06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

糖質制限食で体重が減らない!

2008年07月31日
最近、全然ブログの更新ができてませんね。

今日も、朝からバタバタしていて、気がついたらこんな時間でした。

ヒグラシの声を聞きながら、ため息まじりのあらてつです。

こないだ、体重が落ちない話を書きましたら、すかんぴんさんからも、コメントいただいたのでご紹介させていただきます。

『た・体重が・・・。

糖質制限(一部、ごまかしてますが)実行中のすかんぴんであります。
先日、かかりつけの医者で検査をしたところ、夕方(昼食後 5時間)の血糖値が92でした。7月上旬のHbA1cが4.8と別人のような数値でした。

で、順調に糖質制限食(昼のみ軽く常食)をつづけており、なおかつ、ごはん食べたい欲を感じなくなってきたのですが、ここへ来て重大事が発覚しました。ぬゎんと、体重が増えているのです。多少、食べ過ぎかな、と思うことはありますが、食事開始時に大量に野菜を食べることもあって、それほど食べているわけでもないのに・・。あと、野菜を食べている割にはきつい便秘状態で、でているけど、何でこんなに少ないの?という感じです。

何ででしょうね????? 折角のチーズケーキもこの体重では注文することもままなりません・・・。』


すかんぴんさん、コメントありがとうございます。

糖質制限食では、糖質を食べないので脂肪が燃焼して痩せますよ~ってのは、今まで何度もかいてきたので、皆さんすっかりご存知かと思います。

ところが、中には「ちゃんと糖質制限食やってるのに痩せへんやんけ!」と仰る方がおられます。

その原因をパターン別に見てみますと、

1、糖質食べてないといいつつ、実はけっこう食べてる
2、食べた分、しっかり蓄えられる、倹約遺伝子の持ち主
3、糖質制限食だけど、食べる量がハンパではない

ってのが多いですね。

すかんぴんさんの場合、血糖値HbA1cも見事に改善されておられるので、きっちり糖質制限食できてらっしゃると思います。ですから、1ではないですね。

すると当てはまるのは、2の倹約遺伝子の持ち主か、3の食べる量が多いか、はたまたその両方となりますね。

いずれにせよ、いくら脂肪が燃焼するといっても、消費カロリー以上に食べるとその分蓄積されてしまいます。ましてや、脂質は1gあたり9kcalと、糖質の1gあたり4kcalの倍以上ありますから、やはり食べすぎるとカロリーオーバーになりやすいです。

ですから、一度、糖質制限食にプラスして、若干のカロリー調整をされてみてはいかがでしょう?それに、時間があれば運動を加えると、体重も血糖値と同じく減少していくと思うのですが…。

次回は、糖質制限食と便秘編です。

糖尿病 | コメント(6) | トラックバック(0)

おかげさまで、ローカーボチーズケーキPure、好評です♪

2008年07月29日
pure_rea_200px.jpg

少し前、原油価格が下がったとニュースでやってましたが、来月から、ガソリンがまた値上げだそうです。

空前の原油価格及び穀物価格の高騰で、石油メジャーやらアメリカの大手穀物商社は、大儲けらしいです。

いくら販売価格が高くても、仕入れ値が高ければそんなに儲かりませんよね。なんだか釈然としないあらてつです。

話は変わりますが、先日、新発売となりまして、当ブログでもご紹介させていただきました“ローカーボチーズケーキPure”、お蔭さまでご好評をいただいております。お買い上げくださいました皆さん、本当にありがとうございます。

で、おなじみまるさんから、うれしいコメント頂戴したので、ご紹介させていただきますね。

『おいしすぎる!!

解凍が待ちきれずに半解凍状態で
一口ぱくり!
うっ、うっ、うまぁ~~~~~い!!
なんだこれっ?
と、あまりのおいしさに
半解凍が正解でした。
うまい!うまい!うまぁ~い!
正直これほどうまいとは思っていませんでした。

できたら、箱なんてもっと簡単なものにして、
普通のホールケーキの大きさのものも
売って欲しい。』


まるさん、「ローカーボチーズケーキPure」のお買い上げ、誠にありがとうございます。また、嬉しすぎるコメント頂戴致しまして、販売してよかった~と、しみじみ感じております、はい。

前回も書きましたが、この「ローカーボチーズケーキPure」、「菓子職人」稲井シェフが試作に試作を繰り返して作ってくださいました力作です。

試作第一号から比べると、形も変わってますし、味なんかとんでもなく美味しくなっております。砂糖やら小麦粉やら使ったチーズケーキと、遜色ない美味しさです。砂糖・小麦粉使ってないって言われずに食べたら、絶対にわかりません。

しかもしかも、ただ砂糖を使ってないだけでなく、原材料にも徹底的にこだわってますから、史上空前のローカーボとなっております。

そのローカーボっぷりは、江部康二先生による血糖検査で実証!

空腹時   7:20  血糖値: 97mg 
食後1時間、8:20 血糖値:104mg
食後2時間、9:20 血糖値:95mg

カロリー制限の糖尿病食よりあがりません(笑)

上の写真は、私、あらてつお気に入りの“レアチーズケーキ”ですが、“ベイクドチーズケーキ”も女性の皆さんの人気を集めております。

こちらですね。
pure_bacd_200px.jpg

どちらも、小麦粉、コーンスターチなど、血糖値を上げてしまう材料は使っておりません。なので、とてもとろけやすいので、冷蔵庫で解凍の上、解凍後はお早めにお召し上がり下さいね。

ご注文いただいてから、「菓子職人」さんで製造して発送となりますので、当社からお送りする商品より少しお時間いただきますが、作りたての新鮮ぴちぴちを味わっていただけますので、そこらへんはご勘弁下さいませ。

ではでは、皆様のご注文、心よりお待ちしております。

<ご注文先です>
糖質制限ドットコム

糖尿病 | コメント(9) | トラックバック(0)

ダイエットと停滞期

2008年07月28日
「暑い暑い」と口にしてはいますが、私は暑いの全然平気で、連日の体温越えの猛暑でも食欲も落ちずにいい感じなのですが、周囲では、体調を崩す人がけっこういます。

先日も、友人に連絡したら、「暑さで寝込んでる」との返事が…。

まだまだ夏はこれからなのにと思いつつ、ブログに来てくださる皆さん、体調管理には、くれぐれもお気をつけくださいね。あらてつです。

さて、カロリー制限の弊害について書こうと思ってましたが、はなうたこさんからご質問頂いたので、ご紹介させていただきます♪

『こんばんは。

またまた、初心者っぽい質問してもいいですか?

最近、長過ぎる停滞期で(涙)
ダイエットしていると停滞期って必ず経験するのでしょうか???
体にとっては必要な事なんでしょうか???

いつもこの期間に挫けてリバウンド、リバウンド、増量、増量です。

乗り越える秘訣など有れば教えて下さい!!

宜しくお願いします!!
2008/07/27(Sun) 00:32 | URL | はなうたこ #0VjAYkvw[ 編集]』


はなうたこさん、いつもコメントありがとうございます。

ダイエット時の停滞期ですが、これは、必ずと言っていいほど訪れます。

何かの疾患で体重が減少する場合を除いて、ダイエットの場合は、直線的に体重が落ちるのではなく、階段状に落ちていきます。

人間の体には、ホメオスタシス(恒常性)というものがありまして、常に同じ状態を保とうとする機能があるからです。

例えば、糖質制限食を実践すると、何故代謝が安定するかと申しますと、人体にとって不自然な血糖値の急激な上昇及び下降、いわゆるグルコーススパイクが起こらないからなのですね。

要するに、体にとって血糖値が上がったり下がったりとか、体重が急に増えたり減ったりといった状況は、好ましくないんです。

ダイエットなどで体重を減らそうとしますと、体は急激な変化が起こったととらえて、それまで長年慣れ親しんだ体重を、保とう保とうと必死に抵抗します。

ダイエット初期は、けっこう調子よく体重が落ちていくんですが、しばらくすると、同じように続けているにも関らず、体重が落ちないのはこの所為なんですね。

この停滞期を乗り越える秘訣は、

『努力と根性』です(笑)

などと言ってしまえば、身もふたもないので、私の経験から言わせていただきますと、まずは焦らないことですね。

江部康二先生が、よくアレルギー疾患で診察にこられる患者様に、「10年かけて悪くなったものは、10年かけて治すつもりでいないと。」と仰います。

いろんな意味で、まさしく名言だと思うのですが、これってダイエットにもあてはまると思うんですね。

それなりの時間を経て増えた体重は、急激には減りません。焦らず、じっくりと落としていきましょう。

あと、一口でも口にしたものは、全部書き出すのも効果的です。食べてないのに体重が減らないと仰る方、特に女性は、書き出してもらうとけっこう食べてます。

それと、最終的には体を動かすことですね。

週末だけに気合入れて運動するよりも、毎日、少しずつでも動く方が効果あります。

ただ、毎日運動するといっても、なかなか時間が取れない方も多いと思います。

そんな方は、車、自転車、バイクに乗ることを減らして、歩くことを増やすとか、外に出たらエスカレーター、エレベーターを使わずに階段を使うとか、電車に乗ったら座らないとか、ちょっとしたことからでも取り組まれてみたらどうでしょうか。

それでもダメなら、sジムさんこと鈴木会長京都西院ボクシングジムをたずねてください。それこそ、“ダイエットのプロ”が勢ぞろいしておりますので。

糖尿病 | コメント(2) | トラックバック(0)

暑さを乗り切る糖質制限なお酒

2008年07月25日
連日、体温越えの猛暑を記録してる京都ですが、皆さんのお住まいの地域はいかがでしょうか。

西陽が直撃する部屋の温度が、50度超えるまではエアコンはつけないと心に誓いました。

だがしかし、日が沈んで夜になったらなったで、ご近所のエアコン室外機の熱気が襲ってくるのは、いかがなものかと…。

地球温暖化の原因を、肌で感じるあらてつです。

そんな猛暑の中、江部康二先生、先日のブログに、「ビールがガブガブ飲めない私達糖尿人にとって、糖質ゼロ発泡酒は天の助けですね。ヽ(*`▽´)ノ」と書いておられましたが、まさしく

「そのと~り!(財津一郎風に)」

私、もともとそんなにビール飲まないんですが、流石にこれだけ暑くて汗かきますと、仕事終わって家に着いたら、「泡盛ぐびぐび」ではなくて、まずは冷たいビールを「ぐびぐび」っといきたくなります。

そんな中、各メーカーさんから糖質0発泡酒が出ているのは、ヒッジョ~に嬉しいです。毎日、帰りに近所の酒屋さん寄って、日替わりで1本買って小さな喜びを感じております、はい。

で、江部康二先生なんですが、猛暑の京都を離れて、土曜日から信州八ヶ岳の富士見高原まで、毎年恒例の「肝臓強化合宿」に出向かれます。

「信州八ヶ岳富士見高原」

聞いただけで体感温度が10度ほど下がりそうな予感がします。来年こそは、一緒に連れて行っていただけると信じております。

で、お酒の話が出たついでじゃないいですけど、昨日も電話で糖質制限食とお酒についてご質問いただいたので、そのあたりをちらっと書きますね。

日本で一般的な「カロリー制限による糖尿病治療」では、診察に行って糖尿病と診断されますと、カロリー制限の食事療法に、もれなく禁酒が付いて来ます。

昨日お電話いただいた方も無類のお酒好きで、友人から江部康二先生の本に「糖尿病でも酒を飲んでもいい」と書いてあると聞いて、即、電話してこられたそうです。

酒を飲めない・飲まない方、好きではない方には、ここら辺はどうでもよい話なんですが、お酒が好きでたまらん方には、やはりこの『禁酒』の二文字は辛いみたいですね。

で、お酒が好きでやめられない、でも医者からカロリー制限と禁酒を言い渡された。けど、カロリーだけ気つけたらええんやろ?それやったらカロリー制限の範囲やったら飲んでもええんちゃうの?と仰ってました。

う~ん。

ここでも出ました、カロリー制限の弊害、「カロリー制限の範囲やったらナニ食うてもええやんけ」

カロリー制限の件につきましては、次回のブログに書くと致しまして、まずはお酒の話なんですけど、糖質制限食では、蒸留酒でしたら、飲酒はOKとなっております。

た~だ~し~、

適量を守って、脂肪肝や肝硬変になるまで飲んじゃいけないのはもちろん、禁酒の理由が糖尿病だけじゃなくて、その他の疾患が関わってる場合もあるので、そのあたりは、掛かりつけのお医者さんのゆうことをちゃんと聞いてくださいね。

上記の点を踏まえたうえで、焼酎、泡盛、ウィスキー、ジン、ラム、ウォッカ、ブランデーなどの蒸留酒でしたら、血糖値を上げてしまう糖質が含まれてないので、飲酒OKなんですね。

でも、ビール、日本酒、ワインなどの醸造酒は、糖質量が多いので糖質制限食的には飲んじゃダメなお酒です。ただ、醸造酒の中でも、赤ワインは血糖値が上がりにくいので、適量ならOKです。

ビール大好きな方には、辛い話なんですが、最初の方に書きましたように、最近は、糖質0の発泡酒が各ビールメーカーから出揃い、これ以外にも糖質0のチューハイとか、糖質オフ日本酒とか、いろいろ出てきておりますので、嬉しい限りではないでしょうか。

これからまだまだ暑くなりそうです。これらの「糖質0」をうまく活用(?)して、暑い夏を乗り越えましょうね~。

あ、くれぐれも飲みすぎはダメですよ、飲みすぎは。

糖尿病 | コメント(3) | トラックバック(0)

ついに登場!ローカーボチーズケーキ「Pure」販売開始です!

2008年07月23日
皆さん、大変長らくお待たせ致しました。

私の大好きなケーキ屋さん、「京NAGOMIおからフィナンシェ」「おからほろほろクッキー」ですっかりおなじみの、京都西院「菓子職人」の稲井啓一朗シェフが、低糖質スイーツシリーズの第三弾を開発してくださいました。

その名も、「ローカーボチーズケーキPure(ピュア)」です。

北海道産クリームチーズをふんだんに使い、生クーリムでなめらかな舌触りと、濃厚な味と香りに仕上げた「レアチーズケーキ」と、これまた北海道産クリームチーズに発酵バターを合わせ、口に含めば溶けるように崩れて、芳醇な味わいがひろがる「ベイクドチーズケーキ」の2タイプをご用意。

気になる糖質量ですが、エリスリトールを除きますと、レアチーズが1個あたり1.08g、ベイクドチーズケーキが1個あたり1.55gと、史上かつてないくらい低い数値になっております。

まいどおなじみ、江部康二先生による人体実験でも、レアチーズケーキ1個摂取で、
空腹時   7:20  血糖値: 97mg 
食後1時間、8:20 血糖値:104mg
食後2時間、9:20 血糖値:95mg

と驚きの結果と相成りました。

しかもしかも、低糖質でマズイもんなら誰にだって作れますが、そこはさすが稲井シェフです。試作に試作を繰り返され、砂糖を使ったチーズケーキと遜色ない、いや、それを超越したチーズケーキに仕上げて下さいました。

是非、アナタの舌でとろける食感と芳醇な味と香りを確かめてくださいね~。

糖尿病 | コメント(7) | トラックバック(0)

炭水化物とショ糖ってナニ?

2008年07月22日
三連休だった方もそうでなかった方も、猛暑が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

一昨日の京都は、この夏、日本で二番目の最高気温だったそうで、先日も体温越えのうだるような暑さでした。

私の部屋、西に向かって大きな窓がありまして、西陽がまともにあたります。

基本的にクーラーが苦手なものでして、40度を突破した部屋で汗をダラダラかきながら連休を過ごしておりました。

それでも冬より夏が好きな、あらてつです。

ではでは、前回のまるさんのご質問の続きにいきますね。

『・・・ラカントSでは
炭水化物99.5g ショ糖0gという表示。
え~?炭水化物って糖類じゃないの?
ショ糖0gってなにさ?
わけがわかりません?????

2008/07/15(Tue) 22:20 | URL | まる #-[ 編集]』


ラカントSの炭水化物の表記、よくご質問いただきます。

「江部康二先生の本には食べていいって書いてあったけど、炭水化物って食べちゃダメなんでしょう?ラカントには炭水化物って書いてあるじゃないですか~!」

ってな具合です。

ここでおさらい。炭水化物とは、「食物繊維+糖質」のことでして、糖質そのものを指す言葉ではないんですね。

よく、「糖質=炭水化物」と表記してある本やらサイト見かけますが、厳密にいうと違います。

ラカントSの主成分であるエリスリトールは、これまた厳密に言うと糖質に分類されるそうです。ですが、日本の食品表示では、「糖質=炭水化物」で表記してもいいので、サラヤさんでは、分かりやすく「炭水化物」と書かれているのではないかと思います。

ですから、「炭水化物=糖類」ではありませんし、ラカントSの主成分のエリスリトールは、血糖値に全く影響を与えない天然甘味料なので、皆さん、安心して食べてくださいね。

では、ショ糖にいきましょう。

ここでも大きな誤解がありまして、「ショ糖砂糖」と書いてあるものがやたらと多いです。

ショ糖」とは、ブドウ糖と果糖が合わさってできたもので、主にサトウキビから作られますが、「ショ糖」そのものが「砂糖」ではないんです。

サトウキビから作ったショ糖に、「転化糖」を加えて製品化したものが、いわゆる「砂糖」なんですね。(ちなみに転化糖とは、ショ糖を分解してつくるそうですが、どうやってるのかは、いまいちよくわかりません・・・。)

ショ糖は、砂糖の主成分ですが、サトウキビ以外の野菜や果物にも含まれております。野菜やら豆の甘みは、含まれているショ糖によるものらしいです。要するに、自然界に存在する天然甘味料といったところでしょうか。

「ショ糖」は、砂糖の主成分だけ合って、血糖値を見事に上げてしまいます。ラカントSには、この「ショ糖」が含まれていないので、「ショ糖0g」という表示になっているのでしょう。

糖尿病 | コメント(0) | トラックバック(0)

糖質と糖類の違いってナニ?

2008年07月18日
昨日は、祇園祭りのクライマックス、山鉾巡行でした。

だからというわけでもないのですが、仕事帰りにいつもの魚屋さんに寄って、鱧を買って帰って食べました。

たぶん、京都の方以外は、なんのこっちゃわからんでしょうね。あらてつです。

え~、その昨日と一昨日ですが、ずっとバタバタしていて更新できませんでした。来てくれた皆さん、また、コメントくださった皆さんゴメンナサイです。

で、コメントくださった中に、まるさんからご質問が来てましたので、お答えしますね~。

『メガステーキはステーキ専門店のもので、500グラムがいま、キャンペーン中にて1350円!
ランチでは満腹食べ放題 ¥1,500 (60分一本勝負)
ステーキ&ハンバーグの盛合せプレートの食べ放題!時間内、何枚食べてもポッキリ¥1,500。
http://www.nomura-shop.com/restaurant/texas.html

ところで、砂糖カロリーゼロのパルスイート。これ、糖類もゼロなんですが、
糖質は大匙1に対して、1.5グラムあるんです。
糖類と糖質の違いってなに?
糖類ゼロのお酒とかも実は糖質いっぱいあるのかな?(^^;;;
2008/07/15(Tue) 22:12 | URL | まる #-[ 編集]

・・・ラカントSでは
炭水化物99.5g ショ糖0gという表示。
え~?炭水化物って糖類じゃないの?
ショ糖0gってなにさ?
わけがわかりません?????

2008/07/15(Tue) 22:20 | URL | まる #-[ 編集]』


まるさん、メガステーキ情報ありがとうございます。

でも、このお店東京ですね…。

次に東京に出張の際は、行ってみたいんですけど、その頃にはキャンペーンやってなさそうな気が…。

さて、糖類と糖質の違いですが、簡単に言いますと、糖アルコール以外の単糖類や二糖類を糖類、炭水化物から食物繊維をさっぴいた中で、糖アルコールを含むものを糖質というそうです。

ちなみに単糖類とは、糖の一番小さい形で、こいつが集まってオリゴ糖やらデンプンになると思ってもらったら分かりやすいかと思います。

パルスイートの主成分は、ラカントSと同じエリスリトールで、ここにアスパルテームやアセスルファムカリウムなどの化学合成した人口甘味料を加えてできてています。

エリスリトールは、糖アルコールに分類される成分で、厳密に言うと糖質に分類されるそうです。また、アスパルテームやアセスルファムカリウムは人口甘味料で添加物に分類されるので、糖質でも糖類でもありません。

したがって、パルスイートの表記には、糖類ゼロですが糖質が含まれるわけですね。

糖質ゼロや糖類ゼロの表記がしてあるお酒は、上記の糖質や糖類に当てはまらない人口甘味料を使っているものが多く、糖質・糖類ゼロの表記になっています。飲料業界が糖質やら糖類ゼロをうたう理由は、欧米では“糖質カット”がすでに当たり前になっているので後追いしてるのと、糖質・糖分を減らしてその分のカロリーを抑える、すなわちカロリー制限が目的ですから、吸収されない、吸収されてもエネルギーにならない人口甘味料を使います。

ですから、このようなお酒を飲んでも、血糖値は上がらないと思いますが、注意しなければならないのが、エリスリトール以外の糖アルコール(マルチトール、キシリトールなど)は血糖値を上げてしまいますし、人口甘味料のほとんどが、欧米では摂取量が制限されています。

飲まれる際は、このあたりを注意された方が無難かと…。

次回、炭水化物とショ糖についてのお話です。

糖尿病 | コメント(4) | トラックバック(0)

糖質制限食とグルコーススパイク

2008年07月15日
先週、今年初めて「ヒグラシ」の鳴き声を聞きました。あ~、もうそんな季節かぁなどと、暮れ行く空を見上げながら、ポエマー気分に浸っていたんですね。

そしたら、次の日から全然ヒグラシの声がしません。

あのヒグラシはフライングだったのでしょうか?なんだか気になるあらてつです。

え~、6月11日に街のクマさんからコメントを頂戴しておりまして、週に1~2度のグルコーススパイクは、どれだけリスクが上がるのか江部康二先生に聞いておきますといったまま、なかなか聞けずじまいでした。街のクマさん、ごめんなさいです。

講演会の道中、江部康二先生に聞いてみましたので、頂いたコメントとともにご紹介しますね~。

糖質制限食のおかげで山の親爺は完全にヤクをやめることが出来ました。ヤクと言ってもやばい方ではない・・・でもやっぱり薬はやばいですかね。
まあ、こんなに効果的な糖質制限食ですが、出張が多くなり、取引先と食事をともにすることが多くなると、継続は困難になってしまいます。
先週は長野で旨いそばを自慢げに勧められましたし、この間の日曜日は長崎で美味しいと評判のチャンポン屋さんに連れて行っていただきました。

善意と自慢と自信ににあふれた相手には何も言えず、笑顔で食することにしました。
イスラエルの諺に「ハム(豚)を食べなければならないのなら、できるだけ美味しく食べた方がよい。」というのがあるので、先人の知恵に従う事とし、怖かったのですが、仕方なく大変美味しくいただきました。
目を盗んでベイスンは口に放り込んだのですが、血糖値は軽く200を超えたでしょう。
困ったものです。
週に1~2度の血糖値スパイクは、ほとんどそれがない場合に比べて、寿命・生活習慣病において何%ぐらいリスクがふえるのでしょうかね。

ここのところ本当に困りました。』


街のクマさん、ずいぶん遅くなってしまい申し訳ございません。

以下、江部康二先生のお言葉です。

「そら、まったくないよりは若干のリスクはあるだろうけれど、毎日毎日巨大なスパイク起こしているならともかく、普段きっちり糖質制限食やってるなら、たまに糖質摂るくらい、食前にグルコバイ飲めばそれほど問題ないよ。」

とのことでした。

「自己測定器を持ってたら、(糖質)食べたあとに1時間値2時間地を測ってみたらいいな。食後2時間で、だいたい180くらいを目安にするといいよ。」

だそうです。

江部康二先生、これまで私が食事にご一緒させて頂いていて、たま~に糖質の含まれているものも召し上がられます。普段のコントロールが、しっかり出来ておられるからこそなんだと思いますが、やはり我慢してばっかりじゃ続かないということですね。

最後に、2007.12.8の江部康二先生のブログに、「これぞ名言(?)」がありましたので、抜粋させていただきます。

『私も上述の如く、そこそこ非糖質制限な一品も食べてます。糖質制限食、長く続けていくものですから、ストレスをためては損です。糖尿人の皆さん、100%の完全は人間には無理ですから目指さなくていいです。我慢はせずに <糖質制限食+α?>続けていきましょう。

清く正しくより、美味しく楽しくですよ。』


糖尿病 | コメント(3) | トラックバック(0)

江部康二先生特別講演会in大阪講演会のご報告です♪

2008年07月14日
先日、江部康二先生特別講演会in大阪が無事開催されました。

昨日の大阪、朝から気温がグングン上がり、日中の最高気温は34度を越えていたそうですが、そんな猛暑もなんのその、満員御礼と相成りました。

思い起こせば去年の今頃、京都高雄倶楽部での初企画となりました神戸講演会を開催しまして、98名ものご参加を頂きました。その後、京都、札幌、名古屋と講演会を開催、どの開場も大盛況のうちに幕を閉じることができ、ご参加いただきました皆さんには、感謝感激であります。

医療関係の講演会で、このような一般の方向けのは、100名定員で開催しても、30名来られたらいい方で、50名だと大成功の部類に入ります。

しかも、有料講演となりますと、関東なら有料でも来ていただけるのですが、関西、特に大阪の方は、ケチ…というか経済観念がしっかりされておられるので、なかなか集まらないんですね。

そんな中、早々に100名を越えるお申し込みを頂きまして、講演会初の、締め切り以前に定員が一杯!なんて嬉しい悲鳴を上げる事態に。残念ながらお断りさせていただきました皆さん、誠に申し訳ございませんでした。また大阪で開催したいと思いますので、その時は是非とも宜しくお願い致します。

また、今回の講演会は、神戸・京都に引き続き、糖質制限食の食材を販売して下さってますメーカー様に、再びご協賛いただきまして、ブースを出店していただきました。

ご協賛いただきました各メーカー様を五十音順のご紹介させていただきます。


株式会社ウエダ食品様
京都西院ボクシングジムの会長が14キロ痩せたという伝説の「ごはんこんにゃく」のメーカー様で、今や選手達の御用達になっております。今回の講演会会場は、上田社長様のご紹介でお借りすることができました。

株式会社 尾崎食品様
鞍馬寺や嵐山天竜寺など、名だたる名刹から御用達をうけておられるメーカーさんです。講演会では、毎回毎回お世話になっており、スタッフと間違えられた逸話をお持ちです。今回は、低糖質おばんざいと寒天じゅれをお持ちいただきました。

彩韻菓子工房有限会社 菓子職人様
スウィーツ好きなら知らない方はおられませんよね。日本全国にその名をとどろかせておられる、菓子職人の稲井オーナーが、新作チーズケーキに種類と、生チョコレートをお披露目してくださいました。

株式会社 サラヤ様
江部康二先生をはじめ、糖尿人御用達の自然派甘味料、ラカントSのメーカーさまです。ちなみに、尾崎食品様の低糖質おばんざいと寒天じゅれは、ラカントSを使っておられます。

株式会社 おとうふ工房いしかわ様
ニュー大豆パンを作って下さっている愛知のメーカー様です。これまで、糖質制限食の勉強会で、江部康二先生ともども、私も何度か呼んで頂いたのですが、講演会には、今回初参加してくださいました。

株式会社 服部食品様
大本山南禅寺御用達、日本で唯一、「南禅寺豆腐」を名乗れるおとうふメーカー様です。今回は、会場でお豆腐を作ってくださいました。ちなみに、菓子職人さまのフィナンシェは、服部食品様のおからを原料にしておられます。

京和菓子処 布袋餅菓舗
糖質が低い糖質制限食向けの和菓子シリーズ「大豆庵甘果(だいずあん かんか)」でおなじみの布袋餅さまです。京都に引き続き二度目のご参加いただきました。今回は、新作焼き饅頭、舞妓シリーズをお持ちいただきました。

手作りパン教室 パンの耳様 
新人ゴイチの企画、ローカーボふすまパンを焼いて下さってます。従来のふすまパンは、正直まずくて食えたもんじゃなかったんですが、このローカーボふすまパンは、パンの耳代表内村氏の技術と太陽の手によって、美味しいふすまパンになりました。

あと、我々京都高雄倶楽部で販売させていただいている、「健康大豆パスタ」「大豆チキン」「大豆ミート」「大豆de元気」を製造して下さっているメーカー様も駆けつけてくださいまして、上記商品を販売してくださいました。

ご協賛いただきましたメーカー様、本当にありがとうございました。

また、ご来場いただきました皆様に、改めてお礼申し上げます。

ありがとうございました。

次回もグレードアップした企画を考えておりますので、宜しくお願致します。

また、会場でお会いしましょう!

糖尿病 | コメント(2) | トラックバック(0)

続・糖質制限食とGIの関係は?食べ過ぎにならないの編

2008年07月11日
最近、首が左右に回りません。後ろに反らそうとしても、痛くて動きません。

目薬挿そうにも上に向けないので、うまく目に入りません。

周りの同世代で、やたらと「肩が痛い」という声を耳にします。

いよいよ四十肩が近づいてきているのでしょうか?あらてつです。

前回、GI低いと満腹感を感じにくくて、食べすぎにはならないのか?のご質問にお答えしました。これとよく似た質問で、「糖質制限食は肉・魚ばかり食べますけど、カロリー摂りすぎにならんのですか?」なんてのを、けっこう頂きます。

話が出たついでと言っちゃなんですが、糖質制限食はカロリーオーバーにならないの?について書いてみますね。

結論から言うと、糖質制限食でカロリーオーバーになりません。

タンパク質や脂質中心のおかずばかり、しかも、けっこうお腹いっぱい食べても、米やパンといった主食も食べる食事より、ともすればカロリーは低くなります。

例えば、ご飯約150gでだいたい標準的な茶碗一杯分なんですが、これで、カロリーが252kcalです。(ちなみに糖質は55.2g)これに比べて、ヒレステーキ150gのカロリーが約277kcal、ちなみにサーロインステーキ脂身つきだと、150gのカロリーが、約501kcalとなります。

ご飯150gって、女性や小食の方ならいざ知らず、一般的な男性ではかなり少ない量です。普通にごはんをおかわりしたら、それだけで500kcalを超えます。パンの場合、もっとカロリー高くて、食パン6枚切りの1枚分、60gで158kcal(糖質26.6g)、150g換算だと395kcalになります。

糖質を制限しない食事の場合、これにおかずのカロリーと糖質が加わりますよね。

さらに、おかずと主食を食べるならまだいいですが、サラリーマンのお昼の定番(?)“ラーメンライス”なんか、中華麺150gで224kcal、それにご飯とスープのカロリー足したら、えらいことになります。おまけに、ラーメン屋のご飯て150g以上あるやないですか。

“ラーメン大盛り”“ごはんおかわり!”なんてすると、それこそおっそろしいカロリーになります。これがチャーハンとラーメンならもっとカロリー高いですし、うどんとご飯の“うどん定食”でも同じことです。

しかも、ダブル炭水化物で一気に血糖値を上げますし、余った血糖は、インスリンによって中性脂肪に変えられて、しっかり蓄えられてしまいます。

サーロインステーキ150gに、サラダとその他ちょこっと付けあわせをたしても、いって700~800kcalです。ヒレステーキだと、もっとカロリーは少なくなります。

私の場合は、ステーキなら300gくらいペロッと食べますが、普通の方がこれだけ食べれば、充分お腹が膨れると思います。でも、ご飯3杯ぶんのカロリーにも満たないですよね。

江部康二先生、お食事ご一緒させて頂くと、びっくりするくらいよく食べられます。私も、いわゆる「痩せの大食い」でけっこうな量を食べますが、それでも主食を食べていた頃より摂取カロリーは低くなってます。

なんちゅーても、 “ご飯のおかわり”しませんから。

しかも、糖質制限食は糖質の摂取が少ないので血糖値があがりませんし、余剰な血糖が中性脂肪に変わることもありません。また、糖質を取らないということは、常に脂質をエネルギーとして消費しているので、脂肪分の多い食事でも、先に脂肪から燃焼してくれるので太りません。

ですから、糖質制限食でカロリー過多になることは、まず無いですよ~。

たーだーし、

やはり物事には限度というものがありまして、マヨネーズを1キロちゅるちゅる吸うとか、ラードの塊を1キロ食べるなんてことしない限りですが・・・。

やはり、カロリーの摂りすぎは、最終的にはご本人の意思次第かと…。

糖尿病 | コメント(6) | トラックバック(0)

糖質制限食とGIの関係は?食べ過ぎにならないの編

2008年07月10日
今日は、木曜恒例、江部康二先生共同研究のお手伝いの日です。

で、朝、江部康二先生にお会いしましたら、温泉の素を頂きました。

共同研究とは全くなんの関係もないのですが、風呂好きの私のしては、ごっつ嬉しいですね~。

これで、のぼせるまで風呂に入りまくれると思った、あらてつです。

さて、7月8日のブログを読んで、ゆっちょさんからコメント&ご質問を頂きました。恐らく、同じような疑問を持たれる方もおられると思うので、ご紹介させて頂きますね~。

『本文に、ダイエットをしている人は急激に血糖値を上げない低GI食品の方がいいといった内容のものがあったと思います。
しかし、血糖値が上がりにくいということは、その分接触中枢が刺激されず食べ過ぎ(カロリーの取りすぎ)の原因になってしまうのではないのでしょうか?
大豆は低脂質で良質なタンパク質を含むため、ダイエットには適した食材だと思いますが、少し気になったのでお答えいただけると嬉しいです(*^o^*)』

ゆっちょさん、コメントありがとうございます。不肖あらてつがお答えさせていただきましょう!

GIグリセミック・インデックス、すなわち血糖上昇指数の名が示しますように、数値が低ければ低いほど血糖値を上昇させにくいわけです。

血糖値が上がりにくいので、肥満ホルモンであるインスリンの分泌を抑えることができ、その結果、ダイエットに向いているとなるのですが、ゆっちょさんが仰いますように、「血糖値が上がりにくいので、接触中枢が刺激されず食べ過ぎ(カロリーの取りすぎ)の原因になってしまう」ことはないですね。

糖質制限食の場合、確かに、たんぱく質や脂質がメインになるので、血糖値が上がらず、「お腹は一杯で苦しいけど、なんだか食べた気がしない」なんて事態に陥ることがありますが、GIが低い食べ物とはいえ、糖質には変わりありませんので、満腹感は感じます。

こいつを、分かりやすく言いますと、たとえば、パスタを食べてもお腹は一杯になりますし、充分、満足感は得られますよね。パスタのGIは、それこそ資料によってバラバラですが、55~65となっており、55が本当なら、GIが低い食べ物に分類されます。玄米も同じく55ですが、これも充分満腹感は得られます。

では、大豆はどうかと言いますと、GI値が15でかなり低いです。これだけ低ければ血糖値も上がらないし、満腹感も感じないだろうと思うのですが、さにあらず。確かに血糖値は上げにくいですが、糖質が含まれていないわけではないですし、肉、魚などを食べたときより、はるかに満腹感を味わえます。

さらに加えて、大豆及び大豆製品は、食べた後でドーンと胃にきます。正直、食べ過ぎると胃もたれに近いくらい苦しくなります。これは、私だけじゃ無く、毎日大豆製品の試作ばかり食べてる洋食屋のせがれゴイチ&大多数の当社お客様から頂いた声なので、間違いありません。

ですから、GIの低いものは、満腹感を得られずにカロリーの摂りすぎになるということは、基本的にないと思います。

カロリーの摂りすぎは、GIよりもどちらかといえば、ご本人の意思によるところが大きいような気がせんでもないのですが…。

<つづく>
糖尿病 | コメント(0) | トラックバック(0)

続・糖質制限食とGIの関係は?

2008年07月09日
最近、職場のFAXが調子悪いです。

送信しても、先方さんに着かないんです。

各メーカー様に、発注のFAXを送りますと、必ずReFAXを下さるのですが、待てど暮らせど返ってこないことが多くなりました。

もしやと思って電話すると「FAX来てませんよ。」の一言が…。

そのことを洋食屋のせがれゴイチにゆうと、「僕が送ったやつは全部届いてますよ。」

このFAX機にカツを入れてやるべきでしょうか?あらてつです。

さて、GIのお話の続きです。

GIですが、ダイエットされる際は、あくまでも、目安くらいに考えておかれた方が無難ですよ、でも、糖尿病を発症された方は、低GIといえど危険ですよ、ってとこまででしたね。

んで、何故危険なのかと申しますと、GIが低いと血糖が上がらないのは健康な人であって、糖尿病を発症された方は、GIが低くても炭水化物(糖質)を食べれば、血糖値が上がってしまうからなんですね。

これは、ナゼか?

GIの測定を、健康な被験者でしか行っていないから。

以前にも書いたと思うんですけど、江部康二先生がGIが低いとされている玄米(GI50)を食べられると、2時間後の食後血糖は、260前後になるそうです。江部康二先生の患者さんの中には、玄米を摂取されると、食後血糖が400を越える方もおられます。

某大手新聞の記事もそうだったんですが、糖尿病関連の本やらサイトを見ていると、“糖尿病の方は、GIの低い食物を食べましょう”などと書いてあるのがやたらと多いんです。中には、“この食品はGIが低いから糖尿の方にも安心”などと紹介してあるものもありました。

でも、江部康二先生の臨床結果から見ると、「糖尿病には低GI」に、なんの根拠も実証もないということが、よくわかります。

ですから、すでに糖尿病を発症された方は、GIではなく「1型糖尿病の方は、1gの糖質を食べると約5㎎/dl、2型糖尿病の方は、1gの糖質を食べると約3㎎/dl血糖値が上がる。」を目安にして、食事を組み立てる方がいいです。

それを頭に入れずに、「これは低GIだから大丈夫!」だなんて食べてますと、一気に食後高血糖を起こしてしまいます。

ウソだと思ったら、血糖自己測定器をお持ちの方は、いっぺん計って見てください。ビックリする結果になると思いますよ。

「糖尿病食に低GI食品を」なんて文言に、ゆめゆめだまされぬよう、ご注意くだされ。 

 
糖尿病 | コメント(4) | トラックバック(0)

糖質制限食とGIの関係は?

2008年07月08日
昨日は、7月7日七夕でした。

いつから始まったのか知りませんが、7月7日は、全国各地で一斉にライトダウンするそうですね。ロウソク灯して地球温暖化について考えるんだそうです。

そのことを知ってか知らずか、最近、私の使っているウィルコムのPHS、置いておくと勝手に電源が切れます。自発的にエコに取り組んでいる、ニクイやつです。

そのうち、意思を持って動き出すんじゃないかと思っている、あらてつです。

土、日、月と、ブログ更新できませんでした。来てくださっていた皆さん、聞き飽きたかも知れませんが、ゴメンナサイです。

少々遅ればせながら、はなうたこさんから頂いたご質問のGIについて、書かかせて頂きますね。

ひところ、低インスリンダイエットやら、ローカーボダイエットが話題になったとき、「低GI」なんて言葉が盛んに言われておりました。

ブーム?が沈静化してから、あまり見聞きしなくなったなーなんて思っておりますと、例の田中麗奈様が出演している大豆製品のコマーシャルで

「これからのダイエットは低GI

なんてやっておりました。

いまさら「これからのダイエットは低GI」もないやろー、大○製薬もシラこいなーなんて思っていたら、再び話題になっている様子。

う~む、恐るべし田中麗奈様(ちょっと違う?)

で、GIについて少々。GIってゆうのは、グリセミック・インデックスの略で、日本語にしますと血糖上昇指数ですね。ブドウ糖か白いパンを基準にして、食べたときの血糖値の上昇の仕方を、数字で示したものです。

例えば、白いパンを基準にした場合、パンが血糖値を100上げるとしたら、白米は70、玄米は50、大豆は15となっており、数字が大きいほど、急激に血糖値が上がります。

急激に血糖値が上がれば、肥満ホルモンであるインスリンが大量に分泌されて、あまった糖分を中性脂肪に変えてしまうので、確かにダイエットする方には、急激に血糖値を上げない「低GI」なものの方がいいかもですね。

ただ、GIというのは、糖質が吸収されて血糖に変わる速度を指数にしたものなので、低いといえど、最終的には食べた分、糖質として吸収されてしまいます。急激に上がらないだけで、糖質を摂っていることには変わりないんですね。いかに低GIといえど、大量に食べれば食べただけ、糖質は吸収されてしまいます。

それに、白米を基準にするか、ブドウ糖を基準にするかで数値が変わってきますし、統一された規格があるわけでなく、研究者によって数値にもバラツキがあります。

ダイエットされる際は、あくまでも、目安くらいに考えておかれた方が、無難かなと思います、はい。

で、ここからが問題。

先日、某大手新聞に、「糖尿病食低GI食品を」なんて記事がありました。糖尿病の方は、血糖値を上げにくい低GIの食品を食べましょうなんて内容だったのですが、これは危険です。

<つづきはまた明日、たぶん…。>


糖質制限食 | コメント(4) | トラックバック(0)

糖質制限食をはじめた皆さんにシリーズ なんで糖質制限食で痩せるのか編

2008年07月04日
昨日仕事が終わってから、スクーターのバッテリーを買いに行きました。9800円でした。

今朝、テレビのニュースで、イカ漁をされている漁師さんが、燃料の高騰で苦境に立たされているなんて特集をやってました。

昨夜のニュースで、与党の幹部が、「今は苦しくても、将来の日本のために消費税を上げるんです、でないと福祉や医療は崩壊してしまいます。」なんて言ってました。

その前に、オマエラの無駄遣いと無為無策をなんとかせーやと、心底腹たったあらてつです。

嗚呼、バッテリー…。

え~、はなうたこさんから、GIについてコメント&ご質問いただいていたんで、お返事書かせていただきます。はなうたこさん、遅くなってごめんなさいです。

『軽く衝撃が起こりました!!

こんばんは。はなうたこと申します。

糖質制限食を始めて1ヶ月が経とうとしてます。
大豆パスタの美味しい食べ方を日々試行錯誤しております。。。

1ヶ月振りに乗るだけでウエストなども量れてしまうある意味危険な体重計に乗ってみました。
すると、特に運動をしてた訳でもないのに、脂肪量が5.7kgも減ってまして、ウエストは9.6cmも減ってました!!
でも、体重は4.5kg減っただけなので、日々の自転車通勤で筋肉が知らないうちについていた模様です。

糖質制限食を続けると脂肪が燃えやすい体質に変わるんですね~。
何だかやる気が出てきました(笑)

初心者っぽい質問してもいいですか?

最近低GI食品と言う表記の有る健康食品?(おやつ?)が有りますよね。
大豆粉で出来た、あの商品の事ですが...
成分を見ると結構糖質が含まれているのかなぁ...と思ったのですが、低GIとは一体何?とふと疑問に思いました。
糖質が多めでも大豆が使われていると低GIって事になるのでしょうか?

すいません...なんせ初心者なもので。。。
宜しくお願いします。。。』


人間の体は、安静時や日常の動作レベルでは、脂肪をエネルギーにして動いています。激しい運動を行った時は、糖分を燃やして瞬発力を得ます。要するに、普段は脂肪がエネルギーで、非常時に糖分をエネルギーにしているんですね。

ところが、体に取り込んだ栄養素は使われる順番がありまして、糖質、脂質、たんぱく質の順でエネルギーになります。

現代の食生活では、糖質を過剰に食べているせいで、本来、先に使わなきゃいけない脂質が燃えず、糖質をエネルギーにしてしまいます。

しかも、大量に糖質を食べてますと、運動してりゃ別ですが、普段の生活では大してカロリーを消費しませんので、消費する以上の糖質を摂取することになります。

すると、あまった糖質はインスリンによって、中性脂肪に変えられて体脂肪として蓄えられてしまいます。

糖質を過剰に摂る食生活では、ただでさえ、ほんとは先に使わなきゃならない脂肪が使われないわけですが、そこに加えて余剰な糖質が、中性脂肪に変換されて蓄えられていきます。これでは痩せるわけがありませんよね。

糖質制限食では、基本的に糖質を摂取しませんので、本来先に使われるべき脂肪がきちんと燃焼します。その結果、ふくよかな方は、体脂肪&内臓脂肪&体重が減少するわけなんですね。

はなうたこさん、さらにやる気を出していただいて、どんどん脂肪を落とてくださいね。

次回、GIのお話いきますね~。

<つづく>

糖尿病 | コメント(6) | トラックバック(0)

糖質制限食をはじめた皆さんにシリーズ その3

2008年07月02日
スクーターのバッテリーが死んでしまいました。

買い換えようと思って、いつもお世話になっているバイク屋さんに値段聞いたら、「今、スクーターのバッテリー、一万円近くしますよ。」

そのまま帰ってきた、あらてつです。

なんでこないだまで三千円せんかったもんが、いっきに三倍になんねん!

ここんところの物価高、世界的な原油やらの値上がりも関係あるでしょう

が、政府の無策が一番の原因だと私は思います。

それで消費税上げるだぁ?片腹いたいわ!

怒り収まらずですが、気分を変えて昨日の続きいきましょう。

甘いものに手を出してしまって、その後はズルズル…、で終わりましたね。

で、この件についてコメント頂いたのでご紹介させてもらいます。

『お初です。江部先生のブログとあらてつさんのブログで毎日勉強させていただいています。
僕も3ヶ月前に糖尿病だと言われてから10日目に先生の本に出会い、その後スーパー糖質で食事をしてきました発症時はa1cも9.1でしたが先日の検査では5.8になり医師もビックリの状態です。僕はスーパーに20年間勤めていたので食品には自身もあり、毎日の糖質摂取も60g以下にできています。問題は空腹感でした。アラテツさんのコメントにありましが空腹感がたまらないですね。空腹感は僕だけかと思っていたので安心しました。
ちなみに僕の間食は、プロセスチーズや素干しの海苔、無調整豆乳などです。ほんとにこの空腹感だけはなんとかならないものかと思いますね。』


soraさん、こちらこそはじめまして&コメントありがとうございます。

例えばですね、私なんかファミレスでステーキ頼むと、150gのステーキ二枚なんて頼んで食べたりするわけです。それに、サラダバーで生野菜なんかばりばり食べますと、かなりお腹は一杯になります。

だがしかし、

最近はだいぶと慣れてきましたが、食事が終わった後、どうにも口寂しくてダメなんですね~。ついついナッツのたぐいをぽりぽりやって、気がついたら一袋全部食べてしまった…、なんてありました。

この「口寂しい」ですが、本来なら食後に血糖値が一気にあがって、満腹中枢を刺激して「お腹いっぱい!」なんてなる方が、人類の食の歴史からいえば異常なんでしょうけど、生まれて三十数年この「お腹いっぱい!」にどっぷり首まで浸かってきたんで、一種の中毒症状なんでしょうね。なかなかやっかいです。

そう考えると、今更ながら「糖質」ってオソロシイと思います。

私は、ひたすら「気合と根性」(このフレーズ好きですね)で乗り切りましたが、これではあまり解決策にならないんで、自分で甘いお菓子やなんか作って食べるってのも、ひとつの手だと思いますよ。

サラヤさんが出されている、「ラカントS」を使えば、血糖値に影響なく甘みをつけられますし、おからや大豆粉を原料にすれば、小麦粉より糖質を抑えてお菓子ができます。

作り方は、江部康二先生の「糖質制限食 春のレシピ」「糖質制限食 夏のレシピ」を読んでいただければ、いろいろと載ってますんで、是非参考にしていただければと思います。

あ、いつもコメントくださるローカバさんも、スイーツのレシピを紹介してくださってるので、こちらも参考にしてみてください。

「自分で作ってられるけぇ、このすっとこどっこい!」と仰るそこのアナタは、当社の糖質制限食食材販売サイト“糖質制限ドットコム”で、是非買ってください(笑)

糖尿病 | コメント(8) | トラックバック(0)

糖質制限食をはじめた皆さんにシリーズ その2

2008年07月01日
以前に、足の指の生爪はがしてえらい痛かったなんて話を書きましたが、日曜日、今度は左手の小指の生爪をはがしてしまいました。

そらぁもう、痛いのなんの。こんなに痛いなら、拷問される前に何だってうたう自信がついた、あらてつです。

昨日、一昨日と自分のブログ見られなかったんですが、ずいぶんコメント欄がにぎやかなので、いいですね~。皆さんの情報交換や、コミニケーションの場に使っていただけると、私としても嬉しいです。

で、コメント欄にいくつかご質問いただいていたので、順番にお答えさせていただきますね。

『禁断症状との戦い

はじめまして。糖質制限食を始めて3か月ほどになります。

江部先生の本はすべて読み、低炭水化物ダイエットのレシピ本も数冊用意したので、何を食べていいかわからない・・・という状態ではないのですが、どうしてもカーボを採りたくなります。

もともとごはんはほとんど食べず、パン食でしたのでふすまパンに切り替え、自分でローカーボのマフィンなどを作って主食代わりにしています。

順調にみえていたのですがここ2週間ほど、カーボ中毒になっています。相変わらず、主食抜きは平気なんですがお菓子が食べたくてしょうがないのです。

自作のスイーツでは満足感が足りない・・・バームクーヘンやサクサクのクッキー、パイが食べたい!!
誘惑に負けてしまっています。カーボがカーボを呼ぶのはわかっているのですがついついやめられず。

江部先生やあらてつさんはどか食いはないとおっしゃっているので私の意志が弱いんですよねぇ。
この禁断症状を我慢できれば、カーボがほしいとは思わなくなるんでしょうか??』


みずえさん、こちらこそはじめまして&コメントありがとうございます。

禁断症状なんですが、私の経験からお話しますと、糖質制限食を始めてある一定の期間を過ぎると、ご飯やパン麺、あとは甘いものを食べたくなくなるといいますか、食べるとすごく重たく感じるようになってきたんですね。

糖質制限食を始める前は、ご飯はドンブリで食べてましたし、パンも大好きなんで、いっかいで一斤くらいは軽く食べてましたし、ケーキも大好きだったんで、京都中のケーキ屋さんを網羅しました。

それくらい炭水化物(糖質)どっぷりの食生活だったので、急に糖質制限、しかも、始めて最初の60時間は、糖質0gなんて極端なカットをやったもんですから、それなりの反動はありましたよ~。

最初のうちは、糖質を制限することで頭がいっぱいなので、感じなかったのですが、二週間目くらいから、米やらパンやらが食べたくなる、いわゆる「カブ中」に襲われたんですね。

けど、こいつは単純な中毒症状なんで、「気合と根性」で乗り切りました(笑)

1ヶ月もすると不思議と落ち着いて、米、パン、甘いものがいらなくなりまして、特に「甘いお菓子」のたぐいは、甘すぎて食べられなくなりました。糖質制限食を続けると味覚が敏感になりますが、甘い物に対しては、特にその傾向強いと思いますね。

禁断症状に関しては、程度と期間が人それぞれだと思うので、ここはひとつ、頑張って乗り越えていただくしかないかな~なんて思うのですが、ど~してもダメなときは、当社の製品を買ってください(笑)

で、次に問題なのは、お腹は一杯なんだけど、口寂しくてなにかが欲しくなるパターンですね。

糖質制限食は、その名の通り糖質を制限するので、主食は食べません。おかずばっかり食べます。そのおかずも、糖質を減らしたおかずです。

おかずばっかり、しかも糖質をカットするので、当たり前ですが血糖値は上がりません。そこが糖質制限食のねらい目で、糖尿病の患者さんにとって1番いいとこなんですが、逆に言えば、血糖値が上がらないので、米やらパンやらを食べたときの様な満腹感がないんです。

もうちょっと分かりやすく言いますと、糖質を食べると急激に血糖値が上がって、いわゆる、「お腹いっぱいや~」という満腹感を感じます。ところが、タンパク質や脂質は血糖値を上げないので、この “満腹感”を感じないのですね。

ようするに、食った気がしません。

いや、おかずばっかり、しかもかなりの量を食べるので、お腹は膨れるし “お腹いっぱい”になるんですよ。けれど、お腹は膨れるのですが満腹感がないんです。(分かっていただけますでしょうか…)

そんな時についつい甘いものに手を出してしまって、その後はズルズル…、なんてお話はよく聞きます。

<つづく>
糖尿病 | コメント(7) | トラックバック(0)
 | HOME |