FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

肯定文の語尾に「?」を付けるのはいつから始まった?

2018年12月04日
これをなくして関西人は語れないと思う、吉本新喜劇のネタに


「お邪魔しますか」


というのがあります。


このあと、


「そこは“か”いらん」


とツッコミが入る定番のボケです。


「私は板尾と申しますか」


の場合は、


「聞いとんのかい」


とツッコミが入ります。


「邪魔済んで〜」


「邪魔すんやったら帰ってや〜」


「ほなさいなら~…って、なんでやねん」


と同じく、関西人なら誰もが知ってるボケノリツッコミです。


で、最近やたらと違和感を感じることが。


通常の肯定文なのに語尾に「?」がついてる文章。


例えば…


 「アイスクリーム食べ過ぎたらお腹こわすよ?」


そうやん、そんな冷たいもんばっかり食べとったら、そらお腹こわすで…って、こわさへんの?


「食べてみて?」


食べてみたらどうなんの???


「それはやめて?」


え、やめたらええねんな?やめて欲しいんやんな?


「僕はその方がいいとか思ってませんよ?」


思ってんのか思ってへんのかどっちやねん。


「休めると思います?休めるわけないでしょうが?」


そら休めるやて思ってへんで〜、そんなん休めるわけないやん…って、俺に聞いてんのかーい。


これ全部私に届いたメルマガやら、そこからリンクしてある先のブログに書いてありました。


これって肯定文やんな?


いつから肯定文の語尾に「?」をつけるようになったんやろ?


今時の若者の言葉はホンマに分からん…とかジジ臭いこと考えてると、なんとこの文章書いてるの、私とほぼ同世代の複数の女性と男性でした。


しかも、1人は元アナウンサーです。


なんかオカシイと思うのは、私だけでしょうか?



肯定文の語尾に「?」をつけるのがいつ、ドコから始まったのか、誰か知ってたら教えて欲しい、あらてつです?



ここは「?」いりませんかね(笑)

あらてつ的雑感 | コメント(0)

久しぶりに寝込んでしまいました。

2018年12月03日
皆々様、お久ししゅうございます。


暖かいんだか寒いんだか分からない天気が続いておりますが、お変わりございませんでしょうか。


前回、


「職場で風邪が流行っててもらってしまった、次はナニをもらうんだろうと、ある意味楽しみ」


なんて書いたところ、見事に39度超えの熱発を起こして寝込んでしまいました。


こんなモンもらっても楽しみでも何でもねーやと思った、あらてつです。


1週間経ちますが、未だに治っておりません…。


なんか気温が上がったり下がったり、どないやねんといった天候が続いております。


読者の皆さん、くれぐれも体調管理にはお気をつけくださいね。


年末のただでさえ忙しい時期、私のように寝込むと後が大変ですから…。


あらてつ的雑感 | コメント(0)

インフルエンザが低温乾燥で流行るってウソばっかりですのよってなお話。

2018年11月27日
今、周囲で風邪が流行っています。


今流行っているのが、喉や鼻の症状はそれほどでもないのですが、急に熱が上がってくるタイプの風邪で、どうも感染力が強いみたいで、職場のスタッフ、順繰りに発症しています。


かく言う私も、ご多分に漏れず見事にもらってしまい、昨日の夕方から熱発してしまいました。


回復までに1ヶ月掛かった副鼻腔炎の次は熱発。


次はナニをもらうんだろうと、ある意味楽しみなあらてつです。


けど、病気はもう要らないです…。


で。


これからの季節、もらう可能性が大いにあるのが、インフルエンザ。



一般的に、インフルエンザは気温が下がって来て乾燥すると流行ると言われています。



細かい数字は、検索してもらえれば出てくるんで省略しますが、まあどのサイトにも◯◯℃以下の低温と◯◯%以下の乾燥を好むと書かれています。


あいやまたれい。


低温と湿度が流行の条件?



だったらナゼ今年は9月にインフルエンザの感染が拡大した?


9月って、まだ充分以上に暑かったですよね…。


さらに、2005年、2006年、2007年と、3年連続夏の沖縄でインフルエンザが流行したことがあります。


もちろん、気温も湿度も冬の九州以北より遥かに高いです。


この3年間だけ、沖縄の夏の気温が10℃以下だったなんてことはありません。


日本国外でも、熱帯地方で年中インフルエンザが発生している地域があります。


熱帯ですから、亜熱帯の沖縄よりもさらに気温も湿度も高いです。


タイなんて雨季にインフルエンザが流行するそうです。


低温と乾燥がインフルエンザの流行の原因なら、沖縄や熱帯地方、しかも雨季にインフルエンザが流行する説明がつきません。


そもそも、インフルエンザウィルスは、カモなどの水鳥を宿主としたウィルスです。


乾燥したとこに住んでる水鳥、私は見たことありません。


宿主が湿気ったとこで生活してんのに、ウィルスだけ乾燥を好む?


それはありえへんでしょう。


ですが、先程も書いたように、どのサイトにも「インフルエンザ流行の原因は低温と乾燥」と書かれていて、中には論文まで紹介しているサイトもあります。


「インフルエンザ流行の原因は低温と乾燥」じゃないと、なんか都合が悪いんでしょうか?


高温多湿で流行ることを認めたくないとか?


理由は分かりませんけど…。





あらてつ的雑感 | コメント(0)

歩行者横断妨害の記事にコメント頂きました…って、糖質制限と関係ないですが

2018年11月22日
『今晩は、あらてつさん。
東京城南地区住まいのゆかりです。

私の生活圏ではさほど交通量が多くないせいか、自動車はほぼ止まります。
ですが、さほど交通量が多くない(←ここ重要)と、先に行ってくれと思うこともあります。
車の速度と私の歩行速度を比べると、車が先に行ってくれたほうが時間の無駄がないと思うのです。
とくに信号のない横断歩道でです。

交通量が多い場合、止まらんかいゴラァ(怒)ですけど。

全ての信号のある交差点は歩車分離式にすべきです。
歩行者と車は住み分けするほうがそれぞれためになると考えます。


と、終わるとオモンネーコメントで役に立たないと思うのでネタを一つ。

つい先日、義理で米を摂取してしまいました。
細巻きの寿司です。
義理と人情、量りにかけりゃ義理のほうがちと重てぇ、な世代なもんでして。
だがしかし、義理なんぞで己の信条を破りたくはない。

細巻き3つを注文され1本を4つに切って出されたました。
その日の運動量と摂取せざるをえない場合の糖質量を計算しました。
計算では許容量はそれぞれ1/4。
多分20g以下。
そうあってくれ!!


世知辛い世の中です。』



ゆかりさん、こんにちは〜。

いつもコメントありがとうございます。

お返事遅くなって申し訳ございませんm(_ _)m


スミマセン、後半、爆笑させて頂きました(笑)


その前に前半のお話にいきますね。


ゆかりさんのお住まいの地域では、車がちゃんと止まってくれるんですね。


確かに、ゆかりさん仰っしゃいますように、先に行ってくれ、若しくは車を先に活かす方が「円滑な交通の流れに」大きく寄与する時があります、いや、その方が多いです(笑)


特に、右左折時に前方の横断報道をゆっくりゆっくり渡っている歩行者がいる時なんか、ずっと待ってると後ろに右左折待ちの車の列ができますし、待ってる間に信号が変わってしまうなんてこともしょっちゅうですからねぇ。


で、上記のように、車道の信号が変わってしまう場合、もちろん歩行者信号はとっくに変わってるワケですよ。


それで車が止まってるということは、赤信号でも平気で横断歩道を渡ろうとするヤツ&渡るヤツ居るということですよね。


そんなバカタレ待たないで横断報道横切っても、歩行者横断妨害で捕まりますからねぇ。


赤信号で信号渡ってる歩行者はお咎めなし。


そもそもが、歩行者の保護が目的じゃなくて反則金の徴収が目的で取締やってるんで、咎めたところで反則金取れないから放置なのは分かり切ってますが、それってオカシイんじゃないかと思うのは私だけではないハズ。


ちゃんと歩行者の保護対策と、違反した歩行者は取り締まりやがれと言いたい、あらてつです。


ここまで引っ張りました(笑)




<次回、後半のお話に続く>





あらてつ的雑感 | コメント(0)

歩行者横断妨害ってどうよ

2018年11月19日
他府県に行って思うこと、その2。


横断歩道を渡っているときに、右折車やら左折車やらがお構いなしに突っ込んで来ます。


東京は特に酷い、と言うか、止まらなきゃいけない意識すらないと感じました。


ここでとても違和感を感じたのですが、先日、ネットのニュースで、朝日新聞のweb版(だったと思います…違っていたらごめんなさい)に、


「横断歩道へ人、車はどうする? 一時停止しないと…検挙」

信号機のない横断歩道を歩行者が渡ろうとしています。車を運転するあなたはどうしますか――。こうしたケースで一時停止しない車などによる「歩行者妨害」の検挙件数が増えている。昨年は全国で過去最多の約14万5千件を記録。今年も昨年を上回るペースで増えている。



と出ていました。


京都新聞にも

「横断歩道を渡ろうとする歩行者がいても停車しないといった、道路交通法の「横断歩行者等妨害等違反」の取り締まりを、滋賀県警が強化している。」


と書かれてました。


この2つを読んで、正直、ビックリ。


京都って、「いけず」が文化になってるくらい交通マナーは悪いけれど、歩行者が横断歩道を渡っていると、けっこうみんな待ってます。


その理由なんですが、京都って「歩行者横断妨害」の取締がやたらと多いからなんですよね。


すぐに切符切られるので、皆んな割と待ちます。


決して歩行者に優しい訳ではありません(笑)


まあ、取り締まられないとできないってのもどうかと思いますが…。


で、この歩行者横断妨害の取締、頻度の差こそあれ、全国的にやってるもんだと思ってたのですが、違ったんですね。


そう言えば、他府県に行って歩行者横断妨害の取締やってるの、見たことないです。


歩行者の安全を確保するのはとても良いことですし、やらなきゃいけないことなのですが、な〜んか取締の目的が違うんじゃないの?と思ってしまう、あらてつです。


因みに、長崎に行ったとき、横断歩道のないところでも車がみんな止まって待ってくれたのには感動しました。


はい、今日もオチはありません(笑)







あらてつ的雑感 | コメント(3)
 | HOME | Next »