02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

糖質制限的困ったお電話

2017年03月17日
寒いですね。

昨夜、帰り際の気温が3度、今朝起きた時の気温が2.5度でした。

例年だと、3月に入ると冬物片付けて春物と入れ替えるのですが、今年はまだ冬物のままです。

春物出そうという気すら起こりません。

いつになったら春物着れるのか?

寒さから来る肩こりに、そろそろうんざりしている、あらてつです。

冷えるとリハビリも辛いんですよね…。

あまりの寒さに気持ちが後ろ向きになりますが、気を取り直して行きましょう。

今日は、困ったちゃんのお話。

会社設立当初に比べるとかなり減ったのですが、私ども京都高雄倶楽部に、糖質制限に関したお電話を頂くことがあります。

その内容ですが、まあ、バラエティにとんでます(笑)

1番多いのが、

「糖質制限始めたんやけど、何食べていいんか分からへん。」

こんな質問でしたら、私の経験からお話させて頂けるので、全然問題ないです。

だがしかし。

正直なところ、こんなご質問のお電話より、「困ったちゃん」な電話の方が、はるかに多いんですね、これが。

例えば、

「本読んだんだけど、あんたとこの病院に診察に行きたい。」

いえいえ、私どもは病院じゃないのですが…。

「なんで病院ちゃうねん!本に書いてあるやないか!」

京都高雄倶楽部と高雄病院、本にはちゃんと別々に紹介されてますし、電話番号も別に書いてあります。

どの本読まれてるのでしょうか…。

こんな質問もすごく多いです。

「今、血糖値が○○でHbA1cが○○なんだど、大丈夫やろか?」

いやいや、それは検査した病院で聞いてください(笑)

こんな質問される方に限って、「医療的なご質問にはお答えできかねます」と答えると、10人中10人ともキレて電話切られます(笑)

次に多いのが、電話してきていきなり

「◯◯に住んでるんだけど、糖質制限の病院教えて欲しい。」

おいおい。

あんたダレやねん。

人にもの聞く前に、まず名乗りましょうよ。

ですがホトケの心で、なるべく近くにある協力医院さんを教えると、これまたこんな電話してくる方の10人中10人が、

「遠いし行くの無理やわ。もっと近くにあらへんの?」

あのな~。

あるわけなかろうが。

治す気あんのか?

極めつけが、昨日掛かってきた電話。

「米を食べなくても本当に大丈夫なのか?」

最初はパートさんが受け答えしてくれてたんですが、

「本はちゃんと読んだから内容は分かってる。専門的な話が聞きたいんだ!」

と怒り出して、私に電話かわったわけですよ。

で、それこそ、ちゃんと本読んだんなら書いてあろーにと思いつつ、

「私はもう14年糖質抜いてますけど、なんともありません。」

と答えると、

「いままで何十年もご飯を食べてきたのに、急に抜いてほんとうに大丈夫なのか?」

誰もムリに糖質制限せえてゆうてへんやん。

イヤやったら、せなんだらええやんか。

もう、この時点でダメです。

糖質制限食、全くする気ないですね、この方。

でも、まだ続きがあるんですよ。

「足のしびれが始まってるし、インスリンの注射も打ってる、このままだと合併症になるから本気で治したい。」

そこまで仰るのならと、お住まいの地域はどちらですか?近くに糖質制限食の協力医院があればご紹介はできますのでと、住所を聞いてみると、隣の県に医院さんがありました。

お伝えすると、

「電話で相談してみる。」

いやいや、医療機関ですから、診察は受けられますが電話相談はやってません。

「遠いから行けない。」

もう何も言えなくなりました…。





あらてつ的雑感 | コメント(7)

糖質制限で筋肉は分解せんでしょうというお話。

2017年03月15日
さかむけがひどいです。

クリームを塗っても塗っても追いつきません。

特に、右手の人差指がひどく、化繊の服を着る度に引っかかり、叫び声を上げています。

原因は恐らく家で使ってる食器用洗剤なのですが、いろいろと試して今使っているのが1番マシなのが厄介なんですよね。

もうそろそろ、10年以上悩んでいる食器洗浄機を買うべきではないのか?

壊れかけの洗濯機で洗濯しながら、買うならこっちが先やんなと自問自答している、あらてつです。

しばらくさかむけは治りませんね…。

で。

さかむけと全然関係ないのですが。

先日、風呂上がりに、見るでもなしにテレビを点けてると、詳しい内容は忘れましたがスポーツ選手が、

「糖質制限をして脳に糖が足りなくなった&糖がないから筋肉を分解して筋肉量が落ちた」

なんて話をしていました、たぶん…。

脳に糖が足りなくなったってのは、恐らく、糖質制限に取り組み始めによくある、脂質の代謝がうまくいかず、若しくは、摂取エネルギー不足で頭がぼ〜っとしたりする現象(?)だと思うので、取り敢えずは置いといて。

ちょっと気になったのが、「糖がないから筋肉を分解した(たぶん)」というくだりです。

なんか、以前にもご質問頂いて記事にしたような記憶が無きにしもあらずなんですが、糖質制限して糖質食べんからって、そない簡単に筋肉は分解されませんよ〜。

そもそも、筋肉ってタンパク質ですよね。

糖質制限では、世間一般に流布されているバランスのいい食事、糖質(炭水化物)60%、タンパク質20%、脂質20%よりも、筋肉の原料であるタンパク質の摂取量が多いですからねぇ。

それなのに、糖質制限よりも筋肉の素にならない糖質摂取量の多い食事の方が筋肉分解されないって、フツーに考えてオカシイじゃないですか。

まあ、この発言は、糖質制限食を批判する連中がよく言ってる、

「糖質制限は筋肉を分解してエネルギーにするのでキケン」

を何処で聞いて、そのまま真に受けちゃったんだと思うのですが…。

またそもそもなんですが、栄養素が体内でエネルギーになる順番は、

1,アルコール
2,糖
3,脂肪
4,タンパク質

です。

早い話、身体を構成する上で不必要なものから燃えるわけです。

筋肉って、人体を構成する上でとても重要な組織なんですよね。

筋肉ないと動けませんからね(笑)

そんな重要な組織を、飢餓にでも陥って体脂肪を使いきらない限り、そない簡単に分解してエネルギーにするわけがありません。

ちょっとやそっとのことで筋肉を分解してたら、ご先祖様は生存競争に生き残れず、人類は滅びていたでしょう。

因みに。

私が選手としてスポーツをしていた頃、普段の体重が57~58kgで、脂肪率7.7~10%でした。

そこから50kgまで、食事制限してそれこそ倒れるくらい練習して減量してましたが、筋肉の分解など起こりませんでした。

ただ、激しい練習の後、血液検査をするとCPKやらクレアチニンの数値が上がってましたよ。

上がってましたが、これは糖質が不足して筋肉を分解したからじゃなく、練習で筋肉組織が破壊されたからです。

たぶん、この事をもって反対してる連中は、「筋肉が分解される!」って言ってるのではないかと思うのですが…。

もうちょっとしっかり見てれば、もうちょっと突っ込んだ記事が書けたのですが、取り敢えずは糖質制限で筋肉が分解される心配はないですよというお話でした。







あらてつ的雑感 | コメント(2)

少しお時間ください。

2017年03月11日
今日で東日本大震災が発生して6年になりました。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。

このブログを読まれた方、もし良かったら1分だけお時間ください。

一緒に黙祷を捧げましょう。

また、熊本地震で亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、1日も早い復興を願ってやみません。


あらてつ的雑感 | コメント(0)

だいぶ回復しました。

2017年02月28日
先週月曜日の夜から熱発して始まった体調不良。

まだ本調子じゃないですが、ようやく回復して来たと実感してきました。

今回驚いたのが、回復の遅れっぷり。

まさか丸々一週間も掛かるとは思いませんでした。

認めたくはないですが、歳ですかねぇ…。

体重も、3kg以上落ちちゃいましたし…。

本調子になったら、鍛え直そうと思っている、あらてつです。

ヒロミ・ゴーに負けてられませんからね(笑)

来て頂いた皆さん、ブログが全然更新出来て無くてごめんなさいm(_ _)m

またぼちぼち書いていきますので、読みに来てやってくださいね。


あらてつ的雑感 | コメント(0)

寝込んでおりました…

2017年02月23日
皆々様、お久しゅうございます。

更新が滞って申し訳ございません。

言い訳させて頂きますと、月曜日の晩から体調不良で寝込んでおりました。

まだ本調子じゃないですが、取り急ぎの用件があったので、今日は出勤です。

明日はちゃんと更新できると思いますので、また読みに来て頂けると嬉しいです。

よろしくお願い致しますm(_ _)m




あらてつ的雑感 | コメント(2)
 | HOME | Next »