07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

続・糖質制限ダイエットに取り組みましたが、もう何がいいのか分からないです。

2017年08月10日
今日も朝から暑いです。

汗だくで目が覚めて、思わずシャワーを浴びに風呂場に直行しました。

ですが。

冬場に寒くて目が覚めても、熱い風呂張って入るわけにも行かず、どないしようもありません。

水のシャワーを浴びながら、いくら夏が暑かろうが、冬の方が不条理だと確信した、あらてつです。

1年中夏でいいです…。

さて。

昨日の続きに行きましょう。

あと、体重の落ちが止まってしまったとのことですが、これは一種の停滞期ではないかなと思います。

考察していくその前に、再掲になりますが、ダイエットにおける停滞期についておさらいしてみましょう。

ダイエット時の停滞期ですが、これは、必ずと言っていいほど訪れます。

何かの疾患で体重が減少する場合を除いて、ダイエットの場合は、直線的に体重が落ちるのではなく、階段状に落ちていきます。

何故かと言いますと、人間の体にはホメオスタシス(恒常性)というものがありまして、常に同じ状態を保とうとする機能があるからです。

ダイエットなどで体重を減らそうとしますと、体は急激な変化が起こったととらえて、それまで長年慣れ親しんだ体重を、保とう保とうと必死に抵抗します。

ダイエット初期は、けっこう調子よく体重が落ちていくんですが、しばらくすると、同じように続けているにも関らず体重が落ちないのはこの所為です。

ガチャ子さんの場合、−15kgまでは落ちているので、上記した一般的な停滞期とはちょこっと違いますが、止まっていることには変わりはないですね。

なので、現在の状況は、階段の踊場にいると考えてもらっていいのではないでしょうか。

それと、糖質制限食でも普通のダイエットでも、かなり余分についた脂肪は、比較的落ちやすいです。

早い話、太っていればいるほど、最初の落ち幅が大きくなります。

で、ある一定のところまで来ると、急に体重の落ち幅が少なくなり、体重の減少がストップしてしまいます。

どういうことか?

もともとの体重が74kgで、失礼ながら「人生ずっとおデブ」とお書き頂いてますから、長らくふくよかでいらしたことと思います。

そうしますと、29歳とのことなので、それなりの時間を掛けてふくよかなになられ、それなりの時間ふくよかな体系を保たれたと思われます。

それなりの時間を経て増えた体重は、急激には減りません。

これが5の「歳月の重み」です。

なので、目先の数百グラムや1kg2kgに一喜一憂せず、焦らず気長に取り組んでください。

ガチャ子さん、もうすでに15kgも痩せてらっしゃるじゃないですか。

という事は、「糖質制限を行い(ほぼ無知状態)」でも、効果があったということですし、糖質制限によるダイエットがガチャ子さんにあっていたと言っていいと思います。

脂質の摂取を少ない目にして、ボリューム不足をたんぱく質や野菜で補われてみてはいかがでしょう。

「運動の継続+食事の改善」でまた体重が動き出すと思います。

頑張って下さい。
ダイエット | コメント(0)

糖質制限ダイエットに取り組みましたが、もう何がいいのか分からないです。

2017年08月09日
いい加減、この書き出しも見飽きて来たかと思われますが。

皆々様、お久ししゅうございます。

ブログ更新ができていない言い訳は致しません。

サボりです。

単なるサボりです。

ええ、そうですよ怠慢ですよ。

開き直ってどうなるもんでもないと思うのですが、取り敢えずは来てくださってた皆さん、ごめんなさいm(_ _)m

コメントでご相談も頂いていたのにこちらもお応えが遅くなって済みませんm(_ _)m


『いつも楽しく拝見しています。私のダイエット方法についてご相談させてください。長くなりますが宜しくお願い致します。

自分の結婚式をきっかけに人生ずっとおデブだった私が綺麗なウエディングドレスを着たいという思いで、約半年で15キロの減量に成功しました。
(スタートした時は、昨年3末、29才、164.5センチ.74キロで体脂肪44%、結婚式の時は、昨年11月59キロ体脂肪30%。)

主なダイエット方法は、糖質制限を行い(ほぼ無知状態)、食事は2食で過ごし、運動はプールで泳いだり、歩いたりを週に3~4日行っていました。今思えば本当に無茶なダイエットをしていました。筋トレは全くしていません。

結婚式が終わったと同時にダイエットの気持ちが薄れ、今までのダイエット方法が続かなくなり、無理なダイエットはやめようと思いました。また有酸素運動だけではダイエット中は望ましくないと知り、少しずつ筋トレも取り入れてきました。

一日の糖質を50グラムに抑え、脂質やカロリーはあまり気にせずに行っていました。体重は56.5キロまで落ちる日があれば、次の日には57キロになっていたり中々定まりませんでした。昨年の11月から今年の7月まで体重は56.5~58キロを行ったり来たりです。体脂肪は、28~29%辺りでした。

何とか54キロまで落としたい!!と思いカロリーを少なくしようと試みたこともあります。1200キロカロリーに抑えましたがそれでも痩せませんでした。有酸素運動を増やそうとプールを泳ぐ時間を90分にしたりしましたが、効果はありませんでした。

糖質制限をはじめ、脂質を多く摂取したため?悪玉コレステロール値が220まで上がってしまいました。これは、やはり脂質を取りすぎだからですよね?チーズやお肉を特に摂取していました。

 糖質を控えることでずっとイライラしていたので、脂質制限の本を買い、糖質を摂取しようとダイエット方法を変えてみました。

先月末から朝と昼、運動前後に糖質を摂取するようにした所見事にリバウンド現在59.5キロです。体脂肪は30~31%です。

 旦那にもシルエットが太ったと言われ、もう何がいいのか分からないです。

糖質制限をしていた頃の食事は

朝  シャトレーゼの低糖質パン2つ クリームチーズ2つ 目玉焼き

間食 ゆでたまごやプロテイン、低糖質のお菓子(ナッツやおから蒸しパン、手作りの低糖質チーズケーキなど)

昼  お肉(砂肝、むね肉、モモ肉、手羽先など一度に200g摂取していたと思います。)
   高野豆腐サンドイッチ(薄焼き卵、キュウリ、低糖質ハム2枚、マヨネーズ小さじ1.5、スライスチーズ)サラダ

間食 ゆでたまごやプロテイン、低糖質のお菓子(ナッツやおから蒸しパン、手作りの低糖質チーズケーキなど)

夜  お昼と似たようなのです。

脂質をもっと控えたら、悪玉コレステロールの値も体重も、体脂肪も下がってくるのでしょうか?

私のやり方は間違っていますか?

54キロまで落とすことを目標にしてまた頑張って行きたいと思っております。どうかアドバイス頂ければと思います。』


ガチャ子 さん、改めてましてコメントありがとうございます。

本文で考察しますねと言っておきながら、遅くなって申し訳ございません。

すっかりお待たせしてしまったので、早速ですが本題に行ってみますね。

まず、痩せないご相談時の決定版。

こちらです。


1、糖質を摂ってないつもりが、実は摂っている。
2、食べてないつもりが、けっこうな量を食べている。
3、動いてるつもりが、実は運動量が少ない。
4、基礎代謝が低い。
5、歳月の重み


これにご相談の内容を当てはめていくのですがまずは、運動から参りましょうか。

「運動はプールで泳いだり、歩いたりを週に3~4日行っていました。」

キッチリ動かれてますね〜。

やっぱりダイエットに運動は大切です(笑)

ただ。

「有酸素運動だけではダイエット中は望ましくない」

これは、理由が分かりません。

恐らく、いろんなダイエット本やらサイトで書かれているのをご覧になられたのかと思いますが、根拠はないと思います。

まあ、「筋トレして筋肉付けて基礎代謝を上げましょう」なんてリクツなんでしょうけど、そもそもダイエット中にちょこっと筋トレしたぐらいで、筋肉なんて付かないですから(笑)

となると、考えられるのは

1、糖質を摂ってないつもりが、実は摂っている。
2、食べてないつもりが、けっこうな量を食べている。

と、

5、歳月の重み

になりますね。

その1と2ですが、頂いた食事内容で真っ先に引っかかったのが間食。

キツイこと言うようですが、本気でダイエットに取り組もうとされるなら、間食は必要ないと思います。

間食以外でも、摂取カロリーが多いように見受けられます。

糖質制限と云えど、消費する以上に食べれば痩せません。

あと、「つもり」も大きくなっている様に感じました。

カロリーを抑えている「つもり」、糖質を抑えている「つもり」

「プールを泳ぐ時間を90分にしたり」

でも効果がないのは、消費する以上に食べている&摂っている可能性が大きい、つまりは「つもり」になってしまっているのではないかなと。

悪玉コレステロールが220まで上がったのは、脂質の摂り過ぎで一時的に上がったのだと思われますが、これも裏を返せば「大量の脂質の摂取によるカロリーオーバー」なっていることにつながります。

「ほな、具体的にどないしたらええねん!」

なのですが、まずは「焦らない」ことですね。

どういう事かと言いますと

例えば体重の増加。

「体重は56.5キロまで落ちる日があれば、次の日には57キロになっていたり中々定まりませんでした。昨年の11月から今年の7月まで体重は56.5~58キロを行ったり来たりです。」

こんなの増えたうちに入りませんし、

56.5→59.5

この程度、リバウンドなんて言いません(笑)

1キロから3キロくらいの体重の増減なんて、日内変動の範囲内です(笑)

1kgくらい増えたうちに入りません。

女性にありがちなんですが、500g単位で痩せたの太ったの、そんなもん、水飲んでもトイレ行っても変わります。

ウソだと思ったら、水を500ml飲んで体重測ってみてください。

500ḡ増えますから。

食事したって増えます。

500ḡ分食事すれば、500ḡ体重は増えます。

ですがこの500gは、身体を動かすエネルギーや細胞の原材料として使われたりして減りますし、最終的にはウ◯コになってトイレに流されて行けば、もっと体重は減ります。

ダイエットなんて、3kgくらい減ってその数値で「安定」してはじめて「痩せたかな」です。


<長くなりそうなので、次回に続きますね。>





ダイエット | コメント(0)

「糖質制限でダイエットすると、けっこうな減量をしても皮膚はタルミにくい」のか?

2017年07月19日
皆々様、またもやお久しぶりでございます。

連日猛暑と不安定な天候が続いておりますが、お変わりございませんでしょうか。

またまた言い訳からのスタートですが、バタバタしていて例によって更新できておりませんでした。

来てくださった皆さん、コメントくださってた皆さん、ごめんなさいm(_ _)m

で、以前に「ダイエットの時の皮膚のたるみ」について書いた記事に、あやさんからコメント頂いたので、ご紹介です。



『私もたるみませんでした!

あらてつさん

初めてコメントさせていただきます。

私は最初の1ヶ月で13キロ痩せて、そこからはペースが落ちましたが、半年でトータル20キロ落ちました。

ですが、肌は全くたるみませんでした!

ダイエットで大きく体重を減らすと肌がたるむんじゃないかと心配していたので、もう、嬉しくて嬉しくて!

あと、他のコメントの方と同じく、バストのサイズも変わりませんでした。

なのに、背中や首筋、腰のラインがスッキリしてくびれもできました!

本当に嬉しいです。

これからもあらてつさんのブログで勉強させていただきますね。』



あやさん、コメントありがとうございます。

お返事大変遅くなって申し訳ございません。

2015年08月28日に書いた

『糖質制限食でダイエットしたら皮膚のタルミはおこるんかいおこらんのかい』

よくぞ古き記事を見つけて頂きました(笑)

ちょうど、

「糖質制限でバストサイズは変わるのか変わらないのか?」

の話題で盛り上がっていた頃のお話ですね。

過去に書いた記事の中で、「バストサイズ」と「ハゲネタ」は、けっこう皆さんからの反響のあった話題でして、それだけ気にされてる方も多いかと思います。

このバストサイズネタに付随して、「糖質制限でダイエットしたら皮膚のタルミが出なかった」なんてご報告も読者の方から頂きまして、弛んだ方、弛まなかった方、それぞれコメント頂きました。

今回コメント頂いたあやさんの場合、半年で20kgと、世間一般的な常識から言うと、かなり急激なペースで落とされています。

ですが、全く皮膚のタルミが出なかったとのこと。

過去記事に登場のJさんも、44kgの減量成功ですが、タルミが出なかったとご報告頂いており、糖質制限で減量すると、比較的、皮膚のタルミが出にくいのではないかと思われます。

同じくこの記事の中でご紹介させて頂いた、「おやじダイエット部の奇跡」の桐山秀樹先生。

某ダイエット方法で、1年で50kgの減量に成功して一世を風靡された方のところに取材に行った際、皮膚のタルミがひどくて驚いたと仰ってました。

桐山秀樹先生ご自身は、3週間で20キロ減量されましたが、皮膚のタルミは全くなかったそうです。

ナゼ糖質制限ダイエットで皮膚がたるまないのかですが、糖質制限で血糖値が急激に下がっても眼底出血しないように、恐らく、生体に無理な負担を掛けないからかなぁと思うのですが、明確な理由は分かりません。

また、もちろん人によって個人差はありますし、加齢の問題も絡んでくるので、全員が全員たるまないとは言えませんが、先程も書いたように、

「糖質制限でダイエットすると、けっこうな減量をしても皮膚はタルミにくい」

と言っても良いと思います、たぶん(笑)


あやさんやJさんと同じく、「私も皮膚がタルミませんでした!」なんてご経験の方がいらっしゃいましたら、是非ともコメント入れてやってくださいませ。

反対に、「私は糖質制限でダイエットしたけど皮膚がたるんだ!」なんてコメントも大歓迎です。

このネタは皆さん気にされてるところなので、皆で情報を共有致しましょう。

ではでは、コメントお待ちしております。








ダイエット | コメント(4)

糖質制限1ヶ月目の体調不良について

2017年06月09日
今朝の出来事。

青信号で交差点に入ったおじさんの自転車と、信号無視して交差点に入った女子高校生の自転車がぶつかりそうになりました。

二台とも急停車してぶつからずに済んだのですが、この女子高生、思いっきりおじさんを睨んで走り去りました。

おいおい。

おじさんに変わってそこに正座しろと言ってやりたくなった、あらてつです。

睨める根拠を聞いてみたいです。

さて。

話は変わります。

1ヶ月前から糖質制限でのダイエットに取り組んだもち子さんから、体調についてのご質問を頂きました。


『あらてつさん、はじめまして、こんにちは。
突然のコメント、大変失礼いたします。
一カ月ほど前から糖質制限ダイエットを始めた者です。
こちらのブログの過去記事をこつこつ拝読しながら勉強中です。

私はお恥ずかしながら完全な肥満体形です。
身長160cmで、体重は、ダイエット開始前の5月頭の時点で82キロ、現時点で76キロもあります。
一日二日でついた脂肪ではないので、時間をかけて落として行こうと思っており、そこに不安やむやみに焦る気持ちはありません。

ただ、今自分のしていることが、体にとって正しいことなのか不安になってきてしまい、あらてつさんの助言をいただけないかと思いコメントさせて頂きます。

不安というのは、ここ最近の身体の調子のことです。
ダイエット開始後半月ほどはごく緩い糖質制限で、なるべく主食を食べない、くらいのものでした。
15日ほど経ったあたりから本格的に糖質量を計算しはじめ、スーパー糖質制限で頑張っています。

一日にとる糖質量は、20~70gくらい(60g前後になることが多いです)、摂取カロリーは肉、卵、魚などのタンパク質と葉物野菜を中心に900~1300㎉くらいを目安にしています。

初めの頃は、糖質もカロリーも以前の比ではないくらい少ないはずなのに空腹感もなく、順調に過ごしていたのですが、ここ一週間ほど、食事時に「お腹いっぱい」と感じても数時間で空腹を感じるようになりました。

また、糖質制限を始める前よりも睡眠時間がかなり長くなり、十分眠っているはずなのに日中また眠くなったり、寝坊してしまったりします。

更に全体的になんとなくずっと気分が重く、元気が出ません。
エネルギーが不足しているような気が何となくします。

これは、私の体が糖質が入ってこない生活にまだ馴染めず、糖新生の機能がうまく働いていないせいなのでしょうか。

このまま踏ん張って続ければ、いずれこの生活に体がなじんで、この怠い感じや眠気もなくなってゆくのでしょうか。

私は洋菓子店に勤務していることもあり、これまでの生活での糖質の摂取量は一般の方よりも格段に多かったと思います。

なので、少し前のブログ記事にあったように、糖新生の機能が錆びついていて、栄養が足りないよーと体が空腹を感じさせているのかな…と思ってはいるのですが…。

摂取カロリーを考えても、だいたい1000以上は取っていることが多いので、ダイエット中の摂取カロリーとしては極端に少ないとも思えないのですが……

まだ始めたばかりですし、このまま自分の体の機能がだんだんきちんと働くのを信じて頑張って大丈夫なのでしょうか。
それとも、摂取カロリーや糖質量など、改善すべき部分がありますでしょうか。

お忙しいところ、しかもきっと過去にも似たような質問などあったと思うのですが、もしお手すきの時間がありましたらアドバイスいただけませんでしょうか。

よろしくお願いいたします。』



もち子さん、改めましてコメントありがとうございます。

本文でのご紹介が遅くなって申し訳ございません。

お待たせしてしまったので、早速本題に参りましょう。

コメント読ませて頂きますと、もち子さんもお書きになられている通り、これはもう単純に

「摂取カロリー不足」

と、

「身体がまだ脂肪を燃やしてエネルギーに出来ていない」

の二点に尽きるかなと思います。

確かにここで踏ん張れば、いずれは身体が慣れてくれますが、そんな無理をするよりも、まずは摂取カロリーをもう少し増やして、エネルギー不足を解消してみては如何でしょうか。

ダイエットなんて所詮はダイエットなんで、無理するもんじゃございません。

せっかく

「時間をかけて落として行こうと思っており、そこに不安やむやみに焦る気持ちはありません。 」

と思って取り組まれてらっしゃいますし、糖質量は今のままで、もう少しカロリーを増やしてみましょう。


もち子さんは、

「私の体が糖質が入ってこない生活にまだ馴染めず、糖新生の機能がうまく働いていないせいなのでしょうか。 」

「糖新生の機能が錆びついていて、栄養が足りないよーと体が空腹を感じさせているのかな…と思ってはいるのですが…。 」


とお書き頂いているように、冷静かつ客観的にご自分を分析できる方とお見受けしました。

なので、ここでカロリーを増やしたところでタガが外れて暴食に走るなんてことはないと思いますので。

もち子さんの運動量や生活習慣が分かりませんので、具体的にあとこれくらい増やしましょうというのが言えなくて申し訳ないですが、1200kcalくらいを目処に摂取カロリーを調整して頂いて、丁度いい塩梅を掴んでみてください。

また何かご不明な点が出てきましたら、お気軽にコメント入れてくださいね。

では、頑張らずにボチボチいきましょうね〜。




ダイエット | コメント(3)

糖質摂りまくりなのに太らない彼氏が羨ましい…

2017年05月22日
ここ数日、真夏日が続いている京都ですが、ブログ読者の皆さんはお変わりございませんでしょうか。

洗濯物がパリパリに乾くのでご機嫌ですが、せっかく念願の乾燥機能付き洗濯機を買ったにも関わらず、一回も乾燥機能を使っていない、あらてつです。

梅雨が来れば活躍してくれますかね〜。

で。

先週末からバタバタで全然更新できんでごめんなさいm(_ _)m

ともやん。さんから、「彼は糖質食べまくりなのに痩せている、不公平!」と、相談のようなおノロケのようなコメント頂いたのでご紹介です。


『それでもサプリの誘惑に

あかんやん笑っ
いつも癒されてます。

こうやって数値で見るとほんと怖いですね。
見事にいつも手を出してしまう。
いかにお金を使わず理想の体型になれるか頑張ってみます。
今日は彼氏の件でご相談で。

わたしが痩せて一時期
お腹をへこませるとあばらが見えるほどになったときがあり、これが私にはベストだったのですが
体型を全く気にしない彼は
(糖質制限前は70キロ近くあったのにその頃に付き合い始めたんですよ)ポッチャリのほがいんだけとといって葛藤しながらいまに至ります。。
これを信じていいものか。スタイルいい方が彼と並んで歩いてても恥ずかしくないと思うんですけどね。

で、相談は
彼は170センチ53キロ
ずっと変わらず太らないです。
家族も痩せています。
そこで食事を見てみたのですが
朝 おにぎり一個 甘いコーヒー
昼 大盛ラーメン
夜 白飯 唐揚げ 焼き魚他たくさん
夜中おなかすいたらカップラーメン
とにかくラーメンと唐揚げは毎日食べてます。

間食 ハッピーターン一袋、クレープ

糖質なんか気にしません。
運動もしてないのにこれは体質としか考えられないですよねー。

大きな違いは
疲れているとご飯より寝る
お腹すいてないときは時間が来ても食べない

ただこれだけなんですよー。

なので夜ラーメン食べに行こうと誘われても断るので理解はしてくれててもそんなダイエットやめて一緒にラーメン食べたいって言われます。

これは滅多にない
特異な体質と羨むしかないのですかねー
不公平!』



ともやん。 さん、いつもコメントありがとうございます。

お返事がすっかり遅くなってしまい申し訳ございませんm(_ _)m

で、ご相談頂いた件ですが、つまりは彼氏の糖質摂りまくりでも太らない得意体質についてでいいんですよね???

夜ラーメン食べに行こうと誘われても断るので理解はしてくれててもそんなダイエットやめて一緒にラーメン食べたいって言われる、正にアッツアツな話じゃないですよね(笑)

ちゃかしてすみませんm(_ _)m

おっさんなのでつい…。


本題行きます。

たまに居ますよ〜、ともやん。さんの彼氏みたいな方。

私の周囲にも2人居ます。

ロクに運動もせんとチャーハンおかずに白ご飯を食べるような食生活のクセして、血糖値もHbA1cもその他数値も全て正常で、全然太らないやつ。

ついでにおやつ大好き&清涼飲料水大好き。

そんなけ糖質食うたら確実に糖尿病になるやろってなくらいの摂取量ですが、糖尿病の気配すらありません。

最初、コヤツらは、膵臓の能力が人と違うのか?って思ったんですが、それだったら太っていかないとおかしいです。

なので最近は、きっと体内で糖を代謝するにあたり、80%くらい吸収しないのか、吸収しても代謝せずにそのまま体外に排出してるのかのどっちかに違いないと思うことにしています(笑)

ダイエットに悩む女性からすれば、羨ましい限りの体質ですが、これが良いのか悪いのかは、本人の捉え方次第ですからねぇ(^_^;)

なのでともやん。さん、羨ましいしたまに腹立つときも有るでしょうけど、持って生まれた体質なので優しくしてあげてくださいね。

たまにはともやん。さんのダイエットの息抜きに、ラーメン付き合ってあげるのもいいかもですよ〜。

一緒にラーメン食べて気持ちリセットして、また改めて目標体重目指しましょう!



ダイエット | コメント(0)
 | HOME | Next »