12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

糖質制限な食材開発 これから京都に帰ります編

2008年01月30日
今日の北海道小樽は晴れてます。
気温も朝でマイナス4度やゆうてました。
これでも暖かい方だそうで、言われてみれば車道に雪は積もってません。

ここ数年こんな感じで雪が少ないそうで、北海道周辺で水揚げされる魚の種類も変わってきてるそうです。

地球温暖化に思いを馳せつつ、それでもやっぱり寒いの嫌いなあらてつです。

なんだか、慌ただしい出張でした。北海道の海の幸も食べずじまいです。

もうちょいしたら京都に帰ります。

ここまで、タイトルの食材開発の話が全く出てませんね(笑)

明日は、何しに北海道へ行ったかと、本題を書きますね~。
糖尿病 | コメント(1) | トラックバック(0)

糖質制限な食材開発 あらてつ厳冬の北海道に降り立つ編

2008年01月29日
朝五時起きで伊丹空港に向かい、飛行機に乗ってやってきました北海道。

千歳空港に近づくにつれて、海が見えてきましたが、コバルトブルーじゃありません。白い珊瑚のリーフもありません。

眼下に見える屋根は、赤瓦ではなく白い雪がのってます。

空港の周りには、葉っぱが落ちた木が所々根元から折れて林立しています。

空港降りても、「ハイサイおじさん」は流れてません。

幸い天気は良いのですが、果てしなく気分は灰色なあらてつです。

けど、飛行機はいいですね。電車・バスは大嫌いですが、飛行機は気に入ってます。

目的地に着くまで人が乗り降りしないのと、狭い車内で臭いをぷんぷんさせながら、駅弁食ったり酒飲んだりするヤツがおらんのもいいです。

んで、今、「ふうどりーむ」さんに向かう電車の中で、このブログ書いてます。

また、時間に余裕ができたら続き書きますね~。
糖尿病 | コメント(2) | トラックバック(0)

糖質制限な食材の開発 あらてつ厳冬の北海道に向かう編

2008年01月28日
今朝の京都の最低気温は、-4度だったそうです。

何度も書いてきたのですが、私は寒いのニガテです。ニガテどころか、寒いと生体反応が低下してくるような気がします。何処に出かける気も起こりませんし、何かしようとする気力さえなくなります。

クマやらモモンガが冬眠するのは、動物として当たり前のことなんじゃないかと、妙な親近感を覚えている、あらてつです。

でね、京都高雄倶楽部と取引のある北海道のメーカーさんがあるのですが、先週、そちらの社長様からお電話頂いて、「至急こちらに来ていただけませんか」と言われたんですね。

「至急っていつがご希望ですか?」とお聞きしましたら、「来週の29,30でお願いしたいのですが…。」

テレビのニュース見てると、北海道って寒波が来て大雪降って、えらいことになってます。気温聞いてみたら、昼間で-4度やゆうてます。

「ちんでしまう」

本んっ気でちんでしまいそうです。北海道ですよ、北海道。北の海の道と書いて北海道ですよ。 北海道ゆうたら寒いんですよ。しかも、真冬ですよ真冬。

向こうの会社の担当者の方が「靴には気をつけて下さいね。滑りますから。ブーツはお持ちですか?」

そんなもん持ってへんちゅーねん。沖縄行くのにブーツなんか履かへんちゅーねん。


あらてつは、生きて帰って来れるのか?それは、木曜日にブログが更新されているかでわかります。皆さん、乞うご期待です。

んで、何でまた北海道かと言いますと、1月15日に「ガイアの夜明け」で紹介された、糖尿病の方向け糖質制限食宅配を始められる、「ふうどりーむず」さんに行ってくるわけですね。  

なんせ遠距離なもんで、普段は電話でいろいろやり取りしているわけなのですが、やはり、
電話では説明しにくい部分もあったりで、細かいニュアンスが伝わらなかったりするわけです。

だもんで、直接会って話をしてくるわけなんですが、「ふうどりーむず」さん、糖質制限食の宅配を始められる前に何度も高雄病院と京都高雄倶楽部に来られまして、さんざん糖質制限食について話をしました。

ですから、糖質制限食について充分理解してもらった上で、今回の商品を作って頂いております。

しか~し!

最近、大手の食品メーカーさんからいろいろと話がくるのですが、どうも理解してんだかどうなんだか分からないような感じですし、なんか飲料メーカーさんの「糖質ゼロ戦争」にのっかってこちらに目をつけたような気がするんですね~。

<つづく>

糖尿病 | コメント(1) | トラックバック(0)

江部康二先生講演会 ご報告3

2008年01月25日
昨日、積もる程ではなかったのですが、京都は雪が降っておりました。

明日の朝、路面が凍結してるんちゃうかなーと思いつつ寝たのですが、案の定、しっかり凍ってました。

途中までは何とかバイクで走って行けたのですが、職場に近づくにつれてスケートリンクみたいになってます。

やむなく、バイクを押して職場まで歩いて行ったのですが、お蔭でこのクソ寒い中汗だくになりました。

これから一日始まるのに、すでに一仕事終えた気分のあらてつです。

あ~、シャワー浴びたいです。

さて、昨日のブログで、今回の講演会で大きな収穫がありましたと書いたのですが、ナニが収穫かと申し上げますと、関東方面で糖質制限食による糖尿病治療に協力して下さる医院さんができたんですね。

江部康二先生が講演会で、「糖質制限食の普及のためには、早急に医療機関のネットワークを構築していかなければならない。」と仰られてたのですが、ご協力を申し出てくださる医院さんが今回の講演会に来て下さいました。

これまで、関西や名古屋方面では、糖質制限食を希望される患者様をご紹介できる医院さんがあったのですが、関東方面ではなかったんです。

ですから、今回お申し出頂きました医院さんは、今後のネットワークを構築していく上で強い見方となって下さると思います。

では、その医院さんをご紹介させていただきます。神奈川県藤沢市湘南台の『湘南台しらがクリニック』さんです。

院長をされておられる白神敏雄先生、講演会だけでなくランチの会にもご参加下さいまして、参加者の方々といろいろお話して下さいました。

白神 敏雄先生です
20080125091923.jpg

とても優しい雰囲気のドクターです。

神奈川方面で糖質制限食による治療をご希望の方がおられましたら、是非、『湘南台しらがクリニック』さんへご相談して下さいね。

『湘南台しらがクリニック』
〒252-0804
神奈川県藤沢市湘南台1-1-6 湘南台クリニックBL 3F
TEL 0466-41-4192
FAX 0466-43-1700
糖尿病 | コメント(0) | トラックバック(0)

江部康二先生講演会 ご報告2

2008年01月24日
ガソリンの暫定税率を引き下げると、地球温暖化の防止にならないと自民党の議員が記者会見でゆうてましたが、余計なところに道路作るのは、地球温暖化の防止になるのでしょうか。

アスファルトは炭酸ガスを吸収するのか、誰か教えて欲しいあらてつです。

え~、ほんっとに遅ればせながら、1月20日、東京にて開催されました、アトピーネットワーク・リーボーンさん主催の、江部康二先生講演会のご報告をしたいと思います。

8月の神戸、11月の京都は高雄倶楽部で主催させて頂きましたが、今回、我々はお手伝いということで、新人ゴイチとともに行ってまいりました。

会場となった東京中野小劇場、初めて行ったのですが、普段は落語やらお笑いとか演劇とかやってるそうですね。

ちゃんと舞台があって座席が階段状になっているので、机を並べた会場よりも見やすそうかなと思いました。

こんな感じです。
20080124084219.jpg

客席から舞台を見ると…
20080124084314.jpg

遥か遠くに映るのが、我らが江部康二先生です(笑)
望遠、最大にしても映りませんでした。済みませんです。

今回の講演会では、神戸・京都に引き続き、糖質制限食食材を作ってくださっているメーカー各社様が販売ブースを出して下さいました。

ただ、いかんせん会場が狭いのと、公共の施設なもんでまったく融通が利かず、とにかく時間厳守なんですね。1分でも借りてる時間を過ぎると、追い出されまし次回から貸してもらえなくなるんです。

ですから、販売を楽しみに来て下さった皆さんには、狭かったり時間がなかったりでご迷惑をお掛け致しまして、申し訳ありませんです。

次回の開催は、このあたりも含めて反省点を改善していきたいと考えております。

んで、今回初めての企画として、「江部康二先生を囲んでお昼を食べようの会」(若干、会の名前が違うような…)を開催しました。

先日も書かせて頂きましたが、京都大本山天竜寺御用達、京都出町柳「尾崎食品」さんの、おなじみ「低糖質 京のおばんざい」と「低糖質 寒天じゅれ」と、sジムさんこと京都西院ボクシングジムの鈴木会長が16キロの減量に成功し、もはや伝説となった「ウエダ食品」さんの「ごはんこんにゃく」でランチメニューを設定、江部康二先生と一緒に食べようという会です。

最初はバタバタしましたが、和やかな雰囲気の中で歓談することが出来たのではないかなと思います。

ブログの読者の方も来て下さいまして、江部康二先生とお話されてました。

私も声を掛けて頂いたのですが、なんだかこっぱずかしいものがありました。なんせ、照れ屋なもんでして…

江部康二先生、読者の方と歓談す、の写真です
20080124090349.jpg


今回の講演会、反省点も多々ありましたが、大きな収穫もありました。次回、そのことを書かせていただきます。

最後になりましたが、ランチの会で食材を提供して下さいました、「ウエダ食品」上田社長様、調理まで手伝って下さいました、「尾崎食品」網本様、広田様、サンプルのご提供並びに会場で様々な準備からお客様への対応をして下さいました、「サラヤ」の稲田様、改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。

糖質制限食 | コメント(3) | トラックバック(0)

江部康二先生東京講演会

2008年01月23日
皆様お久しゅうございます。

またもやパソコンがいかれました。一文字変換するのに3分かかります。

新しいパソコンを手配したのですが、土日はさんでいたので時間掛かるそうです。

窓からパソコン放りなげるのが早いか、新しいパソコン来るのが早いか、ドキドキしながら待ってるあらてつです。

え~、アトピーネットワーク・リボーンさん主催の江部康二先生の講演会ですが、94名の方にご参加頂き、大盛況のうちに幕を閉じることができました。

ご参加頂きました皆さん、ありがとうございました。

また、ランチの会で「ごはんこんにゃく」をご提供下さいました、「ウエダ食品」さん、同じくランチの会にて「低糖質 京のおばんざい」「低糖質 寒天じゅれ」をご提供頂き、ランチの会会場では調理まで手伝って頂きました、「尾崎食品」さん、講演会会場やランチの会会場で、「ラカントS」のサンプルを提供して下さいました「サラヤ」さん、大豆パン、大豆クッキーの販売して下さいました、「セーフテック」さん、この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。

特に、「ウエダ食品」の上田社長様、「尾崎食品」さんの網本様、広田様、「サラヤ」さんの稲田様、皆様のご協力がなければ、今回の講演会とランチの会は成功しませんでした。

本当にありがとうございました。

明日、何とか写真をアップして、講演会の報告第二弾を書きたいと思います。

明日アップされてなかったら、今度こそこのパソコンは窓の下か池の底だと思って下さいね~。

糖尿病 | コメント(0) | トラックバック(0)

自転車と糖質制限食

2008年01月19日
20080118101209.jpg


街のクマさんがママチャリで100kmツーリングされるとコメントに書いて下さいまして、そのご報告を頂いたのでご紹介します。

『ママチャリツーリングの報告
膝と尻が痛くなって難儀しました。やはりクロスバイクで行けばよかったと後悔しました。
ところで出発前に食べた押し寿司も、途中で食べた鴨南蛮そばも思ったほど感動出来ませんでした。
糖質中毒から抜け出せたからなのか、これならもう食べなくてもいいかなと思いました。』


街のクマさん、ママチャリ100kmツーリングお疲れ様でした。そして、脱・カブ中、おめでとうございます(笑)

私も、たま~に食べる炭水化物、美味しいとは思えなくなってます。

「ごはんこんにゃく」で鰻丼するときもありますが、美味しいのはウナギであって、ご飯の方じゃないいですからね~。

さてさて、私が20代の頃、知人のマウンテンバイクを借りて琵琶湖を一周したことがあるのですが、座ってられないくらいお尻が痛かった記憶があります。

自転車で長距離走ったことなかったんで、あんなに痛いもんだと思いませんでした。

でも、生まれて初めて乗ったママチャリ以外の「いい自転車」が、こんなにも楽にこげる物なのかと感動しましたね。

あれから十年以上も経ち、すっかり堕落した私は「エンジンつきの乗り物」から離れられず、自分でこいで進むことを忘れてしまいました。

そんな私が、去年の秋、何故だか突然自転車が欲しくなって、知人から安く譲ってもらったのが、写真の自転車です。

自転車のことはさっぱり分からないのですが、こいでてすごく楽なのと、結構なスピードが出るのが嬉しくて、買ったその日はそこらへんをくるくる走り回ってましたが、やはりこがないと進まないという当たり前の事実に気づき、乗らなくなってしまいました(笑)

けど、飲んだくれてた正月、なんの気まぐれか「自転車乗りたい」と思い立ち、買い物がてら走り回ってたのですが、これがどうしてなかなか楽しいじゃありませんか。

京都はやたらと信号が多いので、目的地までにかかる時間は、自転車も車もさほど変わらないということが判明、最近は、けっこう自転車乗って買い物出かけたりしています、はい。

bossさんみたいに、自転車通勤するほどの根性はありませんが、少しずつでも普段の足を自転車に変えていこうと企んでいる今日この頃です。

街のクマさん、自転車っていいもんですね~。

話変わりますが、今晩、江部康二先生の東京講演のお手伝いに東京へ向かいます。
東京の皆さん、お会いできるのを楽しみにしてますね~。
糖質制限食 | コメント(5) | トラックバック(0)

コメントお返事、遅くなってごめんなさい2

2008年01月18日
パソコン復活!

やはり、機械といえど甘やかしてはいけませんね。

「己の力でたちあがれぃ!」と激を飛ばしたら生き返りました。

けど、期待させといて突き落とされるのが世の常ですから、新しいのを買うことにしました。

ようやくイライラから開放されると少し嬉しい、あらてつです。

パソコン動いているうちに、お返事一気に書かせて頂きますね。

でぃあべーちゃさんから頂いたコメントです。

「いつも、楽しく拝見しています。
当方(30代女)糖尿歴6年以上ですが、糖質制限+自己血糖値測定は2ヶ月目に入りました。
12月からは相方もDMと判明(発病は15年位前らしい)2人で、糖質制限やってます。
週末は糖質制限なレストラン、CAFE探しです。

だいたい、ランチの時間帯にいくと、かならず、ライスやパンがセットなんですよね。
ご飯を残すのがもったいないので、ウエイトレスに、ご飯不要を伝えるのに苦労します。

先日はインド料理やでカレーセットしかなくて、ライス・ナン不要の旨を英語で伝えるのにTRYしました。
日本人よりあっさり通じてかえってショックでした。
糖尿と炭水化物との関係はインドでも浸透しているらしいことが感じられました。

それと、糖質摂取と糖尿病との関係についてのデータや論文って、日本にはほとんどないんですね。
ひょっとして黒い圧力がかかってるのかしら、、、
勘ぐってしまいます。

スーパーの食品なども一律で糖質量の表記をしてほしいです。

あらてつさん、今年もご活躍期待しております。」

でぃあべーちゃさん、遅ればせながら今年も宜しくお願い致します。

私も、たまに外でランチを頼みますが、「ご飯無しで」と言うと怪訝な顔をされますね~。

なじみの店なら全然問題ないのですが、明らかに「ヘンなヤツ」と思われているのが伝わってきます(笑)

まあ、他人からどう思われようが気にしない性質なので、「ヘンなヤツ」を激しく貫きますが。

でぃあべーちゃさん仰いますように、日本人より外国のかたの方が、「パン、ライス抜き」があっさり通じる気がします。

糖質量と血糖値にかんする論文や医療データの件もそうですが、日本は先進国と言われてるけどほんまにそうかいなと思ってしまうことが多々ありますね。

影でなんかやってんちゃうけ~と勘ぐりたくもなりますよね。

糖質制限食が広く認知されれば、閉鎖的な日本でも否応なしに認めざるを得なくなってくると思います。これまで以上に普及活動に邁進いたしますので、宜しくお願いします。

次は、南の豚さんからのコメントご紹介です。

「あらてつさん はじめまして
毎日楽しみにしています。

さて、私は現在タイの南のほうに住んでいまして、昨年の11月に糖尿と診断されました。
数ヶ月間体重減少と多飲多尿が続き、11月頭に検査したところ空腹時血糖値が288ありました。(ついでに歯を磨いたときに洗面台が真っ赤になるほど出血していたのも高血糖のせいだったんですね。これは後から知りました)
で、もちろんタイの田舎ですから現地の病院でタイ人の先生に診てもらったんですが、そのときの指示が運動することと『ご飯・果物・お菓子を控えること』だったんです。

これって、基本的に糖質制限ですよね。

カロリーとかは全く指示されてないんですよ。
(指示されていたとしても、現地の人がカロリー計算できるとも思いませんがw)
あとで欧米と日本の糖尿病管理の実態を知れば知るほど、かえってタイのほうが進んでいるのかな?とも思います。でも食事制限が「できない」ことを前提としているので、とにかく薬(SU剤など)を飲まされます。
幸運なことに、診断後一週間もしないうちに糖質制限について知ったので、薬に頼らずに食事と血糖値測定でコントロールを試みることができました。今2ヶ月経って空腹時が97、HbA1cが5.0になっています。
今後とも糖質制限でがんばって生きて行こうと思います。(可能な限りタイの糖尿人にも糖質制限、拡げて行きたいです)

いや、先に日本のお医者さんに行かなくてかえって良かったと思っています。(その後バンコクの日本人のお医者さんに聞いたら、ちゃんと「カロリー」「食事のバランス」で食品交換表云々になっちゃいましたw)

これからも楽しいブログ続けてくださいね。
(糖質制限のお菓子類は眺めているだけで買えないのがつらいですが・・・。海外発送しません?)」


南の豚さん、初めまして。あらてつのブログに起こし下さいまして、ありがとうございます。また、お返事遅くなって申し訳ございません。

タイの病院でも、糖尿病になったら、<運動することと『ご飯・果物・お菓子を控えること』>の指示が出るんですね~。

ヨーロッパに住んでる知人が、糖尿病と診断されたとに、真っ先に言われたのが「パンを控えなさい」だったんで、同じことを言われはったんですね。

糖質制限食をお知りになって、血糖値もHbA1cも改善されたとのこと、本当に良かったです。

日本の医者にかかってたら、今頃えらいことになってましたよ(笑)

なんだか、ますます日本での現状を憂いてします。このままだと、日本での糖尿病治療は、世界から置いてけぼりになってしまう恐れがありますよね。

南の豚さん、タイでの糖質制限食の普及、是非とも宜しくお願いします。私達も、日本で糖質制限食が選択肢の一つとして当たり前になるよう頑張ります。

あ、糖質制限食の食材ですが、海外発送って今までなかったので出来るかわからないんですよ~。運送会社に聞いてみますね。

糖尿病 | コメント(2) | トラックバック(0)

2008年01月17日
朝起きたら雪が降ってました。バイクのシートが凍ってバキバキになってました。

温暖化は困りますが、公共交通機関がないからバイク通勤してるのに、雪降ったらもっと困ります。

しかも、朝よりも激しく雪が降ってきてます。

明日ブログが更新されてなかったら、帰る途中で遭難したと思って下さい。あらてつです。

返事が遅れまくって申し訳ありません。

ミントさんから頂いたコメントご紹介させて頂きますね。

「あらてつさん、お久しぶりです。
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

わたしはお正月は実家に帰っていたのですが、すき焼きに手巻き寿司、さらに砂糖たっぷりのおせち料理とダブルどころかトリプルパンチくらいくらいました(涙)
ご飯はほとんど食べなかったのですがそれでもすき焼きとかやばいですよね。

やっぱり一人暮らしだと糖質制限もやりやすいなーと実感しました。
相変わらずお金はかかりますけどね。。。」

「そうですよね!わたしも実家で微妙に米を食べた瞬間、糖質制限+血糖値測定始めて5本の指に入るくらいの血糖値になってめっちゃびびりました。
しかも量はぜんぜん食べてないのに、です。
この人たちに私たちの体で人体実験?して見てもらいたいですよねー。」


ミントさん、コメントありがとうございます&こちらこそ宜しくお願い致します。

小正月も過ぎてお屠蘇気分もようやく抜けて、すっかり普と変わらぬ日常になってしまいましたが、糖質制限食を実践している皆さんにとっては、早く正月が明けた方が嬉しいですよね~。

ミントさんは、食事の内容と血糖値は、もうすっかり落ち着かれましたか?

私の周囲でも糖質制限食されておられる皆さん、かなり苦労されてましたが…。

正月の間に糖質食べて上がってしまった血糖値と、正月明けてから落ち着いた血糖値を、糖質制限食を批判する連中に見せてやりたいですね。なんて反論するか聞いてみたいです。

ここのところ、糖質制限食に対する反応が徐々にですが良くなっています。

テレビ番組ではありませんが、ようやく「夜明け」が来た感じがします。

今年こそ、「糖質制限食の夜明け」になるよう頑張りますので、宜しくお願いいたしますね~。

糖尿病 | コメント(2) | トラックバック(0)

糖質制限なフィナンシェです

2008年01月16日
20071121090259.jpg


江部康二先生に、「ブログでフィナンシェを紹介してくださいよ~」なんて言ったら、本当に紹介して下さいました。

「立ってる者は親でも使え」などと言いますが、たまたま来られた江部康二先生を使ってしまった、あらてつです。

江部康二先生、済みませんです。。。

せっかく書いてくださいましたので、再掲になりますが私もフィナンシェ紹介しますね。

京都に「菓子職人」とおっしゃる洋菓子屋さんがあります。伊勢丹新宿本店や、日本各地の有名百貨店に期間限定で出店されているので、スウィーツ大好きならご存知の方もおられるかと思います。

今でこそ糖質制限食のことをえらそうに語っておりますが、実は私、甘い物には目が無くて、糖質制限食を始める前は、京都中のケーキ屋さんを網羅するくらいの甘党だったんです。

京都で有名無名あらゆるケーキ屋を食べ歩きましたが、そのケーキ行脚のなかで、イチゴのショートケーキを食べて、「美味い!」と心底思ったのが「菓子職人」さんだけだったんですね。

「美味しいフィナンシェができないものか」今回の企画が持ち上がったとき、真っ先に頭に浮かんだのがその「菓子職人」さんでした。でも、「菓子職人」さんといえば、全国でもその名の通った超有名なケーキ屋さんじゃありませんか。

「砂糖を使ってない焼き菓子作って下さい。」なんて言ったら、「お帰りください」って言われそうでしょう。

現に、新人ゴイチが話をしにいった某洋菓子店では断られましたから。

だめで元々と思いつつ、恐る恐る電話を掛けて簡単に説明させてもらうと、なんと、オーナーシェフの稲井社長が会って話を聞いてくださるとのこと。

話も決まってないのに、ガッツポーズを取りましたね。

でも内心、断られたらどうしようと、説得するセリフを山盛り用意して、稲井社長に面会に行きました。

高雄病院で行われている糖質制限食による糖尿病治療と、糖質制限食について説明し、糖尿病の方でも安心して食べられる食材を開発・販売しています、どうかご協力願えませんでしょうかと、話をしました。

すると稲井社長、「いいですよ、やってみましょう。」

「でしょう。やっぱり無理ですよね。済みませんお忙しい中、こんなややこしいお話を持ってきまして・・・って、え゜え゜~」

と吉本新喜劇のようなノリ突っ込みを一人でしてしまいましたね、はい。

なんとなんと、断られると思ってたのが、二つ返事でOKではあ~りませんか。

「菓子職人」オーナーシェフ稲井社長、まずは私の持ち込んだ原材料でどこまでできるか、考えられる焼き菓子を一通り作ってみましょうと取り組んでくださいました。

焼いてくださった焼き菓子、正直どれも美味しかったです。びっくりするくらい美味しかったのですが、焼く過程でロスが出たり、焼き上がりが安定しないなど、いくつか問題のある商品がありました。

その後、何度も試作と原材料の見直しを行い、量産試作品が出来あがったのです。

そして、ここで登場するのが我らが江部康二先生です(笑)

例によって、江部康二先生を実験台(笑)にした血糖測定を数度に亘って行い、糖質制限食スウィーツとしての最終関門をみごとクリア!と相成りました。

美味しいのはもちろん、血糖値を上昇させないスウィーツとして、今月から販売開始です。

お味の方は、「抹茶」「ショコラ」「カフェ」3タイプご用意させて頂きました。

詳しくは、糖質制限ドットコムをご覧下さいね~。

糖質制限ドットコム http://www.toushitsuseigen.com/

糖尿病 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントお返事 遅くなってごめんなさい編

2008年01月16日
冷蔵庫が冷えなかったらクレームもんですよね。テレビや電子レンジが番組や食品によって動かないなんて家電製品としてありえないと思います。

それが、なんでパソコンならそれが許されるのか、理解に苦しむあらてつです。

文字の変換に恐ろしい時間がかかりますが、何とか文章が打てるので、コメント頂いててお返事書けてなかったのを書きますね。

陰謀か?

某デ◎ーズのメニューから成分表示が消えてカロリー表示のみになってしまい。非常にムカついている黒尼です。

最初は全部表示があったのに、なぜかタンパク質と脂質と熱量のみになり。
ついにはカロリーだけになりました。

そんなんじゃ意味ないんじゃー!と深夜のデ◎ーズで怒りに震えたのでした。
国民病だとかメタボに注意とか言う割に、この国の予防医療に対する認識は馬鹿みたいですよ。

黒尼さん、お返事遅くなって申し訳ございません&今年も宜しくお願いいたします。

欧米では、すでに糖質の表示のあるレストランが多いと聞きますが、某○ニーズは、カロリー表示だけになっちゃったんですか?時代に逆行してますね~。

飲料メーカーなんかは、早々と糖質をカットした商品出されているのに、食品メーカーさんは未だにカロリーカロリーの大合唱です。もうちょっと世界的な流れに目を向けてくれればと思うんですが。

国の姿勢にしてもそうですよね。談合して道路作ったりワイロもらって防衛装備買わせることには血道を上げますが、国民の健康にはまるで無関心です。

メタボの予防も、本当に予防したいんじゃなくて、医療費を抑制したいだけでしょう。もっと先を見越して物考えろっていいたいです。

糖質制限食を広めて、少しでもこの現状を改善できたらと思います。

まだお返事かけてない皆さん、ごめんなさいです。必ずお返事書きますので、今しばしお待ち下さいませ。

 
糖尿病 | コメント(0) | トラックバック(0)

パソコンがなんぼのもんじゃい!

2008年01月15日
以前から調子の悪かった、私のデスクのパソコン、とうとう壊れました。

先週の木曜、職場に着いてパソコン起動させたら、全然動きません。

高雄病院でシステム管理をされているNさんに助けを求めて、とりあえずは動くようになったのですが、文字の変換ができないとか、すぐに落ちてしまうとか、仕事になりません。

このブログも、ここまで書くのが一苦労です。

木曜から今日まで、書けてなかった間も見に来て下さってた皆さん、コメント下さった皆さん、ごめんなさいです。

連休明けたので、取り急ぎ何とかしますんで、今しばしお待ち下さいませ。
糖尿病 | コメント(0) | トラックバック(0)

カロリー制限で血糖値下げてみぃ!コメントお返事編4

2008年01月09日
続けてコメントのお返事いかせもらいますね~。

街のクマさんからいただいたコメントご紹介です。

明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い申し上げます。
このお正月は、ナッツと自家製ベーコンで焼酎ばかり飲んでおりました。
お恥ずかしながら、誰かさん同様に人事不省にも陥りました。
今夜は、それでも懲りずに常夜鍋で焼酎(小鶴くろ・お勧めです)を頂いておりますが、明日は家に残っている未練の押鮨の残りを消化してから、少し美味しい炭水化物を食うちゃろ、体調を整えちゃろという意味で三段変速のママチャリで100kmほど走って来るつもりです。
だって良い自転車では責めが足りませんのでね。(変でしょうけそどヘルメットは被っていきますよ。)
計算上ではブドウ糖で200g程取れますので、楽しみつつ頑張って走ってこようと思います。
なんか食い意地が張っていて卑しいようですが、我慢、我慢も辛すぎるので自分への甘えに片目をつぶって頑張って来ます。

ブログを読む方にとって、更新は毎日であって欲しいです。しかし、毎日書くほうはとても大変でしょう。
継続は力なりと申しますが、どうぞ無理をなさらないで継続くださいね。
(ボスさん同様にあらてつサンも自転車通勤をされれば最高でしょうが。)
明日は自分を甘やかすための短い旅に出かけて参りましょう。(笑
あらてつサン、皆様、今年も宜しくお願い申し上げます。


明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。

街のクマさんは誤解されてますね~。私は飲みすぎて人事不省に陥ったのではなくて、宇宙人にアブダクトされたんですよ~(笑)
たぶん、次の職員検診でレントゲン撮ったら、首の後ろに正体不明の金属片が埋め込まれているはずです(大笑)

そうそう、去年の秋に買った自転車を、この正月に始めて乗りました。

知り合いから譲ってもらった、ロードレーサー(?)みたいな自転車で、アルミで出来ててあまりの軽さに驚きましたね。

しかも、ママチャリと比べると乗ってて楽なんですね~。調子に乗って、正月早々くるくる走りまわっておりました。

けど、さすがにbossさんみたいに通勤は無理です。そんな根性ありません(笑)

少しずつバイクからチャリに足を変えていこうと計画中です。

でも、新しいバイク買っちゃいますが(笑)

何事も無理せず、楽しみながら続けていけたらと思います。

これって、糖質制限食にも当てはまりますよね。適度に力を抜きつつ頑張りますので、街のクマさん、今年もどうか宜しくお願い致します。

糖尿病 | コメント(0) | トラックバック(0)

カロリー制限で血糖値下げてみぃ!コメントお返事編3

2008年01月09日
昨日の帰り際、いつまで経っても新人ゴイチが、

「紙パックとかペットボトルとか、普通に捨てちゃだめですか?」

などとのたまいました。

「たわけー!!!」

コヤツは釣りが好きで、暇があれば海だの川だの出かけて釣りしてます。

このまま地球が暑くなったら好きな釣りもできんぞと、ひたすら分別させている、あらてつです。

けど、最終的にゴミを分けているのは私なんですが…。

恵理さん、お返事遅くなってごめんなさい。

『遅ればせながら、あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。m(_ _)m

年末の掃除で、食品交換表を捨てました。(-_- )ノ⌒ポィ
交換表に成り代わり江部先生の著書をすぐに手に取れる所に並べています
昨日の読売テレビ、見ましたよ。正座してゴイチさん、ご立派でしたゴイチさんと並んでパソコンに向かっているあらてつさんの後ろ姿、見逃しませんでしたよー江部先生がカットされたなんて腹立つやら悲しいやらテレビの世界はややこしいですね。』

こちらこそ、遅ればせながら明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

江部康二先生や高雄病院に、テレビ取材の申し込みはけっこうあるですね。最初は担当のディレクターが電話かけてくるんですけど、糖質制限食についていろいろ話をするじゃないですか。たいがい食いついてくるんですよ。

で、実際に取材に来て、江部康二先生が症例を出しながら詳しく話をすると、ディレクターは目を輝かせるわけです。

だって、画期的な治療ですし、実際に治療効果はカロリー制限なんかと比べものにならないですし、生理学的にも否定しようがないですから。

けど、ですわ。

取材結果を局へ持って帰ると、上司やらなんやらから横槍が入って、内容が変わったり大幅にカットされたりするんですね。

その理由はあえて書きませんが、一言いいたい。

「お前らそれでもジャーナリストか?」

真実を伝えるのがジャーナリストの使命です!なんてよく聞きますが、当たり障りのないことを伝えたり、権力におもねるのがジャーナリストなんですかねー。

それとも、テレビはジャーナリズムではないんでしょうか。

ジャーナリストとして誇りと魂もってるなら、一度でいいから取材した内容をまともに番組にして放送してみろっちゅーねん。

あなた方に誇りと良心があることを期待してますよ。

糖尿病 | コメント(0) | トラックバック(0)

カロリー制限で血糖値下げてみぃ!コメントお返事編2

2008年01月08日
通勤用のスクーターを買い換えようと思いました。

欲しいバイクが絶版車なので、いつもお世話になっているバイク屋さんにお願いして、程度の良いのを探してもらってます。

小さなことなんですけど、少しだけワクワクしている自分が可愛い(笑)あらてつです。

済みません、30半ばを過ぎてバカいってると笑ってやって下さい。

コメントお返事いきますね。

菓子折りさんから頂いたコメントをご紹介させて頂きますね~。

『あけましておめでとうございます。
年始からよくぞ言ってくださいました。その通りでございます。
医学は科学だと思うのですが、非科学的なことがさも正しいかのようにまかり通っているのが歯がゆい昨今です。学会の権威の方がそうおっしゃると他の方はそれに従うしかないのでしょうか。

また私の担当の管理栄養士様も、なぜ炭水化物を取らないんですか!
ケトン体が出て危険ですよ。バランスの良い食事をしましょう。カロリーは1600kcalの指示を守ってください。と毎度おっしゃいます。最近では反論・説明するのも疲れてしまいました。

が、疲れてる場合ではないですね。もっと声を大にして言い続けること
が大切ですね。それが人の益、国益にさえつながるわけですから。
ちなみに私は血糖値が100を超えることはありません。糖質制限食の結果です。これはとても科学的なことだと思いますが・・。』

菓子折りさん、明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。

菓子折りさんの担当している栄養士さん、まったく困ったちゃんですね~。

「なぜ炭水化物を取らないんですか!」???

殺すきかぁ~!

「ケトン体が出て危険です」???

もっと勉強しろ!

糖尿病がかなり悪化した場合に出るケトン体と、正常な状態で生理的に産生されるケトン体の違いを知らんのか?

このあたりは、江部康二先生のブログの「ケトン体」のカテゴリーに詳しいので、専門的なことはそちらをご覧頂くとして、人様に「ケトン体が出て危険ですよ!」なんて言うなら、これくらいのこと知ってから言う義務があると私は思うんですが、違うでしょうか。

「なぜ炭水化物を取らないんですか!」もそうです。

この発言、炭水化物を摂ったらどうなるか知った上でゆうてるんですかね?

知らずにゆってるなら、人を指導する資格はないですし、知っててゆってるなら、私なら訴えますね。

昨日も書きましたが、命がかかってる方に対して指導する立場の人間が、「知りませんでした」では済まされないと思うんですよ。

先日、ちょこっとテレビで紹介されたもんで、問い合わせを頂くことが増えたのですが、皆さん口をそろえて「カロリーカロリー」と仰います。

糖尿病の方がこう仰るのも、これまで「カロリー」一辺倒で来た日本の糖尿病治療の弊害ですよね~。

まだまだ道のりは遠いですが、問い合わせの内容が、「カロリー」から「糖質」に変わるように頑張って行きたいと思います。

皆さん、応援宜しくお願いいたしますね~。



糖尿病 | コメント(5) | トラックバック(0)

カロリー制限で血糖値下げてみぃ!コメントお返事編

2008年01月07日
下駄と気象予報士、どっちが天気予報の当たる確率が高いんでしょうね。一回、統計とってみようかと考えてる、あらてつです。

昨日の天気予報で、今日は晴れるゆうからゆうべ洗濯したんですけど…。

え~、コメントのお返事がかけてなかったので、ご紹介がてらお返事書かせていただきます。

ちびまるこさんからです。

あけましておめでとうございます。今年もお邪魔します。
年末に検診に行ってきまして、驚きの結果が出ておりました。その時、栄養相談というのがあって糖質制限食の事も聞いてみようかなと思い、いろいろ聞きましたら無駄なことを聞いてしまったと後悔しました。時間の無駄というのか相変わらずの食品交換表を使ってちゃんとご飯もバナナも牛乳もとったほうがいいですと言われました。糖質制限の食事だとたんぱく質の採りすぎだというのです。でも確実に数値が良くなったのはこの制限食が初めてなのですから、数値を見ればわかるでしょうといいたいです。

制限食で初めてのお正月はいろいろありました、夫の実家の義母に説明しても食べられないお米や蜂蜜をお土産に渡されたり、夫と外出時、麺が食べたいといわれてちょっとしたお店に入ろうとしてもメニューは焼きそば、ラーメン、お好み焼きと小麦粉のオンパレードでこいつは(夫)わざとかと、むかついたり。
旅行先の朝ご飯にも悩みました、和風旅館より朝はバイキングがあるところを選び、佃煮、漬物だけではなくて洋風のサラダや玉子焼き、ハムなどを自分で選ぶようにしました。

すぐにいつもの食事に戻り、今はこちらで頼んだクッキーとフィナンシェを楽しみに待っています。


ちびまるこさん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

さて、例によって栄養相談の話が出てきましたね(笑)相談担当者は栄養士さんなのでしょうか?

糖質制限食に関わる仕事についてから、栄養士さんから質問頂く&議論する機会がやたらと多くなりました。

中には、柔軟な思考と理論的な思考ができる方もおられますが、大概の方は、頭固いです。

こちらは、臨床データもありますし、理論的にもしっかりしてますし、生理学的に否定できない話をしているのですが、ガンとしてうけつけようとしません。

最後は感情的になってこられるので、ちびまるこさんが仰いますように、「こいつにナニゆうても無駄やわ」と思ってしまいます。

けど、こんな人に指導されて体悪くなる方が確実におられると思うと、ゾッとしますけど。

一回、バナナ食べて食後血糖計って見せてやったらどうでしょうしょう。それもアホらしい話ですが…。

お正月の食事は大変だったみたいですねー。私みたいに、焼き豚と焼酎で過ごすわけにはいかないですからね~(笑)

やはり、糖質制限食を必要とされていない方々に、糖質制限食の必要性を理解してもらうのは大変だと思います。

ストレスをお感じになることも多々あるかと思いますが、そんなときは、私のブログに怒りをぶつけて下さいね。

適当にガス抜きしながら、糖質制限食続けていきましょう。

糖尿病 | コメント(0) | トラックバック(0)

続・カロリー制限で血糖値下げてみぃ!

2008年01月06日
今日の京都は、朝から天気いいです。洗濯ぐるぐる回して、布団を干して、部屋中掃除して、一息ついたらこんな時間になってしまいました。

気分はいいのですが、少々虚しい気がせんでもない、あらてつです。

前回の記事に、コメントたくさん頂きました。皆さん、ありがとうございます。順番にお返事させていただきますので、いましばしお待ちくださいませ。

んで、なーんで新春早々から怒りモードだったかと言いますと、関西地区の方は、ご覧になられたかもなんですが、高雄倶楽部に取材に来た、例のニュース番組の内容です。

その中で、大阪にある某糖尿病レストランとそこがやってるスウィーツの店が紹介されてましてね、「糖尿病の向けにカロリー抑えてます。」なんて栄養士の方がコメントしてるわけですよ。

そのコメントを聞いたのとの、ケーキを作る過程で、どう考えても血糖値が上がる素材を使っているのを見て、憤りを感じたんですね。

おそらく出ていた栄養士の方は、カロリーを抑えたら血糖値は上がらないと思っているのでしょう。

でもね、そもそも、糖尿病血糖値の関係や食べ物と血糖値の関係を知らずに、他人に対して、しかも食べるものが命に関わる方たちに対して、「食べて大丈夫です。」とか言っちゃいけないと思うんですけど。

それに、ですわ。

「カロリー制限が血糖値を上げない」、若しくは「ちゃんとカロリー制限守りなさい」などとのたまう人達は、臨床結果なりデータなりがあってゆうてるんですかねー。

私たちは、江部康二先生から勉強させて頂いてますし、高雄病院の糖尿病の患者様とも直接お話させて頂いたり、商品開発にご協力頂いたりしています。

その上で、江部康二先生の検査結果や、快くご協力下さいました患者様から、データを教えて頂けます。

また、私自身も糖質制限食を実践しているので、尿酸値の質問が来たときなど、江部康二先生と一緒に検査したこともあります。

要するに、カロリーではなくて、何をどんだけ食べれば血糖値やら中性脂肪やらがどうなるなんて、臨床データとして実際に見て理解して、その上で商品を開発して皆さんにお勧めしているわけです。

これって、人様に大丈夫ですって言って物を売るなら、最低限の責任だと思うのですが。

やっぱりね、糖尿病だけに限ったことではないのですが、疾患をお持ちの方を対象に医療なり販売なりさせてもらう場合は、「知りませんでした」では済まされないと私は考えてます。

私もまだまだ不勉強ですが、それでも責任を果たすために、柔軟に知識を吸収しようと常に思います。

学校でならったからなんとなくカロリー制限を信じて人に勧め方、疑うこともなくかたくなにカロリー制限を押し付ける方、根拠もないのに糖質制限を頭から否定する方、一度その目でデータを確かめることをお勧めします。

糖尿病 | コメント(1) | トラックバック(0)

カロリー制限で血糖値下げてみぃ!!!

2008年01月05日
二晩続けて記憶が全くない、あらてつです。

記憶の無くなった間、何処で何してたのでしょう?

宇宙人にアブダクトされてたんでしょうか…。

このブログ、あんまり過激なこと書くと江部康二先生からダメだし頂く(笑)ので、ソフトにソフトに書いてきたのですが、無性に腹立つので書いちゃいます。

「カロリー制限して血糖値下げてみぃ!」

糖尿病の方向けのレストランが流行っているそうで、そこのメニューの管理基準は、例によって「カロリー」です。

「カロリー」は、熱量を表す「単位」であって、血糖値を上昇させる「物質」ではありませんし、ましてや「栄養」でもありません。

それなのに、なんで「カロリー」制限して血糖値が下る?なんで「カロリー」制限した食事が糖尿病に良い?

いいですか、単位ですよ単位。単位ゆうたら、「量を数値で表すための基準となる、約束された一定量のことである。」(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)ですよ。

フツーに考えたら、「単位」が血糖値上げるわけないでしょう。「単位」で血糖値上がるなら、「cm」でも「c㎡」でも血糖値上がらんとおかしいですよね。

「カロリー」で血糖値上がるとか下るって、「今日はお昼にステーキ5cm食べたし血糖値上がっちゃった。」とか、「ケーキ3c㎡なら1日の制限範囲内だから、食べても大丈夫」ってゆうてんのと一緒やと私は思うんですけどね。

血糖値を上昇させるのは、基本的に摂取した栄養素であり、その中でも急峻に血糖値を上昇させて、糖尿病に悪影響を与えるのは「糖質」です。

その糖質を抑えずにカロリーの数値を抑えて、「糖尿病の方向けの食事です。」

片腹痛いわ。

「血糖コントロールのためにカロリー制限守りましょうね。」

それ食って食後血糖計ってみぃ。

某レストランが糖尿病の方向けのスウィーツを販売してます。甘味料は0カロリーの物を使っていますが、しっかり小麦粉使って作ってます。

誰か糖尿病の方が食べて血糖測定したんですかね。

いつまでこんなことがまかり通るんでしょうね~。糖質制限食を早く普及させんとあかんなぁと、新年早々なんだか暗い気分になってます。
糖尿病 | コメント(6) | トラックバック(0)

ああ、お正月お正月

2008年01月03日
今日もアセトアルデヒド中毒の、あらてつです。

昨日の夜、ちょいと飲みに出かけました。ちゃんと帰ってこれたんで、そんなに酔ってたわけではなかったのですが、帰ってくるなり意識を無くしてしまったようです。

まだ部屋の中でつぶれたから良かったものの、あれが玄関だったら、正月早々から新聞ネタになるとこでした。

夏ならそこらでつぶれても、蚊に刺される程度で笑い話で済みますが、寒い時期はシャレになりません。皆さんもお気をつけ下さいね。

で、ここ数年、正月でも開いてる店が多くていいですねー。

スーパーも2日から開いてますし、大手スーパーチェーンなら元旦からあいてる店もあります。

これなら、買い物行くのが面倒でさえなければ、冷めきった上に砂糖を思いっきり使った「おせち」を食べずに済みます。

かくゆう私は、買い物行くのが面倒で、冷蔵庫あさって、奥から出てきた焼き豚やら冷凍の鶏肉やらを食べておりますが(笑)

さっきテレビのニュースを見ていると、今日から帰省ラッシュが始まりましたとアナウンサーが言ってます。

三日間、焼酎飲んでダラダラ過すのもなんなんで、どこかへ出かけようと思ったのですが、人ゴミ嫌いな私は、またもや躊躇しています(笑)

なんだか、結局は例年のごとく今年も寝正月になりそうです。
糖質制限食 | コメント(0) | トラックバック(0)

あらてつ的糖質制限なお正月

2008年01月01日
何がめでたいのかよく分かりませんが、新年明けましておめでとうございます。

大晦日から飲んだくれている、あらてつです。

皆さん、旧年中は大変お世話になりました。今年もどうぞよろしくお願い致します。

え~、江部康二先生は、K-1見ながらボルドーワインを飲んで年を越されたそうですが、せんせ~い、呼んでくださいましたらいつでもご相伴にあずかりにいきましたのにー。

ちなみに私あらてつは、撮影で使ってあまった宝焼酎「純」でございます。

昨日まで仕事してたんもんで、買い物行けなかったんで、冷蔵庫にあった焼き豚つまみにちびちびやってました。

安上がりで糖質制限できていいでしょう(笑)

そう思うと、私みたいな一人モンは正月に糖質制限するのも楽ですね。

もともと冷めた料理が嫌いなもんで、おせちは食べませんし、京都の白味噌仕立てのお雑煮は好きですが、糖質制限食を始めてからあまり欲しいと思わなくなりました。

焼き豚つまみに焼酎飲んでたら正月なんてすぐにすぎちゃいます(笑)

けど、ご家族一緒ならそうは行かないですよね~。

奥さん、旦那さんの実家に行ったりしたら、出されたもの断るのも気わるいですし…。

さりとて、出されたもの全部食べられるかといえばそうじゃないでしょうから。

ある程度は「美味しく楽しく」頂いて、うまいこと糖質制限頑張ってください。

正月休み明けたら、どう過されたのかご報告待ってます。
糖尿病 | コメント(3) | トラックバック(0)
 | HOME |