03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

「食後の血糖値が気になる方に」と謳ってるトクホで血糖値の上昇を抑えることはできるかな?

2018年03月22日
季節を通り越したような暖かな日が続いたと思ったら、今週に入って一気に寒くなり、昨日は2月並みの気温で関東地方は雪が降ったそうですね。

14、5年くらい前、3月に大雪降って帰れなくなったことを思い出しました。

そろそろ車のタイヤを交換したいのですが、な〜んかもう1回くらい雪が降りそうな気がする、あらてつです。

例によって、交換したら降るかもですね(笑)


で。


タイヤの交換とは何の関係もないのですが。


先日、ロカボ商品食べたら血糖値が上がっちゃった話を書きました。

ついで言うたらなんですけど、以前に「食後の血糖値が気になる方に」と謳って販売している特定保健用食品、いわゆるトクホで実験した際の結果を再掲してみますね。


トクホで血糖値の上昇を抑えることはできるかな?


買って来たトクホ飲料は、某Y社の蕃◯麗茶。

商品のホームページには、

“おいしくたべつつ血糖値対策”

“食後の血糖値が気になる方に”

保健機能食品:特定保健用食品
許可表示:グァバ葉ポリフェノールの働きで、糖の吸収をおだやかにするので、食後の血糖値が気になる方に適した飲料です。

と記載。

更には19人のBMIは22以上だけど恐らく糖尿病のじゃない方で血糖測定した結果が出ていました。


これによると、蕃爽◯茶を飲んだ方が明らかに食後血糖値が低くなっていますと書かれています。


ここまで書かれた日にゃぁ、効果を期待するなと言う方がムリでしょう。


幸い、食パン食べて血糖値が上がっちゃったデータあったので、今回、同量の食パンを食べて実験してみました。


その時のデータが


2016年06月02日
8:00 空腹時血糖値 106mg/dl
食パン60g摂取 
8:30 食後30分値  150mg/dl
9:00 食後60分値  180mg/dl


見事に上がっています(笑)

この数値では、食後の血糖値を激しく気にせずにはおれません。

“食後の血糖値が気になる方に”の謳い文句に心躍らせ、蕃爽◯茶を冷蔵庫から取り出しました。


パッケージに「お食事ごとに200mlを目安にお飲みください」とあったので、ピッタリ200mlを量ってコップに入れ準備万端。


実験開始。


できるかな〜?

2016年7月4日

8:00 空腹時血糖値 104mg/dl

食パン60g&B茶200ml摂取

8:30 食後30分値  155mg/dl

9:00 食後60分値  185mg/dl



ゴンタく〜ん!


ウゴウゴっ

おかしいと思うこと | コメント(2)

ロカボ商品で血糖値上がっちゃったんですが…

2018年03月17日
ロカボマークの着いた商品をサンプルで頂いたので、試食ついでに血糖値測ってみました。


「糖質コントロールに」とあります。
詐欺1

これで糖質がコントロールできるみたいですね(笑)


「美味しく楽しく適正糖質」だそうです。
詐欺2

これって、パクリじゃないですか(笑)


1人前、乾燥で60gになってました。


茹でてます。
詐欺3


空腹時血糖値はこちら
詐欺4


いい感じです(笑)


茹で上がりました。
詐欺5


油の影響を避けるため、塩コショウのみで食べてみました。



食後60分値は…




詐欺6




71mg/dl も上がっとる(笑)


これが糖質コントロールの成果でしょうか(大笑)



ロカボを提唱しているドクター、


「エビデンスがないと医学・医療は語れない」

「糖質制限の更なる普及にはエビデンスが必要です」


なんて仰ってました。


ロカボでは糖質コントロールはできても、血糖値コントロールはできないってエビデンスですかね〜(笑)


まあ。


そもそも「糖質コントロール」の意味が分かりませんけど。



<おしまい>
おかしいと思うこと | コメント(2)

糖質制限で肉の摂り過ぎが心配

2018年02月26日
平昌冬季オリンピック、やっと終わりました。

開始早々の12日、ドコゾの政府の官房長官が、メダルラッシュで眠れなかったとコメントしてました。

閉会後も報道各社、

“日本のメダルラッシュに沸いた平昌オリンピック”

なんて書いてます。

1位のノルウェーが39個

日本は11位で13個

開催国の韓国は7位で17個

これを“ラッシュ”と呼んでいいのか?

なんか釈然としない、あらてつです。

因みに、

ノルウェーの人口は、 5,233,000人
日本の人口が   12,6860,000人

二桁ちゃうやん…。


さて。

今日は、オリンピックともノルウェーの人口とも何の関係もないお話。


mocomocoさんから、肉の食べ過ぎが心配とコメント頂きました。


『肉の取り過ぎが心配です。

糖質制限を始めて肉の摂取量が増えました。

以前にもコメントされている方がいましたが、肉の安全性についての報道やネットに書かれていることを見ると心配になって来ます。

特に外国産の肉はホルモン剤を大量に使って育てられているので危険とのことです。

あと、ソーセージやハムなどの加工肉もよくないと書いてありました。

癌のリスクが上がると。

あらてつさんはどう考えますか?』



mocomocoさん、コメントありがとうございます。

過去記事検索したら、確かに「糖質制限で肉の摂取量が増えるので心配」とコメント頂いておりました。

その時にも書きましたが、私、糖質制限食始めて、今年の五月で15年目(だったと思う、たぶん…)に突入します。

私、基本的に肉が主食です。

産地にはこだわってません。

国産、外国産問わず、その時安いものを買ってます。

ですが、今のところ、ホルモン剤の影響で巨乳になったなんてことは起こってません(笑)

「外国産の食品が危険で国産は安全」

なんていいますが、その根拠は?と思います。

例えば、肉に関して云えば、日本で食肉用に飼育されているニワトリも豚も牛も、抗生剤漬けです。

日本では過去狂牛病が確認されましたが、オーストラリアでは狂牛病は発生していません。

ホルモン漬けとどっちが危険か?ってな話ですね。

あと、ハムやソーセージなどの加工品。

私は気にしてません(笑)

と言うか、敢えて自分では買わないです。

肉を買う方が安くて美味いので。

それにハム・ソーセージってそんなに量を食べます???

食べても、ステーキみたいに1回で300gとか400gとか食べるわけではないので、変なもん添加してない限りは、特に気にする必要ないと思いますよ。

逆に、そこまで気にするなら食べなくてもいいんじゃないかなぁと。



<つづく>

おかしいと思うこと | コメント(0)

京都マラソンで自宅軟禁状態

2018年02月18日
今日は、京都マラソン。

市内至る所で交通規制。

しかも、参加者が多いんで、帰省時間が長い。

自宅周辺並びに行きつけのカフェの前も通行止めになるんで、コーヒーも飲みに行けません。

おまけに職場までの道路も途中で通行止めなので、気になったことがあったんで資料を取りに行こうかと思ったけど、行けませんでした。

こちら昨年末に書いた記事。

『京都マラソンもそう。

京都市内の観光地を回るのが売り物のこのレース。

交通規制は広範囲に亘ります。

第一回目なんか、それを3月の観光シーズンの日曜日にやりやがったもんで、市内は至る所で大渋滞。

挙句に2億3100万の赤字を出して、あろうことか公費で穴埋め。

公費って税金ですよ税金。

大渋滞引き起こして挙句に税金使うって、ふざけんのも大概にせえよと思う、あらてつです。

次から河原でやれ河原で。』


市内の幹線道路を封鎖して、1万何千人の人間を42kmも走らせる。

迷惑被ってるのは、1万人じゃきかないと思う、あらてつです。

桂川の河川敷に、誰にも迷惑掛からんコースがあるやんけ。

という訳で。

せっかく天気の良い日曜に自宅軟禁です(笑)

夕方になったら買い物にでも行って来ます。

ではまた。




おかしいと思うこと | コメント(3)

くどいようですが…

2017年10月24日
先日テレビを付けると、若者の間で語尾に「◯◯ンゴ」と付けるのが流行っているなんてやってました。

で、二人組の10代後半から20代前半くらいの女性にインタビューしてたのですが、そのうちの1人がそれはナンボなんでもオカシイやろという「ンゴ」の使い方を紹介した際、もうひとりが言った言葉が…

「頭悪いんじゃない?」

「俺もそう思う!」

激しく同意した、あらてつです。

日本はこの先どうなるんでしょう…。

で。

そんな話とは全く関係ないのですが。

先日、メルマガで流したネタ。

お読み頂いたお客様から色々とメール頂きました。

これまで何度か書いてきたのでまさかそんな反響あるとは思ってもいませんでした。

なもんで、ブログの方でも書かせて頂きますね。

もう既にご存知の方は、復習がてらお読み頂ければと思いますm(_ _)m


FacebookやTwitterにコーンや根菜が入った写真をアップすると、

「コーンとか根菜って糖質制限ではダメなんじゃ…」

とコメント頂きます。

私ども糖質制限ドットコムの商品、基本的に100gの糖質を5g以下を目標に作ってます。

時折、お客様から

「あんたとこで商品買ったら原材料に砂糖って書いてあるやないの!糖質制限で砂糖はアカンのちゃうん?どういうこと!」

とのお電話を頂きます。

この2つの質問、違うようで本質は同じです。

どういうことか?

商品に砂糖が使われていようが、デンプンが使われていようが、原材料にショ糖が含まれていようが、その食材100gの糖質が5gな事に変わりありません。

原材料に含まれている「糖質」全てひっくるめて5gです。

この5gの糖質中に砂糖が1g使われているとしましょう。

その1gの砂糖が20mgも30mgも血糖値を上げるわけではありません。

砂糖5g分だけの糖質を含んだ食品も、原料由来のショ糖5gだけの食品も、含まれている糖質は5gです。

要するに、砂糖がダメなんじゃなくて、トータルで摂取する糖質量が多いのがダメなんですね。

よくご質問頂くトウモロコシや根菜のたぐいもそうです。

これらが「絶対に食べちゃダメ!」なんじゃなくて、全て合わせた糖質が何グラムで、それを摂取するとどれだけ血糖値が上昇する
か、またその上昇の幅が、自分にとって許容範囲なのかどうかが問題なんですね。

分かりやすいように、具体的な数字で説明しますね。

空腹時血糖値が100mgとして、このトウモロコシを食べて30mg上がりました。

すると食後血糖値が130mg

食後血糖値でコントロール「優」とされるのが140mgなので、これだと充分許容範囲内です。

ですが、空腹時の血糖値が高かったり、食後血糖値がもっと上がれば、許容範囲ではなくなります。

このように、糖質制限を実践する上で大事なのは、トウモロコシが駄目とか根菜が駄目とかじゃなくて、くどいようですが、トータルで糖質量を考えることなんです。

よく

「私、糖質制限やってます!」

と声高にアピールされてる方の中に

「根菜はダメ!」「コーンはダメ!」

と金科玉条の如く唱える人々を見かけます。

何故なのかを考えずに盲信的に取り組むと、物事の本質を見失ってしまいます。

これは糖質制限だけに限ったことじゃありませんが(笑)


おかしいと思うこと | コメント(0)
 | HOME | Next »