書いてから、電話でご注文いただく方からも「あらてつさん、ハ○が治って良かったですねと」嬉しい(?)お言葉を頂戴するようになりました。

糖質制限食ブロガー改め、ハ○ネタブロガー、あらてつです。

なんか、喜んでいいのか、悲しんでいいのか…。

話は変わります。

何故だか分かりませんが、この二日間で、急にブログのアクセス増えました。

初めて私のブログに来てくださった皆さん、どうぞ宜しくお願い致します。

で、宜しくお願いついでと言っちゃなんですが、せっかくアクセス増えてるんで、当社の製品を宣伝させて下さい(笑)7月29日の記事の再掲です♪

先日、新発売となりまして、当ブログでもご紹介させていただきました“ローカーボチーズケーキPure”、お蔭さまでご好評をいただいております。お買い上げくださいました皆さん、本当にありがとうございます。

で、おなじみまるさんから、うれしいコメント頂戴したので、ご紹介させていただきますね。

『おいしすぎる!!

解凍が待ちきれずに半解凍状態で
一口ぱくり!
うっ、うっ、うまぁ~~~~~い!!
なんだこれっ?
と、あまりのおいしさに
半解凍が正解でした。
うまい!うまい!うまぁ~い!
正直これほどうまいとは思っていませんでした。

できたら、箱なんてもっと簡単なものにして、
普通のホールケーキの大きさのものも
売って欲しい。』


まるさん、「ローカーボチーズケーキPure」のお買い上げ、誠にありがとうございます。また、嬉しすぎるコメント頂戴致しまして、販売してよかった~と、しみじみ感じております、はい。

前回も書きましたが、この「ローカーボチーズケーキPure」、「菓子職人」稲井シェフが試作に試作を繰り返して作ってくださいました力作です。

試作第一号から比べると、形も変わってますし、味なんかとんでもなく美味しくなっております。砂糖やら小麦粉やら使ったチーズケーキと、遜色ない美味しさです。砂糖・小麦粉使ってないって言われずに食べたら、絶対にわかりません。

しかもしかも、ただ砂糖を使ってないだけでなく、原材料にも徹底的にこだわってますから、史上空前のローカーボとなっております。

そのローカーボっぷりは、江部康二先生による血糖検査で実証!

空腹時   7:20  血糖値: 97mg 
食後1時間、8:20 血糖値:104mg
食後2時間、9:20 血糖値:95mg

カロリー制限の糖尿病食よりあがりません(笑)

上の写真は、私、あらてつお気に入りの“レアチーズケーキ”ですが、“ベイクドチーズケーキ”も女性の皆さんの人気を集めております。

こちらですね。
pure_bacd_200px.jpg

どちらも、小麦粉、コーンスターチなど、血糖値を上げてしまう材料は使っておりません。なので、とてもとろけやすいので、冷蔵庫で解凍の上、解凍後はお早めにお召し上がり下さいね。

ご注文いただいてから、「菓子職人」さんで製造して発送となりますので、当社からお送りする商品より少しお時間いただきますが、作りたての新鮮ぴちぴちを味わっていただけますので、そこらへんはご勘弁下さいませ。

ではでは、皆様のご注文、心よりお待ちしております。

<ご注文先です>
糖質制限ドットコム

糖質制限食食材 | コメント(5) | トラックバック(0)

美味しく楽しく糖質制限食

2008年08月28日
ハ○ネタ、昨日も何件かお電話頂きました。正直、こんなに反響あるとは思いませんでした。

いっそのこと、「ハ○」を有効利用できないかと考えたのですが、額にソーラーパネルを貼り付けると、ひょっとしたら携帯の充電くらいの電力ならまかなえるんじゃないでしょうか。

太陽光発電に熱心に取り組まれている、シャー○さんにアイデアを投稿してみようと考えてる、あらてつです。

う~ん、朝からエコですね(笑)

で、ここのところ盛り上がってるハ○ネタの発起人(?)漢さんから、またまたコメントいただきました。

『お髪様

あっ、取り上げられてる!あらてつさんありがとうございますm(__)m糖質制限初期ってがんばるじゃないですかおもろいように体重減るんでもっと糖質減らそうとリキんでしまう…もしかしたら初期は1日あたり糖質量20~30ぐらいかもなぁ食事回数も1日1回とかありましたしね、これがストレスだったのか、極限は肉卵葉もの野菜を1日一回とか、う~ん、糖質量極限まで抑えたほうが糖質制限の利にはかなってるんですよね、ううむ。』


漢さん、いつもコメントありがとうございます。

『おもろいように体重減るんでもっと糖質減らそうとリキんでしまう』

漢さんの仰るこのお言葉、よ~く分かります!

そうです、私も自分の体で人体実験をしたとき、最初の一週間で信じられないくらい体重が落ちたのに、ビックリした経験があります。まさしく、「今までの減量方法はなんだったんだ?!」状態でした。

漢さんと同じく、おもしろいくらい体重が落ちるもんで、そうなると、もっと落とそうとさらに糖質をカットするんですね。

私の場合は、人体実験(?)も兼ねていたので、最初の2週間は、糖質摂取量を1日20g以下としておりまして、さらにこれより糖質の摂取量を減らそうと考えたわけです。

実験だもんで、1日3食キッチリ食べておりましたが、内容は、肉、魚、卵、葉っぱものの野菜と、一般的な栄養士さんが見たら、速攻で指導が入りそうなものばかりでした。

それでも体重は、見事に落ちていきましたね~。

私の場合は、ともすると極端から極端に走る方なので、ついつい突き詰めてしまいますが、もしかしたら、漢さんも私と同じタイプとお見受けしました(笑)

でも、このやり方だと、糖質を制限するという意味では、確かに利にかなってますが、仰るように知らず知らずにストレスを溜めてしまうかもです。

また、漢さんや私みたいに、「とことん糖質カット!」を追求してみたいタイプなら、ある程度楽しみながら取り組めますが、それ以外の方の場合、あまり極端にやりますと、今度は摂取カロリーに不足でへろへろになってしまう可能性があります。

やはりここは、糖質を抑えつつもしっかり食べて、なるべくストレスを溜めないように、「美味しく楽しく」糖質制限食に取り組まれるのが肝要かと。

漢さんも、あまりご無理なさないでくださいね~。


糖尿病 | コメント(4) | トラックバック(0)

続々・毛髪とオトコの悩みと糖質制限食

2008年08月27日
お盆が終わってからの京都は、ほぼ毎日雨が降り、まるで梅雨に戻ったかのようなウットオシイ天気が続いています。

そのうち、秋雨前線がやってくる季節になりますし、温暖化と合わせて、日本にも熱帯雨林のジャングルが現れるのではないかと思う、あらてつです。

先ほど、朝一番で江部康二先生にお会いした時、開口一番「ハ○ブログ、盛り上がってるな(笑)」とのお言葉を頂戴致しました。

「あらてつは、ハ○てたっけ?」

と仰いますので、前髪上げてお見せすると、

「あ、そりこみハ○ね。」のお一言が…。

え~、「ハ○ブログ」、けっこうな反響で、問い合わせのお電話も何本か頂戴致しまして、喜んでいいやら悲しんでいいやら、心中複雑です(笑)

江部康二先生いわく、「年取ってくると、髪の毛痩せてくるだろ?それが明らかに太くなったしなぁ。逆に、整髪しにくくなったよ。」とのこと。

確かに、私も、髪の毛にコシが無くなってきてたのが、ヘルメットかぶってもつぶれない位の直毛に復活しましたし、何より、髪の毛伸びるスピードが速くなりました。

以前は、2~3ヶ月に一回の散髪でしたが、最近は、1ヶ月に一回でも追いつかなくなったんですね。

エンゲル係数の上昇と共に、散髪代まで上がる、「糖質制限食」恐るべし!などと考えておりました、はい。

で、この「糖質制限食で髪の毛が元気になっちゃった効果」ですが、江部康二先生の周囲、患者様とか製薬会社の方とかで、けっこうな人数になるそうです。

もちろん、個人差や効果の無い方はありますが、とある製薬会社の方は、「つるっ○げ」だったのが、今やしっかり髪が生えておられるそうで、糖質制限食の思いもよらない効果に、ビックリしています。

さらに、先日コメントいただきましたyukitanさんやミントさん、その他の女性の方からも、「髪の毛にコシとハリが出た」「髪が太くなった」と仰る方がおられ、この増毛(?)、男女問わず効果があるようです。

で、なんでまた髪にいいんかいな?と思いまして、江部康二先生にお聞きしたところ、

「やはり、血流の改善が一番の原因じゃないかな。」とのお答えを頂きました。

皆さんすっかりご存知の通り、糖質制限食では、血糖値を上昇させる糖質の摂取が少ないので、血糖値が上がったり下がったりする、「グルコーススパイク」が起きません。そうすると、血管にダメージも与えませんし、血流も良くなるんでしょうね。

ここまで読むと、この髪の毛のお話、何かと共通するとことがあることに気がつきませんか?

脅迫的な文句とデタラメを並べ、客の不安を煽って契約させる某大手カツラメーカーの案内や、その他、巷間あるれる髪の毛に関する俗説を見てますと、

「食事の西洋化、偏食、脂肪分の摂り過ぎ、香辛料の摂り過ぎがハ○の原因のひとつ」 「脂肪の摂り過ぎで、毛根に脂が詰まって抜け毛を促進する」

なんて書いてあります。これって、今の糖尿病治療と同じこと言ってますよね。

脂肪分の摂り過ぎが、糖尿病の原因ではないことは、もはや明確。食事の西洋化で増えたのは、脂肪ではなく糖質で、香辛料が原因なら、インドの方はみんなハ○てないとおかしいです。

いままで、なんとなく「あ、そうなんだ。」と思い込んで(込まされて?)きましたが、少し視点を変えると、真実が見えてくることが分かりました。

糖質制限食も、江部康二先生が「常識」にとらわれないからこそ取り組まれて、新らしい糖尿病治療の確立と、絶大な治療効果を上げてこられたわけです。

身の回りにある「常識」一度疑ってみると、新たな発見があるかもですね。

で、最後に注意なんですが、「糖質制限食で効果があるかも」なのは、壮年性の髪の毛の減少で、円形脱毛症には効果ありません。

円形脱毛症は、原因が様々なので、一度専門医にご相談下さいね。

糖尿病 | コメント(11) | トラックバック(0)

続・毛髪とオトコの悩みと糖質制限食

2008年08月25日
前回 、「糖質制限食は、もしかしたらハ○に良いのではないか?」を話題にしまして、このブログにきて頂いている皆さんの体験談(?)を募集したところ、さっそくコメント頂戴したのでご紹介させてもらいますね。

まずは、yukitanさんから頂いたコメントです。
『参考になるかわかりませんが、スーパー糖質制限食を始めて3ヵ月半。髪が若かった頃のように、太く・しっかりしてきたのを感じます。52才女性ですが・・・。実は先日、半月遅れで糖質制限食を始めた主人とこの話題が出ました。主人のはいわゆる猫っ毛のハ○なのですが、増えたのか・太くなったのか定かではありませんが、確かにボリュームアップしてます。


yukitanさん、コメントいただきありがとうございます。

女性の方から「髪が若かった頃のように、太く・しっかりしてきた」とのご報告をいただけますと、男性だけでなく、女性にも効果がある!のですね。これまで、女性の方からの髪の毛についての報告が聞けてなかったので、参考になります。

しかも、同じく糖質制限食に取り組まれておられる、yukitanさんのご主人も、ボリュームアップを実感されておられるとのことなので、やはり糖質制限食は、「髪の毛にいい」と言えるかもですね。

お次は、若干ムカつくコメント(笑)、後者の男、ローカバさんです。

『後者の男
私は後者の男でして。メタバディですが、髪の毛はフサフサ・ハリコシばっちりのアッシュカラーのナイスヘアの男子です(笑)。美容師(美容院通い)泣かせなぐらい髪の毛多いです。毎月全く違う髪形にしています。パーマも毎月かけなおし、さながらヘアカタログな男子です。

母方は白髪傾向ですがフサフサ。父方は祖父がシャインですが、父親はその血を受け継がず!!つまり私にはシャインな血は受け継いでおりません。しかし有益??な情報を今日入手しました。美容師さんいわく
「伸びるスピード、去年よりあがってないかしら?」と。髪の毛のつやも一層よくなったようです。普通はこの年ぐらいから髪の毛が多くてもツヤとかがなくなったりするらしいのですが、猛烈にいいコンディションらしいです。1ヶ月で跡形もなく髪型が消失するらしいです。髪の毛は栄養状態をダイレクトに反映するらしいので、すくなくともタンパク質は充足している模様。脂質が若干多い食事なので、週1で毛穴ケアはしていますが。そういえば?爪の伸びるスピードも速くなって爪の根本がとても健やかな感じではあります。

ちなみに、先月はミディアムでアシンメトリーなパーマで風が吹いてないのに吹いてるサイボーグ009な髪型。

今月はミディアムショートでソフトモヒカン・モヒカン部分にパーマをあててます。
これで腹が引っ込めば(泣)


ローカバさん、いつもコメントありがとうございます。

私の環境も、母方は全然ふさふさで、父方の祖父が「おさむらい」状態、しかも父自身はその遺伝子を受け継がず!まではローカバさんと全く同じなのですが、悲しいかな父を飛び越え「隔世遺伝」してしまいました。

我がご先祖様は、よほど「ハ○遺伝子」を残したかったみたいですね…。

それはさておき、ローカバさんも、糖質制限食ライフで、髪の毛のコンディションがとても良くなられたとのこと。「糖質カットは髪にいい」、というか、巷間言われている、食生活の欧米化や脂質の取りすぎが髪に悪いのではなくて、「糖質の取りすぎ」が髪に悪いのかも知れないですね。

最後は、ミントさんです。

『髪の毛、ですか・・・ わたしは女性ですのであまり参考にならないかもしれませんが、糖質制限初めて数か月はあまり変わりませんでした。最近になってボリュームが出てきた気はしますが、シャンプーを変えているので何が良かったのかはわかりません。。。 もともと髪の毛は少ないほうだったので結果オーライと思っていますが。』

ミントさん、ご報告ありがとうございます。

これまで、髪の毛気にするオトコしかこの話題に触れてなかったので、yukitanさんと同じく、女性からのご報告、大変参考になります。

よく考えたら、女性にも髪の悩みはありますもんね。糖質制限食で、女性も男性も髪の悩みが減るのなら、嬉しいですよね~。

ただでさえ、糖質制限食はエンゲル係数が高くなるのに、その上、育毛剤代がかかったら、シャレにならないですから(笑)

今後、もうちょっと範囲を広げて、糖質制限食を実践されて髪がどうなったか、聞いてみたいと思います。

皆さんからのご報告、続けてお待ちしております♪




糖尿病 | コメント(5) | トラックバック(0)

毛髪とオトコの悩みと糖質制限食

2008年08月22日
夜中から朝方にかけて、寒くて何度も目が覚めました。月曜日くらいまでは、暑くて目が覚めてたんですが…。

急な気温の変化、特に寒さには弱いんで、体がついていかないあらてつです。

さて今日は、漢さんから、男の三大悩みのひとつ、「毛髪」についてのコメントを頂きました。

え?残り二つはなにかって?

朝っぱらから言えるわけないじゃないですかぁ(笑)

『なんじゃとーーー!

ほぼいいかんじで糖質制限して数ヶ月、体重減りましたがなぁ、にまにまして友人の女性美容師に半年ぶりの再会CUTしてもらうことに、漢「どう痩せたやろ今体調もいいかんじやでっっ」(かなり自信たっぷりに)友「…ねぇ言っていい?髪細っ、前が後退してるよっ、透けてるよ、もともと髪多かったやん…なんかあった?ダイエット?」実は漢糖質制限をして減量体調もいいんですがお髪様だけが白髪が増え前後退なんです体質の変化で一時期だけと思いたいんですが、あらてつさんフッサフッサクログロですよね?江部先生もそうですよね?』


漢さん、コメントありがとうございます。

「世の中には、二通りの男がいる。ハ○る男とそうでない男だ」

なんて、何処かのハードボイルド小説に出てきそうなセリフですが、もちろん私も前者の方に含まれておりまして、先祖代々受け継いできた「○ゲ遺伝子」を、絶やすことなくキッチリ受け継いで先祖孝行している、優秀な子孫です(笑)

白髪に関しましては、19の頃からどんどん増えてまして、今30代後半ですが、すでに髪の毛の半分が白髪です。ですから、これについてはあきらめました。

しかしですな、白髪の増大と共に、生え際が後退する、いわゆる「M字ハ○」遺伝子が発動、ゴビ砂漠のように、深く静かに額の面積拡大が進行したわけです。

白髪の上に「○ゲ」では、あまりにも不条理なので、なんとか食い止めようと、あの手この手をつくしましたが、生命誕生から何十億年受け継がれてきた、「DNA」には太刀打ちできず、刃折れ矢も尽きてしまったわけです。

で、「広がるんなら勝手に広がりやがれぃ、ばーろー」と開き直って数年、いつの間にか額の後退については忘れていましたが、ある日、江部康二先生と糖質制限食のいい副作用についてお話しておりますと、髪の毛の話題になったんですね。

江部康二先生曰く、「糖質制限食を始めてから、髪の毛太くなってないか?」

そう言われますと、生え際の後退と共に痩せていった髪の毛が、元のタワシのような剛毛に復活!洋食屋のせがれゴイチから、「なんでそんな長さで毛が立つんですか?」と驚かれるくらいになりました。

生え際の後退速度も、以前のままのスピードなら、今頃、頭の半分以上がオデコになっているところでしたが、ワンフィンガー分の後退で治まっております。

江部康二先生のお知り合いの方でも、糖質制限食を始めて髪の毛が太くなった、コシが出たと仰る方が居られまして、もしかしたら、糖質制限食を続けることによって、「ハ○」の進行が抑えられるのかも知れません。

ただ、症例(?)があまりにも少ないので、「糖質制限食はハ○にいい!」声を大にして言えません。

そこで、このブログに来てくださっている皆さんにお願いがあります。

糖質制限食を始めたことによって、「髪の毛太くなった」とか「○ゲが止まった!」なんて経験をされた方がおられましたら、コメント欄までご報告いただけませんでしょうか。

もしかしたら、「糖質制限食はハ○を救う!」かも知れません。皆さんの貴重な体験談、是非ともお聞かせ下さい。

あ、「全然止まらんかったぞ」でもけっこうですよ~。

糖質制限食 | コメント(5) | トラックバック(0)

観光地で糖質制限食は難しい?

2008年08月21日
最近、帰るの遅いです。

で、そんな時間に、世間で何が起こってたんだろう?と思ってテレビのニュースをつけると、オリンピックばっか。

何もそこまでオリンピックの放映せんでもええやろうと思うのは、私だけではないはず。

マスコミやったら、報道の使命を果たせよな。あらてつです。

え~、ちびまるこさんから、旅行に行かれたコメントを頂戴しました。激しく共感しましたので、ご紹介させて頂きます。

『先日のお盆休みに山梨県にある清里という糖尿人にとって悪魔の花園に行ってきました。
初めからわかっていたのですが若い頃の思い出を再びと思い思い切って行ってしまいました。
そこには食べてはいけないものばかり・・・
なにしろ高原ですので牧場があり乳製品のオンパレード、そして女性が多く訪れるので目にも鮮やかなスイーツ、パスタ、地ビール、ジャムそしてうどん(山梨ほうとう)、そばなどなど。
家では絶対に食べないソフトクリームはブルーベリーを食べミルクソフトを食べペンションに泊まれば付け合せに高原野菜としてにんじんのグラッセ、ポテトサラダ、クラムチャウダーに続きご飯まで食べてしまいました。朝もたっぷりとご飯を食べもう今となっては何を食べたんだか・・・
久しぶりにおいしかったーー!

勿論体重は増え、金曜日には血液検査が待っていますのでそれまで完全糖質制限です。恐ろしい・・

帰ってきて相当後悔しましたが、今までがんばってきたごほうびでまあいいかーという気持ちになっています。また年末に向けてがんばるか、先は長いんだし、ここに書かせていただいて自分を納得させています。


ちびまるこさん、コメントありがとうございます♪

「高原」に限らず、観光地と呼ばれるたぐいの所は、今やほとんどが禁断の地となっております(笑)

名物やお土産なんて、糖質のオンパレード。なんで日本ではカカオが採れないのに、チョコレートがそこら中の名物になってんねんとか、それこそ、何処でも食えるようなラーメンが名物だったりしますよね。

あと、スイーツなんて、地元帰っても食えるやんとか思うのですが、観光地の甘いもん屋は、女性客で溢れかえってます(笑)

それこそ、せっかく旅行なりで出かけてるのですから、その地元でしか食べられないものを食べようと私なんかは考えるのですが、一般的には、画一化しないと売れないんですかねぇ~。

私も北海道に出張に行った際、そこここで、チョコレートやら乳製品やら甘いものを、やたらと目にしました。というか、チョコとチーズケーキとカニしか目に入りませんでした(笑)

飲食店も、ラーメンやったり寿司屋やったり、糖質主体のものばっかり。初めて行く土地で、何処にどんな店があるのか分からない場合、ほんとに食べるものに困ります。

でもね、私がこんなこと軽々しく書いちゃいけないとは思うのですが、旅行なんて年に数回くらいしか行かないじゃないですか。そんな時くらい、少々ハメを外してもいいのではないかな~なんて思います。

ちびまるこさん、普段きっちり糖質制限食を実践されておられる様子ですし、書いておられるように、「これまで頑張ってきた自分にごほうび」ですよ。

糖質制限食は、カロリー制限に比べると、制限される幅が少ないですが、それでも「食べるものを制限」されることに変わりはありませんから、ある一定の我慢が必要です。

どっかでガス抜きしないと、知らず知らずにストレスが溜まって、糖質制限食を挫折してしまうなんてことになりかねません。

そうなると、素も子もないので、普段は糖質制限食に取り組みつつ、たまには息抜きでいいのではないでしょうか。

私だって、沖縄に行ったときは、大好きな沖縄そば食べますから(笑)

糖質制限食に限らず、何かを続けていくには、無理な我慢は禁物です。緩急つけて、「美味しく楽しく」糖質制限食を続けていきましょう。

糖尿病 | コメント(5) | トラックバック(0)

「糖質ゼロのハム・ソーセージ」の情報を頂きました♪

2008年08月20日
この夏の京都は、連日、35度を越えるのが当たり前の日が続いてました。

そうなると、32度とかだと「あ、今日は涼しいやん」とか思ってしまいます。

けど、これでも沖縄よりも気温高いんですよね。何かが間違っている気がする、あらてつです。

気温とは関係ないですが、昨日、最近の糖質0ブーム(?)について書きましたら、とーなすさんから、こんな情報頂きました。

『糖質ゼロのハム・ソーセージ

あらてつさん、こんにちは
いつもたのしく拝見しています。
昨日、糖質ゼロの新しい食品の発表がありました。
日本ハムもやってくれましたヨ。
http://www.nipponham.co.jp/news/2008/0818/index.html

毎日ステーキばかり食べるわけにも行かなかったので、これって結構重宝しそうな気がします。

うれぴー。』


とーなすさん、いつも拙ブログをご覧頂き&新着情報ありがとうございます。

糖質0』ついにここまできたか!ってとこですね~。日本ハムのホームページ見てビックリしました。

これまで、大手メーカーさんで糖質がどうこういうってたのは、飲料業界だけだったんですが、食品メーカーさんもやりだしんですね~。

糖質制限食を実践している身では、選択肢が増えるのは嬉しい限りですが、一抹の不安が…。

日本ハムみたいな大手がやりだすと、「糖質0発泡酒」のときみたいに、恐らく他のハム・ソーセージメーカーも、やりだすでしょう。

すると、ハム・ソーセージ以外の食品メーカーも、「なんで糖質0なのか」本当の意味を理解せんまま、我も我もと「糖質0」の新商品を出してくると思われます。

糖質0」は一大ブームになり、町中に「糖質0」を謳った食品があふれます。我々は、糖質制限食を実践中でも、食材選びに困らなくなった、いい時代になったもんだと喜びます。

ところが、

「流行りは廃り」ます。「なんで糖質0なのか」なんて考えず、「売れてるからうちも糖質0を作れ!」と参入してきたメーカーさん、次に流行りそうなモノが欧米からくると、一斉に「糖質0」から手を引きます。あれだけあった「糖質0」が、町から姿を消し、そして誰もいなくなるのです。

これって、日本のメーカーがいつもやっていることですよね。

今後の「糖質0戦争」、流行だからではなく、なんで糖質を気にしなきゃならないのか、そこをちゃんと理解して「糖質0」を作ってくれるメーカーさんが増えくれることに期待するしかないですね。


糖尿病 | コメント(2) | トラックバック(0)

糖質0ブームに思う

2008年08月19日
早いもんで、お盆も過ぎました。ご先祖さん達も、無事(?)あの世に帰っていったことと思います。

今年は、例年にない猛暑ですが、日の暮れがだんだん早くなり、朝夕は、幾分過ごしやすい気温になってきたと感じます。暑い暑いと言いながらも、季節って進むんですね。

それでも、心底夏のままでいいと思ってる、あらてつです。

でね、夏の飲み物といったら、私は「○ルピス」のイメージがあるんですが、こないだスーパー行ったら「カル○ス」のカロリーオフなんてのを見つけました。

4月のメタボ検診開始以来、右も左もカロリーオフですが、「カ○ピス」までカロリーオフがでたんですね。

「どんな甘味料使ってるんやろ?もしかしたら飲めるかも…」と思って手にと取って見てみると、残念、しっかり砂糖使ってました。

砂糖以外の甘味料にスクラロースを使って、その分カロリーを減らしてるわけなんですね。

発泡酒の糖質0に始まって、缶チューハイや日本酒などのアルコール。それに加えて、コーラ、スポーツドリンクなどの清涼飲料にもカロリーオフやら糖質0、まさしく“糖質0戦争”です。

いくらカロリーオフでも、砂糖使入ってますと糖質制限食には使えませんが、糖質・糖分0の商品なら大丈夫ですね。

これまでのように、甘い飲み物が欲しくなったときに、「鋼鉄の意思」で我慢せんでもいいってのは、とても助かるのではないでしょうか。実際の戦争は絶対に反対ですが、糖質0を競う戦争なら、大歓迎です。

たーだーしー

これが一過性のブームで終わらなければですが。

日本のメーカーさん、時流を作り出すより時流に乗ることしかできません。煽るだけ煽って、ぽいなんて、平気でしますからねー。

この先、「糖質0」がスタンダードになることをセツに願います。

糖尿病 | コメント(8) | トラックバック(0)

あらてつの雑感・・・介護について考えてみました3

2008年08月17日
BonnVacationを、ひたすら無為にすごしている、あらてつです。

今日も昨日のつづきです。

人材を使い捨ててきた施設と、介護をまともな仕事とみなしてこなかった行政。

それに加えて、福祉の世界なんて利権の温床で、どこぞから来た天下りが施設長になって、いい給料と退職金をもらって、おまけに施設の金を横領なんて話、あちこちで聞きます。

現に、私が以前勤めていた施設でも横領があり、役所に告発した職員がいたのですが、担当する施設で不祥事があると自分も責任取らなきゃならないと考えた木っ端役人が、みごとに隠蔽してしまいました。

給料安い上、こんな事実を目の当たりにすれば、どれだけ夢を持って介護の仕事に就いても、辞めちゃいますよね。

人材って、育つのに時間かかるんですよ。やっと仕事できるようになった人たちが、どんどん辞めていったら、それこそ人材育成なんてできませんよね。そのくせ、「少子高齢化社会で、人材確保が難しい云々・・・。」

違うっちゅーねん。お前らがそうしてきたんやろ。

少子高齢化の問題は、かなり前から警鐘を鳴らされてきました。もっと早くにこの問題に取り組んでいたら、こんな話にはなってないでしょうし、介護職員の待遇がまともだったなら、辞めずに育った人材がたくさんいたでしょう。

でね、ようやく国も気付いたのか、「福祉における優秀な人材の確保と介護の質を上げるため」とかゆうて、介護職は、介護福祉士か社会福祉士の資格を持ってないと就けない、つまり、業務独占にしようなんて案が出たわけです。

何をいまさらという気がしますが、やらんよりマシなんで、だったらさっさとやれとか思ってみてますと、この話、見事に頓挫してます。

ナゼか?

人を安く使えない施設側が、猛反対してるんですね。ここまでくると、何をかいわんやといったところです。

インドネシアから人材を受け入れる前に、まず、今現場で働いている職員の待遇を改善しろよ。仕事の内容に見合った給料がでれば、働き続ける職員も増えるやろ。生活していけない給料で、誰があんなキツイ仕事すんねん。

「じゃあ、その人件費はどっから出るんです?介護報酬を上げなきゃでないんですよ。それでは国民が反対するでしょ。」

いらんとこに道路やら橋やらダム作る金があったら、そっちに回さんかい。道路特定財源の60兆、その100分の一でも介護、医療に回せば、かなり事態は改善するぞ。

日本の水準から言って安い賃金でも、インドネシアの方々からみれば違います。国が貧しいから、家族を支えるために日本にきて働きたいと、テレビのインタビューでも言ってました。

自国の職員を使い捨ててきて、働き手がいなくなったら、今度は外国からきた人たちを雇って、また使い捨てる気ですね。

この先、この国はどうなるのでしょうね。


糖尿病 | コメント(2) | トラックバック(0)

あらてつの雑感・・・介護について考えてみました2

2008年08月16日
さすがに、京都市内の道路はガラガラです。

この暑い中、皆さん何処にいかれてるのでしょう。人ごみ苦手なんで、これっぽっちも出かける気がしない、あらてつです。

前回の続きいきます。

しかも、これまたおかしいことに、介護職って、仕事するのに資格いらんのですわ。

この話をすると、え?て言われますが、ホンマです。

ヘルパーするには、ホームヘルパーの資格が要りますが、普通に介護施設で働くには、資格なんか要りません。「介護福祉士」「社会福祉士」なんて国家資格がありますが、現場で働くにはそんなもん要りません。

ですから、昨日まで全然違う職種で働いていても、今日から介護職員になれます。それこそ寿司を握ってようが、DJしてようが、株の売買してようが、失業して職に困れば、明日から「介護職員」になれるのです。

介護職員の給料の安さの理由について、巷間、いろいろ言われているので、あえてここでは書きません。

でもね、一番の理由は、「介護の仕事自体が、まともな職種として認められてない」からではないかと思います。

だってそうでしょう。医者や看護師になるには、初めに学校行って医学や看護について学び、国家資格を取った後、晴れて「医者」「看護士」になれます。これを業務独占資格といいまして、この資格を持っていないと、業務に携われません。

ところが、「介護福祉士」「社会福祉士」は、持ってなくても介護の仕事ができます。これらは名称独占資格といいまして、資格を持ってないと肩書きを名乗ったらあかんだけで、現場では仕事できるんですね。

しかもしかも、介護福祉士の資格って学校でも取れますが、現場で3年経験積めば、国家試験受けられるんですよ。

これって、どう考えたっておかしいです。

現場で経験積んで医者になるなんてありえませんし、看護士だってそうです。もし、そんなことになったら死人の山ができますよね。

なんでか?

命を預かる仕事として、身に着けなきゃならない専門知識と技術が必要だからで、だからこそ、学校で学んで国家資格取るわけです。

じゃあ、介護するには専門知識と技術は要らんのか?

そんなわけありません。介護もね、専門知識と技術がいるわけですよ。それなのに、「現場で3年経験積んだら国家試験受けられる」これって、「どーせ介護の仕事なんて、誰でもできる」と国が認めているようなもんですよね。

これでは、まともな待遇で人を雇えたって、無理な話です。

<つづく>
糖尿病 | コメント(0) | トラックバック(0)

あらてつの雑感・・・介護について考えてみました

2008年08月15日
盆休みなんですけど、職場のデスクの前に座ってます。

世の中の無常を感じる、あらてつです。

糖質制限食と全然関係ないのですが、無常を感じることがあったのでちょいと書きます。少し前、インドネシアの方々を、介護職、看護職として受け入れるってニュースでやってましたよね。いまさらなんですが、皆さん、ちょっとお付き合いください。

日本とインドネシアの間で結ばれた経済連携協定(EPA)で、インドネシア人の介護福祉士と看護師を、2年間で1000人受け入れることが決まりました。

介護職と看護職、「仕事がキツクて責任が重大だけど給料安い」仕事の代名詞です。となると、景気の悪いときには人が集まりますが、良くなるとどんどん離職していきます。早いはなし、両職種とも、全然人が足りてません。

これから高齢化社会を迎えるのに、このまま人手不足ではあかんし、外国から労働力を受け入れるんかいなと思ってましたら、インドネシア人介護職・看護職受け入れについて、日本のお役所は「人手不足解消のためではない」なんてコメントしとるんですわ。

ちゃんちゃらおかしい。

私は病院関係の仕事をしており、以前は介護施設で介護職員として働いていました。看護士も仕事内容と責任に見合った給料が出てるかといえば、ハッキリ言って安すぎると思うのですが、介護職の待遇ってさらにその上(下?)をいってまして、給料めちゃくちゃ安いんですよ。30代で、手取り20万ありません。

これって、私が働いていた施設だけじゃなく、日本全国、何処の施設も似たようなもんです。夜勤したりその他手当がついたりする施設もありますが、10万20万変わるわけじゃなく、だいたいこんなもんです。

給料だけじゃありません。他にも首をヒネルようなことが平気でまかり通るのが介護の世界です。

バブルが崩壊した後、多くの会社が倒産し失業者が多く出ました。その時「介護職なら安定してるやん」と、この世界に入る人がすごく増えました。私のいた職場でも、次から次へと「失業した」「会社が倒産した」方々が、続々入ってきました。

もともと人が足りない介護施設、これ幸いと雇います。安い賃金で。

だって、求人出せばどんどん応募があるし、切羽詰っている人ばっかりなんで、給料安くても文句言わんし、文句言っても次から次へと来るもんで、「イヤなら辞めれば?」と、なんぼでも入れ替えがききます。雇う側に取ったら笑いの止まらん話でしょう。

こうやって、人材をどんどん使い捨てていった訳なんですね。失業したから「介護職に就いた」、介護士になりたくて勉強して、資格取った人たちからみたら、なんやねんとか思うでしょうが、こんな人たちでも、介護の仕事を選ぶだけあって、熱心でまじめな方が多いです。

でも、結局は生活できんので、辞めていきます。

失業して介護職になった人たちだけじゃありません。学校で福祉・介護について学び、夢を持って仕事に就いた若い人たちも、生活できんで辞めていきます。離職率、20%越えてるんですよ。

<つづく>

糖尿病 | コメント(1) | トラックバック(0)

なんだかいろいろ考えてしまいました。

2008年08月12日
先日、新製品の試作が出来たので、依頼していたメーカーさんに取りに伺いました。

荷物積まなきゃならんので、車で出かけたのですが、ど~せ世間はBonnVacationの真っ只中やし、道路もすいてるやろーと思いきや、さにあらず。

京都市内やのに、えっらい混んでるやないですか。

8日だか9日から休みなのは、大企業だけ?

複雑な思いで運転していた、あらてつです。

新製品とは関係ないのですが、街のクマさんからコメントいただきましたのでご紹介させて頂きます。

『今晩は。糖質摂取の良し悪しは難しいものですね。
人口大国のインドの現在の平均寿命は63歳だそうです。医療制度の不備が理由かもしれませんが、糖質中心で蛋白質が少ない食事も寿命が短い理由である可能性があります。
蛋白質の摂取が少ないというその分、糖質をとることにより寿命の短さを、固体数の多さで本能的に補っているノかも知れませんね。
種族の個体の生存年数延長と、個体数の維持増大と何れが種族にとって大切なのでしょうか。難しい問題ですよね。

話は変わるのですが、チャパティーを多く摂取するためのインドのカレーは、塩分と糖質(玉葱、野菜、チャツネ由来)が多いらしく、ソース100gあたり、糖質が20gを超えるものが結構多いようです。主食抜きでも注意が必要かもしれません。

国産のルーもさることながら、本格インドカレーのルーも気をつけたほうが良いのでしょうね。
2008/08/12(Tue) 01:23 | URL | 街のクマ #-[ 編集]』


が~ん!

ショックです。本格インドカレーも、けっこうな糖質量じゃないですか…。うかつでした。

う~ん、カレー食べたいなら、スープカレーを自分で作るのが一番なんですね~。

街のクマさん、ありがとうございます。

で、そのインドなんですが、貧富の差が激しく、豊かな人達は食事も医療もふんだんに受けられますが、貧困に苦しんでいる方々は、ろくな医療を受けられません。ましてや、日々の食事も満足に食べられないですし、その内容も、一番安価で手に入る炭水化物(糖質)なんですね。

糖尿病や合併症で亡くなる方も激増してますし、昨年、糖尿病のために使われた医療関連費用は、GDPの2.1%にものぼるそうです。

もちろんこの金額は、ちゃんと医療を受けられる立場にある方々に使われたお金で、受けられない人達を救済しようと思ったら、これどころじゃないお金がかかると思います。

現在、インド以外の発展途上国(この言い方嫌いなんですが…。)で糖尿病が激増してます。その理由はインドと同じで、炭水化物が一番安く手に入る食べ物で、貧困の為、これしか食べられないからなんですね。

だからなんだと言われれば、それまでなんですが、頂いたコメントを読んで、なんだかいろいろ考えてしまいました。

あ、本題とずいぶんずれましたね。街のクマさん、ごめんなさいです。

糖尿病 | コメント(3) | トラックバック(0)

人類の進化と糖質制限食

2008年08月11日
早いとこは、先週の土曜から盆休みらしいです。

京都高雄倶楽部も、13日から17日までお休みをいただきますが、な~んも予定のない、あらてつです。

今回は、ようやく「人間は炭水化物を食べるようにできているのか。」の考察です♪

人類が地球上に誕生したのが、約400万年前と言われてます。人類の400万年の歴史の中で、農耕が始まって、麦やらコメやら糖質を多く含む穀物を作るようになったのが約4~5千年前。

それまでは、木の実やら野草やら動物やら昆虫、そして野生に生える少量の果物、要するに糖質のないもの、若しくはあっても大量には食べられてなかったわけですよね。

つまり、400万-約4千年で、人類は339万6千年間、穀物などの糖質の多い食料を常食していませんでした。ちなみに、日本で農耕が始まったのは弥生時代らしいですから、日本では大体2500年しか穀物を食べてないことになります。ここ重要なんで覚えてくださいね。

それに加えて、コメやら麦やら栽培したとして、その当時、果たしてどれだけの人間がそれを食べられていたのか、疑問じゃないですか?

コメやら麦やらそんなええもん食べられたのは、支配階級だけやったと思うんですが…。

それなのに、

「日本人は、歴史的に炭水化物中心の食生活を送ってきた。だから脂質を食べるようには出来ていない。」

とか、

「日本人は農耕民族だから、穀物を食べるように体ができている。」

ってのは、リクツとして成立たんのでは?だって、食べてこなかった歴史の方が、どう見たって長いですから。

人類の進化のスピードから考えたって、「日本人の体は穀物を食べるようにできている」っておかしいと思いませんか?

人間の体って、弥生時代の前期や、同時期の秦の始皇帝の時代から比べても、機能的になにも変わってないですよね。

「日本人は歴史的に農耕民族であり、穀物を中心に食べるように体が進化してきた」のが本当ならば、農耕が始まってから2500年の間に、糖質を摂取することに対して、何らかの進化があって適応してないとおかしいですし、糖質の過剰摂取による糖尿病なんてありえませんよね。

ところが、現実に疾患として糖尿病は存在しますし、患者さんの数も増えています。糖尿病患者の増加数をみると、爆発的な数になっています。2002年に1620万人だった糖尿患者及び予備群が、2006年には1870万人、たった4年で250万人も増加しています。

この数字を見れば明らかですが、人類は、糖質を食べることに対する「進化」も「適応」もしておりません。「進化」してたら250万人もの方が、新たに糖尿患者及び予備群になってないはずです。

増加速度を考えると、この先「糖質を一杯食べても糖尿病にならない」ように進化するとは、到底思えません。

「日本人は農耕民族で、歴史的に米を食べてきたから、そういう体になっている。だから炭水化物を食べなきゃダメ。」

339万7千5百年間糖質を食べてきてないのが、2500年で変わるわけなかろーに。

一見、もっともそうですが、ちょいと突っ込めば、全然デタラメな論理なのが良く分かりますね。


糖尿病 | コメント(1) | トラックバック(0)

嗚呼、カロリー制限食

2008年08月08日
テレビのニュースや新聞などにしょっちゅう出てくる、「長引く不況の影響で企業の倒産がうんぬん…」「不況に追い討ちをかける原油価格の高騰がどうたら…」

これを聞いて「あれ?いつの間に戦後最大の景気拡大は終わったの?」なんていつも疑問に思ってました。しきりにゆってましたよね、「いざなぎ景気」を越える好景気だと。私は、ニュース聞き逃したか、新聞読み損ねたかなー、おっかしいなーなんて考えてたわけです。

とーころーがー、ですわ。

一昨日から昨日にかけて「2002年2月に始まった戦後最長の景気拡大は退局面既にある。」なんてのがテレビや新聞紙上をにぎわしてます。「戦後最長の景気拡大は今年3月までに終わった可能性が高い。」と。

またんかい。

ゆうてることがちゃうやんけ。「長引く不況」やなかったんか?景気悪いて、去年もゆうとったやんけ。景気拡大が今年の3月に終わっとったんやったら、いつから「不況」やったんや?

政府もええかげんなら、マスコミもええかげん。この先どうなるのでしょうね。いっそ、自給自足の生活でもしようかと考えてる、あらてつです。

怒り収まらぬまま、今日の話題にいきましょう。

カロリー制限と脂肪摂取のお話です。

カロリー制限で糖尿尿病の血糖コントロールがうまくいかないのは、もはやこのブログに来られている皆さんは、重々ご承知ですよね。

と、いいますか、カロリー制限糖尿病治療で良くならなかったから、江部康二先生や私のブログに辿り着かれたのだと思います。だって良くなってたら、わざわざ他の治療法探さないですもんね。

何度も書いてますが、「カロリー」は、熱量を表す「単位」であって、血糖値を上昇させる「物質」ではありませんし、ましてや「栄養」でもありません。

それなのに、なんで「カロリー」制限して血糖値が下るんでせうか?なんで「カロリー」制限した食事が糖尿病に良いの?

フツーに考えたら、「単位」が血糖値上げるわけないでしょう。「単位」で血糖値上がるなら、「cm」でも「c㎡」でも血糖値上がらんとおかしいですよね。

「カロリー」で血糖値上がるとか下るって、「今日はお昼にステーキ5cm食べたし血糖値上がっちゃった。」とか、「ケーキ3c㎡なら1日の制限範囲内だから、食べても大丈夫」ってゆうてんのと一緒やと私は思うんですけどね。

皆さん、そう思いません?

血糖値を上昇させるのは、基本的に摂取した栄養素であり、その中でも急峻に血糖値を上昇させて、糖尿病に悪影響を与えるのが「糖質」なのは、これまた皆さん、よっくご存知ですよね。

嗚呼、それなのにそれなのに…。

糖尿病治療は、カロリー制限とバランスの良い食事が大切」「カロリー制限した糖尿病の方向けの食事です」なんてのにだまされないようにしましょうね~。

糖尿病 | コメント(0) | トラックバック(0)

体重が減らない…。

2008年08月07日
仕事を休む。用事があるから休むわけで、どっか出かけてたりしてるわけですよ。

そんなときに仕事の電話してこられても、よっぽど緊急の要件ならまだしも、いや、緊急の要件でも、どないもこないもできないですよね。

朝から不機嫌全開のあらてつです。

カロリー制限と脂肪摂取の話の前に、ちびまるこさんからコメントいただいたので、ご紹介しましょうね。

『最近は数値はどれをとっても主治医に素晴らしいと感激される数値になってはいるのですが、やはり体重が減りません・・・
なんとなく自分で原因はあれだとわかってはいるのですが・・・それはピーナツです、とまらないんです。あの歯ごたえが食べたあーという感じでカロリーが高いのになと思いつつ買ってしまいます。あとは最近すごく出回っている缶チューハイです、私は糖質ゼロの発泡酒よりジュースのような缶チューハイを飲んでいるのであの甘味料では血糖値も危ないかもと思いながらこの暑さには勝てず、カーブスという女性専用の有酸素運動のスポーツジムに通っているのですが帰ってくると缶チューハイをのんで一日の終わりに自分にお疲れ様と言いながら夕食の準備にとりかかるという毎日になっています。

去年の12月からスーパー糖質制限食をやってきましたが完全に停滞しています、ジムのトレーナーもあまりあせることはないですと言ってくれるのですがやはり今度は少しカロリーも考えなくてはと思っています。でも以前一度拒食症になったことがあるのでその時の痩せたい気持ちがよみがえって少し怖いです。私は146センチ、10キロ減って48キロなんですが身長が低いので今年中には45キロにしたいのですがなかなか思い通りにはいきませんねえ。

あっ、チーズケーキ注文しなくては。アイスクリームも開発お願いします。
2008/08/06(Wed) 12:12 | URL | ちびまるこ #-[ 編集]』


いつもコメントありがとうございます&数値の改善おめでとうございます。

で、「ピーナツ」ですね。コヤツにかぎらず、ナッツのたぐいは魔物です(笑)

ヤツラは、人の弱みやココロの隙間に忍び込んで、誘惑してきます。そして手に取ったが最後、気がついたら一袋全部食べていた夏の午後…、なんて状況になってしまいますよね。

確か、バーンスタイン博士の「バーンスタイン医師の糖尿病の解決」太田喜義訳(メディカルトリビューン)にも、「ナッツを10gで我慢できる人はいないので、食べちゃダメ。」なんて書いてあったと思います。

でも、ナッツって美味しいですよね~。私はアーモンドが好きなんですが、買うと全部食べてしまうので、買わないことにしてます(笑)

あ、これじゃ何の解決にもならんですね。

缶チューハイは、糖類ゼロを飲まれてるのでしょうか?血糖検査したわけでないので、断言は出来ませんが、糖質ゼロのコーラと使われている甘味料がほぼ同じなので、血糖値に影響はないとおもいますよ。「糖質ゼロコーラは、血糖値上がりません」と、ブログ読者の方からもご報告いただいております。

んで、ここからが肝心なのですが、ちびまるこさん、146センチで48キロですよね。しかも10キロ減らされた訳ですし、こんなもんでいいのでは?と個人的には思います。

私、ダイエットの指導なんかもさせてもらってますが、往々にして、女性の方は体重気にしすぎです。1キロ2キロなんて、汗かいたり、水飲んだり、食事したり、トイレ行ったりしたら、すぐに変化します。要するに、日内変動の範囲なんですね。それなのに、500g単位で気にされる方が、あまりに多いです。

暑いときなんか、500mlのペットボトルなんて、ぐびぐびっと飲んじゃいますよね。そしたら500gなんて、飲んだ分そのまま体重増えますよ~。

確かに、太りすぎはいろんな疾患のもとになりますが、逆に痩せすぎても問題ありますよ。「痩せてるほうがキレイ」なんて現代の風潮は、はっきり行っておかしいと思います。

適正体重なんてその方その方によって違いますし、体重制限のあるスポーツならまだしも、体調崩すまで、無理してダイエットすることはないと思います。

こういうこと言いますと、「事情もわからんくせに」とか「人の気も知らんで」とか反論されるんですが、まずは、健康で日々過ごすことが第一だと思うんです。

江部康二先生仰います、「美味しく楽しく」ですよね。

というわけなんで、ちびまるこさん、あまり無理なさらないようにしてくださいね。

ローカーボチーズケーキのご注文、お待ちしております♪

糖尿病 | コメント(10) | トラックバック(0)

カロリー制限と脂肪の摂取と糖質制限食

2008年08月05日
世間様は、オリンピックでなんだか大騒ぎしていますが、私個人としては、ぜ~んぜん興味ありません。

それより、誘致活動の時に、IOCの方たちが現地に訪れた際、芝生が枯れているからといって、ペンキ撒くような国が選ばれたのが不思議で仕方ない、あらてつです。

で、前回、便秘の話を書きましたら、街のクマさんからコメント頂いたので、ご紹介させていただきます。

『 便秘
便秘には飲み水にニガリを2~7滴入れるといいようですよ。量が多いとお腹がゆるくなるので、少しずつ増やしてください。
それに適度な摂取は糖尿にも良いと聞いたことがあります。
2008/08/01(Fri) 13:36 | URL | 街のクマ #-[ 編集]』


いつもコメントありがとうございます。お返事遅くなって申し訳ございません。
江部康二先生のお兄様である、高雄病院院長、江部洋一郎先生に、「焼酎ににがりを2,3滴入れて飲んだらうまくなるよ。」なんて言われたのですが、街のクマさん仰いますように、便通がよくなるそうなので、お腹の弱い私は、怖くて試せませんでした…。

ちなみに、「南禅寺豆腐」服部食品さんは、豆腐を作るときに、天然のニガリを使ってらっしゃいます。天然のニガリは、ミネラル分を多く含み、とても体にいいそうです。

お腹下さないていどに摂取して、便秘解消&ミネラルの補給なんていいのではないでしょうか。

街のクマさん、ありがとうございました。

で、7月25日のブログに、カロリー制限について書きましょうなんていっておきながら、話がだいぶそれました。ちょうど、雑誌で糖尿病のことを読んだので、そのあたりも含めて書いていきますね。

先日も、某雑誌に糖尿病専門医の方のインタビューが掲載されておりまして、「日本人は、カロリーの摂りすぎです。とりわけ脂質の取りすぎです。歴史的に見て、日本人は脂質を食べてきませんでした。脂質の摂取は、歴史的に見て日本人に合いません。脂質の摂取が糖尿病の増加原因です。」見たいな事をゆうておられました。

この方、日本糖尿病学会のえらいさんだったと思います。

江部康二先生、私のブログに来てくださっている皆さんは、これってヘンだとすぐにわかりますよね~。

次回から、どうヘンなのか、考察していきましょう。



糖尿病 | コメント(6) | トラックバック(0)

糖質制限食と便秘について

2008年08月01日
橋本知事が伊丹空港を廃止するとテレビで言ってました。

今のままの関西三空港(伊丹、関空、神戸)体制だと、関西の活性化につながらないからだそうです。

関空建設当時、作っても絶対赤字になるとの反対意見を押し切って作られたの、皆さん覚えておられます?

いわんや、神戸空港なんか、赤字になるーゆうてんのに滅茶苦茶な利用見込みを立てて、建設押し通したでしょ。

で、結果このザマです。

利用者不在の土建屋政治はええかげんにせえよと、怒り心頭のあらてつです。

話し変わって、先日の続きで、「糖質制限食と便秘」のお話です。

私も糖質制限食を始めた当初は、便秘しました。普段は、どちらかといえばお腹弱い方なので、下痢はしても便秘なんてしたことなかったんですが、生まれて始めて便秘を経験しましたね。

便秘に苦しむ世の女性の方々には失礼ですが、嬉し恥ずかし便秘初体験に感動していたわけですが、中には糖質制限食を始めて、下痢が続くけど大丈夫ですかと電話かけてこられる方もおられます。

ところが、便秘も下痢も、だんだんと落ち着いてきます。ナゼだか不思議なんですが、これって腸内細菌のせいなんだそうです。

現代の食生活だと、乳離れした瞬間から炭水化物(糖質)にどっぷり浸かってしまうわけですよね。そうすると、成人して糖質制限食を始めるまでの何十年、その炭水化物中心の食生活に適した腸内環境が保たれるわけです。

糖質制限食を始めると、それまでの炭水化物(糖質)中心の食生活から、タンパク質・脂質中心の食生活に一気に変わります。ところが、腸内細菌は急に変わりませんから、下痢したり便秘したりしてしまうそうなんです。

糖質制限食を続けていくと、徐々に炭水化物(糖質)に適応した腸内細菌から、タンパク質・脂質に適応した腸内細菌に変わっていって、お腹の状態も安定していきます。その期間は人によっていろいろですが、1ヶ月から3ヶ月もすれば、ほとんどの方が落ち着きますね。

肝心の便秘対処法ですが、私は、水菜を毎日ムシャムシャ食べてました。

水菜100gには、3.6gの繊維質が含まれているそうで、これは、レタスやセロリより全然多いです。

生でサラダにしても美味しいのですが、さすがに量が食べられないので、さっと湯がいて食べてましたね~。

市販のドレッシングは糖質が多いので、醤油にお酢とスダチやレモンを搾ったものを混ぜて、なんちゃってドレッシングを作ってかけて食べてましたよ。

あと、唐辛子も、以外や以外、食物繊維が多いんですね。100g中約46gが食物繊維らしいです。さすがに唐辛子は、こればっかりボリボリ食べるなんて出来ませんので、いろんなものにかけて食べるようにしました。

唐辛子の場合、食物繊維というよりも、辛さが腸を刺激するのか、便通が良くなりました。

後は、やっぱり野菜をいっぱい食べることですかね~。葉っぱものの野菜、レタスとかサラダ菜とか青梗菜とかほうれん草とかも良く食べましたよ。

レタスやサラダ菜は生のままで、青梗菜は炒め物に、ほうれん草は、これもさっと湯がいて、冷水にさらして水気を絞り、適当な長さに切って、胡麻と胡麻油と醤油少々であえて、ナムルにして食べてましたね~。

こんな感じで野菜を意識して食べたら、便秘は解消されました。

すかんぴんさんも、一度試して見て下さいね。

糖尿病 | コメント(5) | トラックバック(0)
 | HOME |