FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

糖質制限でミネラルが不足して足がつりました。

2019年01月21日
去年、耳掃除のし過ぎで右耳の中が炎症&化膿しました。


いつもの耳鼻科の先生に診てもらったのですが、診察の際、


「耳掃除は2週間に一回もしたら充分やで。特に君の耳垢は乾燥してるから勝手に耳の外に排出されるし。」


と言われて、それまで毎日していた耳掃除を2週間に一回くらいに控えました。


お蔭でそれから化膿するなんてことは起こってませんが、耳の穴の外側に、いかにも



「耳掃除してません!」


ってな感じで耳垢が出てくるのが困り物。


耳の炎症を防ぎつつ耳垢を定期的に取る方法がないものか、半世紀近く生きてきて新たな悩みが増えた、あらてつです。



なんかいい方法ありませんかね…。



私の耳掃除の話なんて誰も興味ないと思うので、本日の話題。



前回の“糖質制限で栄養不足になるのか?”のお話で、


「糖質制限はビタミンC 不足になる」


と言ったご意見(?)に、そんなワケない理由を書いてみました。


ビタミンCは不足しませんが、なんか不足する栄養素ってあるかな?と思って我が身を振り返ってみると、ありました。


私の場合、ミネラルが猛烈に不足します。


タンパク質の摂取が多いのと、以前は運動量が多かったので、ダブルでミネラルを消費してました。


これは食事では追っつかないので、ミネラルの錠剤を愛用してます。


これがないと、足が攣って眠れませんので(笑)


で。


なんでタンパク質の摂取が多い&運動量が多い、でミネラルが不足するか?なんですが、運動は説明要りませんね。


タンパク質を消化吸収するのに、体内にあるミネラルが消費されるそうです。


通常の食事、特に現代人のような食事内容の殆どが糖質だったら、タンパク質の摂取量が少ないのでそんなことは起こりませんが、糖質制限、特に私みたいにほぼ肉しか食べないなんて食事してますと、タンパク質の摂取量が跳ね上がります。


すると、ミネラルも大量に使われることになり、ミネラル不足になるという訳です。



これ以外には、不足する栄養素が思い当たらないですねぇ…。






糖質制限 | コメント(0)

糖質制限で栄養不足になるのか?

2019年01月18日
先日見るでなく点けていたテレビで、糖質制限について話をしていました。


詳しく見ていたわけじゃないのでうろ覚えなのですが、要約すると、糖質制限は、肉ばかり食べるのでビタミンCが絶対的に不足します、生活習慣病の原因になって危ないです、なので食事はバランスよく食べましょうねってお話でした。


う〜ん。


糖質制限した方が、米やらパンやら食ってお腹膨らますよりよっぽど栄養摂れると思うんですけどねぇ。


3秒考えれば分かる話ですが、栄養士や医者が勧めるバランスの取れた食事って、炭水化物(糖質)が60%なワケですよ。


食事全体の60%が炭水化物で、残りの40%で必要な栄養素を摂取するって、サプリでも飲まない限り不可能です。


それに比べて、糖質制限だと、炭水化物でお腹膨らませるなんてしませんので、いろんな食材をそれこそ満遍なく食べることができます。


しかも、タンパク質や脂質の摂取量も多くなるので、食事のほとんどが炭水化物の現代人に不足している、必須アミノ酸や必須脂肪酸をしっかり摂ることができますよね。


なので、私のように肉しか食わない(笑)なんて極端な事をしない限り、糖質制限で栄養が偏るなんてありえません。


あとビタミンCの不足ですが、これも糖質制限を知らないからこんな発言になるんでしょう。


糖質制限は、野菜を食わないわけじゃないですからねぇ。


根菜のたぐいは糖質が多いので避けますけど、葉っぱものの野菜は普通に食べますし、それこそ米やらパンでお腹膨らますなんてしないので、結構な量の野菜を摂取することができます。


サラダなんか、モリモリ食べられますからね(笑)


まあ、私は野菜食べませんが(笑)


蛇足ですが、野菜食べない私が、なんでビタミンC不足で壊血病にならないんだろうか?ですけど、何回か書いてますように、私、毎日大量の緑茶を飲みます。


350ml入るマグカップに、最低5杯以上緑茶飲むんで、ついたアダ名が「茶坊主」


お陰でスーパー頻尿なのですが、これでビタミンCを摂取できてるんじゃないかなと思います。


ほら、緑茶を1日10杯以上飲むとガンになりにくいって言うじゃないですか。


でも、10杯って具体的な量が何処にも書いてなかったんですよね。


それで、10杯って具体的にどんなけやねんと思って調べてみたら、1杯が150mlだそうです。


150ml×10で1500ml


そんなに飲めるかい!と思ったら、五杯飲んだとして350ml×5で1750mlと、これよりもっと飲んでたことに気づきました(笑)


150mlの緑茶に約6mgのビタミンCが含まれているそうなので、私の場合、少なくても約70mgの摂取量になります。


成人の一日の必要摂取量が50mgだそうなので、ビタミンC充分摂れていることになります。



まあ、緑茶の摂取は糖質制限と何の関係もありませんが…。




<つづくかも>



糖質制限 | コメント(0)

糖質制限に取り組んだ際、どの位の時間が経てば次の糖質を摂取しても大丈夫なのか?

2019年01月16日
数年前に電気シェーバーをもらってから、ずっとそれを使っていたのですが、去年の10月くらいに、洗面台の下にウェットシェービング用の替刃とシェービングフォームが残っていたのを見つけ、久しぶり使ってみました。


正直なところ、電気シェーバーなんて比べ物にならないくらいよく剃れます。


で、そこからまたウェットシェービングに切り替えたのですが、残っていた替刃を使い果たしてしまったんですね。


そこで、ドラッグストアの15%オフ券をもらったので、替刃を買いにいったのです、が。



「高っ!」


え?


5個入って3,000円てナニ???


8個入りなんか4,000円超えてるやん。


いつの間にこんな値上がりしたん?????


2枚刃ですら5個入りで2,000円以上?


どないなってんの??????


私の記憶にある価格とのあまりの乖離に、替刃を買わずにシャンプー買って帰って来ました。


デフレって絶対ウソやと確信した、あらてつです。


浦島太郎になった気分でした…。


女性には分かりにくい話はこれくらいにして、本日の話題。


azuminoさんから、糖質制限に取り組んだ際、どの位の時間が経てば次の糖質を摂取しても大丈夫なのか、ご質問頂きました。



『はじめまして。


ダイエット目的で糖質制限を始めました。


3食主食を摂らないスーパー糖質制限に取り組んでいます。


質問があるのですが、1回で20g以下の糖質を摂取した後、どの位の時間が経てば次の20gを摂取してOKなのでしょうか?


また、糖質が少なければ、食事と食事の間に間食してもかまわないのでしょうか?


初歩的な質問ですみませんが、教えて頂ければ嬉しいです。』




azuminoさん、コメントありがとうございます。


お答えする前に1つ気になった点が…。


間食の事を書かれていますが、糖質制限での食事の間隔というよりも、もしかしたら、糖質が少なければ食べる回数を増やしても大丈夫と考えてられるのかなと。


なので、先に糖質制限に取り組む大前提のお話を。


ここを押さえておかないと、答えに辿り着きませんので(笑)


まず、そもそも「なんで糖質制限なのか?」なんですが、食後高血糖の抑制はもちろんのこと、


「血漿インスリン値の定期的な上昇が、糖尿病、冠状動脈疾患、がん、老化等、多くの点で健康に有害であることが強く指摘されている。」

「精製炭水化物摂取によるグルコースミニスパイクとインスリンの頻回・過剰分泌が生活習慣病の元凶である。」


この二点を防ぎ生活習慣病などを予防するのも重要な目的の一つです。


ちょっとムズカシイので、詳しく説明します。


まず、糖質を摂取するとインスリンが分泌されます。


日常的に「朝昼晩と三時のおやつ&清涼飲料水」なんて食生活してますと、その度にインスリンが出て、「血漿インスリン値の定期的な上昇」が起こります。


で、特に現代人が日常的に口にしている、精製された炭水化物は、吸収が早く一気に血糖値を急上昇させます。


その結果、インスリンが大量に分泌されて、これまた一気に血糖値が下がります。


この空腹時血糖値と食後最大血糖値の差をグルコーススパイクと云いまして、この上下の差が大きければ大きいほど、血管を傷つけます。


糖質制限では、摂取する糖質量を減らしてインスリンの分泌を抑え、血糖値の上下動を少なくし、グルコーススパイクを防ぎます。


あと、ダイエット目的の方に取って、糖質を制限することによって、肥満ホルモンであるインスリンの分泌を抑えるのも重要な点です。


以上が、簡単ですが糖質制限に取り組む目的となります。


なので、ご質問の


「1回で20g以下の糖質を摂取した後、どの位の時間が経てば次の20gを摂取してOKなのでしょうか?」



ですが、上記の大前提に添って言えば、時間が経ったからといってOKじゃないですよ、というお答えになってしまいます。


まあ。


それでは身も蓋もありませんし、おやつだって食べたい時もあります。


人間だもの(笑)


なので、ここは時間で区切るのではなく、極力糖質を減らしたおやつにしてくださいね〜となります。


余計分かりにくいかもなので具体的に言いますと、例えば昼食を食べ後、食べた分のエネルギーを消費するほど活動していなければ、おやつはやめておいた方がいいですし、しっかり消費できていれば、食べてもいいと思います。


早い話、たとえ一回の糖質摂取量を20gに抑えたとしても、これが5回も6回も続けば、それなりのグルコーススパイクが起こるのでよろしくないですよと。


というわけで、azuminoさん、食事や間食の間隔を考えるときは、時間ではなくて活動量と摂取する糖質の量の方を考えてみてください。


その方が、糖質制限の本来の目的にかなっておりますので。





糖質制限 | コメント(0)

エリスリトールでアレルギーになるのかならんのか?

2019年01月15日
先週、


「久しぶりに外に洗濯物干してから家を出ました。」


なんて書きましたが、週末から昨日まで、またも鬱陶しい時雨空。


「春に3日の晴れ間なし」なんてよく言いますが、



「冬に2日の晴れ間なし」



の方が合ってるんちゃうかと思う、あらてつです。


因みに今日は久しぶりの本降りの雨です…。


で。


他府県の方には京都の天気なんてどうでもいいと思うので、本日の話題。


MILK さんから、エリスリトールとアレルギーについてご質問頂いたので考察してみましょう。


『はじめまして

このチョココルネに使っているエリスリトールって、アレルギーがあるとネットにでていましたが、大丈夫ですか?』




MILK さんコメントありがとうございます。

こちらこそはじめまして。


早速ですが、本題に。


「エリスリトールって、アレルギーがある」


これは、「エリスリトールがアレルゲンになるか?」とのご質問でいいですよね???


その解釈で話を進めます。


「エリスリトールでアレルギー反応が出る」話は、国立相模原病院アレルギー性疾患研究部が、甘味料がアレルギーの原因ではないかと調査研究していたのを、2013年にNHKがニュース番組で取り上げたのが出処ですね。


因みにこのニュース、リアルタイムで見てましたが、他の民放各局ではカケラも取り上げられてなかった記憶があります。


内容はうろ覚えですが、アレルゲンの表示義務がある食品に、エリスリトールも加えた方が良いのではないかとの結論だったと思います。


ただね。


この放送で患者数が出てたんですよ、



「全国でアレルギー患者が30人余り報告」


って。


おいおい。


何人食べたうちの30人あまりなのかは、全く説明なし。


誤解のないように書いておきますけど、アレルギー症状を起こされた方を放っておいていいとは全く思ってませんよ。


だがしかし。


分母も分からない30人あまりの症例でアレルゲン表示義務に加えるというのは、なんぼなんでもあからさまなやり方ではないですかね?



国立相模原病院アレルギー性疾患研究部が甘味料のアレルギー調査を始めたのが、この放送の2〜3年前だったと思います(←記憶違いだったらごめんなさいm(_ _)m)




2013年の2〜3年前ゆうたら、「糖質制限」が少しですが認知度され、マスコミに取り上げられ出した頃です。


それに伴い、糖質制限に取り組む方が増加、エリスリトールの使用量が増えたわけですよね。


単純に考えれば、


「エリスリトールの使用量が増えた=アレルギー患者が増えた」


となって、一見当たり前のような話なのですが、あいやまたれい。


さっきも書いた通り、全国でとは言ってますが、分母の数字が示されていません。


アセスルファムカリウムやスクラロース、同じ糖アルコールのマルチトールやキシリトール比べ、甘味料の中でもマイナーだったエリスリトールがここまで広がったのは、ハッキリ言って我々、糖質制限ドットコムが「糖質制限に使える甘味料」として使い出したから。


数ある甘味料の中で、あたかも「エリスリトール」だけを標的にしたようなこの報告に、非常に作為的なモノを感じました。


今でも感じてますけど(笑)


あと、NHKしか放送してなかったってのも、思いっきり引っかかりましたね。


NHKと云えば、


「NHKのNは、日本糖尿病学会のN」


ってなくらい、某日本糖尿病学会のお抱え放送局ですからね。


話が逸れましたがMILKさん。


エリスリトールでアレルギーの症状が出るかと言われれば、出る人もいる、が答えです。


ですが、これはどんな食品にでも当てはまります。


一般的には知られてませんが、スイカやキュウリ、さくらんぼでアレルギー症状が出る方もおられます。


詰まる所、ナニが言いたいのかといいますと、どんな食品でもアレルゲンとなる可能性はある、ネットに出ていたからといって、


「エリスリトールはアレルギーが出るからキケン」


と安直に思わないでくださいね、といったところです。


食べるのが心配でしたら、少量ずつ摂取してみて、反応が出るかどうかを試してみてください。


もし症状がひどくなるようであれば、医療機関の診察を受けてくださいね。


まあ。


このことも、エリスリトールに限った話じゃないんですけど…。





糖質制限 | コメント(1)

糖質制限はカロリー過多で日本食がヘルシーなんて大ウソ

2018年12月28日
今朝の出勤時。


いつもは通勤の人の波が途切れないのですが、今日は、全然人が歩いてません。


それどころか、道路も車が走っておりません。


世間様は、今日からもう年末休みなんでしょうか。


なんか釈然としない、あらてつです。


早いとこは、先週末から休みのとこもあるんですね…。


で。


私ども糖質制限ドットコムは、本日で今年の業務を終了とさせて頂きます。


今年も1年ご愛顧頂きまして、心よりお礼申し上げます。


来年も皆様のお役に立てる商品開発・情報発信に努めますので、どうぞ宜しくお願い致します。


ここからは、本日の話題です。


昨晩、何気なしに見ていたテレビ番組で、


「今流行りの糖質制限は、肉や脂の摂取量が増えるからカロリー過多になる」


と、とあるお医者さんが言ってました。


はぁ。


これって、根拠も数字も何もない、感情的糖質制限批判の代表です。


本人がそう思ってるだけなら別にいいですが、なんか違うんじゃないのと思ったので、本当にそうなのか数字を上げて解説してみますね。


一昔前


「ジャパニーズフーズはヘルシーね。」


なんて、お米を食べましょうキャンペーン的コマーシャルが流れてたの、覚えておられますでしょうか。


確かに、ご飯は、一膳150g で 252kcalしかありません。


よく


「パンよりお米の方がカロリーが低くてヘルシー」


なんて言いますが、確かにパンでしたら、食パン6枚切りの1枚分、60gで158kcal(糖質26.6g)、150g換算だと395kcalになりますから、同量で比べればパンの方がカロリーが高いです。


でもね。


カロリー計算で基準にされてる150gのご飯て、小さな茶碗一膳分しかないんですよ。


少食の方なら足りるかもですが、恐らく多くの方が、普段はもっと多くの量を食べておられたのではないでしょうか。


ここのところが落とし穴でして、ご飯ってなるほどカロリーはそんなに高くないけど、自分で思ってる以上に食べてしまってるんですよね。


ほら、味の濃いご飯がススムおかずがあったり、丼ぶりものなんかにした日には、モリモリワシワシかきこんで食べるでしょう?


これって、150gで済んでるわけないですよね。


こんな感じで、気づかないうちに結構な量を食べているなんて日常茶飯事です。


さらに加えて、


「お肉の方がカロリーが高い、ご飯のカロリーが少ないからヘルシー」


なんてのが頭に刷り込まれてますので、糖質が占めるカロリーの割合なんて少ないと思いこんで、気にせず食べてきた方が多いのではないでしょうか。


この話、具体的に数字を出すともっとわかりやすいと思います。


お茶碗一杯150gのご飯を、普通に2杯食べただけで、軽く500kcalを超えてしまいます。


カロリー制限ではもっての外の、「サーロインステーキ脂身つき150g」のカロリーが約501kcalですから、ほとんど変わりませんよね。


しかも、これに加えて、糖質を制限してこなかった食事の場合、これにおかずのカロリー、一般的には、根菜も使うし砂糖も使った糖質の多いおかずのカロリーが加わります。


こう考えると、いかに毎日、無意識に糖質から多くのカロリーを摂取してきたかということが、よくわかるかと思います。


なので、糖質制限に取り組んで糖質(ごはんやパンですね)を減らした場合、その分、しっかりおかずで補う必要が出てくるわけです。


どうでしょう、


「今流行りの糖質制限は、肉や脂の摂取量が増えるからカロリー過多になる」


が大ウソなのがお分かりになられましたでしょうか。


なんでも思い込みで話しちゃいけないし、医者が言ってるからといって、鵜呑みにしちゃいけないってことですね。


いい感じで落ちたので、本日はここまで(笑)


では、皆さん、良いお年をお迎えくださいませ。



糖質制限 | コメント(0)
 | HOME | Next »