FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

運動って、皆さん思っている以上にカロリー消費量が少ないんですのよってお話。

2018年12月26日
間もなく正月。


他府県に住んでる友人知人が帰省するので、久しぶりに会ったりするのですが、何人か集まると必ず出てくる言葉が


「10代に戻りたい!」

「高校生に戻りたい」


まあ所謂「あの頃に戻りたい」ってやつですね。


私、今更ですが変わり者らしくて、この「あの頃に戻りたい」って一度も思ったことがありません。


10代に戻ったって、自分の力じゃなんもできないですしねぇ。


今は自分の力でやろうと思ったことはひと通りできます。


なもんで、過去に戻りたいなんて、私はまっぴらゴメンです。


強いて言えば、スタミナがMAXだった30歳の時の体が欲しいと思う時がありますが、戻りたいわけではありませんし、スタミナの付け方は知っています。


だがしかし。


スタミナを付ける前にココロが折れてしまう、今日この頃(笑)


体力の衰えと共に気力の衰えを感じている、あらてつです。


来年こそはジムに復帰を…。


その来年は永遠に来ないような気がしますが、気を取り直して今日の話題。



中断をはさみつつ、続くようで続かないようで続いてしまった昨日までの記事をまとめますと、


1.「体重が減らない」&「体重が増える」のは、糖質の制限が出来ていないか結構な量を食べているかのどちらかである。

2.糖質制限に限らず人が太る理由は、消費する以上にカロリーを摂取しているから以外にあり得ない。


の2点になります。


で。


2番めの「消費する以上にカロリーを摂取しているから以外にありえない。」を解決するには、消費する以下にカロリー摂取量を抑えるか、摂取した以上にカロリーを消費するかのどちらかしかありません。


この2つのうち、


「消費する以下にカロリー摂取量を抑える」は、単純に食べる量を減らせば達成可能です。


「摂取した以上にカロリーを消費する」は、運動する必要が出てくるので、食べる量を減らすよりもハードルが上がるのですが、更に厄介な問題が。



運動って、これまでも何回か書いてきましたが、一般的に思われている以上にカロリー消費量が少ないんですよね…。


具体的な数字ですが、これまた何度も書いているこちら…


水泳がクロール1時間で        1039kcal
激しいダンス(どんなんだろう?)が  298kcal
エアロビクスが               247kcal
普通歩行と入浴が             148kcal
掃除が                    134kcal
デスクワークが 79kcal
料理が 69kcal


手っ取り早くできるんで、取り敢えず運動と思われた皆さん、ジョギングから始められたりするんですが、ジョギングって、女性の場合1時間走っても 470kcal、ウォーキングに至っては、1時間で168kcalしか消費しません。(「厚生労働省:第3回運動指針小委員会 資料」参照)



参考までに、糖質制限で摂取量が増える牛肉と豚肉と鶏肉、卵のカロリーが、五訂栄養成分表(←ちょっと古い)に書いてあったのでご紹介します。



それぞれ100gで


牛肉
肩ロース(赤身) 100g    316kcal
肩ロース(脂付) 100g   411kcal
サーロイン(赤身) 100g 317kcal
サーロイン(脂付) 100g 468kcal

豚肉
ばら肉・脂身付き・生     386kcal
ロース肉・脂身付き・生    263kcal
肩ロース肉・脂身付き・生  253kcal
もも肉・脂身付き・生 183kcal
ヒレ肉・赤肉・生 115kcal

鶏肉
手羽肉・皮付き・生 211kcal
むね肉・皮付き・生 191kcal
むね肉・皮なし・生 108kcal
もも肉・皮付き・生 200kcal
もも肉・皮なし・生 116kcal
ささみ肉・生 105kcal

卵(Lサイズ) 1個 70g      91kcal



これ見ると、卵1個食べるだけでデスクワーク分のカロリーを超えてしまうのがお分かり頂けると思います。


でも、卵1個じゃお腹膨れませんよね(笑)


ちなみに、こちらは糖質ですがいわゆる主食


食パン6枚切り1枚(66.7g)177kcal
ご飯一膳150g        252kcal


糖質制限の間食でよく食べられる

アーモンド10粒  約60~70kcal
6Pチーズ1個20g   65kcal


です。


こうやって数字で比較してみると、家事を含めてちょっとやそっと体動かしたくらいじゃ、カロリー消費しないってゆうことがよく分かります。


じゃあ、どうすればいいの?ですが、結局のところ、


「必要以上に食べない」


これに尽きるんじゃないかと思います。


まあ。



あくまでも、痩せたければ、のお話ですが。


ダイエット | コメント(0)

痩せない原因は水じゃないですよってお話

2018年12月25日
何やってもうまくいかない「間の悪い日」ってありますよね。


ですが、何やってもうまくいく「間の良い日」ってないような気がします。


けど、よくよく考えると、人間って勝手なもんですから、良い事があっても当たり前だと、気が付かないだけなのかも知れないと思った、あらてつです。


何事も感謝の気持を忘れちゃいけません、ハイ。


で。


14日に


「水飲んで太れる生き物はいませんよってなお話」


を書きまして、


<つづくかも>


とか言いながら続いてなかったので続きを書きますね。


一般的な「太る」と呼ばれる現象は、身体が消費する以上に食べて余った栄養素が脂肪として蓄えられることによって起こります。


この「太る」現象は、人間でしたら外部から栄養素となるものが入らない限り起こりません。


人間だけでなく哺乳類全般に言えることだと思います。


なので、痩せない・体重が増える原因は、「水」ではなく、


その後、読者のゆかりさんから頂いたこちら、


「どんだけ摂取してしまっているか自覚がないんです。」

「そして何よりも動きません。」



が原因と考えるのが妥当です(笑)


と言うと、「そんな食べてへん!」って皆さん仰るのですが、上記の


「どんだけ摂取してしまっているか自覚がないんです。」


が全ての答えですね。


つまりは、食べない限りは太りません(笑)


なので、ダイエットしてるのに痩せない、若しくは、私は水飲んで太ると仰る方、一度、一口でも口にしたものを全部書きだしてみることをオススメします。


もちろんインチキなしですよ(笑)


そうすると、けっこう食べてることに気がつくと思います。


一口だけ一口だけでも、ちりも積もれば山となるで、合わせるとそこそこの量になります。


それと、何気なしに糖質の多いものを食べてたなんてことも分かります。


調味料なんか特にそうですし、書いておられる野菜も糖質の多いものがあったりしますし、牛乳も乳糖が含まれているので、飲む量によってはそこそこの糖質を摂ることになります。


食べたものを書き出してこのあたりを改善すると、皆さんちゃんと痩せていきます。


中には最後まで「食べてへん!」を貫き通すツワモノもおられますが…。



<たぶんもう一回つづく>





ダイエット | コメント(0)

基本痩せている人たちは食ってません。 おぞましい程に食いません。

2018年12月18日
消費増税に伴い表明された景気対策。


キャッシュレスで買い物したら、2%ポイント還元だそうです。


あいや待たれい。


そもそも、景気対策が必要になるんやったら、増税なんかすんなっちゅーねん。


消費増税の必要性が全く理解できない、あらてつです。


その前に、大企業への還付金をやめやがれ。


朝からお怒りモードですが、気を取り直して本日の話題。


先日の記事


「水飲んで太れる生き物はいませんのよってなお話。」


に、読者のゆかりさんから、コメント頂きました。


共感される方も多いかと思いますので、ご紹介させて頂きますね(笑)



『まいど~

お馴染み、ゆかりでござ。

趣味はダイエット、特技はリバウンド
の文言に釣られてやってまいりました。
入れ食いです!!

思い起こせば、産まれてこのかたうん十年。
記憶の中に痩せている時期はありません。


水飲んでも太る。
否定なんてしません。
超共感です。

何故かと申しますと、どんだけ摂取してしまっているか自覚がないんです。
そして何よりも動きません。
(自己経験より)

痩せの大食いは除けて、基本痩せている人たちは食ってません。
おぞましい程に食いません。
そのかたたちも動かないかもしれませんが、そもそも食っていないので肥えようがないのです。

こんな私にも有利な点があります。
それは長年やってきた科学的根拠なしの食事制限です。
断食やら低GIやら卵やら。
痩せ型から標準体型の人たちがやってこなかった糖質を抜くということを痩せる目的で無意識に実践してきたように思います。
なので、その人たちよりも糖質の摂取量が少ないはずです。
(肥えたままなのは食物摂取過多と低運動)
健康診断で引っ掛かるのは体重と腹囲だけ。


人生をやり直せることができるなら、中高校生の私に糖質は一切食うなと教えてあげたい。
それが無理ならせめて40前の私に。
(40過ぎると痩せづらい。痩せてもシワが、、、、、ひっー)』



ゆかりさん、コメント並びに入れ食いありがとうございます(笑)


「基本痩せている人たちは食ってません。 おぞましい程に食いません。」


大ウケして、思わずタイトルに使わせて頂きました(笑)


さて。


「どんだけ摂取してしまっているか自覚がないんです。」



とお書きになられるということは、ゆかりさんご自身はちゃんと自覚しておられるじゃありませんか。


ですが、自覚の無い方の多いこと多いこと(笑)


糖尿病患者さんが、おにぎり食べながら


「私食べてへん」


と仰るのと同じですね(笑)


この方々にとったら、本当に食べてないんですよ。


明らかに食べてるんですけどね。


「そして何よりも動きません。」


こちらも、ご本人達は動いてるつもりなんですよ。


それで、どれだけ動いてますか?とお聞きしたら、とある方、



「運動は自宅5階まで階段のみで日に2〜3往復(重い荷物を持って上り下りもします)

会社4階も階段のみ、通勤15分自転車、3人家族の家事全て、仕事と家事で毎日バタバタと忙しく、運動する時間はほぼないです。
お風呂も入れずバタンキューなことも多々ですが、痩せません!!」




いやいや、痩せるわけありません(笑)


詰まるところ、ゆかりさんが書かれている


「痩せの大食いは除けて、基本痩せている人たちは食ってません。
おぞましい程に食いません。
そのかたたちも動かないかもしれませんが、そもそも食っていないので肥えようがないのです。」



これに尽きるんですよ。


私も、よく


「細いですね〜」


とか、


「全然中年太りされませんね」


とか言われますが、そりゃそうです。


おぞましい程ではないですが、食べませんから(笑)


自分の望む体型を保ちたければ、やっぱり節制は必要です。


特に、間もなく半世紀を迎える身体は、筋肉も代謝も落ちてますからね〜。


日頃から気をつけないと、あっという間に浮き輪が着いちゃいますので。



(40過ぎると痩せづらい。痩せてもシワが、、、、、ひっー)



は、事実です(笑)


とまあ、いろいろ書きましたけど、知らず知らずのうちに糖質制限になっていたのは、良いことではないでしょうか。


「健康診断で引っ掛かるのは体重と腹囲だけ。」


体重と腹囲は頑張ればなんとかなりますが、他の数値で引っ掛かれば、改善するのは大変なので…。


という訳でゆかりさん、これからも糖質制限で、良好な健康診断結果をお保ちくださいね〜。


ダイエット | コメント(0)

水飲んで太れる生き物はいませんのよってなお話。

2018年12月14日
前々回、リンゴ食っても痩せません、なんて話を書きました。


テレビで放送すればすぐに飛びつく方が大勢いると。


私の周りの女性でも、


「趣味ダイエット、特技はリバウンド」


「夏前に慌てて取り組むダイエット 体は痩せずに財布が痩せる」


なんて方が大勢おられます。


こんな仕事してるもんですから、彼女達からいろいろアドバイスを求められますが、聞いた本人達は決して実行せず、上述のリンゴダイエットのような、訳の分からないダイエットに取り組んで、始める前以上に大きくなって戻ってきます。


鮭が大きくなって戻ってくるなら嬉しいですが、女性が巨大化して戻ってこられても、嬉しくともなんともございません。


最近は、笑顔で「頑張ってね」とだけ言うことにした、あらてつです。


う~ん、カンバックサーモン。。。


でね。


この手の女性が良く仰るのが、


「私、本当に食べてないんですぅ〜。水を飲んでも太る体質なんですぅ〜」


え~。


私の知る限り、水を吸い込んで体を膨らませることができる生物はいますが、水を脂肪に変換して蓄えられる生物は、地球上に存在しません。


もちろん、人間を含めてです。


水1リットル飲んですぐに体重計ったら、1キロ増えてます。


2リットル飲んだら、2キロ増えます。


けれど、これを太ったとは言いません。汗かいてトイレに行けばすぐに減ります。


ですから、太ったのは水の所為でなく、脂肪に変わるものを自分の消費する以上に食べたからです。


外部から栄養素となるものが入らない限り、人は太りません。


宇宙からのデンパで太れる特技をお持ちなら、話は別ですが…。


こういう方には、一口でも口にしたものを全部書きだしてくださいとお伝えします。


もちろんインチキなしで(笑)


けっこう食べてることに気がつくと思います。


よくある、「一口だけ一口だけ」でも、ちりも積もれば山となるで、合わせると結構な量になります。


このあたりを直視すると、水飲んで太ったんじゃないことがおわかり頂けるかなと(笑)



<つづくかも>


ダイエット | コメント(1)

リンゴ食っても黒豆食っても痩せなかったでしょう?

2018年12月12日
あれよあれよと暮も押し迫り、忘年会シーズンに。


そう言えば、数年前の忘年会では、そこここで「ピコ太郎」の仮装してパイナップルとボールペンを持ってる人を見かけましたが、今や皆無です(笑)


吉本新喜劇みたいに何十年も同じネタを繰り返し、何十年も同じネタで笑うなんて、今のお笑いにはないんですよね。


芸人さんだけではなくて、ありとあらゆるものがあっと言う間に消費されてしまう世の中って、どうなんだろうと思う、あらてつです。


流行りは廃りとはよく言ったもんですね。


で。


本日は、あっという間に廃れていくものの代表格(笑)、ダイエットのお話。


私ども糖質制限ドットコムで販売している蒸し黒豆。


数年前に、いきなり大量注文が入ったことがあります。


しかも、お1人で50袋とか100袋なんて注文です。


メーカーのマルヤナギさん、テレビかなんかに出はったんやろか???と思いつつ、注文が止まりません。


それこそ、あっと言う間に在庫が無くなって、メーカーさんに追加発注したのですが、メーカーさんも次の出荷がいつ出来るか分からないとのこと。


なんやなんや?ナニがあった?と担当の方にお電話すると、


「昨日、テレビで黒豆ダイエットってやってたらしいんです。朝からえらいことになってます!」


と悲鳴に近い声が。


この前の年、バナナダイエットなんてものが流行って、バナナが店頭から消えました。


その前はリンゴダイエット、そのさらに前に、豆乳パインジュースダイエットなんてのもテレビで放送されて、売り場からパインジュースと豆乳が姿を消しましたよね。


「またか…。」


なんでこんなに安易に飛びつくのか?


私には全く理解できません。


フツーに考えたら、そんなもんで痩せる訳がないって分かると思うのですけどねぇ。


まあ、分からんから飛びついてるんでしょうけど(笑)


だいたい、「◯◯を食べたら痩せる!」って、ヒマシ油飲んで下痢するってんなら話は別ですが、あり得るわけがないじゃないですか。


ヒマシ油だって下痢するだけで痩せるわけじゃないですが(笑)


バナナ喰って痩せるんなら、動物園のゴリラはみんなガリガリですし、リンゴ喰ってダイエットできるんなら、白雪姫なんか頬はこけるはアバラは浮き出るはで、王子様をゲットできていなかったでしょう。


そもそも。


体に蓄えられた脂肪は、エネルギーとして消費するか、脂肪吸引でもしない限り、絶対に減りません。


エステ行って揉もうがネジろうが捻ろうが、減るわけがありません。


かてて加えて、人はナゼ太るのかといいますと、自分が消費する以上に食べているから。


と言うことは、普段食べてるものに加えて、バナナ食おうがリンゴ食おうが黒豆食おうが、カロリーオーバーになりこそすれ、100%痩せません。


嗚呼、それなのにそれなのに…。


努力を惜しんでダイエットはできません。


次から次へとこの手の番組で煽るマスコミもどうかと思いますが、世の女性方、それに煽られててばかりではイケマセン。


テレビのダイエット番組、大ウソばっかりなんてのがバレて騒がれてますが、あんなもんは氷山の一角です。


ウソとデタラメに煽られて踊っていると、番組作っている連中の思うツボですよ。


アイツら、その姿を見て、テレビの裏側で嗤ってますから。




ダイエット | コメント(0)
 | HOME | Next »