05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

糖質制限食をはじめた皆さんにシリーズ その1

2008年06月28日
糖質制限食を広める仕事につかせていただいて、大豆って、豆腐にして食べるのが一番いいと確信した、あらてつです。

昔の人って偉大だ…。

え~、皆さん、前々回(でしたっけ?)に、「糖質制限食をはじめた皆さんにシリーズ」を書くと言っておきながらも、新製品の紹介しかせんかったんで、今回から、何度かに分けて書いていきますんで、お付き合いの程を。

ここのところ、糖質制限食がだいぶと認知されてきているのか、はたまた、江部康二先生がテレビやら雑誌によく出られるからなのか、糖質制限食についての問い合わせがやたらと多くなってます。

ちょっと前に電話でご相談頂きまして、糖質制限食の取り組み方をざっと説明させてもらったんですね。そしたら先日、同じ方からお電話いただきまして、なんと、10数年下がらなかった血糖値が見事に下がったとのことだったんです。

その方、糖質制限食のあまりの効果に感激して、検査に来た病院から電話しているとおっしゃるんでうすね~。

いっや~、嬉しいお電話頂戴致しました。

この方みたいに、感激のあまり、検査に行った病院からお電話かけて下さる方、ちょこちょこおられます。

そんな皆さんも、最初の電話では、糖質制限食ってどうしたらいいの?とか、糖質制限食を始めてこんなことで困っているなんて感じだったんですね。

でも、やっているうちに自分なりのコツのようなものを掴まれて、見事に症状の改善に成功されるわけです。

糖質制限食、スタート部分に関しては、こないだ書かせていただいたんで、今度は「実践編」として、実際に糖質制限食を始めてみて、困ったことを書いてみますので、これから始める方の参考になればと思います。

まず、1番の問題。

食費が高い。。。

エンゲル係数、うなぎ上りです。

糖質制限食は、その名の通り糖質を制限するので、主食は食べません。おかずばっかり食べます。そのおかずも糖質を減らしたおかずです。

例えばランチでも、「ステーキランチのご飯抜き」やら、ファミレス入っても、「ステーキとサラダ、単品で」なんて頼み方します。

そら、食費が高くつくのは当たり前ですよね。

朝はさすがに外食しませんが、糖質制限食を始める前みたいに、「とりあえずトーストでいいや」なんてことできないんで、やっぱり何か「おかず」を食べなければいけません。

タンパク質って、高いんです…。

夜は、居酒屋みたいなメニューを食べてればいいんで、比較的やり易いんですが、それでもスーパーのタイムセールのお世話にならないと、あっという間に財布が空になってしまいます。

う~ん、これって解決しようがないような気が…。

<つづくよん>
糖尿病 | コメント(7) | トラックバック(0)

明日はどっちだ?

2008年06月27日
意味不明な題名で済みません。あらてつです。

今日は、朝から大阪に行って、戻ってきて気がついたらこんな時間でした。

ブログにきて下さった皆さん、更新できてなくてごめんなさい。

明日は必ず、明日は必ず更新しますんで、ひらにご容赦を~。

糖尿病 | コメント(0) | トラックバック(0)

糖質制限な和菓子 まいこは~ん!!

2008年06月25日
和菓子


先日は、野暮用があってお休みをいただきました。

ブログに来てくださった皆さん、更新できてなくてごめんなさいです。また、コメントくださった皆さん、戻ったらお返事書かせていただきますね。

今日はこれから、木曜日恒例の江部康二先生共同研究お手伝いです。

で、出かける前に、またまた新商品の紹介をさせてください。

低糖質な和菓子ですっかりおなじみの、京都の和菓子屋さん「布袋餅菓舗」さんから、これまた低質な焼き饅頭、「まいこ」シリーズがでました。

電子レンジでかるく温めますと、その名の通り「舞妓さん」のような、はんなりとした風味を感じていただける、京の焼きまんじゅうです。

大豆餡こしあんにして、上品な甘さに仕上げた「彩(いろどり)」と、ココア風味がアクセントな「綾(あや) 」の二品です。

この「まいこ」シリーズ、これまでご好評頂いてます、大豆庵甘果と同じく、従来の和菓子で使われる、米粉やもち粉、小麦粉、砂糖をいっさい使わず、原材料に糖質の低い大豆粉やふすま粉を用いているので、糖質制限食を実践中でも安心して召し上がって頂くことができます。

で、だったらなんで甘いんだ?と疑問をもたれたそこのアナタ!

「まいこ」シリーズでは、天然甘味料のエリスリトールを使い、自然な甘さを演出。砂糖を使わずに和菓子を作る、一見不可能な課題を、見事にクリアしております。

以前からこのブログをお読みいただいている皆さんは、すっかりご存知だと思いますが、天然甘味料のエリスリトールは、ワインやキノコに含まれる発酵ブドウ糖で、摂取しても90%以上が排出され、糖分として体に吸収されません。

しかも、人口甘味料のようなくどい甘さではなく、砂糖に近い自然な甘さなので、風味豊かな京和菓子との相性は抜群です。

「レンジでチンする」新時代の糖質制限和菓子「まいこ」、是非ともお試し下さい。

糖質制限ドットコムで販売しておりますので、皆さん宜しくお願いします。


糖尿病 | コメント(11) | トラックバック(0)

江部康二先生ご推薦、New大豆パン新発売!

2008年06月24日
newdaizupan200px.jpg


先週21日の土曜日が夏至でした。

私は、夏至の頃の一週間が好きです。理由は、一年で一番日が長いから。

子どもみたいなことゆうてますが、バイク通勤で毎日けっこうな距離を走ってますと、暗くなるとほんとに疲れます。特に、冬場なんか暗い上に寒いですから、バイクに乗っているとだんだん腹が立ってくるんですね。

年中夏至なら言うことないのにと、毎年この季節になると考えている、あらてつです。

さて、今日の話題は、夏至とは全然関係ありません。

最近、「糖質制限食を始めたのですが、どんなものを食べたらいいのですか?」なんて問い合わせを多くいただくので、ちょうど同じような話題をブログに書いていたこともあって、「糖質制限食をはじめた皆さんにシリーズ」の続きを書こうと思っていたのですが、この度、新しい大豆パンが発売開始となったので、ご案内させて頂きます。

その名も「まるごと大豆パン」

なんと、江部康二先生命名です(笑)

この「まるごと大豆パン」、うそいつわり無く、遺伝子組み換えをしていない国産大豆を100%使い、なおかつ従来の大豆パンより糖質を減らした上に、なんとなんと、値段まで下げてしまったという暴挙…、いや快挙を成し遂げたスグレモノです。

今ね、国産大豆って国内で流通している大豆の3%しかないんですって。日本中で国産大豆を謳っている豆腐を全部足すと、3%をはるかに超えるそうですよ。

食品の産地偽装問題が大きく取り上げられている昨今、国産大豆で遺伝子組み換えなし!ってのはスゴイと思います、はい。

しかもしかも、大豆の値段ほか、原材料費がべらぼうに上がる中、旧商品の「大豆全粒パン」より値下げしてしまうところがニクイところ。

さらにさらに、「まるごと大豆パン」1個70gと旧商品の「大豆全粒パン」60gより10g増量、だがしかし、糖質量は1個あたり2gと糖質カットにも成功!(旧大豆全粒パン2.7g)

その上、江部康二先生命名とあれば、後は買うしかないでしょう(笑)

ちなみに、新しくなった大豆粉「大豆de元気」も、江部康二先生が名前を考えられました。

写真を見ていただければ分かりますが、新商品の「まるごと大豆パン」カップに入って可愛らしく焼きあがっております。

冷凍庫の中で、皆さんの胃袋に入る日を今日か今日かと待っておりますので、是非とも食べてやってくださいね。

詳しくは、当社の販売サイト糖質制限ドットコムをご覧下さいね~。

糖尿病 | コメント(4) | トラックバック(0)

続々・新たに糖質制限食に取り組まれる皆さんへ

2008年06月20日
梅雨の中休みが終わって、先日からまた雨が降り出しました。

昨日は、出勤の時には雨がやんでたんで、ついカッパを家に忘れてしまったんですね。

帰り際、またもや雨がやんだので、これ幸いと急いで帰ったのですが、買い物に寄ったスーパーから出ると、土砂降りになってました。

神様ってもんは、いつも期待させといて突き落としますよね。あらてつです。

「新たに糖質制限食に取り組まれる皆さんへ」シリーズ、皆さんのお知恵をいろいろ頂戴致しましたので、コメントお答えがてら紹介させていただきます。

まずは、ひまわりさんです。

『とばポン酢
江部Drの<糖質制限食夏のレシピ>をひととおり作ってみられては?
何品か本に忠実に作っていくとだんだん味付けのコツがわかってきますよ。
これからの季節パプリカやトマトやなす等で洋風野菜煮込みを作ってストックしておくといつでもたべられて便利です。油あげピザもおいしいですよ。
はじめのうちは糖質制限ドットコムさんのパンやおやつに頼ると我慢も長続きします。(笑)

それと<とばポン酢>はおすすめです。
味付けに困ったら<とばぽん酢>かければいいんですから・・・重宝してます』


ひまわりさん、当社の商品をおススメ下さいまして、ありがとうございます♪

糖質制限食をはじめた当初は、炭水化物中毒、略して「カブ中」に襲われます。そんな時には、当社で販売しているパンやおやつがおすすめです(笑)

この「カブ中」さえ乗り越えたらならしめたもの、あとは炭水化物が欲しいとは思わなくなるハズです。たぶん…。

かkk我慢は体によろしくないので、是非とも当社のローカーボ食材で「カブ中」を克服してくださいね(笑)

あ、ドレッシングのお話が出ておりましたが、ひまわりさんおススメ<とばポン酢>の姉妹品に、<とば屋のお酢だれ>があります。ステーキやらカツオのたたきにかけるとウマウマなのですが、ドレッシングとしてサラダにかけてもベリーグッドです。糖質も低いので、こいつはほんとにおススメします。

お次は、まるさんです。

『勇気を出して
こんにちは
アドバイスありがとうございます。m(__)m
今日はランチに勇気を出してステーキを単品とサラダをたのみました。
付け合わせのコーンは要りません。ライスも要りません。と言ったら、お店のかたがウーロン茶をサービス出だしてくれました。
続けていけそうです。(^-^)』


勇気を出して聞いてみようよ~♪

まるさん、ランチのライス抜き、成功おめでとうございます。そうです、ほんの少しの勇気で変われるのです

しかも、ウーロン茶までサービスしてもらえたなんて、めっちゃラッキーじゃないですか!私は、この方法で、何一つサービスしてもらったことはありません…。これからも、この方法をどんどん活用して、美味しく糖質制限食を続けてくださいね。

はい、お次は、ちびまるこさんです。

『手作り
糖質制限食をしていると自然に手作りがおおくなります、というか自分で作らなければ何が入っているかとても不安だからです。でもそのうちになんとなくわかってきます、最初は頭が真っ白で何も浮かばなくても徐々にあれこれ混ぜ混ぜしている時期が必ずきます。
その試行錯誤があると、もしかして我慢していると食べたいもの大爆発の時期がくるのではないかと不安になりますが、いざ食べたいものが目の前にあるとそんなに食べたくない自分がいます。

先日、図書館で「おっさん糖尿になる!」という本を借りてきました。この方も糖質制限食とは程遠い糖尿人の食事の方法をとっておられますが、なるほどと思うことも書いてありました。
日本は米信仰で和食は体にいいとはいわれていますが、これは米をたくさん食べるシステムだというのです。日本人は和食に対して根拠のない自信みたいなものがあり、「米さえ食べていれば大丈夫」だと。米を食べながらおかずを混ぜていく、たくさん米を食べるためにこういう食べ方が編み出されたけど昔の人のようにどこに行くにも歩いていた生活とは全くかけ離れた現代人は米なんかは食べなくていいと。焼き魚定食のどこに野菜があるんだと書いてあります。納得!
和食信仰が無くならない限りメタボリックはなくならないと思います。最近米粉が注目されていますが私から見れば、パンに小麦粉を使おうが米粉を使おうがどっちも危ないのではないかと感じています。

早くチーズケーキ食べたいなーー!』


ちびまるこさん、いつもコメントありがとうございます。

そうです、私も糖質制限食を始めてから、手作りが増えました。仰るとおり、外食だとナニ入ってるか分からないからです。

特に、食品を扱う仕事をしておりますと、糖質はさることながら、原材料にどんなものを使っているのか、すごく気になるようになりました。食の安全が問題視される中、そのような意味でも自分で作るって大切かなーなんて思ったりしてます。

あと、「食べたいものの大爆発」私も最初は心配しましたが、結局は杞憂に終わりました。これも、炭水化物中毒から抜け出したからだと考えてるのですが。

「おっさん糖尿になる!」、面白そうな本ですね。私も探してみます。確かに、和食がヘルシーで健康にいいなんて、ドコに根拠があるのかわかりませんよね。米を中心に、砂糖を山盛り使った煮物、これはどうかと思います。

あ、チーズケーキ、いましばしお待ち下さいませ。絶対に期待は裏切りませんので。

最後は、はなうたこさんです。

『はじめまして。
あらてつさん、こんばんは。
この前は私のブログにコメントを頂き、ありがとうございました。
少し前までカロリーの事ばっかり気にしていたのですが、ほとんど成果が表われませんでした。
と、言いますか、我慢し過ぎて反動で余計食べ過ぎてリバンド、リバウンド、リバウンドです(苦笑)
糖質制限食は食べる物さえ考えれば結構何でも食べれるし、今日は何を作ろうかとわくわくしながら一日を過ごしています。そして、着実に成果が出てます♪
始めたばかりなので、まだまだ勉強不足ですが、皆さんのコメントを参考にして続けて行けたらいいなぁ。。。と思ってます。
宜しくお願いします。』


はなうたこさん、はじめまして&こちらこそ宜しくお願い致します。

そうです、「糖質制限食って食べるもんないやんけー!」なんて言われますが、けっこう何でも食べられますよ。量を我慢しなくていいですし、ややこしいカロリー計算もいりませんし。それに、なんといっても、カロリー制限と効果が全然違います。

これから、糖質制限食を続けていく上で、分からないことがありましたら、お気軽にご質問くださいね。

私を含め、糖質制限食を実践している皆さんが、親身になって教えてくださいます♪

とうゆうわけで、宜しく皆さんお願いしますね~(笑)

糖尿病 | コメント(18) | トラックバック(0)

続・新たに糖質制限食に取り組まれる皆さんへ

2008年06月19日
ようやく戻ってきて一息ついてる、あらてつです。

今日もコメント欄を見て嬉しくなりました。読んでくださっている皆さん同士での情報交換、いい感じですね~。

せっかく何かの縁があって、私めのブログに来てくださっているので、糖質制限食を実践している皆でいろんな意見交換をしましょう。

で、今日はすかんぴんさんから頂いたコメントにお答えがてら、糖質制限食を実践する参考になればと思い、以前にもちょろっと紹介しました、私の糖質制限食実践記(?)を書いてみますね。

私が糖質制限食に取り組みだした当初は、人体実験(?)も兼ねていたので、1日の糖質摂取量を20g以下に抑えていました。

けど、このやり方だと、糖尿病の治療やダイエットにかなり効果あるのですが、さすがに料理するのもかなり大変ですし、お金がかかって仕方ありません。

現在、高雄病院でおこなっている糖質制限食は、もっとゆるやかです。基本的には、主食(米、パン、麺類などですね)と芋などの根菜類を抜いて、もう一品おかずを増やした感じになります。

すかんぴんさんも、あまり厳密に考えると、仰る通り食べること自体がしんどくなるので、まず、主食と根菜類を抜く感じから、糖質制限食をスタートしてみてはいかがでしょうか。

糖質制限食は、続けてこそ効果があるので、あまり極端にならない方がいいかと思います。

江部康二先生仰るところの「美味しく楽しく」ですね。

私の具体的な食事内容をご紹介させていただきますと、昨日でしたら、

朝食・・・チーズ、トマト、具沢山味噌汁の胡麻油垂らし、緑茶(緑茶中毒なもんで…)
昼食・・・弁当です【鶏肉の山椒焼き、キャベツと玉子の炒め物、オクラの梅肉和え、ブロッコリー、プチトマト】
夜・・・ゴーヤチャンプルー、麻婆豆腐

こんな感じです。

具沢山味噌汁は、沖縄行って覚えました。野菜や肉、豆腐など、山盛り具の入った「食べる」味噌汁です。これはかなりボリュームがあって、お腹が膨れます。

お昼の弁当なんかは、たいそうに見えますが、晩御飯の残りとか、作り置きで冷凍しといたものなんかを使っています。あとは、「焼くだけ湯がくだけ混ぜるだけ」と簡単なもんばっかりです。

夕食は、帰り際にスーパーのタイムセールを狙います。鮮魚コーナーや精肉コーナーは、夕方6時を回ると10%引き、30%引き、半額、と割引率が大きくなるのでエンゲル係数が高くなる糖質制限食では、こいつをうまく利用しない手はありません。日々、ご近所の主婦の方々と熱い争奪戦を繰り広げてます。

昨日は、たまたま豆腐が安かったので、豆腐を使った料理二品になりましたが、これが半額のステーキだったりお刺身だったり、その日の安いモノによってメニューが変わります。

外食したときや朝食に、たまにですが、ご飯やパンも食べます。基本的に、いわゆる“白いパン”はもともと好きではないので、ライ麦100%や全粒粉100%のパンを買ってます。あとは、当社で販売しているローカーボふすまパンを食べてます。値段は高いですが、糖質を食べる「妙な罪悪感」を感じないのでいいです(笑)

お米にもあまりこだわりがないので、家でうな丼食べるとき(うなぎ大好きなもんで…)は、ウエダ食品さんのもはや伝説となった“ごはんこんにゃく”を混ぜて炊いてます。

ちなみに、こんにゃくとお米の比率は、8対2です。(あ、こんにゃく8ですよ)

あらてつ的糖質制限な食事は、こんな感じです。すかんぴんさん、こんなんで参考になりますでしょうか?何かご質問があれば、遠慮なくコメントくださいね~。

そうそう、江部康二先生、6月15日のブログにこんなことを書かれてました。

『食事療法は長く続けるのが大切なので、我慢は禁物です。たまに居酒屋でたっぷり食べて飲んでおおいに満足感を味わってください。

日本には昔から晴れの日とケの日があります。美味しく楽しく糖質制限食ですから、たまの晴れの日はおおいに楽しんで、美食堪能してくださって結構ですよ。 (^_^)

1 空腹時血糖値110mg/dl未満、あるいは126mg/dl未満
2 食後2時間血糖値180mg/dl未満、理想的には140mg/dl未満
3 HbA1c6.5%未満、理想的には5.8%未満

相方さん、この目標値を満たす範囲でならお腹いっぱい食べていただいてOKです。カロリー計算は基本的にはいりませんが一応常識的な範囲で・・・ (o´∀`o)

「1gの糖質が、2型糖尿人の血糖値を3mg上昇させる」という公式を念頭に、糖質のグラム数だけ気にしておいてくださいね。
 
わたしもたまには唐揚げ、豚カツ、ケンタッキーフライドチキン、春巻き、シュウマイ、餃子・・・。

小麦粉少々ありますが、食べてますので・・・ (*^∀゚)b 』


江部康二先生、さすがです、はい。

糖尿病 | コメント(4) | トラックバック(0)

江部康二先生の共同研究お手伝いday

2008年06月19日
毎週木曜日は、恒例の江部康二先生共同研究お手伝いdayです。

これから行ってきます。

今日こそ、今日こそ戻ってきたらちゃんと昨日の続きを書きますので、皆さん今しばしお待ちの程を~。

糖尿病 | コメント(0) | トラックバック(0)

新たに糖質制限食に取り組まれる皆さんへ

2008年06月18日
「イタイのイタイのとんでいけ」

イタイのが飛んでこられても、迷惑だと思う、あらてつです。

私の痛いのはドコにも飛んでいってくれませんが、まるさんとすかんぴんさんから、こんなコメントいただきました。

『とにかくタレなど
味付けがわからないです。(>_<)
知人からは野菜もダメといわれました。
スーパー買うものわからないです。
結局毎日ステーキ塩胡椒のみで飽きました。
加減がわからないです。
2008/06/16(Mon) 19:40 | URL | まる #-[ 編集]』


『ども。ご紹介にあずかりました、すかんぴん(素寒貧)でございます。

土日はパンやクラッカーをつまんだりしてますが、基本的には野菜+肉・魚をメインに頑張っております。たまにこれまでそれほど好きではなかったパンが食べたくなりますので、ちょっとだけ食べる程度にしています。(8枚切りを1/2~1枚程度) 米や芋類に関しては食べなくてもあまり気にならなくなりました。パンのことがありますが、なれてきたかな、という感じです。

野菜ですが、キャベツが中心です。キャベツを細かく切って、ニンジン・タマネギなどとコンソメスープで煮たものを作る頻度が多いです。ニンジン・タマネギについてはそれほど多く使うわけではないので、ちょっとくらいは・・という言い訳をしつつ食べております。後は、肉か魚をオリーブオイルで焼いたり、蒸したり茹でたり・・というのがおきまりのパターン。

ただどうしても単調になってしまうのが難点で最近はそうでもないのですが、スーパーなどで売っている豚カツ・唐揚げを見ながら涙を流してしまうことがありました。(本当に泣きましたよ・・・。)

どこまで食べていいのか、という判断というか我慢のしどころが今イチわかっていないこともあり、食べるという行為そのものが辛いときがありますね。

まだ、はじめたばかりなので気が張っていますが、落ち着いてきた頃の反動がちょっと怖い今日この頃です。 』


まるさん、すかんぴんさんコメントありがとうございます。

まずは、まるさんのコメントにお答えしますね。

まいどおなじみローカバさんが、コメント欄で焼肉のタレレシピを紹介して下さいましたので、タレ自体はそちらを参考にしていただければと思いますが、基本的に、焼肉or焼き鳥のタレは、砂糖の代わりに「ラカントS」を使えば、充分美味しく作れますよ~。

ドレッシングなんかも、市販のものは砂糖が山盛り入ってますが、自分で作れば砂糖なしでできますし、甘みを加えたいときは、これまた「ラカントS」を好みで入れれば問題ないです。

「ドレッシングなんか、いちいち作ってられん!」と仰るかもですが、以外や以外、あんなものは、オリーブオイルと酢、若しくはレモンの果汁を混ぜて好みの香辛料を加えれば、簡単に作れます。わざわざ高い金出して、山盛り砂糖の入ったモノを買う必要ないです。

次に野菜ですが、基本的に根菜以外は食べて大丈夫です。特に、キャベツ以外の葉っぱモノの野菜は糖質低いので、安心して食べてください。あ、キャベツもサラダに使うくらいなら問題ないですよ。根菜も、例えば、ニンジンなんかを彩りに使うくらいなら、許容範囲です。

糖質制限食を始めると、どうしても肉・魚が多くなるので便秘になる方がおられます。野菜をしっかり食べて、食物繊維を摂って下さいね。

で、スーパーでの買い物ですが、上記をふまえると、米、パン、麺類、お菓子以外は、普通に買い物できます。

ただし、肉・魚が中心になると、エンゲル係数が跳ね上がるのが痛いところ。なので、夕方以降のタイムセールをうまく狙っていくといいと思います。特に雨の日は、タイムセールが早く始まるのでお買い得です。

あと、豆腐やお揚げ、納豆などの大豆製品も、糖質制限食の強い見方です。これらは値段も、安くけっこうお腹も膨れます。

糖質制限食で主食を抜きましょうと言うと、こぞって返ってくるのが、「そんなん、食べるもんないやんけ」

しかし、こんな感じで見てみると、けっこう食べるものあります、というか、カロリー制限よりはるかに食べられます。あれもダメこれもダメとマイナス思考で考えるより、これも食べられるあれも食べられるとプラスに考える方が、美味しく食べられますよ。
糖尿病 | コメント(8) | トラックバック(0)

大豆パン販売中止のお知らせ

2008年06月17日
突然ですが、長らくご愛顧いただきました「大豆全粒パン」が、現在ある在庫が売切れ次第、販売中止となります。

今後、より良い商品を開発して参りますので、何卒ご了承いただけますよう、お願い申し上げます。



糖尿病 | コメント(1) | トラックバック(0)

糖質制限食に取り組む皆さんのコミュニティ

2008年06月16日
30歳のときに腰痛を患いまして、それからずっと腰が悪く左足が痺れっぱなしで、長時間歩いたり立ってたりするとかなり辛いです。

ここ数年、足の痺れは治まってたのですが、先月からまた痺れだしました。

気合と根性で乗り切らねばならぬと、体を動かす日数を増やしている、あらてつです。

「気合と根性」いい言葉ですね、sジムさん(笑)

話は全然変わりますが、ちびまるこさんからこんなコメント頂きました。

『肉球!とっても可愛いです!
我が家の王子様も肉球を毎日つぶされておりますがそのたびに私達召使はミミズバレです。

先日、テレビで見たのですが諏訪中央病院の鎌田實先生の生活をやっていたのですが、大変お元気で睡眠時間は4時間だそうですが、食事がとても気になって見ていると先生も白い食物、つまり精製されたものは一切とらないそうです。それが糖質制限食とは言っていませんでしたが白米、うどん、パンなどは食べないそうです。

やっぱりですね!やっている人はやっているんですよね。

最近ブログを拝見していると新しい方々というか自分との戦いをしている方々が増え、頼もしい限りです。こうなるともう同士ですね、この苦しみは糖尿人でなければわかってもらえないと思います。
奥様が糖質制限食に挑戦し素晴らしい結果にご主人も賛同して一緒にやっているなんて・・・
なんて羨ましい・・・我が家では考えられないことです。さっきも海老天大盛弁当を食べていましたが先日の健康診断では糖質制限食をしている私と大体同じ血糖値やヘモグロビンなんです。

怒り爆発ですよ!!』


ちびまるこさん、いつもコメントありがとうございます。

肉球ぷにぷに愛好家のあらてつとしては、嬉しい限りのコメントですが、今回は肉球の話ではなくて、コメント後半の部分ですね。

以前にもちらっと書きましたが、このブログが、糖質制限食に取り組んでおられる皆さんの、情報交換や悩み相談の場になったらいいなと。

ちびまるこさんから頂いたコメントを拝見して、少しでも皆さんの励みになっているんだなと、少しうれしかったんですね。

そんなことを考えていますと、先日、糖質制限食に取り組んでいる皆でミクシィのようなコミュニティを作ってもらえないかとご要望をメールで頂きました。

患者さん同士の情報交換の場があれば、糖質制限食を続けていく上で励みになるし、困ったこととかこんな商品があればいいなとか、相談しやすいとのことなんです。


う~ん、ごめんなさい。

現状では、開設することも管理することも、正直きびしいです。ミクシィの中で糖質制限食に取り組まれておられる方々が情報交換されていると聞いたことがありますが、済みません、私は確認してません。

その代わりといっちゃなんですが、私のこのブログのコメント欄を、皆さんの情報交換の場にご利用下さい。ブログの内容と関係ない話でも全然OK、糖質制限食に取り組む上での日ごろの悩みやストレス、愚痴でもけっこう、どんどん書き込んでください。悩みは一人で背負えば重いですが、皆で分ければ軽くなりますから。

なんてことを考えて、職場に着いてパソコン開けてビックリ。なんと皆さん、コメント欄にどんどん書き込み下さってました。

嬉しいじゃあ~りませんか。

糖質制限食を始めるにあたっての疑問、続けていく上での悩みや困ったことなど、「三人よれば文殊の知恵」と言いますが、幸い三人どころの話ではない数の方が読んでくださってます。きっと解決するコメントをもらえると思います。

私も、力の及ぶ限りお答えさせていただきますし、分からなかったら江部康二先生に聞きます(笑)

皆さんのコメント、お待ちしております♪

あ、ちびまるこさん、ストレスは血糖値を上げてしまいますよ~。怒りはこのブログにぶつけて、穏やかにいきましょうね~。

糖尿病 | コメント(2) | トラックバック(0)

糖質制限食を始めるにあたって

2008年06月14日
最近、すぐにココロが折れる、あらてつです。

木曜日、もどったら続きを書くと言っておりながら、書けずじまいでごめんなさい。

話の内容は変わるのですが、嬉しいコメント頂いたので紹介させていただきます。

『こん◎◎は。すかんぴんです。
江部先生の本を実際に読んで、先週末あたりから糖質制限食を本格的にはじめました。まだまだ判断の甘い部分があるのですが、とりあえず、米飯削減(昼以外は基本的に米・イモなどは食べない!)を実践、朝・晩は野菜と肉・魚を中心にした食事内容に変えました。

変えてから思うのは、野菜が結構おいしく、腹に溜まること、でしょうか。生野菜の他、オリーブオイルをつかった炒め物・和え物など、いろいろ試してみますが、これが結構食えます。オリーブオイルと塩とこしょうで味付けが大体固まりますし、追加で少量の醤油を足すとなかなかいい感じです。以前の食生活と比べると見た目の色合いがよくなり、内容も豊富になったような気がします。

先日の血液検査では、空腹時血糖値が86(300以上)、HbA1cが6.5(14) 【()内は4月の入院時の数値】と改善が見られ、少しずつですが、先が見えてきました。まだ、薬が手放せない状態ですが、いろいろ試していきたいと思います。ただ、なかなか甘いものへの欲求が捨てきれないのが情けないところですが・・・。』

すかんぴんさん、コメントありがとうございます。

また、糖質制限食を始められて、数値が改善されたとのこと、おめでとうございます。

とりあえずは、昼のみに主食を摂る「スタンダード糖質制限食」からスタートですね。

最初から、あまり厳密に考えると、あとあと続かなくなってしまいますので、すかんぴんさんの取り組まれ方は、とてもいいと思いますよ~。

糖質制限食は、継続してこそ意味がありますから、美味しく楽しく続けてくださいね。

野菜が美味しく感じられるとのことですが、糖質制限食を始めると、肉・魚も増えますが、野菜の摂取量も増えます。

カロリー制限では、油を使った野菜料理は、避けるように指示されますが、糖質制限食では、オリーブオイルやゴマ油をドバドバ使っていただいてOKです。

糖質が少なかったら、ドレッシングを使って頂いてかまいません。

野菜ひとつ食べるにしても、カロリー制限よりも広がりがでると思うんですね。

まさしく、すかんぴんさんがおっしゃいますように「見た目の色合いがよくなり、内容も豊富になったような気がします。」の通りです。

この先、糖質制限食を続けていって、メニューに困れば、コメントくださいましたら、私の食べているものでよければ、紹介させていただきますし、いつもコメントくださる皆さんの食事内容も参考になりますよ。

特に、ローカバさんがコメントくださる「ローカーボレシピ」は、とても参考になるので、是非ご覧ください。
糖尿病 | コメント(18) | トラックバック(0)

江部康二先生と某大学病院との共同研究

2008年06月12日
「肉球が好き~!」

テンプレート、変えてみました。あらてつです。

ぷにぷにして気持ち良さそうでしょう?

肉球とは全然関係ないですが、毎週木曜日は、江部康二先生の共同研究のお手伝いをさせていただいております。

ゆうても、そんなたいそうなことは、していないんですけど。

これから準備に行ってきます。朝一番でブログに来ていただいている皆さん、戻ってきたら続き書きますので、今しばしお待ちくだされ~。

ではでは。

糖尿病 | コメント(0) | トラックバック(0)

江部康二先生特別講演会in大阪講演会の反響

2008年06月11日
梅の雨とかいて「つゆ」

深い意味はありません、あらてつです。

昨日は、朝からバタバタしておりまして、ブログの更新できませんでした。来てくださった皆さん、ごめんなさいです。

で、二日続けて江部康二先生の大阪講演会のご案内をさせていただきましたが、お蔭様でぞくぞくとお申し込みを頂いております。ありがとうございます。

中には、関東や九州から新幹線で来られる方も数名おられまして、本当にありがたいことだと思う反面、皆さんの切実さがひしひしと伝わってきます。

このことは取りも直さず、これまでそして今現在皆さんが受けておられる糖尿病治療が、いかに効果が無かったかを如実に物語っていると思うんですね。

今のカロリー制限の糖尿病治療が本当に効果的であれば、わざわざ高い交通費を払ってまで、江部康二先生の講演会に参加されないですよね。

先日、日本各地に病院のある、大手の医療法人グループの会報誌に、低炭水化物食による糖尿病治療の有効性が、治療データと共に示されており、その中に、江部康二先生の「主食を抜けば糖尿病は良くなる」が紹介されておりました。

今、江部康二先生が取り組まれておられる、某大学病院との共同研究といい、この大手病院の取り組みといい、まだまだ少数ですが、確実に「糖質制限食」が広まっているのを強く感じます。

一部、糖質制限食にご理解のある医療関係の方から、「これから糖質制限食が広がれば、どんどん妨害が出てくるぞ。」と忠告を頂いたことがあります。

以前にも書きましたが、いかに妨害されようが、患者さんはバカではありません。いつまでも改善しない治療法より、明らかに改善する治療法があるのを知れば、そちらを選択するのは当たり前だと思います。だって、皆さん命が懸かってますから。

糖質制限食による糖尿病治療の有効性」を知って頂く為に、これからも地道な努力を積み重ねていきたいと思います。

その一環として、江部康二先生の講演会も、できるだけ皆さんの地元に近い場所で開催できるように頑張りますね。

あ、講演されるのは江部康二先生ですけど(笑)

大阪の次は、何処に行きましょう。




糖尿病 | コメント(4) | トラックバック(0)

またまた、江部康二先生講演会in大阪講演会のご案内です♪

2008年06月09日
先日、えっらい早くに目が覚めまして、見るでもなしにテレビをつけて、ボーっとしてました。

そうしますと、朝食終わって片付けた頃に、なんだか懐かしいアニメが始まりました。

「ゲゲゲの鬼太郎」です。

だがしかし!

なんで猫娘があんなに可愛いキャラなんだ、なんで!もっと不気味なハズだろう!

子どもの頃に見ていた「ゲゲゲの鬼太郎」、再放送して欲しいと思う、あらてつです。

話は全然変わりますが、江部康二先生講演会in大阪講演会のご案内を土曜日に書きまして、江部康二先生もブログで書かれたところ、早速、たくさんのご参加を頂戴致しました。

皆さん、ありがとうございます。反応がめちゃくちゃ良いのでごっつ嬉しいです。なので再度ご案内させていただきますね~。

以下、再掲です♪

これまで、神戸を皮切りに、京都、東京、札幌、名古屋と講演会を開催してまいりましたが、お蔭様をもちまして、どの会場も満員御礼、熱気あふれる講演と相成りました。

ここらで、地元関西圏でもう一度ということで、sジムさんこと、京都西院ボクシングジム鈴木会長の減量ですっかりおなじみ、もはや伝説となった『ごはんこんにゃく』のウエダ食品の上田社長様のご協力で、大阪講演会を開催致します。

前回の名古屋講演会では、公共の施設ということもあって、食材の販売ができませんでしたが、今回は上田社長様のご紹介で、会場にホテルを借りることができたので、糖質制限食食材メーカーの皆様にご協賛いただきまして、盛大に試食&販売を行ってしまいます!

では、五十音順にご紹介致しますと

まず、会場選びから予約まで、何から何までお世話になりました、地元大阪代表、ウエダ食品さん。今回も蒟蒻麺シリーズの販売&試食でご参加いただきます。

江部康二先生講演会では、毎回毎回お世話になって、会場に来られた皆さんがスタッフと間違えたという逸話をお持ちの京都洛北鞍馬寺御用達 尾崎食品さん。今回も、試食&販売をして下さいます。

京NAGOMIおからフィナンシェ、おからほろほろクッキーを開発して下さいました、京都西院「菓子職人」の稲井社長様もご参加。なんとなんと、新作の「低糖質生チョコレート」と「低糖質チーズケーキ」をお披露目して下さいます。

実はこれ、昨日完成したとこなんですけど、はっきり言ってめちゃくちゃ美味いです。マジですごいです。これは食べなきゃホントに損しますよ~。

これまた、講演会の度に山盛りの試供品をご用意いただき、いつもいつも大変お世話になっております、「ラカントS」のサラヤさんも、神戸、京都、東京に引き続きご参加下さいます。

そして、あらてつ一押しの豆腐、「南禅寺豆腐」の、大本山 京都南禅寺御用達 服部食品さんも、京都講演会に引き続きご参加下さいます。今回は、どんな豆腐をご用意下さるのか、とても楽しみです。

砂糖、小麦粉不使用、大豆粉使用の和菓子、『大豆庵甘果』ですっかりおなじみの、京和菓子処 布袋餅菓舗さんも、新商品を引っさげて試食&販売して下さいます。

あ、東京、名古屋と「なんでパンがない、パンが~!」と多数お叱りを受けましたが、今回の大阪では、ローカーボふすまパンを作ってくださってます、“手作りパン教室 パンの耳”さんもご参加くださいますので、皆さん怒らないでくださいね。

以上、豪華な糖質制限食布陣で皆さまをお待ちしておりますので、食い尽くす勢いでお申し込みお待ちしてますね~。

以下、詳細です♪

日時  2008年7月13日(日)
      
場所  大阪リバーサイドホテル
     〒534-0027
      大阪府大阪市都島区中野町5-12-30
      TEL.06-6928-3251        FAX.06-6928-3260

プログラム

12:30  開場 協賛各社様試食販売
13:30  第一部開演
14:15  休憩、協賛各社様試食販売
14:45  第二部開演
15:30  講演終了

   
定員 100名 (先着順)

参加費 1000円 (当日会場にてお支払い下さい)

お電話・FAX・パソコンからお申し込み頂けます。

お電話でのお申し込み
075-873-2170

FAXでのお申し込み
075-873-2270

E-mailでのお申し込み
takaoclub@ktk-kyoto.jp

お問い合わせは、

京都高雄倶楽部
TEL 075-873-2170
FAX 075-873-2270
E-mail takaoclub@ktk-kyoto.jp

営業時間は、8:45から17:00(くらい)
お休みは土・日・祝です。

席をはずしていることもあるので、留守電に連絡先を入れておいてください。後ほど掛け直させていただきます

お席に限りがございますので、お早めにご予約下さいませ。

糖尿病 | コメント(2) | トラックバック(0)

江部康二先生講演会in大阪講演会のご案内です♪

2008年06月07日
江部康二先生講演会in大阪講演会のご案内です♪

大阪の皆さん、お待たせしました。江部康二先生の大阪講演会が決定しました。

これまで、神戸を皮切りに、京都、東京、札幌、名古屋と講演会を開催してまいりましたが、お蔭様をもちまして、どの会場も満員御礼、熱気あふれる講演と相成りました。

ここらで、地元関西圏でもう一度ということで、sジムさんこと、京都西院ボクシングジム鈴木会長の減量ですっかりおなじみ、もはや伝説となった『ごはんこんにゃく』のウエダ食品の上田社長様のご協力で、大阪講演会を開催致します。

前回の名古屋講演会では、公共の施設ということもあって、食材の販売ができませんでしたが、今回は上田社長様のご紹介で、会場にホテルを借りることができたので、糖質制限食食材メーカーの皆様にご協賛いただきまして、盛大に試食&販売を行ってしまいます!

では、五十音順にご紹介致しますと

まず、会場選びから予約まで、何から何までお世話になりました、地元大阪代表、ウエダ食品さん。今回も蒟蒻麺シリーズの販売&試食でご参加いただきます。

江部康二先生講演会では、毎回毎回お世話になって、会場に来られた皆さんがスタッフと間違えたという逸話をお持ちの京都洛北鞍馬寺御用達 尾崎食品さん。今回も、試食&販売をして下さいます。

京NAGOMIおからフィナンシェ、おからほろほろクッキーを開発して下さいました、京都西院「菓子職人」の稲井社長様もご参加。なんとなんと、新作の「低糖質生チョコレート」と「低糖質チーズケーキ」をお披露目して下さいます。

実はこれ、昨日完成したとこなんですけど、はっきり言ってめちゃくちゃ美味いです。マジですごいです。これは食べなきゃホントに損しますよ~。

これまた、講演会の度に山盛りの試供品をご用意いただき、いつもいつも大変お世話になっております、「ラカントS」サラヤさんも、神戸、京都、東京に引き続きご参加下さいます。

そして、あらてつ一押しの豆腐、「南禅寺豆腐」の、大本山 京都南禅寺御用達 服部食品さんも、京都講演会に引き続きご参加下さいます。今回は、どんな豆腐をご用意下さるのか、とても楽しみです。

砂糖、小麦粉不使用、大豆粉使用の和菓子、『大豆庵甘果』ですっかりおなじみの、京和菓子処 布袋餅菓舗さんも、新商品を引っさげて試食&販売して下さいます。

あ、東京、名古屋と「なんでパンがない、パンが~!」と多数お叱りを受けましたが、今回の大阪では、ローカーボふすまパンを作ってくださってます、“手作りパン教室 パンの耳”さんもご参加くださいますので、皆さん怒らないでくださいね。

以上、豪華な糖質制限食布陣で皆さまをお待ちしておりますので、食い尽くす勢いでお申し込みお待ちしてますね~。

以下、詳細です♪

日時  2008年7月13日(日)
      
場所  大阪リバーサイドホテル
     〒534-0027
      大阪府大阪市都島区中野町5-12-30
      TEL.06-6928-3251        FAX.06-6928-3260

プログラム

13:00  開場 協賛各社様試食販売
13:30  第一部開演
14:15  休憩、協賛各社様試食販売
14:45  第二部開演
15:30  講演終了

   
定員 100名 (先着順)

参加費 1000円 (当日会場にてお支払い下さい)

お電話・FAX・パソコンからお申し込み頂けます。

お電話でのお申し込み
075-873-2170

FAXでのお申し込み
075-873-2270

E-mailでのお申し込み
takaoclub@ktk-kyoto.jp

お問い合わせは、

京都高雄倶楽部
TEL 075-873-2170
FAX 075-873-2270
E-mail takaoclub@ktk-kyoto.jp

営業時間は、8:45から17:00(くらい)
お休みは土・日・祝です。

席をはずしていることもあるので、留守電に連絡先を入れておいてください。後ほど掛け直させていただきます

お席に限りがございますので、お早めにご予約下さいませ。
糖尿病 | コメント(2) | トラックバック(0)

糖質制限食と商店街の魚屋さん

2008年06月06日
朝起きたら、ベットと壁の隙間にはまり込んでました。

きっと、妖怪まくらがえしの仕業に違いありません。

妖怪ポストに手紙を入れようと思っている、あらてつです。

あ~、体中が痛いです…。

妖怪まくらがえしとは何の関係もないのですが、最近、近所の商店街にある魚屋さんとなじみになりました。

いつも帰るのが遅いもんで、その頃には商店街は閉まっちゃってて、買い物はもっぱら遅くまで開いてるスーパーを利用してたんですね。けど、最近、割と早く帰れる日が多く、商店街の閉店になんとか間に合うんです。

で、早く帰れたある日のこと、あまり買い物したことない商店街をふらふらしてますと、昔懐かしい「○○マーケット」ってのがありまして、その中に魚屋さんがあるのを発見しました。

「うなぎ」と書かれたポスターに惹かれてのぞいて見ますと、これまた昔ながらの魚屋さんで、ちゃんと切り身になってない魚が砕いた氷の上に並べてあり、奥で店主とおぼしきオヤジさんが、なにか作業をしています。

いい感じじゃないですか~。

最近の小学生って、魚は切り身で泳いでると思ってるなんて話を聞きましたが、スーパーなんかにいくと、さもありなんと思います。切り身でしか売ってないですからね~。

並んだ魚を見てますと、「なにしましょ?」とオヤジさん。「今日のおススメはなんですか?」と聞きますと「ヨコワのいいのが入ってるよ。」なんて話から会話が弾み、熱い魚トークが始まりました。

で、この日買って帰ったヨコワの刺身を食べてびっくり。めちゃくちゃ美味しいんですよ。はっきり言って、スーパーの魚なんて比べ物になりません。しかもしかも、量も値段もこれまたスーパーの刺身とは、格段の差があるんですね。

それからすっかりこの魚屋さんの常連になってしまいまして、今では「今日は何が入ってます?」なんて聞きますと「ちょっと待っとりや。」と言って、奥からとっておきの魚を出してくれるようになりました。

昨日は閉店間際だったのですが、ヨコワとアジの刺身、鯛のアラ炊きを買ったら「今日は遅いな。千円でいいわ」とまけてくれました。

気分良くして、これまた近所の酒屋さんで糖質0発泡酒を買って帰り、夕食はこんな感じになりました。

img027.jpg


やっぱね、買い物行って会話があるっていいです。魚にしろ野菜にしろ、その日に入ったおススメって絶対あるじゃないですか。スーパーじゃ店員さんにそんなん聞いても、答えられないですからね~。

糖質制限食をしてたら、どう工夫したってエンゲル係数が高くなるじゃないですか。同じお金を出すなら、美味しいもの食べたいですから。

大きなスーパーが全盛で商店街はどんどんなくなっていきますが、なんとか頑張ってもらいたいなと魚を食べながら思いましたね、はい。

糖尿病 | コメント(6) | トラックバック(0)

がんばれファミレス!

2008年06月04日
近畿地方、梅雨入りしました。また、洗濯物が外に干せない季節の到来です。

冬の間も、ほとんど家の中に洗濯物を干してたような気がします。

もしかしたら、一年の半分以上家の中に洗濯物干してるのではないでしょうか。朝からどうでもいいようなことを考えている、あらてつです。

ファミレスで糖質制限な朝食の話を書きましたら、ご賛同のコメント頂いたのでご紹介します。

『そう「ファミレスは素敵!」なのです。
特に糖質制限したい人間にとって低カロリーよりも低糖質なので。
ファミレスにとっても高いものを注文してくれるありがたい客になり得るのに。
某社はカロリーと塩分表示だけになってしまった…

糖質制限食実践者はステーキかチキンソテーにジャンボサラダにアスパラガスのフリットにコーヒーなんて単品でゴージャスに注文してくれる客なんだってのにー!
表示があればさらに安心なのにー!!』


黒尼さん、いつもコメントありがとうございます。

まさしく仰る通り、我々糖質制限食実践者はファミレスにとって、お得なセットを頼まず割高な単品ばかりを注文するヘンな客…いや、もとい、いいカモ…、いやいや、客単価の高い上客なのです!

なのに某デ○ーズ(でしたっけ?)!なんで糖質量の表示をやめたんだ、なんで!いくらカロリーの表示したって、カロリー制限している人間が、そんな大量に注文せんでしょうに。

それに比べたら、糖質制限食を実践している方々は、黒尼さんのコメントにあるように、注文の仕方が違います。どっちがお店にとってお徳か、考えたらわかりそうなもんです。

確かに、糖質制限食実践者の絶対数は少ないかもしれませんが、ローカーボダイエットはもはや定着してますし、飲料業界なんか「糖質0戦争」と呼ばれるくらい、「糖質」を減らすことにやっきになって商品を開発しています。これらの動向を見れば、この先の流れがドコに向かってるか、見当がつくと思うのは私だけでしょうか…。

ファミレスは、庶民の味方でありますが、糖質制限食の味方でもあります。糖質制限食を実践している方々にとって、よりいっそう利用しやすいお店になってもらえたらと、切に願います。

だって、朝からステーキ食いたいじゃないですか(笑)

糖尿病 | コメント(4) | トラックバック(0)

糖質制限食を始めるにあたって、ご質問頂きました

2008年06月03日
職場の机の上、未整理の書類が山盛り溜まってます。

お金はなかなか溜まりませんが、なんでこんな余計なものはすぐに溜まるのでしょうか、不思議で仕方ない、あらてつです。

昨日は、朝から糖質制限食について、問い合わせの電話ラッシュでした。

その中で、最近、江部康二先生の「主食を抜けば糖尿病は良くなる 実践編」を読まれて、血糖値が劇的に改善したと仰る方から、食べてよいものについて、ご質問頂きました。

味噌汁を作って中にイモを入れた場合、糖尿病の本人だけそのイモを食べなければ問題ないのか、それともイモの糖分が溶け出すので、入れること自体がダメなのか。なにぶん、糖質制限食を始めたばっかりで、何をどの程度までなら食べて良いのか、わかりませんとのことでした。

あと、出先でどうしても糖質の多いものを食べざるを得ないときは、あらかじめ薬を飲んで良いものなんでしょうかと。恐らく、糖質制限食を始められた当初、皆さん疑問に思われるであろう代表的な内容です。

まず、味噌汁のイモですが、イモが溶けて無くなるくらいまでグツグツ煮込んじゃえば問題ですが(味噌汁煮込む方もおられないと思いますが…)、そうでなければ、イモとか糖質の高い具をのけてもらえば大丈夫だと思いますよ~。

確かにイモ類は、糖質制限食において食べたらあかんよ食品ですが、「イモの入った味噌汁の汁だけでも飲んじゃダメ」なんて、そこまで厳密にやると、ご家族一緒に食事ができなくなってしまいます。

糖質の摂取許容量は、人それぞれ症状が違うので一概には言えませんが、江部康二先生がいつも仰る、

「1gの糖質が、2型糖尿病患者の血糖値を3mg/dl上げます。これを念頭に置いて食後血糖値が140mg/dlを超えないように糖質摂取量を計算しましょう。」

を参考にしていただけば良いのではないでしょうか。

「食べ物に含まれている糖質量がわからん。」と仰る方は、江部康二先生の著書に食品糖質量の表があるので、これまた参考にして頂ければ、分かりやすいと思います。

あと、外出先での薬の件ですが、こちらは江部康二先生の7月6日のブログ「糖質制限食と内服薬」をお読み頂ければいいですね~。悩みが霧散すると思います(笑)

ここのところ、テレビや雑誌で取り上げられることが多いので、新たに糖質制限食を知って始めましたと仰る方が多いです。

初めのうちは、いろんな疑問が出てくると思うので、お気軽にご質問コメント頂ければと思います。



糖尿病 | コメント(0) | トラックバック(0)

朝からステーキ食ったら変でしょうか…。

2008年06月02日
テンプレート変えてみました。

来るべき夏を向かえ討つために、ハイビスカスとアロハシャツで武装してみたのですが、なかなかいい感じで気に入ってます。

ところが、旧人ゴイチ改め洋食屋のせがれゴイチ、言うに事欠いて

「ヤンキーみたいっすよ。」

おめーに言われたないわと思った、あらてつです。

はい、気を取り直していきましょう。

こないまで書いてた、出張先で糖質制限食をどうするシリーズ、読まれた方からこんなご意見いただきました。

「昼食と夕食はわかったから、朝食なんとかせー。」


私になんとかせーと言われても困るのですが、書いた以上責任感じてしまうので、なんとか考えました。

ここでまたもやファミレスの登場です。

ファミレスなら、24時間営業の店多いじゃないですか。それなら、朝からステーキとかトンカツとか単品で頼めば、充分、糖質制限食できますよね。肉が苦手の方は、魚料理を頼めば問題解決。これでアナタも朝からバッチリ糖質制限食を楽しめます。

なんてお話をしましたら、

「朝からステーキ食えるの、オマエだけや。」

などと言われてしまいました。

「え~い、朝からステーキの一枚や二枚食えんでどうする!」

なんてこと言っても始まりませんので、ここでまた考えました。

スープとサラダなんてどうでしょう。これなら何処のファミレスでもありますし、コンソメスープなら、コーンスープとかより糖質低いですよね。あと、何か適当にあっさりめのメニューを加えれば、立派な糖質制限食になると思うのですが…。

これまで、正直なところファミリーレストランは嫌いでした。でも、外に出ることが多くなって糖質制限食に困ったとき、「ファミレスって素敵」と思うようになりましたね。

皆さんも是非ファミレスを活用して、出張先での糖質制限食を成功させてくださいね~。

糖尿病 | コメント(10) | トラックバック(0)
 | HOME |